スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メキシコ湾原油流出

メキシコ湾では原油流出が止まらず、発表ごとにその内容は悪い方に修正されています。既に汚染面積はイタリアと同じ大きさになってしまっているといいます。

メキシコ湾はまるでウンコの海という表現がピッタリです。

メキシコ

■プロ写真家の目から見たメキシコ湾  
http://www.katu.com/news/photos/95866799.html
(※注 超重いです)

しかし、グリンピースなど環境保護団体が今回のBP巨大事故に沈黙しているのは何故でしょうか? 実は彼らはBP...等の石油メジャー会社から潤沢な資金提供を受けているからです。っていうか、殆どが石油メジャーからしかありません。西欧諸国の畜産による動物迫害の歴史を無視して、鯨・鮪漁だけを攻撃するのは実に不自然だったのですが、その真の目的は石油メジャーの海洋石油利権にあったのです。つまり、捕鯨船の北極南氷洋立入禁止のところは海洋石油の宝庫であり、ここを採掘するには捕鯨船が邪魔だったのです。だからこそ捕鯨反対なのですね(ニタリ)。以上の理由から、グリンピースは重大な環境問題であるのだが、メキシコ湾巨大汚染事故については何一つ抗議出来ないというわけです。
(ネットで事故内容に多少触れ、太陽光などの代替エネルギーを推奨している程度。鯨の時のような過激さの微塵もない。PBに乗り込んだら「本物」だと認めようw)

多分、マスゴミはこの関係知っていますね。
でも、背後の石油メジャーを怖れて報道出来ないんでしょう。

■メキシコ湾の原油流出はこれから何年も続く
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/395/

えぇのんか?

こんなことしてて、ホンマにえぇのんか?

あまり詳細が報道されないメキシコ湾原油流出事件ですが、ヤスの備忘録さんとこでこの事件について凄くよくまとめられていましたので、御紹介します。

(簡略まとめ)
・深い水面下に幅10キロの2つの原油流出の流れあり
・BPは超深度地下油田を掘っていた(高圧力)
・生物死骸由来でない油田
・1500~4500気圧の噴出圧力(通常油田は100気圧)
・異常対応時の泥で圧力上昇し地殻に11キロの亀裂発生
・亀裂からも石油流出中(自然修復は不可能)
・亀裂を溶かして塞ぐには水爆数個が必要
・メタン爆発の可能性有り
・揮発したベンゼンで農産物不作化


■やはりこの夏になにかあるのか?10(ヤスの備忘録)
http://bit.ly/b7grC0

いやはや何とも大変な状況です。オバマが9.11以上の惨劇だというのは納得します。しかし、この状況は今後数年間続くとみられていますが、そうなると地球の2/3は汚染されるという聖書・黙示録の預言が現実化してきます。また、ホピ預言にもこのことが預言されているといいますが、、、、

■ホピの預言
1)白い肌の人間が大陸に来て雷で敵を撃つ →ライフル銃
2)声で満ちる糸車が押し寄せる →幌馬車
3)バッファローに似た角の長い獣が現われる →家畜の「牛」
4)鉄の蛇が大平原を失踪する →アメリカ横断鉄道
5)巨大な雲の巣が大陸を覆い尽くす →電線
6)大陸に交差する石の川が現われる →高速道路
7)海洋が黒く変色し、多くの生物が死滅する →石油海上漏洩
8)多くの長髪の若者がネイティブアメリカンと交わり、知識を学ぶ →ヒッピー文化
9)あなた方は「天の住居」のことを聞くようになるだろう。それは大音響とともに落ちてくる。「青い星」のようなものが見えるとき、 私たちの民族の儀式はまもなく終わりを告げるのだ。


預言(7)がそうなのですが、これはアラスカ沖の石油流出事故(エクソンバルディーズ号原油流出事故)だとされていましたが、あの石油流出は微生物の活躍で意外と早く収束し、それ程の危機には至りませんでした。
(流出量:4万キロリットル 流出面積:11,000平方マイル)

それに比べると、今回のメキシコ湾の事故は(流出量:7200万キロリットル【5/28時点】 流出面積:2万4000平方キロ)と現時点でさえ2000倍の規模なのです。最終的には、いったいどのくらいになるか予想さえつきません。(2ヶ月で7200万ならば、あと2年間なら今の12倍で8億キロリットルです。流出面積も海洋の1/3を占めるかもしれない、、、、)

人類が真綿で首を絞められるというような状況といえなくもない、、、、、、
誰が見ても預言(7)は、アラスカよりメキシコの方が該当すると思います。

ホピ預言恐るべし、、、、

オイルWAVE

しかし、このような危機的状況でも報道ではある種の情報は伏せられたままだといいます。

特に、この高い噴出圧力に関する報道はタブーのようです。というのも、この超高深度には石油メジャーが一般ピーポーに知られては困る「生物の死骸由来でない石油」が潤沢に存在しているからです。石油業界では世間の常識とは反して、炭水化物が地球内部のマグマ近くの高圧と高熱で変質して石油が生成したとする「無機成因論」が一般的なのです。したがって、石油は絶えず新しく生成され枯渇することなどないと考えられています。もちろん有限な生物起源の原油も存在しているのですが、無機的に生成された原油のほうが一般的な形態なのです。これが一般に知られると石油価格低下を招く為に伏せられているのですね。しかも、石油は枯渇すると嘘の情報まで振り撒く周到さw
※註 とは言っても、石油精製はメジャーが完全に押さえているので、価格についてはなんとも出来ないという、、、、

知らしむべからず

依らしむべし

これは「論語」の泰伯に出てくる言葉ですが、支配者のガバナンス(統治)の心得を説いたものだといわれます。つまり、「人民には本当の情報を与えずに、支配者を頼るようにさせろ」といわれていますが、本来の意は「為政者は民に一々政治を説明しなくともよいように、日頃から信頼を寄せてくれるような人格者になりなさい。」なのだそうです(超爆)。しかし、現状は先の説明の方がピッタリしているのは、あまりにも皮肉なことです。

アメリカ・オバマ政権もしっかりと「知らしむべからず」を実践してますね~
まぁ、我々が知ったところで何も出来ないですが、、、(涙)

で、この記事の中に石油会社元重役リンゼイ・ウィリアムスの述べた彼ら(石油戦争屋?)の計画があるという。しかも、どの警告も的確で多くが的中しているというが、、、、、まぁ、予言はそのように実行すれば当たるという言葉があるので、やはりこのプラン通り進めているのでしょうね。

■支配層の計画
支配層は今回の石油流出事故を自分たちの計画を進めるための絶好の機会として利用し、下記プランを2010~2012年に実現しようとしているという。(2010.1.23談)

・今後12カ月でドル価値は30~50%下落
  →米国内でハイパーインフレ発生

・ドル下落に連動して原油価格も高騰
  →原油輸出代金をドルで得た石油産出国は貧乏化

・ドバイワールドの破綻はデリバティブ破綻を誘発するスイッチ
  →他市場/金融機関に広がり金融システムが危機的な状態になる

・証券/債権/社債などのペーパーマネーは一切信用してはいけない
  →金/銀/土地のような現物資産を持つべき

・米国景気好転は今後長期間有り得ない

・中国を覇権国化は既に決定済
  →今後12カ月内に中国に覇権が急速に移行

・イラン戦争はイスラエルが先制攻撃しない限り起きない
  →今後1~1.5年間はイラン戦争は起きない

・アフガン/パキスタン/イラク/イエメンと米軍が戦う理由
  →遥かに重要な事から目を逸らす為に実施(陽動作戦?)


■意図的に仕組まれたか?
今回は事故であり、エネルギー産業の支配層にとって予期しない出来事だった。

支配層のメンバーはオカルトを信仰していて、占星術などを駆使して将来起こる出来事をかなり正確に予知している。彼らはメキシコ湾の油井でなにか大きな事故があることは事前に予知していた。ゴールドマンサックスやBPのCEOが事故が起こる前に株をいっせいに売ったのも、こうした予知情報がもとになっている。


この占星術、是非知りたいところですが、し、しかし、、、、この後に及んでも、これを絶好の機会と捉え、このようなことばかり考えてるとは、、、、、、正に「ウンコ星人」です。救い様がない。。。。

ただねぇ、リンゼイが牧師というのが気にかかる、、、、、
牧師といったらNWOの手先ですからねぇ~
(これは意図的なリークかもしれないw)

しかし、今後、影の世界権力は多少の計算違い(メキシコ湾流出事故...等)はあるにしろ、中国覇権化、ドル暴落化、産油国の貧乏化に向け、猫まっしくらに行くつもりは間違いないでしょう。占星術を主体にして行動してるようですが、それならば尚更、コルマン・インデックス等でも指摘されるサイクルの変化点であるこの6月末~7月中旬は、要注意期間だと思います。

*****************************************************************
「中国がドルペッグ制を終了し、変動相場制に移行する」ことを告げました。実質的な人民元の切り上げです。不動産バブルをソフトランディングさせたい中国ですが、上海万博の終了まで、見合わせるかとも見えましたが、いよいよですね。中国元をドルと切り離すのは、ドルの暴落が近いからです。そして、同時に人民元を切り上げることによって、崩壊の危機にあるユーロを救おうということでしょう。EUは、まだしばらくユーロ安を維持して、体力をつける必要がありますから。

■カクレイド・スコープ
http://kaleido11.blog111.fc2.com/
*****************************************************************

一応、警戒w
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。

ザ フナイの博士のページから知りました。
ブログ拝読しました。
大変興味深い内容が盛り沢山です。

これからも、勉強させて下さい。
また、オイルは想像絶する被害ですね。

ホピ族からつながるとは、ビックリです!

非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。