「引き寄せの法則」と日月神示

久々の願望実現の記事です。



情熱と目的を持って、生きていますか?

う~む、これはなかなか痛い言葉です。
これを備えて望めば、まるで磁石に引き寄せられる鉄のように引き寄せられるでしょう。

ニビル来訪とそれに伴うDNA変容で「神人」(ゴットメンシュ=変換人)となるアセンションについては、とても情熱を傾けていることだけは確かなのですが、こと現実世界に対しての欲望はなぁ~、最近は「無ければ無いで別にいいや~」って感じでドンドン物質的欲望が無くなってきている(汗)。

最近更新されたIkusa氏のブログ記事には、この引き寄せの法則や「プロビデンスの目」のように宇宙から眺める自己の視点について、面白く分かり易く書かれていて、とてもよかったです。(ドクタ~ありがとう!)

■ウチュウ妄想図① あなたの中に神をみる!? (心&身魂のアセンションブログ)
http://ascensionnote.blog.shinobi.jp/Entry/53/


この記事内に日月神示が紹介されていたのですが、ユダヤ国際金融資本らの「イシヤ」の企み、常温核融合、千島学説、自然農法栽培、「金で固めて金で潰す」未曾有の金融危機、ニビル来訪に伴う天変地異、アセンション、「神人(ゴットメンシュ)」やオコツトの言う「変換人」だけでなく、昨年ブレイクした『ザ・シークレット』に代表される「引き寄せの法則」「鏡の法則」「ホ・オポノポノ」のことまで日月神示は語っていたとは、、、、、ちょっと驚きです。(唖然)

あらためて、日月神示の凄さには脱帽です。
この記事中に書かれていた神示を抜粋しますと、、、、

「自分の中に、あるから近寄ってくるのであるぞ。
嫌なこと起こってくるのは、嫌なことが自分の中にあるからぢゃ。」
(日月神示 黄金の巻 第六十六帖)


これはまさしく「引き寄せの法則」「鏡の法則」ですね(笑)。

カバラでは「近しさの法則」と言っていますが、これは形而上の世界(=意識世界)では概念が近いかどうかが問題であり、時間や距離や素材の違いはあまり意味がなく、概念的に似たものは似た波動を持つ為に形而上世界では近くに存在していると説きます。形而上世界である意識世界が形而下世界である現実世界に顕現する流れでは、形而上世界で似た波動のものは引き寄せされてくるように見えるというわけです。

日月神示でも、形而上世界については同様な見解です。

「現界では、時間の順に得たものでも、
心の中では時間に関係なく、距離に関係なく、一所へ並べられるであろうがな。
心の世界で、時間、空間のない道理これでよくわかるであろうがな。」
(日月神示 白金の巻 第七帖)


元々、カバラはエジプトの神殿から盗まれた古代の叡智(アヌンナキ・バビロンの叡智)だと言われていますが、この辺のことは説明はDVDの中では一切ありませんが『ザ・シークレット』のシーンの1つとして登場しています。「引き寄せの法則」はこの盗まれた叡智だとDVDでは主張しているわけですから、「引き寄せの法則」とカバラの「近しさの法則」が同じなのは、当然といえば当然ですね。

ただ何でもスグに引き寄せ出来るかといえば、どうもそうではないようです。
その辺のことは、『ザ・シークレット』実践者には充分分かっているかもしれませんね(笑)。



「引き寄せの法則」とは漢方薬のようなものでしょうか。
劇的効果は期待出来ないが、長期間服用することで効能を発揮する感じです。

『ザ・シークレット』の企画者でありながら、「波動」という言葉を使うことに一悶着あり、この企画から降りたエイブラハムのチャネラーのヒックス夫妻は、ポジティブ思考もネガティブ思考も関係なく、一番大切なのは「感情」レベルだといいます。つまり、スピでいうところの「波動」です。

ネガティブ思考が好きな人は、その時の「感情レベル」や「波動」はトップギアなのです(爆)。

逆に、ネガティブ思考の人が無理矢理ポジティブ思考をすれば、「波動」はローギアでブンブン唸っているのかもしれません。「ありのまま、素のまま」が一番いいというわけです。

ここで問題になるのは、物事にはポジティブもネガティブも、プラスもマイナスもないのですから、引き寄せした内容をプラスと取るかマイナスと取るかはその人自身の問題となる点です。だから、引き寄せの法則を発動させる以上に実は「内面の変容」が大切になってくるのです。

「内にあるもの変えれば外からうつるもの、響いて来るもの変わってくるぞ。
内が外へ、外が内へ響くのじゃ」
(日月神示 黄金の巻 第九十九帖)


これは「鏡の法則」「ホ・オポノポノ」ですね(ニタリ)。

確かに、自分の中にある感情センサーを異なる領域にチューニングしさえすれば、受ける印象は今までとは異なってきます。しかし、実はそれだけに留まらず、その内面で受取った感覚が更に外部へと展開されるのは、レン博士の拘置所のエピソードとして有名ですが、どうも、このように回転方向が二極化していくようなのです。ですから、昨今の世情のようにマイナスと捉えられる事象が多く発生する現在には、この回転方向が正回転である「ポジ→ポジ→ポジ→...」か、逆回転である「ネガ→ネガ→ネガ→...」かの二極分化が激しくなるということなのでしょうか。また、Ikusa氏の記事内では、レン博士の拘置所のエピソードや「鏡の法則」と同様の内容として「こんな動画」も紹介されていましたので、ご覧になってください。

「悪い癖直さねばいつまでたっても自分に迫ってくるもの変わらんぞ。
おかげないと不足申しているが、
悪い癖、悪い内分を変えねば百年祈り続けてもおかげないぞよ。」
(日月神示 夏の巻 第十帖)


この辺のことは、カバラでも言っていますね。

「カバラの祈り」では、「自分を(受取れるよう)変えて下さい!」というように望む対象を願うものではなく自己内面の変容を願うことですが、この願いは直ちに叶えられるといいます。簡単に言えば、これは受け取り側の「器」を変える祈りです。このことを例えていえば、空から「お金」が降ってきているのに自分はペットボトルを差し出して回収しようとしているようなものです。受取るものをペットボトルからタライに変えるのが「カバラの祈り」なのです。



根元神(クリエーター)は祈りの結果によって、この人にコレをいっぱいなどという「えこひいき」はしないものです。それが出来たなら、その人は神をも言うことを聞かせられる「神以上の存在」となり、神社や寺や教会に祈願に行くこと自体がナンセンスで滑稽に映ります。このことから考えるに、よくネガティブな状態が続いた時に「信心が足りないからだ!もっと祈りなさい!」と更なる信仰を強要する宗教は「邪教」以外の何ものでもないのですね。

「何事が起こって来てもまず喜んで迎えねばならんぞ、
近づいてくるのは呼び寄せたからぢゃ、
こんな嫌な、汚いものはごめんぢゃと申す人民もあるなれど、
それは皆己の心の写しではないか。内に無いものが外から近寄る道理ないのぢゃ、
どんなものでも、喜んで迎えると喜びとなる結構な仕組、よく会得せよ。」
(日月神示 扶桑の巻 第十帖)


世の中の存在には、必ずプラス面とマイナス面があります。
でも、日月神示にかかれば、今回の痴犬やマスゴミの件も喜んで受け入れなくてはいけません♪
兎に角、悪に対して怒りから「やらせはせん!」と立ち向かってはダメなようです。
この辺が「反ロス」と悪を抱き参らせる「反反ロス」の違いでしょうかね~

それには、「自己浄化」というわけです。
「やらせはせん!」ではなく、「ようこそここへ くふぉふぉふぉ~」でしょうか(爆)

「自分の、内の自分を洗濯して明らかに磨けばよいのぢゃ。
内にあるものを浄化すれば、外から近づくものが変わってくる道理。
内の自分を洗濯せずにいて、汚いものが近づくとか、
世の中が暗いとか不平申して御座るなれど、
そこにそなたの間違いあるぞ。」
(日月神示 紫金の巻 第五十帖)


相変わらず神示のこの独特の語り口、結構、癖になりますが、今回、ヤッズ★が惚れ込んでいる「日月神示」の凄さを再認識した次第です。
スポンサーサイト

Comments

No subject

ヤッズ★さん、ご無沙汰しています~。
相変わらず、綿密な考察、脱帽ですね。
私も、エイブラハムも、ポノポノもあれもこれも
色々やりましたが、いまいち大きな引き寄せはできていませんね。
最近は、それはカルマではないかっと考えています。
まぁ、カルマという言葉の定義から考えていかなければならない
問題ですが。

日月神示、すごいですね。何度も本買おうかと思いましたが、
まだ買ってません。

ちなみに、ブログをアメブロに引っ越しました。
また遊びに来て下さい^^

ninaさ~ん♪

コメントとありがとうございます!

>私も、エイブラハムも、ポノポノもあれもこれも
>色々やりましたが、いまいち大きな引き寄せはできていませんね。

上に同じくです。
まぁ、横ドラム式洗濯機が当たったことぐらいでしょうか

>最近は、それはカルマではないかっと考えています。

カルマねぇ~
実はカルマ苦手で、このブログには一切書いていません(滝汗)。
どうも前世の影響というのが苦手で、
どちらかというと、生まれて来る前に学びたいことを全て決めてから誕生という方向の方が好きなのです。

>日月神示、すごいですね。何度も本買おうかと思いましたが、
>まだ買ってません。

買わなくてもここで全文読めますよ!
http://13.pro.tok2.com/~space-age/sunmoon/index.htm

>ちなみに、ブログをアメブロに引っ越しました。
>また遊びに来て下さい^^

行く行く~♪

私もカルマ苦手でした・・

私も、カルマ苦手でしたよー。
なんか、「カルマ」の存在を認めちゃうと
ブルーになるというか・・・。
でも、やっぱり認めざるをえない状況になりました。

ちなみに、私のカルマの定義は

過去生や先祖から持ち越された生き方や考え方の癖

です。この癖を治してクリアーにするのが、今世の
目的の一つだと思っています。クリアーにすると
多分、引き寄せもなんでもできちゃうんだと。

No subject

こんにちわ~♪

日月神示に自然農法栽培のことが書かれているとのことで、
ウチュウ妄想図内を探してみましたが分かりませんでした(+o+)

実は、この春より、自然農法栽培を始めようかとしてるのです。
そう簡単にはいかないでしょうけど、まずはやってみようと思いまして☆

日月神示のどの部分に自然農法について書かれてあるのか教えて頂きたいのですが・・

お手数ですが、宜しくお願い致しますm(__)m


ためになました、ありがとうございました。

名無しさ~ん♪

コメントとありがとうございます!

>ためになました、ありがとうございました。

悪神か正神かは未だ判断つきませんが、日月神示はマジに凄いと思います。

フランクさ~ん♪

コメントとありがとうございます!
レス遅くなってしまいました(汗)。

>日月神示のどの部分に自然農法について書かれてあるのか教えて頂きたいのですが・・

これは拡大解釈しすぎたかもしれません(汗)。
日月には四足喰うなとか、地産地消を推奨してますよね。さらに日月神示では、人が生きていけるものは全て用意されていると「食」についてもいろいろと示唆的な内容を語っています。

そして、、、、

「御水と御火と御土でこの世の生きあるもの生きてゐるのざぞ、そんなこと位 誰でも知ってゐると申すであろが、其の御恩と云ふ事知るまいがな、一厘の所 分かるまいがな。」
(第九帖 266)
http://yaya.hp.infoseek.co.jp/0109.htm

この水・火・土のハーモニーが奏でる作品が自然農法の農作物ですが、
このいづれかが欠けてもダメだそうです。逆に言えば、この3つがあれば作物は育つということです。これは人間にも当てはまることかもしれません(笑)。
※註 ロシアに「土」だけを食べて生きている女性がいるそうです。
http://newscience.air-nifty.com/blog/2005/05/post_82e0.html

日月神示の内容は大本神兪とも共通していて、実は、この大本から世界救世教の岡田茂吉が出ています。岡田茂吉といえば、書家、画家、歌人、華道流祖、造園家、建築家、美術品収集家(MOA美術館)...等、いろいろな顔がありますが、自然農法でも有名ですよね。茂吉氏の自然農法理論は、この神の言葉に啓示を受けて水・火・土のハーモニーがベースになっているのです。

http://www.muhiken.or.jp/ronsetsu.html

>実は、この春より、自然農法栽培を始めようかとしてるのです。
そう簡単にはいかないでしょうけど、まずはやってみようと思いまして☆

うぉ~ 凄いじゃないですか!
ただ、2年ぐらいは土地の「毒抜き」がいるようなこと見ました。
近くに自然農法体験させてくれるところがあるので、ヤッズ★も一度体験してみようかな~と思っていますが、なかなか重い腰が上がらない(笑)

http://www.muhiryou.com/

そういえば、友人にも自然農法の話をした際、土地の「毒抜き」の為に蟲が必要であり、農作物に蟲が寄ってくるのは、この毒抜きをするためだとという話をしました。そうしたら、「蟲は世界を守っている」なんて『風の谷のナウシカ』のような話だな~と言っていましたが、宮崎アニメはそういったこと知ってて描かれていると話したら驚いていましたよw
※註 『奇跡のリンゴ』でも蟲がポイントのようなことが、、、、

ninaさ~ん♪

コメントとありがとうございます!
随分、レス遅れてしまいました。。。。

>私も、カルマ苦手でしたよー。
なんか、「カルマ」の存在を認めちゃうとブルーになるというか・・・。

トマベッチもカルマの法則を認めると、人間のステージの高い低いを認めざるを得なくなり、インドのカースト制のように固定化された生き方=社会的洗脳状態になってしまい、危険だと語っています。カルマはあることはあるかもしれませんが、この物理空間(この世)とは関係ないと思っています。あくまでもあの世の話です。
※註 この世とあの世では時間・空間ともに概念や成り立ちが異なるので、この世の「善」など変換されてしまい、全く評価が変わってしまうと思っています。

>この癖を治してクリアーにするのが、今世の目的の一つだと思っています。クリアーにすると 多分、引き寄せもなんでもできちゃうんだと。

無くて七癖なんで、あまり「原罪意識」持たない方がいいと思います。それよか、楽しみながら癖を直す(=自己洗脳、プログラミング自己修正)方がヨカですばい。

No subject

初めまして、面白いサイトですね。

苫米地さんは今一つ確信犯でやっているのか
本人の主張がディベートの構成で無いと言うか、
輪廻転生や霊やカルマのあるなしに関して
そう言った概念に対するスタンスを問題にしているのか
概念そのものを問題にしているのかで疑問点があります。

霊的な概念自体の否定はごくごく最近始まった事であって
それに対するスタンスは多様にあるのに
その中の一つだけを取り出して全部悪いと言うような・・・

善悪の概念って今までは自民党政権だったので
政治に対する諦めモードだったと思うのですが、
土地利権絡みの環境破壊なり
幅が広がったのかなとも思っています。
結構重要な風水が壊されていましたよね・・・

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)