スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

煩悩くんことヤッズ★です。

えーっ、ネーミングの由来ですか?

それは自分のメンターである(今は休眠化してしまったが)「実現くん」プログに肖っています。

じゃ、煩悩っていったい何?

煩悩(ぼんのう、kleza)とは、仏教の教義の一つで、身心を乱し悩ませ、智慧を妨げる心の働きをいいます。

例えば、肉体や心の欲望、他者への怒り、仮の実在への執着などです。

面白いのは、「煩悩」の反対語は「菩提」であること。

大乗仏教では「煩悩即菩提」ともいうそーです。
煩悩(迷い)と菩提(悟り)は而二不二(ににふに)な関係。2つであって2つではない(♪)。

これは初めて知ったぞ。

我が座右の書、ニール・ドナルド・ウォルシュ著「神との対話」には、「あるひとつの事柄を理解するには、それと反対のことを体験しなくてはならない」と書かれています。

例えば、金持ちという状態は、その対極である貧乏を体験しないと、本当に理解はできないというわけです。

煩悩と菩提の関係もこれと同じです。

だから、ヤッズ★はここに断言します!

「自分の内の煩悩を実現し、フルスロットル状態で極限まで突き進むことこそ、菩提(悟り、智慧)への近道、最短距離である」

そういう訳で、このプログのタイトルにしてしまった。(なんて安易な!)

煩悩を楽しみながら実現していくと・・・・・・・・・・・・・そこは菩提であった。なんてね。
煩悩実現を楽しむことって、とても素晴らしいこととは思いませんか?

以後、宜しくお願いします。
スポンサーサイト

Comments

よろしくお願いしま~す!

ヤッズ★さん!!きとりかです。
こちらには初めてコメントします。

>煩悩を楽しみながら実現していくと・・・・・・・・・・・・・そこは菩提であった。

深く共感します。どちらも体験しなければ、その先へは進めない・・・
だから、すべての体験が許されているし、必要なんだなぁ~と感じます。
ブログ仲間としても、実現仲間としても、どうぞヨロシクお願いいたします!

きとりかさんへ

わぁ~♪ きとりかさん、キターーーーーーーーッ
ヤッズ★ブログへの訪問、本当に感謝いたします♪。

>どちらも体験しなければ、その先へは進めない・・・
だから、すべての体験が許されているし、必要なんだなぁ~と感じます。

きとりかさんに言われると、重みが違うし、励みにもなります。

>ブログ仲間としても、実現仲間としても、どうぞヨロシクお願いいたします!
こちらこそです、まだまだ実現仲間としては白帯段階ですが、師範級のきとりか先生に稽古をつけて貰う感じで、精進したいと思います。

はじめまして

いっぱい、いろいろなものが当選されててすっごいですね
*:.。☆..。.(´∀`人)
ヤッズ★さんのブログはとても勉強になりますね(*^-^*)
これからも、読ませていただきます(*^-^*)

リンク貼らせていただいていいですか?(⌒▽⌒)

みこさんへ

コメントありがとうございます!

>いっぱい、いろいろなものが当選されててすっごいですね

いやぁ、ヤッズ★でなくカミサンがね。。。。
願望実現の記事を書いているのに。。。。何故(爆)
執着しすぎかなぁ。。。

>リンク貼らせていただいていいですか?(⌒▽⌒)

是非是非、お願いします!
ヤッズ★はもう貼っちまいました(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

minori さ~ん♪

コメントとありがとうございます!

>I Love YAZZ !!!!

わぁ~、うれしいです♪
じゃ、ヤッズ★も I Love minori !!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさ~ん♪

コメントとありがとうございます!

ブログのリンク件、全然、問題ないっすよん。
迷惑だなんてとんでもないです。

今後も宜しくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No subject

はじめまして、深納といいます。
能力開発や願望実現、タルパ関連の記事を読むうちに
このブログの読者の一人になってました;

こっそりコーヒー洗浄などあまり人から聞かないような話題を
書き出す記事も読むようになってました。
ヤッズ★さんてほんと話題の引き出しが広いですね。
国際色豊かな天使タルパ達の近状が気になります。

フォトンがデータに与える影響について

次元上昇が起きると、地球上の生物と物質は分子構造も変わるそうですが、SDカードやハードディスクに入れているデータは消えるのでしょうか?。フォトンの影響が特に気になっています。
私のマシンはメールがブロツクされやすいので、コメントへのお返事はこのブログ上でして頂けると幸甚です。無理なお願いは出来ませんが、よろしくお願いします。

No title

再び、れんげ草です。おはようございます。
私が経験した不思議な事を聞いてください。私は幼い頃から時々不思議な声を聞いたり、風邪ではないのに体温が40度以上になって寝込んだりして、家族には心配をかけてきました。「不思議な声」というのは、耳で聞くのではなく頭上から脳の中に直接降り注ぐ感じです。

A=3歳の時には食事中に突然目前の光景が変わり、大勢の人が広場のような所に集まり、何故か皆は上を(天)を見上げていました。髪型も服も見慣れないデザインだったので、ひょっとしたら前世の記憶が出たのかもしれません。私の家族は何も気が付きませんでした。僅か2秒ほど見えた光景ですが今でも忘れられません。
B=1979年頃に高熱を出して寝ていたら、私の胸腺の辺りから白い光柱のようなものが立ち、高い所から猛烈な力で引っ張られる感覚に襲われました。逆らうのが大変で背中が浮き上る感じになった時、「私にはやり残した事が」と念ずるとピタリと止んで、ごく普通の状態に戻りました。
C=1987年から95年の間の何時だったか、強い眠気を感じて横になると、超高速で宇宙空間の様な場所を、意識だけが駆けていく感覚に困りました。巨大な白い円花紋の様なものが私の意識の進路を塞いだので、念を集中すると花紋状のそれは門の様に開き、更に突き進むと無数の星星は見えなくなり、今度は金色のレース編みの花模様みたいなものが見えてきて、それも門の様に開き、私の意識は光球か銀河団状の光が散在する空間に辿り着きました。匂いも音も触覚もなく、時間の感覚も変でした。総ての時間が止まっている様であり、総ての時間が存在する様であり、「瞬間と永遠が同時に在る様な」不思議な感覚でした。私の肉体感覚はなく、意識と念しか動かせませんでした。私の脳の神経回路の一時的な緊張が、幻覚を見せたのだと判断しましたが、病院で検査を受けても異常無しでした。
D=2002年頃に目眩を起こして倒れ、意識不明になりかけた時に、私の額の中央部から魂が飛び出しそうになり、慌てました。苦しみを通り越すと逆に気持ち良くなり(ランニング・ハイの状態)とても高い所に銀色の光で出来た宮殿の様な光景を見て、直ぐに元に戻りました。
別の日に倒れた時は、巨大な白い光が一面に広がる空間を見てしまいました。音も匂いも形らしいものもなく、広大な光だけの海。
これらは脳が一時的に見せた幻覚と言えるでしょうが、強力なパワーを伴っていた事が気になります。丹波哲郎氏がブームにした様な「臨死体験とは全く違う」ものでした。「三途の川も先祖の姿も全然」出て来ません。巨大な光と強いパワー、時間も五感も通常ではない不思議な体験でした。
E=1987年以降、たまに変な夢を見ます。海に沈む日本列島(一部地域は沈まない)を地球外から眺めている。地球に似た惑星が、惑星本体の内側に向かって凹む様に歪んでゆき、真黒い影が湧出て、地球に似た惑星は真黒に覆い尽くされ、宇宙から消えてなくなるという内容です。「SF映画でも、こんな場面は視た事が無い」し、「地球の色彩や輪郭が余りにも鮮明すぎて」不気味でした。何でもない悪夢なら良いのですが、他にもこんな夢を見た人がいるのでしょうか?。
以上AからEまでについて、アドバイスを御願いします。

れんげ草さ~ん♪

コメントありがとうございます!

Cの超高速で宇宙空間の様な場所を、意識だけが駆けていく感覚についてですが、外界世界は実は「自己の内面世界」であり、心の中の奥に本当の宇宙空間があるとオコツトはいいますので、この逸話を読む限り、それが体験できたのではないかと思いました。ヤッズ★はこのような体験はしていないので羨ましいですw

事例Aは、「外界=内面世界」という点から考えれば、一瞬、意識のフォーカス先が変わった為に起きたのだろうと思いますが、、、、

また事例B/D/Eは、最近ヤッズ★がよく体験するのですが、眼を閉じていても前が見えているという状況に似ています。実際に見えているわけではないのですが、イメージでその用に錯覚(?)しているのです。この事例の場合、横になっているというのがポイントでしょう。多分、寝ていて意識だけが覚醒していたのだろうと思います。夢の内容は荒唐無稽なものが多いです。恐怖を感じるものは、自分の中にある恐れが表出してきていると見ています。夢の世界の場合、思っていることが外部環境として速攻で顕現しますからね。

あと、フォトンベルトでの影響についてですが、フォトンベルトの話は捏造です。しかし、プラズマフィラメントに突入する可能性はあります。オコツトの話では2013年以降は電気のプラスマイナスが逆転するようなことを云っていますね。つまり、反陽子の周囲を陽子が回るような物質構造の世界に移行するとか、、、だから現行の電子機器は一切役立たないとか、、、(汗)。まぁ、実際のところ、どうなるかわ分かりませんが、たとえそうなったとしても、執着せず諦めれるような心持ちだけにはなっておこうとと思っています。

大変勉強になりました

私からの子供っぽい相談でも、きちんと答えを授けてくださり、
有り難うございます。私はこの方面の知識は少なくて、よちよち歩きの
レベルなんです。これからもブログで色々な事を教えてください。
でも、フォトンベルトが捏造だったというのは、びっくりです。

誰が言っていたのか忘れましたが、「人類の表現体は肉体から光身に
変わり、五次元の状態が現実になる…」というのも、私では判断
出来かねますので御都合の良いときに
「ブログ記事ととして」みんなに教えてください。しばしの間、さようなら。

No title

いつも楽しみにしています^^。

日月神事をチャクラと関連つけて解釈している方が
いらっしゃったので良かった見てみてください。
「四ツン這ひになりて着る物もなく、獣となりて、這ひ廻る人と、
空飛ぶやうな人と、二つにハッキリ分かりて来るぞ」
納得してしまいました^^

この方の手相がまた嘘みたいな手相なのです。^^
http://www.justmystage.com/home/hituki/index.html

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ~♪

コメントありがとうございます!

1 ヒトラーは ユダヤ人ですか?

一説では祖母がロスチャの女中の時に孕ませられたというし、英国王室エリザベス女王と親戚だとかいう話もあります。 ロスチャは一応スファラディ・ユダヤと言われていますが、ロスチャ当人が「ニムロドの末裔」と言っていますので、ロスチャはユダヤよりバビロニア関係との繋がりの方が強いでしょう。よってヒトラーもバビロニアかなw

2 ヒトラーが アルバードパイクを知っていたと思いますか?

アルバート・パイク (1809~1891年)はアドルフ・ヒトラー(1889~1945年)の1世代前の人で直接の面識は有り得ませんが、オカルト知識豊富なヒトラーが「メイスンの黒い教皇」として有名だったパイクの言説を知らない筈はないですね。

3 ラストバタリオンが存在するとしたら イルミナティ側の宇宙人と同じ?
 それとも 別の種族?

難しい部分ですが、日月神示では「善悪裏表」という風に言っていますので、イルミ側もラスバタ側も、表面的には敵対するが実は同じ宇宙人だと思ってます(笑)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ブログ、いつも楽しく読ませてもらっています。
今回は、歴史の考察を進めるにあたって参考になりそうな書籍を紹介します。

ミシェル デマルケ 超巨大「宇宙文明」の真相

この本では、人類の歴史について独自の情報がのせられています。
真実を探求していくにあたり、必ずや役に立つと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。