天神系について

lコメントありがとうございます。

長くなりそうなので記事化しました。

> α:南朝側のカラスさん達や、β:北朝側のサンカさん達、γ:このどちらでもない最も古くからの歴史を持つと言う方々を合わせて、俸公衆と考えて下さい。この方達も上層部では、世界大戦の様な大きなインフラ破壊は望んでいないのです。

> しかし、長きに渡りαとβは光と闇の役割を二元論に基づき演じる洗脳を受けて来て居て、下部組織になると、そのストーリーを生涯の使命どころか、一族末裔までの使命と信じ、行き過ぎの行動を取るようになってしまっているのです。

> γが最終的に、それらを調整していると考えて下さい。そして現在この行き過ぎ行動を起こしそうなのが、βの下部組織なのです。私に上海での動きを知らせてくれたのも、βの古株の方で「困ったものだ・・・」とこぼしておりました。αの行いも様々な悪を含みますが、大きな流れの中では封建制度から民衆を解放した立役者として光を浴びる側の役回りなのです。大雑把に言えば、αがメーソンに対応し、βがイエズス会に対応すると考えると分かり易いでしょう。


上記は名無し先生の言葉ですが、αβγはそれぞれ、、、、

α:天孫系・・・南朝(カラス) ←メーソン関与
β:地祇系・・・北朝(サンカ) ←イエズス会関与
γ:天神系・・・最も古くからの歴史を持つと言う方(客家=ペリシテ人=海の民)

という図式になります。

ちなみに、βの下部組織というのが、江戸から明治・大正・昭和と北朝の下働きを散々したが決して利権(宗教団体への寄付)に有りつけなかった大本。水面下で北朝鮮に影響力を行使し、瀋陽地区を中国から切り離し朝鮮族と満州族からなる「ネオ満州国」樹立を図っていたとされます。それが先の上海の話ですね。

さてさて話は戻って、、、、

東北で十三湊を拠点に大陸と交易し、仙台に都していたのが日本原住民(国津神)になるわけですが、これはどう考えても蝦夷、アイヌ...等からなる地祇系でしょう。ただ「最も古くからの歴史」=日本に最も古くからという意味ではなく、最も古いが故に大陸の東端に日本列島があることを知っていた海の民(天神系)という意味だと思います。彼ら自体は交易が主で大陸側に住み、最初は日本列島には居住していなかったのでしょう。居住を始めたのが白村江の戦いに負けた後であり、それが藤原氏としてあるのではないでしょうか!?

藤原不比等から始まる藤原氏はレビ族=天神系ですが、レビ族が南北に分かれて宗教支配していた「かの地」のように、ここ日本でも同様に南北二派に分かれて統治していたのだと思います。それが西国・天孫系・南朝・・・九条閥、東国・地祇系・北朝・・・近衛閥という対立構造。そしてこの二派閥を影からコントロールしていたのが天神系公家(コウケ)とも呼べる閑院流藤原氏。

摂関家より一段低い家格の久我・三条西園寺徳大寺・花山院・大炊御門・今出川・広幡・醍醐の9家からなる「清華家」ですが、その多くは閑院流藤原氏(太字)が占めています。

確か、高度自給自足ブログでも【現代日本人が本当に勉強しなければならない摂家に次ぐ清華家という家格】という記事で、閑院流=カイン、西園寺=ザイオン(シオン) という風に取上げられていましたね。

■【現代日本人が本当に勉強しなければならない摂家に次ぐ清華家という家格】
http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-321.html

オイラはこの天神系公家(コウケ)に繋がるのが○○○宮だと睨んでいますが、ただ、どちらが上が下かは判然としませんが、、、、(笑)。

この○○○宮がBrexit(英国EU離脱)、トランプ政権樹立...等のグローバリスム=世界統一政府=NWO(炭素税が財源)に対抗して民族主義的な戻しを進めているバックとだという話でしたね。

ちなみに、聖書でいう北イスラエル国というのは本当には実在せず、ペリシテ人の治める地(に離散して住んでいた程度のもの。南ユダ国のソロモン神殿にしてもソロモン時代の第一神殿の頃の住居跡が見つからず、実は第二神殿の頃に建造されたのが本当ではないかとも現在では言われています。

明治維新で侯爵から公爵(デューク)に家格が上昇した家は三条、西園寺・徳大寺の御三家www。まぁ、和宮降嫁の可否を握って公武合体の鍵を握っていた羽林家の岩倉家や中山家も明治維新で公爵になっていますが、この勢力のフロント係として活動したので飛び級出世したというわけです。

この南北二派と閑院流の対立構造は、平清盛の時代、九尾妖狐こと玉藻前のモデルとされた鳥羽上皇寵愛の美福門院(藤原得子)の時には藤原氏は上皇派と天皇派に分かれて勢力争いをしていますが、閑院流は信西(藤原通憲)がいた上皇派。つまり院政を行う治天の君(上皇)に従属・密着した存在である「院近臣」のことですが、国司の受領系や実務官僚からなる実務派の中流貴族が主体で、権威筋の摂関家や有力寺社とは対立。

閑院流は摂家御堂流分裂以前以後も門閥にも属していないことから独自の利権を持っていたのでしょう。特に左三巴の西園寺が最も力を持っていたといいます。というのも、宇治川~淀川~瀬戸内海~北九州~五島列島までが西園寺家所領であることから、この間の河川海上交通を掌握しています。更に宋に唐船を独自派遣して貿易を行っていたことから中国側とも非常に懇意な間柄。江戸時代の鎖国でも一部の大名家にだけ許されていた唐との独占的な貿易もこの天神系が背後で絡んでいたと睨んでいます。また東国の窓口でもある「関東申次」の役職を代々世襲していることから、西と東、、、つまり天孫系と地祇系を自在にコントロール出来る位置。大陸貿易を守る為に江戸幕府開幕時にはイエズス会勢力のホルトガル貿易を廃してメーソンのオランダ勢力と組んで貿易窓口を長崎だけに限定する「鎖国」に舵を切らせたわけですが、幕末時になって幕府が欧米と通商条約を結ぶと一番困る公家でもあった。

そこで、天神系賀茂出自である三つ葉葵の徳川家と組んで大政奉還を演出して南朝を立て、南朝政権が樹立すると今までの大陸貿易から欧米貿易に鞍替えしていった。

ここで妄想を逞しくすれば、、、、

この天皇・上皇に分かれた対立構造が来年早々に再現されるかもしれませんねぇ~。

上皇派となるのが、キムチ・パンチョッパリ・ネオ満州・日本会議...等のイエズス会勢力(レッドチーム)になるでしょうか!!

九尾妖狐は貴狐ととも称されますが、この名と呼び方が同じ人もいます(爆)。ナマズ宮を「皇太弟」とせず「皇太子待遇」としているのも「女帝でGO!」の布石となってのかもしれませんが、「皇太弟」に関しては、玉藻前(藤原得子)の頃、崇徳天皇の譲位の際、近衛天皇を「皇太子」ではなく「皇太弟」と称されて怨霊化した崇徳天皇の一件を彷彿とさせます。

う~む、、歴史は繰り返すのか?
確か、あの時は摂関家が完全凋落してしまったのだが、、、、

まとまりのない文章になってしまいました。。。。(滝汗)
スポンサーサイト

FX...その後の展開

相変わらず毎日FXのデモトレード続けています。

帰宅後、1日たった数時間に3~4回トレードするだけなのですが、最後には全て一旦利確定して○(マル)にしています。スイスフランやリーマンショック等の大ガラがある為、オーバーナイトは怖くて出来ないですね。総資金の方も2回の口座破綻を経て手法が洗練され損小利大が実現し、リスクリワードレシオが向上した為に徐々に資金が増えてきている。

う~む、20%増はチトきついかな、、、

今のところの目標は1日の中で勝ったり負けたりして、損益合計で1日10%増(キラリーン)
※実は、この増加率が毎日続けられれば化物級。

FXブログ界隈では月利3%で年間利益率36%を掲げるところが多いですが、この数字自体、現在の銀行預金から比べれば比較にならない程の高金利。しかし、オイラの目標値は「月利3%」という数字が非常にしょぼく見えてしまうのだす~。まぁ、実際にはデイトレードは9割は負けるというデータがあるので、月利3%でも実はたいしたものというのが実情。

オイラの場合、小額資金からのトレード開始の為、リスクを大きく取りにいって複利運用を考え「小さく植えて大きく育てる」のを方針としている。だから、このくらいの資産増加率は狙いたいところ(ふふふふ)。

ただし、総資金も「22を超えていけ~」の230万には中々届かず、大きく減って220万まで戻し、更に190万まで下げましたが、そこから下げを取り利益確定。アッという間に241万に到達。

あっという間に22を超えてしまっただす~。

だが、そこからが苦難の連続。再び200万にまで下げ、2回連続の勝利を得て235万まで復活。「前回最高値にあと5万円や!」と上昇後の押し目を買い下がり、反転上昇を待つ間に起死回生を祈願して買玉を乗せ乗せ。

本来は上昇して含み益が出てから乗せを実行するのですが、もう欲に目がくらんで早目の乗せ実行。もうスグにも上昇する筈だと、考えが凝り固まってしまってました(滝汗)。

しかし、相場はダラダラ下がりの展開で、その後も反転時のに早く含み損を無くす為と称して買玉を増やして実質的にナンピンしていた。で、結果は「下手なナンピンすっかんぴん」の相場格言通りの展開。一旦は戻して10万まで含み損が下がったが、そのまま再びダラダラ下がりでもう戻ってこず、5時間後にグッと下がった時をタイミングとして90万で損切り(あはは)。

大幅負けのショックで立ち直れないかと思いきや、その十数分後に下げ切ったところを怒涛の買いエントリーしてスグ30万は取り戻し、現在、資金は181万円と前回記事の時とほぼ同じ金額で終了。

う~む、この1週間ちょっとの間、いったいオイラは何をしていたのだろう....全くの時間の無駄以外にないという気持ちですが、大負けした後には、その失敗を教訓として更に大きく成長する筈なので、まぁ、後が楽しみ(ふふふ)。
※乗せの方法として、この逆(反対売買)をやれば、安全に利を増やせるのが分かった。ピラミッティングは平均値が現在値に近づく為。怖くてなかなか実行できないのです。

し、しかし、3分割仕掛けのつもりが「やってはいけないナンピン」になってしまう悪い癖だけは是正しなくてはなぁ~

それには「良い損切り」するしかないのだが、、、、含み損5%厳守の損切り徹底しかない。

この「良い損切り」がなかなか出来ずに、いつも大きく下がった後に手仕舞いする「悪い損切り」してしまい資産を20%以上目減りさせてしまう。逆に損切りすればドテンして大勝するのは分かっていながら、それが出来ない(あはは)。

相場勝利のは手法ではなく資金管理とメンタル以外にないですね~

ここが最大の難関

この損切りには皆さん中々苦労しているみたいで、ネットのFXブログをいろいろ探して読んでましたが、まぁ、FXブログは口座開設や情報商材のアフィリや高額塾誘導、さらにそのバックエンドには90%の高勝率で売買シグナルを発すると謳う高額なインジケータ斡旋が控えているという糞ブログばかり(爆)。

まぁ、そんな中でこれはいけるかもと目に付いた損切り方法とは、、、、

・「良い損切り」が出来たときには自分にご褒美

というもの。ブログ主はゴディバよりも高級なチョコを買って食べるというもの。オイラの場合は何にしようかぁ.....う~む、中華腕時計か!(爆) しかし、これも人により効果ある場合もあるが、ご褒美よりも損切りの方が痛みが大きくてアカンという人もあり、実際の効果は怪しい。

まぁ、オイラ的な考えでは損切りは競馬のハズレ馬券やカジノのルーレットでの出目決定時の掛け金没収と同じであり、負けて無配当(掛け金だけの負け)になったと考える方が理に適っていると思っている。つまり、「含み損5%でこのレースの勝敗は付いたのだよ、、、、」と諦めるのがいいかな。

13を超えて行け~♪

相場巧者ミル氏のコメントで俄然ブログ記事を書くきになりました(爆)。

あれから毎日FX のデモトレードを続けていて、2つの口座をアボーンして現在は3つ目の口座に突入wwww

1口座1ヶ月持ちません。
で、トレードの反省を踏まえ、口座の種類も以下のように変えてきた。

①・・・一括決済 レバ100 資金100万円
②・・・売買両建て可 レバ100 資金100万円
③・・・売買両建て可 レバ500 資金100万円  ←今ココ

エントリーの理由、手仕舞いの理由、反清点...等のトレード日誌を書きながら、手法を洗練化させながら売買ルールを作っているのですが、ルール遵守してない時に限ってマイナスが、、、、(滝汗)

ただ、3つ目の口座になってから手法に慣れてきたのか、一時期、80万まで保有資金が下がったのですが130万まで回復。その後、また90万まで下げ、130万まで戻し、また90万まで下げるという「行ったり来たり状態」を何度も繰り返していた。

「22を超えて行け~」どころではなく、13の壁すら越えられない、、、、

だが、この13の壁を越えた時には、一気に行くだろうなという予感はあった。

そして連休最終の金曜、いつも通りトレードしていたが、ルール無視エントリーで連続2回負けを喰らったところで、3回目も一時期の上げを手仕舞いを逃してしまい、相場は下落過程に移り、、、、「うっ、またもや90万円を切ってしまったか、、、」と滝汗状態。

し、しかし、運命の21時30分、、、、突如、神風が!!!

下から突き上げるロケット発射のような爆裂な上昇、、、「一体何が起きたのか?」と焦る中、ボタンを何度も押すが決済出来ない状態でも何とか持ち玉全てを決済完了。

米国雇用統計2

含み損状態だったのが、なんと一気に141万に!!!!

13をあっさりと超えた、、、、後で調べてみたら、これがあの有名な第一金曜21:30の米国雇用統計発表だった。雇用が予想より良かったことドル高となったわけだが、それにしても凄い状態、、、、1分足スキャルピングに近いオイラの手法では、もし逆の動きだったら即死状態、、、、発表前、逆に仕掛けて利益になっていたら口座アボーンだったので危機一髪だった。

爆上げ後の小康状態の時に仕掛け、あっさり4万、5万をゲットして小休憩したところ、今度は上昇幅以上の下落が来ていた。下げ止まりのところでエントリーしたが、そこから更に下げが、、、、、分割売買のつもりが、いつの間にかナンピン状態。まぁ、この下げで止まるだろうという思いもあった為、そのままナンピンを続けてフルレバ状態。含み損も50万を超えた(あはは)。

その後、睨んだ通り下げ止まり、徐々に上昇を始め、天井直前で上手く逃げ切った。

これ40万ゲットしてトータル181万に!!!

たった小1時間のトレードでプラス50万になるとは、、、、米国雇用統計発表の破壊力をヒシヒシと感じた瞬間でした。

どっと疲れたのでここで「トレードは終了したのですが、リアルマネーで果たしてこんな果敢な(無謀な)ことが出来るのか?という思いと、このような爆上げ・爆下げ中に「本当に決済出来るのだろうか?」という一抹の不安が頭を過ぎった。

果敢にリアルマネーで仕掛けが出来るミル氏の足元には、到底及びません。

やはり発表直前はトレードしないか、手仕舞い出来ないなら反対玉でフタをすべきだろうな、、、、それにしてもこのボラティリティは魅力ですね~。上手く泳げれば桁違いに利益になる。まぁ、逆もありますが、、、米国雇用統計発表を狙っている人が多いのも分かります。

さてさて、来週の課題は、、、、当然、「22を超えて行け~」ですねwwww