中華時計を通して見えること

コメントで復活の励ましありがとう御座います m○m

新世界入りした後、ブログ未更新期間にオイラは何してたかというと、、、、

Aliexpressで売っている中華製品のあまりの安さに嵌って、イヤホン、アクセサリー、万年筆、腕時計を買い漁って中華三昧生活を堪能しておっただす~。2006年あたりから日本の最新工作機械を大量導入して品質が急激に上昇し始めた中国製品。オイラは中華格安デジタルアンプが持つ驚愕のコストパォーマンスに圧倒されたことから、一般化した工業製品に関してはプア志向になっている。

で、腕時計などは100個ほど爆買いしてしまっただす~(滝汗)。

WAT01

WAT02
(ダイソーの100円時計もあるだす~)

WAT03

まんねん

腕時計はeBayの方が更に2~3割安い場合があるので、Aliexpress→eBay→Youtubeで動画確認とループ作業でポチりまくっていた。まぁ、写真で判断するしかない通販なのと中華製品なので品質に疑問がある為、安価なもの限定での購入ですが、、、、

これは完全に病気だす~www
(相当ストレスが溜まっていたのかもしれない)

買ってみて分かったことは、安価なのにデザインは高級時計をパクっている。いやオマージュしているので値段ほど安っぽくは見えないという点。日本の時計メーカーが自社製品内で高価格品に誘導する為に安価な価格のものはデザイン手抜き、敢えてダサくチープなものに改悪しているのとは好対照。惜しげもなく高級時計のデザインを取り入れデザイン的に破綻がないが、ただコスト的制約からくる品質感が追い付いていない感じかwww

まぁ、使い捨て感覚のゴミ時計ばかりですが、、、、コストパォーマンスは非常に高く、実用性には何の問題もない。

少し前、チープカシオ、チープシチズン、ダイソー...等のプチプラ時計がブームとなりました。オイラも数本持っていますが、チープカシオはどこまで行ってもチープであり、同じ金額で中華時計とは見栄えが全然違う。アクセサリーには充分過ぎる出来栄えです。

中華時計チープカシオ
(左:中華時計 1200円 vs. 右:一番人気のチープカシオ 2000円   この差は一体、、、、)

逆にいうと、この価格帯でここまで出来るという証左にもなるわけだが、そう考えると、代理店が半額で仕入れて売るスイス高級時計は当然ですが、安価なチープカシオですらボッタクリ価格に見えてくる(笑)。

時計メーカーが作らないポン付けの時計は「雑貨時計」と蔑まれ、時計ヒエラルキーの中では最底辺に位置していますが、この下層の主流は中華腕時計。ほとんどが香港で企画され中国本土で製造される。日本三大ブランドであるセイコー、シチズン、カシオなどは中位層の上といったところに位置する程度。

で、世界三大雲上ブランドとされるのは、、、

1)Vacheron Constantin (ヴァシュロン・コンスタンタン)
2)Patek Philippe (パテック・フィリップ)
3)Audemars Piguet (オーデマ・ピゲ)

雲上ブランド

その下にもA.ランゲ&ゾーネ、ブレゲ、ブランパンと続き、ここまでが雲上六大ブランド。

神7ならぬ神6ですね。

その下位にはジャガールクルト、ジラールペルゴ、IWC、ゼニス、ブライトリング、パネライ、タグホイヤー、オメガと続くのですが、最も有名なロレックスは実用時計では最強ですが、中の上あたりに位置する。ただ、値落ちしかいことから資産価値は飛びぬけている。

この序列関係は腕時計ブランドのピラミッド型ヒエラルキーとして喩えられるが、図式化すると下記のような感じ。

WATCHピラミッド02

三大雲上ブランドがスリートップ

そして時計業界が形成するこのピラミッドは現実世界の日本版カースト制度のピラミッド構造と何故か似ている(爆)。っていうか、それを模式的に取り入れたのが腕時計ブランド序列でしょうね。腕時計マニアは無意識的にこの序列に取り込まれ、上のブランドを目指すという仕組み(爆)。この辺は官位と似ていますね。

ピラミッド

三大雲上ブランドのスリートップは日本版カースト制度という支配構造では緑・黒...等のカラスの親玉に相当しますが、そこに纏わり付くように特権階級が存在。ここまでが雲上であり、日本に住みながら日本人ではなく、戸籍という奴隷登録からも免除されている寡頭勢力の家族群れでもある。

う~む、ロレックスは天皇に相当するか!!!(爆)

この3トップ構造は日本にいる三人の天皇、即ち、天神系・天孫系・地祇系も同様であり、古くはアトラ・ハシース叙事詩の三神、つまりアヌ、エンリル、エンキの三位一体の神にまで遡るものだとと睨んでいる。(ふふふふ)

三神01

この三位一体はエンキVSエンリル、天孫vs地祇という相対峙する二者に対してバランスを取りながら統御する始祖としてアヌ・天神という構造。これは時計ブランドでも同じで、始祖としての最古のヴァシュロン・コンスタンタン(創業250周年)に対して、徹底した品質管理の鬼の保守的なパティック、技術開発の鬼の革新的なピゲというように二社が対峙する相互補完構造になっている。

この時計ブランドのピラミッド構造の上層部がスイス、中間が日本、下層部が中国(香港)と棲み分けされていますが、基本的に価格もそれに連動。スイスの腕時計生産量は年間約3千万個で世界の生産量のわずか2.5%に過ぎないが、売上高では腕時計市場の5割以上を占めている。中華時計は販売数は圧倒的に多いが売上金額規模ではスイス時計の十数分の一に過ぎない。

現在は中間層が没落し二極化してきていますが、ここを主市場としている日本勢、特にSEIKOが苦戦していますね。これは世界連邦脳炎を発症した日本人=日本脳炎患者が激減しているのとも連動している。シチズン(市民)などは実にパヨクっぽい用語だし、、、、(爆)

また中華時計は何千万もするトゥールビヨンを6万~30万円で出したり、スーパーコピーの流通...等、、、スイス時計業界と中華時計業界は戦いの真っ最中でもある。

■中国製の最高級偽時計、スイス時計産業の脅威に

この戦いは即ち、第三次世界大戦を起こし世界政府=ニューエルサレム建設を急進するシオニストと第三次世界大戦を望まず現状経済の継続と民族主義派の○○○宮の戦いの代理戦争にもなっているかな~。

この場合、当然、シオニスト側がスイスであり、○○○宮側が中国ですね。

1970年代、セイコーが巻き起こしたクォーツ・ショックでスイス時計業界が壊滅的な打撃を受けたのですが、それを高級時計路線で立て直したのはスイスの銀行業界。スイスの銀行はロス茶の親分の支配地であり、いわばシオニスト、コミュニストの司令塔、本丸の1つでもある。

今は逆にクォーツ・ショックを起こしたセイコーがブランド力の無さが露呈した格好で二極化する市場で窮地に陥っていますが、これなどは日本が世界をリードし天皇を戴くことを夢想する「日本主導の世界連邦脳炎=日本脳炎」が天ちゃんのTOC認定回避の為の譲位によって一転して窮地に陥っている状況と似ている。

また○○○宮って何か道教っぽい名称ですし、即天武后が一時期隠遁して子を生んだのが道教寺院。その子を白村江の戦いで負けた日本に遣わし藤原不比等としていることから○○○宮は中国系だろうとオイラは睨んでいますが、この時計代理戦争の関係とピッタリと一致する(ふふふふ)。

中華時計「爆買い」のオイラはトランプ同様に○○○宮ということになるか!?(爆)
スポンサーサイト

復活しただす~

すっかりブログ更新を怠ってしまった(滝汗)。

どうもブログデザインを葬式のような白黒モノトーンにしてから、急性胃炎で2日間休むは、、、ミル氏の親友でシュワルツネガーの知人「赤パン・ビリー」が故郷への帰路に崖から落ちて亡くなるは、、、、AOAのチョア様が13週間行方知れずで失踪し、その後、AOAを抜けると発表してAOAは自然解体されてしまっただす。

丁度チョア様が不眠症とうつ病の治療の為に失踪していた期間、オイラもブログ更新が止まってシンクロしていたわけですが、これもやはり名古屋の握手会でチャクラ交換した故であろうか!(爆)。多分、今後はソロ活動になると思うだすが、オイラはずっと応援していく所存だす。

まぁ、このようにブログデザイン変えてからテンション下がることばかりなので、再び元のテンプレに戻しただす。

で、ブログ未更新の間、何をしていたかというと、、、、

4月中旬にハリポタ見たさにUSJに行った際、新世界で通天閣に昇り、念願だったビリケンと初対面!!!

ビリケン

これで、オイラも新世界秩序入り(爆)。

だが、ここからブログ更新がピタリと止まった、、、、www

新世界のアチコチに点在するビリケンはこのところ人気急上昇で「ビリケン広飲み屋」誕生を予感させるに充分(ふふふ)。

ビリケン人形
(ビリケンはん、、、買ってしまっただす、、、、)

その後、どうしても入浴したかった世界のお風呂「スパワールド」のローマ風呂に入浴。その後はジャンジャン横丁で串カツ名店で食事。すっかり新世界名物の串カツのファンとなって帰宅後は「電気フライヤー」まで購入してしまった(笑)。

にしても、大阪名物はたこ焼きと串カツだらけ、、、「粉もん」ばかり、、、まだ、手羽先、味噌カツ、台湾ラーメン、天むす、ひつまぶし、あんかけスパ、小倉トースト...等を擁する名古屋飯の方がバラエティに富んでますなwww

さてさて、書きたいことは山程あるのですが、まずはTWICEの6/28日本デビューでしょうか! いきなりMステに登場というもの水面下でのKPOP関連の押しが強くなってきた証拠。

さらに8/30にはブラックピンクが史上初の日本デビュー前に単独武道館公演を開催した。これは凄いだす。さすが「ガールズクラッシャー」の異名は伊達じゃない。

オイラの中の女子力が騒ぐだす~。



リサたん~ ステキだす~

応援していたAOAは残念なことになってしまったが、TWICEとブラックピンクが日本デビューするので当面は楽しめそうです。

ブラックピンクは実家の裏に白山神社がある真っ黒な野望を持つ一族出の「プリンセス・ミ○コ」といふピンク色の薔薇の暗示であり、また「同じこと2度」を意味するTWICEとは日・韓・台の満州派の暗示。KPOP押しをしているのが北朝鮮の背後にいる京都白足袋族=伏見系元皇族=満州派でもあるわけだが、この勢力が盛り返してきたということなのか? この2グループの日本デビューは2つの派閥の動きがピークに達して日本で表立って活動を始めることの象意でもある。

■TWICE・・・京都白足袋族=伏見系元皇族=満州派
■ブラックピンク・・・「プリンセス・ミ○コ」=白山神社=薔薇ライン=腐乱巣ユダヤ・アゲアゲ派=ザビエル派

という構図www

ただ、ネオ満州国建国はTTポーズ(涙目)になるであろう(爆)。

tsui2.jpg

ただ、九尾妖狐の暗示であるチョア様がいなくなってしまったのは非常に気にかかる展開。かつての玉藻前も宮中を脱走し行方を眩ましている。

***********************
『絵本三国妖婦伝』では、最初は藻女(みくずめ)と呼ばれたとされ、子に恵まれない夫婦の手で大切に育てられ、美しく成長した。18歳で宮中で仕え、のちに鳥羽上皇に仕える女官となって玉藻前(たまものまえ)と呼ばれる。その美貌と博識から次第に鳥羽上皇に寵愛されるようになった。しかしその後、上皇は次第に病に伏せるようになり、朝廷の医師にも原因が分からなかった。しかし陰陽師・安倍泰成(安倍泰親、安倍晴明とも)が玉藻前の仕業と見抜く。安倍が真言を唱えた事で玉藻前は変身を解かれ、九尾の狐の姿で宮中を脱走し、行方を眩ました。
***********************

それ以前の妲己、華陽夫人、褒姒の時も最後には逃げ出して行方知れずと成っている。

***********************
玉藻前の経歴は中国古代王朝殷にまで遡る。殷の最後の王である紂の后、妲己の正体は齢千年を経た九尾の狐であり、王の妾であった寿羊という娘を食い殺し、その身体を乗っ取って王を惑わせたとされる。王と妲己は酒池肉林にふけり、無実の人々を炮烙の刑にかけるなど、暴政を敷いたが、周の武王率いる軍勢により捕らえられ、処刑された。またこの処刑の際に妲己の妖術によって処刑人が魅せられ首を切ることができなくなったが、太公望が照魔鏡を取り出して妲己にかざし向けると、九尾の狐の正体を現して逃亡しようとした。太公望が宝剣を投げつけると、九尾の体は三つに飛散したといわれている。

しかしその後、天竺の耶竭陀(まがだ)国の王子、斑足太子(はんぞくたいし)の妃華陽夫人として再び現れ、王子へ千人の首をはねるようにそそのかすなど暴虐の限りを尽くしたが、耆婆(きば)という人物が夫人を魔界の妖怪と見破り、金鳳山中で入手した薬王樹で作った杖で夫人を打つとたちまち九尾の狐の正体を現し、北の空へ飛び去って行ったとされる。

周の第十二代の王、幽王の后、褒姒も九尾の狐とされる。褒姒がなかなか笑わないので、幽王はさまざまな手立てを使って彼女を笑わそうとし、ある日何事もないのに王が烽火(のろし)を上げ、諸侯が集まったという珍事に初めて笑ったといわれ、それを機に王は何事もないのに烽火を上げ、諸侯が烽火をみても出動することが無くなり、後に褒姒により后の座を追われた申后の一族が周を攻めたとき、王は烽火を上げたが諸侯は集まらず、王は殺され、褒姒は捕虜にされたが、いつの間にか行方知れずとなっていたという。後に若藻という16歳ばかりの少女に化け、吉備真備の乗る遣唐使船に同乗し、来日を果たしたとされる。

***********************

この逃げ出した後、いづれの国も亡国の憂き目に合っている。

今回の場合、亡国対象は既に国の廃止が決まっている韓国なのか、、、、それとも日本なのか、、、、それとも両国ともなのか、、、、トランプが北朝鮮のICBMを迎撃したことからも、そろそろ北朝鮮・韓国・日本を巻き込んだ第二幕が開演していきそう予感です。

一説には日本経済は既に末期症状のステージ4だとも言われる。セイコーが経常利益9割減が示しているように、日本製品が担っていた「高品質・低価格」のアッパーミドルレンジは世界的な中間層没落による二極化で、このおいしい市場が縮小化・消滅化してしまった。

その実態は国内向けでガラパゴス製品だったから当然の帰結か、、、

またアベノミクスの経済政策はことごとく失敗し、最大の目玉の水素ガス燃料電池車も中国がNEV法規で過激にEVシフトする中、真っ先に賛意を示したジャーマン3(メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ)の動きで電気自動車への方向性は決定した。特にバッテリー関係は計画を10年前倒しで進めるようにあ過熱化してきている。家電・精密機械が凋落していく中、一本足打法で現在の日本経済牽引してきた自動車業界ですが、ここにきて暗雲が立ち込めてきた。

う~む、22と23の戦いでミル氏が主張した方向に進んできている(滝汗)。

ただ、トヨタ-東北の姫様ラインこと北朝・地祇系はTTポーズになっただす~。トヨタ周回遅れが囃されるなか、株価維持の為に「全個体リチウム電池」の取っておきのネタを出しただすな。だが、トヨタに関しては、こちらよりも中国でEV生産か?という話の方が興味深い。中国から打診があったのか分からないが、中国に最新EV工場を作るであろう。場所はズバリ、、、満州かな。満州派やロシア牽制の為にもなる。

いづれ自動車もEVでコモデティ化してエンジン製造の優位性はなくなる。欧州製の高級EVと安価な中国製EVに二極化するのは、オーディオ、腕時計、カメラと同じ運命。高級ブランドを作れなかった日本車の行く末はセイコーと同じか、、、、トヨタが大きくEVに舵切りする中、三河地区のメーカーの淘汰は一気に進みそう。早く事業転換するものが必要になってきた。

カシオは多分生き残るが、これはブランドが確立しているホンダも同じ。どちらも業界では後発グループで海外人気から国内人気に繋がったメーカーですが、こういうメーカーは最初から海外を視野に入れていた為、ガラパゴス化しないことが骨身に浸み付いているのであろう。