スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オザワンから電気自動車まで洞察テンコ盛り

最近、匿名党さんの過去記事を読み漁っていますが、そこに書かれる内容に震えている。来年一年を占う意味からも充分吸収しておかねば、、、

それらを連携化させメモしておく。

ネットではオザワンの母親は菅直人と同じく済州島出身で墓参りに行くというように語られていますが、済州島には半島での赤狩りで多くが逃げて来て、そこから更に日本に渡ったとされるが、その多くは大阪に来ている。オザワンは父・44歳、母・42歳の時に誕生(1942年)し、妾腹の姉がいるが、この済州島説はガセのようでもあり、本当のようでもあり、中々判断が付かない。

ただ工作員によるネット情報に右往左往させられるのは悔しいので、まずはこの辺から反芻してみようと思う。

□父:小沢佐重喜
荒木みちと結婚(1924年)
終戦直後の混乱期に闇物資絡みの汚職事件「辻嘉六事件」で名を連ねる
世耕議員の爺さんが国会でこの事件を取り上げたのが最初


□母:荒木みち
千葉県東葛飾郡風早村の元庄屋・荒木儀助の4女
父儀助は千葉県議会事務局総務課
実家の荒木家は土地登記簿謄本に昭和61年5月、千葉朝鮮信用組合から3億5000万円の巨額融資


朝鮮信用組合は通常、在日朝鮮人以外には融資を行わないので、荒木家の内部深くに何か他言をはばかる何か重大な秘密があるだろうことは分かる。

この済州島出自説にオザワン親族が反論として出してきたのが以下の内容。

************************************
 母・「みち」は、千葉県東葛郡風早村藤ヶ谷で、荒木儀助を父とし、「かの」を母として明治34年2月15日に生まれている。問題は母・「かの」の出自である。「かの」の祖父は、幕末、日本で活躍したフランス人で、日仏友好の父といわれるモンブラン氏である。モンブラン氏と日本の女性の間に生まれた娘の子が、小沢さんの祖母になる。

 モンブラン氏は1858年(安政5年)に初めて来日、日仏通商条約の締結にかかわる。1862年(文久2年)、再び日本を訪れ、日本文化を研究し、パリ万博の薩摩藩代理人として活躍したことなどで知られる。明治になって新政府の外交顧問格となったり、在フランスの日本総領事館の領事任務にあたったりした。西園寺公望など日本留学生の相談役でもあった。著書に「日本事情」などがある。

 幕末、日本の女性が生んだ外国人の子どもを、戸籍などで証明することは困難である。ごく一部の人たちに伝えられた傍証がいくつかあり、私は真実であると確信している。「かの」の母が美人のハーフで、「かの」の名の原案はモンブラン氏が「カノン」と名づけたもの。また、モンブラン氏は風早村の金山地区に葡萄を植え、〝葡萄酒〟を造っていたとの話も残されている。荒木家に〝葡萄酒〟をつくる技術を教えた話もある。

 荒木家では、これまでこの情報は〝秘事〟とされており、小沢さんにも知らされていなかった。理由はわからない。外国人の血が入っていることを嫌うという単純なことではないと思う。私の推測では、「みち」の祖父、源吉(小沢さんの曾祖父)の出自を封印するためだと思う。源吉の出自は、説明によると、徳川家の歴史に重大な衝撃を与えるものだ。十分な調査・研究が必要となろう。

■小沢一郎のご先祖さまの中にザビエルさん(爆w
http://tokumei10.blogspot.jp/2016/07/blog-post_240.html
************************************

まとめると、こんな感じか、、、、

オザワン01

□シャルル・ド・モンブラン
シャルル・フェルディナン・カミーユ・ヒスラン・デカントン・ド・モンブラン伯爵にしてインゲルムンステル男爵(1833年5月11日 - 1894年1月22日)は、ベルギーの男爵でありフランスの伯爵、実業家、外交官、日本のお雇い外国人。日本では「白山伯」(はくざんはく、ペーサンはく、モンブラン=白い山の伯爵から)の名で知られた。モンブラン家の発祥は定かでないが、南仏の出身ではないかといわれる。フランス特命全権使節として清に派遣されたグロ男爵に随行し、1858年(安政5年)9月に初めて来日。その後は、英国内で薩摩藩留学団に接触しその世話役を買って出た。1867年(慶応3年)にパリで行われた万国博覧会では薩摩藩はモンブランを代理人とし幕府とは別に「琉球王国」として出品参加。また後年、薩摩藩から軍制改革顧問に招聘され鹿児島に滞在。薩摩藩と濃密な関係を築いている。

つまり、オザワンは16分の1が欧州貴族の血筋。

モランボン(牡丹峰)ではなく、モンブランだった。。。。。

まぁ、後述するがどっちも似たようなもの(爆)。

で、更に1、2代前のCount De MontBlancからバチカン関係者であり、また北朝鮮のバック(真のラスボス)がバチカンであることから、この繋がりで在日でもないのに関わらず、朝鮮信用組合から3億5000万円の巨額融資が出来たちゅーわけですね。で、この巨額融資から済州島出自説が生まれることになった。

■白山ラインことキリスト教内ユダヤ派ことヴェロニカ派こと汚腐乱巣ラインが神に背く悪魔崇拝認定されてしまった件
http://tokumei10.blogspot.jp/2014/10/blog-post_292.html

■北朝鮮の正体と真のラスボス
http://tokumei10.blogspot.jp/2012/06/blog-post_05.html

そんなことよりモランボン楽団の美女ボーカルの方が気になる。一時期は公開処刑されたという話もあったが、新メンバーが入ったみたいなのだが、詳細が一切分からん(滝涙)。



こ、、、これは!!!(合掌)

モランボン01

ナース風衣装はポイント高いwww

分かってらっしゃる!

特に、この2人は整形無しでコレですから、、、、萌え度ハンパないっす!!!

しかも、曲中にはボランドゥシ(これ見よがし)というキャッチーなワードをたくさん織り込んでいる点でも、最近のトレンドを決して見逃していない(爆)。

「女子十二楽坊」と「少女時代」を足して2を掛けたような布陣、、、、

恐るべし、、、モランボン楽団。。。

さてさて、更に匿名党過去記事を遡って見て行くと、プロトコルX発動後の現在を理解するのに非常に分かり易い対立図式があったので、これもメモしておく。

************************************
極東においての構図が大雑把に

英米中+皇室本家 vs. 罰イ南北満尾チ+皇室分家+名(尾+三)

からであり、

英米日中+皇室本家+罰イ北(穏健派) vs. 満チ南+皇室分家+罰イ北(過激派)+名(尾+三)

罰イ北(穏健派)罰イ北(過激派)

にシフトしつつあるわけです。

(中略)

で、最近三河が表向きだけかもしれませんが尾張をイスカリオテしちゃったりとかGDGDしてるわけです。

■バチカンことテロカルトのご本尊様も背に腹はかえられない件
http://tokumei10.blogspot.jp/2012/08/blog-post_17.html
************************************

「罰」はバチカン、「イ」はイスラエル、「満」は満州または満州派、「チ」はチベット、「北」は北朝鮮、「南」は韓国、「分家」とは今の本家からの「新分家」の方ではなく、先代からの「旧分家」の方でしょうか。「新分家」に対し「旧分家」がちょくちょく弄っているフシがあり、かこちゃまが学習院からICUに逃げたのも、この弄りに原因があるのでは?

あと貴狐しゃんに対する「あっち行けシッシ」も強烈だっただす~(爆)

上記の対極構造は、そのままブルーチーム(シーパワー、リムランド)とレッドチーム(ランドパワー、ハートランド)に色分けされますが、単純に云えば、世界連邦派の「罰イ北」が二分裂するということ。しかもジャンピング土下座して毛皮派に鞍替えする方が多数派。鞍替えしない少数派の「困った子たち」がTOC認定されて「いらない子たち」にレベルアップし、最後には無慈悲的に強制排除される。

これがプロトコルXの大まかな全容。

この内容は4年以上(2012年8月17日)も前の記事なのですが、このシフト進捗度合いが気になりますね。露が本家側に付きそうな点を追加すれば、かなり当っていると思います。これを4年前に述べた匿名党は凄いだすが、天皇の英国訪問が2012年5月8日だったので、きっとこの時の内容(プロトコルX)が漏れ伝わったのではないかと見ている。

オザワン親族がモンブラン末裔なのをボランドゥシ(これ見よがし)にカミングアウトしてしまったわけだが、このモンブラン末裔が教導しているのが、最近、名称が変わった山本太郎と愉快な仲間たちの「自由党」。ロス茶側に寝返って米帝に切られたオザワンですが、2009年の高野山発言でバチカンに捨て身の反目していたのだが、、、、問題は「自由党」が穏健派か過激派かどっち側になるのか?という点。

まぁ、歩くD-Flagこと、神をも試す過激な左巻きの山本太郎と未だ組んでいることから所属陣営は自ら分かりますな。オザワンにとって山本太郎は票集めのパンダ兼政界撹乱させる「鉄砲玉」程度のものでしょう。(爆)

「この世に2つとない社会主義の国」とそのオンリーワン振りをボランドゥシ(これ見よがし)に自慢する北朝鮮が、このシフト表のように対米批判を止め、宗主国様に尻尾振って帰属嘆願し、真っ二つに分かれる「Xデー」がいつなのかにオイラは注目している。

ずっと続くと思われていた「世界に1つだけの、、、ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン」と唄う某アイドルグループが、事務所内のケツモチたるジャニー派、飯島派、藤島ジェニー派の派閥闘争の結果、飯島が追い出され、グループも「独立」か「残留」かで揉める中、メンバーの多くは「独立」を選択。この離反クーデターをスクープして裏切ったのがキムさんですが、チーム内に残る不協和音から解散に至った。

同様に北朝鮮も最終ケツモチのバチカンがある日唐突にケツモチを辞めさせられ、宗主国様の配下として「残留」するか、世界連邦派に付いて「独立」するかで揉める中、宗主国様派のキムさんの裏切りで公開処刑され、このことで求心力が無くなり、突然崩壊っていうことも充分アリエールのだす(ふふふふ)。

「2位じゃダメなんですか?」

とのたまう「2重国籍じゃダメなんですか?」オバハンも世界単一政府(世界連邦脳)のオンリーワン派なので、同様に強制排除のカウントダウンは始まっている。

来年早々、党代表辞任だろう(爆)。

2位
(世界蓮舫だフォォ~)

この新レッドチームが世界連邦派であり、繊維派、God of the Bible派...等が属し、傘下にサンカや大本派生宗教群がいるという構成なのでしょう。多分、日本会議もここに属する筈ですが、これらがいらなくなった子認定からもう一歩進む日は着々と迫っている。南と手を切れなかった本家当主が「生前退位」しなくてはならない理由でもあるが、クリスマスの日にアセンションしてしまった「ラスト・クリスマス」を唄ったワム!(ジョージ・マイケル)もクリスマスを盛り上げてしまった罪(藁)として、「いらない子」認定されてしまったのかもしれず、この一件から分かるように、粛清が現実に動き始めたと見ている。

で、レッドチームに金魚の糞のように付いている名(尾+三)とは、当然、名古屋(尾張+三河)のことだすな、、、(滝汗)

確かに、三河の三ヶ根山山頂にはA級戦犯を祀った殉国七士廟があるし、、、、ISISちゃんに車たくさん買って貰っていた世界のT社は三井グループに属し津軽の姫様仕切りのモロ地祇系バリバリの会社であり、、、、、津軽の姫様の実家は尾張徳川家と毛利家の血筋でもあり、また豊臣秀吉の命令で長崎で磔刑に処された「二十六聖人」の多くは尾張出身者であったように、尾張はボランドゥシ(これ見よがし)に「隠れキリシタン」豊穣の地でもある。

7.jpg

さらに東三河には大本もあり、実は綾部・亀岡に次ぐ第三の聖地。

そらぁ~、天武天皇以前からの道教聖地だからねぇ~
「東海三神山」は徐福が目指した蓬莱山ですから(爆)。

隠れキリシタンの尾張と卍党の大本聖地が隣り合う地域が愛知なのだす。

三河は「江戸幕府=徳川家」の発祥の地であり、「徳川-松平-イエズス会」が当初の蜜月ラインであった。一時期はスペイン・ポルトガル(カソリック=イエズス会)を切り、宗教色を出さずに近づいてきたオランダ(プロテスタント=メーソン)に乗り換えた江戸幕府ですが、イエズス会は吉田神道に潜り込んで影響力を温存。南朝が政権を取った明治維新では、吉田神道を廃してキリスト教的一神教を織り込んだ平田神道を国家神道にして強固に思想武装し、神仏分離で北朝勢力の力を削いできたが、明治末期に至って北朝と組んでいたイエズス会が再び表立って乗り込んできた。大正2年に創建された上智(Sophia ソフィア)大学や南山大学がそれである。

愛知(フィロソフィア)という名称も実にキリシタン的な名称ではあるな(爆)。

明治維新は徳川が両建て戦略の元、形だけ大政奉還しただけの南朝派に寝返った政権であり、実際は薩長を交えてのワイド版公武合体。これ故に、日本政府の裏側に徳川ありなのですが、戦前~戦中~戦後にかけ、再び北朝が政権を握った。

これら一連のことがイエズス会が日本のケツモチになっている理由でもあるが、尾張+三河の立ち位置がヤバイだす。

う~む、トランプ就任後、「尾張+三河」には逆風が吹くかもしれんだすな、、、、

英帝・米帝にTOC認定され、サクリファイスされてまうか?(滝汗)。
※TOC・・・あるシステムがより高い機能へレベルアップするのを妨げる因子であり、Constraints(制約条件)のこと

オイラみたいにジャンピング土下座して改心しないとヤバイかもだす~

dogeza.jpg
(ジャンピング土下座)

で、この名(尾+三)の愛知県は自動車産業のメッカですね。

そういえば少し前、スズキ社長とトヨタ社長が謎の合同記者会見(2016/10/12)を開きましたが、両社トップが提携発表しているのに具体的提携内容が一切語られなかったという実に面妖なもの。しかも、これはスズキがトヨタに提携を持ちかけた提携話でもある。多分、この真相は安全技術・環境技術に関するものであり、水素ガスの燃料電池陣営にスズキも加わるということなのでしょう。この少し前にはマツダもトヨタと提携を発表し陣営に加わっている。

そして最後の最後になって、、、、

「お、、、修ちゃんで~す!」

とFCV陣営に加わったのがスズキだったというわけですが、三菱とスズキの燃費試験偽装の発覚も、裏を返せば、どっちの陣営に付くかの追い込みを掛けられたのでしょう。

時期的に見てトランプの大統領就任は無いと踏んだ上での両社首脳の合同記者会見かもしれないが、ビルダバーグ会議に電気自動車のテスラ社のイーロン・マスクが呼ばれていたのだから、今後、自動車については何か大きな動きがありそうです。

現時点での次世代自動車の国内の勢力地図は、、、、

【EV (電気自動車)】
日産・三菱


【FCV (燃料電池車)】
トヨタ・ホンダ・マツダ・ダイハツ・スズキ・日野・スバル


国内においてはFCV陣営は圧倒的優勢に立った。しかも無類の「強運の持ち主」の修ちゃんがFCV陣営に加わったのだから、水素FCV陣営には無敵感さえ漂っていた。

一方のEV陣営はボロボロの三菱自動車を救済した日産だけの孤立無援状態。しかもFCVでも水素に対抗してバイオ燃料を使うとか、、、全然、対決姿勢を崩していないどころか先鋭化させていたが、誰しもが日産・三菱を「負け組」認定していた。

だがしかし、最近発売された日産ノートにはシリーズ式ハイブリッドEVシステム(e-POWER)を搭載したが、王者プリウスの月間販売台数を抜き、現在首位を快進撃中。しかも、ハイブリッド専用モデルでの新型車でもなく、マイナーチェンジ時のバリエーション追加でデザインも変わり映えしない状況下にあって、30年ぶりに首位に立ったという奇跡的な快挙。HVセダン(プリウス)からの乗り替えも多いことから、プリウス的な燃費一辺倒の面白みのない味付けの車にユーザーがソッポを向き始めたとも言える。

で、一番驚いているのが日産だったわけだが、、、、(あはは)

車格・内装が違うので単純比較は出来ないが、車格からノートと完全に競合するのはアクア。

ノート・・・価格帯177~224万円

アクア・・・価格帯176~243万円
プリウス・・・価格帯242~339万円(3ナンバー車)


HV@JAP

価格帯は全く同じ。ただ、アクアが燃費を良くする為に車高が低いのに対し、車高が高いノーツは車内は広い。普段使いではノーツの方に軍配があがる。だが、それ以上に魅力的なのは、EV車のリーフ由来の異次元の加速感とブレーキを踏まずにアクセルワークだけで市街地の運転が可能な点。

元々、エンジンでもモーターでも駆動できるというパラレル方式(並列)のハイブリッドシステムは、モーターとエンジンの回転数をシンクロさせる必要性から非常に複雑になり、シンプルでない点が引っかかっていた。また同出力のエンジン仕様との価格差が一般ユーザーの使用レベルではガソリン代差額で全くペイ出来ないことから、ハイブリッド車についてはあまりいい印象をオイラは持っていた。しかし、日産のシリーズ式(直列)ハイブリッドはエンジンは発電だけと割り切ったシンプル設計であり、高速では燃費は伸びないが、市街地では強力なモーターによる加速感とアクセルワークだけで運転が出来るというプラスアルファな部分があり、やっと望んだ方向性を持ったハイブリッド車が出てきたという感じ。

しかも、このシリーズ方式の開発は社命ではなく、開発者が残業時間を使って自主的に研究し始めたという点もポイント。上層部は何故かこのシリーズ方式の乗用車の開発を避けていたんですね~。だが、開発者の良心がそれを阻んだ(爆)。

日産上層部=カルロス・ゴーン=ルノー社=フランス=白山ライン=ベロニカ派=バチカン内ユダヤ教

なのでしょうか?(爆)
※元々、日産コンツェルン=鮎川義介=田布施人脈=満州派ですからねぇ~

デジタルを導入する醍醐味は、アナログを凌駕する高性能を安価に実現出来る点にあるわけで、単に燃費問題だけに限定化させて、お茶を濁させてはいけないのである。

う~む、これでプリウス&アクア販売の急減速が起きるか?

「攻めてるねぇ 日産」

これが専用設計された新型車であったならば、もっと売れたかもSIREしれません。構造もシンプルであることから、気をよくした日産はラインナップに続々採用していくであろうし、トヨタ、ホンダがこのトレンドに指をくわえて眺めている筈はなく、きっと大出力モータを持ったシリーズ式ハイブリッド車両を投入してくるだろう。

まぁ、この逆転劇もあくまで現行ハイブリッド車限定での話であり、将来を見据えたFCV車に関してはどうなるか不明。トランプ勝利になった米国では締め出される可能性もあり、更に不透明感が増した(あはは)。

特に、モデルS P100Dという前後にモーターを持ち、ゼロヨン2.7秒というINSANE(狂気的)モードを持つ自動運転技術と低燃費を実現した高級サルーンというモンスターマシンを販売して、ボランドゥシ(これ見よがし)に「高価格=高性能」という従来の自動車のヒエラルキーを完全破壊してしまったイーロン・マスク率いるテスラ社の動きは注目ですね。

これはデジアン、デジカメに続く、デジタル革命の自動車版でもあるわけですが、もうここまで来てしまった。

国内ハイブリッド車の逆転現象は圧倒的に優勢と報道されていたヒラリーがトランプに負けたのと共通しているような感じがしないでもない(笑)。

ただ両陣営とも背後の金融面では既に1つにまとまっている点。

トヨタ=近衛閥(北朝)、日産=九条閥(南朝)、三菱=ウィンザー家&英国貴族閥であるわけですが、既に金融面で地祇系(北朝・近衛・藤原北家・源氏・三井)も天孫系(南朝・九条・藤原式家・平家・住友)も一本化されており、最終的には1つの方式にまとまるであろう。決してベータvsVHSの時のような「二方式並立」になることはないだろう。

ピコ05
ピコ04
ピコ03

日産ノートの発電専用エンジンが水素燃料電池に置き換わったものがFCVであり、解釈の仕方ではFCVに歩み寄ったようにも捉えることも可能(笑)。

ここまでくると、発電ユニットを交換するだけで別方式の自動車が出来てしまうことになるわけであり、水を勃起状態にして水からダイレクトに水素や水酸素ガス発生させて発電させるコンパクトな車載装置も日の目を見るようになるかもしれない。また水素燃料電池だけでなく、道路側からの非接触電源供給する技術、あるいは迫り来る太陽フレアの防御の為に大気圏をプラズマ化してシールドを形成するが、副産物として無線電源供給が可能になるというミル氏がいう「奥の院のシナリオ」のカイジもある為、FCVで多数派を形成した「水素ガス派」もEV車で電力需要を大幅に伸ばしスマートグリッドで更なる電力支配を企てる「電線派」「原発派」も、実はそうそう安泰なものではない。

この電気自動車へのシフトを加速させているのが、米国のCAFE法とそれに倣った中国の法規。CAFE法では年率5%の上昇率で基準燃費が上昇し、販売した車両から算出した平均燃費がそれを下回った場合、1台あたり30万円程度の罰則金の支払いしなくてはならないという厳しいものですが、この法律が米国と中国という2つの自動車消費大国で採用されてしまった為、内燃機関というアナロク的技術の蓄積する既存自動車業会社が電気自動車的なデジタル技術を導入して生き残りを図るというラグナロクが始まってしまったのです。

だが、この競争の真の狙いは、、、、

競争でコアな技術を開発させ、掻っさらう(ふふふふ)。

「英米日中+皇室本家」陣営の米国・中国がCAFE法を採用する主体である点が、このラグナロクの背景を理解するポイントですね。

22をトコトン突き詰めていくことが、実は23に至る最も近道でもあるわけですが、これは次世代のインフラ利権獲得を狙って多大な投資を行っていた「ガス派」「電線派」が、後で自分で自分の首を絞めていたことに気づくことでもある。ただ、その時にはもう遅く、利権支配が出来なくなってしまっているというがオイラが思うベストシナリオであるが、、、、果たして、、、、

まぁ、いづれにせよ皇室本家側に楯突く勢力には、、、

ボランドゥシ(これ見よがし)に無駄な投資を沢山して頂き、体力消耗して戴くのがよいかと、、、(爆)
スポンサーサイト

曜変天目と愉快な仲間たちwww

お宝鑑定団で本物の曜変天目茶碗が見つかり、‎中島誠之助が「本物だす~」と太鼓判を押している。

橋本天目
(4つ目の曜変天目)

オイラのような茶器について疎い人間すら耳にしたニュースなので、これはブームが来るかもしれない、、、曜変天目を擁する美術館が便乗して特別公開展を開くかも(笑)。

曜変天目は中国の福建省の建窯(建陽県水吉鎮付近)で作られた日用使いに用いられる黒*であり、一度に10万個以上も焼いたであろうとされる窯跡が存在する。釉薬の焼結加減により虹色の虹彩を放ち、漆黒の茶碗内に宇宙が広がっているように見える一品で、天目茶碗のうち、最上級のものを指す言葉。

元は「窯変」と書かれていたが、模様が星のようであることから星を指す「曜」の字を用いて「曜変」と書き表されるようになった。南宋時代の作とされるが作者は不詳。青紫色の光彩は釉上の薄膜によって生じた光の干渉による色ですが、この技術の復元を目指し研究されているが、未だに再現できない代物でもある

この曜変天目は日本にしかなく、現在3点のみが存在し、いづれも国宝であるという。番組では2500万円の値が付いたが、譲渡無課税を考慮しての値付けであり、間違いなく「億」はいく代物。

■静嘉堂文庫蔵
徳川将軍家→春日局→淀藩主稲葉家→岩崎小弥太(三菱財閥総帥) 【国宝】
通称「稲葉天目」
明治当時の金額で16万円(現在なら16億円)で取引された現存の中で最高の物

稲葉01


■藤田美術館蔵
水戸徳川家→藤田平太郎(藤田財閥総帥) 【国宝】
斑紋が外側にも現れている

藤田


■大徳寺龍光院蔵
津田宗及(堺の豪商)→大徳寺塔頭龍光院(筑前黒田家菩提寺) 【国宝】
幽玄な美しさを持ち高評価

大徳寺


ちなみに、加賀藩主前田家→大佛次郎に渡ったMIHO MUSEUM蔵の曜変天目という【重要文化財】もあるが、「油滴天目」ではないかという議論もあり、ここでは省いて書いている。

今なら、これら3点が一同に会した展覧会を開くとかなりの人出が期待できそうですね(ふふふふ)。きっと、どこかが既に動いているでしょう。

今回発見された「橋本天目」を加え、これで国内には4点の曜変天目が存在することになったわけが、かつて国内には10点の曜変天目があったと云われる。実は最も素晴らしい曜変天目は「稲葉天目」ではなく、足利義政から織田信長へ譲渡され、時の最高権力者に所有された天下第一の名椀。足利義政の宝物台帳「君台観左右帳記」によれば、「地は大変黒く、濃い瑠璃色や淡い瑠璃色の星型の斑点が一面にあって、黄色や白、ごく淡い瑠璃色などが種々混じって、絹のように華やかな釉もある」と記されている。信長はこれを常に愛用し、持ち歩いていたと云われる。惜しむらくは本能寺の変で焼け落ちた際、焼失してしまった。

しかし、火災時に茶器や掛け軸をタンマリと抱えて逃げた茶人がいたという話もあり、今回の橋本天目のように、もしかしたら信長の首同様どこかに、、、というロマンを掻き立てられる。

武家への茶器文化の隆盛は茶器1つが一国に相当するという話がありますが、論功行賞で与える国が無くなったことから、信長が茶器に目を付け褒びにしたともいわれる。南宋のある時期、建窯で数えるほどわずかな曜変天目茶碗が焼かれ、それから二度と焼かれることは無く、なぜ日本にだけ現存して窯元の中国に残っていないのかが大きな謎。

しかも福建省といえば客家の地ですね。曜変天目の所有者が松平姓を与えられた客家に関連するキリシタン大名の黒田家・前田家が絡んでいる点も非常に面妖なのです。

赤松氏に起因する大徳寺は大友宗麟...等、多くのキリシタン大名が寄進建造していますが、台座の部分がなく竿石がラテン十字型で地中にそのまま埋まった「キリシタン灯篭」、縦4個と横3個の石の流れが十字架になるように組んだクルスの石組み...等のキリシタン的遺物がそこかしこに存在する。.一休宗純を輩出し、また千利休・小堀遠州をはじめ多くの茶人が大徳寺と関係をもっている。

キリシタン灯篭

前記事の明石氏はイエズス会のフロントという話が出ましたが、備前明石氏(美作明石氏)も赤松氏の末裔(ふふふふ)

また茶道は聖書の「狭き門より入れ」を表現する「躙口」(にじりぐち)、ミサでの聖体拝領のワインの回し飲みが茶碗の回し飲み、非常に厳かな雰囲気の中で作法が進んでいく...等、茶道自体がキリスト教の影響を大きく受けているが、そのキリスト教の聖体拝領の儀式はバアルに捧げる食人儀式から来ており、ミサが非常に厳かな雰囲気になるのも頷けれる話。

つまり、茶会とは、、、和風食人儀式(爆)

実際、利休の妻や娘はキリシタンであり、弟子の高山右近、細川忠興、蒲生氏郷もキリシタン。利休自らは公にはキリシタンだとは明かしていないが、ミサが「わび茶」へ影響を与えたことは確かなのである。逆にキリスト教から茶道へのアプローチもある。茶道は布教に効果があり、初期のキリスト教集会所には茶室が設けられていた程。

利休の甲冑からの推定では身長は180cmほどもあり、生粋の日本人ではない疑惑が浮ぶ。

また、利休七哲の1人、高山右近もキリシタンであり信仰を捨てず日本追放となりマニラに出国した。この右近は来年2017年2 月に福者列聖されるという。

高山右近
(バルセロナ郊外の聖イグナシオ洞窟聖堂のモザイク画)

秀吉のバテレン追放令(1587年発令)で、棄教しなかった為に高山右近が国外追放になった頃、京都・大阪・播磨のキリシタン71名は津軽へ移動させられたが、この勢力の末裔がナニヤドラド 、キリストの墓、自称イエス末裔の沢田家....等、青森にキリスト教の名残が多くある理由。この末裔をサンカアヤタチの上田音松と出口ナオらが取り込んで青森で大本が旗揚げされたのだろう。その後、上田音松の子息・鬼三郎が出口家に婿入りするわけだが、その前に景教色の濃い高野山で修行し、出雲大社で「鎮魂帰神法」を伝授して貰っている。出雲大社社家と云えば「千家」家ですが、茶道にも千家、裏千家、武者小路千家の三千家があり、キリスト教を介して何か繋がりがありそうです。

福建省-客家-茶道-キリシタン-大本

という怪しげなラインが浮上する。まぁ、元々、フランシスコ・ザビエルは客家が先導して日本に連れてきていますしね。関係ないわけはない(爆)。

現代では中国製品はパチモノという印象ですが、平安期から中国渡来の極上品は唐物と呼ばれ尊ばれた。競うように唐物収集が行われ、中国産品は江戸期においても流入は絶えなかった。唐風文化の導入を隆盛させ日本国内に高額の中国産品を輸入して儲ける。この交易が客家の出番であり、それを狙って様々な異国文化を列島にもたらしたのだろう。茶の湯もそうだし、イエズス会もwww

まんまと客家(ペリシテ人)の策略に嵌ったwww

客家とは電通のようなもの。

その馴れの果てが茶碗で御飯を食べている。
あれは本来は茶を飲む物なのだす~(爆)

利休が見たら卒倒するかもだす~

さてさて、実はこの曜変天目より凄い茶椀が存在したらしい。

それが、、、「毫変盞」(ごうへんさん)

これは1990年の中国建窯遺跡調査団による発掘調査の結果、福建省博物館の林忠幹によってその存在が証明され発表された。

希少価値が低い順に「灰被天目」、「禾目天目」、「油滴天目」、「曜変天目」と来て、その上に位置するのが「毫変盞」。曜変天目が最上品と称されるが、毫変盞は「その価は甚だ高く且つ得ることが難しい」とされ「幻の器」と称される。ただ古文献には記されるのみで現存していない為、どのような茶碗であるか想像も付かない。

「毫変盞」の「毫」は筆の穂先、きわめて細い毛を意味する字であり、「盞」は小さな杯を意味する字。ここから想像するに杯で茶碗ではないかもしれないが、真っ黒な黒陶で、青く虹色に光る尾のような流れ文様が底から放射状に流れ出ているような代物ではないかと睨んでいる。

中国では曜変天目は不吉の前兆として忌み嫌われ、すぐに破棄された為、中国には現存せず、破壊の手を逃れた僅かなものだけが密かに日本に伝来したとする説が唱えられているが、世界中で日本にだけ曜変天目が完全な形で現存していることから、この幻の毫変盞も密かに日本に伝来しているのだろう。

毫変盞02
(毫変盞のイメージ)

その禍々しさは客家が畏れる九尾妖狐に匹敵するだろうことから、、、、

オイラはこれを「荼枳尼天目」と勝手に名付けておく(爆)。

イエズス会名物「明石焼き」www

「中国の春」を擁護して警察(公安外事)を辞めたことになっている作家の北芝健が、陸軍中野学校、諜報機関、ハニートラップ、東電OL殺人事件..等について語った動画を視聴した。



陸軍中野学校についての概略はWikipediaと大して変わりはない。
まぁ、Wikipediaの方が多少詳しいかな。

載ってない内容を強いて挙げれば、縄でを吊っても生き長らえる訓練、真暗闇でものを見る訓練、丸薬で何日も生き長らえる訓練、毒を徐々に盛ってどこまで耐えられるかの訓練、白人に変装する訓練、、、等の話がオ面白かった。

錬成要領の中に「外なる天業恢弘の範を明石大佐にとる」という言葉があるように、明石元二郎(大佐は日露戦争当時の階級)の報告書『革命のしをり』を基本教材とし、神(アマテラス)の意志にもとづいて世界人類の平和を確立する諜報工作戦士を陸軍中野学校は養成していた。

明石元二郎
(明石元二郎)

鼻水を袖で拭うことや服装に無頓着なことから変人だったと云われるが、語学と算術に優れ、欧州の地でロシアの後方を攪乱することで日露戦争を勝利に導いた「奇略の参謀」とも称されている。日本軍の幹部からは「明石の活躍は陸軍10個師団に相当する」、またドイツ皇帝からも「明石元二郎一人で、満州の日本軍20万人に匹敵する戦果を上げている。」と賞賛されていることから、陸軍中野学校の模範とされた。

だが、この明石元二郎は黒田家と同じくイエズス会のフロントだった?

■真田フランコと明石全登
http://tokumei10.blogspot.jp/2016/12/blog-post_361.html

明石全登(安土桃山~江戸の武将)
・熱烈なキリシタン
・キリシタン大名黒田如水の母はが明石一族
・如水の弟で熱心なキリシタンの黒田直之が全登を匿った

ここから明石家とイエズス会の繋がりは始まる。

明石全登は西軍軍師に迎えるべく紀州九度山に13年間幽閉されていた真田幸村(信繁)=真田フランコ(洗礼名)を訪れたが、この抜擢もキリシタン繋がりであったからであろう。明石全登は大阪夏の陣で戦死したとも行方不明になったとも云われるが、その末裔が伊達家の庇護の下、秋田→仙台→津軽→扇田に移住した流れが、元国際連合事務次長の明石康なのだという。

明石元二郎と明石全登の血縁的繋がりは不明だが、一時期、身を寄せていた黒田家=福岡藩が出身であることから、何らかの繋がりはあるのだろう。

明石元二郎
・福岡藩士・明石助九郎の次男
・頭山満が創設した玄洋社(右翼結社)の社員
・1904年、ジュネーヴのレーニン自宅で日本政府が資金援助しロシア革命支援を会談
・ロスチャイルドは傘下のシフを通じてレーニンとトロツキーにも資金提供しロシア革命を支援
・シフは高橋是清の求めに応じ日露戦争の戦時国債を購入

ヘッセン領地を凍結したロマノフ家への仕返しに部下のロスチャに命じて日本を日露戦争(1904年)に駆り立てロシアを疲弊させ、更に「赤い盾=赤シャツ党=共産主義」によるロシア革命(2月革命、10月革命、1917年)でロマノフ王朝を倒してロシアを共産化した。ロス茶が属する表のイルミナティ=イエズス会であり、ここを通じて日本は対露工作していたということですね。つまり、明石元二郎の活躍もこのライン上にある行動であり、欧州での功績は現地の強力な協力があって初めて可能だったわけであり、莫大な工作資金(400億円とも)もその本当の出元が何となく分かってくる。

北朝鮮はソ連の資金で建国されたが、国家運営のノウハウがないのを陸軍中野関係者が手助け。同時に金日成伝説も創作。この辺のことは、日中戦争~太平洋戦争に至る経緯を最近の匿名党さんの記事を合わせて読むと非常に納得がいきます。

■戦前の日本、大日本帝国は真正保守不在のパヨク国家だった
http://tokumei10.blogspot.jp/2016/12/blog-post_932.html

つまりは国家社会主義に偽装した共産主義者たちの仕業。つまり近衛の仕業。この北朝=近衛の手先が大本であり、最初は海軍に入り込み、更に陸軍へも浸透。日本をソ連との軍事衝突を避けるように中国大陸では南進を選択し、中国国民党を疲弊化して中国共産党に天下を取らせた。その後、真珠湾攻撃で日米開戦にこぎつけ、海戦という海戦で負け戦を演じ、日本を弱体化した上でソ連に侵攻させ終戦。終戦後は米ソで分割統治して東日本を共産化する計画だった。

それを阻んだのが自由主義陣営の本家・本流の昭和天皇だった。そして、いち早い米軍の本土攻撃の開始、更にソ蓮の進入を阻み米国単独で終戦に持ち込む為に原爆を地上起爆、、、、その炸裂先は北朝のバックにいるイエズス会が国内本拠地にしていた広島・長崎だった。まぁ、ここまでの詳細な作戦を昭和天皇が考えたわけではないのだが、、、これにより、日本は南北二分化、共産化、内地人の虐殺とシベリア抑留が防げた。

広島

つまり、日本は日清戦争(1894-1895年)、日露戦争(1904-1905年)、日中戦争(1937-1945年)、第二次世界大戦(1941-1945年)という半世紀に渡る戦争を通じて、ロシアでは日露戦争でツァ-体制を弱体化させロシアの共産化を支援し、一方、中国では日清戦争で女真族の清王朝を弱体化させ、「反清復明」の洪門(秘密結社天地会)の起こした義和団の乱(1900年)がこれに呼応。洪門首領の孫文の中国国民党を隆盛させて中華民国を建国。逆に今度は日中戦争で国民党を弱体化させ、客家が支配する中国共産党に政権を取らせる...等のベルファシ傀儡的行動をしてきたというわけです。

以上、俯瞰して眺めれば、これはヘッセン-ロス茶-イエズス会-客家-紅卍会-大本-近衛閥(北朝)のネットワークで為された壮大な計画であったという感じです。当然、このライン上に緑龍会や天神系天皇がオンされているわけですね。

オイラは戦前は北朝・南朝の二派の争いだと見ていたが、実は三派(欧米型自由主義、国家社会主義、共産主義)の争いであったということ。

これでやっと昭和期が1つのストーリーとしてオイラの中でまとまった。

そして、この国家社会主義、共産主義には共通項があり、それは、、、

・「反自由主義」
・「反議会制民主主義」
・「反資本主義」
・「反(正しき)個人主義」
・「反米英仏蘭」


これらを標榜する残滓勢力は今でも存在するわけだが、その一例が「この国の最高責任者はあなたじゃない!」と意味不明な独自見解を披露したパヨク青年や世界連邦脳炎を発症中のブサヨや日本会議の阿Qサマナであるわけだが、実は、議会中に居眠りする役者議員を揃え、一見、議会制民主主義を行っているかのようなパフォーマンスをさせている日本政府の正体でもある。

さてさて、この動画の中での最大の収穫は次の4点。

1つは陸軍中野学校を継承している機関が小平にあるということ。

2つ目は日本の本当の歴史が納められた部屋の存在。

4重のゲートでガードされ、皇族や限られた人しか中に入れないという。

まぁ、藤原氏がいくら歴史を改竄したといっても、古代から1つの王朝らしきものがずっと継承してきたのだから、当然、本当の歴史はどこかに隠蔽され伝えられてきているだろう。オイラの推測では、ここに斎院で保管されてきた外交文書や本当の皇統譜...等も収められていると睨む。

3つ目はDNA鑑定が既にデータベース化されており、犯人をスグに特定できる状況になっているということ。まぁ、これは警察に厄介になった人や健康診断時のデータを使って構築したものであり、国民全員まで構築出来ていだろうと睨んでいるが、、、もしかすると、これが前記事に書いた占い師が教えて貰うというデータベースかもしれない。

だが、最大の衝撃なのは、、、、

六本木にいるロシア人の姐ちゃんは皆スパイ

メーテル01

六本木を主たる稼ぎ場にしてるミル氏にとって、これは看過出来ない事態。

最近、腰痛を訴えトランスヒューマニスト党の考えに傾きつつあるミル氏は、メーテル激似のロシア美女のハニートラップによって、自らを同一視する哲郎と同じく「機械の体」を貰いにゾルタクスゼイアン・ロシア支店に連れて行かれてしまうかもだす。(滝汗)

クリスマス仕様のホワイト・テンガを送るだすから考え直してくれだす~(爆)

てんが
(白はロシア系スラブ美女色か?)

YATIT解読のファイナルアンサー(爆)

11月16日にテレビ東京で放送された「水曜エンタ」 で英国の二大予知能力者が予言した日本の未来予知内容が話題になっています。先に登場したのがダイアン・ラザルスで、次に登場したのがダイアナ妃のお抱え予知能力者だったサリー・モーガンですが、2人の語る内容には「東京の北、さらに東」が共通していたという。

「東京の北、さらに東」という表現からは、通常、東北を思い浮かべます。

033.jpg

そして、サリー・モーガンが最後にYATITという謎の言葉を述べ、この意味が最後まで意味が明かされる事なく番組は終了。この為、この言葉の解釈を巡って様々な洞察がネットで為され始めた。

で、この謎解きにオイラも今更ながら乗ってみる。

動画を観てみると、サリー・モーガンの背後には松ボックリのデコレーションがあるのが分かります。

33.png
(わかり松か?)

う~む、多分、あれは魔女結社系に属する人物だな、、、ということはイルミ色濃厚www

っていうか、欧米では占星術師等の職業にいる者はイルミナティに属さないとやっていけないというか、属さないと必ず潰される。財界人や政治家にアドバイザーになるような占い師たちは相談者の身の上情報を上部組織に上げ、替わりに情報を貰って予言に利用するというWIN--WIN仕組になっているが、この仕組はカソリックの懺悔室で告解された上流階級層の家庭内の内部情報をバチカンが吸い上げ、攻略時の基礎資料とされたのと同じである。まぁ、今ではFacebookがこの役を担うわけですが、、、、だから、属さない占い師がいると困るので潰されるわけです(笑)。

まぁ、このカラクリは実は日本でも存在し、当の本人たちしか知らない筈の水子情報を当てられて完全に信用してしまうわけです。墓石販売が本業の著名な細くない某女史などはバーのマダム時代の交際相手がヤタガラス(安岡正篤)だったので、顔が利き秘密のデータベースから超カンタンに該当情報を入手できてしまうというわけですね。

細くない某女史の父の許には大野伴睦や松葉会会長の兄などが出入りしており、暴力団関係にも幅広い人脈をもっていた。父は太平洋戦争が始まる頃、政治活動から身を引き、「ロマンスクラブ」という名前のカフェを始め、やがて「南海」という名に改められたという。(wikipediaより)

大野伴睦といえば、四日市から琵琶湖、敦賀に抜ける大運河を作り、日本を二分割する案を提示した人ですね。まぁ、それほど日本は西日本と東日本は仲が悪いというか、別の国のような状態。これは今でもそうですが、この理由はそれぞれの地域を治めるトップが天孫系天皇(九条)と地祇系天皇(近衛)であったところからくる。

話が少し横道にそれてしまったが、この予言を放映していたのが先帝崩御に伴う大葬の礼の際にも1局だけアニメを流し続け、決して恭順の意を示さずソッポを向いていた地祇系色バリバリのテレビ東京でしたね。ここは明治維新で下野した北朝の裏天皇に仕えている勢力の資本が絡むと睨んでいるTV局です(ふふふふ)。

まぁ、オイラは「予言=マッチポンプ」という立場ですから、次の犯行予告みたいなものだと思っている。つまり、これは関係者に向けたインサイダー情報ではないのか? この場合、国を跨いている点がポイントですね。国内の予言者が述べたら怪しいと思われるが、海外の人ならば誰も疑わない。日本→海外→日本というブーメランのような仕組があり、日本の政治的外圧などもこういった手法が取られるわけだが、フランシスコ・ザビエル来日以来、そういった海外ネットワークが日本に現存しているのも事実。

さてさて、予言内容の詳細は、、、、

「東京の北、さらに東」
「東京の北東で、とても寒い場所」
「肩を寄せ合う人たちが見える。」
「飛行機 爆発 テロ」
「東京から北へ行って東に行ったところで土が盛り上がったところに電車が乗り上げている」
「クリスマス前、土砂崩れや脱線事故が発生、テロ」


寒さの中、何らかの天災的被害を受けているという感じですが、これらの予知(?)内容を彼女たちは占術等の結果から述べているわけではなく、あくまでヴィジョンを見たという表現になっていますね。

11月22日朝には、福島沖でM7.3の地震が発生しましたが、TVでは「津波が来ます。すぐ逃げて! 緊急避難」という緊急テロップが踊り、全局が東海アマ状態。

こんなこと今まで無かった。(滝汗)

しかも、当日22日には台湾のトランスアジア航空が明確な理由を述べないまま「全便欠航」すると発表(21日)していた。

その後、トランスアジア航空は運航終了と会社解散を22日午前中に取締役会で決議し、現在は存在していない。ちなみに同社は東京/成田、大阪/関西、札幌、函館、旭川、仙台に乗り入れしていたが、同社は2014年7月と2015年2月に多数の死傷者を出す墜落事故を起こし、経営悪化がささやかれていた。

トランス事故
(2015年の異様な事故)

通常、航空会社が解散する場合、予約客もいることから10日間程度の緩衝期間を設けるものだが、何故か、突然、解散してしまったのです。

トランスアジア航空は生コンクリ大手の国産実業集団(ゴールドサン・グループ)の傘下企業であり、社長の林明昇は国産実業集団会長の林孝信の長男。多分、客家であろう。日本で学んだ林明昇は日本警備保障(現SECOM)との合弁会社、台湾警備保障有限会社を創設(現・中興保全)を立ち上げている。テロとの関連を考えるなら、資金繰りに苦しかったことから甘い話に乗ったが、決行直前にバレて強制解散に追い込まれたという線も浮ぶ(爆)。

以上、11/22は大魔神コード「22」を標榜するオイラにとって非常に焦った日でもあった(滝汗)。

ただ、この22日の地震で予言が的中したと見る向きがありますが、クリスマスまでにはまだまだ日がある為、これはまだ予行演習的なものに過ぎないのでは?という疑念も残る。

「YATIT」の解釈として、最初に挙げられているが地名ですが、谷地温泉(青森)、八千代市(千葉県)、八街市(やちまた 千葉県)、東京の地下鉄路線名、東京国際空港ターミナル(TIAT)の略称...等、様々なものがあります。しかし、これらは語感が似ているだけであり、こじ付け感が漂うようなものばかりです。もっと他にビンゴ!な解釈はないものでしょうか?

無いのなら 自分で解読しよう ホトトギス

というわけで、自分なりに解読してみた(爆)。

う~む、まず解読のポイントは「YATIT」のTITだな!!!

これは涙を流し泣いていることを表すアスキーアートの「TT」にも見えますが、TWICEの最新曲がこの「TT」なのであ~る。



モモ(日)ちゃ~ん、ツァイ(台)ちゃ~ん
オーアイニー(我愛你)だす~


この曲中のポーズでを「Ⅰ」と見立てれば、、、、

TIT2.png

そう、これがTIT(ドヤ顔)。

つまり、TWICEちゃんたちが来日した際、オイラ(YAZZ)とこのポーズでフォトに収まるのが「YATIT」のことかもしれんだす。

で、それを英国№1能力者のサリー・モーガンが予知していたということだす~(超爆)。

まぁ、冗談はこのぐらいにして、本当の洞察を進める。

この曲を唄うTWICE(「再び」の意味)という日・台・韓の多国籍KPOPチームは、日本・台湾・韓国から為るかつての大日本帝国を彷彿とさせますが、この3ヶ国を再び合体させて「東アジア共同体」を作り上げようと画策する世界連邦脳な方たちを暗示するものだとオイラは見ている。この中で特にネオ満州国を樹立し自分たちの利権基盤を作り上げようと画策する急進派が大本系列ですが、渡来勢力である為、国内利権を持たせて貰えない反動から急進派となっている。
※世界連邦脳な方たち・・・旧日本陸軍大本営参謀、大本、神社仏閣...等、かつて五大軍国だった頃の日本を取り戻そうとする勢力。

このことから彼らは現在TTの涙目状態にあると見た方がよさそうだwww

確かに、トランプ大統領爆誕でロシア-中国-英国-米国の大同盟関係が始まる。世界単一政府のユニットに一番先に乗り入れていた欧州が英国のBriexitでEUが切り崩され、次に続いていた北米地域でも米国がNAFTAもTPPも離脱を宣言している。今、世界は混沌の時を迎え、一見、ネオ満州国樹立や東アジア共同体樹立という可能性がありそうにも見える。しかし、今後の世界の流れは「世界単一政府」よりも「民族毎に纏まった国家群」というNWOに舵を切り始めており、異なる民族を束ねるやり方は御法度。

しかも、今までの後始末としてプロトコルXが発動してしまい、既に「要らない子」状態になってしまった手羽先たちの大掃除が始まる為、トランプ就任前にどうしても東北の住民を強制的に満州に移動させ、ネオ満州国樹立に向かわねば、、、という最後の悪掻き的な動きを起こしのかもしれない。

う~む、3.11同様、再びザ・レッド・スワスティカが再び動き出すのかもしれん。

11/9・・・トランプ大統領爆誕
11/16・・・水曜エンタ放映
11/22・・・福島沖M7.3地震

確かに、時系列的にはビンゴな展開だ。

11/22地震は津波も起きずに不発に終わった感じですが、まだ>クリスマス前としては早すぎる状況であり、別に隠し玉があるやもしれん。

やはり、スグにでもYATITの解読を進めないと、、、(滝汗)

相手がザ・レッド・スワスティカならば、それは中国語に関するものではないだろうか?

グーグル先生の翻訳では役に立たなかった。
乗り入れ拒否されているからか、中国語のデータベースが圧倒的に不足している。

調べるならば、やはり本家の百度であろう。

011.png

ふふふふ、ビンゴだす~

で、その意味は、、、

南海亚力特!!!
(南海亜力特)

チョ~怪しげな名称だす。
まぁ、元々、中国語自体8割は日本語単語から為る怪しい言語ですが、、、(爆)

では「南海亚力特」は何か?と更に百度で調べたが全然意味を為さず、今度はグーグル先生の翻訳では、、、

012.png

ナンハイヤ特殊部隊!!!

「力特」とは特殊部隊を示す中国語らしい。

ナンハイア(南海亜)とは広州とマカオの間にある佛山市近辺になるのでしょうか。中国語では「亜」は家の土台から出来た字であり「次の、第2番目の」を意味する漢字ですが、広州市近辺は南海(南シナ海)に面した土台的な地域であり、実に相応しい名称ではある。

013.png

ここには中山市があるが、これは辛亥革命の指導者の孫文(孫中山)の出身地。広州は四大客家の地であり、客家の孫文は洪門首領でもあった。洪門の傘下組織が道院でその下部団体がザ・レッド・スワスティカ。ここと大本が昔から連携しているわけだが、便所民によると黒龍会とザ・レッド・スワスティカは2011年頃に同盟関係を結んだらしい。この提携が各陣営の広告塔であるRKと便所民のジョイント講演開始の背景理由であろう。

今回、ヒラリー落選でサバタイ派の凋落が決定的になったことから、今後、混沌が始まり「席替え」があるので勢い付いているという感じ。ここで一気果敢にネオ満州国建国に向けて動こうとしているのか? 既にかなりの金額を注ぎ込んでいる筈であり、絶対、もう後には引けない状況にあるとは睨んでいる。

ザ・レッド・スワスティカが、南海亜の特殊部隊を使って日本で地震テロを起こすというのか? まぁ、YATITが地震絡みではなく、飛行機テロの方の可能性もある。こればかりは起きてみない事には分からない(滝汗)。

ここで中国が領海を主張する「9段線」を見ておくと、南沙(スプラトリー)諸島まで主張していますね。ネトウヨが中国の脅威を騒ぐ場所でもありますが、世界連邦脳炎のネトウヨが騒ぐ場所は一旦冷静になって調べ直すことが必要。得てしてその逆の場合が多い。この領有範囲は中国の強気の主張を感じさせますが、フィリピンにしろマカオにしろイエズス会の支配地域であり、この領域の海上は「海の民」であるペリシテ人末裔の客家の根源地でもある。ベルファシ対策であるようにも見えなくもない。

中国南シナ海

もし予言が飛行機テロなら、この南シナ海が怪しいですね。まぁ、「南海トラフ」という解釈も出来ないないことは無いのだが、、、、
※日本国内では飛行機テロする意味がない。やはり、9.11同様、他国との国益に絡む場合に限定される。その点、各国の国益が絡む南シナ海は世界を混沌化させるにはピッタリの場ですね。

中国には有名な特殊部隊「雪豹突撃隊」(SLCU)がありますが、北京オリンピックの警備任務の主力を担ったことでも知られる。ただ部隊は北京総隊に属し南海亜ではないが、イメージ的にはこれに似た感じであろうか?

wujing03.jpg

カジノとマネロン依存症

「IR法案」、、通称「カジノ法案」が成立しました。

IR推進議員リストには野党議員もたくさん載ってますので、国会での反対もいつものように茶番のヤラセでもある「民主主義の偽装劇」を演じていますね(爆)。

このIR法案は国際会議場、ホテル...等のリゾート施設を備え、総面積の3%以内がカジノ部分とするフィリピンのカジノを模倣する形となるだろうと云われています。セガ・サミーとかHISが海外カジノに資本参加して経営の実績作りをして参入資格を得ようとしていましたが、巨大な資金を動かせないところの参入は到底不可能。セガ・サミーにしろHISにしろ、どこかと組むことになるだろうと睨んでいる。

doa_乳バレー
(カジノはAOA、、、い、いやDOAの乳バレーがあればいらん)

巨大カジノ資本のMGMは必ず単独で進出してきますね。

韓国ソウル、韓国済州島、ラスベガス、マカオに行った経験があるオイラなので「今更カジノかぁ、、、」という感じですが、大人の遊び場が増えるのはいいとは思う。まぁ、今ではパチンコもやらないオイラですが、その昔は数ヶ月間だけ毎日行っていた。ただ、ある機種の攻略法を知ってた時だけ行っていた為、オイラはパチンコでは通算で100万円超の「勝ち組」です(爆)。

ラスベガスではキノで当って小切手をもらって、店の女性からは「コングラッチレーション!」と握手されました。

で、換金すると5万円程度(爆)。

まぁ、オイラが遊んでいたのが25セント機台というショボイ機台だったのと、現金をあまり機械に入れると壊されて盗まれるから小額でも小切手になるのだそうです。

今では現地に行かないでも、台を撮影してオンライン配信するオンラインカジノもありますね。一時期はキモイCGだったが、今ではリアルタイムNアライブも可能になっている。部屋を暗くしてスマホからTV画面に映して、賭けに集中すれば、IRなんていらないかもだす~


(英語の勉強にはなるなwww)

さてさて、この国内カジノの開業は早くても2024年とまだまだ先の話ですが、マカオのカジノが斜陽化しつつあることから、早く日本で開業せよとせっつかれているともいう。現在ではラスベガスよりもマカオの方が規模がデカく、多くのラスベガスのカジノ資本がマカオに店舗を構えています。元々、ラスベガスのカジノはNCS(全米犯罪シンジケート)を作り上げたマイヤー・ランスキー(ユダヤ・マフィヤ)やラッキー・ルチアーノ(イタリア・マフィア)らが禁酒法時代に儲けたお金をラスベガスとハリウッドに投資して出来たもの。かつてのラスベガスはNCSの本拠地でもあった。NCSはADL(ユダヤ名誉毀損防止連盟)に引き継がれていますが、いづれもシオニスト勢力。ラスベガスはマフィアから浄化されたと云われて久しいですが、さてさてぞうそうでしょうか? マカオにしてもイエズス会の拠点ですね。

特にマカオの場合、ジャンケットという仲買人がマカオ隆盛の立役者だったという。

このジャンケットのは世界中からハイローラー(高額賭け人)を集め、カジノ側からテナントとして借りたフロアに招待し、そこで賭けをしてもらってカジノ側からマージンを戴くというシステム。当然、集めた人たちの資金の用立て(借金)、航空機、ホテル、食事、レジャーの手配は勿論のこと、下の世話までしてもらえる。このジャンケットシステムはラスベガスにはないもので、マカオの場合、カジノの儲けはVIPルームと一般客用平場との比率が7:3と非常に大きく、いかにジャンケットに依存してるかが分かる。

オイラたち家族は、マカオのとあるカジノのレストランで食事したのだが、そこはまさにジャンケットがフロアを借りていた集合体のようなビルであり、平場のカジノルームとは随分雰囲気が違う。ただ、レストランの飯がチョーまずかったので、オイラだったら、あんな店には絶対行かんだす~

そして、このジャンケットが今や危機状態

マカオ政府公認のジャンケットには個人~企業までの形態がありますが、倒産したり、金持って逃げたり、ポアもされている。実はコレはマネロン絡みの話です。というのも、マカオはマネロンの為にあるといっても過言ではない。それも「**兆円」とか桁違いに金額が大きい。これも本土の共産党だかの国営企業の幹部が不正蓄財した人民元をその他の通貨に換える為にカジノを利用していた。しかも本人はカジノ場に来ないでジャンケットに変わりに賭けをやらせている。

もう1つが資金の移動、カジノのディラーや機械は特定の人に勝ちを上げれるので、1人が負け、もう1人が勝つように出来れば、マネロンが可能。このスキルを応用すれば、賄賂を贈りたい人に勝たせてあげるとかも可能です。合法的に利益供与が可能となるわけです。先の述べたパチンコの攻略法なども実はそういった類(特定者への利益供与)のものだったのかもしれませんね。
※今はコンピュータ制御であり、○○番台の出玉が易くなるよう店側で設定を弄れると睨んでいる。

IR法案で議員先生たちが血眼になって法案成立(表向き反対で裏で賛成も含む)に頑張る姿は上記のような形で美味しい飴が得られるからかもしれませんねぇ~。多分、尽力した石原チン太郎などはカジノに入りびたるでしょうwww

そうして綺麗になったお金は、タックスヘイブンの地に消えていく、、、、(爆)

カジノが「富の回収場」であり、ここを通じて利益金の再配分が為される場でもあるわけですが、この方法なら絶対に足が付きませんし、しかも与えるマネーは他人の懐から(爆)

しかし、現在は中国本土が規制に乗り出してきた為、以前のように本国から資金を送ってマネロンが出来なくなり、ジャンケット不況が始まったというわけです。当然、マカオのカジノ側の経営を圧迫することにもなります。

そこで日本ですね。

う~む、これはNCSの本拠地はラスベガスからマカオに移り、今度は日本にやってくるということかなの?

世界の真の武器商人でもある日本なので、きっとヤバイマネーがたくさんあってロンダリングしたくて仕方ないか、マッチポンプで工作してくれる工作員に報酬を支払うとか、、、(笑)。IR法成立の影にはこうした闇の部分もたっぷりと含まれるわけです(あはは)。

そして、カジノは総務省管轄であり、カジノの実態は特定秘密保護法でがっちりとガードされる。こんな絵を描けるのは芸者議員ではなく、もっと上の方々でしょうな。

それでは
(誰のマネロじゃwww)

ヤッズ★ Has Fallen

国家規模での断捨離が始まっていますが、オイラも釣られるように職場、自宅での断捨離を行っている昨今。ピザゲートの小児性愛(ペドフォリア)、食人儀式...等の暗澹とさせる記事よりも本当に書きたかったのが今回の記事です。

実は、12/2(金)にはAOAの新曲『WOW WAR TONIGHT〜時には起こせよムーヴメント girls ver.』のリリースイベントのミニライブがセントレア(中部国際空港)で開催されるとのことを3日前に知り、急遽、有給を取って行ってきた。



この曲は小室哲也作詞・作曲でダウンタウンの浜ちゃんが20年前に歌って200万枚のヒットを飛ばした曲のリメイク版ですが、やはりAOAの方がいいだすなwww

上のMV動画の野球服のミナがヤバイぐらい可愛いかったので、今回の握手はミナに決定!!!

「ミナにGO!!!」 なのだす~

フォトCD2枚購入で1回の握手券が貰えるのですが、これはAKBの1CD1握手権よりも辛い鬼仕様。しかも、前回はCD1枚1200円だったのが今回はCD1枚が2200円、、、、うぉ~、どんどん値上げしている。だんだん商売がエグなってきているなぁ、、、前回と同じ値段なら4枚購入で2回握手可能だったのに、、、、(滝涙)

フォトCD2とDVD付アルバム1枚の計3枚を買ったので「サイン+握手券」(ピンク色)を貰ったのだが、オイラは「握手券」だと勘違いしていた。もらった半券をよく確認しなかったオイラがまずかったわけだが、、、、、握手会の時間になったので半券を渡したところ、「もうサイン+握手会は既に終了したので、この券では入れません」と運営のつれない回答。

ガーーーーーーーン!!!

こ、、、こんなことになるとは、、、、(滝涙)

だが、ここで「諦めちゃダメだ」とCD買ったところに行き、握手券(青色)との交換を申し出たところスンナリ交換してくれた。売店の女子は子優しかっただす~。

で、恐る恐る握手会のブースに入って握手完了(あはは)。

う~ん、ミナはマジ可愛かった。。。

しかも神対応。オイラが話す韓国語がうまく伝わらなくてチョー焦っただすが、笑顔で聞いてくれ、後で日本語でいったら分かってくれて喜んでくれた。

ブース入口でユナと目が合ったが、、、、、
ご、こめん、、、ユナちゃん

オイラはユナちゃんも好きなのでチョー辛い。

今回のMVはチョア様の髪型がサランラップのおカッパ頭の女の子のような髪型でイマイチ感が強かったので今回はパスし、もっとAOAの他のメンバーにもアクセスしようと考えていたところでもあった為、ミナにした次第。

シリウスナンバー「23」のチョア様にオイラは背を向けてしまった。。。。これもミル氏との「22」と「23」の戦いの因果なのだろうか?

CHOA23.png

チョア様 ゴメンだす~ぅ(滝涙)

これはジャンピング土下座ものだすかぁ~?

しかも今回は2ndアルバム『RUNWAY』の発売リリイベでもあり、DVD付きアルバムを1枚買ったわけですが、その中には「2ショット撮影当選」のフォトカードが入っていた。

AOA02_201612062237207ac.jpg

超ラッキー♪

しかも、相手はあのソリョン・ボディのソリョンだった。

真近でみるソリョンは、、、素晴らしいwww

ソリョンボディ
(ソリョン)

ナイスバディ8頭身のソリョンとの「2ショット画像」の公開は、オイラの「公開処刑」になってしまうので画像公開は止めておくだす(爆)。

サイン会、握手会、撮影会の後、やっとミニライブが始まった。

15分間少々の間に連続3曲披露してイベントは無事終了。

う~む、こうも真近で見られて天国にいるような夢うつつな気分の1日でした。既にオイラが空港に到着して8時間が経過しており、ここから2時間掛けて帰宅するわけですが、そんなことにもメゲに帰ってこれたのはAOA愛の賜物です。

今回、チョア様意外にメンバー2人(+1)を真近に見れて、ますますAOA好きになっちまっただす~(あはは)

ピザゲートから芋づる式にイルミナティへ

ピザゲートに関して、実はまだあまり検討はしておらず、今回、少し深めに洞察してみる。

ピザゲート

BBCニュースでは「根も葉もない」悪質な陰謀論だとし、「訴え出た被害者はいない。捜査も行われていない。物的証拠は? それも存在しない。」としてピザ屋オーナーのジェイムズ・アレファンティス氏を擁護。BBCニュースが取り上げたことから海外で大きな話題になっていることだけは伺い知れる。

一方、日本では海外と異なり、全然話題になっていませんね~。まぁ、カソリック神父の幼児性的虐待問題もそうだったので、こういった話は一切盛り上がらないでしょう。

ただ、現在、米国だけで年間79万7500人の幼児誘拐事件が発生しており、日本の年間の2万人を人口比で勘案しても13.3倍と異常に多く、あまりにも身近な内容なので、米国での反応はかなりストレートに出て来ていると思われる。
※米国は年間で100万人以上の人が行方不明になっているが、その85%が18歳未満の児童の行方不明で年間79万7500人の誘拐大国。このうち、年間20万3900人が離婚した親同士やその他の血縁者による子供の奪い合いに起因する行方不明者であり、残りの59万人が児童ポルノ、臓器移植、人身売買、儀式殺人の生贄に供されていると考えられている。

ピザ店にあるピンポン室に入った子供が生贄犠牲に処されたなら、帰ってこなかった両親が何らかの捜索依頼をする筈ということは、ごく自然な疑問として湧いてきますが、そういったあまりにも稚拙なことはしないでしょう。

ピザ店オーナーが小児性愛のネットワーク窓口で、偽装の為にピザ屋を営み、ピザ用語を「符丁」として用いているのでは?という疑惑は唖然として残りますね。全米の誘拐人数の多さから、かなり大きな組織で動いているように感じられます。1ピザ屋だけの話では済まない話だと思う。

PIZZA.png
(秘密に会合の為のピザ)

まぁ、今回もイルミナティ・カードの内容が当った(?)格好になりますが、このカードが当るのも元々そういう計画や事例があって、ゲームという形で暴露しているからでしょう。

ただ、今回のスキャンダル(?)もマスコミを総動員して火消しに取り掛かり、9.11、3.11同様、闇に葬られてしまうのだろうか? 既にBBCニュースではデマ認定しており、大方の人もその方向になびいているが、、、

やはり、最終決断は自分の頭で考えるべし!!!でしょう。

最近、マスコミを裏切る形で決着することが次々と起きていることから、この件は意外と沈静化しないかもしれない(ふふふふ)。

さてさて、この疑惑の登場人物のうちキーマンは、、、、

■マリーナ・アブラモヴィッチ
ユーゴスラビア出身のパフォーマンスアーチスト(1946年生まれ 69歳)。自身の肉体に暴力を加える過激なパフォーマンスで世界的に知られる。祖父はセルビア正教会の総主教。ガソリンを燃やして赤い星(共産主義の象徴)を作り、その炎のなかに横たわる、、、自らの腹部に剃刀の刃で切りつけ、その傷で赤い星を描く、、、十字架状の氷塊に全裸で横たわる、、、、アブラモヴィッチは観衆の前に身をさらし、観衆に72の道具(口紅、香水、はさみ、ナイフ、鞭、注射器など)を与え、6時間にわたって彼女の体に対して意のままにそれらの道具を使わせた、、、、等の過激なパフォーマンスが知られる。


マリーナ・アブラモヴィッチ

来年70歳になるというのに、この肌の張り、、、絶対怪しいだす(爆)。

アブラモヴィッチは共産主義への嫌悪を何度もパフォーマンスで表現していますが、得てしてそういう者ほど共産主義の「走狗」というもの。きっと左巻き=世界連邦脳炎=左端(サタン)でしょう。陰謀を暴いている筈のBKが大本や世界連邦運動を隠蔽するという陰謀を働いているのと同じ理屈です(爆)。

ピザゲート関連の動画を見ていると、人体を模したケーキを切り刻んで食べるというキモいイベント画像を目にするが、これはマリーナ・アブラモヴィッチ自らを型取りしたケーキ人形を使ったパフォーマンスイベント。

食人儀式をモチーフにしていている点がキモいです。

COOKING.png

全員、白衣を着ているのが異様ではあるが、、、、何か本当にあったことをモチーフにしているのでは?という疑問も湧いてくるが、まぁ、これだけではクロとは言えない。

ヒトの共食いなど、中国では田舎に行けば「当り前田のクラッカー」状態です。(画像

日本でも十世紀頃には、祭りの日に最初に橋を通った女性を神に捧げる...等の儀式殺人は行われていたし、人柱などは江戸時代までは普通に行われていた。現在では許されることではないが、中世以前は村を挙げての間引き、十字架での磔刑、切腹&介錯、広場でギロチンで公開処刑...等、人の命は掃いて捨てる程に軽く扱われていたので、中世の儀式殺人を現代的な価値判断からは判断を下せない事象ではあるが、これを現代でも行っていれはそれは大問題です。

まぁ、日本では今でも女体盛りという伝統的な食人儀式があるわけだが、、、(超爆)

女体盛り

さてさて、ピザゲート関連では補足するかのように、ガガのこんな画像がネットに流れている。

01_2016120310315428e.jpg
(限りなく本物の遺体に見えるが、、、幼児にしては体がデカイ)

これが富と権力を得る為に行われる「悪魔との契約」なのか?

もしこれが本物ならば、ガガは終わったな、、、、

ベビメタちゃん、ももクロ、『BAR BAR BAR』のクレヨン・ポップをコンサートツアー前座に指名していたことに戦慄が走る(滝汗)。

ユイちゃんを狙うとは、、、
ガガめ、マジ許さん!!!


しかし、これはマリーナ・アブラモヴィッチのアートイベントの1コマであり、遺体に扮した人を箱に入れて血のソースで満したもの。銀のスプーンが近くに置いてあったが誰も味わう人はおらず、ガガと作者のアブラモヴィッチは使って味見した時のスナップ写真が上記画像。出回っている画像は背景を暗くオドロオドロしく加工し、いかにも生贄儀式イベントに出席していた風な演出をフォトショしている。

ガガ02

かなり悪質な意図的流布だな、、、、右派の仕業か?
このタイミングで、こういうスグにバレる像が出回ること自体が逆に怪しいwww

まぁ、この画像の件はこれで一件落着ですが、この意図的な流布はディスインフォメーションのような感じも受ける。つまり、ガガ画像や先のオバマ画像で引っ掛けて、後で「全てはガセだよ、、、チャンチャン」という風に葬り去る腹つもりなのでは? いろいろと妄想が頭の中を駆け巡る。

イルミナティカードの件もあり、、、、

ますますピザ関係は怪しく思えてきた。(あはは)

ただ、上記2つのアブラモヴィッチのパフォーマンスで生贄儀式や食人儀式のイメージがおおよそ掴めたことは収穫です。悪魔信仰は単にモレクやルシファーを拝み動物の血や犠牲を捧げる程度の大人のお遊び的なイメージを持って軽く考えていましたが、実際には上記画像から分かるように、非常に重く圧し掛かってくるものがある。

一言で言えば、非常に邪悪なのです。

キリスト教信仰者は世の中にはサタンが実在すると断言していますが、まさに悪魔信仰をするサタン的な勢力(メーソン内に浸透)は実在している。実は、こういった悪魔信仰とカソリックは裏で繋がってマッチポンプ的に信者拡大に貢献させているのではないだろうか?

逆にいうと、バチカンもメーソンもイルミナティ(小児性愛&儀式殺人の悪魔崇拝)に蝕まれた組織に成り果てているということですね。

このイルミナティという悪魔信仰へ属することが、マスコミで富と権力を得る「悪魔との契約」の実体だと睨んでいますが、神智学協会の会員だったエルヴィス・プレスリーを始め、バーバラ・ストライザンド、ビヨンセ、アンジョリーナ、マドンナ、ブリットニー・スピアーズ...等のセレブの多くが多重人格者であることから分かるように、元々、サークルに属していない者が麻薬や性的拷問を含むナチス科学者が開発した「MKウルトラ」によって、後天的に絶対服従のマインドコントロール(モナーク・コントロール)を受けてイルミナティの広告塔となり、名声と富を得るという仕組なのであろう。

ただ、これらの手羽先は小児性愛はあるにしろ、犠牲殺人イベントへの参加はないと見ている。参加可能なのはイルミナティ内でももっと上位クラスであり、この上位クラスの防波堤としてモナーク・コントロールを受けた絶対服従の手羽先階級があると睨んでいる。

まぁ、元々こういう「悪魔との契約者たち」は世界単一政府樹立の暁には一掃される運命の「当て馬」であり、それがプロトコルX発動で多少早まっただけのこと。惜しかれ早かれ、どの道、粛清される対象でしかないわけだが、、、、

ここでイルミナティについての洞察に移るが、一体、イルミナティって何?という疑問がある。この件に関し何代にも渡ってイルミナティに属した家系に生まれたジェイ・パーカーが語る内容が非常に秀逸だったので、この内容を項目別に並べ直して下記に記しておく(赤字箇所)。当然、どこまでが本当なのかは分からない話ではあるが、、、
動画1)(動画2)(動画3)(動画4)(動画5)(動画6

***************************************
(イルミナティの起源)
・イルミナティは小児性愛の悪魔崇拝のカルト団体
・ジェイ・パーカーの家系は1720年にイルミナティに参加
・アダム・ヴァイスハウプトのイルミナティ(1776年設立)よりも古い
・BC9600の大激変から逃れた生き残りがバビロンとインドで世界支配を開始
・邪悪な司祭職となり、ヒトのマインドを闇に閉じ込め支配

(イルミナティの歴史)
・BC3,000年頃から西洋はゾロアスター教の支配を受けていた
・ゾロアスター教からキリスト教へと身の置き場所を変えながら、虐殺を繰り返す事でイルミナティの中での高い地位を獲得
・ゾロアスター教では至高の神が善と悪を創造と教えるが、カルトはこの教義を利用
・男女平等社会から横暴なゾロアスター教の家長父制社会に進行

・カール大帝のドイツでの5月祭りの大量虐殺(5000人)はイルミナティの中で高い地位を得る為のもの
・イルミナティ寡頭政治支配者達はベニスの黒い貴族であり、世界的な銀行家となった
・彼らはローマ、ベニス、北フランス、ドイツ、オランダと移動
・テューダー朝のヘンリー8世が黒い貴族と契約し英国をイルミナティに渡した売国奴
・イルミナティは英国と米国を狡猾な偽造者、建造者の一部として使用

***************************************

1万2000年前に起きたアトランティスの悲劇から生き残ったという伝承ですが、この生き残ったのが「海の民」でありデーン人。第一次大航海は世界に生き残りを探しに旅立ったのであろう。そのぐらいの大きな動機が無ければ、大人しく定住している筈ですね。

そして、彼らは支配の為にドルイド教団を形成。これが初期のイルミナティであろう。洞窟、樹木、巨石....等の不可思議な事象や事物.の中に神聖らしきものを見出して宗教を創設し人々を隷属化した。

これら様々な派閥がある中で小児性愛・小児犠牲の派閥、つまりキリスト教とメーソンに入り込んで正反関係を形成してきたゾロアスター教勢力が最大の敵・ブノーシス派を打ち倒して抜きん出た勢力となった。それが現在のイルミナティの主要勢力となったわけですが、神殺しと捏造がバレて欧州では北欧系の巻き返しもあってイルミナティ内での地位が低下。また数々の悪魔的計画から嫌気をさした勢力から三行半を突きつけられて自爆自己浄化プログラム「プロトコルX」を発動させねばならなくなったという感じか、、、、

これがドイツ系貴族やヴェルフ家の血を引くエリザベス女王とイエズス会出身のローマ教皇フランシスコが為さねばならない最後の仕事。当然、ゾロアスター教が変質したキリスト教など無くなってしまうわけであり、聖マラキの予言が当った格好にもなるが、噂通り、昨年が最後のクリスマスになってしまうかもしれない。

***************************************
(支配の方法)
・1%の君主と99%の奴隷の構造、10%が君主を支える取巻きの統治者
・13血流を知るにはスプリングマイヤーの「イルミナティ13血流」がお奨め
・お金がイルミナティ支配の核であり黄金律(黄金と戒律)
・ジョゼフPファレル著『バビロン銀行支配者達』がお奨め
・BC3,000年頃、金と銀の産出比率は西洋と東洋では逆で交換比率の50:1の利鞘で稼いでいた
・この交易の積み重ねでキリストの時代は特定家系が世界の金を所有するまでに至る

***************************************

名無し先生の言う「月の砂漠」に登場するシルクロード商人(ペリシテ人→ソグド人→大月氏→客家)がこれであり、彼らのラクダには「金のくらには 銀のかめ 銀のくらには 金のかめ」と唄われますが、東洋と西洋を行き来して金と銀の交換に勤しんだということですね。

この交換比率のカラクリに気づかず、江戸時代まで日本はずっと富を海外流出させていたわけです。
※ただし、戦国時代末期から江戸時代初期は銀安状態で国内に海外の金が流入。江戸時代末期、国内の金銀の相対比価は1対5。これに対して国際相場は1対13~16。日米通商条約の批准で大量の金が流出。

***************************************
(影響力と基盤)
・イルミナティの権力基盤は欧州・やアジアの王室だけでなく銀行一家も含む
・ディッキンソン大学、コロラド大学、ペンシルベニア大学はCIAイルミナティ大学
・TVで見かける多くの人や政治家はカルト信者たちで、中には脅迫され妥協した奴隷もいる
・全ては異なる政治派閥があると思わせる巨大なステージショウ

・WW2終戦1ヶ月前までウォール街や英国銀行家達はスイス経由でナチスから金利を受取
・WW2では多くのドイツ人がカトリック教会のラットラインで米国に逃亡して来た

・全米人口の10%(3400万人)の家系が代々イルミナティに属する
・宗教トップは闇のイルミナティに属して共謀している
・イルミナティが世界を支配し、警察も支配し、何処にも助けてもらえる場所はない
・警察や軍は高い地位の悪魔崇拝者からは「私たちの犬」と呼ばれる
・ルシファー崇拝は建国の父の宗教
・寡頭政治権力者は全てのメディアを所有
・イルミナティの高濃度地域のコミュニティはTONで終わる名前を付ける

***************************************

今回のトランプ当選は、全てのメディアを所有している筈の寡頭政治権力者でも力が及ばなかったということなのだろうか? イルミナティと言っても人口の10%という少数派であり、その他が手を携えれば打ち勝つことが出来る数しかいない。トランプ敗退で現在とは逆に民族主義者のデモが起こり、一掃する為に各地にFEMAキャンプを建造し、プラスティック製棺桶まで用意していたが、トランプの転向から計画が水泡に帰したという感じか?

ジェイ・パーカーの話では米国10%の統治者層3400万人は全て小児性愛&悪魔崇拝ということになっていますが、実際にはそんなには居ないだろう。多分、モルモン教、エホバの証人、、、等の末端信者まで含めた数値で、日本の宗教団体が言うようなかなり水増しされた公称信者数と同じようなものかもしれない。ただし、特定分野、、、新聞、TV、映画、出版、兵器産業、弁護士...等のユダヤ人の進出が盛んな分野ではその比率は高いと思いますが、全体として300万人程度ではないかと思う。

名称の後にトンが付く地は、、、ワシンントン、ボストン(マサチューセッツ州)、トレントン(ニュージャージー州)、リバートン(ニュージャージー州)、、、、その他にもヒューストン、レキシントン(ケンタッキー州)がある。当然、クリントンもだす~(爆)。

***************************************
(戦略)
・神々というのは実在した試しはなく人間の意識の側面の隠喩
・左右の脳のバランスを説くグノーシス派のミスラ学校が最大の敵だった
・イルミナティは左脳はより左に、右脳はより右に傾かせる戦術
・右脳派がニューエイジ、左脳派がキリスト教やイスラム教
・この戦略を世界中に押し広げ世界支配を画策
・「アジェンタ21」は80%の人類を除去する為のもの
・3000万の小児性愛信仰者も他の奴隷と共に葬られ、エリートの頂点のみが生きることを許される

***************************************

カソリックがグノーシス派を徹底排除した理由が分かりますね。
つまり、イルミナティ内の地位獲得の内ゲバだった。

***************************************
(WW2以降の計画)
・WW2以降、教育取上げ、ソフトキル薬品(フッ素)の蔓延、核産業
・フッ素は癌の主要因の1つであり、意志力を低下さえ人々を従順化させる(フッ素詐欺)
・栄養価のない窒素リン摂取の推進(肥料に混入、肥満の原因)
・窒素リンで育った作物は弱く、殺虫剤等が必須。それを間接的にヒトに摂取
・日米欧でのにわか景気と不景気の操作は中央銀行の仕業
・にわか景気でローンを組ませ不景気時に二束三文で取上げるビジネスサイクル


(小児性愛・生贄に関して)
・米国では年間8000人が儀式殺人の生贄に供される
・イルミナティ家系に生まれた子供たちは、潜在意識が形成される6歳(半眠トランス状態)までに拷問/レイプ/麻薬を施されてマインドコントロールされる
・潜在意識が人生の98%を意思決定や態度や考え方を動かしている
・イルミナティが自分の子供に性的拷問を施して脳のシナプス経路を歪ませる・パーカーは6歳になるまでに虐待を受け、生贄の被験者を自分がメッタ刺しにしたと吹き込まれた

・外観は人間だが、中身はレプティアンやアルコンに近い
・デラウエア州アーデンの子供の90%は小児性愛を生贄に捧げる闇カルト出身
・カルフォルニア州ロングビーチ、パサデナにはイルミナティの主な小児性愛センターがある
・政府がそこで起きている事件をカルトを守る為に圧力を掛けもみ消している
・生まれたばかりの赤ん坊を順番に死ぬまで蹴る儀式があり、そういった人々が統治している

***************************************

アーデンは何か超ヤバそうな地だな、、、、(滝汗)

デラウェア州は全米でも2番目に小さな州で、1900年代初頭から独自の会社法と裁判制度により法人の設立に最適な州として知られ、米国上場企業の50%、フォーチュン500企業の64%、会社数で100万社に及ぶ企業が設立準拠地ないし本社を置いていて、住民の数よりも企業数が多いという米国版タックスヘイブンの地でもある。

悪魔信仰を成立させる為には、幼少期に歪んだシナプス形成が絶対必要であり、その最大の効果をもたらすのが儀式殺人によるトラウマ形成。こういった知識を完璧に保持しているのがイルミナティですが、このアナクロな伝統を維持する為に年間8000人もの幼児が行方不明となる。ブッシュもヒラリーもビル・クリントンもこの悪魔信仰家系の出であり、幼少期に歪んだシナプス形成を施されていたであろう。

よく「核ボタン」を押さなかったものだと思う(滝汗)。

イルミナティでは歪んだシナプスの形成を6歳までの子供に大して行なっているが、これは元々、家畜を調教する為のものであったと思われる。また地球を1つの脳であると考えると、彼らは同じようなことをしているように思える。つまり、地域紛争を起こし拷問を与え、地球上の人類に対し「1%の君主と99%の奴隷」という絶対服従の君主プログラムを施している。この最終形が世界単一政府なのでしょう。多分、これは間違いない内容だとオイラは自負している。

***************************************
(モルモン教について)
・モルモン教創設者は皆フリーメーソン
・モルモン教のソルトレイクのメイン寺院の祭壇下で次元間レプティリアンが人間を生贄に捧げている
・欧州イルミナティの血統=メロヴィング朝の血統=モルモン教創設者

***************************************

モルモン教の創設者のジョセフ・スミス・ジュニアはイングランド移民のユダヤ人でメーソン。このモルモン教をソックリ模倣して作り出したのがエホパの証人(ものみの塔)であり、イルミナティ悪魔の13血流のラッセル家に繋がるチャールズ・ティル・ラッセルとジョセフ・F‐ラザフォードもメーソンのユダヤ人にとって作られた。いづれも幼児性愛の性癖があったという。この2つの団体はロスチャイルドの資金で設立され、上部では一体化しており、ロスチャイルドの始めたシオニスト運動に真っ先に賛意を示しており、ともにイルミナティ内では高い位置を占める。
※ラッセル家は英国ベッドフォード公爵家にも通じ、フェビアン協会、スカル&ボーン創設にも関わっている。このラッセル家の末裔が「・クリントン」ことビル・クリントン元大統領。

***************************************
(クエ-カー教について)
・フィラデルフィアには多くのカルトの人が住んでいる
・クエ-カー教創始者のウィリアム・ペンは英国海軍軍人の息子で反体制派を形成
・イルミナティ王のアダム・ノーウェア(チャールズ2世)は親切心からタダでペンシルベニアをウィリアム・ペンに与えたと一般には教えられている。
・フィラデルフィア市庁舎のウィリアム・ペン銅像は巻物と鞄を持つが、巻物は秘密のカルト知識、鞄は魔術師のシンボル
・クエ-カー教の主だった施設はインディオ聖地(古墳)のレイライン交点に建造

***************************************

ペンシルベニアは「ペンのシルバニア(ラテン語で森の土地)」から名づけられ、元々はウィリアム・ペン個人所有地だった。ペンシルベニアの州都フィラデルフィアは独立宣言や合衆国憲法が起草された地でもある。

チャールズ2世はウィリアム・ペンの父である海軍大将に借金をしていたので、その借金の支払いとしてペンシルベニアの地を下賜したと云われているが、英国本国よりも広大で鉱物資源も豊かな地であり、確かにあまりにも釣り合いがとれない交換ではある。チャールズ2世にしてみれば、プロテスタントでもなくカトリックでもない反体制派などは何の役にも立たないので、新大陸に厄介払いしたつもりだったのでは?

「内なる光」を説き平和・誠実・平等・質素が特徴のクエ-カー教は、教会や牧師の権威を認めず、よって国王の権威も認めなかった為、反体制派になっていた。カソリックでもなくプロテスタントでもない中立の立場を貫いていた。米国よりも先に奴隷制度禁止を法案化したのがイギリスですが、これもクエーカーが煽動していた。

このようにクエ-カー教は善良なものであったが、米国に渡った後、ベルファシであるイギリス東インド会社を経営するベアリング兄弟社にフィラデルフィア・クエーカーを乗っ取られた頃からカルト化した。1995年に阪神淡路大震災に伴う日本株大幅下落で致命的打撃を受けベアリング銀行は経営破綻した為、現在、クエ-カーはアスター家によって動かされている。

このアスター家の家業が不動産業と毛皮貿易ですが、中国阿片貿易もやっていたようです。特に毛皮は独占状態。インディオに酒を売っては為らない法律も破り、またインディオから格安で毛皮を買取って高値で英国に売ることを繰り返し、全米一の富豪の地位についた。現在、アスター家最後の家長となったヴィンセント・アスターの2番目の妻ブルック・アスター(2007年死去)はヴィンセント亡くなると氏の莫大な財産を「頭を使って社会の本当に必要なところに還元し、すべて使い切ること」という遺言と共に相続し、慈善事業に生涯を捧げた女性でもあった。

ベアリング社撤退、アスターの社会還元、、、この辺りからクエーカーは本来の善性に戻ったのかもしれない。

匿名党がいう「繊維派」に対抗する「毛皮派」とは、実に、このアスター家絡みの案件ではないかと睨む。ドイツ移民が出自のアスター家は英国籍を取得(1899年)、1916年には男爵に翌17年には子爵に叙せられ、英国有数の新聞社の社主にもなっているように非常に英国とも繋がりが深い。また、トランプはペンシルベニア大学で学んでいるが、ペンシルベニアは大統領予備選でもトランプが勝った州でもあり、プンプンと臭ってくるのです。

ウィリアム・ペン自体は非常に質素でまじめな人物であり、反ベルファシの北軍(国際秩序維持派)も多くがここに属しているという。今上の家庭教師ヴァイニング婦人、内村鑑三、新渡戸稲造、ソニー初代社長・前田多門(新渡戸の弟子)もクエ-カー教徒だった。

クェーカー
(メーカーは否定しているが、トレードマークはウィリアム・ペンで間違いないなwww)

まじめな末端信者は別にして、小児性愛、儀式殺人を行っているのは、モルモン教やクエ-カー教のカルト宗教に限らず、プロテスタント、カトリック、ペンテコステ派...等の既存宗教の幹部クラスで広く行われ、これに政治家、マスコミ関係者、セレブを含めて3400万人というのが、米国における小児性愛&悪魔崇拝信仰=イルミナティ全体の数になっているのでしょう。つまり、カトリック教会神父の幼児性的暴行事件など、実は氷山の一角に過ぎない。

余談だが、チャールズ2世(1633年-1701年)の後を継いだのが弟でヨーク公のジェームス2世。カソリックに改宗して次々に閣僚をプロテスタントからカソリックに変更。王子誕生を機に名誉革命が起きて、王位を廃され追放されてフランスに逃亡。ここから王位復興を狙ったのがジャコバイト運動であり、背後ではイエズス会が糸を引いていた。

そして、エリザベス2世の父・ジョージ6世もヨーク公。つまり、ヨーク公から国王に即位という道も英国にはあるということ。イングランドの北の要所ヨークを抑えることが英国の安定に繋がるような感じですが、実際、ヨークはユダヤ人居住地への悪名高いポグロム(ユダヤへの集団的迫害行為 1190年)が行なわれた地であり、超反ユダヤの地なのですね。テューダー朝のヘンリー8世(1491年ー 1547年)が黒い貴族と契約し英国をイルミナティに売り渡して以来、反ユダヤ感情はマックスバリューになっている地でもある。

次代からは黒い貴族ヴェルフ家の影響力が落ちてマウントバッテン=ウィンザー家を名乗ることになる英王室だが、チャールズ皇太子は貴賎再婚していることや不人気であることから継承レースからは脱落。次男のヨーク公アンドリューが次の国王になるというのが「プロコトコルX」の概要ではないかとオイラは睨んでいる(ふふふふ)。

Prince_Andrew.jpg
(アンドリュー国王爆誕か!?  ハゲリアム王子涙目の展開となるが、「ビリー、君の父上が悪いのだよ」www)

***************************************
(レプティリアンとの関係)
・バビロニアのアヌンナキの歴史によれば、ドラコレプティリアンがヨアラスを8分で攻略、ドラコレプティリアンをなだめる為に彼らが行っていた事を行い、人類を生かし続ける為にネガティブエネルギーを彼らに与えたとされるが、これは小児性愛を正当化する為のもの
・グレイやレプティリアンは異なる次元に居る
・レプティリアンと悪魔崇拝者は仲良しハッピーな一家
・レプティリアンは最終奥義(=人類抹殺)勢力
・人類が進む道はポジティブな意識を持ち腐敗した人々を排除するか、墓場へ直進するかのどちらか

***************************************

この辺になってくると、正直ついていけなくなりそう(滝汗)。

基本的にディービット・アイクやアリゾナ・ワイルダが言う内容と同じですね。ただアイクはイルミナティのバランサーでもあるので、話を少し間引いて聞いた方がいいことから、このジェイ・パーカーの話もそうかもしれません。

あと、「グレイやレプティリアンは異なる次元に居る」の箇所は重要です(笑)。

「宇宙人などいない派」のオイラでも地底人や異次元人の存在は認めています。世に出ているUFOも、実はイルミナティの移動とか、儀式殺人の隠蔽としてデッチ挙げられているのでしょう。

まぁ、正常な知覚状態で爬虫類人に見えることはなく、多分、目撃者は麻薬で酩酊状態で感覚が俊敏になっている時にそのように知覚したというミル・ヤタガラス氏の指摘通りだろうと思う。

***************************************
(この世の実相と対処策)
・この世界は女神の火(ソフィア)からくる基本エネルギー(愛と育成)から為るエネルギッシュなマトリックス
・住む世界はホログラム的被創造物であり、私達はエピジェネティクス的な存在であり、基本となる周波数を操作可能ならば、基本的に物事を支配できる。インディオのレイライン上に作られた古墳のエネルギーはそれに利用されている
・潜在意識の書換にはEFT(感情開放テクニック)が有効
・携帯電話塔の電磁界放射を撃退するにはオルゴナイトが有効
・レイラインを学び、オルガナイトを使用するという事は人類を解放する
・20年前、太陽はオレンジ・黄色だったが今は白色(周波数の変化)
・ケムトレイル撒布は新しい周波数が地球に影響を与えるのを止める為だが、それは不可能

***************************************

オルゴナイトとは、ヴィイルヘルム・ライヒが発見したオルゴン生体エネルギーを助けるもので、金属片と天然石を樹脂で固めて作りますが、1990年代、オーストリアのカール・ハンス・ヴルツ氏(Karl Hans Welz)によって考案され、2000年に米国のクロフト夫妻によって一定量の割合で金属の小片、クリスタル・天然石などを樹脂によって固める事により、ヴルツ氏のオルゴナイトのパワーを更に増強したもの。クリスタルを中心部分に埋め込むことで適度な圧力がかかるとピエゾ効果で微弱電位を発生するらしい。この装置と言っても外部からの電源は不要ですが、有害電磁波などのネガティブなオルゴンエネルギー(Dead Orgone=DOR)を吸収しポジティブなオルゴンエネルギー(Positive Orgone=POR)に変換するとか、、、、

ネガティブからポジティブへとは、マック赤坂をコンパクトにして物質化したようなものか!(爆)

オルゴナイト
(オルゴナイト  傾斜角度は30度が基本かwww)

世界にはレイラインの近くに闇のカルト信者達がお互い、周りに住みたがる高濃度ポケットがあるんですよ。だから私達はその送信網をオルゴナイトで攻撃する必要があるのです

イルミナティのシンボルは目だけでなく、六芒星、白と黒のチェス柄(市松模様)、豹柄、蝶、巻物...等、様々ある。

巻物はこういった秘密のカルト知識、つまり以上のような内部の者しか知らない内容を保持しているというシンボルであるとか、、、、市松模様は善と悪のゾロアスターの二元論であり、蝶のシンボルは電気ショックや拷問でトラウマを作り人格破壊し多重人格化させ、そこに悪を吹き込むことを行うわけですが、その際、被験者は辛い現実から乖離し蝶になった感覚になるところから来ている。

う~む、伏見稲荷の狐が咥える巻物も、平家家紋の蝶も同じ流れであろう。そういえば、平家=南朝=藤原式家はメーソン(=イルミナティ)傀儡だったなwww

稲荷と蝶

あと、豹柄の衣装で「I have a Pen」とウィリアム・ペンを賛美していたとでも取られたピコ太郎は、セレブのジャスティンビーバー(メーソン会員)の影響でブレイクしたわけですが、小坂大魔王という名もルシファーを彷彿とさせ、4つの物体が1つになることは世界単一政府を暗示させることから、イルミナティのお眼鏡にかかったのかもしれません(爆)。

ピコ太郎
(その他にも、、、ダンス時の手が666、しかもPPAPは「ピタゴラス ピラミッド アンド プロビィデンスの目」の略だとか、、、滝汗)

プロトコルX発動で今年が最後のX'masとなるか!?

12月になりクリスマス商戦が始まって街には様々な飾り付けがされ始めていますが、オイラのPC版のブログは5年前からずっとクリスマス・バーションのままです(ふふふふ)。

昨年のクリスマスにはエリザベス女王、ローマ教皇ともに「今年が最後のクリスマス」と述べた話が思い出されますが、あと20数日後に迫り、今のところ何事もない感じですが、果たして彼らは無事クリスマスが迎えられるであろうか?

既にプロトコルXの発動されており、この「X」はⅩ'masの「X」でもあるとオイラは睨んでいる。多分、前後の内容からコレが一番の正解だろうと思う。

それもあと少しで分かる(ふふふふ)。

プロトコルX02


さてさて、そんな師走の中、コメントで戴いた内容、、、、

「世界連邦脳炎=ピザゲート」

ピザといえば、バチカンのあるイタリヤですね。イタリアは緑と赤の色が目立つ国旗をしていますが、緑のカラスとコニュニストのコラボって感じのWW2を起こした枢軸国でもある。

これは凄い展開になりそうな予感、、、、

ピザゲート事件とは、ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長がニューヨーカーの愛する大衆食のピザを手を使わずにナイフとフォークで優雅に食べた事件。デブラシオ市長の一行は2014年1月10日に、ニューヨーク市スタテン島のピザ店「グッドフェローズ(Goodfellas Pizzeria)に立ち寄り、行儀良くナイフとフォークを使ってピザを食べた。 その写真が激写され、インターネットに出回ると、Twitterなどを中心に「これはスキャンダルだ」 「こんなピザの食べ方は間違っている」「フォークを置け。ピザはロックンロールだ。」などという批判がが殺到した。

巨大ピザ

そ、、、そうじゃない(滝汗)。

これはカソリック神父による幼児性的虐待に続くスキャンダラスな出来事。だが、今回の場合、性的虐待に留まらず幼児捕食もしてもいるらしい。その場所がピザ屋で暗号に「ピザ用語」を使っていたこところからピザゲートと呼ばれる。ソロス出資のピザ屋であり、オバマも頻繁に出入りし、クリントンのメールにも書かれていたという。

世界連邦脳=世界統一政府樹立=ソロス=クリントン夫妻=ピザ屋=幼児虐待・捕食=ビザゲート

という図式になる。
詳しくは下記記事を読んでください。

■動画:ピザゲート Pizzagate Comet Ping Pong クリントンの小児性的虐待マフィア
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2014783.html

このピザ屋にオバマも足げく通っていたとか、、、この店の地下の卓球場で子供とピンポンをするオバマの写真もある。

で、下の画像が最近ネットに流れているオバマらしき画像。

誰

小浜市民騒然の画像ですが、顔が見えないので本人かどうかまでは特定できません。姿・格好は似ているし、床面の装飾などホワイトハウスっぽいが、、、、髪の生え際、顔の膨らんだ感じはチト違うようにも見えるのだが、、、、

ノッチさ~ん、幼女はあかんだす~ぅ

後で別人の捏造画像だとバラして、幼児問題全てをガセだと葬るディスインフォメーションの一種なのかもwww

たた、こんなもの流通したら、、、、、

米国はオバマ大統領が威厳令を敷くかも(滝汗)
トランプ就任前に戒厳令はヤバイだす~

オバマ画像の真偽までは不明ですが、記事中にある暗号に満ちたこのピザ屋は非常に怪しい。間違いなくここで、そのような事件は起こっていると思う。

エヴァンゲリオンが描きたかったものの1つに捕食(共食い)がありますが、エヴァが捕食をすることでS2機関という「永遠の命」を得ることができるとして描かれていますが、これはキリスト教の一節の中に、、、、

イエスは彼らに言われた。

「まことに、まことに、あなたがたに告げます。
人の子の肉を食べ、またその血を飲まなければ、
あなたがたのうちに、命はありません。 」


とあり、聖書学では「人の子=イエス」ではなく文字通り「人の子」は、「人の子」として解釈した方が正解かもしれません。

実は、幼児性的虐待、幼児捕食...等に関しては古くからその伝統がある。

下記は師匠とレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「洗礼者ヨハネ」の絵画ですが、ここに幼児虐待の史実が記されている。レオナルドはお抱え絵師としてカソリックのそういった風習を知っていたので、絵に隠し絵として残したのだろうとはやし浩司氏(浜松在住)は語る。

ヨハネ

この絵画のおかしな点は、、、

1)ヨハネの右腕が逆
2)ヨハネの左腕の皮膚が剥がれている
3)ヨハネの左手の形が歪で変
4)左端の少年は片手片足
5)ヨハネの足の指が6~7本になっている
6)ヨハネはエッセネ派だが、ヨハネが持つ杖の先には十字架
7)絵のそこかしこに手や足がある
8)幼児を閉じ込め捕食した「穴空きドルメン」が描かれている
9)イエスの首が異様に幅広い(爬虫類人)

というように、幼児虐待・幼児捕食=キリスト教(カソリック)という裏側を暗喩させれいる。
詳しくは、はやし浩司氏の動画で確認して下さい。



この穴空きドルメンはコーカサスだけで3000基存在し、欧州、インド、日本にも存在するという。コーカサスといえば「ヒマラヤ杉の場所」ですね。5万年ほど前に火星から飛来したニビルのイギギ(見る者の意)300人のうち200人が人間の妻を娶り、地上の「ヒマラヤ杉の場所」と呼ばれる地点に留まったという話がありますが、これはエノク書に登場する堕天使の一団「グリゴリ(見張る者の意)」と同じ内容です。

Prehistoric Caucasus Dolmens
(立ち入り禁止のドルメンの中には大量の幼女人骨が産卵し、ラインと一緒に食した感じであったという)

捕食、食人(カンニバル)自体は、決して野蛮な風習ではなく、逆に高度な文明での文化が歪な形に歪んだものであり、世界中そこかしこに見られたもので、その風習の発祥地の1つがコーカサスであろう。

まぁ、これらはウンコ星人であるニビル人末裔の仕業であるのは間違いない。

ウンコ星人

ただ、オイラは「宇宙人などいない派」なので、これら一連のニビル人はドルイド神官団が作り上げた宇宙人宗教であろうと睨む。

つまり、ウンコ型の帽子を被った白人種が幼児虐待・幼児捕食を行いながら自らを宇宙人とか爬虫類人とか称し、高度な文明を持ち込む一方、その地域の過去の歴史を消し、人民を恐怖支配していたのだろう。

ウンコ聖人01

このウンコキャップがミトラ教のミトラスの被る帽子「フリュギア帽」になったのだと睨む。そのミトラ教をよりリアリズムに基づき作り直したのがキリスト教である。

フリュギア帽

その神の末裔と称しているのが、現在の王族の流れであるということは前にも書きましたが、この勢力は別の地では別の神を演じて、神は悪魔に、悪魔は神へと全く逆に祀り上げた宗教を布教し、その地域を正反合で敵対化して纏め上げてきたわけです。

う~む、ピザゲートで世界連邦脳炎者のX’masも終了か!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。