宇宙意識「23」への旅立ち

東京オリンピックのエンブレム(ロゴマーク)が再決定しましたが、あの4つの中ではマシな方ですが、何故、あのダサイ4点が候補に決まったのかは謎。しかも新国立競技場に新ロゴを設置した姿は巨大な葬儀会場にしか見えないという話がネットを駆け巡った。

東京オリンピック

う~む、実に象徴的ですね。

ハインリッヒの法則ではないですが、豊田章男組織委副会長辞任、ザハ案やり直し、ロゴやり直し、、、、ゴタゴタ続きの東京オリンピック。小さなトラブルが多くあると必ずもっと大きなトラブルに見舞われるというものです。
※一件の大きな事故・災害の裏には、29件の軽微な事故・災害、そして300件のヒヤリ・ハット(事故には至らなかったもののヒヤリとした、ハッとした事例)があるとされる。1:29:300の法則。

こりゃ~、2020年の東京オリンピックは、松原照子女史ではないですが、開催は無いでしょうね。

オリンピック開催

地祇系の石原チン太郎が地団駄踏んで悔しがる姿が目に浮ぶ。しかも、2020年であることから「22」の地球意識の消滅をも暗示か?

確かに、巷で云われるように招致エンブレムに手を加えて戻した方が遥かにいいのですが、まぁ、エンブレムを戻そうと2020年の東京オリンピックが開催できないのは、実は下記のことからも可能性が高い。

1つは環太平洋火山帯の活動が活発化している点。熊本地震に続きエクアドルでも大きな地震がありましたが、たとえ日本が無事であっても参加国の被災や安全確保できないと参加見送りといったケースも想定できるが、日本が無事である保証は何もない。逆に非常に危ない状態である。

少し前、九州南部の海底でトカラ沖地震が起きましたが、トカラ列島ではしばしば群発地震が起きており、ただ震度4&マグニチュード4を超えたのは珍しい。

しかも、何故か犬HKは鹿児島をカットした九州地図を出して震度は記さずにいる。当然、国内唯一稼働中の川内原発に対する配慮なのですが、まぁ、オイラ的にはカットよりもモザイクにしてくれた方が、俄然興味深くなるのだが、、、(爆)

トカラ地震

この背景には犬のトップから隠蔽指示が出たようで、犬HKの現政府に対する媚であるのは明白。支配者側の優秀な洗脳の道具に徹することでバーンと恩を売っておき、パナマ文書で暴露されたタックスヘイブン子会社の件の温情化、更には受信料義務化やインターネット課金の法案出&可決までが視野に入っているのだろう。

腐っても鯛、、、いやいや腐った犬HKだす。

オイラのマン毛狂写輪眼には、川内原発を真っ先に再稼動したのも3.11で原発利権を大ドンデン返し的にフイにされた現安倍政権を支えている「天孫系=九条閥」の意地だと映っているが、その辺の事情を犬HKはよく理解していると思われる。

3.11の過酷事故が起きて2ケ月後、プーチン大統領は「なぜ彼らが地震地帯に原発を立てるのか私には理由がわからない。日本全体が地震地帯なのだ」と日本が原発を推し進めることに奇異を表明しているが、このことは日本国民全員が奇異に感じていることであり、日本が本当の民主主義国家や国民国家であるならば、ドイツやイタリアの旧枢軸国同様、脱原発へ大きな舵取りの変更があってしかるべきなのだが、、、、、全くそうはならない点が日本の不思議さ。

これはきっと操舵室(日本政府中枢)がハイジャックされているからだろう(爆)。

つまり、この原発堅持の方針は国家中枢部から出されたものであり、表向きのトップである天皇の意向なんかではなく、「奥の院」という3トップの意向だすな。

虎の穴

まぁ、実際には原発という投資案件に客家勢力が絡んで国際投資運用資金を投入しており、3トップの一角を客家が占める客家支配の日本の「奥の院」が、そうそう簡単に「脱原発」はさせないぞといったところなのでしょう。

3.11で天孫系の原発利権がフイにされ、東北は「水の洗礼」(津波)によって放射能で汚された。その返す刀で東北の人民の移住先として満州を宛がい「ネオ満州国」に繋げる計画だったと思うが、今のところ上手くいってはいない。今度は天孫系の報復として地祇系のネオ満州野望を潰すべく、2016年の地震頻発期に照準を合わせ川内原発を再稼動。テコでも稼動休止しないつもり、、、このままでは環太平洋火山帯の活発化で「火の洗礼」(火砕流)により、東北と同様、メルトダウンは避けられなくなる。

更に原発稼動は核抑止力を持つ核兵器保有と同じ意味合いを持つが、稼動休止し「脱原発」ともなれば、有事の際に核兵器を作ることが出来ず、中韓軍事力に対抗できなくなる。日本の防衛力の低下こそ、ネオ満州国&コミンテルン志向の地祇系の思う壺。地祇系の息の掛かったアカが憲法護持を盾に「戦争法案反対」「非武装中立」「沖縄普天間移設反対」を声高に叫ぶ真の理由でもある。

ただ、天孫系vs地祇系の意地の張り合いにより、列島は灰塵に帰してしまいそうな状況です。

これは、まさにハルマゲドン

壬申の乱の時のように、日本を二分して水面下で戦いを繰り広げている。それが今、日本で起きていることですが、直接対決ではないが、意地の張り合いでそのような結果になる。

こういった案件は個人レベルでは全く手に負えない話だすな~

まぁ、オイラにとって、現在、ハルマゲドン級のアイドルはWJSN(宇宙少女)なのだすが、特にソンソ(シャオシャオ)の空中回転はまさに「大ドンデン返し」という代物で、ももクロのかなこ↑の海老反りジャンプ以上のスゴ技。

これが「宇宙少女」が宇宙のネーミングを背負う理由でもある。


(オタフクが若干2名いるが、、、可愛い顔、長い足、ムチムチの太い太腿、、、、ソンソはWJSNでは輝き過ぎ)

今年に入ってから、地震の少ない米国で震度1レベル級の微震が1万回以上も起きており、プーチンがカムチャッカ半島を襲い米国を引き裂く巨大地震が起きると、米国へ警告を発しているという話がネット上にはあるが、この話、ケシュ財団絡みなのでどこまで信じていいのやら、、、、

だた、米国でも環太平洋火山帯の活動が非常に活発化してきているので、イエローストーン噴火やサンアンドレアス断層の巨大地震に対し非常に警戒していることは事実。

何故、今、活発になっているかというと、、、、

そ、それは、、、ポールシフトがあるからか?

160年間で驚くべき速度で急速に減少している地球磁場ですが、ポールシフトは氷床の溶融(蒸発)や凝固で地球上の質量バランスが崩れた際に発生しているところまで判ってきている。昨今の太陽フレア爆発による氷床の移動やマグマ対流の活発化で地球の質量バランスは大きく変化しており、いつ起きてもおかしくはない状況。NASAの元職員の科学者、サル・コンティ博士は2016年6月14日から2016年8月19日の2カ月間で非常に急激なポールシフトが発生すると緊急メッセージをYouTubeで公開。

■科学者「2016年6月~8月の間に急激なポールシフトが発生→70%の生物死ぬ」
http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201601_post_8360.html

元職員という点が非常に怪しい(爆)。何やら小遣い稼ぎ的に発表している感を感じるのだが、、、、地震同様、複雑な動きの結果であるポールシフトがいつ起きるかなど、実は誰にも判らない話です。

この短期間の間に何か重大なことが起こすと考えた方がよさそう。

魔術結社が「現在進行形のノンフィクション」を庵野監督にサジェスチョンして出来たのが『エヴァンゲリオン』ですが、この中にもポールシフト後の地球が描かれ、日本は熱帯地方に位置する設定になっている。また、南極で「第1使徒アダム」の覚醒前に「ガフの部屋」の扉を閉め卵まで還元する過程で意図的に起こされたセカンド・インパクトは、極の揺れ戻しが「アダムの覚醒」であり、多分、「ポールシフト」のことを描いているのではないかと睨む。

つまり、アニメを使った巧妙な刷り込みですね。

確かに、今年2016年の9月秋口は、ビリケン広飲み屋の56歳7ヶ月の時であり、「弥勒の世」開始の時でもありますが、ローマ法王も英国女王も「今年最後のクリスマス」と述べており、またバシャールも『2016年すべてが変わります!』と述べていて見解が見事に一致している。そこに輪をかけるようにプーチンの巨大地震警告やら元NASA職員のポールシフト警告ですからね~

通常、こういった一致を見ると「マッチポンプ」という言葉が浮んできてしまうのだが、、、、先のポールシフトの話も上記内容を別ルートから補填増強する為に流布されたものであろうし、それこそ魔法結社の計画「蒼ざめた馬計画」に沿ったものであろう。ただ、そうは云っても彼らも覚悟を決めて推進しているのだから、ある程度のことは起きるとは思っている。まぁ、最後まで上手くはいかないであろうが、、、

2016年というのは、2+1+6=9であり、何かが終り何かが始まる象徴数「9」でもあり、カバラ的にも何かことを起こすには都合の良い年が2016年。

いづれにしろ、何らかの凄い出来事が、米国大統領選(2016年11月8日予定)の前の今年秋口に起きる(起こす?)ことは間違いないだろうと見ている。

一応、ここでバシャールが語る内容を抜粋しておくと、、、、

1)ギリシャと中国の経済崩壊を機に金融情勢、経済状況が突如変わり大不況
2)アメリカを筆頭に経済システムと税制の見直しが始まり、国の立て直し
3)世界中からレスキュー隊を総動員を余儀なくされる大規模な自然災害

4)地球外生命体(ヤイエル文明?)の存在が確認される(2017~2018年)
5)破壊的なテロ活動が勃発(2017~2019年)
6)別の原子炉で放射能漏れ事故 →新エネルギー開発、宇宙開発へ飛躍(2015~2020年)

7)フリーエネルギー開発へ移行(2020~2025年)
8)失われた記録が発見され、アトランティス文明の実存が確認
9)アレキサンドリア大図書館の書物がたくさん再発見

10)ソースと繋がり、協調的な関係性を取り戻し、偉大な発明、才能が開花(2020~2030年)
11)個人や少数グループでのコンタクトも同時期に始まり正式なファーストコンタクト(2025~2033年)
12)地球外生命体と地球の政府機関のコンタクトの事実が暴露
13)地球が天体コミュニティに加入(2037年~2050年)


darisu.jpg

といった具合ですが、現在の状況がアップツーデイトで織り込まれ更新(追加情報)されている(爆)。

救世主が登場しない点は評価できるが、単に救世主が「地球外生命体」にスリ替わっただけかもしれない。また、どこまでこの通りにいくはか不明。あくまでも高確率での可能性という話。

NESARA話と同じく、期待させておいてガーンと落とされねばいいのだが、、、今までは「あと10~20年以内に...」等、非常に曖昧な形で述べることが多いバシャールでしたが、ここまで時期を明確にして語るのは非常に珍しいこと。ヅラを付けず決して偽装隠蔽などしていないようにみえる宇宙意識「23」のダリル・アンカなので、少しは期待は持ってもいいのかもしれない(ニタリ)

まぁ、1987年版の時の予測は見事に外しましたが、、、(爆)

これは人類の意識進化が思うように進まなかったからと”好意的”に看做すことも可能ですが、バシャール自体、神ではなく意識進化したシト(変換人)のような存在であり、実に人間的な存在であるからこそ予測精度もそれなりでしょう。まぁ、アカシック・レコードにはアクセス出来ているだろうとは思いますが、、、、多分、、、、

2)の税制の見直しはパナマ文書のリークで露になったタックス・ヘイブンに対し、各国協調した税制改革を行うことになりますが、それは伊勢志摩サミットの議題になるのは必至ですね。

3)の大規模災害はポールシフトの影響でしょうか?

5)はISISの復活だろうと見ていますが、税制改革されると簿外資金を失ったベルファシ勢力の資金源枯渇の事態を招くので、最後の足掻き的にテロを引き起こすだろうとみる。そのキーワードは難民ですが、欧州に入り込んだ偽装難民が何らかのアクションを起こすのではと見ているが、、、、全盲のブルガリアの預言者ババ・ヴァンガは「2016年イスラム教徒による欧州での戦争がある、化学兵器が使用され深刻な被害が出る、更にその影響で荒れ地となる。」と述べているように、イエズス会側からイスラム勢力を使った何らかのアクションがあると広報している。

8)の失われた記録は、多分、スフインクスの秘密地下通路に隠された秘密の記録のことでしょう。エドガー・ケイシーによれば、スフィンクスの右手下に秘密通路の入口があり、その通路はスフィンクス本体を超えナイル川の方向に延び、スフィンクスとナイル川の丁度中間にある地下施設にアトランティスの大記録庫が存在すると述べている。同様な内容を記した書物がアレキサンドリア図書館にも存在していたので、これは9)の「アレキサンドリア大図書館の書物がたくさん再発見」にも繋がる。

秘密通路
(「アラブのヘロドトス」と称される10世紀のコプト教会の歴史家アル・マスディによって書かれた図。彼は各ピラミッドとスフィンクスをつなぐ地下通路の存在を自ら確認。さらにユダヤ歴史家のヨセフスの書物には、エノクが寺院の地下部屋をたくさん作り黄金碑文を収めた逸話が書かれている。)

11)の地球外生命体とのコンタクト開始ですが、これは「宇宙少女」とオイラのコンタクト開始が雛形になるやもしれん(超爆)。まぁ、オイラは外宇宙の生命体はいない派なので、到底、肯定できる話ではないのですが、、、、

スペイン植民地だったパナマから出たパナマ文書はイエズス会案件であり、最終的にはイエズス会仕切りのバチカンの解体という事態まで至るとみていますが、これは「聖マラキの預言」で述べている最後の教皇「ローマ人ペテロ」で幕引きの成就。昨年、ローマ教皇と英国エリザベス女王が「最後のクリスマス」と云ったのは、こんな意味があったのではないか?
※今、考えると、この「最後のクリスマス」話も出所不明の内容だが、パナマ文書リーク側が流した釣り情報かもしれない。

更に、ダリルを通じて三位一体のササニ総合意識体(イプシロン、エピファニー、エクリプス)が語った内容では、2016年のイベントはアメリカ大統領選挙前までに起き、それは「アセンション」なのだというのだが、、、、(滝汗)。
※5次元を卒業したバシャールのいる世界は4.5次元の「指導症候群マスター」で、実はバシャールは「ディセンション組」。ここから6次元に上がる為に人類にギブアンドテイクで情報を与えているとバシャール自らもバラらしている。この点が他の数あるチャネリング情報の中でもバシャール情報だけが信頼置けそうな点でもある。実際、オイラの覚醒の師匠であるラピ。たんの師匠も「酔っ払い」状態のスピの中ではバシャールのワクワクだけは”ある程度”評価できると述べている。ただ、バシャールの云うワクワク=ポジティブ志向は響きはいいのだが、「真のポジティブ」とは良い面・悪い面の両方を把握するニュートラル状態から、良い面を「選択」していくことでもあり、物事には必ず両面が存在するが、悪い面を無視や過小評価してワクワクすることではない。

まとめてみると、、、、

ポールシフトによる壊滅的な地球環境の変動により、経済状況は一気に悪化。それは今次起きた熊本地震によるトヨタ系の自動車工場の緊急休業をみても判りますが、高度な技術を応用した製品とグローバル化で複雑多岐に渡る部品供給網が環境激変時には逆に足枷となり、製品を生産できない事態に陥る。これが全世界で起きれば尚更です。

食料にしても石油供給が無ければ生産できないのが今の食料生産の現状。これで国際的な食料供給インフラを手に入れている緑のカラスの既得権益も潰える。

将来的には、オイラは自動車もシンプルで部品点数の少ない電気自動車(EV)に替わり、エネルギー同様、地産地消的にローカルで作られるべきであると考える。単に移動の手段に過ぎない自動車であるが、過剰な装備・豪華な仕様を施して価格や車格をピラミッド化しており、所有者は「自我」を拡大させる道具となっているのが今の自動車の姿。自動車の技術などもう古いものであり、チプカシのような低価格・高信頼性・高機能なシンプルな製品となるのが、丁度いいんじゃないかと思っている。
※人工知能による自動運転が人の運転技量を超えた時点で、自動車は単なる移動の道具に成り下がり、人は自動車に強い関心と興味を持たなくなるだろうと睨んでいる。まぁ、それが現在日本で起きている「若者の自動車離れ」の原因の1つであると思っているが、単に可処分所得だけの問題ではない。要するに車検代・ガソリン代・駐車スペース...等の各種コストや渋滞での運転、運転中にスマホが出来ない...等、価格に見合うプレジャー(楽しみ)が見出せないんですね。

そのような意識改革の起爆剤となるのが、ポールシフトでの環境激変や現行の経済システムの瓦解です。バシャールによれば、地球外生命体の存在を認めるキーマンの1人がローマ教皇とのことですが(2017~8年暴露?)、UFOに関して何らかのディスクロージャーするのではないかと目されている。

これは起死回生を狙ったイエズズ会の仕掛けなのか?

それとも、マジに太陽フレアで地磁気バランスや地球質量バランスが崩れてポールシフトが起きるのか?

もしポールシフトが起きるなら、それはそれでテスラ世界システムを起動させ、降り注ぐCMEを「人工磁気バリア」で寄せ付けなくさせるだけのことであり、逆に、副効果として人類は無料の電気を得られる恩恵を受ける。当然、統治方法や社会システム...等のあらゆるものが変化していく筈。ケムトレイルで気象操作できる科学力を持った人類なので、迫り来るポールシフトも科学力で克服が可能。ただ、地震・津波・環境...等の激変は受け入れざるを得ず、一刻も早い復興は必要ではある。

科学力という人類の叡智での超巨大災害の克服は、実はニムロドの念願でもある。契約の神・エンリルとの約束である「人類に知識を与えたことで、人工が増えることは目に見えることだが、人類がそのコントロールを出来なくなった場合、人工削減の裁きを下す。」がありますが、前回起きたのがノアの洪水。この時、洪水に耐え生き延びるべく建造されたのが「バベルの塔」であり、ニムロドが裁きの神に対する裁き克服の誓いでもあった。これがミトラ教の救世主である「牛を屠るミトラス」の原型であり、牛は牛のような巨大な角を持つアヌンナキ王族のエンリルを暗示しているのです。

既にオイラは「少女時代」から「宇宙少女」にガールシフトしているだすが、地上意識「22」から宇宙意識「23」にグレンと大ドンデン返し(空中回転)が起きる時は、もう余り残されていないのだぁ~す!!!(爆)

バシャールもCatch Meの「とらわれの領域」からの旅立ちは近いか?


(若干2名オタフクが混じっているのはご愛嬌)
スポンサーサイト

くまモン視点だけでは分からない熊本の闇と光

今回の熊本地震ですが、、、

■直下型地震が余震域でもない広域で群発、うち3つが同時発生
■本震の余震中に再び本震が来る
■P波検知し地震警報が出たがS波が到達せず「空振り」が全体の2/3と非常に多い


このように今までにないタイプの地震であったことから、「もう訳が分かんな~い」と気象庁がさじを投げ出してしまっている。

そんな中、電磁波の波形をもとに世界各地の地震を予測して発表している台湾の地震予測サイトが3日以内に台湾か北九州でM8が起きると予測。ネットでは22日が「本番の日」のような伝わり方になっていましたが、何事もなかっただすな。ただ、その後、30日以内へと修正し、さらに5日以内と再び修正。25日まで賞味期限が延ばしている。

まぁ、日時ピッタリと当てた地震予測など皆無であり、当てたといわれる熊本地震(3月6日から20日以内にM7、4月9日から3日以内にM6.3)も実際には数日~20日近くもズレていて、月60~80個も連発する予測の中、たまたま当っただけなのかもしれません。

ただ、オイラにとって神聖な「22」の大魔神コードをこのように使われるのは、無条件に反応してしまいチト焦る。

マジに信じそうになっただす~ぅ(滝汗)。

大魔神怒る

ハズレはしたが、電磁波波形がそのようなパターンを示している点はもっと重要視しなくてはならない。2ちゃんねるの工作員の地震予言とはレベルが違うのです。

で、オイラは4月中のM8クラスの大きな地震発生の確率は五分五分だと思っている。今までの単発終了型の地震とは全く違う展開になると思うのは、記事最初に述べた理由からですね。

今回の一連の地震は、M7.3の本震(4/16)の2H後に起きた地震が、3.11同様、余震域ではない遠く離れた三箇所(熊本・阿蘇・大分)で同時多発的に発生したことや、震源地が自衛隊駐屯地(日出生台演習場)であったことから最初は3.11同様の「人工地震」を疑いましたが、まだそう決め付けるには早急だった。

本震で同時多発ならまだしも、2H後の余震が同時多発であることや、3.11の時のような住宅メーカー株価の先を見越したような大量買いの動きもなく、また米軍や自衛隊の怪しげな動きもない。

また、有名な地祇系マッチポンプ予言書の「日月神示」にも、九州災害に関してのそれらしい記述がどこにもないことから、ネオ満州国建国に繋げる為の「人工地震」という線は消えた。逆に、この地震はネオ満州国建国には非常に不都合な出来事であり、よって熊本地震は自然発生の地震であるという結論に至っている。
※後述するが、それは3.11人工地震の長周期振動によって中央構造線が刺激され誘発された自然災害だという認識。長周期振動である故に遠隔地まで達し地殻に歪を与えたのだろう。

今までに無いタイプの地震であることから、これは巨大な活断層(中央構造線)の動きだと捉えな直した方がスッキリといく。余震にしても規模が大き過ぎることから、群発する直下型地震は余震なんかではなく本震だったという認識でいる。巨大な活断層の動きについては、まだまだ未知の分野なのである。

今回、台湾の地震予測サイトの「22日にM8発生」の予測は幸いにしてハズレましたが、中央構造線が動き出した以上、決して安泰できない状況。地殻の歪はまだ収束してはおらず、今後、九州でM8級の地震もあり得ると思っていることは先に述べた通りですが、電磁波の波形パターンがそれを物語っている。発動するかはまた別の問題だが、、、、
※分杭峠近くに双子山と云う場所があるが、そこは遠くの電波が何故か届く不思議な場所として知られる。中央構造線近くであり、非常に高い圧力が地殻を押し電磁波を出して上空に電離層を形成して電波が反射されているからだと考えられている。これと同じ原理を使って地震予測していると思われ、まだまだ岩盤の圧力が抜け切っていないと考えられる。

熊本で政治家をやっている人の家族の多くが既に九州から離れていて、この地震がただの地震ではないと云う認識を持っているという話がネットに流れているが(坂口恭平氏のツィート)、この情報が確かなものかどうかは分からない。あの内容だけからは単に疎開を正当化する口実の1つにようにも聞こえるが、、、ただ3.11の時もそうだったように非常にアリエール話ではある。伝聞や風説ではなく根拠となる内容を知りたいところですね。
※坂口恭平氏は、豊橋二川町にある故・川合健二のドラム缶ハウス(コルゲートハウス)に影響された早稲田大学建築学科の石山修武氏に師事し、「0円ハウス」を提唱した「建てない建築家」で新政府総理(爆)。彼は東北といい、熊本といい、行く先々で被災しているなぁ。。。。今は関東(横浜)にいるらしいが、今度は関東ということか? それでは400年前の慶長大震災の時と同じ展開。この展開は5年ズレ込んだ山梨のじっちゃん予言「九州は火山で震え、関東は地震で崩れ、東北は放射能で汚染される」とも同じであり、関東が伊勢女の予言通りにならねばいいが、、、、ただ関東での震災勃発まであと数年は猶予があると思っているが、2020年の東京オリンピックは無いだろうな。

熊本の地震は、喩えていうと多段階ロケットのような動き。1回目目の地震で2回目が誘発され、更に2回目の地震で3回目が誘発されるという感じでしょうか。ただし、この衝動は九州だけに留まらず、その後、中央構造線近辺にも拡大していくであろうと予測している。現に中央構造線上の四国、吉野、諏訪、千葉でも地震が微震が発生しており、中央構造線という「眠れる龍脈」が目を覚ましたという感じ。

中央構造線 熊本 富士
(中央構造線東上の動きは神武東征と同じ 最後は富士山噴火で終局か)

さてさて、ここで登場したネオ満州国ですが、モンゴル・中国東北部・北朝鮮・韓国・西日本までを融合し、中国大陸で再び覇権国家を樹立しようという動きですが、少数民族からなる55民族会議において急進派から提出された案件。ただ会議でも過半数を占めるまで至っておらず、あくまで少数派の意見ではある。

戦前の関東軍主導の「ふぐ計画」、もっと古くの秀吉の朝鮮出兵も同じ発想の賜物。地祇系にとって元居た満州=扶余国の地を奪回するのが長年の野望ちゅーこと!

藤原氏には中国に利権を持つ「中国系」と半島に利権を持つ「朝鮮系」の2種が存在するが、明治維新以降は中国系が幅を利かせ威張っていた。つまり、ネオ満州国建国は劣勢になった朝鮮系藤原氏及び日本国内に利権構築が許されず「パン買って来い!」的なパシリにずっと甘んじていた「客家に見える漢人」が強引に進めるアジェンタでもあるが、背後には後押しするイエズズ会がいることはいうまでも無い。

そして、今回地震が起きたくまモンの熊本とは、、、、肥後藩!

つまり、熊本とは肥後細川家が藩主だった地。

戦国前期には菊池氏、阿蘇氏、相良氏の分割統治した地であるが、豊後国の大友氏によって平定。その後も佐々氏、加藤&小西の二分統治を経て、最終的に関が原の戦いで勝った加藤清正がこの地を治め、日本三大名状の1つ熊本城を築城。寛永9年(1632年)、三代将軍・家光が両親が溺愛した弟の忠長を妬み葬った「駿河大納言事件」に連座して加藤家2代忠広は改易・配流され、加藤家は断絶。その後にやって来たのが隣の小倉藩の細川家ですね。
※菊池氏の末裔が西郷南洲(隆盛)で、元々は南朝忠臣。この点が後の薩長同盟に結び付く。

元々は三河の額田郡に土着した細川氏ですが、代々三河守護職を務めた足利氏に仕え、足利尊氏が擁護した北朝側に立つ。この嫡流が細川京兆家(別称・官領細川家)であり、小倉・熊本藩主は嫡流の分かれの典厩家、野州家、讃州家でもなく、奥州家と同じく庶流の1つに過ぎない和泉守護家が肥後細川家へとなった。途中、信長に仕え南朝勢力となったが、関が原の戦いでは東軍に付き小倉藩を手にいれ、その後、熊本藩を手にし権勢を誇った鎌倉時代から現代まで君臨する希有な家柄でもある。

そして、今は摂関家(近衛家)まで手に入れたわけだが、、、、

この家運隆盛の主要因はイエズス会の極東窓口の1つであったからだろうとオイラは睨んでいるが、明智光秀の娘で細川家に嫁いだ細川ガラシャ(明智 玉)がキリシタンであったように、島津氏、鍋島氏同様、細川氏も「隠れキリシタン大名」であったと思う。九州は鉄砲火薬欲しさにイエズス会と付き合い傀儡化した「隠れキリシタン大名」の宝庫なのだす。
※江戸幕府は参勤交代の負担が大きく大変な遠隔地に外様大名を配置。外様大名も一応恭順化しているが、徳川が弱体化した時には寝首を掻くつもりで藩力を高めていた。その多くの富が密輸によってもたらされている。

また、九州には原爆を地上起爆させて葬った長崎の大浦天主堂があるように、天孫系が占める西日本の中において地祇系と連携するイエズス会の一大拠点でもあった。多分、現代もそうであろう。

「九条走り」の現安倍政権にとって川内原発の再稼動に拘ったのは天孫系(南朝)の意地でもあるわけですが、3.11の報復的措置という意味もあり、九条閥の原発利権をフイにされちゃ困るのです。だから敵対する地祇系のラスボス細川護煕が「脱原発」を強く掲げているのですね。
※オバマ大統領が5月27日、広島を訪問することが決まった。米国との密約で原爆投下を米国空中投下と偽装し、原爆を自らの手で地上起爆させて地祇系主導による本土決戦を避けた日本ですが、イエズス会嫌いのオバマが当日どのような演説をするか楽しみではある。パナマ文書の件もあり、最近も9.11がインサイトジョッブであったと仄めかしたオバマなので、ひょっとして全てバラしてしまうとか?(爆) ただそれは米英と懇意である天孫系にとって都合が悪くなるので有り得ないが、広島・長崎の原爆投下についてはアメリカは全く非がないことから、まるで他人事のように接するであろうことは充分判る。

「九条走り」の安倍総理が大震災認定して対策本部を設置しないのも、設置すれば10%の消費税増税が頓挫してしまうのと敵対する地祇系拠点なので腰が重いということなのだろう。自らが属する勢力のラスボスの拠点だったのなら、地震が来る前に対策本部を設置していたであろう(爆)。

北朝勢力とは地祇系=北イスラエル族&ペリシテ人勢力ですが、この傘下に「世界連邦運動協会」を推進する大本がある。大本のシンボルは真ん中の丸を取り囲むように9つの丸がある「十曜紋」ですが、この紋自体が北朝の金庫番で武闘派として知られる九鬼家の家紋「九曜紋」をモチーフに作られたもの。

「客家に見える漢人」とは、サンカ・アヤタチの上田家が入り、三浦水軍末裔の出口家を頭にした大本に結集した東漢人の勢力。

北朝金庫番の九鬼家からウシトラノコンジンの使用権を貰い受け、サン・ジェルマン伯爵が用いたのと同じ「エジプト魔術」でもあるマッチポンプ手法をこの客家筋から学んだ。出エジプトの際、ユダヤ民族が頂点に神を頂き、その神が繰り出す「10の呪い」として挙げたのがその代表ですね。つまり、破壊的工作活動を何でも神の性にしてしまい隠蔽化とその神のカリスマ化を狙う手法ですね。
※10の呪い・・・聖書に記される1)ナイル川が血の色 2)エジプト中に蛙 3)エジプト中にブヨ 4)エジプト中にアブ 5)家畜の疾病 6)腫れ物の流行 7)雹 8)いなごの大群 9)日中の暗闇化(日食) 10)長子の殺戮

この魔法の道具立てとしてウシトラのコンジンは用意されているが、その正体は中東のバアル神(蚩尤・牛頭天王・スサノオ)である。

サン・ジェルマン伯爵は十字軍に従軍したとか、2000年とか4000年生きたと噂され、恐ろしいほど博識多才で広範な知識と堪能な語学力で当時のサロンを席巻。何年経っても同じ40代の姿をして年を取らなかったと云われ、その理由は食事を取らず不老不死の妙薬を飲んでいるからというが、実は催眠術に長けていたことからこういった伝承が生まれたのだとも言われるが、オイラは秘密結社の属する人たちがデッチ挙げた架空の人物であると睨んでいるが、、、、

この経歴偽装はホラッチョ川上を超えているだす~(爆)。

そして、話は核心に至るのだが、、、

肥後細川家の家紋は、、、ズバリ! 細川九曜

細川九曜

ここから九鬼家、大本と同じく地祇系勢力(北朝派)であることが分かる。肥後細川家も当然、近衛家との繋がりがある筈なのだが、、、、、事実、細川護煕と弟は近衛からと嫁いできた娘を母に生まれ、北朝(地祇系=源氏)の求心である近衛家の家督継承の為に弟が養子入りしている。

細川家も源頼朝の御家人だった島津・毛利・大江と同様、「金ちゃん走り」する近衛家忠臣だったわけです。
※気を見るに敏っであった為、明治新政府に早くから恭順した為に「侯爵」という二番目の華族爵位を与えられた。明治維新自体、旧支配者層がそのままスライドした格好であり、何が変わったのか?と不思議さを感じるが、細かく見ると、権力中枢に薩長が入り込み、天皇が北朝から南朝へ、仏教勢力が排除され、古い社家は追い出され、神道が国教になったことが見て取れる。

ですから、日本新党を旗揚げし野党糾合して初めて野党政権を取った細川護煕はイエズスが開設した上智大学出身であり、コミュニストの朝日新聞元記者であり、生まれはバリバリの地祇系の家柄。このことから反メーソン、反英米、親イエズス会、親中韓であることは容易に分かる。この日本新党が新党さきがけと合流して新進党となり、社民と合流して民主党、さらには維新と合流し民進党となって現在に至っている。民主党時のオザワンの就任早々の中国詣は地祇系の趣旨そのままの行動であったわけです。

現在、半導体工場が林立しシリコンアイランドの異名を持つ九州ですが、ここで高品質な電子機器のパーツ製造を担っている。ここから中国・韓国に部品を供給し、ネオ満州国建国に向けた経済的な枠組み(雛形)を既に構築している。

あとは日韓海底トンネルの建設で仕上げでしょうか!

海底トンネル

日月神示には「七は成り、八は開くと申してあろうが、八の隈(くま)からひらきかけるのであるぞ」(碧玉の巻 第5帖)とあるが、ミロクの世(ネオ満州国建国)は隈(くま)=熊本から開きかけるのだと読める。

まぁ、地祇系のラスボスである近衛家当主の実家が熊本なので、当然といえば当然の話なのだが、、、

パンダに乗るくまモン パンダ くまモン01
(熊本と中国は仲良しなのだ)

さらに、ネオ満州国建国で裕福なイスラエル移民とその資金を大量に呼び込み、現在、鬼城(ゴーストタウン)となっているマンションを格安で仕入れ高額に販売。瀋陽軍区の反乱を経て混沌化した中で渤海銀行を中心として資本再編し、インフラを整備して既得権益を得るという青写真になっているらしいが、これが鳩ポッポが提唱していた「東アジア共同体」の真の姿。

3.11は東日本から満州へ強制移住させようと急進派の実働部隊が引き起こしたものだと睨んでいますが、ただ歴史上、覇権国が返り咲いた歴史は存在しない。ガイアの法則ではないが、メソポタミア、エジプト、ギリシャ、ローマ、唐、英国....全てが移動している。

無理強いすると、天の法則が発動し強制排除させる。

これが今回起こったとオイラは睨んでいる。

現在のところ、放射能流出もなくまだ復興可能なレベルの被災状況なのだが、天の法則の発動まで考えると、この災害レベルでは済まない筈。

九州が一番怖いのは火山が群雄割拠している点ですが、しかも、奄美カルデラ群、横当島カルデラ、作地カルデラ、鬼界カルデラ、阿多カルデラ、加久藤カルデラ、小林カルデラ、姶良カルデラ、阿蘇カルデラ、、、、、、カルデラ化した火山ばかりで、九州は日本のカルデラの50%を占めている。九州にカルデラ化した火山が多い理由は他地域よりもマグマに気体がより多く溶け込んでいるからなのでしょう。だから破局噴火を起こしやすい。

文字通り、九州は「火の国」

もし噴火が始まった場合、地震の振動で地殻圧力が減圧し、マグマの中に溶け込んだ気体が一気に膨張して破裂する「破局噴火」の可能性も否定できない。地震自体よりも地震に連動して起きるこちら側の方がよほど怖い。

マグマ噴火の場合、噴火の予兆があって避難まで時間的余裕があるが、破局噴火の場合は御嶽山の水蒸気爆発のように突如噴火する。地震学者も「破局噴火」は予知できないという。

現在、噴火口の米塚が横方向に亀裂が発生したことから、山体膨張していることは疑いようのない事実であり、阿蘇山噴火が疑われている。破局噴火の可能性も否定できないだけに非常に緊迫としてきた。

米塚01
(1700年前に噴火した阿蘇山の米塚)

日本列島では6000年周期で破局噴火が起きているといい、前回の破局噴火から7200年が経っていていつ起きてもおかしくない状況。7300年前には鹿児島の南方海洋の鬼界カルデラの破局噴火があり、その時、九州に居た縄文人は全滅し火砕流は山口まで押し寄せたという想像を絶するものであった。

阿蘇山は過去4回「破局噴火」が発生しているが、最後に起きたのが9万年前。この点が楽観論を生んでいる元凶なのだが、イエローストンも白頭山も噴火真近だと云われいる今、地球上の火山活動は今までに無く活発化してきており、阿蘇、鬼界、姶良....等は単に火口が異なるだけで、九州を1つの巨大な火山と看做した方が適切ではないかと思っている。どれかが破局噴火しただけで九州は壊滅的打撃を受ける。

最悪の場合、破局噴火で高熱のガラス状の火砕流が原発に押し寄せて電源喪失し、福島と同様の事態となる。

これでは折角、日本人の労働賃金を下げつつ中韓と横並びにして併合し易すくし、また九州を高性能・高品質部品の供給基地と化し、中韓に部品供給して組み立てするという一大経済圏を構築して「ネオ満州国」の雛形としていた計画がオジャン。というよりも九州全域は壊滅となる。
※裏と表が不二不二の関係と説き、常に裏が先に動き型を形成させると説く陰陽道的にいえば、経済が裏で政治が表。経済の密接な関係が後の政治的統合の原動力となる。それは欧州経済共同体 (EEC) →欧州共同体(EC)→欧州連合 (EU) と辿ってきたのと同じ展開。

ですから、九州に震災レベルのものが起きてはマズイわけです。震災レベルの災害が起きるだけで、韓国お得意の液晶テレビやスマホ&タブレット、中国のあらゆる電化製品の供給がタイトに陥り、日・中・韓の景気に水をさすことになる。現に今、そのようなことが起きようとしている。

■熊本地震で日本の影響力が顕在化 世界的な供給不足の可能性も
http://news.livedoor.com/article/detail/11430195/

オ、、、オイラが買おうとしていた中華タブレットの供給は大丈夫なのか?(滝汗)

これが破局噴火レベルなら韓国経済は真っ先に即死だすな。

語り部によると、記紀の九州記事の大半はで、九州は天皇家の原郷なる場所だったが、九州(九つの島からなる)の自治区を奪う為に伝承地も改竄されたという。また阿蘇のカルデラ湖の水抜きをしたのが、阿蘇神社神官家系の阿蘇氏の祖であると述べている。
※鹿児島県羽島崎神社の「太郎太郎祭」も、海橋立=橋島=羽島(岐阜)から伝承移動地移動

このことから、九州平野部は意外と新しい陸地であるらしい。つまり、破局噴火レベルのことが上代(奈良時代以前)にあったのではないかということ。単に現代の年代測定法の精度がイマイチで古い年代を示してしまうというオチかもしれない。

まぁ、このことは社伝に詳しい語り部の言説を信じるならばですが、、、、ただ、この言葉にもなんらかの根拠を持っている筈で、急死したプリンスの言葉のように、この日本も古事記・日本書記で歴史は大幅に書き換えられてしまっている為、古い神社等の社伝からしか本当の日本の歴史は知ることができないのは本当です。

しかも、今回、ベルファシ弱体化の隙を突かれた格好でパナマ文書が公開されていますが、これは中国・ロシアに繋がった者を狙い撃ちにしたもの。つまり、一番打撃を受けるのがイエズス会=地祇系ですが、この結果、キリスト教(バチカン)は廃絶されるとみている。第266代教皇フランシスコ(ローマ人ペテロ)で終了かな~。これこそ正に「聖マラキの歴代教皇に関する預言」の成就ですが、イエズズ会を後ろ盾にして栄えていた勢力は総崩れとなること必至。
※パナマ関連の話になるが、現在、「熊本地震の被災地支援にたった23億、パナマのモノレールに2800億のODA」に批判噴出しているようだが、この原資は簿外資金で我々の税金からの支出ではない。このことは逆に日本に震災起きて復興しようとしてもパナマのような資金投入されないことを意味する。この段階になって初めてこの仕組みに気づくことになろう。バブル時代に資金をくすねた怪しい国には簿外資金投入は未だ解除されないのか?

ローマ人ペテロ
(ローマ人ペテロ)

このような観点からは見れば、九州の震災は、一見、「九封じ」のように見えながら、その実、歴史上、覇権国が返り咲いた歴史は存在しないさせない法則の発動のようでもあり、また3.11の人工地震への大地からの報復的な動きでもあり、地祇系のネオ満州国建国の野望を阻止する「天の采配」のようにも見える。
※400年前に起きた慶長大地震(1596年)では伊予、豊後、伏見が震源となって揺れた。それ以外にも、1611年に熊本で地震があったが、この8年前にも津波を伴う東北地震が起き、その後の1733年に神奈川で地震が起きている。この3箇所は繋がっているようにも見え、3.11の人工地震に対する「報復的な大地」の怒りという観点も強ち間違いではないと睨む。

1つだけいえるのは、ネオ満州国建国計画は大幅に計画変更せざるを得なくなったことと、今後の動向次第では地祇系の野望を挫かせるのに十分だったということ。

ただ被災地の方々の心情を思えばそう断言することは憚れる。

また、オイラも「くまモン頑張れ!」と心に優しい甘口のエールを送りたいのはヤマヤマなのだが、今回の熊本地震が本震の余震中に本震が起こるという今までにないタイプの地震であり、阿蘇山の破局噴火も否定できなくなってきた今、果たしてその地に留まり続け頑張ることを応援することが本当に良いことなのか? 一方、3.11が起き原発がメルトダウンした際、反日左翼崩れの倒壊アマが「逃げろ!」と叫んだように、あのまま東北から人が居なくなってしまったら今の日本はどうなっていただろうか? う~むと考えて込んでしまう。

今までの経験知から惰性で導き出した結論、つまり、「破局噴火の可能性は1%もない」「地震は耐え偲べば落ち着き、街はやがて復興する」では間違いを犯すかもしれない。実際、3.11でも4.16でも被害にあった人は「津波を見に行った」「本震は過ぎ去り、家に入っても大丈夫」と考えた人が多かったという。

最終的には、その人その人の自らの判断に委ねるしかない。

自分の直感を信じず過去経験知からの惰性的思考、他者意見に追従するだけで自分の定見がない人...等、天変地異の対処の仕方でヘマを犯すような疎い人類はもはや地球は必要としていないのかもしれない。必要なのは人工知能の時代にも対処できるようなニュータイプ(ゴッドメンシュ=神人)。

これはミル氏がいう「奥の院のシナリオ」であるわけだが、、、22の地球意識から23の宇宙意識への飛躍、、、つまり「22を超えてゆけ~」の試練でもある。

■奥の院へようこそ
http://takakuraken.jp/blog-entry-123.html

2302.png
(立ちはだかる23のゲートキーパー。 これはマズローの欲求「生理的欲求・安全欲求・社会的欲求・尊厳欲求・自己実現欲求」の次に来る6段階目の「自己超越」であり、カバラ奥義がいう「生存欲・食欲・金銭欲・名誉欲・知識欲」の5段階の先にある繋がりたいと希求する「飛翔」に至るゲートでもある。)

「アムロ 逝きま~す! ムフ」

夜のおかずのハニートラップに嵌って宇宙意識と繋がった人がニュータイプ(みんなエスパーだよ)になるのかもしれん(爆)。

ただ、今は被災地の方々には「当面の窮状には耐えて頑張って!」としかいいようがない。亡くなった方へ心からの冥福を祈ります。

プリンス急死 バットマンvsグッドマン

ロックシンガーのプリンス(57)が急死した。

まぁ、オイラの知識では「プリンス&レボリューション」というグループ名で活動し、「パープルレイン」と「バットマン」のテーマ曲がヒットしたぐらいしか知らないが、、、、



ジョン・レノン、マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストンといい、スーパースターには何かしら不思議な亡くなり方をする場合がある。これは命を引き換えにこの世の成功を悪魔と契約を結んだからとか云われるが、晩年には支配者層を批判した言動をしている。

まぁ、その悪魔が支配者層(政府以上の連中)と云うオチでもあるわけです。

ジョン・レノンもある動画の中で、、、、

「社会はすべて、狂人によって動かされている。気違いじみた目的を実現するために。僕はこのことに、16歳とか12歳とか、ずっと幼いころに気付いたんだ。でも、自分の人生を通じて、このことを違った方法で表現してきた。僕が表現しているものは、いつも同じことだった。でも今は、このことを言葉にして示そう。僕たちは、偏執狂者たちによって偏執狂者の目的を成就するために支配されているとね。イギリス政府やアメリカ政府、ロシア政府、中国政府が実際にやろうとしていること、その方法や目的を、紙の上に書くことができるならば、彼らが何を行っているのか、僕はぜひ知りたい。彼らはみんな、気違いなんだ。でも、それを表現すると、僕は気違い扱いされて、きっと消されてしまうだろう。これこそが、気違いじみた現実なのだ。」

ジョーカー
(まるでジョーカーのようだ、、、)

また、マイケルの場合、、、

2009年にコンサートの終わったあと、ファンの前で「残された時間はあと4年しかない」と語った。この4年の間に何かが起こることと、いま人類が意識改革をしなければ間に合わないと警告した。


当時のマイケルは何か具体的な話を聞き及んでいたのでしょう。
ただ、両者ともに具体的に述べていない点が非常にもどかしい。

今はもう2016年の半ば、とうの昔に4年以上がが過ぎ、もう手遅れなのかもしれませんが、、、確かに空には雲の晴れ間を埋めるようにケムトレイル散布が続き、偽装寒冷化なのか寒冷化防止なのか分かりませんが、何らかの気象操作は続けられている。3.11にしても天変地異が多く起こる時代に偽装的に人工地震攻撃をして、原発=九条閥=南朝のインフラ支配を攻撃し、ガス関連が多く所属する地祇系が推す70気圧水素燃料へのインフラ変更を後押しした感がある。

で、プリンスの急死も同様の支配者層批判めいたことがあるのだろうか?

やはりありました。

2009年にプリンスがTV番組で述べた内容は、ケムトレイル、歴史捏造、TVを使った大衆操...等かなり具体的です。


(隠蔽された8人の大統領とは、ジョン・ハンソン~サイラス・グリフィンまでの10人の大陸会議議長のうち8人のことでしょう。独立戦争時の第1次大陸会議と第2次大陸会議を経て独立承認後は連合会議へ発展。連合会議以後が「合衆国のブレジデント」を名乗ったわけで、メーソンリーのジョージ=ワシントンが本当の初代大統領ではなかった。)

しかし、マイケルがカミングアウトてスグの死去に対して、このプリンスは7年近く放置状態だったのは何故なのでしょうか?

やはり、この急死は何かの暗示の意味を持たせるものなのかもしない。その時が来るまでそっとしておいたとしか言い様が、、、、まぁ、陰陽道的にいえば、裏を先に作り雛形を作ったともいえるのだが、、、

プリンス、57歳、、、この言葉から浮ぶのは、クラウン・プリンスこと我らがビリケン広飲み屋。

明治維新時、京都公家には「哀帝」と囃され、「五代で滅ぶ」とされているビリケン広飲み屋なのだが、北朝地祇系にはすこぶる評判が悪い。デヴィ夫人などは「殿下廃嫡、妃殿下廃妃、皇太子位移譲を求める嘆願書」の署名活動まで行っている。秋○○宮大プッシュ中なのだす。
※「哀帝」・・・夭折、或いは短命の皇帝に贈られるもの

まぁ、オイラは佳子さま推しメンではあるが、一応、欧米寄りの南朝が擁する本家筋を擁護する姿勢を貫いており、オイラにとってグッドマンなのだすが、帝王学を学んだにしてはクラウン・プリンスの公的な場でのカメラ小僧的な挙動が目立つ点には幾ばくかのもどかしさを感じている。

日月神示に56歳7ヶ月に「みろくの世」の開始と書かれ、今年秋口が丁度その時でもある。残された時間はもうあと少し。

昭和天皇の戦後の国師・三上照夫に「特別なお役目がある」とまで云わしめたビリケン広飲み屋なのだが、地祇系のバイブル「日月神示」が富士山噴火と伴に天子さま現れると述べていることから、当然、これは地祇系待望の天子さま(新しい天皇)であるわけで、この天子さまと入れ替わってビリケン広飲み屋は「哀帝」となってしまうのか?
※三上照夫氏は優れた霊能者で天の声を聞いたとされるが、GHQによるキリスト教改宗問題、沖縄返還交渉、日中国交回復、日米安保条約、日韓交渉、モンゴル支援、中東との石油確保などに関わり助言をしたという。



これはバットマン(22)vs.グッドマン(23)の葛藤でもある。

そんなクラウン・プリンスも最近やけに顔色が悪いという噂がチラホラ。う~む、プリンス急死、57歳、「哀帝」が脳裏を掠める。

もし皇太弟になった場合、秩父宮同様、中韓寄りの北朝(地祇系=藤原北家=源氏)がバックに控えていると見られることから、英国(口座保有)・米国(監視)・日本(決済)で回すことになった世界を民主化する簿外資金の「決裁権」を北朝側が握ることとなる。今までこの勢力が決して手を出せなかった簿外資金であるが、悪辣なイエズズ会傀儡だけに厄介である。このまま進むと、悪夢でしかない民主党(現・民進党)が再び政権を取り、「東アジア共同体」構想が蘇りネオ満州国建国へと突き進み、日本人は選挙権も人権もない中国人民のようになってしまうかもしれん。現時点では皇太弟選択はすこぶるバットマンに映る。

南朝(天孫系=藤原式家=平氏)最大の危機だす~

やはり、ここは皇室典範改定で女帝解禁して愛を頂戴し、綾波レイのようにクローン技術(代理母も女帝)によって次々と皇位継承していき、外戚勢力を一切寄せ付けない「消臭力」を発揮するクラウン・プリンセス&TM(Time Eternity=永世)レボリューションになるしか手がないだす~。
※元々、皇族はヒトではあるが人間ではない(戸籍を持たず、あらゆる法律から超越した存在)ので、クーロン技術の適用も道徳的、社会通念上もまったく問題がない。



まぁ、その場合、万世一系の神話からの離別を意味することになるが、、、、
※万世一系もその実態は、臣籍降下した元皇族の元で働く武力行使のならず者が、その働きを認められ、猶子→養子→実子となり、武士団頭領家になったに過ぎない。

九と狐の暗示 「九封じ」

いやぁ~ ベビメタちゃん快挙だす~!!

4/2の英国のロックの聖地ウェンブリーアリーナでの1万2000人コンサートの成功に続き、セカンドアルバム『METAL RESISTANCE』が全米ビルボード総合アルバム・チャート(Top 200)で39位にランクイン。ハードロック・アルバム・チャートで2位、ロック・アルバム・チャートで5位など、ジャンル別チャートでも軒並みトップ10入り。

ビルボード
(堂々とTop 200でチャートイン 39=サンキュー=999だす)

ビルボード誌には年間チャート約200種類、週間チャート100種類近くある中で、総合チャート「Billboard 200」(主にアルバム)と「Hot 100」(主にシングル曲)だけは別格。これが本当の全米ランキングであり、ここに食い込むことは全く凄いことで、ビルボード・ワールドアルバム・チャートのようなマイナーチャートとは全く意味合いが違う。
※かつて少女時代が『The Boy』でチャート1位になったのが、このワールドアルバム・チャートですが、大金を掛け米国進出するも惨敗し撤退。米国進出など無かったことになっている。それに比べベビメタちゃんは凄い。国内ではまだ紅白にも出場しておらず無名に近い状態だが、この結果からアジアのトップアイドルの地位は確定した。それに続きそうなのが、海外人気のモー娘がパワーダウンしていく中、最先端テクノロジーを駆使したパフォーマンスが高く評価されジワジワと海外人気化している先輩格のテクノポップアイドルのPerfume。

これは坂本九以来の52年ぶりの快挙だとか、、、、
※坂本九の14位が日本人として最高

ベビーメタルにお告げを告げるキツネ様と坂本九の「九」から九尾妖狐の影がチラリと脳裏に過ぎります(ふふふふ)。

さて前記事の洞察から、、、、

■九尾妖狐・・・天孫族(南朝)=藤原式家=平氏 メーソン傀儡 英(ウィンザー家)・米と連携
■八咫烏・・・地祇系(北朝)=藤原北家=源氏 イエズス会傀儡 中韓と連携


であると結論付けましたが、、、、

う~むベビメタちゃんが英米で大ヒットして人気なのは、英米に顔の効く秘密結社「九尾妖狐」(仮称)のお陰が大きいかもしれない(爆)。実際、日本国内では、電通=満洲国通信社(諜報機関)=里見機関=皇道派=地祇系が全く相手にしてくれていないw  っていうか、アミューズが電通にゼンゼンお金渡してないだけなんだろうな。
※ただし、里見機関の里見甫も巣鴨プリズンに収監されたが釈放されている。彼もまた岸信介・笹川良一・児玉誉士夫・正力松太郎同様、米国CIAのエージェント化した人物。

この八咫烏と九尾妖狐の関係は「23」と「22」の関係でもあるが、八咫烏フェチの「23の男」のミル★ヤタガラス氏は京都出身で米国留学経験もあり、ハリウッドや欧米事情に明るく、時折、メーソンリングを身に付けている。逆に九尾の人柱力で「22の男」であるオイラは中韓事情に明るく、クリスチャンでもないのにイエス磔刑の十字架を家に飾り、一見、イエス信仰していうようにも見えイエズス会に近い位置にいる。
※十字架は母親のイタリヤ旅行土産なのだす

これは北朝・南朝の八咫烏・九尾妖狐の特徴とは真反対www

う~む、カバラ奥義である鏡面対称ということにしておくか!

さてさて話は戻って、ラジオで流された回数のみならず、Youtube...等のネットでのストリーミング回数、アルバム収録曲1曲ずつのデジタルダウンロード回数をポイント化しランキング化したのが、ビルボード「Top 200」ですが、日本のオリコンチャートがCD、DVD、書籍という過去の遺物でランキング付けしているのとは訳が違う。文字通り本当の流行歌のランキングとなります。

さらには、CBS系列の米国深夜人気番組『The Late Show』に出演し、米国マスメディアに颯爽とデビューしただす。



コメディアン、俳優、作家であるスティーヴン・コルベア司会のレイトショーは、22年間続いた「レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン」のレターマン引退による放送終了(2015年春)に伴い、後継指名された深夜の人気番組。この番組への日本人出演自体が初めてであり、快挙である。

ここでも大魔神コード=九尾妖狐コード「22」が生きているだすな、、、(ふふふふ)。

このような世界的アイドルに成長したベビメタちゃんをインディーズの頃からオイラは見出しているが、オイラの「アイドル目利き」も大したものだwww

伊達にアイドルの尻フリを沢山見ているだけのことはある(爆)。

さてさて、2016年はTWICEのツウィ(周子瑜)や宇宙少女(WJSN)のシャオシャオ(ソンソ)...等、マイビッグウェーブが来ていますが、それ以外にもOH MY GIRL、Lovelyzのグループの台頭もある。日本でも鞘師の抜けたモー娘のパワーダウンはあるが、欅坂46の誕生、こぶしファクトリーやアンジュルムが人気化している。ポスト少女時代・ポストAKB48に向け、新たなグループの勃興や台頭が加わり、非常に賑やかになってきた。

各勢力が入り乱れて、オイラのアイドル定点観測も忙しい年になりそうです(嬉涙)。

既にKARA、少女時代はオイラにとって「死に体」となってしまったからには乗換は必要。Apink、AOAがこれに該当しますが、当然、ベビメタちゃんからも目が離せない。フェスやライブに駆け付けたいが遠征費掛かるのでパスなのだす~(滝涙)。

まぁ、AOAが7/4に名古屋公演あるので、それぐらいしか行けそうにないだす~。

にしても、3.11が起こった際、坂本九の「上を向いて歩こう」が再び流行ったのですが、4.16の熊本地震のあった時にまた坂本九の名を目にするとは、、、、やはり「九」は何かの暗号のようにも思えてくる。実際、坂本九が亡くなった日航123便自体が日月神示の「123」であり、520名死亡者は「高天原」という特別な名前のついた山に国常立尊が蘇るようにコツコツと建立した520体の石仏と同じ数字という地元の話もあり、数に纏わる不思議な因縁というものは感じる。

ただ、実際には生存者は4名ではなく、もう少し多く無理矢理520名に合わさせられたのではないかと疑われているが、呻いている生存者を次々にトドメをさしたいうが、救援にあたった自衛隊員も多くが自殺していて真相は藪の中。

祀っているのが国常立尊(スサノオ)故に、地祇系=出雲系の仕業が怪しまれていますが、確かに御巣鷹近くの神社には天皇在位年数に関して、明らかにおかしな立て看板が存在する。

在位

昭和61年で20周年ならば、即位は昭和41年となる筈。確かに明らかにおかしい。しかし、京都明治天皇の適子・堀川辰吉郎が亡くなったのが昭和41年であり、三代目裏天皇・前田ゴロウがその後スグに即位したのなら、即位年は一致する。

■JAL123便墜落事故-真相を追う-2015年の慰霊(4)
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=99652

三代目Jソウルブラザーズか、三代目オクラディッシュ・ハーマンか というぐらい裏勢力の権威の集中どころでもある。現在は前田ゴロウは亡くなっていますが、四代目が存在するのか怪しいところではありますが、、、、中丸女史が四代目? う~む、男系継承の天皇位故にちょっと違うような気がしないでもない。四代目はやはり前田ゴロウ翁の長子ではないのかな?
※表のエグザイルに対して裏が三代目Jソウルブラザーズという程度のギャグですwww

この京都天皇は北朝(地祇系)の裏天皇で本当の睦仁親王が初代。その後、堀川辰吉郎、前田ゴロウ(オクラディッシュ・ハーマン)へと続く。地祇系=出雲=スサノオであり、傘下の秘密結社は八咫烏になりますね。アマテラスの伊勢神宮という表の神道に対する裏神道が下鴨神社ですが、ここが八咫烏の本拠地。ただし秦氏と婚姻して天孫系に乗っ取られた。江戸時代までの天皇家がアマテラスを祀る伊勢神宮に親拝しなかったのもこれで納得がいきます。

日韓合同朝廷を画策した世襲親王家の伏見宮系皇族が裏天皇ではないかと?いう話もありますが、皇族に関すること等、、、「菊のカーテン」の向こう側はまだまだ良くわからない点がたくさんあります。
※伏見宮系皇族は北朝の流れであり、同勢力の「地祇系=皇道派」に取り込まれただけのことだろう。

八咫烏は九尾妖狐とは対を為し対峙敵対することから、123便で「九」の抹殺を企てたのか?

そう考えると、今回の九州の熊本地震も3.11同様に広範囲で三箇所の同時発生、震源が10kmと浅い...等のことから人工地震説が浮上してきているが、「九」の抹殺ということも考え合わせると辻褄が合ってくる。
※今回の熊本地震も人工地震ならば、3.11同様、地殻部に水を流し、高圧・高熱で水素核融合反応(水爆)を起こすという原始的な方法で地震を起こしたのだろう。ただリチャコシは昔はこの原始的な方法で陰謀論を提示していたが、いつの頃からか破棄。そして何でも米国ロックフェラー&ユダ金に結び付け口撃している。ただし、イエズス会傀儡派の北朝(地祇系)=京都天皇-中丸-便所民-リチャコシという繋がりがあることから、国内に反日的な勢力がいて各種陰謀を働いていることを隠蔽し、メーソン系のロックフェラーを槍玉に上げ誤誘導する陰謀論工作員だろうと睨んでいる。

「天からの降臨」したと言い張る天孫系が、地に蠢く「地祇系」に対し、上から目線で揶揄して「上を向いて歩こう」と言ったのが気に触ったのかどうか分かりませんが、123便墜落事件は米軍誤爆、核兵器搭載した123便を米軍機が追撃、パナ社のトロン開発チームの抹殺、「キツネ目の男」=グリコ森永犯の証拠隠滅...等、様々な真相解釈があり、何とも不思議な事件なのです。

ここでも「九」と「狐」が出会っている。

そして「九」「狐」に関しては、播磨陰陽道の「九字切り(ドーマン)」と伏見稲荷の狐が関連する。

伏見稲荷とは、実は「九字切り」の播磨陰陽道の裏道「十字切り=キリスト教」のオチこぼれ勢力(爆)。播磨には蘆屋道満に代表される在野の陰陽道=播磨陰陽道がある。また播磨には秦氏の首長・秦河勝の墓やダビデ王を祀る大避神社...等が数多く存在し、秦氏の一大拠点でもある。このように播磨陰陽道には原始キリスト教徒(エルサレム教団)の秦氏の影がチラつき、原始キリスト教団の奥義にはカバラが存在。以上のことから、稲荷の「イナリ」とは誰が何と言おうとINRIに他ならない(笑)。

ただし、イエスに神性を与え神とするのではなく、イエスをモーゼのような教師・預言者として扱い救世主(マイトレーヤー・弥勒菩薩)を待望する点が西洋キリスト教団とは異なる点。秦氏が関わった伊勢神宮の「奥の院」でダビデの祭壇を組み、明星天子(ルシファー)を待望するのも同じ理由からでしょう。

また不思議なことに秦氏分布と兵主神(蚩尤・牛頭天皇・スサノオ)の分布が一致するが、秦氏拠点の太秦商店街では大魔神(蚩尤)が設置されている。また太秦では北斗七星をシンボルにした「後戸の神」(次代の救世主的な神)である摩多羅神を祀る「牛祭り」が広隆寺で行われている。牛に乗った摩多羅神が赤鬼・青鬼の四神を連れて入場する奇祭であるが、ミトラ教にも「牛を屠るミトラ」という救世主ミトラの話がありますが、牛=バアル神=蚩尤=牛頭天王=スサノオ=イスラエル北王国の暗示であり、これは南ユダ族が北王国を恭順化する野望の表出だと見ている。

摩多羅神の「マダラ」という語は、サンスクリットのmatarahであり、これはmatr(母)の複数形の音写であり、「諸母天」(七母天または八母天)を意味する。マターラ神は鬼子母神、訶梨帝母(かりていも)鬼子母神であるとと江戸時代から指摘されている。
鬼母神
(ガンダーラの鬼子母神と聖母マリア)

七母天や八母天とは、北斗七星や輔星を示していると思われるが、七母天自体がヒンドゥー教の女神・ドゥルガーの分身の七母神に由来する言葉。そして大黒天(マハーカーラ)は七(又は八)母天女の首領。仏教では焔摩天(閻魔・ヤマ)の姉妹とされる。つまりは七母天(八母天)はヤミーであり、天女であり、屍林の夜叉女・ダーキニーだったのです。

これは西王母のことではないだろうか?
※西王母とは仙女(天女)の首領で元は鬼神

オイラが摩多羅神をマグダラのマリアがモチーフであると看做し、ベビメタちゃんのスーメタルと暗喩比定したのも、あながち間違いではなかったことになる。
※後述するが、原始キリスト教団はイエスを救世主とはしていない。聖母マリアは神の子イエスを生んだが為に神格化されているだけであり、本当の救世主はダビデの血胤(エッサイの根)から生まれるということから、ダビデ末裔のイエスの子を宿した妻・マグダラのマリアが鬼母神のモデルであると睨む。実際に黒いマリア像のマリアはインド・マガタ国出身で色の黒いマグダラのマリアであり、聖母マリア像と同じ形態をしている。

摩多羅神
(摩多羅神と2柱の踊り子 頭上には北斗七星)

原始キリスト教徒に特有なハンドサインとして三位一体を示すハンドサインがあるが、これこそ正にフォックスサイン。

弥勒01

魔神すぅとも揶揄されるスーメタルですが、普段とステージのギャップが凄い。世界一マントが似合う17歳であり、既に世界ツアーも3年目に突入。日本語というギャップもものともせず歌声だけでここまで来た、、、、

魔神すぅ

デスボイスが溢れ腐臭漂う地獄(ヘル)を彷彿とさせる演出が為されるメタル界に2柱の天使を引きつれ颯爽と登場し、一気にメタル界をポップで甘い音楽シーンに変えてしまったのデス! これはまるで闇に落ちて輝く明星、、、、つまり、ルシファー(明星天子)なのである。

まさにスーメタルは「スの神」であり、大魔神であり、摩多羅神であり、ダーキニー(空行母)であり、西王母なのである。
※「スの神」・・・ウシトラノコンジンの別名で「主」の意味

さてさて、話が横道に反れてしまったが、話を戻すと、、、

伏見稲荷は「秦氏祖霊」を祀る神社として稲荷山全体を祀って創建されているが、秦久治良の末子が社家になっている。ただ秦氏本流は松尾大社や「蚕の社」のある木嶋神社であり、そういった意味から伏見稲荷は「漢波羅オチこぼれ=奥義伝授がない」と云われるのでしょう。

そして、ここが「九条走り」と呼ばれており、この言葉通り、日本のオーナーである摂家・九条家の「パン買って来い」的な小間使いとなって動いている。
※伏見稲荷のスグ北側には、京都屈指の紅葉の名所である臨済宗本山・東福寺があるが、ここは1236年に九条道家が九条家菩提寺として創建した寺院。伏見稲荷が秦氏本拠地の太秦や嵐山ではなく、ここに創建(708年)したのも「九条走り」というキーワードから納得がいく話。

同様に、大本のような北朝・金神崇拝勢力は「金ちゃん走り」と呼べるか!(爆)。

ちなみに、伏見稲荷は二十二社の一社、旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁に属さない単立神社。また九条家はメーソン傀儡の欧米志向の南朝派(藤原式家=平氏)に属するが、イエズス会傀儡の中韓志向の北朝派(藤原北家=源氏)の近衛家とは敵対関係となる。

伏見稲荷創建逸話の中に蓮台野からから狐が逃げて伏見に至ったというくだりがあるが、『源平盛衰記』には平清盛が狩りの途中、京都の蓮台野で荼枳尼天(貴狐天皇)と出会い、この修法を行うかどうかで迷う場面が記されている。以後、清盛は荼枳尼天修法を行うようになるが、これが「十字切り(キリスト教)オチこぼれ集団=伏見稲荷」と平家が提携を結んだ場面でもある。

これが、オイラが秘密結社「九尾妖狐」(仮称)と呼ぶものの正体か!

一方、保守本流の迦波羅(カッバーラ)使いの漢波羅がヤタガラスと呼ばれた存在の正体。これには元々2派あって蘆屋道満の播磨陰陽道と安倍清明の賀茂陰陽道の陰陽2派で室町時代に八咫烏として成立した。これらの裏道である「十字切り」と「六字切り」の漢波羅が提携して出来たのが下鴨神社神事でしょうか!?

つまり、八咫烏は迦波羅使いの漢波羅の中でもエリート中のエリートであり、「十字切り」オチこぼれ衆(伏見稲荷...等の獣道)とは格が違っている。

しかし、それは昔の話であり、前面に出ずに裏から経済支配するある国際機構(「反清復明」の客家秘密結社「洪門」?)と日本国中枢(九条家)の連絡係として彼らが抜擢された為、今の権勢は八咫烏よりも上である。その提携の結実が大正天皇皇后の貞明皇后(客家で明建国の朱元璋子孫の朱貞明)でしょうか。権勢が上である証拠となるのが稲荷系神社が全国に3万社とダントツに多いことが挙げられますが、ただ彼らはあくまで利益本位で動く為、それが「商売繁盛」という御利益の形で稲荷系神社に表出している。この特質が利潤本位の客家とウマが合い、必然的に繋がったのでしょうね。

このように日本は古くから仏教と神道で雁字搦めに宗教支配された国であり、一見、日本を支配しているようにみえる武家といえども、神社仏閣への寄進は欠かせない。これは人・情報・お金の流れが神社仏閣を通じて行われていたからでしょう。ある意味、行政機関と化していたわけです。その根源は平安初期における天神系・地祇系・天孫系神官団の三者提携による宗教支配の密約ですが、その密約の証が元糾の森の「三柱鳥居」。

この三者代表が裏天皇を構成する「大烏」という3人の天皇であり、宗教支配の元、バラモン-クシャトリア-シュードラ...というインドのカーストと同様な身分制度を敷き磐石の体制にしたのが真の日本国体ではないかと睨む。現在、表の南朝天皇家は庶民向けの飾りであり、京都北朝天皇家は飾りの予備品という扱いではないだろうか!

三柱鳥居01

ただ、Fこの仕組みも江戸時代までで、戦国時代で一応終止符を打ったメーソン=プロテスタント、イエズス会=カソリックによる分断工作が幕末時に再び活発化。国内は2つに割れ、大政奉還という江戸幕府の無血開城で内戦を経ずに明治維新を迎え、一応、客家の血を入れながら英ウィンザー家と提携してメーソン系の南朝-九条閥が仕切った形。

脱落した北朝-近衛閥系が秩父宮を唆して2.26事件のクーデターを起こし、また陸軍内部に皇道派-大本-道院-紅卍会をツールに大陸に歩を進め満州国を建国。この北朝の軍事力を削ぐ為に敢えて負け戦を演じたのが昭和天皇。戦後は起死回生策として共産化で国家転覆を図ったが米国の進駐政策がUターンして共産化が防がれたというのが明治~昭和にかけての流れになるでしょうか。

このように北朝・南朝の確執は今に続くが、世界政府樹立の際にはその位置関係が永世的に定まって覆すことが出来なくなってしまう。だからこそ、地祇系はいいポジション取りに焦っているのかもしれない。

現在、パナマ文書がリークされて中国・ロシアが揺れているが、これはメーソン側からイエズス会勢力に向けて仕掛けられたカメハメ波であろうと睨んでいるが、2016年は各勢力がいろいろと入り乱れて衝撃的な事象が起こる年でもある。

こちらは世界的な潮流なのですが、一方、国内に目を転じてみると、、、、

日本では坂本九以来のベビーメタルの欧米での快挙の話題を反らす為なのと、自分たちが待ち望んだ救世主的人物が「キツネ」を暗示させ元オチこぼれの漢波羅でメーソン側に寝返った九尾妖狐勢力側を言霊的に優位にする形で出現してしまったことに対し、イエズス会側に属する「六字切り」の八咫烏側が「九封じ」として九州熊本に人工地震を起こしたのではないか?という考え(妄想)が浮んだのだが、、、、どうであろうか?
※「九」は救世主のキューにも通じるが、八咫烏的には中韓側で救世主的人物が出てくれないと困る。

意外と正しいのではと自負しているが、、、、(ふふふふ)

ここまで書き終えて、ミル氏のブログを読んだら「九」について書かれておっただす~ このシンクロ、マジで怖いだに~

■ミル & ヤッズ で 熊本地震を的中!! 6の世界から9の世界へ
http://takakuraken.jp/blog-entry-199.html

22と23の葛藤

草薙剣・スサノオ・徐福・九尾狐・大魔神(蚩尤)・ニビル...研究家のヤッズ★ですが、これらの間に何らかの繋がりがあるのでは?と長年研究を続けてきましたが、ブロク上で洞察してきた結果、これらの間には明確な繋がりがり、更に「不死、不二」という意味を持つ「22」の数字が関連していたことが判明した。この事実にはチト驚きでした。

掻い摘んで記すと、、、、

■大魔神・佐々木投手を悩ませる数字「22」
■大魔神=蚩尤=兵主神=バアル=蔵王権現=牛頭天王=スサノオ=ルシファー=サナート・クマラ=金神
■丹後風土記ではスサノオ=徐福=ニギハヤヒ=ホアカリ
■ホアカリ末裔が籠神社・海部氏(奥宮の真奈井神社は元外宮)と尾張氏(熱田神宮創建)
■ニギハヤヒ末裔が物部氏(フル-フツ-フツシのフツは徐福長子・徐市【ジョフツ】のフツ)
■スサノオが取得した草薙剣はニニギ尊(22)と伴に葦原中津国に降臨
■マヤ暦最終の2012年12月は徐福東渡2222年の年

■スサノオとは「スーサの王」
■スーサはイランの西南部に位置し、エラム王国~アケメネス朝ペルシャ時代には王都として栄えた
■スーサの主祭神がマルドゥク(牡牛の神)
■マルドゥクの受肉が「スサの王」
■マルドゥクは人類に智恵を与えたエンキ(エア)の長子
■エンキ、エンリルはニビルから地上に降りたアヌンナキ
■ニビルのことを別名「マルドゥク」と呼ぶ
■エヴァのパイロットとなる子供選出する「マルドゥック機関」とは徐福が選んで連れてきた童男童女3000人がネタ元

■徐福は始皇帝の命令で不老不死(22)の妙薬を探しに来日
■不老不死はエヴァでは永久動力源「S2機関」と表現
■熊野権現は徐福の霊
■熊野三山の元は出雲の熊野大社(出雲から移住)
■出雲は徐福上陸地の1つ
■熊野本宮主祭神の「家都美御子大神」はスサノオを示す
■「家基都」は徐福神都の名称
■徐福本隊が居住した東三河の穂国「豊橋」が豊葦原瑞穂国中つ国
■「豊」(トヨ)とは天女を示し渡来人の暗喩、羽衣伝説地は渡来人移住受入れ上陸地(トユケ→豊受)
■アニメNARUTOでは忍道の開祖・六道仙人の本名はハゴロモであり、古代最大の渡来移住者の徐福がモデル。後に眼のうちは一族、体の千手一族の分かれたが、これは物部氏と尾張氏&海部氏に分かれたことの暗喩。
■六道仙人=ハゴロモには角があり、徐福=スサノオ=牛頭天王にも角がある
■修験道の開祖・役小角の名にも「角」があり、出雲→奈良に渡ってきた徐福末裔
■東三河には熊野信仰が流行 また熊野系苗字=鈴木が日本一濃密
■家基都→焼遺(ヤキツ)→焼津 火難伝承地は「火石」として焼津に移動
■蓬莱の名と草薙剣は「水石」として熱田に移動
■ヤマトタケルの火難伝承地は日本書紀では駿府、古事記では相模と異なるが、この違いこそ移動させられた結果 (当時、大和朝廷の権力の及ぶ範囲は朝廷別王が治めた東三河(穂国)以西まで、明らかに駿府・相模は権力範囲外で辻褄が合わない)

■葛城氏、高賀茂氏、三輪氏は出雲から来て御所市周辺に居住
■高賀茂氏から役小角が出て、蔵王権現を感得し祀った
■三輪氏が祀ったのが奈良県の大神神社
■大神神社の奥の院は豊橋の石巻神社
■石巻山頂と一の鳥居を結び延長すると大神神社に至る
■石巻山は東海三神山のエイ州山
■大神神社の拝殿は三輪山山頂を向いていない

■徐福本隊が居住したのが東三河の穂国・豊橋が豊葦原瑞穂国中津国
■東海三神山とは蓬莱山(鳳来寺山)・方丈山(本宮山)・エイ州(石巻山)
■エイ州の「瀛(えい)」とは始皇帝・徐福の姓
■石巻山の夏至礼拝地が八頭(八名東頭)神社
■中央構造線が走る東三河(穂国)には豊川稲荷がある
■外宮隣接地には豊川茜神社が存在(九鬼氏建立)
■明治期、外宮の下馬場前野町が強制的に豊川町に名を変えられた
■外宮境内を走る川が「豊川」
■丑と寅が守護する神宮奥の院ではダビデの祭壇儀式を行い明星天子(金星の神格化)を祀る
■明星(金星)はルシファー
■奥の院が祀る丑寅方角は蔵王権現を祀る御嶽山
■御嶽山爆発で被災したのが統一教会、大手一流企業の所謂「勝ち組」だが、勝ち組崩壊を暗示
■パナマ文書は大手一流企業の課税逃れのオフショア利用の証拠として指弾
■熊本出身のショーンKは文春の「偽装」報道の激震で一夜にして身を崩した(熊本地震と連動? 勝ち組崩壊の暗示?)

■九尾妖狐=ダキニ天を祀る豊川稲荷の縁日は毎月22日
■ダーキニー(明妃)=神聖娼婦=空行母=天女=北斗七星の輔星=トユケ(豊受)=外宮=後戸の神=次代の救世主=摩多羅神=マグダラのマリア
■マグダラのマリアの聖名祝日は7月22日
■三面摩多羅神は正面が聖天・左右が弁財天とダキニ天
■アニメNARUTOでも九尾妖狐の本名は九喇嘛 (くらま)で、サナート・クラマ(クマラ)を示す
■客家(ペリシテ人)は閻魔(サムソン)と九尾(ジャッカル)を極度に畏怖
■閻魔(ヤマ)の双子の妹ヤミーが飛縁魔=九尾
■緑の衣はマグダラのマリアを示す色
■恵州客家の九鬼氏は豊川稲荷を厚く信仰
■九鬼文書のウシトラノコンジンが大本系の金神のネタ元

■日本を二分しネオ満州国建国に勤しむのが、イエズス会傀儡の地祇系=北朝=大本系団体
■西日本と半島~満州の融合が京都の北朝天皇の狙い KPOP流行もその尖兵 (南朝=天孫系=藤原式家=平氏は英米重視、北朝=地神系=藤原北家=源氏は中韓重視 明治期~戦前は中国系藤原氏が強かった。現在は韓国系藤原氏が強い?)


かなり広範囲に書いてしまったが、歴史を封印され黄泉国にされてしまった東三河は「22」の地であり、伊勢湾を挟んで対岸側の伊勢は「23」の地であるということ。アニメNARUTOもエヴァンゲリオン同様、秘教団体からのサジェスチョンを元にストーリーを作られているとオイラは睨んでいる。

一方、シリウスナンバーは「23」。この番号を背負い「シリウス」を自らのテーマソングとしたのが往年の名選手シカゴブルズのマイケル・ジョーダンでしたね。

23 MJ

夜空で一番明るいシリウスを次の太陽=救世主として看做し崇めるシリウス信仰は日本にも渡ってきて、奈良明日香の法隆寺にはその名残を残している(若草伽藍・太子道)。これら星々を信仰するのが妙見信仰で、伊勢の場合は北極星を「太一」として崇めて信仰した。

ちなみに、ダキニ天の東三河から豊受大神の伊勢に通じる道が国道23号線ですが、元々は東三河の兎足神社にあったと云われる草薙剣が熱田神宮に移され、更に伊勢の伊雑宮に移されようとしていますが、その先駆けとして禁則地であった一之御前神社が一般参拝できるようになり、二千年ぶりに封印が解かれた。

この草薙剣の東三河→熱田→伊勢への移動(西遷)は、正に国道23号線と全く同じルートであり、「22」の地から「23」の地へ移る直前の状態でもある。草薙剣は旧世界「22」から新世界「23」へ飛躍するまでを示す先行指標。

「22を超えてゆけ~」なのだす。

22画面

4/14に起きた熊本震度7の地震の震源地・益城町は中央構造線上に位置しますが、その少し前の4/1の伊勢沖地震と考え合わせると、いよいよ中央構造線が動き出したという感じ。

この動き、熱田神宮の草薙剣の封印解除と連動していると睨む。

聖武天皇の御世、日本中至るところに地震が頻発発生して、国土が隆起・沈降を繰り返し起こしし、日本はもうダメではないかと焦り、国土鎮守を願って全国各地に国分寺・国分尼寺を創建しましたが、この時と同程度のことが起きるだろうと見ている。

4/16深夜1時に熊本では再び大きな地震が起きましたが、余震にしては規模が大き過ぎることから、4/14の地震を「前震」、4/16の地震を本震と看做しているが、オイラは4/14も4/16もこれから起きる本震の「前震」ではないかと睨んでいる。

実際、大分、阿蘇、熊本で広域的に同時に地震が発生して北東方面に拡大してきており、史上、例のない事象となっている。しかも震源は別府湾から伊方方面に向かっており、現在は南海トラフとの接点である日向灘にまで到達『4/16 11:28 M6.1 深さ10km 震度6弱)。これで南海地震の可能性も高まってきた。

中央構造線 熊本

等向線図四国

中央構造線をまるでジッパーを開くように震源地が移動していき、九州は東北方向と南方向に二分される。

ジッパーダンス
(乳房に向かうジッパー、、、、)

そして、行き着く先は乳房、、、い、いやフォッサマグナの地であり、ここには乳房、、、い、いや、「22(不二・不死)」の富士山があるわけだが、、、(滝汗)

ヤマトタケルの火難伝承の地が駿府と相模の2つあると書きましたが、その中間地が富士山であるのも何か因縁がありそうです。火難=富士山噴火と黄泉(読み)解くことが出来るかもしれない。ただ富士山(223)が山体崩壊してカルデラ化することで「22」→「23」となり、名実ともに新世界の蓬莱山となる。
※旧世界「22」の蓬莱山が鳳来寺山(設楽火山)であり、語り部によると聖武天皇の御世の7455年に崩落して今は存在ない

2016年秋口からパーティはクライマックスを迎え、最終的に富士山噴火(山体崩壊カルデラ化)によってガス抜き的に静まると見ているが、この時、2.23の「富士山の日」に誕生した我らがビリケン広飲み屋が世界天皇として誕生するのか?

気象庁は中央構造線については一切語らないが、、、、

「まさか!」とならないよう、このように看做しておく方が危機管理上、有効だと思う。、

さてさて、世界には星信仰の国と太陽信仰の国がありますが、それが国旗に明確に示されていますね。日本の場合、国旗及びアマテラスを皇祖としていることから太陽信仰の国になりますが、明日香や伊勢(伊雑宮)を見れば、元は星信仰の国であったことが分かります。天孫族の渡来から日本は星信仰→太陽信仰へ変遷していった。

この太陽に住むのが三本足の烏で別名「八咫烏」です。太陽を守護する役目を担っていることから、「太陽=天皇」と看做し体制の裏側から強力に支える秘密結社を形成。本拠地を京都・下鴨神社に置いていた。全国にいる修験道の山伏、虚無僧、禰宜から集まる情報を一元的に集め、分析して支配の為の助言や裏工作をしてきた。

■八咫烏・・・北朝(地祇系)の秘密結社(イエズス会傀儡)
■九尾妖狐・・・南朝(天孫系)の秘密結社(メーソン傀儡)


ではないかと密かに睨んでいる(笑)。
※大本(北朝・地祇系)の流れを汲む日月神示では、八岐大蛇と九尾金狐を非常に敵視するが、八咫烏勢力であると理解すれば、対となる九尾妖狐を敵視するのは当然のことであろう。

八咫烏の名を冠する「23の男」ことミル・ヤタガラス氏は、名前からして当然、八咫烏フェチの八咫烏派であると思われます。一方、九尾妖狐ケーキを食べて九尾妖狐の人柱力となったオイラは、バリバリの九尾妖狐派で「22の男」。

■ニコラ・テスラのトゥモローランドを作ろう フリーエネルギー Let's build a Nikola Tesla's Tomorrowland
http://takakuraken.jp/

天を飛ぶ八咫烏と地を這う九尾妖狐の対立とは、「23」「22」の対立でもあり、それはスキンヘッドの宇宙意識(グレイ)とフサフサの人類の集合意識=地球意識(ネンデルタール人)の対立葛藤のバロムクロスでもある。

この対立は古代日本では天津神系の藤原氏と国津神系の葛城氏(蘇我氏)の「葛藤」として暗喩されている。

22と23 02

■最もネアンデルタールに近いのは日本人?
http://sciencenews.co.jp/2016/02/22/post-1042/

そして、これはエイリアンvs大魔神でもあるのだす~(爆)

22と23 03
(ハリウッドで映画化してくれないか?)

実は、この八咫烏九尾妖狐は切っても切れない間柄。歴史的にも非常に古くからその関係が存在している。

まずは八咫烏(三本足の烏)から見ていく。

神武東征時に熊野に導いたのが八咫烏ですが、この話はアレキサンダー大王を導いた太陽神の化身=烏の話を元ネタに作られている。この導いたのが恭順化した徐福末裔でしたが、その子孫が熊野大社の鈴木氏でしょうか。下鴨神社を拠点とした秘密結社が八咫烏。古代日本は神社が金銭を担っており、その元締めとして金の動きを掌握し日本の天皇制を裏側から守護し国体を堅持してきた裏組織ですが、現在はメインストリーむから外れ、国体護持のスリートップは他の勢力が担っている。

漢文長詩『千字文』(せんじもん)には、1000の異なった漢字が使われていることから子供に漢字を教える為に用いられたそうだが、その注釈には「太陽の中には三本足の烏(からす)がいる。それで太陽を金烏と呼ぶ。太陽の色は赤く、扶桑(ふそう=中国の東方の海中にあるという神木)から登り、咸池(かんち=天にある池で太陽が水浴する)に入る。」と書かれ、三本足の烏が東洋の文献に初めて登場する。

また『山海経』には太陽の登る地について「下に湯谷があり、湯谷の上に扶桑があり、10の太陽が水浴びをする。黒歯国の北であり、大木は水中にあり、9の太陽は下の枝に、1の太陽が上の枝にある。」と扶桑樹について記されている。「ユヤ」とは陽谷、即ち「太陽の隠れる谷」→「三本足の烏の棲む咸池」の意味があると言われ、熊野を古語で「ユヤ」とも言うが、このユヤが蓬莱山である鳳来寺山麓の「湯谷」であろう。また蓬莱山のある一帯を「東瀛(とうえい)」ともいうが、鳳来寺山あたりは東栄町なのである。

鄭州(ていしゅう)にある漢代の画像石には、西王母を中央にして左側に九尾妖狐、右側に扶桑樹に登る三本足の烏=八咫烏が配されて描かれていますが、この構図は中国古代図画に多く見られる。つまり、九尾狐と三足烏は西王母の使いであり、対を為す霊獣と霊鳥だった。

seioubo2.jpg
(四川省成都市新都区出土)

また、金烏や九尾妖狐は古代中国伝説の美女でもあり、女仙である「西王母」に使える存在と考えられていた。九尾妖狐の場合、玉藻前・妲己・華陽夫人として「傾城の美女」(国を傾けた絶世の美人)で有名ですね。

西王母は西方の崑崙山上に住する女性の尊称。すべての女仙たちを統率する聖母でもあり、東方に座す東王父と対を為す。世界は男性原理から女性原理主導に変遷しつつあるが、この西王母台頭がその嚆矢となるであろうか?

西王母の本来の姿は「天厲五残(疫病と五種類の刑罰)」を司る鬼神であり、『山海経』の西山経及び大荒西経によると、「人のすがたで豹の尾、虎の歯で、よく唸る。蓬髪(乱れた髪)に玉勝(宝玉の頭飾)をのせていて、穴に住む。」という、半人半獣の姿である。 また、三羽の鳥が西王母のために食事を運んでくるともいい(『海内北経』)、これらの鳥の名は大鶩、小鶩、青鳥であるという(『大荒西経』)。一方、『荘子』によれば、西王母を得道の真人としているし、『淮南子』では、西王母が持していた不死の薬を、姮娥(恒娥)が盗んで月へと逃げたと記している。(Wikipediaより抜粋)

この月へ逃げた姮娥の話が「かぐや姫」の話の素材になったのであろう。

嫦娥奔月(月へ逃げた姮娥)の話とは、、、、、

嫦娥はもとは仙女だったが、地上に下りた際に不死でなくなったため、夫の后羿が西王母からもらい受けた不死の薬を盗んで飲み、月(広寒宮)に逃げ、蝦蟇(ヒキガエル)になったと伝えられる。

天帝である帝俊には羲和という妻がおり、その間に太陽となる10人の息子(火烏)を産んだ。この10の太陽は交代で1日に1人ずつ地上を照らす役目を負っていた。ところが帝堯の時代に、10の太陽がいっぺんに現れるようになった。地上は灼熱地獄のような有様となり、作物も全て枯れてしまった。このことに困惑した帝堯に対して、天帝である帝俊はその解決の助けとなるよう天から神の一人である羿をつかわした。羿は、帝堯を助け、初めは威嚇によって太陽たちを元のように交代で出てくるようにしようとしたが効果がなかった。そこで仕方なく、1つを残して9の太陽を射落とした。これにより地上は再び元の平穏を取り戻したとされる。

その後も羿は、各地で人々の生活をおびやかしていた数多くの悪獣を退治し、人々にその偉業を称えられた。自らの子(太陽たち)を殺された帝俊は羿を疎ましく思うようになり、羿と妻の嫦娥(じょうが)を神籍から外したため、彼らは不老不死ではなくなってしまった。羿は崑崙山の西に住む西王母を訪ね、不老不死の薬を2人分もらって帰るが、嫦娥は薬を独り占めにして飲んでしまう。嫦娥は羿を置いて逃げるが、天に行くことを躊躇して月(広寒宮)へしばらく身をひそめることにする。しかし、羿を裏切ったむくいで体はヒキガエルになってしまい、そのまま月で過ごすことになった。なお、羿があまりに哀れだと思ったのか、「満月の晩に月に団子を捧げて嫦娥の名を三度呼んだ。そうすると嫦娥が戻ってきて再び夫婦として暮らすようになった。」という話。(Wikipediaより抜粋)

中国の馬王堆(紀元前2世紀の墳墓)出土の帛画(絹に描かれた絵)には、中央の扶桑樹に対し、右に「太陽と金鵄」、左に「月と金蛙」が意匠されていますが、西王母→扶桑樹、八咫烏→金鵄、九尾妖狐→金蛙に変化しており、この「嫦娥奔月」の話が反映された結果、あるいは関連性を持たせる為に「嫦娥奔月」の話を創作?したのではないと睨んでいる。

ここで重要なのは、、、九尾妖狐→蛙という点。

実はアニメNARUTOでも九尾妖狐の人柱力であるナルトが妙木山のガマ仙人の地で修行をしている際、自然エネルギーの取り込みバランスを崩して蛙顔になっている。
※妙木とは「妙なる木」、つまり扶桑樹を示す

この西王母の具現化が楊貴妃であるとされるが、楊貴妃伝承は日本にも伝えられ、楊貴妃の墓があったり(笑)、草薙剣が奉納されている熱田神宮にも楊貴妃伝承が残っています。

楊貴妃石塔泉
(熱田神宮お清水、、、中央の石は楊貴妃石塔の一部だと伝わる)

その伝承によると、、、

唐の玄宗皇帝が日本を攻めようとしたとき、日本の神々が相談の結果、熱田大神が楊貴妃として生まれ、玄宗を思いとどまらせたのだという。安禄山の乱によって楊貴妃が亡くなると、熱田大神に戻り再び熱田の地に戻ってきた。その後、海上の仙人の山(蓬莱)に楊貴妃がいると聞いた玄宗は方士を派遣。方士は熱田が蓬莱と考えて春敲門を叩き、楊貴妃に玄宗の思いを告げるが、楊貴妃は螺鈿の小箱と金のかんざしを形見として方士に渡したというのが伝承のあらましです。

創作臭がプンプンする内容ですが、これは熱田=蓬莱島を補強する話として作られたのだとオイラは睨む。

楊貴妃の遺体は発見されず、唐の玄宗皇帝から依頼され吉備真備が唐から連れて来たという話もある。確かに吉備真備は唐から九尾妖狐を連れ帰ったという逸話はあり、中国では一般大衆は妲己同様、楊貴妃も九尾妖狐だと看做していたことから信憑性がある。非常に興味深い内容ですが、実際に日本各地には楊貴妃に纏わる史跡が存在する。大江匡房によって『狐媚記』の中で玉藻前として九尾のことを書かれたのは、この楊貴妃渡来を隠蔽する為ではないかと洞察する向きもある。ただ真相は分からないが、、、、

熱田の地は昔は伊勢湾に象の鼻のように突き出た島であり、「蓬莱島」として知られていますが、「蓬莱」の名称は草薙剣と伴に東三河から熱田の地に移動してそれが「水石が飛んでいった」として表現された。また敵を火で追い払う野焼き(ヤキツ)の地は東三河から焼津&草薙に移動し、それが「火石が飛んでいった」として表現されたわけです。

う~む、西王母を中心とする八咫烏と九尾妖狐が対を為す三美人の構図は、、、、

BM01.png
(モッシュッシュメイトは現代の西王母信仰集団か!?)

ベビメタちゃんでもある(爆)。

厳つい男性主導のヘビメタにカワイイを持ち込んで大きく塗り替えてしまった点は、東王父に対する西王母の台頭を彷彿とさせる。

ただ、次の世界では女性原理が優位になるのに、男性であるビリケン広飲み屋が君臨するというのも何か奇異な感じがする。ここは皇室典範を改定して「ラブリン内親王」を皇太子とすべきであり、皇位継承権一位となって次代には「女帝」を誕生させる。ただし通常、女帝の場合は婚姻は不可で「打ち止め」となるのだが、現代はクローン技術で永世的に皇位継続していけばいい。これこそ世界初の皇位継承であり、「菊のカーテン」の向こう側で日本を歪めてきた背後で蠢く外戚問題も一気にクリア可能。
※皇太子(クラウン・プリンス)が皇太弟、皇太甥では対外的にも格好が付かない。しかも、間組の娘が嫁いだ○○○宮には地祇系が背後にいて、皇太弟、皇太甥では秩父宮-近衛文麿-皇道派ラインの時のように、また再び「中韓寄り」「共産主義寄り」に戻される懸念がある。

つまり、愛(内親王)を頂戴すればいい、、、
これで西王母顕現が現実化。

これが位階を盾に自田引水する腐敗臭漂う外戚勢力を一掃することが可能であり「消臭力」を発揮。世界に浄化のレボルーションが起きる(爆)。

ステップハニー 23のゲートキーパー

前記事ラストの「23の女」、、、

その名もステップハニー、、、い、いやステファニーだす。

2302.png

ちと韓国顔が気になるがスタイルはバツグン。
「23の男」ことミル・ヤタガラス氏の今夜のおかずにご紹介するだす~(爆)



元は「天上智喜」という2005年~2009年に掛けて活動していたグループで、日本デビューもしていたボーカル4人組のメンバーの1人。少女時代と同じSMエンタに属すが、有る意味、KPOPの先駆け。歌が上手いことからアイドルというよりもアーチスト寄りのグループですね。

■天上智喜 - Stand Up People
https://youtu.be/h9VVe6xzGeU

こういったグループが居たことすらオイラは知らなかった。当時は如何にマスコミの周知力が強かったかという証にもなりますが、今はマスコミに左右されずにYOUTUBE等で掘り起こしが可能です。

グループ名の天上智喜という名も実に意味深ですね。宇宙意識に到達した時に湧き出てくる無常の歓喜を暗喩していそうで、実に宇宙意識「23」に相応しい名称。

まぁ、オイラはまだまだ未熟な地上意識の「22の男」なので同じ天上関連ならば、コチラのグループ推しししているだす~

その名は、、、、宇宙少女 (Cosmic Girls)



何か「少女時代」を宇宙まで拡張したような名称です(爆)。

曲タイトルの「MOMOMO」は当然、Apinnkの「NONONO」を意識して付けられている。

イエス使徒と同数の12名もいるメンバーのうち、特筆すべきメンバーはApinkリーダーのチョロン激似のエクシ(EXY)と中国人メンバーのソンソ(シャオシャオ)ですね。

宇宙少女

このようにApinkを非常に意識した大所帯のグループであることから、日本に注力中のApinkの活動が過疎化した韓国での代替需要を狙っているのは明らか。デビュー前から中国では人気爆発状態で今年の新人賞は固いとのこと。当面は中韓を中心に活動するであろうが、昨今の中国の外資コンテンツの締め出し政策のシワ寄せを受け、Apink同様、日本進出を意識し始めたのではないかと睨む。

日本への使徒来襲は早くてあと1年ぐらい先か、、、、

う~む、使徒エクシ使徒シャオシャオの魅力の前にはオイラは勝てる気がしない(爆)。

現在は太陽フレア活発化、太陽13年周期の変化、地球地磁気減少、隕石...等、様々な宇宙からの脅威に曝されていますが、これはカバラ的には物質世界は22の構成要素からなる世界であることから、地上意識の境界領域=人類の集合的無意識層を示す「22」が「いっちゃダメ~」と引き留めを仕掛けている現象面の表れだと睨む。

これらは意識進化に付きもののハニートラップ的な反動的なものであり、ここを超越すれはステップアップして宇宙意識「23」に到達するであろう。つまり「23」のゲートキーパー的なものが「ステップハニー」であり、12人の使徒なのだす(爆)。

最近のKPOPはApinkの妖精系の成功以来、こういう清楚可憐系グループが多数デビューしてきており、一時期、全てがセクシー系に偏ってしまった反動的な動きだと分析している。現在はセクシー系と清楚系で二極分化して拮抗している状態。売れなくなったら路線変更で清純可憐→セクシー系にすれば良いので、この方がリスクは低い。ただ逆のセクシー系→清純可憐系は成り立たないので、清楚可憐「22」→セクシー「23」というのが正流になりますね。

このセクシーと清楚可憐というのも、実は「23」と「22」の対立同様のものだと睨んでいるが、それらは実は表裏一体であるというオチだと睨んでいる。

まぁ、オイラ的には以前よりも選択肢が広くなってなのだす~

余談ですが、日本でもAKB48に対抗馬として作った「乃木坂46」の人気が上がってきて、更に「欅坂46」のデビュー...等、清楚可憐系の人気が日韓共に上がってきているのが、現在のアイドル界における顕著な傾向。さすが機を見るに敏な秋元康。

この傾向からもAKB48系列は縮小させ、「坂道シリーズ」を拡充させ次々とデビューが予想される。

次は是非、「病院坂46」を作ってくれだす~(爆)



中華タブのリユース

5のガワの6の機能をぶち込む荒業をしたiPhone SEですが、ジョブスが拘ったサイズを踏んでいる。現在の6シリーズも最初から5のサイズで出せばよかったのに、、、、ジョブス亡き後、ヤスリを同梱しないとならないと頑なに拒絶した8インチのiPad miniを速攻で発売するは、、、フラッグシップ機をカラー化するは、、、4インチで5のボディを流用するは、、、、ドンドンと機種やバリエーションが増えて曖昧化しているのが現在のアップル。

かつてスカリーに追い出されたジョブスがアップルに帰り咲いた時には、24機種あったバリエーションをたった4つに絞り切ってシンプルに徹し、その後、iMac、iPhoneと立て続けに大ヒットを飛ばした。このようにして一気にブランド力を高めたアップルですが、再び迷走が始まったのでは?と見ている。

アップルウオッチも「1日持たない」という時計としては致命的なバッテリー問題がある為、購入は見送りしてるが、実際、腕にあのデカイものしたら疲れるわ、、、生活防水もないのも困る、、、、、メール着信の確認程度の使い道しかないので、やっぱオイラはスルーですわ(爆)。

今のスマートウオッチ自体がぜんぜんスマートじゃないウオッチだす~っ。

それよりも中国の子供向けスマートウオッチや中国で独自発展したSIM スロットルを備えた腕時計型電話機の方がまだクールだす。

時計はチプカシ(チープカシオ)路線の「安価・高性能」こそが正義だす~

そんな凋落気味のアップルを猛追しているのがアンドロイド勢。既に操作性では遜色ないレベルまで追いつき、アプリの幅広さではiPhoneを上回る。中でも今まではサムスンが主役でしたが、最近はアンドロイドフォン王者のサムスンを安価・高性能なシャオミーやOPPO...等の「良い中国製品」を作る企業勢が追い抜きに掛かっている。

まぁ、粗悪な製品を作る山賊的企業が8~9割あるのが中国ですが、探せば安くて面白く、お買い得な製品もある。その中の1つに、年々、凄い勢いで外観や作り込みが良くなってきているのが中華タブレットです。

今、巷で人気なのがアンドロイドとWINDOWS10のダブルブート可能なタブレット。中でもCHUWI 8Hi PROの性能が頭ひとつ飛び出て人気化している。更に10インチ未満のタブレットのWIN10にはOfficeの1年間無料使用契約権も含まれている為、一般的なアンドロイドのみのタブレットに対しお買い得感を加速させている。

これにキーボ-ドをセットすれば、夢の100ドルパソコンになる(あはは)。

CHUWI 8Hi PRO 02
(キーボードは別売のケースに付属。ただしオイラの狙い目は充電必要でもっさい動きの青歯のキーボードよりも充電不要でUSB接続の格安キーボードケース=1000円を考えている。)

タブレットはコンテンツ消費型のガジェットですが、これでコンテンツ生産型のガジェットとなる。

まぁ、本命はSurFace同様の側面に端子を備えた2-IN-1タイプの10インチタブレットになるでしょう。

8インチはお遊びや外出先で使うにはいいが、本格的に使うのならそれここ指をヤスリで削らないとならなとなりませんが、サブPCという位置付けなら充分ですね。

う~む、オイラのサブPCとして8インチ、カミサン専用のPCとして10インチが1台欲しくなってきた。

今後、ノートパソコンは売られなくなり、タブレット+キーボードに収束されていく筈。事実、アップルもMacbook Airの新作は見送ってi Pad+キーボードに集約して製品ラインから外す方向に進んできている。ただこの流れもタブレット市場を押さえたアップルとグーグルにノートPCのOS市場が崩されてはならないとウィンドウ勢(ウィンテル連合)が焦っているわけですね。そこで非常に安価にインテル製CPUを卸し、OFFICE やWINDOWS10の無償配布に踏み切っている。

マイクロソフトのアンドロイド潰しが始まったな、、、、(爆)

チプカシ人気の背景として、世界には正確で堅牢な時計を買いたいが安価な値段では中国製の安いおもちゃのような時計しか買えない。そういった貧困層が世界中には多くいて、その人たち向けに作られているのがチプカシ。タブレット+キーボードはそういった層が購入が出来るPCでもある。
※インドでは学生向け超低コスト”35ドルタブレット”「Aakash」を発表しているが、どうも中身は中国製らしい。

さてさて、ここで次世代のスマホ像を予想してみると、、、、

大容量のバッテりーを持ち、データ通信・音声通信のデュアルSIMスロットを備え、アンドロイドとWINDOWS10のデュアルブート可能なファブレットが主流になりそうな予感。このスマホだけで表計算のエクセルもワードも使える(爆)。

まぁ、先の中華タブレットに衛星GPSとSIMスロットルを備えただけでスグにでもできるので、もうスグ登場するでしょう(爆)。この場合、アンドロイドフォンなのか、ウィンドウズフォンなのか分けワカメな電話機になりますね(あはは)。

安価・高品質でアマゾンで人気のANKERも「良い中国企業」ですが、こういった企業が今後のガジェットの動向を決めて行く。日本がMDが主流の頃にMP3が隆盛していたし、SIMフリー化も中国が先で日本は最近になってこれからやっと始まります。既に電気バイク専用道路まで備えた電気バイク大国、格安ガジェットが溢れ、子供用スマートウオッチ大国である中国の動向を見ると今後の未来の方向性が分かってくる。
※年間20万人が行方不明となる中国では、GPSの付いた子供用スマートウオッチが大人気

そんなことを考えながら、大掃除していたら以前買った7インチ中華ダブレットに眼に止まった。

家の中ではスマホやPCばかり使い、YOTUBE以外の動画もブラウザにクロームを使えばCROMECASTにPCからCAST出来るようになった為、中華タブはあまり使わずに行き場がなくなってTVボードの中でNHK時計となっていたのです。

時計

ただ、バッテリーに問題のある中国製なので、充電しながらアプリ起動は爆発(?)する危険もあり、やはりこのままの運用は怖い。

当初、購入時の計画では使わなくなったら車載化するつもりでいたのですが、ダッシュボード上に設置すると前が見難くなるのと、チョア様が映ると魅入ってしまうというダブルで危険な為にいつしか車載はスマホで済ますようになり、中華タブは忘れ去られた存在となっていた。

「もう一度、車載化するか!」

PC机と椅子と同様、リサイクル・リユースでリストラクチャリン(再構成)です。

今度はダッシュボード上ではなく、2DINのカーステの隙間に100均で買ったブックエンドを差し込んで、両面粘着テープでそれぞれ固定することで車載化した。これだと視線は妨げられず、運転中は目に入らない。赤信号停車時に少し目をやる程度で済む。ただ助手席、後席からはよく見えるようになった。2年前の機種だが、IPS液晶のHD画質で普通のナビ画面よりも遥かに高精彩で綺麗。これにダッシュボード上のホルダーでスマホを設置し、ナビを起動させる。2画面使用の贅沢な仕様となった。

まぁ、本格的にナビとして使用するのなら、3G、衛星付きの格安中華タブレットColorfly G808 3G (クアッドコア 8インチIPS液晶1280×800 3G/GPS/BT/SIMフリー)でも買えばいいのだが、今回はいらなくなったもののリユースが目的なので、ここで余分なものを買う必要もない。

ここで動画主体の再生機とする。デザリングを使って中華タブ側にもTuneinや各種ポッドキャストでラジオのように聞けるようにもできるが、技適認証のない中華タブなのでWifiや青歯の無線はダメで有線でないと違法になるらしい。まぁ、動画だけでOKだし、Tuneinは音だけなのでスマホ接続でも出来る。

「よし、これで行こう!」

画面も車載化に合わせて壁紙も一新。その辺に落ちていた壁紙から車載に相応しいメーターの画像を貰って表示。また、各種ウイジットを使いアイコンを大きくして運転中でも操作し易いように改良もした。

22画面
(見よ、この画質! ナビの液晶はどんだけ安物使ってるのか、、)

ん!!! こ、、、これは、、、

「22を超えてゆけ~」ではないか!



22を超えて23に迫ろうという状況。
23の男・ミルヤタガラス氏の笑い声が聞こえてきそうです。

23.jpg

2016年 愛をちょうだい

今冬は「着る毛布」がパジャマ替わりになってしまったオイラですが、前記事で紹介した「抱ける妹 着る毛布」の販売を密かに心待ちにしている日々です(爆)。

現在の着る毛布は、、、MODERN DECOの迷彩柄ですが、オイラ的には寒冷地用も「シティ迷彩服を着た兵士」、あるいは魔導師の法衣のようでもあるので「灰色と白色の中間のガンダルフ」だなとひとり悦に入っているのだが、、、、このホワイト地の迷彩柄の着る毛布に対してJRからはミシュランのタイヤマン、カミサンからはゴマフアザラシだと揶揄されている(滝涙)。

迷彩 michelin-man.png

これは男女兼用故に肩幅が広く胸板が厚いオイラでは胸がはだけてしまい隙間から冷気が入り込み寒い。しかし、前後反対に着用すればピッタリと収まり、非常に快適ですね。

まぁ、そんな夜間の寒さにもめげずにブログの執筆再開に勤しんでおります。

さてさて、早いものでアマゾン1位のあの余命本の続編が発売されましたね。

その名もズバリ、、、、、

『余命三年時事日記ハンドブック』



今回は在日に関する基礎知識とスヒョン文書...等も含めたもっと辛らつな内容だとか、、、、

少しだけ擁護(反論?)しておけば、韓国側への半導体メモリー事業の技術供与も1人勝ちする日本に対しての米国からの指示であり、90年代にPC向け低価格DRAMの需要増をキャッチアップしたサムスンが大躍進し今の市場トップの地位にある。また前書では韓国側への多数のODAは日本国民の税金から捻出しているが礼の1つもないと書かれていますが、実際には日本国民の税金からがは出ていないでしょう。日本の特別会計を出口に使った簿外資金がホントのところではないでしょうか。そのODAで行われたインフラ事業は日本企業が受注しており、有る意味、日本も潤っている。

まぁ、そのような些細なことは置いておいて、、、、

最近は川崎市の在日の独立宣言とか、北朝鮮ミサイル発射へ制裁措置として地方自治体の朝鮮学校への補助金中止通達とか、、、、半島関係でいろいろと物騒になってきましたが、山口組分裂もあり、在日側もいろいろと追い詰められてきたのでしょう。

こういったことに週間文春は全勢力を賭して取材すれば、評価するのになぁ。。。。ゲス&ベッキーの不倫、ショーンKの学歴詐称とかこの国のマスコミレベルの低下は甚だしい。

在日主体のSEALDsの奥田愛基が「国民ていうのは、あんたのおもちゃじゃないし、あんたのものでもない」と訴えた後、「この国の最高責任者はあなた(安倍首相)じゃない」と叫んで訴えていましたが、法治国家日本ではデモではなく選挙を通じて民意を反映させる仕組みの民主主義国家なのですが、文句があるなら選挙でとなりますが、選挙権がないという点で合点がいく話。まぁ、いちいち取り上げなくてもいいような団体なのに産経や朝日はがっちり取り上げますね~(爆)

以前に記事化しましたが、かつて共産党裏部隊=在日という関係が存在したが、多分、今も何らかの繋がりはあるのでしょう。ただ、共産党も生き残りを賭け、結党後初めて天皇陛下が臨席する国会開会式に出席しており、かつてとは違う動きになってきている。これも山口組分裂と同様、裏の勢力図の変化が表に出てきたからにほかなりません。

4月からスタートする予定だったフジテレビ新番組「ユアタイム~あなたの時間~」のMCをショーンKが自粛降板しましたが、フジテレビ=産経新聞=フジサンケイグループ=韓流推し=共産・民主・在日寄りという図式があり、実際、フジ社長の日枝氏は労組委員長出身で鹿内家から経営を簒奪して今の地位にあるわけで、労組=民主・共産でズバリな関係ですが、現在のフジテレビ凋落も頷ける話ではありますが、この辺の絡みが政権側に近い文春が攻撃→ショーンK降板という舞台裏ではないかと睨んでいる(爆)。

まぁ、あくまで裏読みですが、、、、(あはは)

韓国との関係といえば、消臭力・西川ちゃんとAOAとのコラボ曲『愛をちょうだい』が発表されましたが、これは新しい試みだすな。しかもカーレースというコンセプトは今までの歌謡曲にはなかったので非常に斬新です。



茶髪のチョアさまもステキだす~

で、この日韓コラボ曲の曲名『愛をちょうだい』も実に意味深。

何故、今、韓流アイドルとのコラボ曲なのか?

現在韓国は、米軍軍事兵器の機密情報を中国側にリークしてまで中国になびきながら、実の中国側からはスルーされている(爆)。このことから米軍の新しい軍事システムから疎外され、ターゲットもロックオンできない状態だとか、、、、高価な米国製兵器が殆ど役立たず状態にまで追い込まれているというらしい。ソウル市内の竜山基地から撤収し、南方100KMの海岸基地に移転。これが本当なら完全に北朝鮮侵攻の誘発を狙っているようにも見える。

また、TPP参加にも待ったを掛けられ、AIIBではリスク担当重役を中国に押し付けられ、また国際世論上でも総スカン化され始めたのが韓国。

このように外交上、厳しい状態に陥っている中、4/1にワシントンでパククネと安倍ちゃんは会談を行い「日韓新時代」の前進を確認しているが、この日韓コラボ曲は日本側に「協調」してHELPして欲しいという断末魔の願いが込められているようにも見えますが、果たしてどうでしょうか?

まぁ、オイラはバリバリの嫌韓ではなく、また国粋主義者でもないので、いろんな着地点を考えていますが、北朝鮮、韓国、日本、アメリカ、中国、ロシアを巻き込んで、.今後、この東アジアの火薬庫=半島がどういう形で落ち着くか非常に関心を持って見ています。

伊勢沖地震とショーンK

ちょっと前、イケメン過ぎる経営コンサルタントのショーンK(ホラッチョ川上)氏の学歴詐称問題が3月末にありましたが、これは 「両耳が聞こえないふりをしていた作曲家」の佐村河内守以来の大物の出現(爆)。

このことにオイラの心は揺れ動き、手に汗握る日々でした。

実際、4月1日には伊勢湾沖でも揺れましたけどね(滝汗)。

ただ当地では震度2程度でしたが、波動に疎いオイラは相変わらず何も感じなかった(あはは)

今回の地震、3.11同様のプレート型の長周期地震だったそうで、今後起きる東南海大地震の予震という見方もあります。例によって地球号があの海域を調査の為にウロチョロしていたというが、オイラは3.11地震は海底地殻切削孔の上部に付けた爆薬をリモートで3箇所同時起爆させ、切削孔内の海水をプレート境界部に一気に押し込んで、プレート境界部の高熱高圧で水爆を起こさせるという原始的な方法で人工地震を起こしたのだろうと睨んでいますが、今回のも同様の地震だと睨む。

5月に志摩でサミットがある為、今回の件で官邸筋はきっと冷や汗を流しているでしょう。

オイラが開かずの間のダンシャリを始め、いままで溜め込んでしまった「捨てられなかった過去の遺物」の処分を始めたのが3月末。今回はありとあらゆる膿を出し切り処分する覚悟。使えるものは改良を施しリユースしていますが、有る意味、オイラん家の三千世界の建て直し。

処分完了したら、嬉し嬉しの弥勒の世の開始です(爆)。

う~む、今回の地震は何かシンクロしていそうで不気味だす~ぅ。

さてさて、話は戻りますが、ショーンKは年商30億のコンサルタント事務所の経営者、テンプル大卒、ハーバード大でMBA取得、そして数々のCMに起用される程の低い美声ボイス、極めつけはハーフ顔のイケメン、、、、

これが本当だったのなら、、、、

まさに、、、パーフェクトヒューマン!!


(オリラジもお笑い芸人なのにミュージシャン顔負けというギャップがいい)

しかし、実態は熊本出身の本名・川上信一郎で生粋の日本人。ハーフ顔も整形疑惑が持たれている。

だけど、彼は潔いし憎めないし、オイラは好きですね~
どこかのマックの女社長のように悪あがきもなく、潔く自粛している点など、経営コンサルタントとしてしっかりリスク管理がしできていますね。

ノーパンシャブシャブの東大卒官僚よかいいではないですか!
ホリエモン同様、実力はあるので早々の復帰を望んでます。

で、このショーンKはなんちゅーかチプカシのようにも見える(爆)。

  

性能はダントツ、見た目もいい。
でも、実は超絶安い(庶民的)。

このギャップがたまらないwww
ショーンKをオイラのコレクションに是非加えたいところだす。

にしても週間文春は飛ばすなぁ、、、、やり手編集長のお陰という話だが、ただ対象がTPP報復的な甘利大臣の賄賂話もあるが、ゲス&ベッキーの不倫、ショーンKの経歴詐称というように立場が弱いタレントのどうでもいいような話を狙っており、確かに話題にはなり発行部数も伸びるが、強大な権力や悪に俄然と立ち向かうという本来のマスコミ的姿勢が全く感じられず、高尚な雑誌からタブロイド誌並みの下劣な雑誌に成り下がり、獣のような性来になってしまった。

まぁ、この文春ビーストモード化もネット隆盛による広告量の激減という背景もあるわけだが、、、、

神世のひみつと知らしてあるが
いよいよとなりたら地震雷ばかりでないぞ
臣民アフンとして、これは何とした事ぞと
口開いたままどうする事も出来んことになるのぞ
四つん這いになりて着る物もなく
這い回る人と、空飛ぶような人と、ハッキリ分かりてくるぞ

は獣の性来いよいよ出すのぞ
火と水の災難がどんなに恐ろしいか
今度は大なり小なり知らさなならんことになりたぞ
一時は天も地もまぜまぜにするのざから
人一人も生きてはおれんのざぞ
それが済んでから、身魂みがけた臣民ばかり
神が拾い上げて弥勒の世の臣民とするのぞ
どこへ逃げても逃げどころないと申してあろうがな


マッチポンプ予言の機は熟しつつあるように感じる。