中つ国大騒動か?

3.24にあのリチャコシが「豊葦原中つ国」(豊橋)に来るのだという。

■2012.3.24(土)RK豊橋講演会のお知らせ
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_105.html

いったい、何しに来るだすか~~っ!!!
こんな田舎の中堅都市に来ること自体、怪しいだす~っ。
「そよ風邪」さんたちが来たら大変だす~っ。

もしや、、、石巻山頂で「コマネチ神業」でもする気だすかぁ~~っ!!!

コマネチ(CME)神業だけは、、、、

やらせはせん!
やらせはせん!

(既に死語となってしまったが、、、、合掌)

まぁ、オイラは昨今起きている地震が地震兵器によるという「人工地震説」とは距離を置いている点と、オカルト系(隠された叡智)やスピリチュアル系を標榜するオイラの主義とリチャコシ主張は合わない部分も多いので、当日の講演会は参加せず動画視聴に留まると思いますが、いったい何をテーマに講演するのでしょうか?非常に気になるところです。今のところ、その公演テーマは明かされていない。
※註 リチャコシの統○や創○の分析はある程度正しいがまだ浅い。その上層部を米国CIAと単純に結び付け過ぎ。実際はもっと複雑で、藤原氏(閨閥)の関与を抜きに日本の社会構造の真相を語ることは出来ない。

ま、まさか、、、徐福とか(爆)。

豊橋に関しては、辻麻里子女史の本『22を超えて行け!』で集合意識22から宇宙意識23への遷移を促していますが、これは国道23号線(伊勢~豊橋)が暗喩しているかもしれない。つなり、現在の神社神道の表の頂点であり、日本臣民の象徴ともいえる「伊勢」は集合意識を暗喩しているが、これは日本のピラミッド社会の象徴でもある「富士」と並んで「22」の数字が妥当なのです。逆に「神のはじめの神」が座す本宮山(方丈山)、大神神社の奥宮の石巻山(えい州山)、不老不死伝説の鳳来寺山(蓬莱山)という東海三神山を周辺に配する豊橋はそれを超えた「23」が妥当であり、その信仰中心が三川へ移ることが国道23号には暗喩が折り込まれている?(ニタリ)
※註 伊勢は「太一」で表されますが、1という「太一」へ到るのが23の地であり、「不二の仕組」「鳴門の仕組」発動の地であることを示しているのかもしれない。この地でのサンドイッチ!!!がコマネチ神業なのだすが、これで「123(ひふみ)」となるのです。


22を超えてゆけ―宇宙図書館(アカシック・レコード)をめぐる大冒険22を超えてゆけ―宇宙図書館(アカシック・レコード)をめぐる大冒険
(2003/11)
辻 麻里子

商品詳細を見る


う~む、リチャコシどんの講演会は22も23も超えた24にやるだすか~(爆)

東三河には最近話題の中央構造線上にある人気のパワスポ・百間滝もあるし、翌日のハイキングには相応しいかもしれんだすな。夜は石巻山の夏目別館に泊まって「コマネチ!」のコマネチ神業を、、、い、いや、やらせはせんだす~っ!

そういえば、今、世界各地のピラミッドから謎のエネルギーの柱が上がっているという話があり、もしかしたら、もしかして、「人工ピラミッド」疑惑のある石巻山からもエネルギーの柱が上がるかもしれないだす~~っ。

■世界中のピラミッドから謎のエネルギー・ビームが飛び出た!?:何かの始まりか?
http://quasimoto.exblog.jp/17281237/

石巻山01
(コマネチ神業の舞台・石巻山、下から来るエネルギーが股間を直撃!)

ただ、上記のような内容はオカルト嫌いのリチャコシどんからは絶対聞けない話ではあるが、、、(爆)、さてさて、どんなテーマをドヤ顔で語るのか楽しみではある。
※註 何せ明日どうなるか自体が全く不明な昨今なので、講演会は幾分先であり、テーマはその時分にあったものだろうとは思うが、、、

ただ、オイラは行かないが、、、
スポンサーサイト

波動砲発射!!!

昨日深夜にはイタリア北部で震度4の地震がありましたが、あまり地震のないイタリアにしては2日連続の大きな地震はさぞビックリでしょう。耐震建築をしていない古い建物が多いので、被害はどんな感じなのでしょうか? 今、欧州では不気味な地鳴りがしているといいますが、この地震、実は欧州崩壊の序章に過ぎないのかもしれない。

*************************************************
大きくて普通ではない音が空から聞こえているかのような、正体不明の出来事に関する報告が、2011年の晩春ないし初夏あたりから、YouTubeに頻繁に出回るようになっている。この地図は、事象の発生した場所と、YouTubeの該当レポートへのリンクを示している。場所は、レポート投稿者による情報を元にしている。

欧州地鳴りマップ

■奇怪な音が聞こえた地域の地図
http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993580
*************************************************

4月には引退する現ローマ法王(ダース・シディアス卿)ですが、すんなりと後継者にバトンタッチできるのでしょうか? はたまた「聖マラキの歴代教皇に関する予言」が述べる通り、現教皇が「人」として最後の教皇になるのかもしれません。ってか、ワダスは後者の方を確信しています。

さて本題はここからです。イタリア地震速報をツイィターで目にしていた時に「おや?」と思ったのが、「山梨で地震がある」というツイでした。時間にして深夜1時頃でしょうか。「何で山梨なんだろ?」という感じで眺めていて、リツイしたい衝動に駆られたのですが、25日のデマの二の舞になるのを恐れ、リツイは止めた。
※註 地震ツイ大杉で、ツイが判らなくなってしまった。フォローしておけばよかった、、、

で、今朝、起きてニュースでビックリだっただす~。

山梨で震度5弱の地震!!!

ここ昨日今日、宮城・福島近辺、千葉・茨城近辺で地震が頻発してますが、山梨にも飛び火だすかぁ~。ネット界を震撼させた25日に東海大地震という「友達予言」は洞察通り起きませんでしたが、ここ数日の地震の多発は、皆が保持し熟成させた恐怖想念が25日を過ぎたことでリリースされ、物質界に顕現化してきたのかもしれません。

「地震は忘れた頃にやってくる」

この言葉の真の理由は、想念のリリースにあると睨んでいるが、、、、どうでしょう。

今、福井~岐阜エリアが地震発生可能性リスク高い筆頭という情報が流れていますが、この図を見る限り、日本を分断する横一直線のラインがあります。これは東北大震災が日本劣等が日本海溝側にズズーっと引っ張られてしまっている為に起きている歪なのでしょう。ですから、山梨で地震が起きたということも推測が成り立つ。千葉・茨城沖→山梨→福井・岐阜エリアという歪の伝播から、次は福井というのも強(あなが)ち的外れな予測ではない。

■日本の地震リスク
https://twitter.com/earthquakejapan
■日本の地震リスク(図表)
http://www.quakeprediction.com/Earthquake%20Forecast%20Japan.html

でも、なんかねぇ~、福島、山梨、福井という地名が挙がる点は、モロに「サクラコード」(日本三大桜の所在地に使徒【災害】が襲って来る)そのままだすな。しかも、福井と福島は共に「福」という名があり、更に西東の原発銀座という位置付けでもあり、福井と福島は富士山(フォッサマグナの象徴)を挟んで電子でいうところの「クーパー対」の関係になっていると睨む。「クーパー対」は自然とバランスを取るように同様な状態に遷移していくのだが、同様な振る舞いが日本列島にも起きるかどうかは分からない。
※註 更に福井は、邪馬台国と倭国の大乱で内戦した毛野国・の縄文人(アイヌ)が魏の調停の元、邪馬台国と大陸との交易地を押さえる為に、毛野国(群馬)やから移動して来たところですが、この縄文人が初期大王家を半島から招聘し、現在の天皇制につながる。日月神示の神はアイヌの怨霊だとも呼ばれますが、現在の神社神道の神とは全く系統の異なる封印された古代神ですが、福島や福井の使徒来襲で復活を遂げるのだろうか?

まぁ、そんな中28日3:03には、Xクラス(X1.8)の太陽フレア爆発がありましたが、今回は23日のMクラスとは違い大規模なXクラスです。しかも放出されるCMEのプロトン粒子は前回は超濃かったので、今回も超濃いだろうというのは推測可能です。う~む、まるでプロトン粒子砲か波動砲のようだす。再び都内でドコモの通信障害は起きるのだろうか?

さてさて、日本や地球はどうなってしまうのでしょうか?
全く目が離せない週末です。

25日地震 ファイナルアンサー

とうとう来ただす~ 25日!!!
ただ、被害は大停電だけなので、実は、大したことはない(笑)。

まぁ、結論から言えば、この予言もハズレだすな。

(根拠)
1)予知夢を見たのが、いつの間にか「友人→自分」
2)夢見は必ず情報が歪む
3)24日の東海地方にそれらしき予兆(宏観現象)が無い
4)うちのハムスター「みるく」は元気一杯(爆)


実際、予兆が何も感じられないことにはなぁ、、、

特に2)は重要です。

いつもとは異なる明確な夢を見たといいますが、これは「明晰夢」。リダンツ中の覚醒状態と同じです。このリダンツ中の認識は不思議なもので、トランプの数字が逆に見えるとか、事象が歪んだ状態で認識されます。ですから、「東海大地震」や「25日」をそのままの解釈では駄目だと思う。一捻りが必要というわけです。

今回、プロトンイベント、鯨の座礁、東原亜希デスワード....等から、近々に何かあるというフラグは立ちまくっていますが、1/23(震度5)や1/24(震度3)に起きた福島沖地震を3/9の起きた予震と同様なものと捉え、日月神示の「二度ある仕組み」や東原亜希の「またくるよ」というデスワードから考え至る結論は、、、

東海 → 倒壊 (あるいは、1字違いの東北)

つまり、福島原発4号機燃料貯蔵プールの「倒壊」を引き起こす地震を、夢は意味しているかもしれない。コレが起きたら、ネット界の変人=現代のドンキホーテ・倒壊アマ氏が吼えまくりそうな内容です。まぁ、実際にワダスが見た夢ではないので、これ以上の洞察は出来ませんが、、、、

現在、一番プレートにが大きく残っているのは、未だアウターライド地震が起きていない「東北」であることは間違いないのです。その歪が解消しないことには、他のプレートの歪解消は起き得ない。あったとしても地震粘着域以外での発生で震度5程度までだろう。このプレート修正の動きがあった次こそが、東海地震や相模地震が起きるのではないかと考えている。

霊能力実証実績のある「おかまの霊能力者」の予言内容とも矛盾するしw
※注 夏の終わりのようなギラツク太陽の元、東京閑散化の後に「小さい島」と「中央の山の中」で地震が予言内容。これをワダスは、キラツク太陽→プロトンイベント中、4号機燃料プール地震で倒壊→関東圏のパニック的避難→東京閑散化、地震は相模湾の江ノ島と九頭竜(あるいは富士山?)だと推測しているが、、、

■行ってきますた、オカマの霊能者んとこ ご報告の巻 
http://sydneyochin.blog65.fc2.com/blog-entry-43.html

今、かなりの空白期間をおいて、福島沖は再び動きが出始めて来ているが、未だ行徳香取データの収束はないので、時期的には25日は早過ぎで、もう少し先だろうと睨んでいる。

今回、プロトンイベントの始まりでCME(コロナ質量放射)が多く地球に降り注ぎますが、この影響で地殻プレートが動き易くなるのではないかと睨んでいる。この真の原因がケムトレイルとHAARP。ただ、HAARPが地震兵器だというのではなく、CMEによる電力グリッド(送電線)の焼き付き防止の為に上空に弱い電磁気を帯びたバリア層を形成し、降り注ぐプロトンを跳ね返していると洞察していますが、この時、誘電効果によって地殻プレート側に何らかの電磁的な影響(例えばリニアモーターカーが動くような現象)を与えるのではないかと睨んでいる。

これが地殻プレートが動く理由であり、北大エコー理論で地震前にFM波が遠くまで聞こえる現象の理由なのかもしれない。また、上田博士の「地震総合フロンティア計画」の実現を途中から横槍を入れて潰したという東大ゲラー博士の暴挙もケムトレイル&HAARPの秘密を守る為ではないかと睨んでいる。

まぁ、エビデンス(証拠)は何もないが、、、、(汗)

サンドイッチ!!!

1月22日 5:53にサウスサンドイッチ諸島でM6級の強い地震がありましたね。サンドイッチ諸島とは、南大西洋のフォークランド諸島の1000km東にあるサウスジョージア島の南に弧を描くように位置する8つからなるイギリス領の無人島ですが、1775年、クック船長によって発見されサントイッチ伯爵に因んで名付けられた。

■Green earthquake alert (6.2M,depth:33.4km) in South Georgia and the South Sandwich Is
http://www.newsroomamerica.com/story/209618.html

う~む、KARAの「サンドイッチ!!!」の記事を書いてスグの地震だすかぁ~

これは単なる偶然なのか?
い、いやいや、このシンクロにはきっと何かある(キラリ-ン)

サンドイッチ諸島には、アデリー、ヒゲ、ジェンツー、マカロニペンギンらが生息し、その巨大コロニーがあることでもよく知られています。

うっ、、、ペンギン

そういやぁ~ KARAの『Jetcoaster love』はペンギンダンスだったな、、、

ペンギンダンス2

これは、今後、ジェットコースター的展開があることの暗喩なのか? それとも、歌詞にあるように「どうなるの 危ないスリル ハラハラ どっち 切ないよ」という事態が起きてくることの暗喩なのか?(汗)

しっかし、相変わらずスンヨンは可愛いw

そんなシンクロを味わい余韻に浸っていたのですが、実は、今、太陽が何か変だという。

確かに、今日1月23日12:37には、M8.8クラスの中規模フレア爆発が発生し、CME(コロナ質量放出)でプロトン粒子が大量に地球へ飛来する。ただ、M8クラス以前にあったX2クラスの大規模フレア爆発よりも規模が小さいのですが、地球面に向かっていることや放出するプロトン粒子が多いので、日本でも1/24~25日にかけてオーロラが見られるかもと云われています。

ど~も「プロトンイベント」に突入したようです。

今日はデリンジャー現象が起きたからかもしれませんが、携帯がつながり難くなったといいます。CMEが到達する24~25日には、いったいどのぐらいの影響が出るでしょうか? そういえば、日曜の1/22昼には空に大量のケムトレイルを目撃しましたが、HAARPもかなり大きな出力を記録したといいます。やはり、睨んでいる通りCMEとケムトレイルとHAARPの間には密接な関係がある。
※註 ヤッズ★の洞察はCMEでの電力クリッド焼付きを防いでいる。

この状況3.11の前とソックリです。。。(滝汗)

さらに追い討ちを掛けるように、東原亜希のデスブログでは、子供がワイパーの行きつ戻りつする様子を笑いながら眺めながら、「またくるよ」と笑い転げている様子を書いていますが、今、ネットではこの言葉で阿鼻叫喚の渦中にある(超滝汗)。

これは東原亜希流の「プリバッコ~~ン!」
(Put it back on! さぁ、もう一度いくわよ!)

1/7にNZで70頭のクジラが座礁したといいますが、年初には東京湾や相模湾でもクジラの死骸が漂着したという。今、何かしら太平洋プレートで磁気異常が起きていることは間違いない。先日の焼津のサメも同じ理由でしょう。

■小田原の海岸でクジラの死骸見つかる(2012/1/2)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1201020008/
■ニュージーランドでクジラ70頭座礁(2012/1/7)
http://tvnz.co.nz/national-news/pilot-whales-strand-in-nelson-4677450
■東京港にクジラの死骸(2012/1/9)
http://www.jiji.com/jc/p_archives?rel=j7&id=20120110124403-1952549

そんなことを考えながら、食事を終えた後のウォーキングをしていた頃に福島沖で震度5弱(20時45分 M5.1)の地震があった。津波もなく揺れも大きくは無かったが、強度低下中の4号機プールはどうなのでしょうか? 今のところ、「大丈夫だぁ~」という話しか流れていませんが、、、東電は隠蔽するから信用できん。

う~ん、ネガがメジロ押しだす。

これもきっとドジョウ内閣が悪いんだな。
ドジョウじゃ役不足。
やはり地震を抑えるにはナマズ、、、秋篠宮の出番だな!

上記のことから、ここ数日は要注意なのは間違いないですが、各種シンクロ具合から見てかなり「近しさの法則」が発動しているとみる。ひょっとして、ひょっとしたら、、、、

「サンドイッチ!!!」

例の25日発生する東海地震の予言、意外と現実化したり、、、(汗)
※註 まぁ、以前10月にもこのような予兆はあったが、その時は何も無かった。さて今回はどうなる? まぁ、25日発生や東海地震とは限らないが、、、

果たして、来週、東海地震は起きるのか?

前々回の記事で、東海アマではない「尼の予言」を紹介しましたが、ここに来て何か臭うような展開になってきている。

**************************************************
本日(※1/19)、サメが大漁です。
異常なくらい大漁です。
43匹釣れました!

しかしっ!!!
... 過去三回、こんな時の数日後は………

09年8月11日 駿河湾沖地震 震度6弱 的中
11年3月11日 東北大震災 震度7 的中
11年7月?日 駿河湾沖地震 震度5的中

必ず大きな地震の前にはサメが大漁………
まぁ個人的経験ですけどね!
信じるか信じないかは貴方しだいです!!!


■法政大学院 政策創造研究科 坂本光司研究室
http://yaplog.jp/sakamoto/archive/2808

※註 カッコ内の月日はヤッズ★が追記
**************************************************

このソース元は焼津の深海魚専門漁師さんだそうですが、ヤッズ★もびっくりな焼津の漁師さんの情報です。しかし、この名称のシンクロ(爆)は「やはり来る!!!」という暗喩なのだろうか!? 今回はクジラの座礁は無かったので、マジになるかどうかは判らんですが、25日に東海地震が来るという予知夢を見たという友人の話が掲示板に載っています。

内容を概略すると、九州の家でTVを見ている時に「1月25日に起きた東海大地震の影響で未だに大規模な停電が起きています・・・(ニュースの地図では中部と関東を中心に停電が起きている)」というニュースが流れたというもので、これが何年の1月25日を指しているかは分からないが、いつも数日後の夢を見ていることから今年だと思われるとのことです。3.11の時にも同様な内容のニュースを見たという。(2012/01/22 00:38:56 スレ起こし)

尼の予言(1月24日3時15分発生)とは時間も場所も違いますが、どうなんでしょうか? なかなか面白い探究データとなりそうです。3.11についても後出しは可能ですので、情報提供者の性格や素顔が分からないネット情報、しかもあやふやな予知夢では信を置くにも限度があります。まぁ、ネットでは過去にも「妹の予言」「コテ造予言」「伊勢女の予言」...等、香ばしい予言がキラ星の如く存在しましたが、今回はどうでしょうか? 日時的に上記のサメ大量捕獲の情報をヒントに発した捏造情報とだという疑惑は拭えませんが、、、、
※註 東海アマ氏が指摘する香取行徳データの収束もないし、空に地震雲も見られないことから、今のところ、安泰ではないかと睨んでいるだすが、、、、

しかも、「死と再生の儀式」(紅白)を終えたばかりでもあることに加え、自分の周囲で起きたことでは、何故か今年は年賀状を書く気になれずに未だ放置プレイ中であるとか、、、2年近く放置中だったツイィターをある切っ掛け(ある美人しゃんに誘われたw)で昨日から再び始めたりとか、、、何かしらの変化があるにはあるのです。

これでやっと懸賞で家族3人に1人1台ずつ当たった「折り畳み自転車」の出番となるかぁ~~!? うっ、家族3人に1人1台...311...もしかして「3.11」は既にあの時、暗喩されていたかもしれんだす(滝汗)。まぁ、こじ付けっぽい後出しではあるが、、、、

ただ、そうは云うものの「外界=内面」と考える「変換人ゲシュタルト」からは、予言は脚光を浴びると感情想念層(アストラル界)に粘着固定され、それ以上、粗雑な世界(物質世界)には降下してこれなくなり成就(現実化)しないものだと睨んでいますので、成就させない為には、ここは全世界向けて拡散だすなw

もう3.11から1年近くになろうとしており、暫くの間、地震対策を怠っていて、食料品は食べ尽くすわ、、、買ったものは再び高いところに置くわ、、、とあまりいい状況ではない(汗)。東海地震はいつかは必ずやってくる筈で準備は怠ってはならないことには変わりなく、こういう情報で自分に鞭打って見直しするにはちょうどいい機会じゃないかと捉えているだす。

ピラミッドからドーナツへ

最近の記事でドーナツのことばかり書いていたら、何故かカミサンが名古屋に友人たちと遊びに行った際、土産に持って帰ってきたのがJR高島屋で買った「マイセンのカツサンド」と「クリスピー・クリーム・ドーナツのクリーミーチーズドーナツ」だっただす。クリスピー・クリーム・ドーナツは、、、、

「ミスドよりオサレだす~」

■クリスピー・クリーム・ドーナツ
http://krispykreme.jp/index.html

このシンクロ、、、、やはり未来はドーナツ構造で決まりだすな(爆)。

マイセンのカツサンドはKARAの超オススメだったので、食べたい衝動に駆られたわけですが(爆)、最初は「ドイツ系の店のカツサンド?」という風に受取っていた。調べてみたところ、東京の「まい泉」という店のカツサンドで名古屋駅前のJR高島屋の地下にもあるとのことで、名古屋帰りに買って来てもらうことを頼んだのです。小さな箱に個別パックされ入っているのですが、最初「これだけ?」という感じに見える程ぬ少ない。だだし、食べてみるとヒレカツがデカく身ががぎっしりなので結構満腹になる。肉も超柔らかく、KARAが病みつきになるのも判るってもんです。

ただ、名古屋には矢場とんカツサンドがあるだす~。KARAには4月の名古屋コンンサート来名時には是非食してもらいたいものだす。

矢場とんカツサンド
(残念だが、味噌カツ味ではない、、、)

さてさて、ここでピラミッド構造がどのようにして嬉し嬉しの「ミロクの世」のドーナツ構造へ移行していくかを洞察していこうと思います。ピラミッド構造の特徴は最上部に頂点があることですが、現世ではここは「シークレット・ガバメント」だとも云われています。

具体的にはマスコミ、多国籍企業...等を「金融」でコントロールする国際金融資本が表の顔の頂点として君臨しているが、それ以外にも各種宗教団体、オカルト組織、赤十字やWHOなどの国際慈善団体が別系統のコントロール下にある。それらを束ねる権力中枢がテンプル騎士団、欧米王侯貴族を擁するバチカン(特にイエスズ会)だという認識です。西洋王室はバチカンお墨付きの神権を与え(王権神授説)ることで、欧州を分割統治するエージェント頭としているのです。実は、これは日本の天皇と武家が開く幕府と同じ構造で、武家の幕府は征夷大将軍という役職を得ることで速やかに混乱なく政治的実権を握り「国王」となることが出来る。ただ武力生成王朝よりも宗教的権威の方が永続性がある為、最終的には権威>>>権力となり、バチカンや天皇制の方が上位に位置することがわかりますよね。
※註 「王権授受」するのがエンリルであり、今はエンリル優勢の時なのかもしれない。

この社会構造の頂点が天変地異や放射線汚染による経済破壊、あるいは宇宙人(異次元人)の来訪による地球型文明からの決別・移行によってかは判りませんが、この頂点を支える支持力が無くなり、プチンと弾けて無くなってしまうことで、「金融」の采配権という水道の蛇口を持つだけの者たちはガランと地に落ちていく。これはまるで富士山が山体噴火して元の秀麗なピラミッド型からカルデラになるようなもので、日月神示に予言されている富士山噴火とは、ドーナツ型社会到来をも暗喩しているのかもしれない。
※註 現在、NWO推進により頂点側への収奪強化(鋭俊化)によりピラミッド下部は弱体化しており、上記変動が起こった場合、ピラミッド上部を支え切れなくなっています。

カルデラ
(カルデラはドーナツ型)

霊的(=脳内世界)に見るならば、かつて徐福を大陸から呼び寄せたのは山麓に不老不死の薬草が生え、カルデラ湖を持つ3000m級の噴煙たなびく火山だった蓬莱山(現・鳳来寺山)ですが、この姿が現世に再現されると睨んでいます。つまり、富士山噴火とは、てんし様誕生だけでなく、半霊半物質化した不老不死の世界、嬉し嬉しのドーナツ型社会構造である「ミロクの世」が暗喩的に象徴表現されていると睨む。

そういえば、KARAのマンネ(末っ子)のジヨンは、韓国の深夜番組で「しゃべくり007」出演時にホリケンのしていた「サンドイッチ!!!」という日本の化石的ギャクを覚えて披露していましたが、まさに、これこそが「上から下からど~ぞ!」のMチックな火と水による「火水(かみ)」の「サンドイッチ!!!」攻撃であり、これによりドーナツ化現象は引き起こされるのです。奇しくも昨年末の「死と再生の儀式」(紅白歌合戦)でもこのシンボルは、赤い▼白い▲の頂点が向かい合う形でステージ上でたくさん使われていましたね。

■ジヨンが披露した「サンドイッチ!!!」ギャグ (10:40頃)
http://youtu.be/sDW_ZHdAKWM

この2つのものが合さる「サンドイッチ!!!」で「別のもの」になるというのが「富士(不二)の仕組み」なのですが、トンカツがパンに挟まって全く別物の「カツサンド」になるのと似ている(笑)。この上下からの衝動により社会のピラミッド的構造がドーナツ的構造へと一瞬で変化するのです。日月神示ではもっと大きな話があって、「太陽の神」と「月の神」が合さって1つの神「大日月大神」になると述べているが、これが「富士(不二)の仕組み」の究極形であり、石巻山でするコマネチ神業はこの火水(かみ)のする「サンドイッチ!!!」で地を表出させるという雛形神業なのです(爆)。

豊橋
(豊橋市の市章、、、まさに上と下からの「サンドイッチ!!!」)

これにより表出されるのは、かつて東三川の豊橋にあったフツの神(徐福)が治めた日本の古名でもある「豊葦原瑞穂国中津国」(ミドルアース)ではないだろうか、、、ミドルアースとは文字通り「地球の内部」であり、これは地底王国アガルタの暗喩にもなっているのかもしれない。
※註 初期大王家(カド族)、またそれに続く後期大王家(エフライム族)の招聘渡来により、日本の社会構造は三輪型のドーナツ構造から大王を権力中枢とするピラミッド構造へと変質していった。その時と同じくして、カルデラ湖を持つ蓬莱山(不二山)は崩落し、逆に活動激しい浅間山はピラミッド型の富士山へと変貌していったのです。不二山の形態が日本の構想そのものを示しているのです。

そういえば、アニメ『NARUTO』でも万華鏡写輪眼を開眼すると、原発燃料棒と同じように決して消せない黒炎の「天照」と、政府の「安心・安全」デマを彷彿とさせる空間幻術「月読」が発動出来るようになるのですが、後に、その両眼の術を使った合わせ技「スサノオ」という最強瞳術を発動できると描かれています。でもこのスサノオ、あまり発動すると失明してしまい暗黒世界に堕ち込んでしまうのです。
※註 この失明を避ける方法が、他の万華鏡写輪眼保有者の眼を移植して開眼する「永遠の万華鏡写輪眼」ですが、これは99.89%までイシヤの仕組みが進みあと1厘で完成というところで、グレンとひっくり変わり別のものに変わっていくという日月神示の話にも関連していると睨む。

天照(太陽)と月読(月)の一体化がスサノオ、、、、

ここからスサノオとは「地球」のことでしょう。太陽やその反射体である月を必要とせず、地球だけで全てが事足り構成される世界、、、これが「ミロクの世」であり、その中心には霊光であるセントラルサンが輝いているのではないでしょうか! つまり「スサノオ」の発動とは、現世が地底王国「アガルタ」化することではないだろうか!?

この世界変質の時、太陽は黒くなり輝きを失い、黒い大地と溶け合った漆黒世界になってしまうが、そこを通り過ぎると12個の惑星を従えた太陽系や物質の電子構造が異なる「新しき世界(ニューワールド)」が明けてくるのだという。この現象はオコツトも指摘していますが、「暗黒の3日間」と言われる時ですね。これはキリスト磔刑の3日後の蘇りでも暗喩されている出来事ですが、この「死と再生の儀式」が」が人類の上に覆い掛かってくるのです。そして、開示される世界とは「八方的地上」から「十方的地上」へ変質した世界であり、何がどうなっているか、何が飛び出してくるか現在の世界認識感覚では皆目検討が付かない世界なのですが、オコツトの言葉を借りて云えば、これは「人が生きながら霊界に入ること」なのだという。
※註 ワダスが思うに付加される2方向とはスピンではないかと思うのだすが、、、、あるいは過去・未来という時間かな、、、、霊界ならば時間軸移動も簡単だすな。

これが日月神がいうビックリ箱です。

この闇を明けた新世界(ニューワールド)が「ミロクの世」ですが、数霊では「火=五」、「水=六」にさらに「・」の一霊が加った「地=七」の3つで「火水地=日月地=五六七」として表される。ミロクが「釈迦入滅後、五六億七千万年後に下誕」といわれ「五六七」と称される所以です。つまり、ミロクの世とは、地下に鎮まっていた蔵王権現=国常立尊=艮の金神=スサノオ=牛神ヴェルナ=蚩尤(しゆう)=エンキ=ルシファーが、九尾妖狐...等の悪神で形容される体主霊従エネルギーと融合し、スサノオとして地上に顕現する世界なのでしょう。

7名構成だった新生スマイレージは、前田ゆかりんが卒業して2012年から は「7→6」の6名構成になったばかりですが、これが更に1名減り5名構成になった時が「765」の時であり、実は、これはミロク世界「567」へ至るカウントダウンでもあると睨んでいる。
※註 それにしても、「プリーズ・ミニスカ・ポストウーマン」時の前田ゆかりんは前カノにそっくりだなぁ、、、正に生き写し。血液型も一緒だす。そういう点でもスマイレージには期待大だったのですが、、、、卒業(芸能界引退)でもう見れなくなるのは超残念だす。多分、次の卒業者はハリポタの大ファンで「動物と超音波で話せ」、趣味が「流れ星さがし」の不思議少女「和田あやちょ」ではないかと密かに予想しているだすが、、、、

スマイレージの名はスマイルとマイレージの不二不二の合成語(サンドイッチ!!!語)であり、オリジナル・スマイルの蔵王権現が司る世界「ミロクの世」へ至るマイレージだった。で、ワダスが見るところ、現在、もう随分とスマイレージは貯まってきていると見ているだす。

卒業(物質界引退)はもうすぐだす~

ドーナツ食いながら待っていてくれだす~。

Zaoudou_Chuson.jpg Zaoudou_Chuson.jpg Zaoudou_Chuson.jpg
Zaoudou_Chuson.jpg Zaoudou_Chuson.jpg Zaoudou_Chuson.jpg
(スマイレージはいっぱい貯まっただすか? ふぉぉぉぉ)

尼の予言

1月24日午前3時51分に関東で地震が起きるという「尼の予言」がある。

東海アマさんの予言か?
まぁ、アマ氏は毎日毎時予言してますが、コレはどうも違うようです。

**************************************************
■尼の予言
おちんさん はじめまして&あけましておめでとうございます。おちんさんのブログ読んでると元気が湧いてきます。ありがとうございます。今日の私のコメントはあまり嬉しくないコメントでごめんなんしょ。

私には尼(霊能者)になった高校の同級生がいます。私らはおちんさんよりすこ~しばかり妹です。彼女とは年賀状だけの付き合いになってました。その彼女から7月に平成24年1月24日に東京にM6~7の地震がくるから皆におせ~てという手紙をもらいますた。当時は日本のネットでは伊勢女さんとかコテ造くんという予知夢を視たという方たちが夏に津波といっていたので油断して津波被害にあう人がいると悪いので1カ月前になったらいろんな方のブログのコメント欄や掲示板に書き込もうと思いそしてその時がきてしまいました。先日彼女から時間もわかったと℡がありました。それが平成24年1月24日午前3時51分だそうです。

私「今まではずれたことないの?」同級生なもんで失礼なことも平気で聞きます
尼「時間まで分かった時ははずれたことはないね」
私「東日本大震災は分からんかったん?」
尼「2月にわかったから宮城の信者さんには3月に地震と津波がくるとおしえたよ。関係のある人にはおしえているもの。阪神淡路のときも雲仙普賢岳のときも関係者には知らせたよ。
同級生の○○さん覚えてる?彼女東京だから備蓄するように伝えてるのライフラインがずたずたになるからね」

ということはこのまま何もしないと私の身内か友達の身が危ない?ちなみに私は今京都に住んどります。
確か以前阪神淡路のときも3日くらい前に時間もわかったといっていた。事後報告なのでふ~んと聞き流したけど灯台下暗しだった?

私「震源地どこ?姪が足立区だったかに住んでるんだけどぉ」
尼「わからないけど、板橋区の犠牲者(被災者と言ったかも)が一番多いね。耐震でない家に住んでる人はその時間に公園とか避難所に指定されてるようなところにいればいいね」

その後東京区部の人口をみたら板橋より地盤がもろくて多くの被害者が予想されてる江東区の人口の方が多いのです。これって海洋型でなくて直下型?

私「若狭湾の原発が気になるんだけど。あと娘が九州の大学を受けるなんていいだしてるし」
尼「今のところそっちのお知らせはないね。それより7月に富士山噴火するかも」

私「視えたり聴こえたりするの?」
尼「修業でテレビを視るときみたいに視えるようになったの。」

おちんさんの息子さんもお身内も関東ですよね。おちんさんにはたくさんのサイキックのお知り合いがいるしご自分でも体脱なさるんで余計なお世話かもしれんですが私もおせっかいおばさんでして、でもただの狼おばさんになってしもても今後とも仲良くしておくんなんしょ。 
01/05 14:11 By:みーこ URL

**************************************************

シドニーおちんさん宛てのコメだっただすか~

まぁ、12月~1月には北大教授の地震エコー測定からM9クラスの地震発生警告もあり、この日も発生可能性が高い時期ではあります。ただ、未だ日時指定して当たった予言は見た事ないないので、これは「どうかなぁ~」という感じもしますが、「ここまで明確にいう予言も珍しい」のです。もし、1日前の1月23日に地震だった場合、どう説明が付けるのか?といらぬ心配までしてしまう。ですから、この予言、非常に興味深く観察しています。


**************************************************
投稿者: みーこ

尼(霊能者)をしている高校の同級生がいます。その彼女から昨年の夏に1月24日に東京にM6~7の大地震がくるからなるべく多くの人に知らせてとの手紙をもらいました。当時は伊勢女さんとかコテ造くんとかが夏に津波がくるとの話題でしたのでもし油断させて犠牲者をだしたら申し訳ないと思い1カ月前になったらネットの掲示板やコメント欄に記入しようと思ってました。そしてその時期になり先日時間もわかったと連絡をもらいました。それが午前3時51分です。

「津波は視えてないけど火の手が上がってる 板橋区の被害(犠牲者)が一番多い インフラが滅茶苦茶になるので備蓄してほしい 耐震のない家に住んでる人はスーパーの駐車場とか公園に避難してほしい」

若狭湾の原発は?九州の災害は?
「今のところお知らせはきてない 今もらっるのは今度の大地震と7月の富士山噴火があるかもということ」

東日本はお知らせきたの?
「2月にわかって宮城の信者さんには3月に入ったら山形に避難するように伝えた」

はずれたことないの?
「時間まで分かった時は実現してた」

2012/01/06(Fri) 17:29 [ 17063 ]

**************************************************

上記はTAMABOOK(たま出版)の掲示板に投稿されている内容ですが、文面通りアチコチに書き込んでいますね(笑)。1/5,6で投稿していることから、内容的に同一であり間違いなく同一人物ですが、TAMABOOKの方はおちんさん版の要約といった感じです。み~こさんにとって、おちん>>>韮崎社長なのだぁ~(爆)。

恐怖を煽るのが目的のコテ造予言とは違う感じは受けます。単に霊能者の予言内容を言われるように情報拡散という感じがしますがどうしょうか? 霊能者自体が拡散していない点は好感が持てます。ただ善意からでも、予言は当たる当たらないは別問題です。

月日的には平成24年1月24日は「24124」と1を境に「24・1・24」と「鏡文字」になっている。2+4=6で「6・1・6」、つまり黙示録の獣「666」の本当の数字は「616」だったという話もありますが、う~むと唸ってしまうだす。

それにしても、霊能者が見た霊視内容を「皆に知らせて~」とは、、、、

まさに、、、ポストウーマン、、、



上記動画は、昨年末の「死と再生の儀式」(紅白)の当日の12月31日をもって、小顔・足長・色白でイチオシのアイドル前田憂佳ちゃん(ゆうかりん)が卒業してしまったスマイレージですが、、、、、超残念だす。

ゆうかりんは、1000年に1度の逸材だっただす。

オリジナルスマイル

「死と再生の儀式」(紅白)では、最後にSMAPの「オリジナル・スマイル」で〆られましたが、あれはデンバー空港壁画の「恐怖を打ち倒した後の歓喜」の情景であり、この歌で儀式の「再生」部分が表現されていると睨む。

笑顔抱きしめ 悲しみすべて 
街の中から消してしまえ


世界中が幸せになれ~

dennba-.jpeg
(デンバー空港の壁画)

でも、ワダスにはオリジナル・スマイルという言葉からは、どうしてもこの笑顔が脳裏に浮かんでくるのだす~

Zaoudou_Chuson.jpg
(満面の笑顔)

壁画では人類に覆い被さる「恐怖」をガスマスクマンという形で表していますが、ガスマスクマンの正体とは「世界を恐怖で操る悪の手先組織」、あるいは「自己の中にあるエゴイズム」、はたまた「地球侵略する宇宙人」なのかは意見の分かれるところですが、これが世界から淘汰消滅されるという未来を壁画は示している。いづれにせよ、少なくともこれがイルミナティ・フリーメーソンが考えるピラミッド型支配による「世界新秩序=人類補完計画」の最終目標なのです。

う~む、えぇじゃないか!!!

ただし、このハピネスな風景も「世界人間牧場」内で飼い慣らされ脳内ハピネス状態に置かれたゴイムの姿なのかもしれませんが、、、、

この最終到達に密接に関与するだろうと睨んでいるのが、最近知った井口ブログ経由で知った「フランス人の霊能力者の予知」(ケムログ翻訳)です。このフランス人サイキック能力者の述べることが全て本当であり、後だしジャンケンでなければ、月面着陸、共産圏の崩壊、9.11、黒人大統領選出...等の多くの予言事例が当たっていることからも、2012年の戦慄の未来も当たる可能性は非常に高いのです。こ、これは考慮しなくてはならない案件だす。

で、その戦慄の予知内容とは、、、、

・2012年以降の未来が見えない
・異星人と遭遇
・人類側が「敗け組」となる


この内容からは、人類は異星人と遭遇して何らかの侵攻(文明? 武力? 思想?)を受け、その結果、人類側が敗けてこの地球上から消え去ってしまうと読める。あるいは、ヒトラー予言の語るように、その時、人類が「別のもの」になってしまうことを指しているかもしれません。木元鶴彦氏が言う「金星人が攻めてくる~」と語った未来の情景は、このことかもしれませんね。

ガミラス星人みたいなものが攻めてくるのだすかぁ~?(滝汗)

Zaoudou_Chuson.jpg
(ワダスを呼んだだすかぁ~ ヤ・ウマトゥの諸君)

この侵攻がヒトラーが言う「ラストバタリオン」なのかもしれないが、マヤ暦の最終日が「遭遇の日」となるのか? あるいは負け確定し降参する「終戦記念日」となるのか? いづれにせよ、もう人類の残された時間は1年も無いだす~。マジに「宇宙戦艦ヤマト」のストーリーになってきただす~(滝汗)。

そんな緊迫化した状況下でも、我が国の宰相・ゾンビ野田は呑気に土壌救い政策をしているだけなのだす。

ヤ・ウマトゥ(神の民)、早く発進してくれだすぅ~(滝涙)

2012年近辺に関しては、権現仙人予言では大艱難、更に日月神示やヒトラー予言ではその後の人類の形態変化(半霊半物質化)を予言しています。また「聖マラキの歴代教皇に関する予言」が現教皇ベネディクト16世でバチカン終焉を語り、同様に日本でも日月神示や京都公家予言や白川伯王家が天皇制の終焉を語っています。異星人襲来はこれら予言内容と密接にリンクしていると睨んでいます。つまり、磐石と思われた宗教ヒエラルキーの二大カリスマ的世界権威がいとも簡単に崩壊あるいは失墜するのは何故なのだろう? 大艱難(三千世界の大峠)を過ぎ越した少数の人には前よりも強固に宗教観が芽生える筈なのに、そうはならないと説いているのです。で、その原因はこの遭遇にありそうです。

つまり、人類は「別のもの」になってしまうが、その前段階として「地を4つ足になって這い回るロボット人間(家畜人ヤプー)」と「天を駆け巡る神人」に二極化するという。いづれのタイプにも宗教は必要ない故、キリスト教も神社神道も世界中の宗教という宗教の淘汰は必然となる。元々が聖書創世記は異星人(異次元人)の遭遇で知識を与えられた人類の歴史が、その後、その異星人を「神」としてすり替えた逸話を挿入して人民支配の為に造られたのが中東発の一神教ですが、語り部が語るように、神社神道もまた臣民恭順化の為に古神道に初期大王家(カド族)が渡来時に携えてきた景教の一神教的側面を注入し改造した宗教に他ならないのです。2012年はこういったまやかしのメッキが剥がれる時でもあると睨んでいる。

ニビラーなヤッズ★なので、この遭遇劇とはオコツトの云う「次元交差」によるニビル及びニビル人との遭遇に他ならないと思っているのですが、この遭遇は地球自体が希薄化し新しい次元(ニューワールド)にガイア・アセンションしたから起きることであり、来訪する異星人・アヌンナキがもたらす情報によって、今まで塗られていた宗教や支配構造のメッキが剥がされる時だとも睨んでいる。

バチカンにしろ、大室天皇家にしろ、イルミナティ・フリーメーソンが準備した器であり、世界を混沌としたカオス状態に陥れ、NWOを構築させながらもそのNWO自体を崩壊させ、カオスの真っ只中に至らしめ、そのカオスに秩序をもたらす為に日本の真の歴史と共に世に出そうと考えているのが大室天皇家なのでしょう。ただし、大室天皇家も所詮は簒奪したニセの「家の芸」だった。そういった目論見が異星人襲来でピラミッド型社会構成(通称・サル山)が崩壊し、脆くも頓挫することが、日月神示の「グレンとひっくり返る」とう内容の一側面ではないかと思うのだす。

一般的なスピリチュアル解釈では、日月神示の「艮の金神」とは「国立常神」のことであるとされ、盲目的に神という概念を受け入れてしまい、その先の思考が停止してしまっています。しかしその実、人格を持つ神とは異次元人のことであり、日月神示自体、異次元人の関与文献に他ならないと思っているのだす。

メソポタミタ神話では人類に知識を与えたのがエンキであり、その知識を使って文明が発展して人口が爆発的に増え過ぎた場合、「裁きの神」としてエンリルが登場するというストーリーになっていますが、この人類に知識を与えたエンキがエノク書のシュミハザ率いる「グリゴリ」です。この話が元となってバビロン捕囚時にユダヤ教の旧約聖書が創作された際に、「エデンの園で蛇に唆され知恵の木の実を食べたアダムとエヴァ」「天使の長から堕ちた堕天使ルシファー」の説話として挿入された。

日本の「地神」に相当するのがエンキで、「天神」がエンリルだと睨んでいる。

このニビル人侵攻に対する備えとしてアメリカ軍があるのだといわれていますが、イルミの大衆洗脳担当であるハリウッド映画が「宇宙戦争」「ロサンジェルス決戦」「インデペンデンス・デイ」で侵略する宇宙人を描き人々に「宇宙人=侵略」を洗脳し続けているのも、シューメーカー・レヴィ彗星で偽装して反物質爆弾の実験を木星で行なったのも、デンバー空港に謎の壁画を描きや地下基地を建設したのも、異星人侵攻をかなり前から察知していたからなのでしょう。

映画「インデペンデンス・デイ」では戦闘機に乗るカッコいい大統領役を描いていますが、どこかの国の生気のないゾンビ総理とは違っています(爆)。あの役割をオバマが受け持つのでしょう。ただし、映画とは違って「負け」になるのが確定していますので、デンバー空港に描かれた「ガスマスクマン打倒」とは「ナチス打倒=ラストバタリオン打倒=アヌンナキ打倒」のことに他ならないとなるのですが、これは完全に「絵に描いた餅」となるでしょう。

で、ガイアの法則から云えば、次の世界の覇権文明は、地下秘密都市のあるデンバーでもなく、世界政府が置かれるエルサレムでもなく、ましてや大室天皇家の居る穢土でもなく、、、

「新世界」のある浪速KARA始まるのだす~

大河ドラマ「平清盛」

NHK大河ドラマで松ケンの平清盛が始まりました。大河ドラマ50周年記念作品というわけでセットも映画並みに凝っていて、NHKの本気度が伺えます。今までは大河ドラマなど見た事もなく全てスルーだったのですが、何故か今回は見たいという衝動に駆られました。この衝動はカミサンもJr.も同様で家族全員が見たいという意見で一致しているのです。これはスゴイことなのかもしれない(爆)。

このドラマを貫ぬくテーマは「死にたくなければ、強くなれ!」だす。ブレない「心の軸」が出来ると、ブレない「体の軸」が出来、それがまた「心の軸」を支えるとも補足されています。生は死がないと認識出来ませんし、ポジもネガが無ければ認識できません。必ず対極の概念が必要なのだす。ただし、対極側が大きく成り過ぎると飲み込まれてしまうのです。ここから言えることは、より大きなネガ(恐怖)に対抗するには、より大きなポジ(幸せ)を持つことが必要だということです。今後、日本及び世界にはネガな事が加速度的に多く発生してフルスロットル状態になっていくと予測していますが、煩フルが放つネガな情報など軽く笑い飛ばせるようなポジな意識を持つことが、今後の生き残りの鍵になるのでは?と睨んでいます。もし、ネガに飲み込まれてしまった場合、正気を失って、多分「家畜人ヤプー」になってしまうだす~(爆)。
※註 大体、他人の幸せな話をブログに書いても読み手には面白くも何ともないものです。「恐怖を煽るな!」と叱責されるかもしれませんが、上で書いたように、事象そのままの認識が必すしも真ならず、意識の中で逆形成する為に、逆のことが真である場合も多いものです。このネガに負けない強い自己意識は「マサップ」という意識の膜の形成に掛かっているとも睨んでいる。このマサップの形成が、次の世界である「授与の世界」には必須なのです。まぁ、ワダスの場合、恐怖を煽ってビジネスに誘導していくという大怖れた野望は持ち合わせていませんので、今後もネガな内容をフルスロットルで書いていく所存です(爆)。

ヤプー
(家畜人ヤプーは「王家の犬」どころではなく、ワサオ並の犬になってしまう)

平清盛の一生とは、平安時代末期、「王家の犬」と称される程の身分でしかなかった武家が王家内紛に乗じ、台頭して貴族化してきた平家とその勢い怖れた貴族・皇族・寺院が反発した源氏を取り込んで平家滅亡まで追い込むことを描くことに他ならないのですが、今、このドラマが放送されるのには、ある霊的な意味があると睨んでいる。それをこれから書いていきます。

平家と源氏の戦いでまず想起されるのは、平家の優雅な蝶をあしらった「赤旗」と源氏の笹竜胆紋橘をあしらった「白旗」ですが、これが「紅白」の元となっています。つまり、平清盛の大河ドラマも年末の「死と再生の儀式」(紅白)の延長という捉え方をしている(ニタリ)。

紅白

昨年末の紅白ではK-POPガールズグループが2組初登場した甲斐あって赤組が7年ふりの勝利を手にしましたが、その流れのまま今度は赤を顕す平家のドラマに突入しているのです。そして、平家を顕すこの「赤い旗」は、今後の未来を象徴する実に意味深な内容を孕んでいる。

実は、赤い旗には「赤い巨星」ベテルギウスの超新星爆発が密接に絡んでいて、以前の記事で既出ですが、2012年には「赤い彗星」シャアもびっくりな展開が待っているとも云われているのです。

**************************************************
冬の夜空に輝くオリオン座、その肩に位置する赤い巨星ベテルギウス。地球から640光年の彼方にあり、直径が太陽の1000倍という、とてつもなく大きな星だ。オーストラリアの研究者によると、そのベテルギウスが、2012年に星の最後をむかえ超新星爆発し、地球にとって2つ目の太陽となる可能性があるというのだ。

■2012年ベテルギウス大爆発か? 2つ目の太陽となる可能性も
**************************************************

天空を赤く染め上げる「蝶」新星爆発、、、2012年にはベテルギウスが蝶の羽を広げるかのように爆発の様子が見えるかもしれません。まさに「平家の旗」です。しかも、赤い旗とは別名「蚩尤(しゆう)旗」とも呼ばれ、妖星到来の予兆でもあると云われていますが、これはニビル来訪を告げるものかもしれませんね。

そういえば、K-POPにも「超新星」「BIGBANG」という男性ダンスユニットグループがありましたね。やはり昨年から日本を侵攻してくるK-POPには霊的に何かある?(笑)。

というのも、かつて5人組だった時の「東方神起」やチョウ・ヨンピルが紅白に出た際には嫌韓デモは起きなかったと記憶しています。しかし、何故か今は激しい嫌韓デモが起きている。この違いは一体何か? ここを正確に把握しないと洞察を誤ってしまう。閉塞感や竹島問題、慰安婦問題もあるがそれは以前にもあったことであり、結論としては、「嫌韓」を駆り立てる何か霊的な影響を受けたのだという結論に達している。K-POPブームを「ごり押し」とかそういった次元を超えて、看過出来ない特筆的な事象故にこの煩フルではK-POPを大きく取り上げているのだす(ニタリ)。在日で「ごり押し」してるとか、、、いろいろ歪曲して書く方もおられますが、そういったのとはラベルが違うのだす~。
※註 ついでなので書きますが、ワダスは韓国には3回ほど行ったことがありますが、バスに乗った時に後ろの客からいきなり怒鳴られるとか、、、タクシーでは日本人は料金ダブルだと云われ喧嘩したり、、、穴ぼこだらけの高速道路とか、カーブをドリフトして走る超怖い市内循環バスとか、見た目は日本と同じようなだ全然不味かった食事とか...等、あまりいい思い出はありません。反反ロスという「正-反-合」のアウフヘーベン(昇華)するの方向性を知らなかったら、そのまま嫌韓派になっていたかもしれませんね。実は、「親韓」も「嫌韓」も二極化に過ぎず、昇華し得ない進化しない方向性なのです。判り易く云えば、人間は見ていても自分の見たいものしか認識出来ないが故に「坊主憎けりゃ、袈裟まで憎い」「痘痕もエクボ」という状態になってしまい正しい認識をする素地を失ってしまうのです。よって、ワダスは「反嫌韓派」なのだす。

オリオン座の三ツ星を挟んだ反対側には「白い星」リゲルがありますが、この対比も「紅白」になっています。実は、レオナルド・ダ・ヴィンチの「岩窟の聖母」、ギザの三大ピラミッドの配置、遷宮開始以前の初代伊勢神宮の三正殿、すべてがオリオンの三ツ星を示して、その影響下にあることを暗喩している。オコツトによれば、6500年前から始まった今世の物質世界は、オライオン(オリオン)で顕される「観察意識=真実の人間」からの関与を受け展開中なのです。

この観察意識が古代から「万物を見通す目」という形で表現されていて、メーソン、イルミナティもシンボルとして採用しているのです。

超新星爆発が起きた際には、地球上にニュートリノが大量に降り注ぎますが、いくら「疎開村」に疎開したって意味ないのだす~。もう我々人類の未来は詰んでいるのだすから、腹くくった方がいいのだす~(爆)。
※注 藤原定家の「名月記」によると、平安時代末期の天喜二年(1054) には「かに星雲」の超新星爆発がありましたが、この時、世界が滅んだわけではない。しかし、この平安末期とは正に平清盛の時代であり、ベテルギウスの超新星爆発と激しくラップするのです。っていうか現代はこの時代の再帰性的展開というのがワダスの見解なのだす。

そして、このニュートリノが曲者。

少し前、光より速いとしてニュートリノに脚光が浴びましたが、超新星爆発が起きた際にもこの現象が確認が出来るのです。突如、ニュートリノが大量に降下し始め、その20分後に天空が赤く染め上がるような光景が見られるかもしれません。
※注 地球とベテルギウスの距離は640光年ありますが、実験結果よりニュートリノは光速より60.7ナノ秒(1億分の6秒)速いとされていますが、640*365*24*60*6/1億から、20分ぐらい早く到達する計算になります。最近、否定する理論がイタリアより出されましたが、これでその真贋が証明されますね。

昨年末の「死と再生の儀式」(紅白)では赤組が勝ち、2012年は赤優勢の年だと認識しています。2012年中かは判りませんが、米国経済破綻→内乱でFEMA起動から始まり、シナリオ通りに米国中産階級の没落を経て、その反動で米国が共産国家化(アカ化)するかもしれません。まさに赤一色のオンパレードですね。ワダスのソウルカラーも三重に「赤」ですが、藤原紀香直伝の「赤いパンツ」を履いて「イザ、ここ一番」という日の為に、松田聖子の「赤いスイトーピー」をうっとりした眼差しで歌いながらスタンバイしております(爆)。

このドラマのキーパソンの一人に祇園女御がいますが、松田聖子演じる彼女は妹が産んだ子・清盛の後見人となって清盛の出世に大きく関与した白河法皇晩年の寵妃です。この祇園姉御がいたからこそ清盛は12歳にしてニ等官である「佐」から職が始まったのであり、この後見ぶりから白河法王の落胤ではないかと推測されています。この辺の落胤話は藤原不比等と同じですね。この「祇園」とはギオン→シオンであり、影の世界権力の中枢の一角である「テンプル騎士団」の母体「シオン修道会」も浮かんできます(笑)。また祇園社には牛頭天王が祀られていますが、これは蚩尤(しゆう)のことであり、蚩尤を奉じていた徐福との霊的な関係も伺えるのです。

それだけに留まらず、源平の戦いは「草薙の剣」を携えて壇ノ浦での入水自殺した安徳天皇へと繋がっていきますが、「徐福」「草薙の剣」...等、煩フルの探究テーマのフルスロットル状態なのです。今年は忙しくなりそうだす。

まさに徐福東渡2222年の年に相応しい内容のドラマだす(ふふふふ)。

それにしても白川法皇役の伊東四郎はハマリすぎw イメージ的には「ニン、ニキニキ、ニキニン♪ニン、ニキニキニキニン♪ヒャラ~♪」と歌うタフマン伊東という色物だったのだすが、、、、「ニン、ニキニキ...」あっ、これも「2222」だすなw

この白河法皇と養女である藤原璋子の間に生まれたとされる崇徳天皇は、日本史上最強の怨霊となり「大魔王」と呼ばれ朝廷に最も恐れられた人で、近年(明治時代)でもその怨霊を恐れ祀られるほどなのです。700年間も怖れられられている怨霊。これはまさにルシファ降誕の先駆けとなるような内容です。

崇徳天皇は父・鳥羽上皇からは「叔父子」と呼ばれ疎んじられていましたが、白河法皇崩御後、直ぐに近衛天皇に譲位をさせています。このことが後の「保元の乱」に繋がっていきますが、この乱で破れ、讃岐に流された。その地で乱で死んだ人たちを写経を通して供養するのですが、その写経を寺に納めて欲しいと朝廷に送ったところ「呪いが込められている」と突き返され、ブチ切れした崇徳は自らの血で大乗経を書き「この写経の功力を三悪道に投げ込み、その力をもって日本国の大魔縁とならん」と言って、舌を噛み切りその血でさらに呪詛をし海に沈め、以来、髪も爪も切らず、その風貌は「生きながら天狗になった」と言われる程であった。

そして長寛二年(1164年)8月26日、鬼のような姿のまま46歳で崩御。その遺骨は、四国の白峰山に埋葬されましたが、その埋葬時の様子は、一点にわかに掻き曇り、激しい風雨が襲い、突然の雷鳴も轟き、その棺からは真っ赤な血が流れ出し、その火葬の煙は都に向かってまっすぐにたなびいたと言う。ここから都に京の大火、疫病流行、妖星の出現、源平の騒乱、平清盛の怪死(高熱が続いたことからマラリヤとのも云われる)、南北朝の動乱...等の崇徳天皇の「怨霊伝説」が始まるのです。

皇族は明治期になるまで武家に政権を取られたのは崇徳天皇の祟りだからと本当に考えていて、明治期になって崇徳天皇の霊を鎮める為の御廟を建立する程だったのです。
※註 ①明治天皇…1868年に自らの即位の礼を執り行うに際して勅使を讃岐に遣わし、崇徳天皇の御霊を京都へ帰還させて白峯神宮を創建。②昭和天皇…崇徳天皇八百年祭(1964年)の東京オリンピック開催の年に香川県坂出市の崇徳天皇陵に勅使を遣わし式年祭を執行。

太平記では愛宕山で天狗を集めて天下を乱す相談をしているところが語られているが、その姿は背中に大きな「金の翼」が生えたトビとされ、まさしく「天狗の王」の姿であった。天狗の王、、、正しくサナートクマラであり、金星で暗喩されるルシファーそのもの。かつて天皇というピラミッドの頂点でありながら、天皇制というピラミッドの枠外に追いやられた存在。それは天使の長でありながら堕ちていった「堕天使ルシファ」と全く同じなのです。
※註 「堕天使」とは、あくまでキリスト教やユダヤ教の教義から見たルシファー観に過ぎません。キリスト教の欺瞞性についてはこの煩フルでは散々書いていますので、キリスト教的なルシファー観で見ない方がいいのかもしれません。この地に落ちていくというルシファーの行動は闇切り裂き光ある世界をもたらす為の行動だったとも解釈可能なのです。まぁ、実際、そういう解釈をするグループもいます。

とうとうNHKは「パンドラの箱」を開けてしまっただすな、、、、

前記事のコメで紹介された照さんの予言内容では、伊豆沖を始点とした三本の矢(1週間内に起きる地震1~3波)の断層形成するほどの地震「魔の水曜日」を霊視していますが、これはオリオン座の三ツ星や怨霊と化した崇徳天皇の密談した「愛宕山」が出てくる点に戦慄が走ります。
※註 「日本の今を考える」さん、貴重な情報ありがとうございました。m○m

まぁ、これもイルミに霊的に牛耳られたNHKの予定通りのシナリオなのかもしれんが、、、、この煩フルでは菅原道真や平将門の怨霊話を取り上げ、それが現代に復活しているのではないかという洞察を書きましたが、日本史上最強の魔王までが復活し始めた。ただし、これらの怨霊は日本のピラミッド構造である1300年の間、藤原一族が実質支配し構築維持してきた「天皇制」という中央集権という一点に向けられているのですが、この復活劇は京都公家が語った「金・銀・銅・泥・哀帝」の話、白川伯王家の予言、権現仙人の予言とも霊的に連動しているのはないだろうか?

怨霊とかの恐ろしい内容なのですが、怨霊や魔王として映るのはピラミッド構造の支配者側にとっての話であり、被支配者側の一般庶民には怨霊でも魔王でもなんでもない。逆にピラミッド構造打破を目論んだ味方であるともいえる。現に我々は、今、福島原発事故による放射線物質の大量漏れで避難させるべき地域の人にも、避難資金や疎開先斡旋もせずにピラミッド構造の維持を図る為だけに正しい情報を隠匿するという行政組織の放置プレイを間に当たりにしていますが、これは乱で死んでいった人を供養した写経の奉納すら拒絶する朝廷と同じです。日本の政権中枢は体質的に何も変わっていないのです。今回の福島原発事故に関しては崇徳天皇が怒らない筈はない。

そうはいっても巻添えはあるかもしれないが、、、、

この一連の内容は「イシヤの仕組み」そのものであるピラミッド構造の崩壊を暗喩させるのですが、では、そのピラミッド構造が崩壊した後にはどのような社会構造が望ましいのでしょうか?

そ、それは、、、トーラス構造
つまりドーナツ型です。

Torus_cycles.png

相反する勢力も直接的には対峙せず、間接的に繋がりを持ちながら強固な一体構造体を形成。また、構造には上も無く下も中心もなく、大きな環を形成している。

これぞ「和(環)をもって尊しとなす」、、、正しく大和のことなのだす。
※註 この言葉は、架空の人物である聖徳太子が発した言葉ではなく、そのモデルとなった景教を奉じて人民に人気のあった高向王の言葉かもしれない。しかし、この思想の大元は、かつて中東の地で助けを求めてきた兄弟部族のイスラエル民族を見殺しにした為、自らの祖国を失ったと反省したエブス人(縄文人)に培われてきた思想であり、この思想の元、渡来系を暖かく日本列島に受け入れてきた。これが「羽衣伝説」として日本各地に伝承が残る理由ですが、高向王はその思想を体現していたのだろう。

イルミ総本山の英国王室から「頼むから止めてくれ!」と泣き付かれた故とも云われていますが、中止した上に追放された白川伯王家の「円環の儀式」とは、ピラミッドの頂点であり支配者と被支配者である臣民が手に手を取り合って環を作るという「トーラス構造」の神事だったと睨んでいますが、サタンを崇め「イシヤの仕組み」推進派の英国王室はコレを疎ましく邪魔なものだと思ったのでしょうか!

蔵王権現の顕れであるKARAが歌う「Mr.」は尻を振りながら女神(ギュリ姐さん)を中心にメンバーが円環状に移動しながらダンスするのが特徴ですが、この「Mr.」とは「ミスタードーナッツ」の「ミスター」を用いて、来るべき未来の構造である「トーラス構造」を暗喩させていたのもしれません(超爆)。

2011年のKARA少女時代の韓流の戦いとは、どこまで行っても庶民性が抜けられず「可愛い庶民性型」と高度なダンス・容姿・歌声...等を持ち頂点に君臨する「カリスマ・ブランド型」の戦いでもあった。エヴァでいえば、試作品EVAとS2機関搭載の完璧型EVAの戦いであり、霊的には日本オリジナルな神・蔵王権現とゼーレ(闇の世界権力)の代理戦争でもあるわけですが、これは「メシアの仕組み」と「イシヤの仕組み」の対決でもあった。

日本では僅差でKARAが勝ちましたが、この勝因は縄文人由来の「若さを尊び、老いを蔑む」という日本人の深層意識に因むものだと睨んでいる。つまり、「若さ=未熟さ、老い=高度なスキル」です。日本ではAKB48やKARAが人気高くなるのも納得なのです。ただアジアにおいては未だ少女時代のアジア№1ガールズグループの地位は揺ぎ無いのですが、これは外国が幽界と言われる所以かもしれませんね。まだ高次元波動「可愛い」を受信する感覚器官が全体的に鈍いのかもしれません。まぁ、ここに「地涌の菩薩」たるAKBシステムが現地で花開くことで、幽界を神界に浄化して行くのかもしれませんが、、、(爆)

まぁ、その神界である日本も社会構造が制度疲労していて、上層部は腐っているので徹底的な浄化が必要ではありますが、、、、もしかしたら、その浄化が照さんが警告する「三本の矢」なのかもしれませんね。
※註 関連しそうな内容に「三矢の教え(三子教訓状)」がありますが、これは毛利元就が1557年に三人の子に宛てて書いた文書で毛利家永続のコツを説いたものです。元就は平清盛が建立した「厳島神社」を非常に篤く信仰したことで知られており、平清盛とも繋がってくる。この逸話から考えるに「三矢の艱難」を経ても尚、折れなかった者たちがその後の強固ですばらしい日本(ミロクの世)を作っていくことになると解釈できる。今年、何故か年賀状を出す気力が湧かず放置プレイとなってしまっているのも、これが理由なのかもしれない、、、、

忍び寄るプリバッコ~~ン!

年末の使徒たちによる「死と再生の儀式」(紅白)を終えたからでしょうか、明けスグの元旦に起きた鳥島近海地震(M7.0)の揺れの影響だとも言われますが、福島原発4号機の燃料プールのパイプが破損し、今、凄まじい量のセシウムが噴出しているのだという情報が流れている。例によって例の如く、マスコミでは一切報道されていないが、今のところ、これが本当のことなのか確認する術はワダスにはないが、伝え聞く情報からは正しいのではないかと思う。

幸いなことに大部分は太平洋側へ流れているといい、一部は東京へも流れ、多量のセシウム降下により、以前と比べ放射線濃度が著しく高まってきているというが、福島においては東京の10倍ではないかとも噂されている。しかも降下しているのは半減期8日のセシウム136ではなく、半減期2年のセシウム137だという。これは冷温保存中の燃焼済燃料(1000度)の冷却水漏れで気化して出たのだろうという。

これが本当ならば、「福島の除染」どころの話ではなく、「福島の除外(隔離)」という「除福」の方が相応しくなりそうな展開だす。

年初、徐福東渡2222年の今年は「何かある!!!」と感じ、「死と再生の儀式」である紅白で崩壊現象は加速すると睨んだワダスの直感は当っていたのだろうか?! この「2222」は「ふふふふ」という不敵な笑い声にも聞こえるだすが、、、、しかも、この「2222」という数字自体、「不二の仕組み」を暗喩しているような感じを受けるのだす。これは「1414(いよいよ)」=「55(GO GO)」と通じるものをも感じますが、そういえばKARAはニムロドの誕生日の歌謡祭では、冬なのに「GO GO サマー!」を歌っていたなぁ~。

ただ、まだ関東では、大人が緊急疎開する程のレベルには達してはおらず、今のところ、様子見が妥当なところでしょうか。ただし、風向きの変化により今後の推移によっては「パニック的避難」も有り得るかもしれない。万一、こうなった場合、シドニーのオカマの霊能力者が言うような「閑散化する東京」の予言が成就し、その結果、東京の地価暴落で都市銀行の担保価値が消し飛び与信が消滅してアボ~ン、また世界金融の資金蛇口の壊滅により「株価大暴落」と連鎖的に起きるのは明らかです。これを何としてでも防ぐというのが行政機関の思いで、情報統制をしているのだす。

その後、相模湾や北陸で地震発生という展開がオカマの予言ですが、関東圏からの人の大移動で被災者が減り、これはこれである意味、大難が小難となると言えるかもしれない。まぁ、あくまで予知予言の類なので、あまり辛辣に受け取らないようにw

こうなれば東京は機能不全に陥り、浪速KARAは近いか、、、

さらに、今、米国ではかつての超優良企業だったコダック社が破産するのではないかというニュースが駆け巡っていますが、非常に不穏な雰囲気のする米国株式市場だすな。FEMA収容所も施設作業者の募集を始めたという話もあり、今後、近い内に米国経済の世界恐慌以上のリセッションがあるかもしれないだす~。コダックは正式名を「イーストマン・コダック」といいますが、このネーミング自体には「イーストマン=東方の人」、「コダック=御子だ~す」という日本(?)に降誕する「てんし様」という暗喩があるかもしれんだす~(超爆)。

さらにさらに、ここ最近起きたNZ地震、70頭のクジラの座礁、、、3.11の前に起きていた内容が再び巡ってきている。これは日月神示でいう「2度ある仕組み」なのだろうか。この再現性は「ロンギヌスの槍」を持つエヴァ・シーリズの顕現である「少女時代」、そのメンバーのティパが紅白で見せた久しぶりの

プリバッコ~~ン!
(Put it back on! さぁ、もう一度いくわよ!)

プレバッコ~~ン!
(ティパの性格の良さは、メンバー全員が認めるところ)

に見事に暗喩されている。これらの壊滅的予兆が今起きているのも、年末に「死と再生の儀式」があったからかもしれんだす~っ(滝汗)。

死と再生の儀式を終えて

明けましておめでとうございます!

今年2012年は徐福東渡2222年記念の年でもあり、徐福逗留地の1つで徐福で町興しを目録む佐賀から上海への直行便が就航するとか、、、このように徐福関係でも盛り上がりが期待できる年でもあります。また、年末にはマヤカレンダー最後の日である2012年12月21日がド~ンと控えており、人類に残された期間もあと1年を切り、マジに「宇宙戦艦ヤマト」並みの状況となってまいりました(爆)。実際、この日本は放射性物質で汚染されヤマト旅立ちの状況と被ってきてはいますが、、、、正直シャレにならない状況ではあります(汗)。更に、今年は「福島の除染」、、、、つまり、「除福」がクローズアップされてきています。このシンクロを何と表現したらいいのでしょうか!!!

以上のことから、今年は人類史上かつてないことが起きる年だという予感がヒシヒシしていますが、さてさてどうなることやら、、、では、一応、今年も宜しくお願いいたします。

さてさて、昨年末の「死と再生の儀式」も無事終え、正月はピンポイントでHDD録画したKARAと少女時代の紅白の勇姿を何度も見ながら三ヶ日間を過ごしていたのですが、ほとんど寝ちゃ食っちゃのコタツ猫状態で床ズレで体が痛っただす。紅白視聴率も辛うじてミタを抜いたようでニンマリですが、NHK外では韓流紅白やめろデモが熱いバトルを繰り広げていたようですが、日本人なら年末ぐらいデモなどせんでもと言いたくなる。(はぁ~)

で、ここで今回の紅白の見所を回顧してみるだす。

今回の紅白の舞台は「三角形=ピラミッド」がモチーフ。これに悪魔崇拝者でピラミッドと片目(万物を見通す目)の伝道者であるレディ・ガガで役者が揃ったのだすが、ガガが出演した収録地はアーチ型の目の形をした場所でした。この「万物を見通す目」が紅白会場の三角形と組み合わさってイルミナティ・シンボルを完成させるという実に手の込んだ構成になっていただす。

darpasymbol.jpg

ディズニーキャラも多数出ていましたが、かつては山口百恵の歌う「...真っ赤なポルシェ...」を「真っ赤な車」と変えさせる程に公共性を厳格に守っていたNHKだったのですが、今回は一民間企業の商権広告に該当するが何ら問題はないのでしょうか? まぁ、ネズミ会社もマクドも有名なイルミナティ666企業であり、これで完全にNHKはイルミ会社の仲間入りとなったわけです。こういう点からも洞察したように紅白はイルミ主導の儀式であったとみるのが妥当です。

間違いなく「死と再生の儀式」、、人類補完計画だっただす。

kobayasi.jpg
(ライオンはバビロニア宗教=バチカンのシンボル、その上に乗って現れるのが救世主であるという暗喩なのか? しかしその前には「東方神起」出演から洞察すれば、死海文書に記述された2人メシア、つまり「アロンのメシア」「イスラエルのメシア」が東方に現れると読める。)

まぁ、そんなイルミ色濃厚の紅白だったのですが、特筆すべき点もあります。1部の最初でAKB48が210名の過去最高の動員数を掛けていましたが、その中にはなんとデビューしたばかりの「JKT48」が16名も参加していました。これはK-POP3組の参加に並ぶ重要ポイントで、75年前の大日本帝国時の日本国の範囲であり、その当時の雰囲気の再現でもある気がします。しかし、これは「真の八紘一宇」=日本を中心とした世界覇権文明の到来を暗喩していると睨んでいる。

紅白の展開はこうです。まず1部の最初に浜崎あゆみをドーンと持ってきて視聴率を稼ぎ、後はそのまま視聴者を釘付けにするという作戦。同様に2部も最初にKARA、少女時代、ガガを配置し、エンディングのSMAPまで持って行く。このことから、第2部の最初のK-POPガールズグループが今回の紅白の勝負どころという構成です。

KARAのメドレーは「Mr.」のあのポーズで終了したのですが、蔵王権現のポーズがヤバイぐらい神々しかっただす。ただ紹介になったのをニコルが全く気づかずマイクテストをしていたのですが、その時「コッ、コッ」と鶏(?)のモノマネが入っていた。これは間違いなく救世主降臨が近いという鶏の鳴き声の知らせだす~(超爆)。

KARA.jpeg
(最近、ジヨンが激カワになって無敵状態となったKARA)

蔵王権現02

さて、この「Mr.」は蔵王権現だけを暗喩していると睨んでいたのですが、どうもそれだけではなかったようです。つまり、これは「反キリスト」の頭文字であり、それは「666の獣」とネットで噂されるモルモン教徒で逮捕歴のあるフリーメーソンのミット・ロムニーという共和党の次期大統領候補を指し示してもいそうなのだす。

■2012年の反キリストは頭文字「M.R」という説
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-283.html

まぁ、ドットの位置が違うのでミット・ロムニーはアンチ・キリスト意識へと導く者ということでOKでしょう。

彼が大統領になることで、世界統一政府はグ~ンと進展していくでしょう。ただ、その時でもバチカン-英国の植民地であるアメリカは救済されず、米国が演じていた「世界の警察」という番犬の役目は終了し国連軍にその地位を明け渡すでしょう。米国自体もFEMA主導の元、共産国家になっていき、人工的な人口削減計画を推し進め、世界世界政府はイスラエルに置かれ世界人間牧場に追い込み家畜人間化(家畜人ヤプー)するというのがシークレット・ガバンントが考えるNWOのシナリオです。

まぁ、今後の世界覇権文明は日本の関西になるという「ガイアの法則」もあるので、シークレット・ガバンントが説く世界政府がイスラエルになるというシナリオが勝つか、あるいは「日月神示」いうように世界政府完成99.89%の「厘止まり」で大ドンデン返し的に世界文明の中心地が日本に移ってくるというシナリオが勝つのか、ここが人類史最大のクライマックス場面であることだけは間違いないことだす。

ワダスの予想では、少女時代やKARAが「たこ焼き」好きなところから、日月神示やガイアの法則のシナリオ通りの関西になるに3000ウォンだす~っ。

新しい世界文明は浪速KARA始まる~のだす。

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク