Starlightの秘密

8月3日のKPOPのシークレット日本デビューも近づいてきましたね。
既に、東方神起や少女時代と共にKPOPフェスには参加していますが、TV登場も間近です。


(Secretんも最新曲「Starlight Moonlight」)

日本デビューに合わせ、太陽活動が活発化する「Starlightの秘密」も開示されるだろうと予言していましたが、確かに、今、そのような展開になってきました。(ふふふ)

下記は、最近、NASAがした警告の原因をレイオフされた腹いせに暴露したというものですが、この内容は煩フルで以前から指摘していたことでもあり、非常に信憑性があります。
(ユミエルさん、情報ありがとう!)

******************************************
私はNASAに務めているが、今月末に一時解雇される。私は、特定の教育に数年を費やした上に、自分の人生を酷い仕打ちを受けるために彼らに捧げたのだ。それらを明かして、自分の身に何が起きても気にしない。

皆が望む破滅がそこにある。

なぜ議会は経済を救おうとしないのか?
なぜNASAは宇宙計画をキャンセルしたのか?
アメリカがデフォルトするというのに、
何者かがなぜ先週の木曜日に10億ドルを妨害したのか?
なぜ米軍がどこにでも展開しているのか?
なぜ7発のロケットを搭載した衛星が先週打ち上げられたのか?

彼らは一般大衆の知らない何かをはっきりと分かっているからなんだ。
覚悟はいいかい?

太陽は制御不能で、その周りの全てに影響している。そこには、同僚の手による十分な証拠が与えられている、目に見えないエネルギーの「リボン」が存在しており、それがどんどん近付いていて、最終的には太陽系とすれ違うか、通過する可能性がある。誰もがじっと座って待つ以外、他に手だてはない。金のある者達は、治療のしようがない不幸なガン患者のように、自らの危機を救ってくれると信じるあらゆるものを、先を争って購入している。しかし、近付いている事から私達を助けられるものが何もないことは、調査の結果分かっている。これについて調べたなら、これを論じる多くの学術論文が見つかるだろう。

私からのアドバイス?奥さんや子供達を抱きしめて、彼らに愛していると話そう。一日一日を値打ちあるものにしよう。金や名誉なんてどうでもいい。今のような人生を過ごすのも数ヶ月なんだ。

(中略)

皆を騙しているのではない。
要するに太陽がぶっ壊れて、エネルギーリボンがこっちに向かっているって事なんだ。


■NASAから一時解雇を通告、今こそ打ち明ける時。(ChemBlog-ケムログ)
http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993527
******************************************

この内容の真偽は不明ですが、、、、、

最新のプラズマ宇宙論では、宇宙空間は99.9%プラズマで満たされていて、星雲の特徴的な形態は電磁気的な影響を受けて形成されており、そのフィラメント構造間には「ビルケランド電流」が流れ、それに沿うような形でプラズマフィラメントが存在するといいます。上の告発でいう太陽に近づいてくるエネルギーのリボンとは、間違いなくこのプラズマ・フィラメントのことでしょう。

Cygnus-loop.gif
(プラズマ・フィラメント)

プラズマ
(ビルケランド電流からプラズマ・フィラメントが出来る様子)

このプラズマ・フィラメントによって太陽活動が活発になっている。これは電球に電流を多く流せば流すほど明るく輝くのと同じです。この活動活発化で太陽から多くのプラズマが太陽フレアの形で放出され、太陽系は太陽の放出するプラズマで満たされる。まぁ、もともと太陽系は太陽の発するプラズマで満たされているわけですが、それがより高いエネルギーレベルのプラズマとなるということです。水風呂からお湯に変わるようなものなのです。

今、アメリカでは危機下にあるということで地下シェルターがバカ売れだといいますが、「半地下アイドル」シークレットもびっくりな展開を見せているのです。ただ、シェルター如きでは対処は無駄でしょう。

石棺になるのがオチですね。(あはは)

エレニン彗星を地震の原因説は、真実から目を逸らす為の陽動ではないかとこの煩フルで指摘しましたが、これでその疑惑がさらに高まってきましたね。節電、セシウム牛で騒いでいる小さな現実とは全く異なる大きな現実がそこにはあるのです。オコツトの話によれば、やがて太陽活動は停止し輝くのを止めるという。その代わりに近づいてきた放浪星(ニビル)が突如輝き出し、我々の新しい親太陽となってニューワールドの幕開けが始まるわけですが、その際には電気の流れは逆転するといいますので、今の電子機器は全て使用不可になる。

まぁ、変換人型ゲシュタルトを知らないヒトには、この「Starlightの秘密」は知らない方が幸せなのかもしれない。何しろこの地球上には逃げ場がなく、残されたものは「恐怖」だけ(汗)。逆に、変換人型ゲシュタルトを知っていれば、「いよいよ来たかぁ~」と「歓喜」に変わる。

さてさて、エレニン彗星の到着も近いというのと(笑)、しし座流星群の始まりも見えるかもということで、明日の新月には天体観測に出かけますが、生憎の曇り空なので単なる避暑になりそうです(汗)。高原施設で見るプラネタリウムもまたオツなものですが、また何か異変があれはご報告いたします。
スポンサーサイト

1414歓喜

日月神示からいろいろと来たるべき未来を推察してみたいと思います。

******************************************
何も彼も前つ前つに知らしてあるのに
人民は先が見えんから 言葉の【ふくみ】がわからんから取違ひばかり
国土(九二つち)の上は国土の神が治(し)らすのぢゃ
世界の山も川も海も草木も動物虫けらも皆この方が道具に
数でつくったのぢゃ

愈々が来たぞ いよいよとは一四一四ぞ 五と五ぞ
十であるぞ 十一であるぞ
クニトコタチがクニヒロタチとなるぞ

クニは黄であるぞ 真中であるぞ
天は青であるぞ
黄と青と和合してみどり
赤と和して橙(だいだい)となり
青と赤と和して紫となる

天上天下地下となり六色となり六変となり六合(クニ)となるのぢゃ
更に七となり八となり白黒を加へて十となる仕組
色霊(イロタマ)結構致しくれよ

(紫金の巻 第11帖)
******************************************

ミロクの世は神の直接統治という感じです。

愈々(いよいよ)を数文字で書けば「1414」ですが(笑)、1+4=5が2つ並んで「55」。再びそれらを足して5+5=「10」というところまでは簡単に判りますね。

でも、それが「11」でもあるとは、一体どういうことでしょうか?

これは9.11、3.11のような「11」の発現こそが、「いよいよ始まるぜ!」というサインであるということ。日月神示には、「梅の花開くころ神が表に現れて、三千世界の立替え立直しを致すぞよ」とありますが、まさに3.11は梅の花咲く頃に起きたのでした。つまり、既に新しい世に突入したから過去の予言はキャンセルになったのではなく、逆に過去の予言がこれからいよいよ現実化してくる「パーティ(本番)はこれからだぜ!」が正解だと考えています。

そして、ここで1つ明確になったことは、、、、、
「GOGO(55)サマー!」は、実は「いよいよ(1414)サマー!」でもあるということです。

日月神示は当然のこと、ヒルデガルドの予言、京都公家の予言、アルメニアの少年予言、聖マラキの歴代教皇に関する予言....等、いよいよ今夏に成就するということです。

つまり、「いよいよ(1414)サマー!」とは、、、、

「覚悟しとけよ!コノヤロー」

ってとこでしょうか、、、(滝汗)


中央が黄色なのは四神相応図と同じですが、中央の黄が東(青龍)の青と混じって「緑」となり、次に南(朱雀)の赤と混じって「橙」となりますね。で、今度は中央の黄を省いて、東(青龍)の青と南(朱雀)の赤で「紫」となる。これでは六色になります。「緑」の場合は黄・青・赤の三色混合でトリニティ(3)なのですが、緑という名称は実は「ミ(3)+ドリ(トリニティ)」でもあるのです(笑)。

う~む、トリニティは石巻山-照山-豊川稲荷の3つのパワスポで囲まれた緑野神社に何か繋がっていそうな感じですw

◇黒◇



実は、日月神示の言葉にぴったりなのは、四神相応図よりも人体のチャクラカラーです。真ん中である「太陽神経叢」マニプラ・チャクラが黄色ですね。色の生成は日月神示通りですが、最後に大地(黒)と天(白)と繋がって、「天・地・人」の繋がった状態である十色人=成十(ナルト)の完成です。

色霊00

逆に言えば、四神相応図の色の配置は、黒-赤-黄-青-白と一筆書きすれば「∞」マークのようになりますが、このねじれ配置に何かこの世(物質世界)の秘密があると睨んでいます(ふふふ)。

ヒトの頭頂部の上は、宇宙に存在する意識の集合体、ユングのいう集合的無意識、アカシックレコードである「無量寿光」のピンク色になっていますが、この色霊についてミシェル・デマルケ氏の語るティアウーバ星の知識では、しばらくピンク色のスクリーンを見つめたあとは、必ずその人は30パーセントもの力を失うのだというw (ケイ・ミズモリ訳・『超巨大[宇宙文明]の真相』より)

ワダスの考えでは、このピンク色というのは実際には存在しないマゼンタという色ではないかと睨んでいるのですが、、、、つまり、光のスペクトル分光では赤と青は可視光線の両端に位置するのですが、ヒトも目にはこの間の色は繋がって色相円環として見えるのです。その周波数が異なる青系と赤系が混じった色がマゼンタ色なのです。つまり虚色であり、この世の二極化されたものを融合して認識できる「虚の世界」を示現しているのです。

その「虚の世界」に取り込まれる為にパワーが30パーセント減衰するのでしょう。

スペクトル
Subtle-Anatomy.gif

人体では ウ→オ→ア→エ→イ の順に言霊は足下から感応し、例えば胸部は「エ」の言霊がもっとも感応するといわれ、マントラで唱える「イ」の言霊は、アジーナチャクラの覚醒に深く関与していると言われています。


(下腹部全体に感応する「オ」「ア」を連発する『Oh!』)


(眉間・頭頂部に感応する「イ」を連発する『Mr.Taxi』)

つまり、少女時代メドレーを口ずさんで踊っていれば、自然とチャクラが活性化して覚醒してしまうということだす~(爆)

ちなみに、この煩フルがを両建てしてインテリエロ助的な内容を志向している理由が、この青である「知」のアジーナ・チャクラ(眉間)と赤である「痴」のムラダーラ・チャクラ(会陰)を混ぜ合わせて、「紫」のサハスハラ・チャクラ(頭頂)の生成を意図しているからだす~(超爆)。

自来也

実は、このウ→オ→ア→エ→イが人体に対応し、さらには天国とも対応することが日月神示には載っている。

*****************************************
統治するものは一人ですが二人であり、三人として現われます。三人が元となり、その中心の一人は「ゝ」(光)によって現わされ、他の二人は「○」(光を映す鏡)によって現わされるのです。「○」は左右上下 二つの動きの◎(用・働き)を為すところの立体◎(渦の力)からなっています。統治者の心奥の「ゝ」(光)は更に高度にして、更に内奥に位する「ゝ」(神)の中の「ゝ」(神・歓喜)によって統一され統治され、立体◎(渦の構造)をなしているのです。天国ではこの「ゝ」をスの神と敬称し、歓喜の根元をなしています。
(※註 ◎は渦巻きマーク)

スの神は、アの神と現われ給い、オとウとひらき給い、続いて、エとイと動き現われ給うのです。これが総体の統治神なのです。三神であり、二神であるのです。

ア、オ、ウはであり、エ、イはなのです。

これら天国の組織は人体の組織と対応し、天国の一切の事象と運行とは人体のそれに対応しているのです。オ、ウなる愛は曲線であり心臓なのです。エ、イなる真は直線であり、肺臓に対応して三五七と脈うち呼吸しているのです。

これらの統治者は権力を奪することなく、また指令することもないのです。よりよく奉仕するのみなのです。奉仕するとは、如何にしてよりよく融和し、善と真との浄化と共に悪と偽の調和をなし、これらの総てを神の力として生かし、更に高度なる大歓喜に到らんかと努力することなのです。また統治者自身は自分達を他の者より大なる者とはせず、 他の善と真とを先とし、その歓喜を先ずよろこび、己はその中にとけ入るのです。

ですから、統治者は常にその団体の中心となり、団体の歓喜となるのです。

(地震の巻19帖396)
*****************************************

何故か文体がコロリと変わっていますが(笑)、これは日月神示を述べているのが霊的グループである証左になるでしょうか。この文面からは、下半身は「愛」、上半身は「真」となりますね。まず太陽神経叢から発せられた動きは下半身に行き、その後、上半身に行くというクンダリニー上昇を言っているようにも見えます。

第二の脳ともいわれる太陽神経叢ですが、これが統治者となるのです。この太陽神経叢を活性化させるには丹田呼吸が有効だという。

このクンダリニー上昇の通り道は、日本龍体では中央構造線に相当し、この線上にはパワースポットとして有名な神社(伊勢神宮、諏訪大社、鹿島神宮、香取神宮、豊川稲荷、高野山...等)があることで知られていますが、これは日本龍体のチャクラだと睨んでいる。ですから、今、日本で地震や火山噴火が活発になっていますが、コレは今クンダリニー上昇が起きているというわけです。昔、これらのパワースポットを封じられ龍体の動きを封じていたのです。

日本列島を色で見た場合、東北は青九州は赤という感じで間違いないと思われます。となると、関東・東北は龍体の上半身、関西・四国・九州は龍体の下半身に相当しますね。「第二の脳(腹脳)」である太陽神経叢は諏訪から大和の間の中部地方のどこかになりそうですが、いったいどこなのでしょうか?静岡-糸魚川線のフォッサマグナとの境目を横隔膜として看做すと、そのすぐ下が太陽神経叢となる。

やはり、最有力地は諏訪かな~。

諏訪が太陽神経叢ならば、東三河はそれを活性化する丹田といったところでしょうか?特に石巻山-照山-豊川稲荷の3つのパワスポで囲まれた三角地帯の中央の緑野神社に山梨から新宮の阿須賀神社に一直線に走る「ロンギヌスの槍」を貫通させることで、徐福末裔時代の輝かしい過去を封印し、また他所に伝承を移築することで、太古から神仙の地として知られた東三河の「丹田」としての働きを抑制してきたのではないだろうか?あるいは東三河こそが、日本龍体の太陽神経叢だったのかもしれません。

今、元世である「ミロクの世」(光の世界)に還元する動きをみせていますが、この場合、まず最初にエとイの動きが現われ、続いてオとウの動きとなって、最後にアとなりスの神にしぼんでいく動きになります。ですから、青で表される東北・関東のエとイにまず最初に動き始めたわけです。当然、その次は関西・九州ですが、最後に富士山のある中部という動きになるはずです。

この動きは使徒襲来が「三春滝桜(福島)」→「根尾谷淡墨桜(岐阜)」→「山高神代桜(山梨)」へと移動すると洞察したサクラコードの内容と一致します。

歓喜を名に持つ神は歓喜天ですが、通称ガネーシャです。

日本の歓喜天(聖天様)は2つの雌雄のゾウが抱き合った形で描かれますが、インドにおいては単体、あるいは父シヴァ神と母パールヴァティに抱かれた姿で描かれることが多いのです。日本の歓喜天の雌雄のゾウはこのシヴァ神とパールヴァティ神ではないかと考え、その抱き合った真ん中にガネーシャがいると睨んでいます(笑)。

歓喜天00ガネーシャ00

この抱き合った構造が「ゝ」を取り囲む「男性原理」と「女性原理」の2つからなる写し鏡の「○」を表現しているのですが、さらに驚くことに、ガネーシャの名は「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」の意味があり、即ち「統治者」なのです。人間型ゲシュタルトでは、どこまで行っても自己都合の良い方が「善」として映り、その対極にあるものが「悪」として映る認識そしてしまうのですが、その善と真、悪と偽の調和をなして、正-反-合の「合」に止揚(アウフヘーベン)したものが「歓喜」であり、即ち「神の力」の表れということになるのです。

ガネーシャ(聖天様)が願望を叶える神として尊ばれる一方、行を怠ったりいい加減な供養をするとかえって災いがあるといわることから、俗に聖天様は人を選ぶといわれ、非道な人間には決して縁を結ばないとされる。非常に二面性の強い神様なのですが、これは正-反の対極が止揚した「合」であるからこそではないかと睨む。

これは先の色のスペクトル分光でも述べたように、この世は赤系と青系の二極化の傾向を示すのですが、その融合色であるこの世に存在しない色相であるマゼンタこそが歓喜であり、神の表れとなるのです。

ですから、少女時代のマゼンタ色のブーツ歓喜の表れなのです(爆)。

p1m.jpg

後醍醐サマー

現在の天皇家は、明治天皇の御言葉から南朝正統としていますが、その証として、①皇居外苑には南朝の忠臣・楠木正茂像を設置、②明治期には南朝方の皇子の没した御陵墓(例えば、後醍醐天皇の第四皇子宗良親王を祀った井伊谷宮の他、全15箇所)に神位の高い神社を建立しています。

■建武中興十五社(Wiki)

北朝末裔である筈の天皇家が何故か南朝を祀るというおかしな点がある故、これは明治維新の時、長州の田布施に匿われていた南朝末裔・大室寅之佑が東京明治天皇となった有力な証拠だとも言われています。その真偽の程は分かりませんが、ハルビンで伊藤博文を暗殺した安重根が暗殺の動機として挙げていることからも、かなり有望な説であることは間違いありません。
※註 安重根は「今ヲ去ル四十二年前、現日本皇帝ノ御父君ニ当ラセラル御方ヲ伊藤サンガ失イマシタ。ソノ事ハミナ韓国民ガ知ッテオリマス。」と述べたという。

さらにもっと過激な説は、東京明治天皇(大室寅之佑)は南朝系ですら無く、天皇家の血筋と縁もゆかりも無い地家家の血筋であるというものです。というのも寅之佑の母スヘが地家作蔵と離婚後、寅之佑を連れ子として大室弥兵衛の二号になったからだという。確かに、これでは全く血縁のないことになりますね。まぁ、ここ辺まではよく検証していないので、今のところは?としておきますが、ただこれが本当なら、長州にとって傀儡天皇の器になりそうな人物が必要だっただけあり、王政復古など本当はどうでもよかったことになります。

ここでいう南朝とは、吉野朝廷とも称され南北朝時代に京都以南の大和国の吉野、賀名生、摂津国の住吉を本拠とした大覚寺統の後醍醐天皇に属する朝廷のことですが、1336年から1392年まで56年あまり存続したといいます。

つまり、後醍醐天皇の末裔が南朝なのです。

後醍醐天皇

この後醍醐をもじったのが「GO DIE GO」 (生きて、死んで、また生きる)ですが、これはミッキー吉野率いるバンド「ゴダイゴ」の英語表記でもあります。鎌倉幕府滅亡後、不死鳥の如く復権した後醍醐天皇の生き様でもあり、さらに日月神示が述べる「一度死にそして半霊半物質の体として再び蘇る」ことを暗喩しているとも睨んでいます。南朝が明治維新で表に出てきたのも実はコレが理由かもしれません。

で、今夏は、あんなことやこんなこと..等の人類史上始まって以来の空前絶後のビックイベントが控えていますが、「神一厘の仕組み」の大ドンデン返しがあるから、「ギリギリまでネバーギブアップ! 諦めちゃダメよ!」と高らかに唄いあげるKARAの、、、

「GOGOサマー!」へと繋がっていくだす(ニタリ)。



この歌には以下の暗喩があり、とても意義深いものなのです。

・「運命的な出会い、、、」 →不老不死のてんし様との出会い
・「間違いなんて、、、」 →原発推進してきた日本
・「やりたいことしよう、、、」 →不食&大麻&フリーエネルギー社会の構築

それ以外にも、、、

やっぱスンヨンは可愛いだす~!!!

また「GO DIE GO」には、1)明治、2)大正、3)昭和、4)平成、5)○○と続く五代後のことをも暗喩していると睨んでいます。実は、明治憲法が制定された時、京都の公家達は「此の憲法のある限り、今は金帝さまだが(今上皇帝をもぢり金帝と云ふ)、次は銀帝、次は銅帝、次は泥帝、次は哀帝に成る。」(神道家・山蔭基央氏の著書)と言い放ったといいます。

で、次の帝は無いのです(滝汗)。

確かに、今、日本は原発事故で泥舟に乗ったように沈み行く状態にありますが、意外と当たっているような気がします。で、その次の「哀」では、一体どうなるのでしょうか?

哀帝(あいてい、ないてい)とは、東アジアの皇帝の諡号で、夭折した、或いは短命の皇帝に贈られるものですが、廃帝(皇位を剥奪)されるとも解釈できるのです。つまり、今の皇太子・徳仁親王は一度は天皇になるが、清朝のラストエンペラー愛新覚羅溥儀のように皇位剥奪されるか、或いは天皇制自体が崩壊するという実に不吉な予言でもあるのです。

明治期の公家たちのいう根拠は以下の通り。

天皇は神敕に基づいて生まれ乍らに祭祀王であり、国民の尊崇は神秘の中にあって、禁中(皇室)は神事を基本とするのが日本国民の宗家としての天皇の生き方であるが、明治憲法下では御政務が神事中心の生活を侵害しているからだと言う。これは「現行憲法」でも変わらず、「皇室外交」という名の元に天皇を政治外交の場に引き出すことになり、明治期よりもより悪化している。

もしかしたら、昭和天皇の教育係だったエクトプラズムを自由に操れる国師・三上照夫が徳仁親王には教えたいことがあると語った内容の本質がコレなのかもしれませんね。この事例だけで不老不死の「ビリケンなるちゃん」というてんし様が誕生するとみたヤッズ★は跳んだ早トチリだったのかもしれないが、大筋では当たっている。

ちなみに余談だが、ここで三上照夫氏の世界観を述べておくと、世界は多層構造になっていて、目に見えるこの3次元的な世界とは別に次元の異なる世界が多数存在してる。それぞれの世界は個々バラバラに存在しているのではなく、複雑な相関関係によって結び付けられている。ちょうど合わせ鏡のように、われわれのこの世界は他の世界の因果を反映する。逆もまた然りである『現世(うつしよ)』とはまさしく「写し世」なのだ。まぁ、言ってみればこの因果関係「近しさの法則」でもって記述しようと試みているのがこの煩フルなのだが、その試みは上手くいっているのか、、、いないのか、、、微妙なところです(汗)。

明治期に宮廷から追い出された白川伯王家の予言にも同様の内容があります。

これは伯王家に伝えられた「祝の神事」を授けられない天皇の御世が百年続くと日本の国体が滅亡してしまうという予言ですが、この「祝の神事」とは伯家が代々の天皇に伝授する行法のことですで、最後にこの「祝の神事」を受けたのが明治天皇であり、大正天皇が即位した1912年からちょうど100年後が2012年にあたるのです。

今、2011年ですが、福島原発事故後、日増しに増える「風評被害」(行政用語では放射性物質汚染による被害のことを定義)で官に信を置かなくなった庶民によって、日本の中央集権官僚制という国体が危うくなっているのは確かなことで、2012年崩壊というのも有り得そうで怖い。ただ、原発の後手後手対応が天皇制崩壊にまで結び付くとは到底思えず、まだ何かしらの事件が起きるのではないかと感じている。

この「祝の神事」(十種神宝御法)とは、すでに断絶してしまった白川伯王家の口伝伝承なのですが、復興を目指す人に伝わっているといい、その大まかな内容はこうです。

天皇が即位する時に大嘗祭で行う秘密の神事がこの「祝いの神事」で、十段階(十種・とくさ)に分けられているところからこの名がある。そして、最後の「一種」が天皇の神拝所作であり、日本古来から伝承された古神道の流れを汲む「鎮魂帰神法」がベースになっていて、それを取次者が輪に成つて行う「輸の鎮魂帰神法」とも云へるものだといい、大嘗祭を迎へるまで代々の天皇は皇太子の時代から長年の間、「祝の事」を白川伯王家邸内の八神殿祝部殿にて密かに修められていたという。この修法を長年修めるているからこそ、大嘗祭のたった一夜で天神と合一化できるのかもしれませんね。

う~む、皆がになってですか、、、、、つまり、十種(とくさ)あるピラミッド的ヒエラルキーのトップと末端が手を組むということですな、、、、、これこそ「和(輪)」ですね。戦前の天皇を「現人神」としてピラミッドの頂点とした国家神道で強化した強大な中央集権国家樹立を目指す明治傀儡政府にとって、この「和」を重視し硬直的なピラミッド構造を否定するような神事は排除すべきものだったのかもしれませんね。

縄文人の思想を受け継ぐ古神道の考えでは、異なる宗教、民族、主義などを否定したり憎んだりすることなく、すべて「神を祭る」という共通の目的のもとにあるものと考え、鳥や獣、魚や虫、砂や石までおよそこの世にある森羅万象には神威(カムイ)が宿り、これもまた「神を祭る」ものであると考え、大らかにすべてを受け入れるという思想を持っています。

これが縄文由来の豊受思想です。

この思想の発端は、中東の地においてイスラエル人の祖ヤコブの兄弟のエサウを祖とするエブス人の国(エドム国)は、新バビロニア王朝(別名カルデア)でネブカドネザル2世の後を継いだバビロニア最後の王・ナボニドス(月神を重視しマルドゥク神官団と対立)によって、紀元前554年に滅ぼされテマは占拠された。この地からバイカル湖経由、インドネシア経由で樺太や青森に移動して来たグループが日本先住民族の縄文人(アイヌ・毛人・蝦夷・エビス)だと語り部はいう。

また、このエドム国の滅亡に先立つこと43年前、紀元前597年に起きたネブカドネザル2世の「バビロン捕囚」、その10年後に起きた弟分の天皇族(カド族・エフライム族)の祖国である北イスラエル王国滅亡時(紀元前586年)に、逃げ延びる弟分の子孫をバビロニア人に引き渡した罰でエドム国は滅び去ったと信じ悔い改めてきた為、此の国(日本)では大らかに移住者を受け入れてきたのだという。これが「トユケ」であり「豊受」という言葉の意味。
※註 一般には縄文時代は1万5000年前からとされているが、語り部は測定法によって歴史がムダに長くされてしまっているというが、、、、この辺は少し消化不足です(汗)。

バビロン捕囚
(バビロン捕囚)

このエドム人が青森を後に移り住んだのが武蔵国であり、江戸のエドがこのエドムから来ているのだという。
※註 その後、邪馬台国監視の為に丹波に移動し、最後には出雲に出雲王朝を開いた。

エドム人が祖国を失った理由が逃げ延びようとした弟部族を見殺しにした罪なのですが、これは現在起きている福島県の被災者への打ち捨てられた状況とダブって見えるのです。今、また再び同じエゴの過ちを繰り返している。この悔い改めを起こす為には、634mの東京スカイツリーをランドマークに頂く中央集権中枢であるエドム国(江戸)に、亡国的出来事が起きない限りは方向修正できないのではないかと感じている。

まさに、「生きて、死んで、また生きる」、、、「GO DIE GO」なのです。

いちばん トモダチ
(「いちばん」とは「和」ではなくピラミッド構造思想の表れ)

この御仁の悔い改め無き原発擁護の言動を見る限り、長き政権を持ち続けたこの党は、今でも原発利権というシャブ漬けになっている。

う~む、今夏は後醍醐サマーになるだすな。

マーゴンと東北地震

気になる内容がネットにありましたのでメモついでに紹介します。

この情報によると7月23~25日に東北で再び大地震が起きるというもので、今度は女川原発が危ないとのことです。で、その地震の規模は9.5Mと前回の6倍であるといい、津波の高さも30mに達するのではないかという。

*******************************************
来るべき日は7月23日。震源地は、南三陸の東100キロの太平洋沖で、仙台の北東から60キロの地点に当たります。南三陸は、すでに3月11日の大地震でなんらかの被害を蒙った女川原発から、わずか北に25キロのところにあります。この7月23日の巨大地震は3月11日の地震の6倍の強さ!よって、日本政府は警戒措置として、週末、女川原発を閉鎖すべきです。東京は震源地の南西、ほんの320キロのところにあるため、今回は被害を受けることが予想され、また、この地震に伴う津波の規模も、3月11日のときよりははるかに大きいと思われます。

■もし7月24日、日本にM9.5クラス地震が来たら? 
http://sun.ap.teacup.com/akkocw/327.html

7月24日~25日地震の震央が南三陸(日本の主な本州島の北東の海岸と、60km(37マイル)北東仙台の村)の太平洋の100km(62マイル)の沖の東になるでしょう。

(ソース元)
http://www.drboylan.com/
http://www.drboylan.com/07.2011japanmegaquake.html
*******************************************

6倍ですか、、、、、テラ盛、キング盛ですね(汗)

これがマジに起きたらセシウム牛どころの騒ぎではなくなりますね。ただ、発生時期がソースにより7/23と7/24~25に分かれている点は気になりますが、、、、、7/23~25と巾を取っておきます。

この情報は世界的なUFO研究家、セラピストとして知られるリチャード・ボイラン博士で、彼は銀河同盟評議会から派遣されたスターシードであり、地球側代表トップの「地球側評議員」だそうです。何やら怪しげな肩書きですが(爆)、彼はサイキック・エネルギー・リーディングとスターヴィジター、、、つまり「銀河同盟」の宇宙人から寄せられた情報を元に大地震の警告を発しているとのこと。

ただ、変換人型ゲシュタルトから外宇宙に存在する宇宙人やその集まりである銀河連盟を信じていないヤッズ★にとってはほとんど眉唾な情報なのですが、霊人が人を導く際には宇宙人に成り済ます場合もあると睨んでいますし、台風通過後は地震が起き易いのと、大量の雨が地下水に流れ込み液状化を起こして大災害に繋がりやすいという観点から、一応、警戒として載せておきました。

それにしても、7月24~25日とは面妖な、、、、

使徒マーゴン(台風6号)は、上陸はしなかったものの多大な被害を残して海洋に過ぎ去っていったのですが、再び24~25日にかけて東北地方に近づいてくるのです。沖縄の震度4の地震のように台風が過ぎ去った後には地震が起きやすいという傾向があるそうで、リチャード・ボイラン博士の警告日ともシンクロしています。

マーゴン軌跡

こ、このマーゴンの軌跡は、、、、

まるでオッパイ乳首です(爆)。

で、この乳首部分が井口博士の住む阿南だという、、、、やはり、博士はHAARPでピンポイント攻撃されたのだろうか?(爆)。そういえば、男子中学生の水着を女子用スクール水着に変更するよう文部科学省から通達が出たというデマがネットに流れましたが、その理由は男子が乳首が見えるのが恥ずかしいからだという。このシンクロにも何か重大な意味があると思うのはヤッズ★だけだろうか?(爆)

■男子も女子用スクール水着を 文科省が通達
http://paro2day.blog122.fc2.com/blog-entry-752.html
(実はソースはパロディ新聞だったのだぁ~)

I’LL BE BACK!

地震も台風と同じく再び戻ってくるのだろうか、、、、アウターライズ地震という歪みエネルギーを均衡状態にする為に海溝の外側で起きる地震があると言われていますが、上記リチャード・ボイラン博士がいう女川の東25キロ地点は近すぎてアウターライズにはなりませんね。

ん!? 女川、、、、!!!

おっぱいプリン
(おっぱいプリンは2つあるのがデフォルトだす、、、つまり2度あるの暗示か?)

オッパイと乳首、スクール水着、女川、、、、妙なシンクロです(爆)。ボイラン博士も「ボイン」だし、、、(超爆)。これは単なる意味のないシンクロか、あるいは重大な意味を持つシンクロなのかは数日後には判明しますが、ただ当方の予想としては、東北の地震の件は、照さん、山梨のじっちゃん、伊勢女には再び東北で大地震が起きるという未来のタイムラインは存在していない為に起きるとは思っていません。また、関東が多大な被害を受けるのは米国デフォルト後の夏の終わり頃だと睨んでいます。

もし万一、東北で再び巨大な地震が起きた場合、福島第一の4号機建屋の倒壊は避けられず、即発臨界爆発で高レベル核物質飛散となって日本は終わりになることは避けられない。当然、世界中に飛散もさけられず柏市のホットスポットのような場所が世界各国に出来てしまい、日本は被災国から加害国に変わってしまう。

さてさてどうなることか、、、、、

使徒来襲か?

なでしこジャパンの大勝利のつかの間、史上最大の台風マーゴンの襲来で沸き立つ日本でした。「7月17日頃から日本に壊滅的な被害をもたらす可能性がある」として、ハワイにある米軍合同台風警報センターが早くからその危険性を指摘してきた台風6号マーゴンですが、現在、中心気圧は980hPaまで落ち、熱帯性低気圧になるのは時間の問題です。ただ、過去最大の雨量をもたらし、高知、静岡、紀伊半島では土砂崩れを引き起こしたのですが、大事には至らなく過ぎ去りそうです。

■大型の台風6号、不明男性遺体で発見
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4780871.html

この台風の最大の特徴は90度旋回して日本に向かってきて、四国にタッチしたかと思うと一度海洋に戻り、再び紀伊半島にタッチして海洋に戻っていくという非常におかしな軌跡を取っている点や、「自転車並みに速度が遅い」という点です。この動きの遅い点が総降雨量の増大を発生させている。

あいりん
(SOLIVE24のお天気キャスターのあいりんちゃんが可愛いだす~)

■SOLIVE24(24時間LIVE解説)
http://weathernews.jp/solive24/

しかも、ウェーザーニュースのあいりんちゃん(山岸愛梨)も言っていましたが、関東は今(7/21 2:00)、20度程度で「寒い、寒い」を連発しているという。こ、これは、、、明日、セーターを着込む人が出てくるかもしれない。世見予言の「空を見上げて見ると、雲空です。それと、道行く人々の服装は肌寒いのか、セーターを着ている人がいます。」という言葉が脳裏を過ぎる、、、、、さらに、7/22には米国国債上限引き上げのヤマ場を迎えますが、共和党案をオバマ大統領は拒否権発動する見通しだという。明日は木曜日で株式市場は開場していますが、「証券取引所でアメリカ人のような人達がテレビ画面を見ては大声を出し走り出した。」という株式大暴落の予言が成就するのだろうか、、、、、(滝汗)

もし、米国債、米ドルが暴落したら、、、、

世界中があいりん地区になってしまうだす~

マーゴンは自然神の派遣した使徒には違いないのですが、あまりにも見かけ倒しだった感じがします。しかし、あの軌道の取り方には何かしら違和感を感じる。この「マーゴン」とは香港の山の名前なのですが、よくみると「真言」にも見えます。

ここに何かしらの暗喩がある?
つまり、マーゴンとは「予知予言が真実の言葉となる」ということなのか?

断層から硫黄臭、セミの鳴かない夏の関東圏ですが、この降雨量が今後のネックになるのではないかと睨んでいる。この自転車並みに遅いという有り得ない状態が何か不穏な感じを受けるのです。つまり、これは弱り目に祟り目といいましょうか、、、、


マーゴン(真言)
かましてよかですか?


弥勒10


この大量の雨が地震で緩んだ地盤をさらに緩めるというのもありますが、この大量の雨が地層に入り込み地下水位を上昇させます。この時、地震の連続した振動が加わると液状化を引き起こし易くなるのです。これで照さんの世見でいうところの「高速地滑り」を引き起こす条件が揃ってしまったのだと睨んでいる。

現在の高層建築は下の強固な地盤に達するまで杭を打って、その上に建築物が載るような構造になっていますが、この場合、揺れによる倒壊は殆どありません。

基礎杭01 基礎杭02

しかし問題は、この軟弱な地層に水分含有量が増えてしまい地震で液状化して、東北の時のように地殻が東~東南方向にズレが起きた場合には、上の地層全体がスルリと滑って移動しまうということです。これではいくら強固な地盤に基礎杭を打っても仕方がない。基礎杭自体がせん断されてしまう。元々、この建築方法にはそのような事態は「想定外」として考慮されていないのです。

下図は関東の地層断面図ですが、黒く見える部分が砂層中心の「東京礫層」です。 東京礫層は約20~40mの深さにあり、高層ビルの支持層になっており、パイル(杭)はここまで打ち込まれます。

地盤
(クリックで拡大)

世見を読む限り、この砂層中心の「東京礫層」が地震での液状化に絡んできそうです。あるサイトにはこのような予測が載っていました。

******************************************
①数百万戸の一般住宅が被災し、倒壊、火災で失われる。数百万人規模の被災難民が大量発生する。
②古い耐震基準で建設された中低層ビルやマンションが軒並み倒壊、破壊される。
③側方流動が液状化を伴い大量発生する。護岸強度の低い埋立地を中心に地盤が海へ流れ出す。
④液状化で湾岸を中心とするビルや橋脚の基礎杭が破壊され、大損害が発生する。
⑤石油タンクが数十基規模で軒並み破壊、炎上し、全く手が付けられなくなる。
⑥都心密集地で大量の火災旋風が発生、数十万規模の死傷者が発生する。
⑦この大震災で首都圏が完全停止となる。政治行政機能は崩壊、東京本社機能は完全停止する。
⑧関東は炎上する。東日本は壊滅することになる。


■超高層マンション スカイヲーカー
http://blog.livedoor.jp/sky7777777777/#
******************************************

何やら山梨のじっちゃんと照さんの予知した災害を合わせたような感じの内容ですが、液状化による高層建築の倒壊を予測しています。前回の関東大震災では、1000年振りの地殻変動を伴う東北の地震は無かったので、関東圏の液状化による高速移動は起きなかったのかもしれません。以上の状況から考えると、今、関東大震災級の地震が起きた場合、当時を遥かに凌駕する災害となると思われる。

予知予言のタイムラインからは、米国で株式大暴落が起きたら、次は関東の地震がリーチになってしまうだす。

世見三連発

照さんの世見にまたしても近未来のヴィジョンがでてました。

*******************************************
この度の福島原発事故で、闇の商人は今後のビジネスターゲットをこの原発から次なるビジネスターゲットに変化させる動きを急ピッチで始めたようです。戦争も一つの方法ですが、どうやらこれも違うようです。

お金がお金を生む方法、こんな事を突然書きました。
そして、目の前に証券取引所のような場面が見えています。

アメリカ人のような人達がテレビ画面を見ては大声を出し走り出しました。
場面が変わると、東京駅の前辺りのガラス越しに人が何かに見入っています。
テレビカメラの取材の人なのか、街行く人にインタビューをしようと待っています。
「どうしたのでしょうネ」
空を見上げて見ると、雲空です。それと、道行く人々の服装は肌寒いのか、セーターを着ている人がいます。
夏でも冬でもないような、そんな光景ですが、雲が何処かに行くと木の間から木漏れ日が夏のようにも見えたのです。
自分に「いつだ」と聞いて見ても、何も帰って来なかった。この事が良い事なのか、悪い事なのか分からないのが残念です。


■幸福への近道<世見2011/06/26>
http://yoken.terukomatsubara.jp/archives/1996.html
*******************************************

福島原発の警備に保守整備にアレバ社(仏)、マグナ社(イスラエル)の企業が食い込んでいることから分かるように、「闇の商人」である原子力マフィアは世界的なネットワークを形成していて、イスラエルはその中核を構成している。このことから、彼らは世界的な規模で国際分業していることが分かります。日本においては原子炉の設計、開発をする東芝(WH)、三菱ーアレバ、日立―GEがいますが、実は世界でもこの三社で寡占化されていますが、三菱はロックフェラー系、三井(東芝)はロスチャイルド系であることは海外ではよく知られていますし、東芝、日立の持株の半数以上は外国資本で既に外資系の会社といった方がいい。

日月神が「抱き参らせたい組織No.1」です。

日本においては、政府の上に行けば行くほどアホが出てくると言われていますが(爆)、他国ではこんなこと有り得ないわけです。まぁ、こんな国でも先進国としてやってこれたのには、それなりに秘密があるわけです。つまり、国家運営の本当の主体は政府ではないということです。アホに為らざるを得ないのは独自判断することが出来ず、上の指令待ちといったところから来るのでしょうか?そういった政治ショーを見せられている間にしっかりと国策スキームが作られているわけです。その司令塔がユダヤと蜜月関係を組む藤原氏(閨閥)ですが、その再奥にはM資金で日本を近代化復興を遂げさせた背後には、皇族とユダヤ・ロスチャイルドの血を引き、指令すらできるという京都在住の黒幕(通称・オーナー)がいると睨んでいます。日銀あるいは日本の真の所有者だからオーナーと呼ばれるのか、オナホール所有者だからオーナーと呼ばれるのか定かではありませんが、まぁ、この辺は記事を改めてまた書きますね。

坂田アホ
(アホの称号といえば、「コメディNo.1」の坂田利夫氏が真っ先に浮かびますが、彼の本名は「地神」といい日月神(スサノオ)を暗喩している。日月神示では終末の時は「学力と神力の戦い」であると書かれていますが、「学力」の対極に位置するのがこの「アホ」なのです。ですから、この「アホ」を旗印にする坂田(地神)氏を日月神の現れであの挙動は世を忍ぶ「仮の姿」と見るのがスピリチュアル系の正しい見方。また、坂田氏がコンビを組む相方は吉本の「裏のフィクサー」とも呼ばれ、坂田氏とは非常に仲が悪いというのも有名な話です(爆)。)

彼ら原子力マフィヤはCO2排出を抑制するために原発推進するという地球温暖化詐欺の黒幕でもあります。日本のマスコミにおいて地球温暖化に批判的な論調がなかったのは、この原子力マフィアの一角である東電等の電事連がマスコミに睨みを利かしていたからですね。

世界各国の脱原発の流れを受けて、もはや地球温暖化防止→原発建設推進→ウマーッを絵に描いたビジネスの先行きは暗いと判断したのでしょうか? 世見によると、彼らは次なるターゲットを構築し始めたという。黒幕中の黒幕の金融資本は何を考えているのか?気になるのは、FRBが豪州アデレートに極秘拠点を移したという点、ムーディズ等格付け機関に先導される形で米ドル安になって来ている点、世界各地でパイプライン爆破という事故が起きている点です。

いづれその全貌が分かる時が来ますが、その時、再び日月神が邪魔してくれるかも?(爆)。いづれにしろはしごを外された格好の東電始め経産省、御用学者、原発推進CM出演タレント...等、日本の原子力ムラ住人の末路が見もののです。原子力産業はかつての石炭産業(炭鉱)と同じ運命を辿っていくのは明白です。見捨てられたエネルギー産業の末路は哀れなものです。

さてさて、この世見内容の詳細な解読に入りますが、この中では「曇空」「夏のような日差し」「セーターを着込む」という箇所に注目です。

この曇空の光景はババ・バンガの予言するイエローストーン噴火があった後の「日傘効果」による寒冷化でしょうか?それとも白頭山、カトラ山の噴火による影響でしょうか? 飛来するCMEの量の多さから大量のケムトレイル散布で寒冷化という点も考えられます(それはないなw)。今年7/14、中国四川省に雪が降ったといいますが、何らかの異常気象で、今夏、日本にも肌寒い日が来て雪が降るかもしれません。本当に今は何でも有りの状況なのです。

***************************************
中国・四川省の高原で30cmの積雪観測 道路は立ち往生する車で大渋滞に
中国・四川省の高原で、13日から2日にわたって雪が降り、30cmの積雪を観測した。
7月だというのに、降りしきる大雪で、あたり一面は雪景色。
この雪で、道路は立ち往生する車で大渋滞となった。


■FNNニュース
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00203449.html
***************************************

いづれにせよ夏でも肌寒い日となった後に株式市場暴落というタイムラインがここから読取れます。そういえば、日月神示にも夏に雪という箇所がありますが、何らかの天変地異で衛生環境が悪くなって虫が湧くという感じにとれなくもありません。

天の異変気付けと申してあろうが
冬の次が春とは限らんと申してあろうが
夏雪降ることもあるのざぞ
神が降らすのではないぞ 人民降らすのざぞ
人民の邪気が凝りて、天にも地にも訳の判らん虫わくぞ

(夜明けの巻 第3帖)

イエローストーンの大噴火はかなり広範囲に起こり、米国経済は時間を置いて壊滅状態となるようなので、この2つはほぼ同時期に発生となるとは睨んでいますが、、、、、ただ1つ喜ばしい内容は、今、三浦半島での地震が警戒されていますが、少なくとも「夏に雪」「株式大暴落」のフラグが立つまでは我が日本の東京は「大丈夫だぁ~」というのが判明しました。これで、多少、心配が遠のいたでしょうか?!その後、シドニーのオカマの霊能力者や伊勢女の初夢予知のような状況に関東がなるかどうかは分かりませんが、、、、まぁ、しょせん予知予言の類ですからね。

これでディズニーや湘南の海行きも、とりあえず当面は大乗仏教ですw

まぁ、米国破産なら即日本の金融界、産業界直撃ですから、日本の会社も沢山連鎖倒産する筈でラビ・バトラが言っていたように「線香花火が終わるように資本主義は終焉」するかもしれません。もはや生活できなくなった東京からゾクゾクと疎開始める人が出てくるかもしれません。これが「被害が無いのに人がまばら」というオカマの霊能力者が見たビジョンなのかもしれません。オカマの霊能力者によると、その後、夏の終わりに日本の山の中と小さな島で地震が起きるとなっています。

この小さな島というのが、相模湾の江ノ島だと睨んでいますが、日本の真ん中の山の中というのがイマイチよく分からず、日本のヘソ「松代じゃ?」と考えていましたが、下記の内容を見ると福井だろうと予想されます。

*******************************************
この十年間は、本当に油断など出来ないと思えて仕方がないのです。

地図を触ると、日本列島の地下が至る所で、岩盤と岩盤にひびが入ったり、岩盤が重なる所に上からの土が流れ込んでいたり、断層がどんななのか分かりませんが、山合いの坂辺りから周りを見ると、その下には集落があり、その坂から右の先の前向きに電車が通り、その電車を目で追って行くと、かなり大きい川の鉄橋を電車が渡る。すると、古くからある温泉街の様な看板が電車の中から見える。こんな光景って、日本中にいっぱいあるのだろうなぁ~。

でも、今、見えている場所が知りたくて、知りたくて仕方がない。
もう一度、先程の山合い坂に戻り、今度は反対の左を小枝や木々をかき分けて進んでいくと、6~8畳くらいの場所に出た。そこからは下が良く見える。
左・左と目をこらすと数キロ先?に、この地方では一番大きいショッピングセンターがある。エエ、何?この先って長野県?「永平寺」?
又、何でこんな事を書いたのだろう。そう思いながら元の山合いに戻ると、断層が動くのが見えた。
今日はこれくらいで急に終わりたくなってしまいましたが、これから9月迄は太平洋側だけではなく、この間の大地震で揺れた場所はいつ何処が震源地になるか分からないとも書きたくなりました。
どうか皆様、気を緩めてはいけません。でも、日頃からの気構え次第であなた様は大丈夫ですから、怖がらないで下さい。


■幸福への近道<最近よく揺れています2011/07/12>
http://yoken.terukomatsubara.jp/archives/3982.html
*******************************************

まぁ、これだけでは永平寺(福井)近辺で地震発生という確定フラグは立たないのですが、非常に気になる内容だということは確かです。単に山合いで大規模崩落という現象があるだけかもしれません。

また、ここで地震が起きれば、人工地震と騒ぎ出すことがあると思いますが、まぁ、これを見る限り地下構造の変化があって起こる地震であり、人工地震ではないですね。実際、金沢市中心部を流れる浅野川での1万匹の鮎の大量死(6/15)、仏原ダム湖で不可解な大泡が観測があり、地下で何らかの大きな変化があることが伺えます。

ただ、これで福島―福井でツインペアの相似形を為す。

量子物理学では「クーパー対」という電子が同じような振る舞いを示しエネルギー的に安定化する現象があるといいますが、福島と福井は共に名前に「福」が付く点や原発銀座である点からも双子みたいな相似形を形成しています。ここが「クーパ対」のように福島のようになって安定化するというもの充分考えられることなのです。

しかも、ババ・バンガ予言の「北半球が死滅」という部分は、福井敦賀半島の「もんじゅ」がダメになると「北半球がダメななる」とも符合するのです。「もんじゅ」は引っ掛かっていたクレーンは外に取り出すことが出来て一歩前進したのですが、原子炉内の燃料棒はまだまだ取り出せておらず、またクレーン落下で原子炉内がどのように破損しているのかは全く把握出来ていない為、危険な状態にあるのは以前と同じなのです。もんじゅの場合、福島原発とは違って冷却が液体ナトリウムなので、空気に触れるだけで即大爆発です。しかも、大量の濃いプルトニウムを燃料に使用しているので、これが爆発で気化拡散すれば、北半球は終わりなのです。

だから、福井への地震は超ヤバイのです。

原発の運転再開を認ずゴネて関電に約1000億円の安全対策費を拠出させた西川福井県知事ですが、彼の講演会での「子孫で少々カタワが生まれるかもしれませんが、大したことないです」というスピーチに拍手が出る程に「お金>>>生命」とまで堕ちてしまった福井県には、神の鉄槌が食らわされても仕方がないのかもしれない。これは災害時には危険が増す原発を誘致し、日本一裕福な村と豪語していた原発補助金ボケしてしまった福島にもいえる。
※註 最近の福島県振る舞い、放射線汚染被害のことを「風評被害」と定義し直したり、牛肉や野菜の放射線検査体制の杜撰さ、、、、これには呆れ、もう同情する気持ちは大きく削がれてしまっている。信頼を得るには、まずはリコールで原発超推進派の知事を変えるべきだな。

課金記事化でワサオ同様怪しげになってきている「山梨のじっちゃん予言」がいうように、もしこれが起きたら、日本は「被害者から加害者」へと180度世界各国の認識が変わってしまうのかもしれません。

そして、この福井の地震というのは、サクラコードで洞察したように日本三大桜の「三春滝桜」「薄墨桜」の山1つ隔てた地への使徒襲来という内容とも符合します。で、それらの桜がエドヒガンサクラであるところから、江戸(穢土)の終焉という形で結実し、最後に甲府の「山高神代桜」を使徒が襲来して富士山噴火でニューワールド移行するという妄想的洞察とも符合してくる。

段々とジグソーパズルのピースが埋まってきた。

だた、北半球死滅で南半球だけが助かるということはないですね。特に日本には世界に誇るプルトニウム集積貯蔵量世界No.1の六ヶ所村があるので、日本死滅したら六ヶ所村の使用済み燃料棒約3000トンの冷却管理が出来なくなって、福島原発のようになって遅かれ早かれ地球全ては死滅です。

こ、これは、、、、

「祟りじゃ~
六ヶ所村の祟りじゃ~」


最後まで幕府側に付き、官軍(英仏米のユダヤ・長州)と戦った会津(福島県)藩士の多くは、作物出来高が他所の半分しか出来ない六ケ所村に移封されたといいます。「会津若松と命名したのは蒲生氏郷だが、そこに住まわせた人たちは滋賀県永源寺町から連れてきた木地屋たち。地名も神社も同じ。官軍に抵抗した松平会津藩士は高遠保科家から移住、家光の遺訓を守ったが故に悲劇、多くは余市、六ヶ所村へ移住、苛酷な日々を送った。」(東海アマ談) 日本を縦断する滋賀―福島―六ケ所村の怨念ラインが存在するのです。

八つ墓村
(角のような形態は牛神(竜神)の現れを暗喩だったのか?)

う~む、ベタなギャクをやってしまった。。。。

さらに、最近の世見では関東圏の動きについて触れられている。

*******************************************
伊豆半島があるでしょう。その右に相模湾から東京湾にかけての堆積層が相模湾よりに流れると云うか、岩盤に向けて押し寄せる動きを見せられているのです...このネ、堆積層ってネ、東京や横浜の下にあるのですものネ。それとネ、もしも、もしもですよ、今度大きく揺れると「増幅」と云って、関東平野部の様な所ではこの増幅が起きやすいのだそうです。関東平野から東京湾・房総半島にかけて、この堆積物があるのですって、それも3000メートルも、それと地滑りも心配なのです。

高速地滑りって、どんな事なのか私には分かりませんが、首都だけではなく、至る所にあり、新興住宅は特に注意ですが、此処にお住みの皆様は心配をされる前に、ご自分の住んでいる家の地下を先ずお調べになり、引っ越しを考える前に揺れた時や他の事が起きた次の事を一度、心で整理していて下さい。

3月11日に大きく揺れた場所は今後も揺れます。十分心して日々をお過ごし下さい。恐怖心はどんな時でも身を守れません。揺れた時は先ず、ご自分は「助かる」とご自分に誓い、行動をとって下さい。心に気合を入れると必ず、力が倍増します。


■午後9時1分揺れた。(2011/07/15)
http://yoken.terukomatsubara.jp/archives/4018.html
*******************************************

う~む、高速地滑りって、、、、いったいどんなん?

瞬速で半ケツ状態にされてしまうという感じか?

半ケツ

それについて洞察する前に、太古の日本、つまり邪馬大国について語る必要があります。この煩フルで何度も取り上げていますが、邪馬台国は徐福末裔の繁栄する神仙の地・東三河に生える扶桑樹にあやかり、遥々、中国大陸の長江周辺の地から渡来して来た中国人(弥生人)の作った国ですが、最初は上陸地の九州、その後、東海三神山巡礼に便利な大和地方にまで山の尾根沿いに移動して建国した国だという。

桜井市にほぼ確定した邪馬台国ですが、語り部情報によると、奈良盆地は巨大な海水湖で難波の海とつながっていた為に邪馬台国は「水の都」と呼ばれていたといいます。そして、この時代には日本は青森を南にしていて、今とはちょうど90度時計周りに回転した位置にあったといいます。しかも、これだと魏志倭人伝の示す邪馬台国への行程がピタリと大和盆地に一致するのです。
※註 ちょうど沖縄の辺になるそうです。邪馬台国九州説は東大が主導していますが、原発推進の御用学者振りといい、この説にはどうも官=藤原氏と密接に結び付いた東大側のミスリードの陰謀、つまり過去歴史の隠蔽という臭いがプンプンする。既に桜井市の遺跡からは動かしがたい証拠が見つかっているが、官や政治家にネゴし表に出させないよう圧力を掛けているという。これは飛鳥情報だす~w

で、この前提となるのが日本列島の高速移動ですが、アカデミズムは陸地の移動は年数センチ程度と全く否定し鼻にも掛けないのですが、今回の東北大震災では東北地方は1夜にして5.3mも東に移動したのです。俄然、太古日本列島の高速移動の可能性が高まります。

高速列島移動が起きていたのなら、日本列島は元々ズレ易い体質にあるということです。高速地滑りが起きる場合、関東圏は東北地方と同じく東の方向(あるいは南東)、つまり海側に向かって急激なスライドしていくことになりますね。その際、海へ陸地が滑り込むこととなり、伊勢女初夢予言のいうビルを薙ぎ倒し山まで押しやる程の津波に襲われるという内容も理に適ってきます。東京湾で起きる地震では巨大津波発生は不可能だと考えていましたが、普通の地震であれば確かにそうなのですが、今、地殻はCME飛来により大きく活動していて、今までとは明らかに違う挙動を示す筈で、全く有り得ない話ではないと思っています。

まぁ、これも予知予言の類ですから、当たるかもしれないし当たらないかもしれない。

食料危機も555!

日本が脱原発に向かい大きく舵を切り始めました。この流れ「原子力ムラ」の住人(原発マフィア)によって潰されないよう早く確定化させる動きが必要ですね。

ただ、こんな明るいニュースもある一方、世界はやはり崩壊・混沌へと猫まっしぐらに向かっている。

7月14日、インドネシア・スラウェシ島のロコン山が噴火したといいますが、現在、もっとも甚大な被害を出すだろうと言われるカトラ山、白頭山が噴火の兆候を見せ始めているといいます。もし噴火が起きれば日傘効果で食物育成が悪くなるともいわれており、現在でさえ小麦の不作で食料高騰しているのに大変なことになる。山梨のじっちゃん予言ではないですが、人類は少ない食料を廻って骨肉の争いが起きることは容易に予測されます。この食料危機は、彗星の発見者で二度の臨死体験者でアカッシクレコードのヴィジョンを見た木内鶴彦氏も指摘していることです。

さらに、ブルガリア政府公認の公務員予言者の盲目の予言者ババ・バンガは、2011年人類に最大の危機が訪れ、核戦争か原発事故かわからないが「放射能で、2011年北半球ではほぼすべての生命が破壊される」と警告しています。これが起きるのが2011年10月28日!コルマン第9サイクル終了日と同じ日というのには戦慄が走ります。
※註 核兵器と化学兵器という話もある。

バンガの過去予言は全て的中とも言われていますが、2011年に起きるという第三次世界大戦はまだ起きていません。

バンガによれば、アメリカのイエローストーン大噴火でその噴煙が成層圏にまで巻上がり「火山の冬」と呼ばれる寒冷化を引き起こすそうです。カトラ山、白頭山だけではなかったのですね。この噴火はエレニン彗星が引き起こすのか分かりませんが、同時期には米国のデフォルトも控えており、現在起きている米ドル安はこれが原因。伊勢女初夢予言で詳しく書けないとある中国と米国の小競り合いとはこのことだろうか?これが契機となって大国間の資源確保のバトルロイヤル的なサバイバル戦争に突入していくのでしょうか?

イエローストーン噴火がなくても、既に米国では中流の人がテント暮らしになっているといい、今回のデフォルトでその数は激増する筈で、サブプライムローン以上のプライムローン危機が金融界に起きるのは避けられない。

■見捨てられた人々:中流だったアメリカ人が今やテント暮らしに
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/591/

日米欧同時破産がほぼ確実な情勢で、8月上旬に世界的な為替凍結、預貯金封鎖が発生、貿易も完全に止まり、食料輸入は不可能。アメリカは南西部が100年ぶりの大干魃で農作物収穫8割減収。9月を待たずにすべての食料が買い占められ、今備蓄しないと年末までに餓死という話すらネットに出ています。イエローストーン噴火したら、これに追い打ちを掛けるだすな、、、、、

さぁ、大変なことになっただす(滝汗)。

こんな2011年の激動のHot Summerを予知してか、梅雨明けして数日経つというのにセミの鳴き声が全く聞こえません。セミは今夏はマジヤバイからとパスでもしたのでしょうか?

伊勢女では中国は日本に攻めて来ないといい、山梨のじっちゃん予言ではゾンビが攻めてくると若干異なりますが、バンガ予言にもあるように「核の冬」で今後、食料が不足することは避けられないように思われます。で、この骨皮筋衛門(ゾンビ)化した世界でサバイバルはどうすればいいのか?やはり、更なる備蓄に励むべきなのか?ただ、いくら備蓄しても経済崩壊や地殻変動でエネルギー資源の掘削・搬送・精製設備も破壊され、エネルギー取得がままならない状態に陥るニューワールド初期段階では、食物の加熱加工することすらままならないだろうと睨んでいます。

ちょうど未来からやってきたゾンビスジえもんがいましたので聞いてみました。

「ねぇ、スジえもん!
サバイバルできる何かいい方法はないの?」

「こんなんありますだ、、、」


とスジえもんが弛んだ皮膚の裏側から取り出したのがこの動画です。



この音声動画によると、健康には週に1度の断食と朝飯抜きが効果あるといいます。これが甲田療法と言われるものです。さらに病が治って断食期間を過ぎた後には、生野菜と玄米(1合)での食事でいけるようになるという。ただ、その場合、玄米は生で食べます(汗)。白米6合に対し玄米なら半分の3合でOK、さらに生なら1/3の1合で済むのだと、、、、、

生菜食健康法生菜食健康法
(2006/06)
甲田 光雄

商品詳細を見る


奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)
(2001/12)
甲田 光雄

商品詳細を見る


でも、玄米をで食えっていったって、、、
サプリのように飲むのか?

どうも玄米を水に漬けて発芽させて食しているようです。
その方法として、いろいろあるそうで、、、、、

1)生の発芽玄米をそのまま噛んで食べる
2)発芽玄米をミルで粉状
3)生玄米クリーム(発芽玄米と水をミキサーにかけクリーム状化)
4)生玄米ヨーグルト(上記を発酵)


ただ、生玄米1合でも多いと言う人が出てきて玄米も0.5合、さらには生玄米も止めて生野菜だけ、さらに生野菜もジューサーで量を少なくして1日1杯の青汁だけで生活し始める人も出てきているという。それが難病を克服し青汁だけで生活しているあの森美智代さんですね。

「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年
(2008/04/15)
森 美智代

商品詳細を見る


この食事法を続けていると、900kcalしか栄養を取得していないために当然ですが体重がドンドン減ってきて、その後(6ケ月後)、何故か体重が増え出すという現代栄養学を根本から見直さなくてはならない現象が発生するのだという。どうも体内の生体菌が関与しているのではないかと推察しています。

こ、これで、、、少女時代のような美脚がゲットできる(爆)

ただ、このことは単に食事にだけ影響を与えるのではなく、餌(お金、食料、エネルギー)、笛(マスコミ)、番犬(暴力装置)の3点セットを駆使して大多数の庶民を「世界人間牧場」のゴイムとして使役してきたピラミッド型支配構造をも変革するだろうと睨んでいます。

あと食料問題意外にも、医薬や化学繊維普及の為に邪魔だった大麻の育成解禁と自然エネルギーによる発電と蓄電で電力の地域自給さえ可能になれば、ピラミッド型支配構造など跡形もなく無くなってしまうだろう。ただ、それに変わる司令塔として神の統治システムが必要だが、、、、この場合の「神」とは集合意識的なもので、ハチやアリ等の社会性昆虫のような意識状態のことです(笑)。この神がPCを経由したネットワークで「総意」という形で形成されるかもしれませんが、、、、、逆にいえば、人類はまだ獣性を帯びているからこそ、今あるような「世界人間牧場」という統治システムが必要だったのかもしれない。

いづれにせよ、2011年以降はゴイム支配のない嬉し嬉しの「ミロクの世」に向かって猫まっしぐらに555!と進んでいくだろう。その為には、今あるあらゆるピラミッド支配型の社会システム(系列、家元制度、中央銀行制度、中央集権…等)の崩壊は避けられないし、今までされてきた洗脳を解くことも必要。その時が今だという認識です。

マリファナ・ブック―環境・経済・医薬まで、地球で最もすばらしい植物=大麻の完全ガイドマリファナ・ブック―環境・経済・医薬まで、地球で最もすばらしい植物=大麻の完全ガイド
(1998/06)
ローワン ロビンソン

商品詳細を見る

パンドラの箱

「魔女の火山」として有名なカトラ山に噴火の兆候が出たとか、、、、中国最大の渤海湾の蓬莱19-3油田から原油漏れ事故が発生とか、、、現在、刻々と悪化の兆候を見せ始める世界情勢ですが、3.11以降、この世は、既にあの世に一歩足を踏み入れてしまったのかもしれない。事実、日本は今後放射線物質という目に見えないもの相手に生活していかねばならぬ状態にあり、もう後戻りできない領域に入ったことだけは確かです。

一昨日の赤い虹については、体感者が電磁ブロックが収まってしまったと感じた様に何故だか急に収束してしまい、大地震発生とはならなかった。これは日本の神様がまだ日本人の心を観察中だからとキャンセルしたからだろうか?(爆)。

私見ですが、この急激解消の原因の1つが実はHAARPではないかと睨んでいる。あの赤い虹が発生した時には確かに大気には「怒りの気」(=大地圧迫の投影)が満ちていたのですが、同時期に物凄い勢いでHAARPが稼働しており、コレを打ち消したのではないかと普通の陰謀論者とは逆の発想をしています。

HAARPは地球を守っている。

まぁ、3.11の時は解消できずに地震発生してしまったのだが、、、、

大気の状態は大地の状態を正確に投影しているといいます。これは大地の圧迫でピアゾ電圧が発生してその電圧が大気に電磁的な影響を与え、大気がイオン化したり筋状の雲を発生させるのですが、逆に言えば大気の状態をキャンセルすれば地殻の状態も緩和されるかもしれない。だからこそ、3.11の時もHAARPが物凄い勢いで稼働したのではないでしょうか!ケムトレイル&HAARPで電力グリッドのCME破壊と地震と太陽直射から守っているのです。まぁ、これは前々から言っていることですが、、、(爆)

実際、今日もケムトレイルの薄い雲のお陰で太陽の直射がなく、随分過ごしやすかったです。それでもメチャ暑いことにはかわりませんが、、、、、HOT SUMMERは昨年以上になることは間違いないでしょう。もしあの太陽が連日直射していたら、きっと凄いことになっていたでしょうね。

さてさて、明日何が起こるか?何が飛来してくるのか?全く予期できない今日この頃ですが、こんな時には霊夢とか予知・予言ぐらいしか頼りになるものはありませんね。で、3.11大震災を明確に予言した「山梨のじっちゃん予言」のその後の内容を知りたく思っていたのですが、それを扱ったサイトがありました。

■マグニチュード7.7
http://2channero.blog.fc2.com/blog-category-16.html

******************************************
「危機と言うか………、パンドラの箱は全部で3つ用意されている」
「最初の一番小さな箱が3月11日におきた地震と、その後の原発事故だ」
「そうだ、そして二番目に大きな災いの箱は6月に開く」
「言霊は未来を引き寄せる。6月になると3月の2倍の威力のパンドラの箱が開く」

「10月には日本を制裁しようとする国がたくさん現れるよ」
「その時、日本はもう被害者ではないからな、むしろ世界中を被曝の危機に晒している国だとみなされる」
「いや、天災の後の人災は国民の責任だろう。だから売りたくても売れず、買おうにも買えなくなると言うとんでもないことに陥ってしまう」
「12月になれば、もっとどうにもならないってことが誰にでも分かるようになるだろう」

「来年の2月には九州で火山が大爆発をはじめるから、復興なんて夢のまた夢になる」
「日本の末路は世界じゅうの国がたどってゆく運命になるから、日本だけが滅びる分けじゃない」

******************************************

今は7月ですが、起きるといわれた6月には特盛のパンドラの箱は開きませんでした。じっちゃんの「もののけ」とはそのぐらいの予知力しかないのでしょうか?そのことに対するじっちゃんの答えが以下です。

******************************************
『もう6月のパンドラの匣は開きそうにないんだけど?』
『恐らく、6月どころか12月のパンドラの匣も開きはせんだろう』

『ええ?』

『パンドラの匣はな、9月と10月に連続して開く。9月○日までに関東が大地震でやられ、10月□日になれば九州で大噴火が起き始める』

『その兆しとして、7月から8月に大きな災難が降り掛かってくるだろうが、とくに8月には気をつけねばらん。何と言っても9月10月に連続するパンドラの匣への警戒を訴える神の声だからな』

『生きるか死ぬかの大災害の本番は、来年の春から始まるはずだ。今年起きる事、起きた事はそのための備えをするために用意された時間だから、何が大切か、もう一度考え直して民族の団結を計らなきゃならん』

******************************************

えっ!?

いつの間にか、6月発生が9月10月の連続発生にすり替わっている!!!(爆)
逆に、九州の火山噴火は来年2月から10月に早まっている。

6月が外れたのなら、9月10月も外れるのかもしれないなぁ~
一体、じっちゃんの水晶に宿り未来を教えるもののけの神様とは、、、何者なのか?

マシュー君より性が悪いんじゃないのか?(爆)

この結果から、「大ハズレじゃん!」として見向きもしなくなるのは簡単ですが、3.11を的中したは確かなことだし、ここは好意的に解釈して、じっちゃんが言うように日本の神様が日本人の心を観察する為にわざと第二段の実施を遅らせているのだとしておきます。
※註 まぁ、予言が外れては予言たる資格がなくなり、イケナイとは思っているだすが、、、、

で、じいちゃんが予言している震源は横浜のベイブリッジ付近だという。三浦半島には4箇所の原子力施設があるといいますが、距離からいえば浮島にある原子炉が一番危険となります。で、じいちゃんの予知では施設は見る間にガレキの山に変わるのだという。ただ、予知により地震発生場所に食い違いがあるのはどういうことだろう。

・山梨のじっちゃん予言・・・東京湾(大黒埠頭?)
・世見の照さん、伊勢女の初夢予知・・・相模湾(江ノ島?ニ宮?)

まぁ、似たようなものかもしれないが、三浦半島を挟んで西と東では大きくことなる。う~む、予知の複合解釈では発生場所の特定は難しい。まぁ、分かったとしても対応のしようがない。私たちゴイムにできることといえば、海に近い場合、地震発生後スグに脇目も振らず高いところに掛け登ることだけでしょうか。東北大震災の津波の時がそうであったように、普段から即退避を心得ているかどうかが実際の生死の分かれ目になる。予知内容を知っていれば、そういう行動につながりやすいという利点があるのです。

ですから、地震発生の有無にこだわらない方がいい。
予知通りに発生した時、被害状況がまがりなりに想定できるという点を生かすべきです。

夏の間中バカンスに行ける方は別ですが、予知の活用方法といっても実際には生活基盤があるので事前に疎開避難するわけにもいかず、このぐらいが活用の限界でしょう。まぁ、これが地震国日本に生まれた者の心得というか宿命でしょうな。今回、たまたま予知内容が関東に集中していたのですが、今後、その他地域のものも出てくるやもしれませんが、対処方法は全く同じですね。

幸福への近道幸福への近道
(2011/07/08)
松原 照子

商品詳細を見る


まぁ、予知ゆえ実際に発生するかどうかはわからないのですが、予知というものの信憑性をリアルタイム検証するには、またとない機会です。で、じっちゃんの予言内容に戻りますが、その後の日本について書かれています。

******************************************
『今からわずか3年で、現在の世界はほぼ完全に滅んでしまう。その先触れがこの神国日本に襲いかかる過去に前例のない大震災だ。苦月苦日から、わが民族は奈落の底に落ちて行く』

『3年かけて世界は滅ぶ、しかしさらに3年かけて、今度は日本が滅ぶ』

『最初の3年間で滅ぼされるのは、この世の餓えに耐えられず病を起こして悶え苦しむ肉体人間達だ。しかしこの肉体だけが命だと錯覚して生きて来た人間達が滅んでも、骨と皮ばかりになった人間達がまだ生き残っている』

『だから次の3年間で滅ぼされるのは、この骨にすがって生きている人間達で、彼らは狂ったようにこの日本に押し寄せてくる。日本は攻めに攻められ、負けに負けて天皇家もろとも滅亡の淵に追い込まれる』

『だがな、もしワシの予知が正しければ、今日から5年後の6月11日にこの形勢を逆転するパンドラの匣が開くはずだ。このパンドラのお陰で戦局は一進一退のまま神の裁きへと向かう。そして残されるのは神に使えた人間の髄だけだ』

『神の与える試練は、生き延びることに価値がある分けじゃない。精一杯生きたことが重要なんだからな。最初の3年間で何十億もの人びとが彼方の世界に旅立つ。しかしその事が不幸なんじゃないぞ、人間としてどう生きたかが幸不幸を分けるだけだ』

『いいか、助かる人と言うのは生き残った人びとのことだけじゃない。神の声に従って生きれば、たとえそれがわずかな期間だったとしても、それが本当の救いとなる。何時、何処で死ぬか、それは神のお考え次第だ。悩むほどの事ではない。正しくなされた予言なら、それは神の声にも等しいものとなる』

******************************************

世界が一丸となって日本に攻めてくるという内容は、なにやら日月神示と同じような内容ですね。このじっちゃんは日月神示の読み過ぎという可能性も否定できないのですが、非常におぞましい近未来のビジョン内容です。別の箇所で言及していますが、日本を攻める理由の1つに挙げているのが、「今までは、日本は被害国だったという認識が加害国という認識に180度変わる。」という点です。しかも、その時他国と比較して日本は被害が少ないという理由もあり、生存の為に日本に攻め入ってくるという感じなのです。

これはズバリ、、、原発災害でしょう!

猛毒な核種(プルトニウム)のホットスポットが世界中に拡散するという感じなのでしょうか?となると、拡散候補地はあそことあそこぐらいしか思い浮かばないが、、、、、そんな予知予言は今のところない。やはり、全体的な総数での話なのだろうか?

骨と皮ばかりになった人間達、、、、俗に言う骨川筋衛門ですが、こうなるのも、地震、洪水、津波、旱魃、陥没で食料確保が困難となったところへ、わずかながら確保できる地帯が日本の原発事故のホットスポットで汚染されてしまったとか、、、、、こんな内容なのかもしれません。これならば怒り沸騰で日本に略奪に来るやもしれない。予知ではこのような餓死寸前の姿をした日本近隣の人々が日本に攻め入ってくるとのことですが、これではまるでゾンビに襲われるが如きです。

ゾンビ

しかし、6月11日の大ドンデン返しのパンドラの箱開きは、日月神示がいうように富士山噴火でしょうか?ここでてんし様誕生となり「岩戸開き」があるんでしょうか? つまり、ここまでは耐えねばならないようですが、災害だけならまだしも攻め入ってくる敵に反撃しながら逃げねばならないのは、こりゃ~、大変なサバイバルになるだすなぁ、、、、(暗)

食料の備蓄だけでなく、武器の備蓄も必要だすなw

ゲーム「バイオハザード」をリアルに体験できるまたとない機会です。

ただ、この予知では、審判後のミロクの世というニュアンアスの言葉が1つも出てこないので、サバイバルを勝ち抜いても何ともならないという点が、さらに気を滅入らせてしまうのです。(あはは)

赤い虹

東京でアーチ状の不気味な赤い虹が出現したそうです。

七色に光が分解していないことから、これは空気中の水滴によるプリズム分解ではなく、電離したイオン発光ではないかと考えられます。



東海アマ氏の見解では、、、

******************************************
収束点から電磁気や粒子エネルギーが放出されてますね。
小さな震源地ですが
他の巨大震源に刺激されて断層から出ていると思います。
超大型前兆

文句のない強烈震災級地震雲です!
私は「棒状帯雲」と呼んでます。
48時間以内に震度6以上が発生することが多い。
この延長方向に震源がありますが、
普通は両方の延長に

******************************************

多少割り引いて読まないといけないのですが(笑)、目撃情報からはこの「赤い虹」は北西から南東にかけて伸びていたそうですが、この方向にあるのが房総沖と福井です。長い雲の場合、距離的に遠い方が震源の確率が高いという経験則があるそうで、この場合は福井が濃厚となりますね。

う~む、福井ならもんじゅ原発が危ないぞ、、、、
「もんじゅ」やられたら北半球はジ・エンドです(滝汗)。

メガ盛、、、い、いや、テラ盛級が来るだす! (ドクタ~談)

そういえば、最近起きた和歌山、松本の地震も気になりますね。いづれもユーラシアプレートを分断する中央構造線の中国大陸側という位置で発生していますが、今、このプレートが活性化してきているかもしれません。サクラコードの洞察通り、「薄墨桜」を狙って使徒襲来となるのだろうか?

しかし、この「赤い虹」の発生軌跡は、まさに関東における中央構造線に沿った方向なのです。中央構造線自体が地震空白域であり、この構造線の剥離と共に巨大地震発生という流れになるのだろうか?

または、そのいずれも単なる杞憂で終わるかもしれません。

この中央構造線への圧迫は、地殻を圧迫するゼロポイント状態となって「赤い虹」が発生したように、今後、大気中に電離イオンが常に充満するようになるのかもしれません。そして、今までケムトレイルで散布したアルミナノ粒子とでテスラドーム、あるいは、テスラの「世界システム」が自然に完成してしまうかもしれません。分杭峠では気場に座ると地面からピリピリする電流のようなものを明確に感じられますが、コレと同じ現象でしょうか。日本は大気から無尽蔵に電気を取り出せるならば、世界最大無尽蔵の良質な海洋資源を合わせ持つことで、無敵の資源国となるのかもしれません。これが日本がニューワールド移行に伴う復興で一歩二歩先に進むことが出来、次の「ミロクの世」をリードすることになる大きな理由となるのだろうか?、、、、その辺は未来のお楽しみとしておきます。

で、今回の場合、赤い虹だけでなく、HAARPも500nT振り切れ状態なのだという。

HAARP20110720.jpg
(2011/6/20~2011/7/20)

確かに500nTを振り切って1000nTさえ超えていますね。ただし、3.11以降の過去グラフを見ても、500超の日は3/1、3/11、4/6、4/30、5/28、5/29の6回だけであり、巨大地震が起きたのは3/11だけでHAARPと地震の相関関係は弱いと見ています。3/11で特徴的なのは黒線だけでなく青線も500nT超している点ですね。これは3/11だけに起きています。ですから、7/11も青線が500nT超したならば、超注意だという風に考えています。今のところそうなっていませんが、現在、メーターの振幅は非常に大きいので、今後、そうなる可能性はあります。

ただ、HAARPと地震には直接的な因果関係を認めていませんので、たとえHAARPグラフがそのようなメーター状態であっても地震が起きるとは思っていません。

HAARP20110620.jpg
(2011/5/21~2011/6/20)

HAARP20110521.jpg
(2011/4/21~2011/5/21)

HAARP20110421.jpg
(2011/3/22~2011/4/21)

HAARP20110322.jpg
(2011/2/20~2011/3/22)

HAARPメータグラフがおかしいと思う点は、連続した月日でグラフ取った筈が何故かうまくつながらないのです。つまり、一番上のグラフの左端(2011/6/20)とその下のグラフの右端(2011/6/20)が同一日なのに、同じスケールでグラフ取得したにも関わらず波形の触れが異なるし、上グラフは上から「黒→赤→青」の順に並んでいるにも関わらず、下グラフは「赤→黒→青」の順に並んでいるのです。

実は、非常にいい加減なものじゃないかと、、、(爆)

というわけで、この煩フルではHAARPデータはタブーなのです。
まぁ、ちょっとだけは参考になるかもしれないが、、、、

「アンタも好きねぇ~」と言いたくなる。

宇宙規模のイベント

2012年までにベテルギウスの超新星爆発があると書きましたが、これは科学者がいう予測です。

ベテルギウスは太陽の直径の1000倍もの大きさを持つ赤色巨星で、天空で8番目に明るい星で、地球から460光年の距離にありますが、この爆発で25光年の範囲は全て死滅すると予測されています。この超新星爆発が4.3光年先のアルファ・ケンタウリだったら、地球は終わりだったでしょうね(汗)。

この宇宙規模のイベントは「少女時代アリーナツアー2011」以上のサプライズなイベントなのです。

ペレルギウス
(左がペテルギウス)

でも、何故、今、超新星爆発が起きるのでしょうか?

世界中で洪水、旱魃、山火事、地殻陥没、地震が多発していますが、それ以外にも今後起きそうなことして、、、、太陽活動の活発化、CME飛来で電力グリッド破壊、地球地場の消滅、ポールシフト発生、エレニン彗星(中性子星?)の到来、太陽近辺の巨大な謎の物体、「ドルの死」に伴う資本主義(お金の社会)崩壊、日本の原発事故で放射線物質汚染でサクラ満開、、、、、これらがシンクロだとしても、あまりにも2011年にシンクロし過ぎです。

このような宇宙や地球の異変も、実は内面世界の変容であり、意識世界の変容によって起きるのだと見るのが「変換人型ゲシュタルト」です。ですから、これらの同時発生的なシンクロも当然といえば当然なのです。

で、今回、オリオンとどう関係があるのか洞察してみました。

ベテルギウスはオリオン座の左肩にある赤く輝く星で、和名では「平家星」と呼ばれ、一方、下方にある白く輝く星がリゲルで、和名を「源氏星」といいます。これは平家が赤旗、源氏が白旗であるところから付けられたそうです。現在の支配者側には藤原氏第一の手下「源氏」がいますが、支配ピラミッドを暗喩する△側に源氏星(リゲル)がある点が非常に興味深いです。

orion1.gif

このオリオン座を見て何か感じませんか?

この星座は腰の三ツ星ベルトでグっと締め上げた上の三角形と下の三角形という構成になっていますよね。

つまり、コレです。

豊橋
御馴染みのゼロポイントの豊橋市章です(爆)

豊橋はオリオン・シティでもあったのです。

語り部によると、この東三河は徐福渡来2300年の歴史を誇り、また、「世界樹」である扶桑樹が生い茂っていて、不老不死の妙薬のある蓬莱山(現・鳳来寺山)を背後に持つが故に、扶桑樹信仰の弥生人を中国大陸から引き寄せ邪馬台国として成立させるほどの神仙の地であったという。これ故に、聖書に記述がある「生命の泉」から湧き流れる川から命名された「三川」を名に持ったのでしょう。さらに、かつて「豊葦原瑞穂国中津国」であったことから「穂の国」と呼ばれたところなのです。

■語り部
http://www.pleiades15.net/history/niwa.html

ただ、今はアボ~ンな地ですが、、、(爆)

こんな地なので、オリオンと関係があってもいい。
っていうか、絶対あるべきだ(超爆)。

この上下三角形の接点のゼロポイントに該当するのが石巻山でしょうか。ある霊感の強い人の話では、この山頂には「天之御中主神」「高御産巣日神」「神産巣日神」の造化三神の臨在を感じるといいますが、これが三ツ星が暗喩していることなのかもしれません。火と水のエネルギーが交差する日本唯一の場所とのことなので当然でしょうか(大笑)。

ロンドンの国際アフリカ研究所の所蔵品の図では、マリ帝国(現在のコンゴ)のバンバラ(正統末裔のマンデ系民族)によると、デミウルゴス(偽の神)の創造の方法が下図のように最初は1点であったものが螺旋を描きながら二極化していき、さらにそれが2つに分離して4つの渦巻きになると説明されています。さらに、この4つのエレメントが「風・火・水・地」であり、この世の全てはこの4つのエレメントから構成されると説かれる。

demiurge_20110710221933.gif

■ILLUSTRATIONS(The Royal Art of Astronomy)
http://www.bibliotecapleyades.net/hamlets_mill/hamletmill_illustrations.htm


今は、この創造の働きとは逆方向の動きをしていて、4つの渦から2つへ、2つから1つへと融合して全く異なる次元世界、つまり、「虚の世界」(変換人の世界)へと移行する過程なのですが、これが日月神示のいう「鳴門の仕組み」「富士(不二)の仕組み」だと睨んでいます。

ゼロポイント

この「富士(不二)の仕組み」をシンプルに表現したのが上図のゼロポイントですが、磁石の同極同士を近接させた場合、その間は磁力を全く示さないことから、これは磁力線同士が打ち消しあって何か別物にエネルギー転換したのではないかと考えられています。しかも、その転換後のエネルギーは測定出来ないのです。何か別次元にに消えていってしまったが如きなのです。これが「ゼロ地場」と呼ばれるものですが、ゼロポイントもこれと同様の現象です。

今、上の赤いペテルギウスが超新星爆発を起こして、上から下へ圧迫しようとしていますが、これは太陽が地球に対してCME放射するのと全く同じ状況なのです。そして、この現象は上記の説明で分かるように、今、この世が終りを告げようとしていて、新しい世界(ニューワールド)へ転換して入っていこうとしているのです。

そう、これは宇宙がするコマネチ神業なのです(爆)。

そういえば、少女時代の「Into the New World」の曲のサビの部分には、このような歌詞があります。

イ セサン ソゲソ パンボクドゥエヌン
この世の中で繰り返される
スルプミジェン アンニョン
悲しみはもうサヨナラ
スマヌン アル ス オヌン キルソゲ 
幾多の分からない道の中で 
ヒミハン ピチュル ナン チョチャガ
微かな光を私は追いかけていく
オンジェッカジラド ハムッケ ハヌン ゴヤ
いつまでも一緒にいてくれる
タシ マンナン ナエ セゲ
再び出会う私の世界


この「再び出会う私の世界」というのが、実の世界(物質世界)に対する虚の世界(意識世界)のことですが、カバラでは「アダムカドモン」が641個の自我に分離して物質世界に降下してきて経験を積むとまた再び1つに融合して「アダムカドモン」に戻ると説きますが、この降下の方向性が「知恵の樹」で上昇の方向性が「生命の樹」ではないでしょうか。

オリオンの3つ星が暗喩していることは、日本神話でいうところの「天之御中主神」「高御産巣日神」「神産巣日神」の造化三神だと書きましたが、これは即ちカバラの生命の樹の三本の柱「均衡の柱」「峻厳の柱」「慈悲の柱」でもあるのです。さらにいえば、東海三神山の「蓬莱山」「方丈山」「えい州山」がそれを表してもいると睨んでいる。そして、ゼロポイントで変換されたアダムカドモンの境地(意識がつながったニューワールド=虚の世界)に至る関所には、この3つの柱そのものである「生命の樹」が存在するのです。オリオンの三ツ星はこの「生命の樹」のある方向、即ち、アダムカドモン(再び出会う私の世界)の現出を暗喩していると睨んでいる。

う~む、これで石巻山での「Into the New World」の曲に乗せての「コマネチ神業」にもリキが入るだす! この「コマネチ神業」は宇宙規模では上からドンと来る「平家星(赤)」と下から競り上がる「源氏星(白)」の激突であり、つまり、宇宙の紅白歌合戦なのだす。

で、紅白終えたら、新年(ニューワールド)なのだす。


(紅白歌合戦にはスキル不足(?)で参加させてもらえなかった少女時代)

7.7ソニョシデ「人類補完」名古屋場所

7月7日に米国にコレといった大災害は何も起きませんでしたね。
そうそうあっても困りますが、、、、(あはは)

まぁ、そうはいっても7/6には米国アリゾナ州で巨大砂嵐が発生しましたし、7/7にはニュージーランド北東沖ではM7.8の大地震が起きました。日本においては福島第二で謎の冷却系電気系統の故障があった。3.11が起きる前にはNZのクライストチャーチで地震が起きていましたので、「同じこと2度ある仕組み」から今後同様な展開があるのでしょうか?そういう点からも、松本龍災害担当相の辞任は3.11大震災直前の前原外相の突然の辞任とダブって見え、不気味な展開をしています。

この周期性は彗星の軌道に由来するというのも考えられますね。NASAの公式の彗星観測回数が他の彗星(レヴィ彗星:4年半で324回)と比べ、完全に凌駕するエレニン彗星(7ヶ月で2181回)ですが、この観測回数の多さは、彗星が実は巨大な質量の矮星。あるいは、UFO艦隊(ラストバタリオン?)を引き連れているからではないかという。
※註 このUFO艦隊は背後の星の時間差撮影によるものだと思っています。また、ひまわり銀河からの救援艦隊だという話もありますが、外宇宙の生命体を認めない変換人型ゲシュタルトからは、それはねぇと思っています。

■「彗星エレニン」にまつわるさまざまな噂?
http://quasimoto.exblog.jp/15072677/

でも、そんな中、行ってきました!
少女時代JapanTour2011

少女時代00

これはS2機関(永遠の生命=生命の樹)搭載型の完璧形エヴァ9体(エヴァシリーズ)が繰り広げるゼーレ(電2)のシナリオによる「人類補完」の儀式と睨んでいるだす(爆)。で、内容はどうかというと、、、、

どえりゃ~ えがったっす!

「ひつまぶし」を食べ元気モリモリの少女時代がアリーナ席に大きく張り出した通路を使い会場をところ狭しと動き回り、聴衆に「ロンギヌスの槍」という彼女たちのオーラ掛かった魅力でブスブスと刺すという趣向です。この「生命の樹」との融合儀式でヤッズ★も「身の終わり(美濃尾張)」となっただす~。

それにしても、テンション高くなってたテヨンが「どえりゃ~」という言葉を気に入ってしまったらしく、メンバーや観衆も失笑するぐらい頻繁に連発していました(爆)。

元々、5月の名古屋場所には行くことを考えていたのですが、3.11で東北福島のことばかりに気を取られてしまい、ツアー申込期間を過ぎてしまった。7月6・7日に公演延期となったが、5月購入者がそのままスライドの為、まぁ、今年は参加できないなと思っていたところに、機材撤去による増枠の新聞広告。まぁ、多分、月日スライドに伴うキャンセル分の穴埋めだと思われるが、「これだぁ~」と飛びついたのですが、受付当日、受付開始6時からに対してハッと気づいた時は既に7時を回っていた(汗)。さすがに指定席はもう無くなっていて「立ち見席」があるだけです。

まぁ、エレニン彗星接近でもう来年は見れなくなるだろうし(爆)、この機会を逃してはならずという焦りから「立ち見」で我慢しての申込です。しかも先着順の入場だという(汗)。

7月7日は5時30分開場なので、熱田神宮でスサノオの草薙剣を拝んでから並ぼう考えました。しかし、当日はあいにくの雨で熱田神宮に行く気になれず、12時少し前に会場の日本ガイシホールに到着しそのまま開演まで待つこととした。既に会場には50mぐらいの人の列が出来ていて、「人気故、はやり遅かったかぁ、、、」と後悔の念しきり。ただ、炎天下ではないのでそれ程苦痛にはならないだろう。晴れだったならば、入口はマジ南向きで直射日光直撃で熱中症になったかもしれんだす。

雨に感謝(カムサム)ニダ。

暫く経って係員に聞いてみると、その列は「当日券」の列(超爆)。もう一度「立ち見」側に並び直したのですが、そこには3名がいただけ。飯でも食べに行こうかと考えたのですが、まぁ、この先どうなるかわからないのでそのままそこに並ぶことにし、コンビニ弁当を食べることにした。その時、知ったのですが、「立ち見」は最上部の5F。これじゃ~豆粒ぐらいにしか見えないだろうな、、、、(涙)。

並んでいる間中、少女時代を中心にこの煩フルで紹介したKPOP聴きまくりです。途中、列を離れて周囲を見に行くと14:30から販売開始となるオフィシャルグッズ売場にも長~い列が、、、、シュシュ(800円)やコーラルピンクのスポーツタオル(2500円)…等があるだけで欲しいと思えるものが何もない(汗)。

何故、ロンギヌスの槍を売っていないのだ?

少女時代といえば、ロンギヌスの槍ではないのか!?

ロンギヌスの槍00
(エヴァシリーズが持つコーラルピンクのロンギヌスの槍)

そんな不平を言いながらも周りを見やると、Mr.Taxiの黄色い服、Hootの黒パンツ姿、Genieの婦警や海軍風の格好、Oh!の番号付きTシャツのコスプレした人たちが多かった。中には男でMr.Taxiの黄色い服を着たおっさんたちがいたのには引いてしまっただすが、、、(あはは)

どうもコーラルピンクのスポーツタオルを肩に掛けるのがなのようで、ひと昔前の矢沢永ちゃんのタオル姿を想像してしまった。やはり時代は「女性原理」主流の時代に推移してきている。カミサンがタオル欲しがって躊躇していただすが、結局、買っただすw

SNSD.png
(縦に簀巻きにして樹脂で固めれば「ロンギヌスの槍」になるか?)

開場17:30になると、係のお兄さんが「今、アリーナ席が7席空いているので、よければそちらに行けますが、どうしますか?」と聞いて来た。何の躊躇もなく「ヤッズ★、行きま~す!!!」と回答。これは雨の中5時間近く並ぶ苦行に耐えたご褒美でしょうか。実は、こうなるんじゃないか?というビジョンが前日ふと頭に浮かんでいたので、朝早くから出発して並んだわけですが、現実化してマジ嬉しいだす。

ゴイム(5F)から1Fに空中携挙されただす。

やはり、今、「この世」はだんだんと想いが実現化する度合いが以前と比べ格段に違ってきており、だんだん「あの世」化して来ているのではないでしょうか?(笑)

席も中央ステージ後方ですが、アリーナ席の塊中では周りに人が立たれると何も見えなくなるが、後方なら席の上に立って見れるという点からは、なかなかの好位置だっただす。ただ、アリーナ席は平面なので全体が見えないのは辛いところですが、まぁ、5Fの立ち見よりは遥かに良いわけで、最後にはステージ近くに寄って超至近距離でメンバーを拝めたのは嬉しかったっす(感涙)。

タマネギ頭ではなかっただすが、、、、

生ジェシカ様サイコーだす!


(5.18 東京公演の様子)

さてさて、演目の内容を超簡単に説明すると、、、、

ステージ背後には超高輝度の巨大ディスプレイがあって、そこに映し出される映像とリンクしながら歌う曲目が紹介されるわけですが、冒頭の映像は人類が死滅してその中からエヴァシリーズが再生し、さらに最後に第五使徒ラミエルの画面アップで終了です。

第五使徒ラミエル
(第五使徒ラミエル)

そこからステージに移るのですが、アレーナ席中央にはいつの間にか巨大な実物大の第五使徒ラミエルが現れている(汗)。その時、どこからともなく、、、、、

「お呼びですか~」の声が、、、(爆)

で、第五使徒ラミエルが展開して開き、中から白い服を着たエヴァシリーズが登場して「Genie」の曲が始まるといったオープニング趣向でした。「ねぇ、言いかけたSOSはマジだ、、、」の内容通りの展開です。で、曲中、間を取った後にティパニーが発した言葉、、、、

「ナゴヤ! Put it back on!」
(名古屋! もう一回行くわよ!)


で、一気に会場のテンションが高くなった。
ただ、惜しむらくはラミエルの中から登場時、「ロンギヌスの槍」を持っていれば完璧だったのに、、、、

やはり、少女時代にはエヴァが色濃く投影されている(爆)。

で、一番の盛り上がった曲は「Gee」「Oh!」です。腕が引きちぎれん程にピンク色のペンライトを振り、声が枯れるまで「ジージージー、ベイベ、ベイベ、、、」「ソニョシデ!」と熱唱だっただす。ただ、現在プロモート中の「Mr.Taxi」が無かったのは残念。折角、ハンドルダンス覚えたというのに、、、、(最初に歌っていました・汗)その後も、メンバーのソロ曲があったりするのですが、驚きだったのが、後半メンバーがキンキラの王冠を被って金船(貴船)に載って会場を巡回するシーンです。これは加羅国の王・扶余依羅(倭旨)を筆頭とする八人の王子たち(八神)がキンキラキンの船(金船=貴船=七福神の宝船モデル)に乗って半島からやって来た初期大王家(扶余系スキタイ・カド族)渡来の事跡の再現でしょうか!(超爆)。

このようにエヴァファン、初期大王家ファンにも楽しめる演目内容だったのですが(大笑)、アンコール曲は、最近、煩フルで頻繁に紹介していた「INTO THE NEW WORLD」でした。この曲、歌詞も繰り返し聞いて完璧に覚えていたので感無量です。

う~む、やはりNEW WORLD突入は間違いないのだな、、、 「JAPAN! Put it back on!」(日本!もう一回行くわよ!)の言葉通りに「同じこと2度ある仕組み」でミロクの世に突入するのだな、、、、と一人納得w
※註 今日は朝早くから起きたのですが、昨夜のペンライトの振り過ぎと声の出し過ぎで「身の終わり」状態です(爆)。

夏の予言

実際は他所での電力生産能力が余っているのに、電力不足を煽って「節電」で押し切ることで、原発の必要性をアピールし「原発推進」「送電線独占」の旗を降ろさないままに、とうとう夏へと突入してしまいましたね。3.11以降、東京都知事選、東電株主総会がありましたが、いづれの結果も原発推進の石原再選、総会での反原発動議も20%台と低かったです。この結果はマスコミを総動員した効果があったからでしょうね。日本も西ドイツやイタリヤのように反原発とはならずに、この期間をかけて、日本、特に東京の方向性が「原発推進」と決まった瞬間でした。
※註 これに反して、実質的な被害を受けることになる地方は「原発見直し」機運が高い。

これで方向性が確定し、山梨のじっちゃん予言がいうところの「神様が様子を見ている期間」は過ぎたと考えています。ですから、何かあるとすれば、もうそろそろじゃないかと思うんです。

で、今、ネットで話題になっている伊勢女の春夏秋冬の夢という予知夢の話がありますが、伊勢女によると我々を凄く心配している神様(視覚的に白い光、けむり、人間や動物ではなく丸いような玉のような感じ。感覚的にはふわふわしたような、女性的なような感じ)と感じる存在が夢の中に出てきて、様々なビジョンやメッセージをするそうです。

メッセージ内容は、、、、

「人間の力なんて大したことがない。金や物や権力は人間が作り出したもので、あまりにも愚かだからあなた(私のこと)は人生を反省しなさい。すべてのものが一度無に帰すことで世の中が変わっていくのをごらんなさい。物に執着しちゃいけない。」だという。

で、見たのが下記のような夢です。

******************************************
■「冬」の予言
1.雪が舞っていたので季節は冬?。でも、11という数字が出たから晩秋の11月とする。時刻はお昼過ぎ、午後2時49分で止まる時計。ここにはいそうにない漁師さんっぽい。屋根が瓦ではない。日にちはわからない。
2.いきなり揺れる揺れる長い揺れ。津波10mくらいで道路と家、低い建物が流される。
3.黒い泥と、がれきの山、海岸に真っ黒になった百人の死体が散乱。
4.出てきた数字は48、28,674、022(022は仙台市の市外局番のよう)
5.地名は山田(当初は伊勢市と推定)、高田(当初は新潟県と推定)、若林か高林
6.タワーのある六つの建物の建物がいきなり爆発。(原発?)
(※注意 「夏」の予言は後出しです)

■「春」の予言
「春」と思う夢には地震など不吉なものはなかったと思います。政治の世界で何かがあるようで国会議事堂の近くで大きなデモがあったり、つかみ合いの喧嘩がはじまるようです。


■「夏」の予言
冬・春・夏・秋の四部形式でみた初夢のうち、本当に恐ろしいのは夏のような気がする。サーファーや海沿いの民家や道路、電車、ビルまでが津波に飲み込まれるような悪夢を初夢で見た。地域は関東地方で最大震度7。ニノマエ町というところ。TBSのSPECみていた関係か、地名ニノマエ?だったような感じ。

津波で流される電車は、横に濃い青い線が二つで真ん中が黄色かオレンジの太い線。その地域は海と山が近く、トンネルの多いような地域。

その他、地名としては「切り倒しが崩落」
「こまちが壊滅、駅前も無残な瓦礫の山」

夏だと思います。時刻は朝のような。電車が混んでいるので平日の朝でしょう。朝だからなのかもしれないですが、サーフィンや海水浴をしている人がまばらなようでした。天気のよい日のようでした。津波にのまれる、嫌な光景でした。津波が電車や都市部の高層ビルまで押し流したり、山にぶつかっていったり。震度7がニノマエマチで、一帯が震度6強。伊勢市も震度6強といったアナウンスが流れた感じでした。

「ふっつ(富津)の神でなければもはや止められない。たけだ(武田)のミカ(武田みか→人名?)は既にいない。石が溶けて(溶岩?)もはや守れない。偽りの都は滅びる」

偽りの都は滅びるの偽りの都はどこ?
→けがれた地のこと。(高層ビル群・東京スカイツリー?・巨大な観覧車・港)

このけがれた地は、ゴギョウ(五行)のわざわいをもって清められる。
わざわいとは地震?→地震と火と津波と風といくさ(戦争)。

東京、日本はどうなるの?
→火の元の天使は都に戻る。笑みしの国は立ち上がる。のだそう。

あと、映像と声。女優の岩井友見さんに似たアナウンサーが全国ニュースで「東京のスタジオが被災したため、復旧のメドがたっておりません」と話す。アヒル口の男性アナウンサーが「今日のニュースナインはこれで失礼します」


■「秋」の予言
「秋」は日本ではなく、中国とアメリカが原因でお金自体の価値、食べ物の価値が変わってしまうようなことが起こってくるみたいです。混乱を招きたくないのでこれ以上は書けません。

日本は意外なことに影響がないのです。中国が日本を攻めてくることもありません。中国がアメリカに対して紙屑にするのかとケチをつけ、だったらこっちから紙屑だとアメリカが騒ぎ出して行きます。もうこれ以上は書けません。


■伊勢女初夢スレ
http://unkar.org/r/occult/1303130180
******************************************

この「冬」の内容は、ズバリ東北大震災ですね。時期については?ですが、津波で避難中のところに寒波があって大変だなぁ、、、と思ったので、この時雪が降ったのかもしれませんね。マジそら恐ろしくなる程の的中です。

その後の「春」も脱原発のデモがありましたが、この光景でしょうか? 

春といえば3~5月ですが、ある扇動的ブログには503、511、530、616、622に本番地震が起きる~っとか全く人騒がせな予測が載っていましたが(オメーのことだw)、この霊夢だとそういったものは無いとになっています。実際、その通りの展開でしたね。これの霊夢のこと知っていたら書かなかったのに、、、、(涙)。心配損しただけですが、まぁ、このお陰で今まで能天気に何も準備していなかった防災グッズ、食料備蓄、飲料水確保...等の用意が出来た点だけはよかったと思います。

さてさて問題は「夏」です。この感じだとマジ「GO!GO!サマー」になるって感じですね。問題は発生場所なのですが、掲示板でも候補地がいろいろと挙げられています。しかし、やはり相模湾の鎌倉が最有力だと思います。相模湾地震は地震地震相関図からもいつ起きてもおかしくないと言われており、また照さんの世見でもこの相模湾にマーク発生のヴィジョンを見ています。
※註 鎌倉の大仏はかつては建家内にあったが、津波で建家が流されてしまったという。このように鎌倉は津波多発地なのです。

「火の元の天使は都に戻る。笑みしの国は立ち上がる」とありますが、これは「日の本の天子(天皇)は都(京都)に戻り、東北は日本国を離脱・独立する」なるだろうと睨んでいます。日本国からの独立は藤原氏(閨閥)の支配下からの脱却でもありますが、それが(アイヌ)や初期大王家...等の滅亡された氏族の怨念でもある「艮の金神」の真の狙いでしょうか。
※註 現在のロック・ロスチャとつるんだ藤原氏に支配された日本社会では、本当の医療、放射能除去は利権関係からできない。放射能汚染克服のキーワードは、大麻、生物菌でしょうか。この自然の恵みで日本は放射能汚染を克服して行き、世界から畏怖の目で見られることになるだろうと予想している。

藤原氏第一の手下は源氏です。しかし、武門の覇を唱える前にはその上には公家・武門の主流派を成していた平家がいました。この平家の跳躍の原因は平清盛が後白河天皇の信頼を得て「保元の乱」「平治の乱」で最終的に勝ったことからです。「平家にあらずば人にあらず」と言い放ったという逸話がある程、史上初めて武人であった清盛が大政大臣になったのです。このことが五摂家の定位置を奪われた藤原北家の肝に触ったのでしょう。藤原氏に呼応したのが源氏ですが、平家一門を壇ノ浦の戦いで打倒して、藤原北家による摂関政治の確立に協力して平家に代わり中央における武門としての地位を確立したのです。この氏族(賜姓皇族)源氏の足利氏が幕府を置いたのが鎌倉なのですね。確か、この鎌倉の鶴岡八幡の神木が倒れたことが数年前にありましたが、これらは全てつながりがあるとみています。

偽りの都=東京でガチでしょう。

明治維新になっても、東京へは玉座(高御座)は動かされておらず、実質的な都は京都のままです。あくまで東京は長い期間に渡る東巡の行幸地という扱いになっている。

また、この東京は平将門の怨念の地と言われますが、将門は京都の天皇に対して自らを「新皇」と称して朝敵となってしまい即位2ケ月後に討たれています。その亡骸はバラバラにされ、体-神田明神、首-将門首塚、鎧-鎧神社、兜-兜神社、手-鳥越神社、足-築土神社、幼名-鬼王神社、指-新宿熊野神社に祀られたといいます。神田明神を鬼門に配して利用した江戸幕府や、このうち7つの神社が将門が奉じた妙見信仰の北斗七星の形を構成させ、これを蹂躙するように山の手線を配して、東京に置ける将門の怨念を封じたのが明治政府でした。

平将門もまた蚩尤(しゆう)や巨旦将来と同じくバラバラにされ呪詛で封印されたのです。

平家もまた初期大王家、蝦夷(アイヌ)と同じく日月神示を仲介して伝えた霊的グループだと睨んでいます。だからこぞ、藤原氏支配の社会を終焉させたいのではないでしょうか!?

鹿島神宮(武甕槌大神)も香取神宮(経津主大神)は、その要石で東国における大和朝廷の安定の為に怨霊を封じて地震を抑えていたのですが、これが昨今、機能しなくなった。それ程までに中央構造線のエネルギーが増大化しているということでしょうか。
※註 菅原道真の怨霊の「雷」、長屋王の怨霊の「天然痘」のように自然災害の形で現れてくる。

この原因はニビル(エレニン彗星?太陽近辺の謎の物体?)なのですが、さらに奥深くでは宇宙全体のも及んでいて、その一例が、2012年までには起きるというペテルギウスの超新星爆発ですが、実はこれは明日起きてもおかしくないともいう。この超新星爆発もニビル来訪と関係あると睨んでいます。
※註 変換人型ゲシュタルトからは、太陽系以遠の宇宙は太陽系の合わせ鏡的な虚構空間なので、太陽系自体が2012年までに大きな変化があるならば、その投影であるペテルギウスの変化が2012年までに起こるのも決して偶然ではないのです。

ペテルギウス00
(ペテルギウスは異常な収縮と白い高温箇所の増加で、近々、超新星爆発は確実だという。その際、2週間は夜が無くなるというが、、、)

さらにいえば、このペテルギウスは被災予想地や日月神示とも大いに関係がある。

なにせ、ペテルギウスの和名は「平家星」ですからね!
※註 一方、「源氏星」はリゲル。平家の旗印が「赤旗」源氏が「白旗」から来ているが、紅白戦、紅白歌合戦の紅白も平家・源氏の旗色からきている。

End of Old World

昨今、世界中で起きている洪水・旱魃・津波...等の「水」の災害、火山噴火・原発事故・山火事...等の「火」の災害を見につけ、次元上昇(アセンション)はもう始まってしまっているのかもしれない。今は環境のエネルギー増大化現象に過去意識で構築してきた科学や文明が付いていけていない為に、「想定外の事象」となって現れてきているのではないだろうか?

コンニチワ New World

現行の環境状態と人間の意識との間のズレを埋めないことには、この先、人類は生きていけないだろう。まさに「怖いものかと、GO!GO!GO!」とその波動に付いていかねばならぬのだが、、、しかし、誰もがこの世の有様が「修羅場」という言葉があるように辛い第三密度世界的状態であることを嘆き、天国世界を望みながらも、イザ、その前に起きる大浄化が始まると怖気付いて、今のこの世の状態が続くように祈りを始めてしまうものです。

今は産道から出る為の狭く苦しい時なのだす。
このまま再び子宮(マトリックス世界)に戻ってしまってはアカンのだす。

子宮の外へGO!GO!GO!だす~

さてさて、そんなことを考えている今日この頃なのですが、「メモ・独り言・戯言」ブログさんとこで見かけたのですが、コレは一体何?

ニビル?



動画の表題は 「双子連星? 黒色矮星? 褐色矮星?」と出ています。
※注 BO′AZは意味がわからんw

黒色矮星とは耳慣れぬ言葉ですが、「質量が太陽の8倍程度以下の星は最終的に赤色巨星に進化した後、外層部のガスを放出して白色矮星となるが、もはや核融合を起こさないため熱源が無く、放射によってエネルギーを失い冷えていく。こうして徐々に温度が低下して放射量も減少し、最終的に電磁波による観測が不可能になった天体を黒色矮星というそうです。ただ、現在の宇宙の年齢では宇宙の初期にできた白色矮星でも、冷え切って黒色矮星となるにはまだ充分な時間が経過していないと考えられ、黒色矮星はあくまで理論上の存在で、実際に観測されたものはない。」という(Wikipedia)。

動画を見る限り、太陽フレアが物体の前を掠めていて、さらに全く噴霧状態に変化がないことから、太陽のかなり後方にいることが分かりますね。逆にこのことからレンズのゴミではないことは明らかです。後方に位置し、このサイズで映るならそうとう大きい。明らかに木星より大きい!

太陽の裏側から顔を覗かせるならば、それはクラリオン(反地球)ですが、このサイズはデカ過ぎです。また、エレニン彗星にしては大き過ぎるし、現在、エレニン彗星は土星軌道上にいる筈なので、これも候補から外れる。

太陽を超楕円軌道で周回しているのならば、半年前には地球が180度反対側にいて、この物体も太陽から離れて見える筈なのだが、、、、見えていない。また、この物体が太陽近辺を周回しているのなら、太陽フレア噴出でフレア噴霧状態に変化が出る筈なのだが、、、、そうはなっていない。まるで異次元からひょっこ現れ出てきたような感じなのです。

うっ、、、もしかしたら、、、、
これが次元交差で見え始めるという、、、、本当のニビル
エレニン彗星はNASAの偽装だったのか?
確かに、あの彗星には「ELLE(災害)」という意味深な名を付けられている。
どうも陽動臭いw

ホピの予言にはこうあります。

サクアソフー〔青い星〕のカチナが広場で踊る時がくる。
彼は、今はまだ目に見えない遠くの青い星を象徴している
その星はもうすぐ現れる。
その時はウウチム祭で歌われるある讃歌によっても予告される。


マルティン長老は、このサクアソフーをホームズ彗星だと断言したのですが、ホームズ彗星は太陽接近に伴い2日足らずの間に17等星から2等星台(約40万倍)に「増光(アウトバースト)」したといいます。ですからこれと同じように、「今は見えない星」も太陽接近に伴い急激に「増光」して青く輝き出すのではないでしょうか!この太陽に近接する謎の物体はニビルの可能性がある。エレニン彗星もニビルの可能性があり、どっちがニビルかははっきりしませんが(汗)、いづれにせよ地球は新しい次元に入り込み始めたのだろうということが推測されます。

ということは、、、、、
今、子宮(マトリックス)の外に出はじめたということか!!!

アレが今度の新しいパパ(親太陽)なのね!

2001年宇宙への旅
(「2001年宇宙への旅」のスターチャイルド誕生の時が今!)

7月7日のカタストロフィ

7月7日にカタストロフィが来ると、今、全米が泣いている。

*****************************************
やあ、みなさん、大事件です。エレーニン彗星の移動地点時刻表によると8月には、われわれは地下の大洞窟にいなけれがなりません。なぜなら、太陽嵐の最大の脅威が2011年9月11日に集中します。そしてその日にはエレーニン彗星が最大速度で黄道面上で地球に最接近するからです。われわれは、その日付の前後二週間を要注意期間として警報期間を延長します。

というのは、太陽嵐は八月にさかのぼります。われわれは CMEの脅威が強烈になる前に移動しておかねばならないからです。何故なら電磁パルスの脅威によって車や電気製品の電気系統を破壊してしまうからです。わたしは8月1日は安全日でその日なら避難を目指す人々は安全な地点に到着できると確信しています。しかし国家中枢の極秘情報によると2011年7月7日にさかのぼってこの日が安全日としているとのこと。そこで国家中枢の人々はわれわれのスケジュールの3週間前にシェルターに避難するとのこと。


■エレーニン彗星 7月7日の警告
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1533595.html
*****************************************

7月7日に遡って避難するのは、この日が「太陽─土星─エレニン」が直列する日であり、何らかのカタストロフィ(大破壊)が起こると警戒しているかといいます。6/7にあったようなスーパーフレア爆発が起きる可能性もありますが、起きる日に避難してて遅くないのか??? まぁ、CME到達まで2~3日かかるのでそれで充分かもしれないが、、、、

ホワイトハウス作成の報告書では、このエレニン彗星はNEO(Near-Earth Object)と表現されているといいます。

NEO(根尾)、、、、

ここで再びあの名にお眼に掛かるとは、、、(汗)

でも、危険はCMEだけではないという。

■7月7日の大惨事警告(メモ・独り言・戯言)
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32900404.html

機械翻訳なのでわかりにくいですが、、、、、NASAの警告でも出てきた五大湖をはじめとするミシシッピー流域では、現在、氾濫する川の水で近辺の土地に洪水が起きていますが、この周辺の土地のソルトホールを溶かして広範囲に渡って液状化が始まっています。で、多量の州兵を投入して復旧作業にあたらせているという。フォートカルフーン原発でも水没事故が起きていますが、この近くにあるギャビンポイントダムでヒビ割れが確認されたといい、7/7のエレニン矮星が誘発する地震でこのダムが決壊するのでは?とパニック状態なのだそうです。もし決壊したら下流域がドミノ効果的に「大惨事」が起き、ルイジアナから五大湖までの内陸湾が形成されるだろうという。こういうことが予想されるのに、州兵を引き上げていないのは「計画的大惨事」だと非難している。

これがNSAの警告の真相なのでは、、、、

Gavins Point Dam
(Gavin's Point Dam)

今、世界中で起きているのが洪水、旱魃ですが、これは福島で起きた「水」の災害(津波)の再来です。その後に「火」の災害(原発事故・山火事)へとなっていくわけですが、実際、今、フォートカルフーン原発でも電源停止からメルトダウンが懸念されていることや、高濃度のプルトニウムが入った放射性廃棄物のドラム缶3万本を保管するニューメキシコ州のロスアラモス研究所近くで山火事が起き核爆発の危険から、ついに1万人規模の避難命令(6/30)が出された状態です。

やはり、日本は雛形だったかぁ、、、、

「メガ盛」 707円はありそうだすな。
まぁ、それ以前に「特盛」 622円は起きなかったですが、、、(汗)

いよいよデンバー空港の地下基地&FEMAの出番でしょうか!実は、米国の「ドルの死」もこのニビル来訪に歩調を合わせたシナリオだったりして、、、、(汗)。これで8月2日は国債発行上限を伸ばすことは、今まで散々やってきたのに何故か今回だけは不承認というおかしなストーリーも納得できます。肉を食らうなら骨までだすが、そうしていない。この日が来る事を彼らはずっと前から知ってたということだな、、、、大艱難の混乱に乗じてドルの死と共にアメロ移行で一気に負債額を減らす出口戦略を描いていると睨んでいる。

このシナリオがあることで、デンバー空港にアヌビス神や聖書黙示録の「蒼ざめた馬」がオブジェとして飾られる理由、また、ナチス風のガスマスクマンの壁画がある理由も分かろうというものです。

blue-mustang-denver_20110630004839.jpg
(黙示録には、「見よ、蒼ざめたる馬あり、これに乘る者の名を死といひ、陰府、これに隨ふ」と死を象徴している。)

このエレニン彗星こそがニビルであったのですが、ニビルは数個の衛星を従えているとも噂されますが、もしかして、これがヒトラーが予言していた終末の時にユダヤの野望を葬ためにやって来るといわれる「最後の部隊」、、、、、

ラストバタリオン なのかもしれない。

で、もっと言えば、このニビルこそが荒ぶる神・ヤハウェであり、ヘブライ人が奉じた「天神」なのではないでしょうか!さらに日月神示の内容を合わせて考えると、日本において1300年前にエフライム族ユダヤによって封印された地球主祭神「地神」である「おしし様」(国立常神=スサノオ)を蘇らすために、今、遠路遥々と会いにやって来たとなるのです。

蒼ざめたヒトラー00
(AKB48のポーズを決める蒼ざめたヒトラー総統)

会いたかった♪ 会いたかった♪
会いたかった♪ Yes Sir
ヤ・ウマトゥの諸君に~

(ヤ・ウマトゥはヘブル語で「神の民」の意味、当然、ヤマトの語源)


(蒼ざめたAKB48)

「天神」と「地神」と揃えば、「天・地・人」から残るは「人神」です。
つまり、「神人(ゴッドメンシュ)」ですね。
「天神」と「地神」の来訪・蘇りは、この間を取り持つニュータイプ誕生を余儀なくさせるでしょう。

7月7日は織姫と彦星が「会いたかった♪ 会いたかった♪」と叫ぶ逢瀬の時なのですが、ただ今年の場合、「天神・ニビル」と「地神・スサノオ」の逢瀬という何千年ぶりのビッグイベントの時でもあるのです。この時、付随して発生する大艱難をやり過ごす為に、、、、

米国にはデンバー空港の地下秘密都市があるが、
日本にはAKB48劇場があるだす~!!!

1年に1回や、何千年に1回会えるよりも、毎日会える方がいいだす~

終末の時、、、

恐怖に怯えて逃げ込むデンバか?
「為るようになれ~」と嬉し嬉しに浸り切るアキバか?

どっちのがサバイブするか見ものだす!

ちなみに、7月7日、ヤッズ★は「少女時代」名古屋公演(日本ガイシホール)に行って来ます。これでやっと「会いたかった♪ 会いたかった♪」と待ち望んだ9人の使徒に会えるのです。この使徒との接触の場所が「日本ガイシ」、、、、ここを基点に「日本、大ドンデン返し」となるかもです(爆)。

い、いや、場所が美濃尾張(身の終わり)だけに、使徒との接触でサードインパクト発生かもしれん。

で、「Into The New World」となるやも、、、、


(「Into The New World」はデンバー空港退避を暗喩か?)