逃げちゃだめだ

鹿児島UFOさんとこで「家政婦は見た情報」をゲットだす。

地球維新解体珍書地球維新解体珍書
(2011/05)
白峰、鹿児島UFO 他

商品詳細を見る

(本も出版して、今、桜島噴火並にイケイケです)

*************************************************
鹿児島にいる 元・高級官僚さんが、
中央の 官僚職場に電話して 言っていたこと
「もう、みんな海外に避難したのかい??」 
「まだ待機中なの??急がないと!!
やはり、本当の現状は、庶民には伝えられていませんネ!!
まるで、要人だけ海外に逃げた 映画「日本沈没」みたいですよ!


■一般人 と 上層部 ちがう? やはり SFが現実へ!
http://plaza.rakuten.co.jp/kagoshimalife/diary/201105250001/
*************************************************

鹿児島に住んでる人に海外避難を勧めるあたり、今の日本はそれ程飛散な状態なのでしょうか? それとも再び桜島噴火が発生してることから九州は火砕流にやられてしまうとかいう情報でもあるのでしょうか?

まぁ、確かに5/21から初号機の格納容器本体の放射線レベルがグ~ンとハネ上がり、200SV毎時と超高線量になってしまった。このことから臨界状態が一段と進み中性子線が多量に発生しているのでは?と勘繰られいますが、中性子線を測定しても公開されていないので一般には誰も判らず仕舞い、、、、(汗)。

高温となった多量の核燃マグマが7mもある基礎コンクリを小さな水蒸気爆発を発生させながら掘り進んでいるのが最近の白煙黒煙の原因だと睨んでいますが、そろそろ基礎コンクリを貫通し、地下水脈あるいは地下に漏れ出た大量の汚染水に触れて、一気に巨大な水蒸気爆発が起きる頃かもしれず、関東圏はヤバイという認識を持っている。

エヴァンゲリオンでも、政府高官がいの一番に首都から逃げ去るシーンがありましたが、こんな光景を近々目にすることになるかもしれません。情報がスグに出るとパニック的に交通機関のマヒが起きる為、自分たちが安全に退路確保ができなくなるからでしょうか。

逃げちゃだめだ 逃げちゃだめだ
逃げちゃだめだ 逃げちゃだめだ
逃げちゃだめだ 逃げちゃだめだ


と叫ぶシンジの声が脳内に木霊しますが、ここは逃げた方がいいのかも、、、、ただし、日本の舵取りしてきた高級官僚は逃げちゃだめだす。日本の最後を看取ってくれだす。

今は、少なくともフクシマ・チルドレンだけでも退避は必要でしょうか。

さらに悪い事に、今度、東電の社長になった方が全くの危機予測力の欠如した方だと聞けば、尚更、逃げる必要があるかもです。

*************************************************
今日、東電本社の机上にいるバカの武藤副社長が、官邸の命令に背いた吉田第一所長を更迭と示唆、現場は身を挺してがんばる吉田氏への信頼感だけで持ってるとの評判。吉田氏の代役などいるはずがないが、本社のバカが新所長に赴任すれば、たちまちそっぽ向かれ職場放棄、大爆発を覚悟すべきのようだ
(東海アマツイート)
*************************************************

官邸の命令に背いた??? 吉田所長を更迭???

「あんたバカぁ!?」

あの机上で作られた工程表を無視すると放言した吉田所長の発言を受けてのことでしょう。あんな無理な工程表出来るわけないのに、、、、、現場にいる吉田所長はそのことが一番判っている。この所業は、書類を書きさえすればそのように行くものと考え、一仕事したと考えてしまうデジタルボケの一種でしょうか。

新社長の武藤氏には、予測力がないことは記者会見の回答とその後の推移を見れば明らかです(廃炉を視野に入れない対処等...PDF)。現実を直視できずに現実を誤魔化すことで現状をしのいできたともいわれる。また、幾つもの計測ミスを犯し、重大なトラブルを抱えていた弐号機を楽観的状況予測をしていた。東電の初期の判断ミスは彼に帰するところ大なのではないか。この妙な安全意識が東電の危機意識をマヒさせ、それが更に政府の危機意識をマヒさせてきた。

ダメだこりゃ~
士気下がった現場には
奇跡も期待薄

東電終わったな、、、

防護服

ここに東電社員が内部告発した文章があります。それによると、東電では偉くなれるのは東大の原子力か法学部というエリート官僚主義の会社。つじつま合わせのTV会議...等、内部ばらしてます。しかし、ここで本当に知っておくべきことはチェルノブイリ近郊の奇跡の泉のことでしょう。

*************************************************
何かチェルノブイリの30キロ圏内にあるすごいきれいな泉を守った長老たちがいるらしいんです。どうやって守ったかっていうと、僕、こんなに原子力のこと勉強して、物理のこととかもある程度勉強したけども、目に見えない力ってのも絶対あるんです。

その30キロ圏内にあった泉を守った長老たちは、逃げなかったんです。逃げずにその泉をどうやって守ったか。祈りです。だから、そう言っちゃうと信じる人も信じない人も、どのぐらいの割合でいるかわかんないけども、もしちょっとでも信じてもらえるんだったら、朝、まず、福島第一が穏やかに眠りにつきますようにって祈りと、あと、出てしまって、僕たちが使った放射能じゃないですか。電気のもとだから。それが、愛と感謝の思いによって消滅して、無毒化するようにという祈りで、何とかみんなで力を合わせて、次の世代に伝えてもらえたらなって思います。


■驚愕】元東電社員の内部告発
http://www.qetic.jp/blog/pbr/?p=3652
*************************************************

この泉とは、アレクセイの泉のことですね。



*************************************************
地図から消された村、ベラルーシ共和国ブジシチェ村なのです。1986年4月26日、ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所の大爆発によって、最も深刻な放射能汚染の被害にあった地域にある、小さな村。実際、この村の美しい森は、チェルノブイリと同じぐらい汚染されており、60キュリーから150キュリーの放射能が、検出されています。事故直後、40キュリー以上が、強制移住として指定された地域だったので、汚染度はかなり深刻で、当然、この村に住んでいた約600人の人々は、別の地域へ移住していきました。現在、この村に残っているのは、55人の高齢者と、ただ一人の若者、アレクセイだけ。 彼ら56人も、この村を出ていくことを、何回も何回も考えたはずです。けれども、どうしてもこの村を捨てていく気にはなれなかった。それは、あの泉の水があるからです。ジャガイモ畑も学校も、あらゆる土地が汚染されているにもかかわらず、何と、この泉の水からは、まったく放射能が検出されないというのです。

アレクセイと泉 [DVD]アレクセイと泉 [DVD]
(2003/08/22)
坂本龍一

商品詳細を見る


■実話映画「アレクセイの泉」
http://www.nana-kamado.com/eiga/arek.html
*************************************************

日月神示では「神力の裏打ちのある想念」が武器となってこの世が変わり、「学問」と「神力」の戦いの勝敗が決まるようなことが書かれています。

今の武器は幽界の裏打ちあるぞ。
神界の裏打ちある武器でなくてはならん。
まことの武器ぞ。ビックリであるぞ。
念からつくり出せよ。
その念のもとをつくれば、神から力を与へるから、
この世の力と現はれるぞ。
念の凸凹から出た幽界を抱き参らさねばならんのざ。
中々の御苦労であるなれど、
幽界を神界の一部に、力にまで引きよせねばならん。

(春の巻 第46帖)

念が新しき武器であるぞ。
それでは人民まわりくどいと申すであろうなれど。
ものごとには順と時あるぞ。
もとのキから改めて下されよ。尊き御役

(春の巻 第47帖)

念なりと、今の人民申す思想はマコトの念でないぞ。
思想は思想ぞ。念とは力であるぞ。
実在であるぞ。喜びであるぞ。
喜びは神ぞ。弥栄。

(春の巻 第48帖)

カタは形をもたねばならん。
念は語ることによって現れるのぢゃ。
・が無なればなる程○は有となるのであるぞ。
このことよく判りて下されよ。
肚の中のゴモクすてるとよくわかる。

(春の巻 第11帖)


なるほど~、日月の神は、元来、アイヌ的な信心深い東北人の地を放射物質で満たして桜の花を咲かせ、それを念の力で無力化させることで、神社神道、葬式仏教、キリスト教のような人為神ではない自然崇拝の本体のアミニズム的信仰を復活させて、神力の復興を意図しているのだな、、、、

第9サイクルに突入して、意識世界の事象が現実化が加速化してきているが為に、エヴァやナルト、ヤッターマンのような今まで日本人の意識世界にだけ存在してきたことが現実とオーバラップする形で現出してきていると睨んでいます。実は、既に物質世界は希薄化し始めているのではないかと睨んでいました。このことに気づいたのが、「コーマンの折り畳みサイクル」の懸賞に当たった頃です。

今後、この念の力が、福島の放射線や原発マフィアに乗っ取られた日本、延いてはロス茶やロックを大番頭に据えた世界権力の支配する世も劇的に変えることでしょう。

やっぱ、精神的にも逃げちゃだめだ なのだなw

この大ドンデン返しの為に日、本は世界のイシヤ仕組みをその体内に取り込み「要石」となるよう振舞ってきたのだろう。金融資本にしろ、工業生産の基本部品にしろ、原発設計にしろ、軍事用プルトニウム生産にしろ、、、、全てが日本頼りになるよう仕向けられてきた。日本が無政府化して崩壊すれば一連托生なのです。

要石

要石が無くなればアーチが簡単に自壊するように、NWO勢力は崩壊せずにはおられない、、、、これが王仁三郎聖師が日本に封印したひな型なのだな。
スポンサーサイト

携挙と一体化

キリスト教関係で5/21に「携挙」(ラプチャー)があると騒いでいましたが、どうも肩透かしだったようですね(爆)。

*************************************************
【5月25日 AFP】今月21日にキリスト教の「最後の審判が下る」と予言していた米国の伝道師が、問題の1日が平穏無事に過ぎたことについて、世界滅亡の日は予定よりも「もう少し遅れるようだ」と釈明した。

宗教放送局「ファミリー・ラジオ(Family Radio)」の局長ハロルド・キャンピング(Harold Camping)氏(89)は23日の放送で、「世界滅亡の日程は変わっていない。ただ、この問題についてわれわれがもう少し真摯になる必要があるということだ」と釈明。「だが、10月21日には必ずや、世界は終わる。5か月もかからず、一瞬で世界は破滅するだろう」と力説した。

同氏は前週、2011年5月21日の午後6時に「世界は大地震とともに滅亡する」と予言。神に選ばれた良きキリスト教徒のみが天に挙げられる、キリスト教終末論の「携挙(ラプチャー)」が起こり、その他の人びとは地上に残されて、世界が破滅する10月21日まで苦しみを味わうと主張した。しかし問題の 21日、世界はおおむね普段と変わらない1日だった。


■「世界滅亡の日は10月に延期」、米伝道師が釈明
http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2802378/7243628
*************************************************

「携挙」(ラプチャー)騒動の原因ってコレだったのね~。
そうそう簡単に「携挙」があってたまるものですかw

結局、5/21はアイスランドの火山噴火と福島初号機の放射線レベルの跳ね上がりだけで済みましたが、根拠の希薄な予言の末路でしょうか、、、、大体、計算という点が怪しいっす。これはヤッズ★の「近しさの法則」(ゴロあわせ)に基づく地震予測とも同じようなものでしょうか(爆)

まだ「ゴミゼロ(530)の日」の煩フル予想の方が当たるかもしれない。

というのも、今、日本へ台風2号(ソングダー) が接近しているといいますが、一度、フィリピンに向かった後、ぐっとカーブを描いて沖縄に達し、30~31日ぐらいに本州を直撃しそうな感じだといいます。現在、台風の強さはカテゴリー4までの成長(ある予報ではカテゴリー5)すると予想されていますが、この時期の台風襲来は非常に珍しいことです。
※註 「ソングダー」は北西ベトナムにある川の名

最悪、福島直撃も在り得るという、、、、台風時に本番地震発生なんて避けたいところですが、気圧が1割も低い為、地殻を吸引して地震発生のトリガーになるのも充分考えられる点が恐ろしいところです。

こ、これは、、、使徒襲来なのか!?

ちなみに、米国式のハリケーンのカテゴリーは、、、

カテゴリー1 風速33~42メートル 日本なら「強い」に相当
カテゴリー2 風速43~49メートル 日本なら「非常に強い」に相当
カテゴリー3 風速50~58メートル 日本なら「非常に強い~猛烈な」に相当
カテゴリー4 風速59~69メートル 日本なら「猛烈な」に相当
カテゴリー5 風速70メートル以上 日本なら「猛烈な」に相当
(伊勢湾台風はカテゴリー4)


今月、米国で竜巻が200個発生した例もあり、今、地球環境は自然の猛威レベルが格段に高まっている為、この台風2号もカテゴリー5に達するかもしれません。想定外の事態とならないことを祈るばかりです。そういえば、今日(5/25)久々に多くのケムトレイルを見ました。太陽フレア爆発でCME飛来が激しいんでしょうか? ただ、ここ数日(5/23~25)はフレア発生しておらず、黒点数も23個と少ないです。

う~む、CMEは考え難い、、、

こ、これは、、、、気象兵器の出番なのか、、、(滝汗)
※註 台風を和らげるオペレーションなら歓迎ですが、その逆なら、、、、

この台風の異常性はニビル疑惑濃厚?のエレニン彗星(中性子星?)が原因でしょう。まぁ、何にでもエレニン彗星を原因にしてますが、、、、(爆)。

日月神示にあるように、ニビル来訪...等での三千世界の大掃除でも世界は滅亡しないと思っていますが、ピラミッド型搾取の「ゴイム文明」は確実に崩壊します。ああっ、その時、肉体の消去はあるかもしれませんが、、、

この肉体の消去は、日月神示では「半霊半物質の体」として語られていますが、実はエヴァンゲリオンでも記述されていますね。

人類補完計画が完了すると、人類はL.C.L.溶液と一体になって皆が溶け合って一体化し、個人というものが無くなってしまうと描かれている。
※註 L.C.L.とは、エヴァのコックピット(エントリープラグ)中に注水される液体。肺中に満たしてガス交換が可能。また、これを媒介にして神経接続してエヴァの操縦が可能となる。精神防壁、物理防壁の役割も持つ。パイロットが肉体消失状態の L.C.L.を指して「生命のスープ」と表現。ちなみにL.C.L.はリリスの体液。



シカ❤様~~っ!!!
ヤッズ★もキュウリは嫌いだす!
「近しさの法則」からも一緒に
L.C.L.溶液で一体化するだすよ~


強度の放射線を浴びると細胞核内のDNA遺伝子が飛び交う放射線によって、ダルマ落としのように塩基に衝突して破壊され正常なDNA連鎖を崩してしまい細胞が正しく分裂しなくなってしまうという。外部被爆の場合は皮膚からダメになって行き、皮膚移植しても効果なく最終的にはドロドロの液体となってしまうという。内部被爆なら内臓側から液体化です。
※註 放射線の強度は距離の2乗に反比例するといいますが、微細な放射性物質も外部被爆なら問題ないのですが、これが身体内部に取り込む内部被爆は体内密着の為、距離が0.1㎜しかなく逆に二乗で放射線は格段に強くなってしまうのです。ここが内部被爆の一番恐ろしい点です。

なにやら「L.C.L.溶液」化の如きです。

今、世界に福島原発の放射性物質が飛来していますが、今後の大きな地殻変動による地震等で世界中の原発が同様のことになるかもしれません。日本の六ヶ所村やもんじゅだけの破壊でだけも地球終了だといいます。ひょっとして「肉体の消去」とは、放射線大量被爆による人類の「L.C.L.溶液」化のことなのかもしれませんね。次元上昇で肉体の消去が起きるより、こちらの方がずっと可能性が高いことは確かです。

まぁ、シカ様と一体化できるならいいか、、、
うんにゃ、その方法はあまり好きではないが、、、(滝汗)

日月神示によれば、半霊半物質化した際には、体が大きくなる。 寿命が長くなる。 排便は無くなる。うそは無くなる。 海も山も光り輝いて水晶のようになる。理屈は無くなる。臣民が神となる....と語られています。体が大きくなるとはオーラ的な存在となるわけですが、、、、

実は、これがアヌンナキのことではないか!

Anunnaki.jpg
(アヌンナキは龍神? シュメールの黒い聖母とは人類創造者を表す?)

ニビルは「刈り取りの神」とも言われていますが、シューメール版聖書では、アヌ(ニビル)が周期的にやってきて人類を創造し「金」を集めさせるだけ集めさせて、最後の最後に再び地球に巡って来た時に金を奪って、一部の人類だけを残し皆殺しにして去って行くというストーリーになっていますが、これは「金で固めて金で潰す」という日月神示のストーリーとも似ている。

つまり、人類がこの第三密度世界(物質世界)において、「金」という万能な道具を発明させ、「金」をひたすら追い求めさせ、最後に「金」の力の暴走で「金」自身を潰させながら、天変地異を伴いながら人類文明社会を崩壊させて意識進化を促すという教育プログラムになっているのだと思う。それがシュメール版聖書があのような「知識授与→金集め→皆殺し」というストーリー立てとなっている理由ではないでしょうか!

これが、この物質世界を創ったアーキテクチャーの意図!!!

お金とは元々がアヌンナキが与えた人類意識進化を促す道具であり、だからこそ、1ドル札には万物を見通す「ホルスの目」、スイスフランには「ニビル」や「アヌンアキ」が描かれるのではないでしょうか。

日月の神が「金神」と呼ばれる理由もコレでしょうか!

そして、それを使った人類の行く末をじっと観察監視しているのが、アヌンナキ側から人類教育係りとして第三密度世界にデセンションして降り立った堕天使軍団である「月人」ではないでしょうか。ですから、「月人」も意図的に悪の役を演じている存在かもしれません。地球温暖化詐欺で原発に大きく転換して行かせたのも「月人」の指令によるものだったのかもしれない。

でも、放射線による「L.C.L.溶液」化は嫌だす、、、(涙)

放射線を発見したキュウリ夫人なんか大嫌いだすーーーーぅ

キューリー婦人
(ノーベル賞を2度受賞)

ニビルとスイス

日月神示にはこうあります。

神々様も人民様も心得違い多いぞ
泥の海となる直前にグレンとひっくり返し
ひっくりの道あるぞ


泥の海、グレン...これ程までの大変動とは、ポールシフトでしょうか?
地震、火山噴火、津波程度ではここまで行きません。

オコツトもポールシフトに言及していますが、天空における黄道(太陽の通り道)と白道(月の通り道)が一致するようになってしまうという。つまり、地軸の傾きが無くなるということですが、これは人間の意識が一致するからだといいます。

この大災害の原因は、、、やはりニビルでしょう!!!

コルマン第9サイクルの最終区間である第七区間「13Days」の2011年10月11~28日が地球最後の物理空間なのですが、この期間中の10月17日にドンピシャに地球最接近するエレニン彗星(中性子星?)がニビルじゃないかと睨んでいます。

最初の変化は、太陽活動の活発化として太陽系温暖化として現れ、太陽フレア爆発地球にで降り注ぐCMEやニュートリノによって、地球マグマ活動を活発化させ地震や噴火を引き起こしているのですが、この辺はまだ序の口であり、やがてニビル本体が地球接近するにつれ、その巨大な重力や電磁力で直接地球に災害を引き起こすだろうと睨んでいます。

地震、原発爆発、放射線被爆、財政破綻、遷都、不況....等で一人、2012年のトップランナーと化している日本ですが、これらが生易しいく感じられる程のことがこれから起きると読めます。

つまり、、、「パーティはこれからだぜ!」
でしょうか、、、(滝汗)

ドクタ~の緊急情報で、このニビルがスイスフランに描かれていると知りました。これはニビラーのヤッズ★が泣いて喜ぶ内容です。

■スイスフラン紙幣にニビル
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32784993.html



ニビル以外にも巨人が4体描かれた100フラン紙幣もありますね。これが巨人と言われたアヌンナキ? 最近、イースター島でモアイ像には地下に埋まっていた胴体があったことが分かりましたが、このモアイもアヌンナキのことだったのかもしれません。スイスフラン紙幣には何か謎めいたコード(暗号)があるようにも見えます。

スイスはヴェネチアから渡った黒い貴族「ユダヤ人」の資本で形成されたという経緯を持っていますが、つまり、影の世界権力の一角を占めている場所であり、シュメール版聖書「エノク書」の内容にも通じるシュメール粘土板に書かれたアヌンナキ伝承を掲げていても、決しておかしくはない。

■永世中立国スイス
http://alternativereport1.seesaa.net/article/92152966.html

スイスフラン紙幣は縦型でカラフルなのが特徴ですが、現在流通している紙幣は1995年から1998年に発行された10フラン、20フラン、50フラン、100フラン、200フラン、1000フランの6種類の「第8次紙幣」です。

このニビル紙幣は1つ前の「第6次紙幣」と呼ばれるもので、既に2000年4月で流通を終ましたが、2020年4月末までは有効だという。
※註 第7次紙幣はセキュリティ問題で発行見送り

この10フラン紙幣の顔の主はアヌンナキのエンキ、エンリル

残念ながら、ここに描かれた人物は、エンキでもエンリルでもなく史上最も偉大で数学的な美を持つと賞賛される「オイラーの等式」で有名な数学者・天文学者であるレオンハルト・オイラーです。

オイラー

しかし、スイスフランで謎だと言われている人物は、実は5フラン硬貨に刻まれた人物の方です。この5フラン硬貨は最も高額な硬貨として日本の500円玉と双璧を為してしますが、この人物はスイスで有名なウィリアム・テルだとも言われていますが、何故かテルのシンボルでもあるボウガンとリンゴが描かれていません。これではテルと認定するには不充分です。

5CHFv.jpg

この人物、テンプル騎士団の創設者で初代総長のユーク・ド・パイヤンではないかと睨んでいます。

Hugh de Payen01
(初代さま Hugh de Payen)

なにせスイス国旗自体、テンプル騎士団のマークのリバースになっていますからね(笑)。ロンドンのシティと陰陽を形成する国がスイスではないかと睨んでいます。

実際、テンプル騎士団は銀行業務を始めたといいますが、中世では教会や修道会はすべて銀行の役割を果たしてきました。というのも、王族や貴族たちは自分の財産を教会の金庫に預けておけば安全なので教会は寄託という形で彼らの財産を預かったのです。まして軍事力を持っているテンプル騎士団に預けておけば安心と多くの貴族が財産の寄託をしたわけです。カルタゴにまでさかのぼるメディチ家やフッカー家といった商人発のヴェネチアの大富豪と、神聖ローマ帝国(ハプスブルク家)から財政支援を受けていたテンプル騎士団の2つの勢力は続々とスイスに集結していって、今の金融国家スイス連邦を形成していったのです。

このようにテンプル騎士団が発展したので、ユーク・ド・パヤンスは巨額の冨を得て、スコットランドの地に初の騎士団の支部を設けたのです。

スイス国旗

*************************************************
マリア信仰の中心地、南フランスのマグダラにはマリア信仰のためのカトリック聖堂があるが、その聖堂は元々古代ローマから続く女神ディアーナ・ルシフェラ信仰の聖堂であった。マグダラでは異端を理由とした弾圧を避けるため、ルシフェラ信仰を隠し表向きマリア信仰に偽装してきた。ルシフェラはルシファー、つまり悪魔信仰である。中世ヨーロッパではこの南フランスの黒い聖母像のある教会を拠点に、武闘派で知られるテンプル騎士団(エルサレム神殿騎士団)が聖地エルサレムの奪還を目指し、度々イスラム教徒大量虐殺の十字軍を展開した。

6000年程前の古代シュメール語版聖書(古文書ナンバー1558)には「アヌという惑星からネフィリムという名の地球外生命が貴金属原料を求めて地球に来訪し、人間はそれをキリストの神と崇めた。
(アヌ=ニビル?、ネフィリム=巨人=アヌンナキ)

現在流布している聖書とバチカンによってヒタ隠しにされてきたシュメール版聖書、エノク書。それをヨーロッパ中世において忠実に実践してきたのがイスラム教徒を大量虐殺する十字軍(十字は元々シュメールの神アシュタルテの印である)を展開したテンプル騎士団である。

このシュメール版聖書の内容を忠実に再現しているのが、かつて旧約聖書に入れられていた経典「エノク書」であるが、AD4世紀に異端として旧約から削除され、禁書として封印された。


(オルタナティブ通信)
*************************************************

これで、NWO-スイス-英国-テンプル騎士団-エノク書-ニビル-アヌンナキ-ルシファが1つのラインでつながった。

やはり、スイスがNWOの牙城の1つだな、、、スイスフラン紙幣にニビルやアヌンナキが印刷されるのも当然といえば当然というわけです。
※註 現在の欧州王族は全てドイツ系。テンプル騎士団の国=英国の現在の英国王室はウィンザー家ですが、元の家名はサクス=コバーグ=ゴータ家というザクセン=コバーグのドイツ系の王族家系です。この家系からベルギー王家、ブルネイ王家、スウェーデン王家、ブルガリア王家...等を排出しています。ハプスブルグ家、ロマノフ家無き後、日本の天皇家のみが世界で対抗しえる最大の王家でしょうか。ここを潰し唯一無二の王家となり世界政府に君臨するのがNWO奥の院の狙いか?

巨人アヌンナキが描かれた紙幣は、第8次紙幣と呼ばれるもので、現在出回って流通しているものです。

100フラン
(第8次紙幣 100フラン)

第9次紙幣は2004年にコンペで制定されたといいますが、グランプリを取ったものにはエイズウィルスが描かれていたといい、何故か採用されずに次点の方が実際の紙幣発行に採用されたという。ここにも謎があり、実は未採用のグランプリデザインの200フラン紙幣にも、土星を掠めていく楕円軌道が描かれていて、やはりこれもニビルではないかと睨んでいます。

スイスフラン01
(第9次紙幣グランプリ【非採用】)

■Swiss National bank(グランプリデザイン)
http://www.snb.ch/en/iabout/cash/newcash/id/cash_new_result/2
(1000フラン紙幣の透かしはドクロだす~)

この第9次紙幣は2010年秋から流通することになっていましたが、何らかの理由で2012年にズレ込むことが決まったといいます。この理由は、2009年に第三次世界大戦を起こしNWO樹立を計画したが、中東に原爆を輸送するのを米軍良識派に阻まれ、大戦開始時期がズレこんでしまったからだろうか?(爆)

以上より、NWO勢力はニビル来訪を熟知しているな。
当然、それなりの対処はしている筈です。
(自分たちだけの為にだが、、、)

尚、第10次紙幣は少女時代デザインをキボンヌw

少女時代

月人のシナリオ

3.11地震で地震・原発関連に意識をフォーカスしたため、記事ほぼ書き終えていながらアップする機会を逸してしまっていたのですが、2011年は月の裏側を扱った映画がテンコ盛りで上映されるといいます。しかも、最近、FBIがロズウェル事件は本物だったとHPに書き出したというし、UFO関係にも何らかのQ展開がありそうです。

■ロズウェルの円盤墜落事件は事実だった!:FBIが証拠を暴露した!?
http://quasimoto.exblog.jp/14595382/

最新ムーの飛鳥情報によると、アダムスキー型UFOはナチスが開発したUFOを、戦後、米国が接収しエドワーズ空軍基地で飛行テストする際、情報撹乱の為にSF作家だったジョージ・アダムスキーと協力して、基地近くのモハーヴェ砂漠でUFOを目撃させて金星人UFO話をデッチ上げたのだという。非常に納得のいく内容です。

アダムスキーが目撃したナチス製UFOは、形態から「HAUNEBUⅡ」だといわれる。

ナチ
ナチ05
ナチ01

影の世界政府(グローバルエリート)が進めるNWOに反対し「やらせはせん!」と抵抗する反ロス的な考え方がありますが、彼らにはこういった地球製UFOをたくさん保有していることを視野に入れないといけません。単に中央銀行を運営し金融資本を押さえているから世界支配しているわけではなく、こういった超技術をも独占しているが故に脅威なのです。兵器や軍備を持たないロスチャやロックは経済方面における番頭にしか過ぎないというのはこういった理由からです。

東日本大震災で目立たなくなってしまったのですが、彼らグローバルエリートの「奥の院」が着々と進めているUFO暴露スケジュール、、、これが今後の世界統治の方向性を示すものであることは間違いないところですが、福島原発事故が原発を主要エネルギー源とした社会構築という彼らのシナリオを大きく狂わせてしまったのか? あるいはもっと他に隠し玉を持っているのか?

日月神示の神示だけを見ていたら、石屋メッソン(NWO勢力)との戦いで大局観を見失う可能性があります。その辺はおいおい深く検証していきますが、「学問」と「神力」の戦いとはここまでの大きなスケールを持っているのです。

これを論じる前にまずは映画の紹介からです(笑)。

最初は「アポロ18号」です。


(Apollo 18 【2011】)

動画をみる限り、今にもジェイソンが出てきそうな雰囲気(爆)

アポロ計画は当初20号までのミッションがあったのですが、予算不足の為に18~20号の飛行はキャンセルされたので映画のような18号は実際には存在しません。しかし、アポロ18号は極秘裏に打ち上げられて月の裏側に着陸し探査していたというのがこの映画の内容ですが、この架空の内容を通して月の裏側の真実を知らせたいのかもしれませんね。

この映画では、月の裏側で遭遇したのは未知の○○○という展開になっていますが、ポスターのキャッチコピーが「我々が、もう月に決して行かない事には理由がある」となっており、月の裏側には何か重大な秘密があることを臭わしています。

同様の観点で月の裏側を描いた映画に『トランスフォーマー3』(Dark of the Moon)がありますが、こちらも同じく2011年公開です。ここでも月の裏側には何か異星人の痕跡があるとされている。



2011年は月の裏側がブームになるかw

このQ展開は第9サイクル突入で、今まで秘密にされて来たことが、いろいろと暴露され始めたということでしょうか? とは言っても、グローバリストの支配下にある映画界なので、この暴露は彼らからそろそろ真実を知って「覚醒してね♪」というメッセージなのか? それとも、オイラたちはこうやって騙して支配してたんよ!、もう敵わないから諦めてね。という勝利宣言なのか?

これら映画テーマが一致するというシンクロは、実はシンクロではなく(笑)、意図されたものでしょう。流行色が作られるのと同様に企画立案する者がいて、これは人々の意識を月の裏側に持っていく為に行なった一連の洗脳的プロパガンダと見るのが正解でしょうか。

では何故、今、月の裏側に我々の意識を誘導するのか?

対エイリアンとの宇宙戦争が今後起きるからでしょうか? このことをもっとストレートにこれを扱ったと思われるのが、アメリカで2011年3月11日公開の映画『Battle Los Angeles』です。ストーリーは、2011年、地球はUFOによる未知の力によって攻撃され、全世界の大都市は次々と壊滅、最後にはロサンゼルスだけが残り、恐るべき敵を相手に海兵隊三等軍曹が交戦するというものです。


(日本での上映は2011年3月26日予定)

今後、このような宇宙人からの侵略戦争を受けるから、その注意喚起とパニックに陥らないよう「事前教育」を行なっているのでしょうか? もし、本当にそんな侵略があるなら異星人からバレる筈はないし、これではあまりにも用意周到過ぎます(爆)。誰かが示唆したのではないでしょうか?

世界統一政府(世界共同体)樹立後のことを考え、一致団結できる仮想敵が必要という観点からは、既に敵となる国家は地球上に存在しない為、敢えて地球外生命体、つまり宇宙人を仮想敵化するという考えも成り立ちます。で、これらの映画はその布石なのか?

ならば、今後自作自演の宇宙戦争が起きるのか?
それをホンモノらしく見せる為の事前の脳内刷り込み(洗脳)なのか?

いろいろと妄想が広がってきますw

金玉ブログで紹介されていたある男のヴィジョンでは、影の世界権力(グローバルエリート)は「地下帝国」を作っているといいますが、これがアルザルを指しているかは分かりませんが、以下、紹介しますと、、、

AM9:35回診(医師団に向かって)
  知られざる地下帝国って知ってますか。地下にあるんですよ。
  あいつらが造ったのが…
  地下都市、あいつら、そこに逃げるんだよ。


■ある男性が臨終間際に見た2006年6月の大災害のビジョン
http://www.unity-design.jp/unity_slowlifecafe/slc06_saigai/slc0605_vision/slc060%82T_vision.html

結核、デング熱、鳥インフルエンザ、サーズ、エイズ、遺伝子組換、人工人間、マインドコントロール人間...等でコントロールしている彼らは、生血や経血を飲むだけでなく、少年や若い女性の生肉を食らうとまで描写されています。ただ、このヴィジョンも2006年の予言といいながら大ハズレしていますし、陰謀論の読み過ぎで見たヴィジョンじゃないかとも思えるのですが、、、、(笑)

ここに出てくる「隠された文明」というは、米国内にネオコンという政治勢力を持つ勢力、、、、「エノク書」の内容を狂信的に信じるモルモン教やラエリイアン・ムーブメントや聖書原理主義のキリスト教福音派...等の宗教を影で指導とする勢力、、、、ユダヤ人を使ってシオニズムを煽り生贄役のイスラエルを支持し、是が非でもWW3というハルマゲドンの儀式を起こし人類を次のステージに進化させようと企画立案する勢力、、、、デンバー空港・FEMA本部・空軍基地を地下リニア鉄道網で結んだ地下都市群を持つ勢力、、、、二ビル来訪時の避難先として火星植民地計画をエリア51で推進する勢力、、、これらが「地下帝国」の全容ではないでしょうか。

彼らの保有する兵器は、ロシアのサハロフ博士考案のプラズマ粒子砲に超伝導技術を導入することで「反物質」の大量生成に成功し、その生成方法を応用した「反物質爆弾」を開発し終えており、その爆破実験の観測の為にガリレオ衛星を遠く木星まで飛ばし、外部にイオンを噴霧してシューメーカー・レヴィ彗星と偽装して木星裏側で連続爆破実験をしていた程です。

シューメーカー・レヴィ彗星の木星衝突時の爆発規模を見れば判りますが、その火球サイズは地球の4倍にまで達したように反物質爆弾は1発で地球を無くすことが可能。ここまでの巨大規模の爆発を必要とする敵とは一体何者なのでしょうか? それは宇宙からやってくる隕石の地球衝突を逃れる為だろうと睨むが、普通、彗星は数㎞にしか満たないので、ここまで大きな火玉を発生させる必要ななように思える。ニビル迎撃用なのか、木星の太陽化なのかは判りませんが、何らかの目標を持っていることは確かです。

で、今、彼らNWO勢力の真の奥の院は月人、、、、彼らは「エノク書」に書かれる人類監視団グレゴリですが、彼らはプレアデス(体主霊従)に堕ちたシリウス人(霊主体従)という堕天使軍団です。

「エノク書」の教える内容とは、、、、

*************************************************
7. 現在、一般に流布している聖書は、こうした「マリア福音書」のような重要文書を削除し度重なる偽装が加えられたもので「聖書」と呼ばれる経典は、実際には他に膨大な量のものが存在する。現在、バチカンに保管されている聖書のラテン語写本3738番(写本、古文書には全て番号が付されている)には1万 7000年前からの人類の歴史が詳細に記載されているが、一般に流布している聖書はそのごく一部を抜粋したものに過ぎない。

古代シュメール文明は磁力を使用した(燃料の要らない)乗り物を使用する等(UFO?)高度な文明を持っていたとも言われるが、6000年程前の古代シュメール語版聖書(古文書ナンバー1558)には「アヌという惑星からネフィリムという名の地球外生命が貴金属原料を求めて地球に来訪し、人間はそれをキリストの神と崇めた。

神は人間と交尾し半神半人の生きものが出来た。また遺伝子操作で猿と神の遺伝子を合わせアダムという名の奴隷を作り、貴金属の採取労働に酷使した。半神半人の生き物と神は、食事として人間を殺害しその肉を食べ血液を飲んだ。神は貴金属が十分蓄積されると、もはや必要の無くなった大分の奴隷人間を殺害し、将来再び貴金属採取に人間が必要になった時のため、少しの人間だけをノアの箱船に保管し半神半人に管理させ、神は地球を立ち去った」・・と記載されている。シュメールの人肉食い儀礼は、地球が貴金属採取の奴隷労働者と人肉提供の家畜牧場である事を示していた。

「エノク書」の教える所は「奴隷として人間を酷使した後、十分な富が蓄積された後には必要の無くなった大部分の人間等は皆殺しにせよ。半分神である白人の一部だけをノアの箱船に残し、他の人間等は殺害して良い。大部分の人間は殺して食べて良い家畜である。」・・モルモン教によれば、このノアの箱船がイスラエルである。

・・古代シュメール文明は、世界各地で全く石の存在しない地域に巨大な石を運び、ピラミッドを建造する等、極めて高度な文明を持っていた。

西暦2006年の現在、人類が持っているどのような起重機でもそれらの巨大な石は運搬不可能であり、しかも最新のレーザーカッターでも不可能な位に石は精密にカットされ磨き上げられ、寸分の隙間も無く積み重ねられている。シュメールが2006年現在の文明よりも高度な技術文明であった事は明らかであり、巨大な石には円盤らしきものに乗った生物が人間に指示と命令を与え、働かせている様子が描かれている。

シュメール版聖書と「エノク書」の記載を真実と考えるか、単なる神話、物語と考えるかは各人の自由である。しかし「エノク書」を真実と盲信し、イスラエル以外に住む全人類、特に有色人種を全滅させる事が「自分達の使命」であり、人類全滅に自分の全人生を賭けている。そのような狂信が米国の「国教」キリスト教原理主義としてCIAにより形成され、米国大統領選挙において最大の票田となり、イスラエルの建国理念の深層に存在している。それがイラク、レバノン、パレスチナでの虐殺を引き起こしている。

10. 現在流布している聖書とバチカンによってヒタ隠しにされてきたシュメール版聖書、エノク書。それをヨーロッパ中世において忠実に実践してきたのがイスラム教徒を大量虐殺する十字軍(十字は元々シュメールの神アシュタルテの印である)を展開したテンプル騎士団である。さらにテンプル騎士団は、イスラムから略奪した富を利息を取って貸し付ける「最古の銀行」の創設者でもある。テンプル騎士団に最も影響を与えたAD2世紀のアレクサンドリアの哲学者バレンティノスは「悪性の中に神が宿る」とした。高利貸し(銀行)、殺人、強姦、人肉食いと飲血等の悪行の瞬間に神が降臨すると考え、殺人や犯罪を喜びとし奨励する。

テンプル騎士団は後に南仏から英国に渡り、英国王室の強硬冷酷な軍隊となり世界を支配する大英帝国の要として、東インド会社が世界中で行った有色人種の殺戮、奴隷化、アヘン貿易を担う事になる。東インド会社の銀行部門HSBC香港上海銀行(現在の中国の中央銀行)、その出資者であるスタンダード・チャータード銀行の米国支部がシティバンク=ブッシュ=ベーカーのイラク戦争実働部隊へと連なって行く事になる。



■米国を手足として動かすイスラエルとは何か(オルタナティブ通信)
http://alternativereport1.seesaa.net/article/49424232.html
*************************************************

英国自体がテンプル騎士団の国家であり、ロンドンにある独立都市・シティはテンプル騎士団の牙城なのです。ここがNWOを進める世界権力の司令塔。

Flag.png
(英国国旗の成り立ち)

シティ
(シティの紋章)

前回の記事で紹介した2011/1/28にイスラエルの岩のドーム上空現れたUFOですが(動画)、ここには「赤い十字」と「チェカーフラグ」の意味深の画像があります。これはこのUFOの所有がテンプル騎士団(NWO勢力)であること表している。テンプル騎士団は聖地エルサレム奪回を目指し十字軍を編成したことで知られていますが、今回、エルサレムの岩のドーム(かつてのエルサレム神殿)上空に現れたのは、この辺の意味もあると睨む。

テンプルキー
(白地に赤い十字はテンプル騎士団のマーク)

そして、このテンプル騎士団が自らの手足となる秘密結社としてい配下に置いているのが、イルミナティであり、その寄生母体がフリーメーソンなのです。英国の情報機関や警察はほとんどメーソン結社員が占めています。

この堕天使軍団グリゴリのリーダーであるシュミハザは岩場の穴の中(=次元の隙間)に閉じ込められて、「最後の審判の日」(=次元交差する時)まで出てこられない筈ですが、彼らはアニメ「NARUTO」のうちはマダラのように物質世界では何の力も発揮できない幻影的存在なのでしょう。ただ、人の意識とは交信できる為、彼らに同調した者には知識を与え、地球を支配管理する役割を与えたのでなないでしょうか。これはマダラが「暁」という秘密結社を結成したのと同じ理由です。

地球下層の「次元の隙間」からはプラズマ亜空間を通じて月内部の空洞に出入りすることが可能で、この方法で彼らは月から地球を監視しているのではないのでしょうか。これが「月人」です。つまり、ヤンセン親子やバート少佐が見た地底王国アルザルとは、実は、月の空洞内部の世界であり、その月内部にはセントラル・サンが輝いているというわけです。

アルザル
(地底王国とは月内部の空洞世界?)

その「月人」が憑依したのがヒトラー

第二次世界大戦は、英米仏のメーソンNWO勢力とそれに順じない日独伊の勢力の戦いでもあった。ここで注意を要するのは、彼ら月人はテンプル騎士団に指示を与える一方、ナチスのヒトラーを駆り立てている双頭主義を採っていたことです。ヒトラーの快進撃も後半になって憑依が少なくなると負け出してしまったように出来レースっぽいのです。ヒトラーの反ユダヤ政策は、結果としてロシアや欧州からユダヤ人を追い出してイスラエル建国に向かいシオニズムの片棒を担いだ格好となった。また、最終的にナチス技術は英国が生み育てた世界支配為の暴力装置「米国」に継承させている。

戦争は科学技術の進化を加速度的に早め、産軍複合体を強化し、国際金融資本の富を膨らませる手法なのです。

ヒトラーのナチスは他国の技術レベルを遥かに凌駕していましたが、これは地底王国のアルザルと交信し数々の超ハイテク技術兵器を造り出していたからといいます。ナチスにはブッシュ家らの米国資本が出資していたといいますが、戦後は米国に研究成果や科学者もろとも接収されていった。これが米国の地下組織的な形として根を張っていったわけです。戦争は一気に科学技術レベルを押し上げるという効果が知られていますが、第二次世界大戦は2013年に備えて科学技術レベルを一気に加速させる為に引き起こされたものかもしれません。まさに月人が思い描く図の通りに事が運んでいるのです。

臨終の男が見た地下帝国の正体とは、、、、

ズバリ!ナチスでしょう。

今、その勢力範囲は宇宙空間にまで拡大した為、スペース・ナチスと言った方がいいかもしれません。これが月人配下のテンプル騎士団に直結している組織でしょうか。

ナチス

その答になりそうなのが下記の映画です。
こちらも2011年公開です。


(Space nazis attack! Iron Sky)

この映画は製作費を全て一般ファンからの寄付によって賄い、8億円の寄付が揃った為、現在製作中のフィンランド映画とのことで、グローバリストの息はかかっておらず、かなり真実を突いているかもしれません(笑)。

ナチスは大戦末期、既にUFOを開発し終えていて、月面に到達しているというストーリーになっています。あれから60年も経っていますので、もし本当に到達していたならば、月面基地もかなり大規模になっている筈ですね。

公式的には月に到達したのは米国のアポロ宇宙船ですが、アポロ計画の矛盾点は、バンアレン帯に充満する濃密な太陽風がもたらす宇宙線の中をあの薄い宇宙船の外殻では人体が安全に通過できないという点です。例えば、空缶の中にモルモットを入れ電子レンジでチンしたらどうなるか?その結果は分かろうというものです。血液が沸騰して即死状態になる筈ですですが、間違いなくアポロは月に行ったのです。この矛盾の解はこうです。

月に行く際には彼ら(月人)の承認がいるのですが、アポロ計画は彼らの庇護の元に飛行し月に到達したという風に考えています。アポロ搭乗者のアームストロング等はそれらの事実は知らされないまま月に送られた。彼ら(月人)が開発したのは流体電磁力(HMD)であり、これがアダムスキー型UFOの飛行原理。これは機体表面を電荷させ電磁の流れを起こすことで推進するのですが、同時にバンアレン帯のように荷電粒子が船内進入を防ぐバリアーにもなるのです。このお陰でUFOはバンアレン帯を無事通過できるのでしょう。アポロ計画にはUFOが随伴している映像がありますが、つまり、この技術に守られてアポロは月に行ったわけです。

世界各国の宇宙開発機関のマークには、何故か必ずV字型のマークが付いていますが、コレが月面基地を持つ彼らのUFOの外観であり、彼らがその機関を承認しているという証なのではないでしょうか!CD読取可能なドライブには「COMPACT disc」と書かれているのと同じ理屈です。

NASA.jpg

月面に人類到達から既に40年経ち、本当なら今頃は既に月面基地ぐらいあってもよさそうなのですが、現在、月に行けないのは彼ら月人との仲が険悪になっていまったからとも言われています。あるいは、本当は月に行く技術もなかったからかもしれません。

「鉄の帝国」の動画を見ると、月の裏側にはたくさんのUFOが格納されているシーンがありますが、、、、

これがラストバタリオン!!!

iron_sky01.jpg
(ラストバタリオン)

映画ではその時は2018年となっていますが、この辺は脚色での設定でしょうか。第9サイクルの「覚醒」を考えれば、実際の計画実行は前倒しされてもっと早いかもしれません。それが今起きている「月の裏」映画の乱発であり、FBIのロズウェル・リークにつながると見ています。金融危機や天変地異で世界を混沌に落ちた際に、宇宙人が攻めてくる~という自作自演を演じ、一気に新しい社会システムを導入させる。それがホログラムを映し出すブルービーム計画だけでなく、こういった実物機をも駆使して行なうシナリオになっていると睨んでいます。

ホピ予言には、終末の時に白い兄と共に2人従者、「丸に卍十字の印を持つ者」と「太陽の印を持つ者」が一緒にやってくると記されていますが、これは、、、

■白い兄・・・ホワイトブラザーフット(白色同胞団)=堕天使軍団
■卍十印・・・ラストバタリオンを所有するスペースナチスの「超人」勢力
■太陽印・・・生き通しの「てんし様」を長とする「神人」勢力


のことを指していると睨んでいます。
まるでオリオン座の3つ星のような感じですね。

基本的にはアセンションした者(神人)とアセンションしなかった者(超人・機械人間)に世界勢力は二分されるわけですが、これがかつて同時期に存在した2つの勢力、ムー人とアトランティス人と全く同じ関係なのです。

この「超人」勢力と「神人」勢力が最終的な戦いをする。最終的には「神人」が勝って人類はシリウス人(変換人)へと意識進化して、アメとムチで形成するピラミッド型社会(イシヤの仕組み)から利他行主体のニューロネットワーク型社会(メシアの仕組み)の世界共同体へと進んで行くものだと睨んでいますが、さてさてこの洞察は当たるでしょうか?(笑)

これは、まるで「北斗の拳」のラオウとケンシロウが世紀末覇者(救世主)を賭けた闘いと同じです。アニメの設定も今の日本と同じく原子爆弾で穢土化した日本でしたね。そういえば、ラオウのモデルはシュワルツェネッガーだといいますが、彼が欧州大統領となり、その後の世界政府初代大統領になると、ホピ予言の「卍と十字の従者」、ヒルデガルトの予言の「ダン族の英雄サムソン」「反キリスト」と恐ろしいぐらいにビンゴなのです。
※註 キリスト教自体は正義の宗教とは程遠く、実際は人民を洗脳し従順化する悪であるので、この「反キリスト」という称号は、褒め言葉になると思っています。

■シュワルツェネッガー氏、EU大統領に立候補か、米誌報道
http://www.afpbb.com/article/politics/2796362/7091753?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

ラオウ

しかし、ヒルデガルド予言では「神」を宣言した彼は、空中携挙(ラプチャ)の演出が失敗して死んでしまうといいます。この時、、、

「我が人生に一遍の悔い無し!」

と叫んで、神になろうとした男「反キリスト」は昇天していくのでしょうか?

しかし、シュワちゃんは隠し子問題でゲネディ家の嫁と離婚し、自身の身の回りの整理に専念する為に、映画界からも政界からも当面身を引くといいますが、13血流の1つケネディ家の後ろ盾を失ったシュワちゃんに欧州大統領の目は無くなった!? では、いったい誰が「反キリスト」の役を演じさせられるのだろうか?

一方、世紀末救世主の奥義伝承者ケンシロウに相当するは一体誰なのか? もうお分かりですね!

アニメの世紀末救世主は北斗二千年の北斗宗家創始者に連なる正統血統の子孫という設定ですが、同様にダビデ以来のイスラエル王族の正式血統を持ち、北斗神拳究極奥義「無想転生」は実体を空に消し去り、事実上、透明人間化となることによって敵の攻撃をかわして一撃を与える技ですが、これは不老不死の半霊半物質状態と同じです。
※註 ちなみに「無想転生」はアニメ「NARUTO」でダンゾウが駆使する写輪眼の禁術「イザナギ」と同じ技なのです。

北斗二千年と同じく永く貴い血脈と不死身の奥義を身に付けた者とは、、、、

そ、それは、、、「てんし様」こと、ビリケンなるちゃんですね(爆)。

この2人が南斗最後の将ユリアで暗喩された総額5京円にものぼる「金の百合(ゴールデンリリー)」を賭して戦うのでしょうか?(爆)。王仁三郎聖師も語っているように、最終的にはアングロ・サクソンの手下として使役されていたユダヤがユダ的な裏切りで日本と手を結ぶシナリオになっていますが、その契機は日本に神の経綸を見て、つまり、日本に古代神器(モーセの杖、マナの壷)と失われた支族が伝えられていた事実が明るみに出て、いままで使えていたのが「偽の神」であったことに気づくからだと思っているのですが、、、、まぁ、そのようにして「学問」と「神力」の戦いに、最終的にてんし様勢力は勝ち残り、「ガイアの法則」通り、てんし様を頂点とした日本の関西が、世界文明の中心地となって至福千年のシリウス文明を作っていくというシナリオになっていると考えています。

デンバー空港の壁画はそれを表現している?

ガスマスクマン
世界は子供

これが月人を悪の奥の院として使い、6500年周期で訪れる体主霊従のプレアデス人から霊主体従のシリウス人への転換時に際してアセンドを可能にする。悪側に付いた搾取する勢力(獰猛な西洋文明)と搾取される勢力(従順な東洋文明)の役に分かれて演じるのです。これが前回の人間期においてアトランティス文明とムー文明の間で起きたことと同じ仕組みです。

で、今回の人間期で搾取側の悪役に付いた者は、次の人間期においては、動物が意識進化して人間となった者たちが悪側になる為、今度は一転して搾取される側となるのです。こうして2つの役割を演じて初めて次のステップの意識へとアセンドしていくというわけです。

で、今回の人間期でのサポート役が「真実の人間(オリオン人)」という前回アセンションしたムー人です。

オリオン人のサーポートも両建て戦略で、善・悪2つの役に対して演技指導的な指示を飛ばしていたというわけです。その1つの悪役のシナリオが「月人」のシナリオというわけです。

う~む、だいぶ妄想しちまったかな(爆)

火星にカヂマ

火星には樹木が生えているのだそうです。

■Leaf on Mars (The Sun)
http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/news/2805295/Mars-probe-shows-trees-on-planet.html

treesonmars.jpg
(かなり上空から見た画像なので、樹は相当の大きさ2~3㎞になる筈だが、、、、)

まぁ、田布施出身の東京明治天皇の家系である故・橋本龍太郎が「高級紙」と勘違いして数度に渡ってコメントを寄せた大衆紙サンに載っていた記事の画像ですから、、、

間違いなく本物です(爆)

非常にCGっぽいテカリのある感じがしますが、絶対信じてださい(爆)。

タネを明かせば、この画像はNASAのMars Reconnaissance Orbiterが撮影した火星のホンモノの写真ですが、そこに写っている「樹木らしく見える物」の正体は、実際には玄武岩やドライアイスや氷からなる柱だといわれています。

まぁ、オコツトの言葉を信じるならば、太陽系は原子の構造がマクロ側に投影されたもので、その太陽系がよりマクロ側に投影されたのが銀河系であり、宇宙は太陽系しかなく、地球次元から眺めたこの広い宇宙には地球にしか生物はいませんので、当然、火星にも樹木はないでしょう。
※註 次元が異なる太陽系には火星人、水星人、木星人、金星人...等の9つの生命体がいる。たまにノイズが入って見える場合がありますが、互いの次元世界は独立していてほとんど没交渉。唯一、意識空間を通じてのみ交信が可能でしょうか。月人やアガルタはこの次元と次元の間に住む3.5次元人でしょう。

あっ! 火星には火星入植計画(千人規模)で多少の人類はいますが、、、これはニビル接近時における地球大艱難後のニューワールドに向けての支配者層の生き残り作戦の1つという位置付けであり、デンバー地下都市群と同様のものです。火星殖民計画は地球製UFOを含めエリア51でずっと研究されていたといいますが、この近くで目撃される宇宙人と目されたグレイも実は遺伝子操作で誕生した使役用の人間モドキの生物なのですね。

地球からみた火星は赤く荒涼して見えるが、火星に到着すると、それまで見えていたのとは打って変わって、そこは人類が住めそうな環境が広がっている。本来の火星次元に影響されて見え方が変わってしまうのでしょうか。コレが位置の変換による次元変換ですが、意識が物質を作るという唯心論からしかこの説明はつきません。

火星
(まだ青味は強いが、赤色フィルターを取り去った火星地表。青空のグラディエーションが自然だ)

サンタクロースを信じる子供に、「サンタの正体はワタスだす!」と告白する親のようで心苦しいのですが、、、、

地球物理次元には、銀河連盟なんてありゃしません。
だって、地球人しかいないのですから、、、、

所詮、幽人のたわごとでしょう。コチラの世界から向こうの世界が見えないのに、向こう側からはコチラの世界が見える筈もなく、あくまで幽界に写る写像を見て語っているだけでしょうか。逆に、陰謀論を絡めながらこの世界に対して異常に詳しく言及しているM君のような存在などは、何かしらの世界権力側の情報操作の類でしょうね。
※註 存在するのは「意識世界=人間の外面」です。この物理宇宙(=地球次元の宇宙)には人類は地球だけに存在。ただ、極たまに異次元世界のUFOがノイズ的にこの地球次元に映し出されることがある。2013年以後の世界では異次元へのスターゲイトが開くのか?これはなってからのお楽しみです。


(2011/1/28 イスラエルの岩のドーム上空に現れたUFO)

こういったNWO(イルミナティ)製のスペースクラフト(UFO)で火星や月とを行き来しているわけですが(葉巻型母船もあるでよ)、第二次大戦下で開発されたナチス製のアダムスキー型UFOからは既に60年以上も経ち、UFOも随分と進化したものです。大艱難後、新しい世界システムを受け入れの為の切り札として、もうそろそろ何からの形で公開化(宇宙人が攻めてくる~作戦とかw)されるだろうと睨んでいますが、、、、まぁ、その為にチャネリング系において、宇宙人UFO救済情報をせっせと種まきしているわけですね。
※註 最近、FBIのUFO情報が解禁になったり、エイリアンらしき動画やUFO捕獲時の映像が出回っていますが、これも情報操作の一環でしょう。

『2013:シリウス革命』でオコツトは、ニビル(エレニン彗星?)との次元交差が起きる地球次元では、火星は壊滅的な打撃を受けることになる為、火星には行かずに入植計画も止めて、スグに地球に戻ってくるようにと警告を発しています。

2013:シリウス革命―精神世界、ニューサイエンスを超えた21世紀の宇宙論(コスモロジー)2013:シリウス革命―精神世界、ニューサイエンスを超えた21世紀の宇宙論(コスモロジー)
(1999/08)
半田 広宣

商品詳細を見る


そらぁ~、地球はポールシフトを起こしながらニビルに重力補足されて連れ去られてしまうのですから、機器類の補給路が絶たれた火星だけでは生存は難しいでしょうし、最悪、ニビルによってフェイトンが小惑星になってしまったように、火星が破壊されてしまうかもしれません。オコツトは火星は消滅してしまうとまで言っています(汗)。

この春、日本進出したKPOPのGirl's Dayもオコツト同様に警告していますね(笑)。

■Girl's Day日本公式サイト
http://girlsday.jp/


(Girl's Day 「Twinkle Twinkle」)

ハヂマ ハヂマ ママママママママ
(するな するなぁ~~~~っ)

カヂマ カヂマ ママママママママ
(行くな 行くなぁ~~~~っ)

火星に行ったらアカンだす。
スグに地球に帰還してくれだす~。もう時間がないだす~。

万国の夜明け

M9.0の三連波を記録した3.11東日本大震災の真の発生原因は、、、、

与謝野経財相がいうように「神の仕業」なのか?
それとも、ジリ貧の石油派の米国が仕掛けた人工地震なのか?
はたまたエレニン彗星(中性子星?二ビル?)なのか?

いづれもがとても香ばしい香りのする内容です。まぁ、日本では上記3つ以外の「普通の周期的な地震」だと考える人が80%だと思いますが、、、、、ただ、この煩フルでは「人工地震説」は最初から却下してます。とういうのも、この規模の地震は1000年前にも起きており、自然現象でも十分説明可能だからです。

人工的なものではない理由として、、、

1)HARRPでは海底下を攻撃不可
2)「ちきゅう号」の縦穴程度の径では原爆投入不可
3)富士山を囲む正四角形の地震は測定グリッドで集約化が原因
4)米国空母到着早過ぎは、米軍海底地殻測定による最新の地震理論から
5)余震を含めるといったい何回の攻撃?


と考えています。あと人工地震の有力な証拠と挙げられていることなのですが、下記日付に大気上空にラドンイオンのホットスポットが存在したといいます。

3月05日・・・青森沖、東海沖、北九州
3月08日・・・青森沖と愛媛沖(伊方原発)
3月09日・・・関東沖と青森沖
3月10日・・・再び愛媛沖と青森沖(六ヶ所村)
3月11日・・・宮城沖
3月12日・・・千葉沖と新潟沖(柏崎原発)


要するに、熱くなっていたのは全部「原発」が存在している場所であり、これはHAARPによる攻撃ではないかという洞察がありますが、実は、これこそがプロトンイベントで降り注ぐCMEによる電力グリッドの焼き切れを防止して、原発の全電源喪失という事態を防止していたのだろうと考えられるのです。

また、3.11の地震はP波に続くS波のない垂直的な立ち上がりの地震波形であり、この波形が原爆を使った人工地震の波形と良く似ているとのことですが、これは地震震源地の宮城沖が地震空白域という地殻粘着性の高い場所であり、今までの一般的な地震波形とは比較は出来ない。粘着力が強いが故にS波が続かなかったと見る。もし人工地震ならば、その後に起きた幾多の余震も同様の波形があるはずですが、そうではなさそう。

今回の地震の直接的な原因は、基本的には太陽フレア爆発で地球に飛来したCME(プロトン等の荷電粒子)やニュートリノ...等に誘引されたマグマ対流の活発化によるプレート移動を伴う地殻変動だと思っています。これと連動するかのように、ケムトレイルとHARRPが活発化していますので、CME飛来による電源グリッド防衛が主任務だと思う。もし、送電線が切れたりするとフクシマのような全電源喪失という事態に陥り、世界中のあらゆる原発であのようなメルトダウンが発生するかもしれない。

ただ、何故、今、太陽活動が活発化し出したのかはよくわかりません。

1つの可能性は、二ビル接近に伴う重力作用や電磁波作用で活動活発化、あるいは、太陽が宇宙を走るビルグランツ電流に触れて活動活発化、このいづれかだろうと睨んでいます。

果たして、エレニン彗星は中性子星二ビルなのか、、、今のところ、太陽-地球-エレニン彗星が直線を為した時に東日本大地震が発生したことと、地球最接近時がコルマンサイクルの最終区間と完全に一致しているという点だけからの推察です。もし、エレニンが中性子星ならば、その巨大な重力で他の惑星に動きに変化があってしかるべきなのですが、、、あるいは、質量=重力はそれ程でもなく、単にぱパルサー的に電磁波を断続的に発射しているだけなのか?、、、、この辺は地球に最接近した時にはよ~く分かるでしょう(笑)。

原因は何であろうと、今、世界中でマグマ活動が活発化していることだけは否めません。

その1つがイエローストーンですが、ここには米国を行き来する巨大なマグマ溜りがあり、噴火した場合、米国の2/3に火山灰が積もると言われています。

***********************************************
8日、米国イエローストーン(Yellowstone)で群発地震がおきた。群発地震のうち最も強い地震は、地震の強さを示すマグニチュードがM3.3、震源の深さ6kmの地震だった。この地震の震源の位置は米国国立公園イエローストーン公園だった。イエローストーンではこの数日小さな地震が繰り返しおきている。地質学者はこの地震に注目している。注目の理由はイエローストーンの地理条件。イエローストーンはカルデラの上にあり、このカルデラは太平洋から地底深く潜り込む北米プレートの上に乗っており、過去イエローストーンでおきている噴火は全てこの北米プレートの動きと連動しているという。

■米イエローストーンで群発地震
http://www.disaster-goods.com/news_scqhnPEQQ.html
***********************************************

イエローストーンでは、地震発生してもそのあと直ぐに地震データが消されてしまうという話を聞いています。米国当局はかなりシビアに考えているのではないでしょうか。

また、東日本大震災をズバリ予測した「照」さんの世見内容では、

***********************************************
海水に隠れた火山がハワイ諸島にあると...どうやら、その火山は噴火を続けながら成長していて、キラウエアの活動の仕方にヒントがあるらしく激しい爆発をキラウエアがしないのも海底で成長させている物があるせいらしいのです。太平洋プレートが今回の東日本大地震で影響を受けたように、西北西に向かい動く力が加速したと教えられた。天皇海山とハワイ島は、マントルの活動方法が似ている。...この海水に隠れている火山が活発になっていると教えてくれた。

それと、ロイス山って何処にあるのだろうか、エルテチョニ山って何処かなァ。ペレー山、書いておきたい山の名前が次から次に出て来る。アウ山・クラックウ山・ケルード山・タンボラ山、...ウェズヴィオ山 ここには○を、どう云う意味だ?最後がエトナ山だって、...何処が噴火しても仕方がない時期のようです。アメリカは、この間書いたと思いますので省きます。


■<世見> 2011/05/18
http://kinmiraiken.jp/archives/1695.html
***********************************************

山の名前がたくさん出てきますが、大体、この3つの地域に集約されています。

【カリブ海周辺】
・ロイス山・・・ネバドデルルイス山? コロンビア・1985年噴火
・エルテチョニ山・・・エルチチョン山? メキシコ南部チアバス州・1982年噴火
・ペレー山・・・カリブ海の西インド諸島のマルチニーク島・1902年噴火

【インドネシア】
・アウ山・・・インドネシア北スラウェシ州・2004年噴火
・クラックウ山・・・クラカタウ山? インドネシアのジャワ島とスマトラ島の間・1883年噴火
・ケルード山・・・インドネシアのジャワ島のカルデラ湖・1919年噴火
・タンボラ山・・・インドネシアのスンバワ島の成層火山・1815年噴火

【イタリヤ南部】
・ウェズヴィオ山・・・ヴェスヴィオ山? イタリヤのナポリ近郊・紀元前79年噴火
・エトナ山・・・イタリヤのシチリア島・数年おきに噴火

火山

この予知のように、今、世界的にマグマ活動が活発化していて、今後、多くの火山噴火が予想されます。富士山や白頭山も噴火の兆しが出ていますね。

さらに、この2011年には、、、米国債上限→米国破綻→ドル終焉の危機、中東危機(イスラエルの孤立化)、日本の原発災害、、、これだけのものが一堂に会しているのです。これを普通だと感じる感性を異常だと思います。この大艱難ぶりは人類に対する何らかのハードルであると考える方が理に適うのです。

その大艱難の先にあるものは、、、

万国の夜明け(地球覚醒)、、、
 

(Orange Caramel - Bangkok City)

このOrange Caramelというグループは、After Schoolというガールズグループのマンネ(末っ子)ラインであるレイナ、ナナ、リジーで構成されたユニットです。前回の曲はかわいい娘路線でしたが、今回、全然変ってしまった、、、、しかしなぁ~、この頭はスゴイw

なんか金星人みたい、、、、

う~む、何故、バンコクなのだぁ~?

万国、、、(city=市=死)、、、金星人、、、これは大艱難に際して「世界は1つ、人類は皆兄弟」とワンワールドになって地球覚醒せよという「金星人からのエール」かもしれない(爆)。または、シリウス意識が人類幼年期であるこの物質密度という学校の卒業試験として大艱難があるとAfter Schoolのマンネ達に唄わせたのかもしれん(超爆)。

この今起きつつある大艱難(三千世界の大峠)は、「物質世界(外界)=自己内面世界」と認識する変換人型ゲシュタルトの見地からは「宇宙からの危機」という形で顕現されるように、実は1つ高い次元からもたらされる右脳と左脳の統一過程であると見ています。で、統一完了となった際には、自己の肉体が外界と溶け合った情況となり、肉体境界が曖昧となってしまい、まるで半霊半物質の体になったように感じられるのかもしれません。

この大艱難の時の正気の持ち方次第で、右脳左脳統一したニューワールド移行には、「神人」(ゴットメンシュ)と「家畜人ヤプー」への二極化が起きるのではないだろうか。つまり、感情想念層(アストラル体)の一部を浄化してできたマナス(霊我)がクッション材の役目をして、自己の正気性を保護する。これが出来たのが「神人」で、出来なかったのが「家畜人ヤプー」。「家畜人ヤプー」の場合、次の人間期に再び人間としての生を送り、次のタイミングで「神人」を目指して濃密な密度の世界(物質世界)で意識レベルを研鑽する。

当然、神人(ゴッドメンシュ)は金星人みたいなアフロチックな頭になるでしょうか(爆)。
※註 何故か不思議なことに覚醒者にはアフロヘアーが多いのですw

隠蔽保安院の毛のないズラ男は、決して「神人」にはなれないなw

コルマン第3区間の始まり

原発関係は1.2.3号機とも全てメルトダウン確定ですが、マスコミでは初号機圧力容器内にメルトダウン溶融物が留まり、また、格納容器最下部から水漏れが発生していると、別々の情況であるかの如く報道している。しかし、これは同一事象による結果であり、既に溶融燃料マグマは圧力容器の16㎝厚の壁を溶融貫通し、さらに格納容器をも抜けて落ちて基礎コンにまで到達していると考えています。

ただ、基礎コンは7m厚もあるので、その下の地下水脈に到達するまでには相当時間が掛かりますが、3月16日にメルトダウンして基礎コンに落下していれば、もうそろそろ7mのコンクリを突破していてもおかしくはない頃です。その後、地下水脈に達して水蒸気爆発でもすれば、世界初のチャイナシンドローム水蒸気爆発となる。

しかし、このメルトダウンした1~3初号機よりも、実は4号機がヤバイなのだという。

なんと、建屋が傾いて倒壊間際。貯蔵用プールにある燃料棒の数量も不明なのですが、このことから逆にかなり大量にあると思われます。もし倒壊すれば、プール内の冷却水が溢れ出して無くなり、また、傾くことで燃料棒が片側に集中して即発臨界を起こし、3号機建屋を黒いキノコ雲で爆発させたように、再び核爆発が起きるかもしれないのです。
※註 日本において核爆発させたものは懲役7年だといいますので、政府も東電も誰も核爆発が起きたとは言わないのではないか。

■傾きが止まらない4号機建屋の補強工事
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-547.html

まぁ、こんな感じで原発事故修復は遅々として情況が改善されていません。
寧ろ、さらに悪化しています。

TVで相馬町の人のインタビューが出ていましたが、

「何故、避難しなくちゃなんねぇだ?」

う~む、実は、今、日本の大方の人はこんな認識程度なのかもしれない。
まぁ、それだけマスコミの安全洗脳、情報隠蔽の成果が上がっているのでしょう。

今、日本はこういった問題を抱える一方、もう1つの危機、NEXT地震という課題も抱えています。巨大地震があるとその歪みを修正する為に1~3ヶ月後再び大きな地震があるといわれています。

例えば、スマトラ地震は、2004/12/26にM9.1が起きましたが、その3月後の2005/3/28にはM8.6の大地震がプレート境界線の隣で発生しているのです。

スマトラ
(東日本地震とスマトラ地震)

日本の場合も同様にプレート境界線の隣で発生するかもしれません。その場合、スマトラ地震の事例からは、房総沖、相模湾、駿河湾、東南海、南海の広範囲に渡る「地震空白域」で起きることになりそうな感じがします。この煩フルでも、太陽フレア、霊言、予知夢、宏観現象、東海アマの体調...等を参考に「近しさの法則」を駆使し妄想的に予測はしてましたが、完全に予測はハズレていますね(涙)。どうも宏観現象即地震とはなっていないようです。地震予知とはなかなか難しいものですね。

そんな時、5/16のローマ地震予知(実際はスペインで発生)が占星術の結果だったということから、そういったものの信頼性は意外と高いのいではないか?と感じたのです。つまり星の配置は現実に先行する。イルミナティは星の配置から次々と施策を打っているという噂もあります。ここはやはり「コルマンサイクルは当たるだす~」の啓示通り、基本である「コルマンサイクル」に戻らねばなるまい。

コルマン第9サイクルの各々の区間は下記の通り、

◆第一区間
昼:3月9日~3月26日(種まき) 
夜:3月27日~4月13日

◆第二区間
昼:4月14日~5月1日(発芽)
夜:5月2日~5月19日(反作用)

◆第三区間
昼:5月20日~6月6日(萌芽) ←今はここ
夜:6月7日~6月24日

◆第四区間
昼:6月25日~7月12日(葉の形成)
夜:7月13日~7月30日

◆第五区間
昼:7月31日~8月17日(つぼみの生長) 
夜:8月18日~9月4日(破壊)

◆第六区間
昼:9月5日~9月22日(開花)
夜:9月23日~10月10日

◆第七区間
昼:10月11日~10月28日(結実)


ちなみに「昼」とは新展開を起こすべくエネルギーが活発化する期間で、逆に「夜」は現状維持にまわる冷却期間だといいます。最近の例で分かり易く例えると、原発の炉で「昼」が制御棒を抜いた状態、「夜」が挿入した状態と言えるでしょうか。

今週の金曜日5/20から第三区間の「昼」に突入します。ここで何らかのこと(=二度ある仕組み)が起きるかもしれませんね。第一区間「昼」では突入2日後には3.11大震災が起きています。また、第二区間「昼」には別段何も起きていませんので、今回も何も起きないかもしれませんが、、、要「注意日」でしょうか。

先の原発悪化情況がいよいよ表面化してくる時かもしれません。

金玉情報によれば、5月18日~21日前後 地球・金星・水星・火星の惑星直列があるといい、CNNでは5/20、5/30だともいう。何故かキリスト教関係者が2011年5月21日に「Rapture」「審判の日」と言っているのだそうです。前回のローマの非難騒ぎと同じく占星術による惑星直列なのだろうか。まぁ、ヤッズ★は5/30を「ゴミゼロ(530)運動の日」だとして、日本のドロンボー一味を大掃除する日で危険日だと想定していますが、、、、

危険日の5/20、5/21、5/30は、

ズバリ!第三区間「昼」(5月20日~6月6日)に入っテル。


(お馴染みの少女時代)

シカ❤様っーーーーー!!!

5/20、5/21、5/30のVisual Dreamsは現実化するのか?
さらに先を見ていくと、、、、、

第五区間「夜」の期間(8月18日~9月4日)は「破壊」と非常に恐ろしい言葉がコメントされています。これは現状維持勢力側の破綻、、、つまり、古代バビロンから連綿と続けてきた貨幣制度、さらに信用創造という形でペーパーマネーを作り世界各国の中央銀行をネットワーク化して一極的に富を吸い上げるという金融システムの破綻(=国際金融資本のバンザイ)のことでしょうか。

「金で固めて金で潰す」という日月神示の予言成就はこの時か?

確かに、今、日本の新聞では小さくしか報道されていませんが、5月16日に米国債は法定限度額に達し、もうこれ以上の限度額引き上げを議会が認めず、議会承認までの時間稼ぎ的に8月2日まで再投資用の国債発行を取り止める特別措置をするそうですが、この8月2日は第五区間「夜」の期間開始の直前なのです。

************************************************
米財務省は16日、政府債務残高が同日に法定上限の14兆2940億ドル(約1155兆円)に達すると発表した。このため、一連のデフォルト(債務不履行)回避策の一環として、一部政府年金の政府債再投資のための国債発行を取りやめるという。ただ、8月2日には回避策は利用し尽くされるとしている。

■米政府債務が法定上限に到達―デフォルト回避で特別措置
http://jp.wsj.com/US/Politics/node_237173
************************************************

今年盆開けに、金融ビックリ・バンが起きるのでは!?

ビックリバン

そういえば、ラビバトラの予測では「昨年2010年の夏に資本主義は花火が散る如く突然終焉する」と述べられていましたが、丁度、1年繰越になった感じですね。

最終区間である第七区間の「昼」10月11日~10月28日は、ニビルと目されるエレニン彗星(中性子星?)が地球にもっとも接近する10月17日とドンピシャのタイミングになっています。この時、ニビル軌道に地球が捕捉されポールシフトが起こり、地球はニビルに「あれ~っ」と連れ去られて行き、ニビルを新しい親太陽と崇めるようになるのかもしれません。っていうよか、そうなると思っています。
※註 唯物論+人間型ゲシュタルトでは、そんな確率の低い事を、、、と考えてしまいますが、唯心論+変換人型ゲシュタルトでは何事も意図された通りにジャストタイミングで起こると見ます。そんな世界に地球が行ってしまって大丈夫か?と思われますが、逆に言えば、そうなるようにしてニューワールド開始が設定されている為、人類は存在形態は変わってしまうかもしれませんが、その世界で生きていく事は可能な筈だと思っています。

その時、太陽神・天照大神はスサノウにとって替わられるでしょう。
記紀の日本神話の三貴神は、実は、、、、

◆太陽・・・アマテラス
◆月・・・ツクヨミ
◆ニビル・・・スサノウ


という関係になっていると睨んでいます。

乱暴を働き「高天原=太陽系」を追い払われたのがスサノウですが、ヤマタノオロチ(国際金融資本・イルミナティ)を退治して尻尾から「草薙の剣」を取り出しますが、幸せに暮らしていく神話はこれを表していたのかもしれません。この地球捕捉時、多分、月はそのまま月人と一緒に地球軌道に残されたままでしょう(爆)。これはイルミナティの終焉ですね。

地神を祀っていたのが古神道で、その同類の名残が沖縄の男子禁制の「御嶽(うたき)」ですが、これはエブス人のアイヌ(蝦夷)が奉じ宗教です。一方、天神(ヤハウェ)を祀っていたのが初期大王族です。この天神はユダヤの風習である仮庵祭(スコット)や過越祭を見る限り、天神(ヤハウェ)とは実はニビルのことだったのかもしれません。

この初期大王族が日本に持ち込んだものに「モーセの杖」があります。

これは草薙剣として知られていますが、また第二次大戦時、軍部の特命により草薙剣を使ったルーズベルト呪詛の際の目撃談だと、草薙剣は木製で魚の骨のようであり、メノラーのような形状をしていたといいます。祝詞を唱えると青白く輝き、迂闊に触れた禰宜が灰になってしまったという。メノラーは「生命の木」をモチーフに造られたものですが、実は、草薙剣(モーセの杖)こそが「生命の木」そのものだったのかもしれません。
※註 呪詛が効したのか、勝利目前の1945年4月12日、ルーズベルト大統領は肖像画の制作途中、昼食前に脳卒中で倒れそのまま死亡したという。

生命の木
(生命の木)

ある方の話によると、今、熱田神宮は物凄く波動がビシバシとハンパなく来るそうで、写真を撮ればまずオープ(たまゆら)が写るといいます。実際に体験してないので何ともいえませんが、このニビル=スサノウから考えるに、スサノウつながりで草薙剣とも何かしらの関係があって、今、草薙剣が呼応して活性化しているのかもしれません。

メノラー
(メノラー そういえば巨大彗星メノラーというのもあったなw)

かつて徐福が目指した不老不死の妙薬とは、この「生命の木」の実であったわけですが、当時(紀元前2世紀)は東三河の蓬莱山(現・鳳来寺山)の麓に自生する扶桑樹(セコイア?)が生命の木でした。しかし、徐福末裔の大漢国滅亡後は、扶桑樹は伐採されてしまった。その後、「蓬莱」という名は熱田神宮に移され、熱田神宮は「蓬莱島」と呼ばれるようになりましたが、ここでも「蓬莱」と「生命の木」がマッチングされているのです。

つまり、草薙剣は新たな「生命の木」とされた。

熱田神宮の鳥居の柱には榊が付けられていますが、ここの榊は正確に7本枝になっていて、正しくメノラーのような形態となっているのです。まるで「ここにメノラーがあるよ」と言わんばかりです。しかも、熱田神宮の位置は、伊勢の内宮=太陽、外宮=地球、月読宮=月という関係から考えると、海を隔てた地の熱田にあることから、熱田神宮=ニビルを暗喩しているのではないか!

尾張(名古屋)は終わりの時に用意された場なのか?

事実、日々放射性物質が降り注ぎ「穢土」化する東京を廃都とする遷都構想が面下で進められているといいます。大阪の団体が首都機能のバックアップを官邸に提言したというニュースがありましたが、これは政府。官僚側が仕掛けた陽動であり呼び水でしょう。本命はズバリ!東濃地区、つまり美濃尾張ですね。既に小泉政権下でそのインフラは整備されていたともいう。
※註 尾張は初期大王族上陸地であり、男系型の日本のピラミッド支配社会の始まり地でもあります。今、ニビル来訪でこのピラミッド型の支配は終焉を迎える前であり、人の意識を介したニューロネットワーク型社会になる「夜明け前」の時ですが、まさに尾張は初期大王家が持ち込んだピラミッド構造の「始まり」の地であり「終わり」の地でもあるといえる。

徐福と「生命の木」の実

ドクタ~からの発売速報メールで、飛鳥最新本『失われた徐福のユダヤ人「物部氏」の謎』を早速買って読んでみました。徐福フェチのヤッズ★なので、いてもたってもおられずの購入です。

失われた徐福のユダヤ人「物部氏」の謎 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)失われた徐福のユダヤ人「物部氏」の謎 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)
(2011/05/11)
飛鳥 昭雄

商品詳細を見る


何故、今、徐福や始皇帝かといえば、、、

ズバリ!不老不死です(爆)。

放射線にもビクともしない身体、オコツトがいう「変換人の世界」や日月神示がいう「ミロクの世」の時になる述べられている不食・不眠・不老・不死という仙人のような「半霊半物質」の身体のことですが、現在のフクシマの情況を考えると、これに明確に関わって来ていると感じられるのです。この新しい体はスピ系ではライトボディ、ヒトラー予言では「神人(ゴッドメンシュ)」とも呼ばれますが、R・シュタイナー的に言えば、「霊我-自我-感情想念(アストラル)-生体エネ(エーテル)」で構成される天使的存在のことなのです。

実は、こういった存在、つまり、99.89%ヒトと同じDNAを持つ「使徒」になることが、秦始皇帝が求めた「不老不死」のファイナルアンサーだと思っていますが、こういった存在になる前に起きると予言されていた二ビル来訪が実際にエレニン彗星(中性子星)という形で現実化している今、まさにコレへ移行する最終段階にあるという認識をしています。

2300年前、秦始皇帝が成し遂げられなかったことを現人類が成し遂げる、、、
なんか、こう考えるとゾクゾクしませんか?(笑)

秦始皇帝は莫大な国家予算注ぎ込んで東海の三神山の蓬莱山にあるという不老不死の妙薬を徐福に探させましたが、日本でも景行天皇が東三河に宮を建て、その研究に取り憑かれたという不老不死の妙薬。その当時の考えでは主成分は「水銀アマルガム法」で金を含有した水銀溶液を塗布することで塗布物が黄金に変わってしまう「金メッキ法」が知られており、これと同じ考えの元、不老不死に必要なものは水銀だろうとの推察で中央構造線上に点在する水銀鉱山から得られる水銀を含んだ薬が作られ、それを服用した故に水銀中毒に陥って逆に命を縮める結果となったという。
※註 良質な水銀は中国では得られず日本製であったともいう。日本の大和地方の重要な輸出品目が水銀で、この山合いの盆地に過ぎない地方が日本の政権中心地となったは、実はこういった理由があったからだともいう。平城京が遷都せざるを得なくなったのも、大仏等多くの仏像を作る際に「水銀アマルガム法」で金メッキした為、市中に水銀を含む大気が溢れ、これにより病が流行り、怨霊と看做して嫌ったからともいう。何だか今の原発政策のツケで東京から遷都しなくなってしまった情況と似ています。あの時も仏教押し進めた百済系の藤原氏でしたが、今回も藤原氏(閨閥)である点も同じです。

この妙薬、実は霊芝のことだったとも言いますが、この霊芝を主成分とした「五井野プロシジャー」が放射線被爆症の治療に効くいう話があります。下記動画はウクライナ国営放送の動画ですが、チェルノブイリの放射線被爆で苦しむ患者を治療したといいます。今、非常に有益な情報ですね。


(ウクライナ国営放送)

■チェルノブイリのガンに苦しむ子供達の救済計画始まる
http://www.avis.ne.jp/~wippii/kiji-8.html

さてさて、話が横道に反れてしまいましたが、飛鳥本を要約すると、、、、

・徐福末裔・・・ユダヤ教徒で物部・海部、邪馬台国(=物部王国)を建国
・秦氏1・・・新羅系の渡来人で原始キリスト教徒(秦神道)、賀茂氏
・秦氏2・・・ユダヤ教(物部神道)から原始キリスト教へ改宗した物部氏
・応神天皇・・・百済系スキタイ騎馬民族(カド族)


という形になっています。
飛鳥説は少し大雑把に丸め過ぎ、、、特に、徐福末裔=物部氏がねw

秦氏を2つに分けたのは慧眼であり、「賀茂氏=秦氏」というのもほぼ正解。実際、秦氏2は物部氏の中にも秦神道(八幡・稲荷)を受け入れて改名した者もいる筈ですし、語り部によると、機織・酒造・製鉄...等の大漢式技術と引換に八幡・稲荷信仰を勧める政策をした出雲王朝末裔系の邇波広高(景教徒)が後に「秦河勝」と改名したのが秦氏の始まりだといいます。秦氏とは歌舞伎でいう「市川」、落語家でいう「林屋」「三遊亭」のような家元制度だと言えば分かりやすいかもしれません。

この邇波氏は後代には蘇我氏(葛城氏、後の鞍作氏)として知られていますが、ちなみに、蘇我の名は本来は「宗我」であり、聖書記述の「我れ蘇り」から名付けられた架空の名であるという。廃朝して国譲りした出雲王朝直系末裔が蘇我入鹿(鞍作毛人)ですが、この入鹿の孫に役小角モデルとなる「神(カムイ)虫麻呂」を祖として賀茂氏は興ったといいます。賀茂氏も秦氏も邇波系(出雲)だったのです。

ちなみに、神虫麻呂が壬申の乱の戦勝記念に建立したのが東三河の照山の神神社であり、後に、徐福末裔の大漢国討伐の戦勝記念に建立された王伴神社とともに麓に遷座したのが、今の豊橋賀茂神社の縁起だといいます。当然、この縁起は神社には書かれていませんが、、、(笑)

「平原広沢の王」となった徐福が来日したのは紀元前2世紀。また邪馬台国が滅んだとされるのが4世紀であり、この600年間に大陸からの大規模移民が秦氏だけとするのは少し無理があると思う。あと出雲や蝦夷や蘇我に関する考察が完全に抜け落ちてしまっている。でも、古事記、日本書紀、竹内文書、籠神社伝承...等の乏しい史料しかない日本では無理からぬところ。この様なカンタンな括りでは、壬申の乱の起きた謎も京都・湧泉寺に天武系天皇の位牌が祀られない日本史の謎も一切解けません。

残念なことに、飛鳥先生は徐福の本拠地である東三河に到達するところまでは程遠く、徐福の謎は謎のまま、解明出来ず仕舞いの結果となってしまった。まぁ、別段いいのですがw

一方、語り部の説(伝承?)では、、、、

【中東系ヘブル人】
・縄文人・・・エブス人(蝦夷・アイヌ)→毛野国建国→出雲王朝(廃朝)→葛城(蘇我)氏
・高賀茂氏・・・出雲系(葛城氏?)
・賀茂氏・・・高賀茂氏の支流、神虫麻呂が祖
・秦氏・・・出雲系の邇波広高が家元

【中華系ヘブル人】
・徐福末裔・・・蚩尤民族末裔の来日→東三河に大漢国・君子国・扶桑国を建国(滅亡)
・弥生人・・・長江の中国人(長脛彦)→邪馬台国を建国(滅亡)
・ヤタガラス…恭順化した徐福末裔(黒装束の3人1組の鵜匠から命名)

【十支族系】
・神武天皇(倭旨)・・・初期大王族(扶余系新羅・スキタイ騎馬民族・カド族)→蝦夷の手引きで邪馬台国を滅亡させ、そのまま国を継承(大倭)
・ニギハヤヒ(倭得玉)・・・初期大王族分家筋の尾張王朝(廃朝)→物部・海部の祖
・応神(倭武)/継体天皇(倭継)・・・後期大王族(百済系エフライム族)、初期大王家に百済から婿入り


■邇波言壱著作 出雲王朝(語り部)
http://www.pleiades15.net/history/niwa.html
(伝承だけでなく、一部独自研究部分もあり?)

と、かなり複雑な様相を呈しています。
(グループ分けはヤッズ★が追記)

古くは彼らは東方にあるという「生命の木」を求めてやって来た者たちであり、東三河の三神山の1つ、蓬莱山(現・鳳来寺山)にある扶桑樹(生命の木)とそこにあるという不老不死の妙薬の伝説に触発されて遠く大陸から遥々この日本に来た。つまり、日本とは大方がヘブライ系の移民で構成された国であったわけです。

世界最古の縄文文明を持つ日本で、変換期を終えた縄文人は所謂「知恵の木」の実を食べ、知恵を得て世界に拡散して行き、知恵の結晶である技術を与えながら世界各地に文明を続々と勃興させ、今度は「生命の木」の実という不老不死の妙薬を食べに波状的に日本に続々と帰還して来たというのが、本当の日本の歴史だと解釈しています。
※註 日本におけるペトログリフ(岩刻文様)400余件の85%は、いわゆるシュメール文字やシナイ文字で解読可能だということが分かっています。例えば、「神奈川県伊勢原市の阿夫利神社の〈大山石〉にはエジプト文字、シュメール文字、中国の古代文字、日本のアヒルクサ文字のコードが読める。ここには複数の言語で一つの思想を明快に表現している。上段には「父なる太陽神ラー」を讃え、下段では「神聖なる七枝樹の前で大地母神ヒと牡牛神ハルに祈る」と複数の文字言語で書かれている。天の神を讃え、大地の神に祈るという古代人の精神世界が素朴に率直に表現されている。」のです。

これは古代の「人類補完計画」!!!

飛鳥先生が会ったヤタガラスがいう「物部氏は徐福とともに来たれり!」という謎の言葉の真意は、ヘブライ人レビ族の秦始皇帝を不老不死の妙薬を持って帰るとして騙した徐福への報復的・討伐的な移民が物部氏(初期大王族の支流)であったという意味じゃないかと思っています。まぁ、その間400年強の時間が経過していますが、、、(爆)
※註 ある人はヤタガラスと書かれた名刺を何人からも貰ったというが、、、秘密結社「ヤタガラス」は意外と街に溢れている(笑)。考えてみれば、飛鳥先生が会ったヤタガラスは上記「物部氏は徐福と、、、」という一文だけを伝えにやって来たというが、それだけなら電話で済むことなのだが、、、

manaseさんから「日月系は物部系ですよ」というコメントを頂きましたが、語り部の系図によれば、尾張王朝(尾張氏)の分家である物部氏は初期大王族(カド族)に連なる一族であり、大和地方(大倭)で軍事・神祇を一手に引き受けてきたといいます。この煩フルでは、岐阜愛知(美濃尾張)の県境に跨る弥勒山(天香具山)で天神に鹿の焼く香り捧げる「燔祭の儀式」を初期大王家していたという語り部の内容を信じ、また、弥勒山には金神の碑、山の脇に「一二三神示」と同じ県道123号線があることから、「日月神示は初期大王族の怨念」だと洞察しています。このことからも「日月系は物部系」というのは正しいと思います。
※註 ただしmanaseさんのいう物部氏の出自とは異なるが、、、。また、最近、日月神示の他の部分を読んでいたら、天神よりも地神を祀れという表記が多い事に今頃気づきました(汗)。天神信仰=初期大王家、地神信仰=蝦夷アイヌ(出雲)という図式から、日月神示は、やはり「アイヌの怨霊」という線も考えられるが、多分、この両者、つまり現行の「人為神」や「祖霊」を祀る神道及び仏教勢力に排斥された過去のある霊人グループが取次ぎしているように思われます。

で、徐福の話に戻りますが、熊野に到着してから徐福本隊は東三河に移住し、ここに大陸文明の国を造ったわけですが、それが大漢国(豊橋牟呂?)・扶桑国(石巻~新城)です。徐福上陸伝説のある小坂井市には「兎足神社」があり、そこでは12羽の雀を犠牲にする中国的な儀式がありますが、昔は猪を犠牲に捧げていたといいます。

■牛久保密談記
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%9B%E7%AA%AA%E5%AF%86%E8%AB%87%E8%A8%98

愛知県には3000基あまりの古墳がありますが、そのうち約1000基が豊橋・豊川(石巻地区)に集中しています。語り部の話では、古代東三河の平野部は大方が浅い海の底であり、そこは葦が群生する地であったことから、日本を表す「豊葦原瑞穂国中津国」と呼ばれ、これが「豊橋」の名の元になったといいます。確かに、平野部には郡(こおり)は無く、高台地区の石巻地域に古墳が集中していることから、ここが東三河の中心地であったことから分かりますね。何となく奈良の三輪山近辺を彷彿する感じなのです。まぁ、実際、石巻山は三輪山の奥宮ですからw
※註 三輪山の大神神社の拝殿は山頂を向いておらず、石巻山を向いています。これは壬申の乱で功績のあった物部氏族の三輪高市麻呂(柿本人麻呂モデル)を東三河石巻から神官に抜擢したからでしょう。

そんな石巻地区の古墳巡りがあるとのことで、先日の土曜、市美術博物館が主催する「石巻古墳巡り(参加費100円)」に参加して来ました。参加者は年配の方が多く、ヤング(爆)はヤッズ★たち家族だけで、同年齢の子供も参加があると思っていたjr.は塞ぎ込んで駐車場で体育座りしてしまった程です。

で、驚いたことに、説明する学術員がカミサンのいとこだった(超爆)。

今回、巡ったのは権現山周辺の古墳だけですが、一番の注目は「馬越長火塚古墳」です。古墳サイズは愛知県10位ですが、ここは全長17mの石室と県内一の長さを誇る古墳であり、ここからは金メッキされた馬具やトンボ玉が出土したことから、東三河の国造級の人物が埋葬された古墳ではないかと推測され、いづれ国の史跡に昇格するかもしれないという。

■馬越長火塚古墳
http://www13.atpages.jp/ootama/page221.html

特に権現山はその名の通り、熊野修験道の行事が盛んな宗教的地域であったことから、南朝-吉野-熊野-初期大王族-反百済系移民(新羅+中国)-徐福末裔ラインの拠点である事は間違いなく、実は、この権現山周辺が扶桑国の中心地ではなかったかと推察しています。ここが今まで封印されて来たのは何らかの呪詛があったのでは無いかと思うのですが、、、(爆)。実際、馬越長火塚古墳で出土した馬具やトンボ玉は近くの民家にずっと保管されており、5年前の最近になって出土物が保管されていた事実が知らされたという。

ここが何らかの歴史封印的な呪詛が働いていたのはマチガイないw

以前、権現山を中心とする三角地帯(石巻山-豊川稲荷-照山)が霊的エネルギーが低いと名古屋の気功グループがグルグル巡回してエネルギーを高めているという話を記事化しましたが、この権現山の緑野神社に祀られているイザナミ・イザナギの兄妹夫婦神と黄泉の国のモンスター2柱の計4柱祀られているのが、日本では徐福到着伝説のある和歌山県新宮市の「阿須賀(アスカ)神社」と甲府の「朝気熊野神社」の三箇所だけであり、それが緑野神社を貫くように一直線を構成していて、まるで「ロンギヌスの槍」で目を貫かれた惣流アスカラングレーが駆るエヴァ弐号機のようであると書きました。これが呪詛の正体なのか?(爆)

■封印された三角地帯(煩フル記事)
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-1743.html

古墳巡りを終えた後、散々、カミサンから連れて行けと言われていた「緑野神社」に行きましたが、ここの参道は(参道といっても殆どが山道ですがw)、柔らかな暖かな神気に満ちたとても清清しい道です。ここで家族で揃って参拝をしたわけですが、再びKARAの「Mr.」の尻フリダンスの舞を奉納しようと頭にフト浮かんだのですが、また良識ある方から忠告貰うかもしれないので、今回は自重しました(爆)。

ゴイムの日

やはり、初号機は「溶融貫通」(チャイナシンドローム)してましたね。
弐号機、参号機も完全に「炉心溶融」していたようです。

今も「FKM48・チャイナシンドローム・パーティ」は開催中なのです。

未だ水蒸気爆発が起きていないのが不思議なくらい。
何らかの未知の力が働いてでもいるのか?(汗)

震災発生当初から、福島、東京、富士山にはUFOが多く出現しているといいますが、彼らが何らかの手立てを施してくれてでもいるのだろうか?


(新宿のUFOはどう見ても結婚式で「バルーンリリーフ」した風船だが、コチラは違うな、、、)

どうも物見遊山っぽいので
う~ん、期待薄ですね、、、(汗)

東電期待の「水棺」実現は絶望的であり、最悪の場合、3000度の溶融燃料マグマがコンクリ基礎部や地下水脈...等の閉じ込められた水分と触れて起きる水蒸気爆発もあり得ます。総量40tもある燃料棒が粉砕されて飛び散る為、その汚染規模&汚染濃度はかつてない規模になる筈であり、福島から200㎞圏内は高濃度の放射性物質管理区域として立入禁止になるやもしれません。

特に、初号機はここ1~2日が危ないと言います。

5月16日(ゴイムの日)に水蒸気爆発なんて、マジ、シャレになりません。
※註 奇しくもこの日は米国国債上限に達してしまう日です。上院では反対が多いので上限引き上げは通りそうにありませんね。これで米国公務員は休みに入ってしまい経済活動に大混乱が起きるが、特例措置によって8月2日ごろまで借り入れ継続は可能という話もあるが、一体、どうなることか?

この爆発が起これば、近隣住民は全員退避は必至となる為、弐号機、参号機、、、10km先の福島第二は制御操作出来なくなる為に、原子炉は次々と「溶融貫通」していき、ババンババンバンバンと水蒸気爆発していき、東北&関東圏を中心に日本中に放射性物質をドンドン拡散していくという最悪の事態となります。もう計画停電がどうの、復興日程がどうのとか言っていられない状態に陥るのです。

今、産業界トップは今年のチョー暑い夏に向け、全国から東電への電力移送や土日稼動/平日非稼動(自動車業界)というスキームをいろいろと策定していますが、これを根底から覆す事態となるやもしれません。

つまり、日本政府による「首都圏退避勧告」の発令も視野に入ってきた。

ただ、あの隠蔽体質の政府&官庁が勧告発令するかどうかは怪しいですが、、、、多分、今、日本の実質支配者層である官僚は能面ビー玉の脳死状態でしょう。いいところ自主避難勧告が関の山でしょう。まぁ、このことは4月初めに充分予想された内容なので今更驚かないのですが、とうとう来る所まで来てしまったなぁ、、、と思う次第です。

サクラ満開(放射性線管理区域の全国化)はもうすぐか、、、、、

もう既に日本亡国のカウントダウンは始まっている。
これは日本の歴史始まって以来の出来事ですね(溜息)。

これも全ての元凶は、原発の完全性を監視する機関を科学技術庁から、原発推進の本丸である経産省に一本化してしまった小泉構造改革の負の遺産。保安院の形式的な激甘審査をいいことに東電はコストカットに邁進しただろうから、少なくとも科学技術庁の監査なら電源車確保程度はしていたかもしれない。で、冷却電源全停までは至らなかっただろう。あくまで結果論に過ぎないが、、、、

koizumi911.jpg

そうならないことを祈るばかりですが、こればかりは祈りでどうなるものでもありません。ならば、宇宙連合に助けて貰う?となるのですが、宇宙連合側は「人災は自分で片付けろ!手助けはしない!」とチョ~身勝手なことをおっしゃっています。ただ「人災」ではない津波の時も何もしてくれてませんでしたし、、、、彼らに期待しようというのはお門違いです。

まぁ、彼らの正体は基本的に「白い嘘」(悪意のない嘘)を付く幽人たちで、単に崇敬を欲しているだけの哀れな存在であり、彼ら希薄な存在である霊体が濃密な密度の物理空間に対して何も出来ないのは、当たり前田のクラッカー(死語)なのです。まぁ、オイラも何も出来ないのだが、、、、(あはは)

この国体崩壊は日月神示にも載っている内容ですが、これも成就するでしょう。

でも、これは不食実験を始めるには丁度いい機会かもしれない。
ただいきなり「本番」になってしまいますが、、、、(汗)


「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年
(2008/04/15)
森 美智代

商品詳細を見る

(ヒトの不食化は日月神示もオコツトも言及)

これが切っ掛けで籠の中の鳥が出やる(覚醒)ことになればいいのですが、、、、

でもまぁ、今後、中性子星であるエレニン彗星(ニビル)が巻き起こすことに比べたら、初号機の水蒸気爆発や日本亡国などはまだまだカワイイ方なのかもしれません。なにせジワジワと来る為、退避するまでの時間的余裕があるからです。しかし、エレニン彗星の場合、ある国などは一瞬にして亡国・消滅するやもしれません。まぁ、日本の場合は、元々がプレートの集約点に浮かぶ「ひょっこりひょうたん島」のようなもので、しなやかなラーメン構造をしており、こういった大規模地殻変動時には結構強いと見ています。ただし、よく揺れますが、、、、(汗)

まぁ、エレニン彗星とは、
こんなにしてしまった日本に対する、、、

リセットボタンだと思えばいいのかもしれない(滝汗)

日本
鹿児島UFOさんとこでゲットだす。このように日本はマジ昇天してしまうのですね、、、、)

ポポンヘイ

いつの間にか、注目の地下室アイドルグループSecretが新曲出してました。3.11以来、日本は時間が止まってしまっていたのでビックリです。

曲名は「Shy Boy」
前回のセクシー路線から一転してますが、それなりにセクシーだす。



『Madonna』や『Magic』の時のようなきつ目なメイクではないジウン(ピンク色のパジャマ)のかわいさが際立つ、、、

曲中の「ポポンヘイ」(ずうずうしい)が、何故か「ポポンS」に聞こえる(爆)。「エレニン彗星=中性子星」情報でとうとう頭に混乱を来たしたか?

ポポンSポポンS
()
ポポン

商品詳細を見る


このエレニン彗星ですが、大きさは4㎞と星としては非常に小さく、まさに「Shy Boy」といえそうなのですが、中性子星が放射する電磁力は強力で、超強力な「マグネター」と呼ばれるものになると、通常の中性子星よりも磁場が1000倍強い「ホポンヘイ」な奴なのです。
※註 中性子星の磁場は通常でも10の8乗テスラという強大なものだが、特定の条件ではさらに強い10の11乗テスタ以上とこれを「マグネター」と呼ぶ。

マグネターの磁場は1000kmの距離でも致死的であり、水の反磁性によって細胞組織が破壊される。ちなみに、この距離では同時に潮汐力も致死的である。例えば1.4太陽質量のマグネターから1,000kmの距離にいる平均的な体格の人間を仮定すると、彼に働く潮汐力は20キロニュートン(20万重量キログラム)を超え、体はバラバラに引き裂かれてしまうことになる。

ほ~う、バラバラですか、、、、(汗)
※註 地球-月の間の距離は平均384400㎞なので、マグニートが地球最接近しても人間はバラバラにはなりません。

まるでXメンのマグニートみたいな「ポポンヘイ」な奴です。

マグニート
(マグニート)

もし、本当にエレニン彗星が中性子星であるならば、少なくとも大量の高エネルギー電磁波(特にX線やガンマ線)を周期的に放射するパルサーであることは間違いなさそうですが、今のところそのような測定結果報告はないです。この同じ太陽系にあって測定出来ない筈はない筈です。

実際のところ、どうなんでしょうか?
だれかエロイ人、教えて欲しいです。

オコツトは二ビルは2010~2011年頃に目視出来るようになると言っていましたが、エレニン彗星の登場の時期といい、またこの彗星の配列で地震が起きたことや、現在、空前のXクラスの太陽フレアが発生したりして太陽の活動が活発化していること...等、あまりにも符合することが多いのです。

やはり、エレニン彗星は二ビルなのか、、、、(汗)

ホピ予言では、、、、、

あなた方は天の住居のことを聞くことになるだろう
それは大音響とともに落ちてくる
サクアソフー(青い星)が見える時
私たちの民の儀式は直ちに終わりを告げるのだ

青い星のカチーナが天界にその姿を現したとき
第五番目の世界が出現する

(ホワイト・フェザー)

エレニン彗星が中性子星ならば、強力な電磁波やそれによって引き起こされる太陽フレアのCMEで「天の住居」である国際宇宙ステーションの電子機器が誤作動を起こして落下するという事態も充分有り得ることです。また、ホピでは「犬狼星(ドッグ・スター)シリウス」のことを「青い星のカチーナ」と呼んできたといいますが、多分、このような青白く輝く星が我々の太陽系に現れることを予告しているのでしょう。

そして「浄化の日」を迎え、今の世界が終わって「第五番目の世界」が始まる。

これがニューワールド(ミロクの世)。

このサクアソフー(ニビル)こそが、「破壊と創造」を司るものであり、天神(ヤハウェ)として崇められた「艮の金神」であり、また、荒ぶる神「スサノウ」であり、「最後の審判」を携えてやって来る救世主(マイトレーヤー)として描かれたポポンヘイな奴の正体ではないでしょうか!?

Into The New World

エレニン彗星が「中性子星」であり、その正体がニビルだったということで、これでこの地球次元の結末もほぼ分かりました。っていうか、今まで何年も記事に書いてきた通りの展開になるでしょう。

■エレニン彗星(煩フル記事)
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-1972.html

とうとう来るべきものが「来たーーーッ!!」って感じです。

し、しかしなぁ、、、数年前からこの煩フルで何度もことある事に「来るぞ! 来るぞ!」と指摘していたニビルが、こうも突然に登場とは、、、、、、(滝汗)
※註 一時期は木星質量の4倍の「テュケー」がニビルとも考えていましたが、現在もテュケーは太陽-冥王星間距離の375倍と遥か遠方にある為、次元交差で2011年頃に見えるというニビルとはなり得ません。

重力はハンパなく大きいがこれだけサイズが小さいので、数十年前に宇宙空間で見つけるのは大変だったでしょう。これでもう地震予知情報に一喜一憂する必要もない。つまり、今後、各種予言が語る出来事である地震、津波、洪水、火山噴火が世界各地で次々と起きてくる筈で、書けば書くほど当たるわけです。地震情報、原発情報...等は他のブログにお任せです。実は、そんな些細なことに思考を割いているヒマなど無くなったというのが本音でしょうか。

先の世界がどういう情況になるのか? 先が見えていない状態でアレコレ考えていても仕方がないという理由から先延ばしにしていたのですが、そろそろ考えねばならなくなった潮時かもしれない。

う~む、とりあえず「少女時代」にだけ意識フォーカスかな(爆)

冗談はさおき、オコツトやマイヤー&プターが言っていたことは間違いなかったわけです。半身半疑で記事は書いていましたが、こうもその通りに現出してくるとは、、、、、
※註 オコツトのいう「次元交差」とは、惑星それぞれが固有の次元であり、それを俯瞰的に見れる宇宙がより高次元な世界なのだという。このような「次元」という用語解説からは、我々が想像する次元の交差ではなく惑星レベルの「軌道交差」であると分かります。

今の教皇が人間最後の教皇だという「聖マラキの予言」、大彗星が現れるときに洪水が起こるという「ヒルデガルトの予言」の内容とも完全にリンクしています。この内容が教皇が気絶し公開を拒んだ「ファティマ第三の予言」の内容なのでしょう。しかも、そこにはキリスト教の正体も書かれていると筈だと睨んでいます。

つまり、聖書のゴッドは異星人であると、、、

だからこそファチマ第一、第二のように正確な預言ができたのでしょう。多分、彼らは人類監視者であるプレアデス系の「月人(蛇神)」でしょうね。シリウス系(龍神)から物質世界にディセンションしたところから堕天使として描かれたと思います。彼らがプレアデス系である証拠に大艱難後の記述が一切出来ていない。
※註 彼らは3.5次元という次元の隙間に住む幻影的な存在。角を無くした彼らは蛇のように見える。これが爬虫類人なのでしょうか?

このニビル来訪が意味することは、、、、

地球次元での物質世界の終焉です。
これは単に文明が滅ぶという意味だけでなく、文字通り次元の「終焉」なのです。

これが、、、ガイア・アセンション

オコツト的表現では、全てのものが一度分解されて一気に再構成され、人類は肉体という物質的な衣を脱ぎ去って新たな意識体存在となっていくという。まぁ、一気に再構成するかどうかはわかりませんが、地球上のものが大洪水や火炎となればそれもあながち正しいともいえる。で、日月神示も同様の内容の「半霊半物質の体」と語っていますね。このようにシリウス(龍神)系の予言にはその後の世界展開が記されているわけです。
※註 R・シュタイナーも「肉体-エーテル体-アストラル体-自我」という構成から、最下層の肉体を脱ぎ捨てあストラル体を浄化して出来た「マナス」に自己が入って出来る「霊我」を最上とする「エーテル体-アストラル体-自我-霊我」という構成に人類は変わっていくと述べています。この時、霊我はアストラル界を感知する感覚器官を発達させ、エーテル・スクリーンに投影して新たな精妙な世界を我々に見せてくれる。これがオコツトが「生きながら霊界に入る」という変換人のことでしょうか。このマナスを生成するには、恐怖→浄化→浄化→...というサイクルが必要なのです。この役目をしていたのがグローバールエリートの連中。この煩フルもそういう観点から、浄化の道筋(=笑い)を示しながら、微妙に「脅し」は掛けていました。

で、次に現れてくる世界が、、、ニューワールド(新世界)とも呼ばれる「ミロクの世」でしょうか。

この新しい世界で支配者層側が現在と同様に「お金・食物・資源(エサ)と情報(笛)と暴力装置(番犬)の占有」で世界支配し続ける為のサバイバル作戦の名称がNWO(新世界秩序)なのですが、彼らとて何をどうすれば良いのか判らずに、地下都市群の建設、種子凍結保存、火星移住計画、反物質爆弾実験、、満遍なく施策をしていたという情況です。

二ビルの地球最接近は2011年10月17日と、あとたった5ケ月余り、、、ですが、これはコルマンサイクルの「第9サイクル」終了日の2011年10月28日と非常に近いのも驚愕です。

マヤカレンダー終了日や太陽活動の極大期と比べるとかなり前倒しです。

第三次世界大戦という生贄の儀式で延命を図る支配者層&月人、つまり、世界中にネガティブ波動を充満させることで「ミロクの世」成就を食い止めようとしていたのかもしれません。大戦開始も大峠までには間に合わないかもしれない。これが「学力」と「神力」の戦いにおける神一厘の奇跡=フェイント攻撃なのか?

この大峠、、、支配層だって、オケラだって、アメンボだって、、、
もう誰も逃れることは出来ませんね。
なにせ相手は「中性子星」ですから、、、、もう腹括るしかない。

いざ、ニューワールドへ、、、Into The New World


(まだあどけなさが残る少女時代の「Into The New World」 ドクタ~に「9MUSES」の時のように「おばちゃんたち...」とは言わせないw)

シカ様❤~~~!!!

少女時代の完全に揃ったダンスと全員が交代でセンターを務めることは、今まで日本のアイドルグループが採用していたようにトップ固定のピラミッド型社会から、「ミロクの世」というニューロネットワーク型社会への変貌の兆しを感じさせます。

エヴァ・シリーズ(少女時代)の持つ「真・善・美」というロンギヌスの槍でハートを射抜かれる生贄の儀式、、、この洗礼を浴びることが「人類補完計画」なのだろうか!?(爆) 全く一般性は無いが、基本的に無神論者(異次元人の存在は信じますw)のヤッズ★には、意外と当て嵌ると思っているのだが、、、
※註 少女時代には「透明感」があるとよく言われますが、これこそが、非常に高い波動を持つ証拠でしょうか!

アカン事件(現代の阿衡事件)

浜岡原発の運転全面休止で揺れる中部地方ですが、夏場の余裕電力3%とかなり苦しい感じになります。まぁ、同じ60㎐地域の関西・四国・九州から電力融通すればいいだけの話ですが、、、心情的に許されるかどうかは別として、、、、

ただ、このことは国として原発安全神話に対する見解を出したという点で意義は非常に大きい。まぁ、実際、全然安全じゃなかったですからね。

これはアカン総理のパフォーマンスか?
それとも、アカン総理は原発推進路線変更の救世主か?

救世主

なかなか判断に迷うところです。
ただ、出すタイミングが遅すぎたというのは否めない。

まぁ、間違いないのは、米軍の後押しがあっただろうということ。横須賀、横田、厚木が汚染されでもしたら、日米安保の根幹に関わるというわけです。

その他、アカン総理に関してはこんな話もある。雑誌『THEMIS』では、金融市場閉鎖、東証閉鎖し大証へ移転、日銀関西へ本店移転、遷都...等の風評の出所がなんと官邸であり、ワザと東電の原発事故での危機を演出しているとある。アカン政権が狙うは原発危機に乗じた「革命」だとか、、、テーミウス煽っていますw

■「恐るべき原発クーデターの深層(その1)」(月刊『THEMIS』平成23年5月号)
http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-247.html
■「恐るべき原発クーデターの深層(その2)」(月刊『THEMIS』平成23年5月号)
http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-248.html

まぁ、これが本当ならば、狙うは脱原発でしょうか。
で、原発推進派の牙城・藤原氏(閨閥)をつぶすのが最終目標かぁ~(爆)

アカン総理が原子力資源胴元のロスチャの子飼い・オザワン排除に躍起になった理由も、これで分かるというものです。(うんうん)

朝日新聞の世論調査が、被災地の住民を母数(2000人)に含まない電話アンケートでバイアスの掛かった世論調査したというのも頷ける。まぁ、元々、マスメディアが行なう世論調査は「聞き取り」の場合、固定電話所有者を対象としており、携帯しか持たない若年層は外れています。また、聞き取り調査する時間帯も普通の社会人の通勤+勤務時間帯に行なわれることから、いきおい新聞やTV情報に洗脳され易い老人や主婦がメインになってしまい、偏りが有り過ぎて全く信頼性はありませんからね~。

■信用できないマスメディアの世論調査
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=201105002
(朝日新聞「ご意見番」に電話してOBが答えた内容)

原発推進の旗振り役だった故・正力松太郎が社主だった読売新聞が、このような原発擁護の偏向的世論調査の報道ならヒジョーに判り易いのだが、、、、、今、朝日新聞はアカン総理を徹底擁護してるが、この世論調査の内容は浜岡原発停止させたアカン総理の方向性とは全く逆行するのです。しかも、原発の守護神・読売CIA新聞が東電・保安院・官邸の原発放射線隠しを大きく指弾し、アカン総理叩きに始終している。

な、何かがおかしい、、、、

「大きな声を挙げて指弾する場合、実は何か隠したいものがある。」という法則から、読売及び原発推進側には国民に知られてはならない重大な何かがあると睨む。その阻止が原発守護神である読売の今の役目なのだろう。読売の態度がアカンに対する「これ以上、詮索すると潰すぞ!」という牽制・恫喝なのではないのか?

やはり、噂にある原発での「軍事用プルトニウム」の生産・供給の件だろうか、、、もしコレが本当のことであり露呈してしまったら、藤原氏(閨閥)のインナーサークル内で回していた原発という「おいしい事業」から芋づる式に撤退しなくてはならなくなる。

これは藤原氏(閨閥)には痛恨の一撃になるかもしれない。
このようにして藤原氏の勢力を削ぐ、、、、

これは現代の「阿衡事件」とも言える出来事です。
官僚嫌いのアカン総理らしいともいえる。

■阿衡事件(あこうじけん)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E8%A1%A1%E4%BA%8B%E4%BB%B6
(日本史上初の関白・藤原基経と宇多天皇の間に起きた詔の「阿衡」の解釈に対する紛議。この件で基経は職務を半年放棄し、困った天皇が詔の撤回と草案を書いた橘広相の失脚に及ぶ。藤原氏>>>天皇を印象付ける事件であった。この背景には広相の娘・義子の産んだ皇子が即位し橘氏が天皇の外戚となることを警戒した藤原氏の陰謀と言われるが、「鞍作毛人(蘇我入鹿)の次男田禰子の子賀茂虫麿の子緒雄の子三千代は、倭明(初期大王家・用明天皇)の子殖栗の子美努と結婚し橘氏輩出した。」と語り部が述べるように橘氏も初期大王家につながる家柄で、藤原氏はこれを排したのです。この紛議を鎮めたのが菅原道真ですが、この功績が後のスピード出世となり、これが藤原時平との確執に結実し大宰府左遷へとつながる。菅原氏も初期大王家勢力圏の美濃豪族氏族。)

しかし、今後、原発マフィア(藤原閨閥勢力)のサボタージュが懸念され、左弁官・橘広相を失脚を画策したように、イチャモン付けて「アカン降ろし」の動きが激しくなると予想。

藤原氏は「梅」で表されるといいますが、大本神諭には「梅の花」が一気に開くとあります。
※註 桓武天皇は平安京遷都にあたり、御所紫宸殿前には「左近に梅、右近に橘」を配していますが、左近=左大臣、右近=右大臣を表してもいる。菅原道真は右大臣の時に左大臣だった藤原時平によって左遷させられたのですが、どうも梅は左近(左大臣)の藤原氏を暗喩しているようです。しかし、道真の「この恨み覚えておけ!」という呪いが込められた歌に唄われるこの「左近の梅」も、時平亡き後には「桜」に植え替えられてしまったという。道真の呪いを及ばさぬ為なのでしょう。ですから、天満宮に多くある梅の木も身代わりとして植えられていると睨む。

今、原発は完全に「踏み絵」になっていますが、今ほど原発推進・擁護派が誰なのか判り易い時はありませんね。これで「原発擁護派=原発推進派=原発利権マフィア=藤原氏(閨閥)派=梅の花」が一目瞭然なのです。今まで原発利権という「おいしい(旨め~)生活」していた「梅」の存在が一気に花開きハッキリしたのです。日月の神(艮の金神)がいう「梅が開く」とはこのことを暗喩していたのでしょうか(ニタリ)。

「桜」が咲いて、、、、「梅」も咲く

今、花札の役「表菅原」、、、「桜」(放射性物質管理区域)→「梅」(閨閥派の識別)→「松」(?)通りの展開をしている。問題は「松」でのQ展開ですが、もしかしたら「悪は改心早いぞ」の展開になるかもしれないし、また別の展開「太陽(藤原氏傀儡の天皇制)を鶴(日本)は見限る」のかもしれない。これは新しい政治(松)登場となっていくのだろうか?
※註 王仁三郎聖師は「松」=「政治」を暗喩していると見ている。

ただ、これも追々分かってくるものと思います。

花札
(表菅原)

やはり、アカンには菅原道真の怨念が日月の神に仕込まれたw

「ラブ注入」じゃなく、怨念★注入だす。

惑星直列5.11

沖縄県在住の女医さんの長田明子女史が2004年に高千穂(宮崎)の山で光の啓示を受け、その後、全国の神々に呼ばれて各地の神社を巡って受け取った予言的メッセージを綴った本が、『神々からのメッセージ』『神々からのメッセージ2』(新星出版)です。

神々からのメッセージ
(アマゾンでも扱いなし、、、直接版元へ!)

女史が2006年4月7日、芦ノ湖の箱根神社で神々から受けたメッセージが以下ですが、今、日本で起きている地震...等の災害は最終的に「江戸の浄化」に向けられているという。

「風の谷のナウシカ」では樹海は汚染された土地を浄化するものとして描かれていましたが、現在、起きている地震等の災害も同じようなものと考えられるでしょうか。

**************************************************
日本国守る九頭竜の眠るこの湖 いよいよ九頭竜の復活なりまする

同時に浄化も近づいておりまする 浄化の地 江戸
深い深い神々の悲しみと、神々の慈愛と神々の期待を込めて
刻々と準備進んでおり 
何度も人々へ気づくように伝え続けていた神々の思い届かぬまま

江戸は、浄化の日を迎えようとしています
神々は人間への合図をずっとずっとして参りました
このままでは地球は滅びること伝え続けてきたのに届かぬまま
神々、竜神の準備はすべて整いました
これより浄化が次々と始まります

江戸、二段階でいきまする

二回目に、富士・江戸・三浦半島 同時に動くのでありまする
これは予言なりまする
人々の改心しだいで小さくすることできまする
一度起こって初めて江戸の人々 やっと気づき始めることでありましょう
その前に気づいてほしかった
神々の思いを無視し続けた人間たちよ、まだ間に合います

祈りなさい。祈りを思い出しなさい
琉球より祈り人復活、そして日本各地で祈り人復活
予言は変えることできまする
百年後に起こるすい星の衝突も変えることができまする

**************************************************

この江戸二段階の、一段目は東日本大震災でしょうか?

確かに、放射物質の飛来で軽微な穢土化を起こして気づきを始めていますが、相変わらず政府・官僚・マスコミ・産業界は原発推進堅持を表明していますので、国を動かす為政者側の気づきはまだまだのような気がします。

つまり、まだ「江戸の一段目」は来ていないのか?

実は、次回が本番と言われており、「房総沖」「相模湾」「東海」「東南海」「南海」という中央構造線全ての広範囲で起きるのではないかと睨んでいます。これが江戸の二段目になると思われます。そして、日月神示がいう9月8日や「エレニン彗星(二ビル)」の太陽最接近日の9月11日頃に富士山が爆発して、地球最接近日の10月17日頃にポールシフト&二ビル重力圏捕捉(二ビル親太陽化)というQ展開を迎えると睨む。

下記はある地震予知サイトのコメント欄で見かけた内容ですが、、、

**************************************************
その夢は、右側に小学生位の男の子たちが津波が来る!といって必死に小高い丘を登っていく姿の映像。そして、左側には、私と家族が屋根裏部屋みたいなところに上がっていく映像でした。その映像が流れている最中に、岐阜!平塚!茅ヶ崎!と地域名がバン!バン!バン!と出てきました。
**************************************************
ものすごい音と震度5以上の直下型の揺れ、今日から1週間以内がすごく不安です。単純に、恐怖を感じるあまりに見た夢であってほしいです。
(2011.05.04 03:20:55)
**************************************************

どうして岐阜があるのか?
つまり、東南海地震もあるということか(汗)
それにしても、名古屋が出てこないのも解せない。。。。

記入日の5/4から一週間といえば、5月11日です。
明日じゃないか!!!(滝汗)

しかも、9.11 3.11と来て、5.11、、、超出来過ぎです。
ただ2回も日本にはイラナイです。

しかも、この日には惑星直列があり、大地震があるとローマでは大騒ぎしているとか、、、、

**************************************************
イタリアの首都ローマで5月11日に大地震が起きるとの予言がインターネットを介して広まり、一部住民が避難を計画するなど、大きな騒ぎとなっている。同国のインターネットやブログ、交流サイト(SNS)によると、1979年に86歳で死去した地震学者ラファエレ・ベンダンディ氏が、11日にローマで大地震があると予言したという。ただ今回の予言はベンダンディ氏の研究に基づくものではなく、インターネットが不安をあおっている側面もあるもよう。ベンダンディ氏の研究資料を保管する団体の会長によると、資料では、2011年にローマ近郊で発生するいかなる地震についても言及はないという。

■ローマで11日に大地震起きるとの予言、一部住民は避難を計画
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-20977220110509
**************************************************

地元の伊良湖では、今のところ、イカが大量に釣れたという情報がないので、東海は安心でしょうか?(前回の3.11の時は1.5倍が網に掛かったという)

しかし、東京方面では、、、、

**************************************************
813 :M7.74(東京都):2011/05/09(月) 22:08:16.37 ID:Iyd8UirC0
大黒ふ頭(東京湾)で、この釣果はやばすぎ・・・
あそこでイカが、こんな大量とかありえん @大田区民

横浜・大黒海づり施設釣果情報
2011年05月09日[月] イカ 15 - 30 cm 合計 239 匹
2011年05月08日[日] イカ 25 - 30 cm 合計 501 匹

4月26日、神奈川県三浦市三崎町城ケ島の県立城ケ島公園で、数百年前から枯れることなく湧き出ていたとされる源頼朝ゆかりの岩清水「水っ垂れ」が、突然止まった。

5月8日、沼津市内浦の定置網に全長4mの深海性のカグラザメを捕獲


■オカルト通信ズバリ!いうかも
http://blog.goo.ne.jp/ryuji58517/
**************************************************

とあり、地震発生は濃厚です。

数日前、相模湾方面で赤い虹を見たと目撃がありますが、多分、これでしょう。
太陽黒点も増え、フレアも活発化し始め、地震も増えています。

で、今回は相模湾でフック程度の前震ではないでしょうか? 夢内容の「津波が来る~」と逃げる姿も、実際には津波が来なかったが東日本大震災の津波映像でナーバスになった人々が起こした行動を見たという解釈も可能です。
※註 しかし、地震が今多いのが、宮城、福島の三陸沖なので、三陸のアウターライズ地震も捨てがたい。

で、本番は369(ミロク)の6月かなぁ~?

エレニン彗星

エレニン彗星(発見者:露・エレニン)がくるそうです。
で、これが3.11の地震を引き起こしたとか、、、、、

■NASAからの悪い知らせ (彗星Elenin)
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-7359.html

彗星如きでこんな巨大地震が起きるわけが、、、と思っていましたが、どうもこの彗星は一般の彗星のようにチリ混じり氷や小惑星破片の岩石ではなく中性子星なのだという。

中性子星なら、話は別です。

一般的に、中性子星とは恒星晩年期に重力崩壊によって質量が非常にコンパクトに圧縮された天体のことですが、中性子が主な成分であり、質量が太陽程度に対して直径20km程度しかありません。よって、密度は太陽の1000倍以上もあり、37万t/㎜3と桁外れに大きい密度のため、中性子星表面での重力は地球重力の2000倍もの大きさとなり、脱出速度は光速の1/3が必要です。また、自転周期は30~1/100秒と超高速に回転していて、中性子星に強い磁気がある場合、その磁極から強力な電磁波を出しているという。

中性子星
(莫大な質量を持つ中性子星の軌道変更は不可能)

中性子星、、、つまり太陽の伴星ということですね。
※註 恒星は伴星を伴うのが一般的ですが、太陽系は伴星を持たない特殊な例だと考えられていた。太陽系も他の恒星と同じだったわけです。

そ、そうか~(汗)

強い電磁波の放射により、太陽が異常に活発化して太陽系温暖化がおきており、昨年夏の異常な暑さや3.11のような大地震、米国の200を超える竜巻、世界各地の火山噴火、洪水もこの伴星(エレニン彗星)接近が原因だったのです。
※註 3.11を「人工地震」と解釈すると、被害妄想に陥るだけです。

間違いなくこれがニビル(惑星X)!!!
学会やNASAが不吉な「ニビル」という名称を使うわけがない(笑)。
※註 ニビルはよく見えないことから「褐色矮星」だと思っていました(汗)。多分、このエレニン彗星は太陽に近づくにつれ、太陽電場とのやりとりで「クーロン分解」を起こし、ガンマ線を発して青白い光を発する(プラズマ発光)ようになると睨んでいます。逆に太陽は暗くなり、やがて活動を停止するとオコツトは言っているが、、、、この現象は2000年前のローマ時代に起きたシリウスの変光現象と同じです。ローマ時代にはシリウスは赤く輝く星として記述されていましたが、ある時を境に青白く輝く星となっています。これは主星シリウスAの輝き(赤)が伴星シリウスBの輝き(青白)で取って変えられたと睨んでいます。これと同じことが今後の太陽系で起きるのです。

これがX'masの「X」であり、ニムロデで表されていた天体なのです。
煩フルが未だX'masを背景にしている理由が「惑星X歓迎」の意からなのです。
※註 三次元物質的にはニビルは大災害を引き起こす為に「凶」と捉えられるのですが、魂・意識進化の面から考えると、これは1つの節目であることからポジティブに捉えています。これは、この時代を選んで転生してきた魂の「人間期」のファイナルステージなのです。

************************************************
2011年3月11日に起きた東日本大震災。この大地震を事前に予知していた人物がいた。その人物とは、「9Nania」というニックネームで予知動画をYouTubeにアップしていた女性だ。この女性は、3日前の3月8日に「3月11日から15日の間に何か起こる」と予言しており、「断層帯のエリアに住んでいる人は逃げたほうが良い」とアドバイスしていた。

彼女が主張するのは、このエレニン彗星と地球と太陽の3点が一直線に並んだ時に何かが起こるというもので、3月11日に起きた大震災もこの3点が一直線に並んでいたという。また、2010年2月27日に起きたマグニチュード8.8のチリ地震もこの3点が一直線に並んでいた。

2011年9月11日 <エレニン彗星が太陽に最接近する日>
2011年9月26日 <3点が一直線に並ぶ日>
2011年10月17日<エレニン彗星が地球に最接近する日>
2011年11月23日<3点が一直線に並ぶ日>
2012年12月28日<3点が一直線に並ぶ日>
2014年1月2日 <3点が一直線に並ぶ日>


■東日本大震災を予知した女性が「9/11、9/26、10/17、11/23に何かが起こる」と予言
http://topics.jp.msn.com/wadai/rocketnews24/column.aspx?articleid=572612
************************************************

「9Muses」は知っていますが「9Nania」は初耳です(爆)。


(アダムの国から放たれるエレニン彗星並の煩悩破壊力を持つ使徒 9Muses)

動画背景にもある「9Muses」のシンボルマークの下がループするM字は、何やら富士山のマグマ溜りと山体爆発でカルデラ地形になった富士山を暗喩していそうです(汗)。
※註 「9Muses」は9つの惑星を表してもいます。

冗談はさておいて、興味深いのは9月11日に地球太陽に再接近しますが、この日は日月神示がいう9月8日の「もうダメ~」状態からのQ展開する時と同じ頃なのです。ここら辺でポールシフトやニビル重力圏に地球補足が起こるのかもしれませんね。

また、9月26日に水星-太陽-エレニン-地球が一直線に並びますが、この時ともこの時、ユダヤ歴では9月29日から「ラッパの祭」(ロシュ・ハシャナ=ラッパ)が行なわれ、地球最接近する10月17日には、10月13-19日の期間で「仮庵の祭り」(スコット)が行なわれ、不思議な一致があります。これは過去、エレニン彗星が到来した時のことを忘れぬよう記念日化したものかもしれません。

「仮庵祭」は「過越祭」と同じくユダヤ教三大祭の一つで、ユダヤ人の祖先がエジプト脱出のとき荒野で天幕に住んだことを記念し、7日間に渡る祭りの際は仮設の家(仮庵)を建て住み、初日と8日目は安息日で仕事をすることは禁じられ、8日目に集会を開いて犠牲を捧げるといわれる。また毎日「焼き尽くす捧げ物」が献じられる。

これはそのまま「疎開・避難」です!

スコット
(仮庵 スコット)

そして、それに続いて「過越祭」はニビルという恐怖が完全に過ぎ去ったこと祝う祭り、こういったこをを忘れぬよう民族の記憶に残すよう祭り化したのかもしれません。

上記、エレニン彗星の直列化スケジュールからは、次の災害イベントは9月26日頃となりますが、四国の祈りのグループでは369(ミロク)の6月発生を想定(天から降りたとか、、、)しているともいいます。6月発生なら「530の日」とも近いのですが、エレニン彗星が言われるように本当に「中性子星」ならば、今後、3.11以上の災害発生は避けられないと思います。
※註 米国のイエローストーン...等、世界にある活発化したマグマ溜りの噴出で大陸にも大きな被害が予想されます。

このことは、グローバル・エリートもレーガン大統領がした宇宙からの危機演説があるように十分把握済みで、その日の為に着々とロシアやスウェーデンの地下セルター、デンバー空港の地下都市群、FEMA、HAARP&ケムトレイル、グリーンランド種子冷凍保存、エリア51での火星殖民地実験...等を進めてきたわけですが、ただ、これらは受身的なものばかりです。

能動的な計画は、、、反物質爆弾による爆破でしょう。
※註 木星に衝突した9個のシューメーカー・レビー彗星が、イオン噴霧で彗星偽装した「反物質爆弾」なのです。この実験観測の為にガリレオ衛星を木星裏側に派遣したのです。ただ、この地球4個分の火球を発生させることが可能な反物質爆弾でも、中性子星であるエレニン彗星を破壊できるかどうかは分かりません。9発打ち込んだのに木星を破壊出来なかったので、木星質量の4倍あるというニビルの破壊は無理だと思っているが、、、、エゴの極地である原子爆弾という「悪」も、このように一転して「善」なるわけですが、これが日月神示の「悪は改心早いぞ!」かもしれません。

■煩フル記事「謎解き」(反物質爆弾作成方法)
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-886.html

このニビル来訪は「外界=内面」という変換人型ゲシュタルトから見れば、「二極化の統合」という物質世界のファイナルステージなのです。現実世界では日本とイスラエルは共に霊的な極を構成していますので、この2極で起きることがそのまま世界に展開されて行きます。今、イスラエルにおいて世界の150カ国の認証の元にパレスチナ国家が樹立されようとしていますが、これによりエルサレムは分断されます。それに断固反対するイスラエルは世界から孤立し、パレスチナ国家に攻撃を加えるかもしれず、中東における軍事的緊張は否応なく高まっています。周辺諸国からの先制攻撃があるかもしれません。

この中東情勢が第三次世界大戦の導火線になる。
※註 この時、日本はこの「祭り」に参加出来る程の体力がない為、不参戦となる筈ですが、この不参戦がその後の僥倖となると見ている。今後、3.11以上の激変が起きることは間違いないと見ており、前回記事の「毒」程度でネガティブになるのはマインドが弱過ぎると思うだす。

5.30大掃除

今、いろんな地震予知情報が流れています。
(ねこさ~ん♪ 紹介ありがとうございます m(_ _)m)

*************************************************
今聞いた話、山梨県北杜市の子供が3月はじめ、大きな地震が来て人がたくさん死ぬと泣き出した。その後、つい数日前に5月にも大きな地震が来て人がたくさん死ぬと泣き出したとの噂。小淵沢で流れてると。それから、富士川町で住民に富士山噴火溶岩は御殿場に流れるから安心しろと告知してると
*************************************************
私の母が職場で友達から聞いてきた話なのですが、母の友達の旦那さん(Aさんとします)は、保育園か幼稚園の様なところの先生らしいのですが、そこの生徒さんの一人が、 未来を予知していると言うのです。今まで、母の友達の妊娠や、今回の地震など、予言していたらしいのですが…その子が今回、Aさんに向かって「5月に、これよりもっとおっきい地震が来て、先生も死んじゃう」と言ったらしいです。この話を聞いてから怖くて仕方ないです。Aさんと私達の家は近いです。
私も死んでしまうのでしょうか。

*************************************************
いとこの友達の妹がある日(地震の前)カレンダーの3月11日を指して泣きながら言ったそうだ「大勢の人が死んじゃう」 そして、最近はカレンダーの5月8日を指してまた泣いて言っているそうだ「お母さんとお姉ちゃんが死んじゃう」と 別に冗談でもない話なのでお気をつけて
*************************************************

どうも、ここには共通したパターンが、、、

3月11日地震を「大勢の人が死んじゃう」と予知して、5月にも再び「大勢の人が死んじゃう」というククリで終わっています。どうもパターンがあるようですね。こrを遵守すれば、いろいろなバリエーションが作れそうです。しかも、よくよく考えてみれば、ヤフー知恵蔵で「私も死んでしまうのでしょうか?」なんて聞かないですよね。これは「関西も節電して電力融通を!」のチェーンメールと同じく恐怖情報流して楽しむ愉快犯。あるいは、恐怖情報を撒き散らしてネガティブな感情想念を充満させ「龍神」を近づけないようにしている「月人」に憑依・コントロールされた媒体かもしれません(爆)。

大体が、予知過程がイマイチ不明朗ですね。

唸るような洞察過程や科学的根拠(電離層の乱れ・HAARP稼動・CME放射量の増大・黒点数の増加...等)がないのは悲しい限りです。まだ聖母が出て来てこう言ったとかの方がツッコミ甲斐があります。

予知洞察とは人類最高の英知と考えていますので、その洞察過程やどういうストーリーで預言を頂いたかの方が大事なのです。

前の地震が当たったからといって、次も当たるという保証はないのです。それはあの金○氏の地震予知がいい教訓でしょうか。また、前の地震予知も地震前に書き込みしたとかの証拠がなければ、ジュセリーノと同じく後出しジャンケンです。自己申告だけでは何ら証明にもなりません。

そんな欲求不満な中、コメントで関東地震を予知したサイト紹介してもらいました。
(yosiさ~ん♪ 紹介ありがとうございます m(_ _)m)

*************************************************
震源---千葉県、東京湾北部
規模---マグニチュード 7.3~7.8
震度---最大7
日時---2011年5月23日以後、時間帯は深夜3-6時
被災---東京湾北部では幾割かの建物が倒壊。揺れる室内と火事で、千葉県北西、東京都、神奈川県東部、埼玉県南東部で多くの被災者が出る。電気、鉄道、ガス、通信は、3日以上は停止する。


■2011年5月23日以降、東京湾北部を震源とする大地震
http://www1.ocn.ne.jp/~tasuku/my_age/foot084.htm
*************************************************

これは予知の洞察過程に具体性があっていいですね~。
とても参考になります。
※註 まぁ、当たる当たらないは別問題です。自己責任の元、HPやブログで書いてるとこの方が内容に信用ができます。

それにしても、地震が深夜発生とは超怖い(汗)。
また、多くの芸能人、コメンテータ、政治家に死兆星(死相)が出ているとは驚きです。

「お前はもう死んでいる」

って、、、ジョーク言ってる場合じゃないですね(滝汗)。

基本的にこの方法は、自分周囲に起きた事象から該当内容を洞察するものであり、ワダスがやってる方法と同じで、とてもシンパシーを感じます。

黒い水、黒い球、黒いこうもり、黒いスーツ...等の「黒」をキーワードとして身近な事物から原型世界の情報を深く読み込んでいっていますが、この「黒」の持つ情報に敏感に反応出来なくては、とても読み込めるものではありません。この辺は個人個人全く異なるものに反応するんだろうと睨んでいます。というのも、全ての事物には時間を越えて全宇宙の情報がホログラフィック的に畳み込むまれているからで、ヤッズ★の場合、AKB48、少女時代、KARA...等のガールズグループ関係だと反応がいいかもです(爆)。

何せ通常の200倍の密度で動画鑑賞してますから(ふぉふぉふぉ)

う~む、「少女時代占い」が出来るかもしれないw

その日のシカ様の髪型や、ダンス時の仕草、コスチュームのシワの状態、下着の色...等から、あらゆる事象がリーディング出来るかもです(爆)。たとえ同じ動画からでも、参照意識(占い内容)を変えることで、あらゆる事象のリーディングも可能だと睨んでいますが、まぁ、それ以前に動画に飽きが来てしまうのが問題です(爆)。

実は、この方法は梅花心易と同じ原理を使ってるのです。情報空間(意識世界)では過去も未来も全てが溶け合った状態で存在していますが、現実世界の雛形である原型世界(イデア・虚空間)も同じです。ですから、現実世界に顕現する部分の気になるところ(参照意識との干渉)を通して原型世界に達して、そこにある全宇宙情報からサイコメトリー・リーディングするわけですが、ヤッズ★は千里眼やオーラ読み取り能力がない為、数字や似た事象のシンクロを使って洞察(妄想?)しています。まぁ、あまり当らないので、ほとんどお遊び状態になってしまっていますが、、、、(あはは)

■梅花心易
http://www1.bbiq.jp/yamame/baika_sineki.htm
(梅花心易は事象から一度卦に直す点がスマートです)

この占断に必要な条件は、瞬間的に半催眠状態になれて、精妙な領域からの情報をキャッチできるようになることとと、その得た情報を使って洞察力するバックボーンとなる広範な知識でしょうか。まぁ、瞬間的に半催眠状態になれない場合でも、認識する事物の抽象度を上げることで同じような状態にもっていけるだろうと睨んでいます。
※註 ポチ→柴犬→イヌ科→動物→生物と、個別性よりもより包括的な括りで考えることですが、そのように認識のフォーカスを甘くすることで事物Aと事物Bは同じグループのものとして等化され、共通点や相違点が際立って認識可能となる。

千里眼は神人(ゴッドメンシュ)には必須条件です。
頑張らねば(汗)

さてさて地震発生日ですが、この予知内容「5月23日以降~」を参考にすると5月23日~31日に絞り込めるでしょうか!? で、この期間に何かシンクロ性がある日があるかぢうかをヤッズ★の写輪眼(妄想眼)で洞察してみます。
※註 写輪眼での予測もさんざん外してますから、あまり信頼性ありませんが、、、(汗)。これは願望実現でいうところの「過剰ポテンシャル」で実現が外れると理解(言い訳)している。

双子座トリガー(月位置が牡牛座→双子座に移動時に地震が起き易い?)からは、3/11→4/7→5/5とほぼ27日間隔の月周期での推移であることから、次回は5月30日~5月31日が候補として上がってきますね。また、プロトンイベントが起きる可能性があるコロナホールは今回は4/30頃から地球側に向いていましたが、今回は黒点数も少なく、あまり太陽活動は活発ではありませんでした(5/12頃に終了)。
※註 「双子座トリガー」も月周期28日とコロナホール巡回周期とほぼ同周期なので、たまたまタイミングが合っただけではないかと考えています。

コロナホールも太陽の周回周期27~30日で再び地球側に来ることから、じかにプロトンイベントが起きそうな5/27~30日以降が要注意日となるでしょうか。

う~む、どうも5月30日が怪しいだすな、、、

この5月30日とは、スバリ!「ごみゼロの日」ですが、お笑いで国民を思考能力停止させた「電波芸者」のタレントや御用学者、、、、国民に真実の情報を知らせない役者であるキャスター、、、、原発で国土を放射物質汚染させたり国富を外国勢力に売り渡した売国政治家、、、、ビンラディン暗殺や原発事故の報道を見てもわかるように、記者クラブや電波利権が特定資本系列に属する既得権益から、批判精神を忘れ米国や日本政府の広報機関と成り下がってしまった大手マスコミ、、、、省益拡大を第一に国民生活を省みず無責任な官僚機構...等、これら龍体日本に巣くって詰まったゴミを一掃する(三千世界の大掃除)という日月の神の意図をヒシヒシと感じられる日でもあるのです。

前記事のファイナルアンサー「ゴミ(53)の日」は先走りだったかも、、、、

よくよく考えてみれば、日月の神(龍神・シリウス人)は龍体日本をゴミだらけにするつもりはない筈で、神示を読む限り「大掃除」を意図しています。ですから「530(ごみゼロ)」の方が相応しいのです。ちなみに、この「530運動」も「ええじゃないか騒動」と同じく火と水のエネルギーが交差する石巻山を背後に控え、市章がゼロポイントを表している豊橋が発祥です。

■530運動
http://ja.wikipedia.org/wiki/530%E9%81%8B%E5%8B%95

ごみゼロ

豊橋のある東三河は中央構造線が中央を走り、日本の真の歴史を語っていると思われる語り部情報によれば、かつては徐福末裔の繁栄したことから「大漢国」とも呼ばれた「豊葦原瑞穂中津国」という中原(ミドルアース)の地であり、「大漢国」滅亡後は、初期大王家(扶余スキタイ・カド族)の壬生の地、さらにその縁から、古代最大の内乱「壬申の乱」では初期大王家が本陣が置かれたことから最大の激戦地となった場所です。

■語り部情報
http://www.pleiades15.net/history/niwa.html

また、東三河には多くのスサノウ=牛頭天王=蚩尤(しゆう)=ヤハウェ(ルシファー)=天神=龍神=シリウス人が祀られていることから、 日月の神(ヤハウェ)を仲介した初期大王家につながる神霊がシナリオを実施する際には、この地に馴染みがある故に、東三河に関連する事象を好んで使うのではないかと睨んでいます。まぁ、これは我田引水的なこじ付けですが、、、、(笑)
※註 東日本大震災の被災地「石巻」も石巻山と関連あり? まぁ、「外界=内面」という変換人型ゲシュタルトからは、自己中心の世界が描かれるという点からも当然の帰結なのだが、、、、こういった不思議なシンクロニティが起きるのも、自己をこのマトリックス世界から覚醒させる「気付き薬」ではないのか?

以上からも、5月30日が怪しいと睨むだす。

「イッパイオッパイの人が至んじゃうだす~!」(爆)
※註 これは文字通り「530社会に至ってしまう」と言う意味です。

福島第一の進展度

5月5日、二重扉の向こう側に行く13人の特攻隊(作業時間は1人あたり10分、想定被曝線量は3ミリシーベルト)を組んで空気換気ホースを投入作業を終え、早ければ今月中旬にも原子炉の水を循環させるシステムの工事を始め、冷却機能の回復を目指す初号機ですが、米国の見方はかなり厳しいようです。

*************************************************
米原子力規制委員会(NRC)のヤツコ委員長は4日、下院エネルギー・商業委員会で証言し、東京電力福島第1原子力発電所について、日本当局による事故収束に向けた作業が難航しており、事態はほとんど改善していないとの見方を示した。

■福島原発、事態改善ほとんど見られず=米NRC委員長
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20940820110505
*************************************************

これは5日の作業を折り込んだ見解だと思われますが、今のところ、やっと建屋内の放射線量を下げる作業に着手したばかりであり、冷却関係の進展はこれからなのです。この間に予想されるアウターライズ地震やその津波があると作業中断となってしまい、全く進展がないとなってしまう。

その間にも高濃度の放射性物質のダダ漏れ状態は起きている。

さらに、ここに来て参号機の温度が急上昇し始めているのです。

5月5日 156.60度
5月4日 128.50度
5月3日 116.60度
5月2日 100.80度
5月1日   93.7度
4月30日  84.8度

■参号機原子炉温度
http://atmc.jp/plant/temperature/?n=3

いったい参号機に何があったというのでしょうか?

燃料棒露出度が200㎜上がったグラフがあったのですが、その後、何故か消されてしまっている。多分、冷却水漏れで水位が下がったのではないだろうか? ということは、高濃度の放射線汚染水が建屋内に貯まってしまっただろう。

もはや攻強皇国機甲の力を借りるしかない!


(攻強皇国機甲)

既に「グレートありがとウサギ」「キングさよなライオン」は、クリアファイルが同人で製作販売されている。。。。(超早過ぎ)

攻強皇国機甲

全面戦争

西洋占星術で月位置の双子座トリガーの5月5日が来ただす。
日月神示でも、もっと酷くなるというのが5月5日だす。

この日は「鯉の滝登り」の故事から男の子の出世を祝う為に「こいのぼり」を掲げますが、この滝を登り切った鯉は龍になるといいます。まさに龍神(シリウス人)が何が起こすには格好の日ではないでしょうか(汗)。

ですから、地震が怖くて、もうストレス発散、悪霊退散で「韓流くん三昧」ですわ(爆)。

エヴァ(KARA)とエヴァ・シリーズ(少女時代)の戦いも主戦場を日本に移して早1年近くになりました。今回のテーマは「ジェットコースター」と「タクシー」ですが、これは「ペンギンダンス」と「ハンドルダンス」の戦いでもある。

どちらも日本オリジナル楽曲です。


(女神、、、、ウエストが女体膨張してるだす~)

スンヨン~~~っ!!!

승연❤!!!



(実は、隠れスヨン、ソヒョン、ユナ、テヨン派でもあるがw)

シカ様~~~っ!!!

제시카❤!!!


ぷはぁ~~~ 癒されるwww

5月度に本当に日本がヤバイ状態になるなら、もう彼女たちの来日も無くなってしまうわけで、それは非常に悲しいことです。7月の全国ツアーは大丈夫なのかしらん?


それはそうと、この二者の「ペンギンダンス」と「ハンドルダンス」の戦いとは、、、


【ペンギンダンス】
羽をはばたく仕草 → 生物界/天使(変換人)を彷彿 → シリウス

【ハンドルダンス】
ハンドル=自動車部品 → 物質志向/テクノロジーを彷彿 → プレアデス



このような暗喩になっていると睨む。

また、これらは脳内イデアで感じる「カワイイ」という内面的なものと、肉体的下層欲望で感じる「セクシー」の対決でもある。まさに「シリウス」と「プレアデス」の全面戦争なのです。KARAのMVの背景が火と水のゼロポイント昇華物である光を表す「六芒星」になっている。一方、少女時代のMVのボンテージシーンでの背景最奥の地球が「ホルスの目」になっているのです。

極めつけは、KARAのク・ハラ嬢が腹を擦りハラハラする仕草に注目です。これは単なるオヤジギャクではなく、不食によって第二の脳「腹(腸)」を活性化させ、「食わずして十」になる「クワトー」というシリウス系のシナリオをも暗喩しているという非常に深~いものなのです(爆)。

うんうん、これは絶対間違いない!!!

これは日月の神がいう「神力」と「学問」の代理戦争なのです!(爆)

この対立関係は、今後起きるという精神志向(シリウス)の東洋と物質志向(プレアデス)の西洋の全面戦争(ハルマゲドン)につながっていく。「外界=内面」とみる変換人型ゲシュタルトの元では、第9サイクルのテーマ「右脳と左脳の統合による覚醒」を達成させるには、どうしてもこの東洋西洋の二者の全面対立が必要で、その後の統合には必須の過程なのです。

ということは、イルミナティ設立日の5月1日メーデーでの四代目・偽ビンラディン暗殺の真意とは、「報復テロ、カモ~ン!!!」と挑発させ全面戦争開始の西側のサインとなるか?(汗)

序・破・急

昨夜、一瞬、新宿のガイガー振り切れ状態になったとか、、、、

確かに、各地の計測地も同時期に同じような山を描いている。
福島第一で5月3日に何かあったようですが、その詳細が判らないので、今のところコメントしようがない。是非、続報を知りたいところです。

■ガイガー振り切れ 各地の観測所の数値上がる(奴等は見ている)
http://kokuzou.blog135.fc2.com/blog-entry-710.html

それにしても、昨日の敦賀原発といい、ヒヤリとさせられることが多いです。

さらに、食中毒問題が新たに起こってきましたが、あの逆キレ店長、元はマハラジャの黒服で前日の生肉使用とかテーブル拭いた布巾使っていたとか、、、なって当然というわけですが、ただ、腎臓障害を引き起こす溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症確率が23/53=44%と異様に高い(通常は1~3%だとか)のが不思議だという。

■ピカ食品にご注意を(奴等は見ている)
http://kokuzou.blog135.fc2.com/blog-entry-711.html

こんな感じで5月もブルブル怯えた状態で過ごすのでしょうか(汗)

1000年振りの大津波、チェルノブイリ以上の原発汚染、、、この日本を襲った未曾有の最大級の災害が、スマトラ沖地震&津波、チェルノブイリ事故...等と同じく単に災害がランダム発生しただけのことなのか、あるいは、何か霊的な仕組みの元で起きたことなのか、、、この根本部分の捉え方の違いで、その後の考え方が大きく違ってきます。後者の場合はシナリオがあるわけです。当然、この煩フルは後者であることは言うまでもない。

さて、そのシナリオ解読をヤッズ★の写輪眼(妄想眼)で始めましょう(爆)。

日月神示の先走りと言われる「大本神諭」にはこのような一節があります。

三千世界一度に開く梅の花
艮の金神の世になりたぞよ
梅で開いて松で治める
神国の世になりたぞよ

(大本神諭・天の巻)

まぁ、100年以上も前に「神国の世」になったと言われてもピンと来ません。本当に「大本神諭」や「日月神示」が現代のことを言っているのか?未だに疑問は持っていますが、、、、、マヤカレンダーやコルマンサイクル、太陽フレアの活動活発化、今の日本の状況(江戸の穢土化・無人化)を考えると、やはり、神示が述べているのは現代なのだなぁ~と実感しますね。

「三千世界=世界・地球・宇宙を含めたこの世」との意味から、梅の花が一度に咲くとは、「地球・宇宙に一気に何かが起きる」と解釈できます。ただ、その後に続く「梅で開いて松で治める」という箇所の表現に謎があるのです。これだけでは、何を指しているのかサッパリ判りません。

普通は松・梅とくると「松・竹・梅」を連想しますが、実際、この「大本神諭」を筆記した出口なお家の入り婿・出口王仁三郎聖師は「松=政治、竹=武力、梅=教え」を意味し、「神の教えに始まり最後に政治を説き上げて世界の立替え立て直しが完成する」という一大計画であるとしたもっともらしい説明がありますが、どうも「松・竹・梅」ではないような気がします。というのは、日月の神(艮の金神)の言葉にしてはシンクロが弱すぎるからです。
※註 ちなみに聖師が弾圧で逮捕された場所が、第一次大本弾圧が「梅田」、第二次大本弾圧が「松江」であったという。

前記事「サクラコード」で洞察したように、今、日本はサクラの導きによって全国に桜マーク(放射線管理区域)を満開にすべく事が進んでいますが、このことから、、、、

「花札」の絵札、、、「松・梅・桜」を指していると睨んでいます。しかも、「花札」の1・2・3の該当し、これは日月神示の123(ひふみ)ともバッチリ符合するのです!!!

花札
(花札)

【3】・・・桜 雛型日本の大艱難 (放射性物質汚染化)
【2】・・・梅 地球の大艱難 (ポールシフト)
【1】・・・松 ミロクの世 (二ビル捕捉後のニューワールド)


この三段構成は序・破・急でもある。

「梅で開いて松で治める」という部分が、ヒルデガルト予言やビリーマイヤー&プター予言を援用すると、「ニビル重力圏が地球捕捉過程で起きるポールシフトで世界が激変し、二ビルを親太陽とした地球は人類監視者(ウオッチャー)の【月人】の支配を脱し、待ちに待った(=松)新世界(ニューワールド)を迎える」ことを表していると読める(ニヤリ)。

「1」のが赤い月(暁)を見返りしているのは「月人」との離別を暗喩。しかも、新世界は「ガイアの法則」からヤ・ウマトゥの日本が先導する世界文明となる筈ですが、この鶴は日本を表しているか。

大本時代には、その「本質」がまだ明かされていなかっただけなのでしょう。

ふふふ、これで王仁三郎を超えたな(超爆)

このように3→2→1と降順展開するわけですが、この123の役を「表菅原」(別名:【大三】おおざん)といい、これは「菅原氏の怨念が表世界に顕現」を暗喩しているのではないでしょうか。菅原氏は紀伝道の分野で朝廷に仕える家柄で、後近世に至って公家の高辻家、五条家、東坊城家、唐橋家、清岡家、桑原家の6家の堂上家(半家)を輩出し、野見宿祢を祖先とする土師氏(はじし)につながる古代からの家柄なのです。

菅原氏の怨念といえば、当然、菅原道真ですw

愛知県春日井市には菅大臣町というのがありますが、アカン総理が大臣時代に同名のよしみから、この地にある「菅大臣神社」に詣でたといいます。実は、この菅大臣町は菅原道真の本当の誕生地であり、この菅原氏の祖先は初期大王家(扶余系スキタイ・カド族)の湯沐令(ゆのうながし)である美濃地方(本巣市や安八郡)の管理総責任者・多品治(おお の ほんじ)の血筋である国山田郡の小治田族が菅原氏の本貫だと語り部はいう。
※註 菅原道真の誕生地とされる場所は、京都に3箇所、奈良に1箇所ありますが、どけも決め手には欠け、実は誕生地ははっきりしないといいます。これらは後年創作されたものでしょう。

■不破道(煩悩フル記事)
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-1744.html

つまり、菅原家は初期大王家の臣下筋というわけです。

その証拠かは判りませんが、北野天満宮、大宰府天満宮は元々は道真の御霊を祀る場所として造営されたのですが、天満宮には牛があります。いりいろな説話(牛に助けられた、牛に導かれた..等)が跡付けでありますが、でも何故、牛なのか本当のところはよく分かっていないのです。

推察するに、牛はバアル神ではないか、、、、つまり、初期大王家は天神(ヤハウェ)を携えて日本上陸し、天香久山で「燔祭の儀式」を行って祀っていたのですが、家臣も同様だったのではないでしょうか。これが「牛頭天王」であり、初期大王家渡来前の徐福渡来時にもバアル神は蚩尤(しゆう)として日本に伝播して来ており、スサノウ、ルシファー、セト、モレク、バアル・ハンモンも含めこれらは全て同じ天神(ヤハウェ)だと睨んでいます。

ただ、実はここにも正・偽があるという。
多分、モレク、バアル・ハンモンは「偽」だと思う。
あるいは、これらは裏表の関係なだけなのかも、、、、

モレク
(子供の生贄を捧げたモレク)

後に、人類に知恵を与えた「蛇神」(プレアデスに堕ちたシリウス人)=堕天使軍団グリゴリ(月人)が企てる陰謀や悪事によって、「龍神」(シリウス人)はそれら穢れを嫌うが為に徐々にその地を駆逐され、さらに同じような角のある「牛神」へと名称を貶められ、東北の地、日本に追いやられていったと現段階では睨んでいます。この駆逐された神が門客神であり、蘇民将来で再やってくる龍神(シリウス人)=艮の金神なのではないでしょうか。
※註 堕天使軍団グリゴリのリーダー・シュミハザらは、天神(龍神)によって地底に埋められ、最後の審判の日まで封印され外に出られないといい、地下帝国(3.5次元)に存在しながら亜空間プラズマトンネルで月の内部空洞とを行き来して、月から人類を秘密結社を通じて指令を下し監視している。これが「月人」というウオッチャーで、別名・ホワイトブラザーフットしょうか。

この辺は非常にややこしく入り込んでいる為、まだまだ考察段階であり、再び詳しく洞察するとしてここでは話を進めます。

何故、道真が怨念となってしまったのかをカンタンに要約すると、、、菅原道真(845-903年)は醍醐朝で右大臣にまで出世したのですが、それを疎んだ左大臣・藤原時平に讒訴(ざんそ=陥れる為に悪く告げ口すること)され、大宰府へ左遷され現地で没したといいます。その死後、都で天変地異が多発したことから、これを鎮める為に天満天神として祀った。ただ、今は「学問」の神様となっていますが、、、、天満宮は菅原道真の怨霊鎮めの神社なのです。

後期大王家(百済エフライム族)の兄系血筋の藤原氏は、このように暗躍してライバル、初期大王家につながる公家連中を朝廷中枢(三位の殿上人)から排除してきたのです。まぁ、そうであるからこそ、この日本はかつての摂関政治から現在までの閨閥政治まで、藤原北家が支配する「奥の院」国家体制を維持し続けてこれたわけですが、、、、
※註 長屋王(684-729年)が最後の初期大王家の血筋ですが、この時も藤原不等人の子息・藤原四兄弟によって無実の罪で排除され自害しています。

都の邸宅に妻と娘を残して太宰府に赴く失意の道真は下記の歌を詠んだといいます。

東風(こち)吹かば
匂ひをこせよ 梅の花
主なしとて 春な忘れそ


ここにも「梅の花」が出てきますね(ニタリ)。

「梅の花」の暗喩は「春」つまり「ミロクの世」の先駆け的兆しですが、今、サクラコードでの使徒襲来という東風(こち)が日本の太平洋側に吹いており、次は梅の出番というわけです。「梅」が具体的には何を意味しているかはまだよく判りませんが、「埋め」から地殻変動、「旨め」から食料問題、「産め」から人口問題、、、ではないかと洞察しています。また、道真が出世街道を爆進する「我が世の春」から急転直下で大宰府に左遷されたように、今後、地球がおいてQ展開の「ポールシフト」が起きるとも読めるのです。

この煩フルでは、日月神示を日月の神から仲介した高級神霊は蝦夷(アイヌ)ではなく、百済兄系の藤原家によって滅ぼされた初期大王家分家筋の尾張王朝始祖・倭得玉だと睨んでいますが、日月神示が同類の菅原氏を前面に出した展開で進むのも超納得なのです。なにせ菅原道真と長屋王は藤原北家にとっては鬼門なのですから。

今、アカン総理が「日本亡国の水先案内人」と化し、各方面から「辞めろ!」と言われながらも首相の座に固執し居座り続けることで、日本国滅亡に向け一直線に邁進している姿は、きっと菅大臣神社参拝時に仕込まれた(憑依)からだろうと睨んでいます。

つまり、アカン総理は初期大王家連合の怨霊の放った刺客、、、、、

藤原氏支配構造崩壊へ向けぽぽぽぽーんと仲間を増やしていく

「トロイの木馬」なのです。

恐怖の大王

とうとう、運命の5月3日(ゴミの日)が来てしまっただす~~~っ。

今のところ何も起きていませんが、相変わらず山梨県や神奈川県の保育園児の言った「5月にいっぱい人が亡くなる」という言葉が気になっています。今は原発の動向よりも、次の地震予知に向けて全精力を傾け中です。で、予知にあまりにも集中し過ぎて、防災準備が疎かになりそうなくらいです(爆)。

で、巨大地震の前兆ともいえる宏観現象がゾクゾク上がってきています。

*************************************************
現在、夕方5時30分で車で浜名湖を通過したあたりですが、
海側から東名高速道に向かうような形で巨大地震雲が見られます。
3月11日前にも同じような地震雲が発生しており、
一応警戒は必要だと言えます。


■巨大地震雲の出現 2011年05月02日
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/3723126.html
*************************************************
昨日、中国から帰国したある方から電話があり、
紀州沖~四国沖が赤く染まって見えたとのこと。
今朝五時二十分M7超級前駆微震と思われる長い長い震動を感じました。
東北余震かと思ったが南海も視野に入れたい

(posted at 10:12:51)

■東海アマツイート
http://twilog.org/tokaiama
*************************************************

この赤くなるのは、ネット界の変人・東海アマによると、花崗岩に圧力がかかって割れるとき、数千万ボルトの電圧が発生、これを圧電効果(ピエゾ効果)と呼び、この電荷は分離して再結合求めて周辺数千キロを彷徨う。電気・磁気・電磁波を相互誘導しながら機器にイタズラする。これが地震前兆電磁波効果。基本は誘導電流とブロッキング、強い電波が通信阻害を起こすという。また、ピエゾ電荷(圧電効果)によって電磁波が放射され金属に誘導電流を起こすといいます。

つまり、大地中の状態がそのまま空に現れるということです。
地震雲も同じでしょうか。

場所はよくわかりませんが、赤い椋平虹(むくひらにじ)が5月3日に見られたという。

椋平虹
(2011/5/3 http://twitpic.com/4sl02v

椋平虹とは地震発生前に見られる特別な形の虹ですが、研究者の椋平廣吉氏の名前から命名されています。椋平虹には太陽の周囲に円を描くように発生するもの(光環)や、水平、垂直に発生するものがありますが、地中の岩盤から放出されるプラスイオンと電磁気により、震源地近くの上空にエアロゾルが発生し、大気の屈折率が変化するこで発生すると考えられています。

尚、震度5以上になる赤い椋平虹がもっとも危険と言われています。

うん、まさに「恐怖の大王」が空から降りてくるだす。

あるサイトには虹画像と発現日とその後の地震が記されていましたが、それを見ると、、、

2000.4.30 → 2000.5.2 岩手県三陸沖M5.2
2004.1.02 → 2004.1.23 福島県沖M5.4
2004.7.26 → 2004.7.28 イリアンジャヤ6.2M/2004.8.10 岩手県沖M5.6
2008.3.21 → 2008.3.24 福島沖M5.3

■虹・彩雲など
http://homepage2.nifty.com/syounan_iku/d01.html

かなり相関関係があるようです。
あと、中国四川大地震(5.12)の数日前に撮影された椋平虹が有名ですね。



どうも虹発現から2~3日後に地震発生というのが一般的なのでしょうか。ただ、発生場所は特定できませんが、東北方面に偏ってるようにも見えますが、何か関連でもあるのでしょうか?

となると、地震発生は5月5~6日でしょうか(汗)

そういえば、今、アウターライズ地震という震源地境界面の外側で起きる地震が心配されていますね。この地震の場合、揺れは小さいが大きな津波が発生するというまるで名探偵コナンのような地震です。東北~房総地方はまだまだ気が抜けない状態ですが、関東圏は前回の東日本大震災の地震で地盤が緩くなり地震発生し易くなったともいいます。また、山梨・神奈川の保育園児の話や浜名湖、紀州~四国沖の宏観現象、さらに「日本の要」である諏訪の異変を併せて考えると、、、、

■アウターライズ地震
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110418k0000m040067000c.html

岩手、福島、房総、相模湾、東海(駿河湾)、東南海、南海 が要注意ってとこでしょうか!

日本列島の東側ほとんどじゃん!(汗)
粘着層の地震空白域の一気ズレでも起きそうな感じ、、、、

う~む、中央構造線がガバァと開く岩戸開きか?

アンゴルモアの大王がオギャーと出てきそうです(爆)。

まぁ、これぐらい広範囲同時多発なら本番の名に恥じないが、、、、
被害を考えると恐ろしすぎる。

あと、コメントで教えて頂いたのですが、西洋占星術からも「月が牡牛座から双子座へ移動する日」が大き目の地震が来るトリガーになっているのでは?といいます。

つまり、、、

*************************************************
3月9日⇒月が牡羊座から牡牛座⇒宮城県北部地震(11日の前震と思われる)
3月11日⇒月が牡牛座から双子座⇒東日本大震災(宮城県北部地震)
4月7日⇒月が牡牛座から双子座⇒最大余震


■これすご
http://koresugoi.seesaa.net/article/197888956.html
*************************************************

で、5月5日がヤバイのではないかと言う。
(日本時間午前2時9分に月が牡牛座から双子座に移動)

2時かぁ、、、深夜だな、、、、
言われるように、ここは普段着のまま、枕元に「ネルフ萌えヘル」置いて就寝かなw

ネルフ謹製ヘルメット

月と地震の関係は、満月トリガー、新月トリガー、スーパームーントリガーとかは東海アマがよく吼えていましたので知っていましたが、「双子座トリガー」というのもあるんですね~。西洋占星術は疎いんで、いつ月が入るか判らない点がネックなのですが、これはもしかすると、、、、

月人(プレアデス人、堕天使の人類監視者、メーソンの奥の院)が、超絶ハイテク兵器で人工地震攻撃してるかもだす~(爆)

99.89%での奇跡

今、得体の知れぬ何かが起こっています。
つまり、物質の特性が変化し始めているというのです。

ナルト風に言えば、物質の「性質変化」です。
なかなか信じがたい話ではありますが、、、、

このままいけば、肉体の半物質化も可能かもしれん(爆)。

*************************************************
不可能と思えることが起きているのだ。だがその「不可能」なことが起きていることは本当だということが明らかになった。世界中の研究者らは、科学の基礎であり恒常的と考えられてきた放射性崩壊定数が、もはや恒常的ではない、ということを確認したのだ。

太陽から放射される何物かが、神秘的で今まで知られていなかった未知のやり方で地球自体の性質を劇的に変化させる驚くべき可能性を持って物質と相互作用している、というのである。

炭素14は5730年の半減期を持つ。物理学者らは一世紀に及ぶ徹底的な観察と実験を通して、炭素14の原子が崩壊して安定した窒素14になるのに5730年かかることを証明した。

この値は変化せず、あるいは少なくとも過去には起きていない。ある一定の証拠と共に、放射性崩壊が太陽からの未知の力によって著しく影響されるということで、多くの科学者たちは戸惑いを隠せないでいる。


■恐ろしげな科学的発見:太陽からの神秘的放射が物体を変性させる
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/542/
*************************************************

簡単に要約すると、今、活発化する太陽光によって放射性物質の半減期に変化が起こったということです。

で、その原因がニュートリノではないかという。

もしかすると、これは時間が加速化したために半減期という時間制約に変化が起きてきたのかもしれない。2012末には時間の流れが無限大することで、逆に時間停止していまい時間が無くなってしまうという話(タイムウェーブゼロ理論)がありますが、これで放射性物質も無害化してしまうのかもしれません。これで「福島バンサイ!!!」となるか?

ただ、このことはマシュー君がいうようなUFOが隠れて行なっているハイテク技術での放射能減少オペレーションによる恩恵でないことだけは言うまでもない。なにせ福島とは関係ない地で確認された現象だから(爆)。

いづれの原因にしろ、これが本当ならば、日本全土に開花し出したサクラの花(放射性物質管理区域)が満開直前に一気に散るということです。正しくサクラの花と同じく見事な散り際です。しかも、このことが意味することは、世界中の原発燃料や核兵器も使い物にならなくなるという可能性があるのです。

桜
(一気に散るからこそサクラなのだな)

99.89%の「もうダメ~」という厘止まりの段階で、一気に大ドンデン返しの大逆転ホームランという感じです。

なるほど~、これが「神一厘の仕組」なのだな(大笑)。
それにしても、この現象を「桜」に例えるとは日月の神も粋ですねw

実際、今ある炭素14法では正しい年代測定が行えないのでは?という疑問を持っていました。つまり、炭素14法は炭素同位体(C14)の放射線半減期はどの時代でも一定であるという大前提で時間経過を算出しているのですが、これと実際の歴史が符合しないからです。

例えば、1266年前に起きた東三河の設楽火山(蓬莱山)陥没も測定結果からは1600~2000万年前になってしまっていますが、これが起きたのは語り部情報によると今から1266年前の聖武天皇の頃(745年)で、測定結果と歴史が著しく符合しないのです。実は1266年前にも今の日本と同様、地震が頻発し列島が陥没隆起する激動期があったのですが、その時にも多分太陽活動が活発化していて、ニュートリノ放出が多かったのではないでしょうか。その影響で地層内のC14の放射線崩壊を激増化させ、測定年代を遥か昔にしてしまったというオチではないだろうか。

実際、745年以降の1204年2月21日には藤原定家の「明月記」には大規模なフレア爆発の様子が描かれており、その後も日本の記録だけをみても、1730年2月15日(越中・氷見での記録)、1770年9月17日(江戸時代最大)、1771年5月24日(本居宣長の日記)、1921年(1989年10月のフレアX13の10倍規模)と大規模な太陽フレアが何度も地球を襲っています。この時、C14の放射線はニュートリノで大幅に中和されたのかもしれません。

これなら2万4000年もあるというプルトニウムの半減期もあっという間かもしれない(爆)。
ただ、その時が来るまでは警戒は必要だが、、、

八のつく日

日月神示にはこのような一節があります。

*************************************************
八のつく日に気つけて呉れよ
だんだん近づいたから
辛酉(かのととり)はよき日、よき年ぞ
冬に咲いたら気つけて呉れよ

(下つ巻第三十帖)
*************************************************

この節の「冬に桜咲いたら」のサクラは、本当のサクラではなく、
この煩フルで洞察したように、、、、

「サクラ=放射性物質管理区域」です。

ドラム缶00
(サクラマーク)

未だ収まらない福島原発の放射性物質のだだ漏れ状態により、今、福島を中心にこのサクラが日々増え続けている最中だと認識しています。
※註 5/1にも敦賀原発二号機で一時冷却水で放射能濃度が高まったことから、放射能漏れが発生したと見られ、炉の緊急停止をしています(産経ニュース)。冷却水喪失による燃料棒露出でジルカロイ被覆管損傷が原因だと東海アマは推察(→実際はジルカロイの穴だった)。う~む、福島から今度は福井へ飛び火か? サクラコード及びクーパーペアでの推察通り、今度は「淡墨桜」を目指して敦賀原発に「目に見えない使徒」の侵攻があったかぁ? ここには「もんじゅ」も近くにあり、敦賀半島は超ヤバイ場所なのです。

一応的中でしょうか?
まぁ、3月は冬かと言えば微妙ですが、、、、

最終的には日本全土にサクラが咲くと思っています。

問題は辛酉です。

近年では、辛酉の年は1981年、2041年しかありません。
現在の2011年とはほど遠いです。

しかし、2011年3月7日は辛酉の日だったのです。

確かに、この日は特に何事もありませんでした。まぁ、 政治資金規正法違反で政界の郷ひろみこと前原誠司外務大臣という米国べったりの政治家が辞任した「良き日」ではありましたが、、、、で、翌日が「8」の付く日の3月8日でプロトンイベント開始日だったのです(汗)。

で、肝心の「八のつく日に気つける」ですが、、、、

3.11東北大震災が起きた時、その数日前の3月8日から太陽活動が活発化して陽子放出が活発になる「プロトンイベント」が始まっており、また、その日はコルマンインデックスのちょうど第8サイクルから第9サイクルへの転換日でもありました。まぁ、この日はヤッズ★が九尾ケーキを食べた日でもありますが、、、、(爆)

FKM48で初号機が再臨界になったのも4月8日です。ここにも「8」が付きますね。日本では「8」は「八幡」「八剣」...等で「ヤー」でヤハウェを表しているといいますが、この煩フルでは「艮の金神=ヤハウェ=龍神=シリウス系」と洞察しており、コレと何か深い関連があるかもしれません。

う~む、ということは、5月8日は超ヤバイとなる(爆)
※註 2日前の5/6が「辛酉の日」です。

先の2例からみて、この日に地震が起きるという訳ではないのですが、何か新しいフェーズに突入するという感じがしますね。

う~む、やはり福井の敦賀原発関係なのだろうか?

諏訪マアカタの仕組み

昨日4/30の空はなんか変でしたね。

雲が波状になっていました。
これは地震1週間前に見られるという「波状の雲」でしょうか!?

となると、地震は5月5~6日頃だが、、、、(汗)

まぁ、前回も2週間前の兆しという帯状の雲がありましたが、何も起きなかったので杞憂に過ぎなければいいのですが、、、

まゆふるさんも諏訪の空がおかしいと言うし、トランブレーみゆきさんもエネルギーを整えに4/28諏訪に出向いたという。両者ともに、中央構造線が急カープを描く諏訪の地は、フォッサマグナの糸魚川静岡構造線とも交差する「日本の要の地」であるという。

中央構造線
(糸魚川静岡構造線は、柏崎刈羽原発-浜岡原発に至るラインでもある。日本龍体を鎮める為にこのラインエンドに原発を設置したとも考えられるのだが、、、)

いよいよ龍体日本の本格始動か?

これが日月神示がいう諏訪マアカタの仕組みなのか?

*************************************************
裏切る者 沢山出てくるぞ
富士と鳴門の仕組、諏訪(スワ)マアカタの仕組
ハルナ、カイの御用なされよ
悪の総大将よ、早よ改心なされ
悪の神々よ、早よ改心結構であるぞ

*************************************************

確かに、今、原発推進者間で責任の押し付け合いが始まっているという。しかし、未だ原発推進の方向性は変わってはいない。「原発容認が6割」という捏造的な世論調査結果も報道され、悪の総大将はいまだ改心していないといったところか、、、、

現在、日本の東北地方のみ太平洋側へ移動を始めているといいます。最終的に日本は「の」の字のような形態になってしまうだろうと言われています。そういう点からも「糸魚川~諏訪ライン」は引き伸ばされて、割れて陥没してしまうのか、また反対方向の「諏訪~安部川ライン」は山脈となってしまうだろう。駿河トラフ近辺は隆起し、今より海底資源を取り出し易くなるだろうが、、、、それはかなり先の未来の話。

トランブレーみゆきさん宛てのチャネリングメッセージでは、、、

*************************************************
今、この日の本は動き出した
が、今はバランスが崩れておる
そのために、多くの者達が国体を守るために頑張っておる
そなたは、その崩れ、ゆがみを調整してほしい

中央溝ラインは特に大事なるぞ
このゆがみ、崩れが日の本を真っ二つに引き裂いてしまうことになる
それを直すのだ
諏訪の地は、この国体の中心ぞ、腹ぞ 要(かなめ)ぞ・・・
(諏訪の地に、何か重要な場所があるようです。...略)
腹を固めて参れ・・・
中央溝ラインの修復・腹を固めることが大難が小難になるだろう


■神からのメッセージ(東三河高天原)
http://plaza.rakuten.co.jp/tremblay/diary/201104260001/
*************************************************

つまり、スムーズに龍体日本が起動すれば、災難で巻き添えに合う人が少なくなるということでしょうか。

これに呼応するかのように、福島第一原発の初号機が水棺作業が進むにつれ、格納容器内の水蒸気が冷却されて水となることで、容器内圧力が下がってきていますが、これが大気圧より低くなると、大気中の酸素が格納容器内に流入して、窒素封入で抑えていた水素爆発が起き易くなるといいます。今、非常に難しい作業といったところでしょうか。万一、ここで初号機が水素爆発すると、前回とは比較にならない大量の放射性物質が放出される為、関東圏からの疎開も必要となる筈です。

■東京壊滅まで”秒読み段階”か?:福島第一原発1号機が水素爆発の危機にある!?
http://quasimoto.exblog.jp/14697454/

東京の穢土化、、、東京廃都も待ったなしの状況か!?

とはいうものの、三号機は3/14時点で使用済み燃料プールで核爆発らしきことが起きており、放射性物質は関東圏にまで飛来してきているので、既に東京は気持ち穢土化してはいる。ただ、低濃度ウランを使った燃料では臨界は起きても核爆発するまでには至らないはずなので、あの爆発時の熱源は一体何なのだろうか? 噂にある核爆弾用の高濃度のプルトニウムを作っていたのかもしれん、、、、ただハッキリ言えることは、アカン総理が口を滑らしたように福島原発周辺はもう数十年間は本当にダメなのではないでしょうか。あの3/14の映像及び熱源赤外線写真を隠匿した理由が分かろうというものです。

■3号炉の爆発は核燃料か?
http://www.minusionwater.com/3unitexplosion.htm

同じくアカン総理が田中真紀子との対談で口を滑らした言葉、、、「米国人だけでなく、日本列島から日本人が出て行かなければならなくなる状況」、今後、このような状態にまで日本は追い込まれてしまうのかもしれません。現在の状況は、ここまで視野に入れざるを得ない状況であるということです。

これで、政府・行政に対する国民の信頼は完全に地に落ちた。
これは第二次世界大戦終戦時以上の荒廃だと考えています。
ただ、今の状況ですら、まだ前座に過ぎないのだが、、、、

第二次大戦後、イルミナティのマネをして「奥の院」化した藤原氏ですが、まぁ、これで1300年に渡る栄華の支配体制は一瞬にして瓦解するわけです。原発推進という自らが描いた図の負の部分に自らが嵌るといった状況が今でしょうか。

日本は独立国でもなく、民主国家でもなかった。
こういったカモフラージュが、今、剥がれ始めている。

元々、日本は「龍神」(シリウス系異星人)勢力の地であったのですが、後から進出して来た「蛇神」(プレアデス系の月人、物質界に堕ちた龍神族、俗に言う「堕天使」)勢力によって排除され「牛神」と貶められ封印されたという。龍神が嫌うネガティブな世界を構築することで、龍神が容易に地球に近づくことが出来ないようにしたともいう。で、今、再び「龍神」がやってくる。これが二ビルであるわけですが、、、、
※註 まぁ、同じ「牛神」でもモロクは偽の牛神なのだが、、、

縄文時代~1300年前までの日本は、ネイティブアメリカンのような族長政治体制のニューロネットワーク系の国であったわけですが、壬申の乱で勝利した初期大王家(扶余スキタイ・カド族)の天武天皇によって律令制が導入され(大化の改新)、さらに仏教・景教を携えて着た後期大王族(百済エフライム族)によって、ピラミッド型の支配体制にまとめ上げられていった。これが官僚制ですが、ここの頂点に君臨するのが百済兄系の藤原氏です。天皇家は藤原時平の「阿衡事件」の例を見るまでもなく、天皇はあくまで政治的実権を握る藤原氏の傀儡であり「藤原氏の王冠」に過ぎない。

これが今にまで続く龍体日本に上書きされた偽国体です。世界が危険だと断念した高速増速炉も推進姿勢を崩さないのも、活断層真上に原発を造りながら安全神話を盾に原発推進するのも民主国家のすることではない。

こういう藤原家(閨閥)の統率が、今、日本を亡国にまで導いていった。ただ、今はその頚木(くびき)から開放される時でもあるのだが、、、、

この艱難に対して、日月神示はこう言っています。

*************************************************
どこへ逃げたら助かるのぞという心、我れ善しぞ。
どこにいても救う者は救うと申してあろうが

(水の巻・第11帖)

今までの逃れ場所は山であったが、
今度はどこへ逃げても駄目。神の御旨の中であるぞ

(極めの巻・第17帖)
*************************************************

この日本最大の危機の最中、海外逃亡した方もいますが、、、今、危険な日本から上手く逃げ出せたとしても、ポールシフトや巨大太陽風が来るまでの安心感であり、所詮、早いか遅いかの違いでしかありません。この初号機の爆発で日本は間違いなく飛行機や船の便数は激減する筈で、逆に、今度は怒涛の変動が起きる海外から日本に戻ってこれなくなるのがオチでしょう。
※註 世界に怒涛の変動が起きる時、逆に幾多のプレートが交差する日本は安全と見ています。日本はプレートから乖離した「ひょこりひょうたん島」なのです(爆)。さらに、今後、襲ってくる最大級の太陽フレアで地球上で10億人が亡くなるという予想がありますが、日本に花咲く桜の花(放射性管理区域)がこの太陽フレア爆発で飛来するもの(X線、ガンマ線、高エネルギー荷電粒子の激流)から、日本を守ってくれるのでは?と睨んでいますが、、、、ただ、これはまだ妄想段階。

■NASAは2012年に予想したスーパー太陽嵐が10億人を殺すことを警告します
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32711074.html

既に、巨大な竜巻がアラバマを襲ったり、インドネシアでの洪水、海底や地表で地殻陥没が世界中で起きています。

逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、、、、

(byシンジ)

叫び

で、マシュー君、UFOまだぁ~?(怒)