FC2ブログ

封印の地

前回、蘇民将来はなりすまし詐欺の話で、本当の神が吉事を装った様々な呪術で封印をされていると書きました。そして、今回、その封印の地について書きます。世界一の超能力者といわれるブルガリアのべラ・コチェフスカさんが、伊勢 外宮の多賀宮の前で額づいて「唯一無二の聖地」と評したという話があります。**********************************************************************■伊勢外宮は「ヤハウェ」が祀られている“人類...

蘇民将来

主に近畿地方を中心に「蘇民将来」という言葉があります。ある人は、この言葉の意味は、、、、、未来において、この国の民は再び目覚めて蘇るであると語っています(笑)。確かに何かしら暗示性のある言葉であり、何故か心惹かれますね。でも本当のところ、どんな意味なのか調べてみました。この言葉は「備後風土記」に出てくる言葉です。北の国から南の国へ嫁を娶る為の旅に出た武塔神(むとうしん)が、途中、宿を乞うたが、裕福...

ゴッホ・コード

5月18日(日)は、名古屋で待ちに待った五井野正博士のゴッホの暗号(ゴッホ・コード)講演会に行ってきました。一般講義2時間+特別講義2時間と長く、教授を教える立場にあるアカデミシャンの講義を真近で聞けるのは嬉しいものです♪また、先日封切されたガリレオ・コード、つまり『天使と悪魔』を盛り上げる為か、『ダビンチ・コード』のTV放映がありましたが、今、「コード(暗号)」という言葉がとても熱いです(爆)。行く当日...

ピラミッドとカバラ

鍵コメさんからの情報で、ピラミッドにはカバラが隠されていると聞き、何か大きな秘密がありそうなので、いろいろと調べてみました。で、今度はカバラ側からのアプローチです。どこまで紐解けるか、、、、、(笑)。(各セフィロトの属する世界は、2…「流出」 3…「創造」 4~9…「形成」 10…「活動」)※註 この区分以外にも、1-2-3(三角形)…「流出」(至高世界) 2-3-5-6-4(五角形)・・・「創造」(中高世界) 4-5-8-9-7...

善悪二元論の罠

映画『天使と悪魔』の全世界同時封切も近い為でしょうか、このところ善悪二元論について考えることが多いです。この二元論について、『日月神示』にハッとするようなことが書かれていて驚きました。ネットでは、ユダ金、損手邪苦、イルミナティ...等の陰謀論が主流ですが、それらの勢力を一般庶民(=被支配者層)に敵対する「悪」と見做して排除を声高に主張する対峙意識の元となる「善悪二元論の罠」について、『日月神示』ではこ...

緑色の太陽

前々回の記事で、太陽はぶ厚い大気圏が無限交差する磁場によってプラズマ発光する大陸と大洋を持った超弩級地殻天体であり、天文学者・ウィリアム・ハーシェルが黒点観察の際、緑色をした森林を見たという話を紹介しました。まぁ、太陽がガス天体ではなく地殻天体であった場合、その質量はトンでもない大きさになるので、発生する重力も超弩級で木など絶対生えないと思われますが、、、、、、、、でも、とてもロマンのある話だとは...

萌えは弥勒の世

少し前、「萌え米」「萌え酒」の記事を書きましたが、地球温暖化の進行以上に、日本では萌え化が凄まじい勢いで進んでいます。電撃萌王 2008年 06月号 [雑誌](2008/04/26)不明商品詳細を見る(気にはなっているが、、、、、、書店では買えんw)で、とうとう日本の伝統食・漬物まで萌え化が、、、、、、その名も、萌え漬物「がんばれ・ちょろぎたん」です(爆)。(漬物1つ1つが小袋入りなんだぁ。。。。)チョロギ(長老喜)は、...

豚インフルエンザ

今回のH1N1型インフルエンザ・ウイルス 通称、豚インフルエンザですが、8本のDNAのうち、2対が人インフ、1対が鳥インフ、1対が豚インフ由来のものだそうで、遺伝子操作で作り出された生物兵器が流出、あるいは意図的にばら撒かれたんじゃないかとネットの陰謀サイトでは盛んに言われています。確かに、このDNA構造、かな~り怪しいです。(豚インフルエンザの顕微鏡写真)一瞬、イルミナティの陰謀!?を思い浮かべてしまった(汗...

太陽族

もう手垢付き捲りでブームが去ってしまった(?)感のあるアセンションですが(爆)、今、『日月神示』や『大本神諭』の記述や最近手に入れた情報からいろいろと再考察している最中です。『日月神示』や『大本神諭』では、アセンションという言葉は使っていませんが、2013年のガイア・アセンションのことを「三千世界の建替え」「岩戸開き」、アセンション後の世界を「弥勒の世」という表現で語っているのではないかといわれていま...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。