スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背骨

アニメやマンガをよ~く観ていると、そこに異性を惹きつける要素が見えてきます。

何故、『涼宮ハルヒの憂鬱』が萌え要素満載なのか、よーく考えてみたのですが、1つにはハルヒのこの極端な背骨のS字湾曲ラインだと思います。これ以外と盲点なのですが、このS字湾曲は男性の目を釘付けにするのです。バストの大小よりもこういった方に引かれるのですね。意外と盲点だったでしょ(爆)。

バストは無理でも、S字湾曲ならなんとかなりそうな感じです。

一般的によく言われるのは、

男は背中で人生を語るですが、

女は背骨で愛を語るのです。

ハルヒS
(この有り得ないS字湾曲は明らかにデフォルメだが、本質を付いている)

このような萌え~なS字湾曲したキレイな背骨を得るには、仙骨がしっかりと骨盤の中に入っていないといけません。内海康満・著『「仙骨」の超快癒力』という本には、仙骨について下記のように書かれています。

**********************************************************************

kotubann.jpg

■仙骨は、古くから非常に大切な骨とされてきた(現代医学ではただの骨とされている)
■仙骨と蝶形骨(頭の中真の骨)だけは、プラスチックで代用できない
   (事故で損傷した仙骨を切除した患者が死亡した)
■仙骨は、全身のエネルギーを取っている
■普段の姿勢、日常のストレスで仙骨が影響を受け変形する
■仙骨はバイブレーションしている
   (バイブレーションが弱まるにつれ、人は立てなくなり、寝たきりになる)
■仙骨は「生命波(宇宙のバイブレーション)」のアンテナでありチューニング装置
   (仙骨バイブレーションが波紋状に広がり、体の異常個所情報を仙骨にフィードバック)
■仙骨のバイブレーションは、脊椎を伝わり脳の中の蝶形骨に伝わる
    (脳が魂の受信機ではなく、脳は仙骨から受けた情報の処理と記憶の装置)
■生きている仙骨は柔軟
■仙骨の歪みを調整すると、宇宙のバイブレーションをきちんと受信できるようになる
■仙骨を正常に戻す事で骨格の歪みが治ったり、生命力など人間本来の力が戻る
   (自分の本質からの情報もきちんと受信できるようになる)
■仙骨の歪みが戻ることによって、歯のつめものが自然に取れたり噛み合わせが戻る
   (腰痛、肩こり、アトピー、生理痛、生理不順、精神不安、水虫、ガン..等難病が改善)
■自分の周りに起きる現象が、全ての偶然ではなく、なぜそうなったのかが見えてくる
■他人の言う事に左右されなくなる
■会話の中心をつかみ、相手に応じた的確な話ができるようになる
■対人関係が変わり、自分に必要のない人は離れ、必要な人が自然に引き寄せられる
■その他、衣食住、趣味、美容など、生活の全般にわたり、より快適な人生が実感できる


中心感覚―一瞬のうちに本質をつかむ力中心感覚―一瞬のうちに本質をつかむ力
(1999/12)
内海 康満

商品詳細を見る

**********************************************************************

しかも、仙骨がお金持ちと密接な関連があるという話もあります。

外界は人間の内面であるという「変換人型ゲシュタルト」の観点から言っても、自分の外観は心の外延部となるので、お金持ちと背筋や仙骨と関連があっても決しておかしな話ではありません。

ただ、そんなゲシュタルト感を持っていなくても、仙骨が充分に機能すると、直観力が働き、自分の意志が強固になるという点でも願望実現体質になってお金持ちになれますね。

やって、損はなさそうです(爆)。

**********************************************************************
海外のとある有名な財団で、「お金持ちの共通点」なるものを、巨額の資金を投じて徹底的に調べあげた時、その共通点とは、実は『「仙骨」だった!』という話し。億万長者さんの仙骨を調べると、皆さんしっかり真っ直ぐな状態で、きちんとなめらかに動いているそう。

■ラクに夢を叶えよう!(お金持ちは骨格と仙骨で作られるの??)
http://yumekanau.org/archives/50498553.html
**********************************************************************

このように非常に大事な仙骨ですが、仙骨をしっかり骨盤の中に入れて宇宙からの振動や異性からの視線を集める背骨のキレイなS字湾曲を得るにはどうしたらいいでしょうか。

それには、仙骨ストレッチが有効です!

仙骨ストレッチは、正座状態からそのまま後ろに倒れるだけの簡単なストレッチです。その際の注意点は膝をしっかり床につけていくことがポイントです。

REFLEX02.jpg

多分、アーとか、ギャーとか悲鳴が出ることと思います。

でも、恥ずかしがらずに、思いっきり声を上げてください。
これは、ある意味、レゾナント・チューニングです(笑)。

声の振動で身体の調整を行っているのですね。

仙骨ストレッチは、ロシアPOPSのReflexの動画(0:23 2:47)が参考になります。
彼女たちのやり方はとってももエレガントです。
衣装も含め、あのようにスタイリッシュにやりたいものですね(笑)。

あっ、アコーディオンも忘れずにw(爆)

やはり、仙骨ストレッチには、このReflexの「CHANEL」の曲を聞きながらがベストでしょうか!


(彼女たちの美しさは日頃の仙骨ストレッチのお陰か。。。。)

スポンサーサイト

ミロクの世

ヤッズ★が予言した通り、日本は世界トップで「ミロクの世」=「萌えの世」に突入したようです。秋葉原が日本の10年先を行く「未来指標」というのは、本当に正しいのです。

既に「あきたこまち」は「萌え米」として全国にその名を轟かせています。
この成功によりゾクゾクと米の「萌え化」が始まっているのです。

いづれ米屋がアキバ化するのも時間の問題ですね。
米屋の店員の制服がメイド服、、、、、これもそう遠くない未来です(爆)。

あきた01 あきた02
あきた04 あきた05 あきた03

■萌え米袋にしたら注文が殺到(GIGAZINE)
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081004_nishimata_aoi_rice/

米の萌え化に続き、「日本酒」でも萌え化が始まっています。
しかも、この萌え絵にしたところ、売り上げ急上昇というのですから、笑いが止まりませんね。
酒屋のおばちゃんがメイド服を着始めるのもそう遠くない未来です(爆)。

酒01 酒02 酒03
img55421323.jpg
(まだまだ稚拙なレベルのものもありますが、今後もっとレベルが高くなると予想)

それにしても圧巻ですね。この成功に刺激され、今後、「萌え」で商品おこし、村おこし、町おこしする企業や自治体や組合が雨後のタケノコの如くゾクゾクと出てくるのは火を見るより明らかですね。イラスト一枚だけで売上倍増なんていうものは他にありません。この効果、CMや広告って、いったい何だったんだろうと思える程です(笑)。

ああ~っ、「萌え化」が止まらないw

まさに「ミロクの世」到来じゃぁ。。。

ヒトラーや出口王仁三郎もこのようなミロクの世が出現することを夢想していたのでしょうか?
特に農産物、食品とも「萌え」の相性はバッチリです。
なんか欲求を掻き立てるんですね~♪
コレ食べると幸せな気分になれるような。。。。。。

karee-1.gif

「農ドル」ちゃんもこういって頑張っています。


(グラビアアイドルが農業体験するバラエティ「農ドル」 2004年からテレビ大阪で放映)

フライト・アテンダント

既にヘミシンク・フライトを何度も実行し、CD集も既に第2巡目に突入となっていますが、なかなかフライト・アテンダントのお姉さん(=ガイド)にも逢えず、毎日もがき苦しみながら転送装置(=布団)を涙で濡らしている今日この頃ですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

こたつに入りながらエビ反りでPCに向かっている為か、そのまま寝落ちしてしまうこと度々あるため、ヘミシングできない日々が多いのが困ったところです(爆)。

その対策として、PCにWAV形式で全巻ダビングしPC前でもヘミシンクできるようにしました。さらに、外出先でも空いた時間にヘミシンク出来る様にと携帯にWMA形式(VBR90)でエンコして入れておきました。本当は劣化のないWAV形式がいいのですが、これだと1トラックが300MBにもなってしまいます。これでは携帯には入りきりませんね~。
※註 ヘミシンクには、1枚のCDに2トラック分(20~30分/トラック)が挿入されています。

仕方なく圧縮していますが、モンロー研の公式見解では、MP3ならビットレート190Kbps以上の高音質ならヘミシンク効果は充分あるということです。

ただ、ヤッズ★の携帯はMP3やAACでは再生しない為、WMA(ウィンドウズ・メディア・オーディオ)で入れています。WMAでも本当は「可逆」(VBR100)でやりたかったんですが、ファイルサイズが100MB超となってしまう点と、100M超だと何故か携帯で再生しないんですわ(涙)。

で、仕方なくWMAのVBR90でエンコしています。

これだと平均ビットレート140~240といったところでしょうか。それども1トラックが40~50MBになってしまい、好きな音楽や動画の保存が少なくなるのは嫌なので、ヘミシンクはフリーフローを中心によく聞く4トラック分しか入れていません。

WMAはMP3より低音のカット周波数が若干低い為、MP3よりも音質が良いといいます。しかも、可変ビットレートなので圧縮率が高くファイルサイズはより小さくなり、だいたい、MP3の2/3~1/2ぐらいでしょうか。サイズ的にはWMAの方が有利ですが、この可変圧縮がヘミシンクには不向きという意見もありますが、果たして効果の程は???

試しに携帯をヘッドフォンで聞いてみると、あの機内にいるようなブーンと唸る鈍い「うなり音」は聞こえますが、携帯用のイヤホンにするとほとんど聞こえなくなりました。あの頭が水中にいるようなボーとなる感じがまったくないのです。スカスカ状態なのです(涙)。

この「唸り音」こそが左右の周波数が異なるバイノーラル・ビートであり、これがヘミシンク効果を出すものなので、これではダメダメです。そこで携帯用のイヤホンを2000円クラスと安価ながらも、迫力ある低音が出ると評判のフィリップス製イヤホンSHE9700に買い替えてみました。


PHILIPS イヤフォン SHE9700PHILIPS イヤフォン SHE9700
(2007/02/01)
不明

商品詳細を見る
(安価だがクラス以上の音が出るという評判)


使ってみたところ、、、、、

おおっ、唸り音がよ~く聞こえるぞ!!!

これならモーマンタイw

これくらい低音が出れば充分クラシックもいけそうです。しかも、今までのイヤホンでは聞き取れなかった音が明瞭に聞き取れるのには驚きでした。イヤホン1つでここまで変わるとは思いませんでしたね~。

これで、「どこでもヘミシンク」環境は完成です。

さてさて、ヘミシンクの内容に話を進めますが、「ゲートウェイ・エクスペリエンス」では、渋い声のナレータが「では、フォーカス12でご一緒しましょう!」と再会の約束をしてきますが、ヤッズ★はこの言葉を聞くとすかさず、

「フォーカス12って どこやねん!」

と無意識に突っ込みを入れてしまいます(爆)。

理系の性(さが)なのか、フォーカス12の定義が気になって、そのことに関する思考を始めてしまい、意識の沈降化がそれ以上先に進まないこと度々あります(涙)。

う~む、こんな機長で大丈夫でしょうか????

JET90.jpg

(ジェットストリーム新パーソナリティ・伊武雅刀)

まぁ、いつまでもこんなんじゃいけませんので、ここでしっかりフォーカスの内容について予習復習しておきます。丁度、ありがたいことに「体外離脱Wiki」にフォーカスについての詳しい定義というか、説明がありましたので抜粋して、その後に、昔、リダンツした時の状態と比較したヤッズ★の感想を付記します。

**********************************************************************
■フォーカス10
・肉体は眠っているが、精神が起きている状態
・肉体の感覚がない状態
脱力して身体が重くなったり、身体が振動したりする  ←ココが識別ポイント!
・幻視(小さな映像)・幻聴があることも
・「金縛り」もこの段階にあたる
・寝ている自分の方向がズレる現象も起こる

(Wiki管理人の体験)
幻聴は、頭の中でメロディーを思い浮かべるような感覚ではなく、実際に耳元で聞こえているような感覚があります。あるいは、耳をふさいで話したときのように、頭の中で反響している感覚。

**********************************************************************

これは、「金縛り」直前の状態ですね。

体の感覚が無くなるといいますが、長時間正座をしたりした時に足の感覚が無くなりますが、これと同じです。秘教の教えでは、この時、実は足の部分の「アストラル体」が肉体と乖離してしまっているといいいますので、金縛り直前も身体からアストラル体が若干剥離状態にあるのだろうと思います。

ただ、ちょっと考え違いをしてはいけないのが、アストラル体には「物質的属性」は全くないので、剥離しているという表現はあまり正しくないかもしれません。どちらかといえば、「感覚を感知する領域」がズレてきているという表現の方が近いかもしれません。


**********************************************************************
■フォーカス12
・意識が肉体の枠を超えていく段階
・このレベルで、肉体を持たない知的存在とのコミュニケーションが可能になる
・遠隔視や体外離脱もこの段階
・映像はパノラマとして見える
・物質的世界以上の入り口、非物質的世界に知覚が拡がる・拡げる

**********************************************************************

ヤッズ★のリダンツ経験では、このフォーカス12は身体は硬直しており体が背中なら振動している体外離脱する直後の状態だと思います。この時、脳内にサイケディック模様の映像が見えました。また、耳元で誰かが「わぁ~」と叫んだような感じで声が聞こえたこともあります。

リダンツ後の視界は、まさにパノラマ、360度の視野があります。

この辺は非常に説明しにくいのですが、意識内にまったく死角がないのです。後ろも前も全て意識を向けた側の視野が広がり認識ができるのです。この説明からフォーカス10は「幽界」というのが相応しいでしょう。「幽界」はまだ自分の想念が多く混じった領域で、あまり客観性がないところです。逆にいえば、エンターテイメントとして遊ぶには一番面白い場所でしょうね。


**********************************************************************
■フォーカス15
・時間の概念がない状態
・過去世などへのアクセスが可能になる
・連続した映像ではなく切り取った画像のような世界
・静止した場所
・創造の具現化が適用される場所でもある

(Wiki管理人の体験)
静かな海の底で横たわっているような感覚。真っ暗で、イメージを思い浮かべようとしても上手く行かない。フォーカス12では、思い浮かべたイメージがどんどん動いていくが、フォーカス15では、動いているイメージが止まってしまう。

**********************************************************************

これはまだヤッズ★が体験したことのない領域です。
スピでは「霊界」という表現になるのでしょうか?

「連続した映像ではなく切り取った画像のような世界」というのは、何もかもが静止した生気のない世界という感じなのでしょうか? ただ、霊界は眩いくらいに輝いていて美しいといいますので、是非、フォーカス15を体験してみたいですね。しかも、この領域世界には「客観性」があるといいますので、物質世界の「客観性」と霊界の「客観性」の違いを、いろいろと比べてレビューしてみたいところです。


さあ、これで大体のフィーカス世界の入口の定義は理解しました。あとはいかにフォーカス世界に抜け出せるかです。一度、リダンツしたことがある人は、その感覚を身体が覚えているので、その後のリダンツは易しいといいます。というのは、リダンツで見る世界は肉眼で見ている訳ではなく、「第三の目」で見ている為、一度体験したことがある人はそれなりの霊眼を持っているので、見えるはずなのです。

ヤッズ★の場合、ヘミシンクを始めてからまだそれらしいことは起きていませんが、セルフ・リダンツよりも起き易いだろうと期待はしています。

しかし、もっと早くリダンツやフォーカス15の世界に行きたい。。。。。。。

そうだ!昔、記事化した100%上手くいくという噂の「抱き枕法」を大胆に取り入れてみよう!
フライトアテンダントにももってこいだ(超爆)。

当然、「抱き枕」のイメージは、リアディゾン!!!

リア枕SS

それとも、ほしのあきでいくか、、、、、う~む、悩みます。

 akio_20090314234720.jpeg

なんか、マジにジェットストリップの世界になってきた。。。。(汗)。

五井野正博士

最近、密かに隠れて読んでいるブログ『カクレイシ日記』で初めて知ったのですが、

日本には、五井野正という凄い人がいるそうです。

今から35年前、世界で初めて、リサイクル、省エネ、省資源....という現代社会構造の改革をさまざまな運動を通じて全世界の人々に浸透させた方だそうで、日本がリサイクル先進国なのも博士の貢献度が大きいとのことです。また、インターネットの発明は中央集権的なコントローラーを持たない米国国防用コンピュータネットワーク(ARPANET)がその前身だと言われていますが、実は、五井野博士が発明したそうなのです(←ヤッズ★はまだ確認できていないが、、、どうもプロトコル関連の発明のような、、、)。このように科学、芸術分野においてもその先駆的な発想が発揮され、こういったことからか、世界でただ1人、3つ以上のノーベル賞受賞の可能性を持つ大天才だとも言われています。

んな、、、1人で3つもなんて、、、、(汗)

まぁ、ノーベル賞自体、ゴア元副大統領の受賞や世界を金融危機に陥れたデリバティブ金融工学の学者...等、その選考過程自体が怪く、ある意味、国際金融資本を主力とした【闇の結社】の褒賞みたいなもんですから、世界を画期的に良くしてしまう博士の業績では、受賞は有り得ませんね~(ニタリ)。

■多機能防毒マスク/防護衣 (特許広報)
http://www.j-tokkyo.com/2003/A62B/JP2003-164537.shtml

■医療介護支援システム及び医療介護支援方法 (特許広報)
http://www.j-tokkyo.com/2003/G06F/JP2003-323491.shtml

■抗高脂血症組成物及びその製造方法 (特許広報)
http://www.j-tokkyo.com/2002/A61K/JP2002-363092.shtml

■賦形剤組成物 (特許広報)
http://www.j-tokkyo.com/2003/A61K/JP2003-342198.shtml

■生理活性組成物及びその製造方法 (特許広報)
http://www.j-tokkyo.com/2003/A61K/JP2003-171306.shtml

■頭皮頭髪用組成物 (特許広報)
http://www.j-tokkyo.com/2005/A61K/JP2005-314330.shtml

■商品検索方法、商品検索装置及びプログラム (特許広報)
http://www.j-tokkyo.com/2002/G06F/JP2002-318814.shtml

■オークション方法、オークションシステム及びサーバ (特許広報)
http://www.j-tokkyo.com/2004/G06F/JP2004-054926.shtml

■競技関連権利販売方法、競技関連権利販売システム....及び端末 (特許広報)
http://www.j-tokkyo.com/2004/G06F/JP2004-054925.shtml

■分散投資方法、分散投資システム及び投資用プログラム (特許広報)
http://www.j-tokkyo.com/2003/G06F/JP2003-256663.shtml

特許広報を調べてみても、その発明範囲は広範囲に渡っていて、言われている内容に全く嘘はありません。まさに大天才です。


(30年前、NHKに出演した若き日の五井野博士。。。。。イケメンです)

ヤッズ★はこの名を全く存じ上げませんでしたが、WEB上の「略歴」を見る限り、勲章や名誉職をいっぱい貰っていて確かに凄いの一言。建築家の故・丹下健三氏も各国からの勲章が多かったですが、博士の場合、医学、経済学、文学、芸術....と多岐に渡っての受勲は唖然とします。

いったい何者やねん この人は?

どこかの信徒団体の先生も勲章をいっぱい貰っていますが、裏話として金銭授受があったとかの噂がいつもまとわりついています。何らかの科学的業績があって受勲したわけでもなく、平和活動とがが評価されたという非常に曖昧模糊な理由です。しかし、五井野氏の受勲はあくまで科学や芸術に対する業績評価に対してという感じです。しかも組織的な後ろ盾があってのものではなく、あくまで個人的な業績が受勲の理由です。

う~む、これは凄いことです。

博士の業績が多すぎて、紹介に困るのですが(苦笑)、、、、、、
近年に限って特筆できる業績は、こんなものがあります。


■物理学で「調和性理論」(光はエーテルの影響で発光、発光前は更に早く光速度一定は誤り)
■万能薬GP(五井野プロシジャー)の発見
■天然素材100パーセントの育毛剤の開発
■浮世絵画家(雅号・歌川正国)
■ゴッホの浮世絵にみる暗号の研究
■重力軽減装置(ロシアの宇宙開発で採用決定)
■ロケット新燃料(従来のロケット燃料の1/10のコスト、ロシアで採用決定)
■エルミタージャ美術館で生存中に個展を開いた唯一の画家(ゴッホもピカソも死後)


こういった業績が評価されて、下記のような受勲されているようです。

■イタリヤの経済学アカデミー会員(日本人で唯一)
■イギリス文学アカデミーの会員にノミネート
■ロシア安全保障アカデミーより「ピヨトール大帝章」を授与
■ローマ法王から「マルタナイト勲章」(ヨーロッパでは最高の名誉)を授与


「重力軽減装置」や「ロケット燃料(液化天然ガス?)」については、今のところ、証拠といえるような情報がないので、ヤッズ★はまだチト疑っていますが、それにしても業績が多岐に渡っていますね~。こういった凄い方が日本ではほとんど知られていないのは何故なんでしょうね~。

で、これら技術がどういったものか、調べてみました。

■安価なメタンロケット
現在主流の液体酸素を使った燃料は、打ち上げの際に生じる炭がロケットの配管をつまらせてしまい、一度使ったら破棄しなくてはなりません。その為に打ち上げ費用は高価となってしまいます。燃料にLNG(液化天然ガス)、つまりメタンガスを使えば炭が出ない為、ロケットの再使用が可能となり、また燃料も特別なものでない為、トータルで大幅なコストダウンが可能だと言われています。

しかし、この新しい燃焼方式のロケットは日本の「GXプロジェクト」という形でも推進されていますが、開発が難航していて当初の開発費の3~4倍も費用が掛かってしまい、実際は安価なロケットとはならないことが分かってしまった。。。。。。。で、今、開発自体を中止しそうな雰囲気なのです。


(メタンロケットの燃焼実験 CGみたいな綺麗な青い炎が特徴)

日本では失敗しそうなプロジェクトになってしまったが、

ロシアは上手くいったのか???

実は、ロシアでもメーカーの売上減に繋がる為、開発自体をを断念したといわれています。まぁ、開発とアイデア提供は次元が異なることですが、五井野博士が提言したという証拠が今のところ見つかっていませんので、何とも判断がつきません。


■五井野プロシジャー
「五井野プロシジャー」(以下、GPと記載)については、万能薬で白血病細胞実験で他の抗がん剤と比べ10倍の効力を発揮し、副作用がないことがデンマークで証明され、ロシアで特許取得しているそうです。末期ガン、重度糖尿病にも効果があるとのこと。こういった業績でロシア等の旧ソ連邦の国で多くの要人(エリツィン等)のファイナル・ドクターとして治癒回復させたことから、多くの勲章を貰ったといいます。

GPの詳細はわからないのですが、この記事での推察は、霊芝に含まれる多糖体の1つである水溶性のβ-1,3-D-グルカンという物質が引き起こすシールド効果によるものではないかということです。

■チェルノブイリのガンに苦しむ子供達の救済計画始まる
http://www.avis.ne.jp/~wippii/kiji-8.html


ネット(日本語)では、このぐらいしか分かりませんでした。
「重力軽減装置」については、是非、知りたかったなぁ。。。。。。(笑)
※多分、コマの回転と何か関係あるだろうと思っていますが、、、、

でも、勲章がなぜアルメニアロシアばかりなんでしょうか?
この辺、何かあるような気がしてなりません。
(彼のような万能の天才は、国内では足を引っ張られるからか?)


著書は『七次元からの使者』『法華三部経大系総論』『科学から芸術へ』...等、いろいろあるようですが、『七次元~』や『法華三部~』もカクレイシさん人気のお陰で古本でもガーンと値段が上がってしまった。。。。。で、今入手できそうな本は、『科学から芸術へ』しかありませんね。

で、この本の目次の内容を見てみると、、、、

**********************************************************************
『科学から芸術へ』

◆万有引力の法則を使ってアルメニアを近づける
  等速運動と出世
  万有引力と妬み係数
  =(イコール)ではなくて→(移行)
  今は非ユークリッド時代
  アルメニアはノアの方舟が降り立った聖地

◆シュメール世界と古代日本の関係性から仏教の悟りの真実まで
  日本古代国家は新羅と唐の支配する世界
  トヨクニ文字が日本の歴史の謎を解く
  アルメニアの最初はシュメール
  釈迦の悟りはスジャータ女性の目

◆大脳とアカデミーの共通性の話から芸術に至る
  大脳のヒダヒダからのコミュニケーション
  芸術とは四次元的なもの
  ハルマゲドンの誤り
  シュメール山は須弥山のこと
  アルメニア人は世界中に分布する

◆中国最初の文明国家「夏」の話からウィッピー総合研究所の将来計画
   「殷」「周」の前に「夏」「商」があった
  衛星ロケットの開発をするウィッピー総合研究所
  女王卑弥呼の海獣葡萄鏡のルーツはアルメニア
  浮世絵は世界の架け橋

◆科学から芸術へ
  科学を超えた芸術
  モナリザの秘密と次元世界
  □□政党を持つカルト宗教団体の国際的危険度
  浮世絵の世界と科学
  ニュートンとアインシュタイン世界の是正

◆あとがき
  空き缶はシュメール世界のシンボル
  「七次元よりの使者」の小説が現実世界に!
   時代の逆転層とインターネット

  

科学から芸術へ科学から芸術へ
(1995/12)
五井野 正

商品詳細を見る
(何故か書店では入手不可。定価1000円なのに中古で3~4000円とは!)

(購入先)
http://www.utagawa.or.jp/kagakukarageijyutu/book.html
**********************************************************************

表題から芸術論の本かなと思いましたが、なかなか香ばしい内容です(笑)。

これは、1度手に取って読んで見なければ、、、、、、

五井野博士の凄いところは、『七次元からの使者』『法華三部経大系総論』のような宗教系だけの人物かと思いきや、GP発見という医学、浮世絵という美術、湖水汚染やリサイクル等の環境問題、SF小説家、、ミュージシャン、、、、、あらゆる分野を幅広く網羅して活動されている点は、本当に凄いの一言です。こういう宗教系の内容を書かれる人で、芸術・科学分野でも素晴しい業績を残す人など殆どいませんね。

浮世絵を自らの芸術の中心に据え、自らも浮世絵画家と活躍されているのは、ヤッズ★も信奉してる「世界は江戸化する」と関連していて、嬉しくなってしまいます。

まぁ、ヤッズ★の場合、現代の浮世絵、アニメ絵の方を賛美していますが、、、、(爆)。
※最近、ブログ背景を変えたのもコレが理由です(笑)。浮世絵、アニメ画に共通している特徴。つまり、平面的表現においてイデア的祖形描写によるリアリティ感の増強。このことが理由からか、「萌え~♪」という感情を誘発させる絵は、いまのところ、日本のアニメ画しかない(爆)。

.gohho-1.jpg syasin08SS.jpg
(歌川正国(=五井野博士)・作「鏡の中のゴッホ」(左) 元絵の三代豊国・作「梅の由兵衛」(右))

耳そぎゴッホ
(耳を削いだゴッホの自画像 上の「梅の由兵衛」を構図モデルにしたという)


こんな活躍されていても、日本では全く評価されてません。しかも、Wikipediaにすら載っていないのです。、、、、、なぜなんだ???こんなに業績あるのに???下記にその妨害情況が書かれていました。秋田新聞を読む限り、抵抗勢力がいて国内での活動をトコトン邪魔をされている感があります

■秋田の市民新聞【あおぽ】(エルミタージュ美術館展覧会)
http://www.aopo.net/jiken/385/jiken-4.htm
■秋田の市民新聞【あおぽ】(裸のゴーギャン)
http://www.aopo.net/jiken/380/jiken-1.htm


カクレイシ・ブログでは、こういった多くの業績や『七次元からの使者』『法華三部経大系総論』の著作内容からだと思いますが、彼が「救世主」であると断言してます。まぁ、ヤッズ★は五井野氏の著作をまだ読んでいない為、「救世主」かどうかは何とも判断が付かないのですが、五井野博士の業績は素直に凄いと感嘆しています。

30年前に今後の私たちの進路を指し示していることから、時代のナビゲーターである点は間違いないと思っています。そういう意味では「救世主」かなぁ。。。。。。。

俄然、興味持ちました。

個人的には、五井野正博士、リチャード・コシズミ、上江洲師のパネルディスカッションがあればとても面白いなぁと思っていますが(爆)、最近は、カクレイシ日記のお陰か分かりませんが、五井野氏の講演会も多く開催されているそうなので、近くで開催されたら、是非、行ってみたいと思います。


(講演会開催日程)
■歌川派門人会HP
http://www.utagawa.or.jp/

Muziic

世界最大の動画共有サイト・YOUTUBEにうっぷされている音楽(含:動画の音声)が自分のミュージックリストに出来たら凄いと思いませんか?

そんな夢のようなソフトが出現しました。
しかも、FREEです(ニタリ)。

その名を「Muziic」といいます。
ここでダウンロード

Muziic.jpg
(ヤッズ★の導入画面 クリックで「大きく」なります)

iPod&iTuneのアップルミュージックストアは、ソニー系列が不参加な為、あまりいい音楽が手に入りません。しかし、YOUTUBEなら大方の音楽がアップロードされてますので、ソニー系列も、非売品のレアな音源だって聞くことができます。しかも、画面はミュージックストアライクのクールな構成です。

この「Muziic」は15歳の少年が開発したものですが、このソフトを開発する時間を作るために、わざわざ高校を転校したという程の気合の入れようです。

ただ、いまだYOUTUBEを管理する米GOOGLE社との同意には到っていませんが、今のところユーザーには関係のないところです。再生するプラウザがIEなのか、火狐なのか、Muziicなのか、あるいは再生するプレーヤーがWMPなのか、iTuneか、、Muziicなのかの違いだけです。利用規定に沿うよう小さな画像を付加していますが、今後、TOTUBEに広告を出稿している権利保持者との間でもめそうな話ですね。

まだあまり使い込んでいないので、単に機能を知らないだけかもしれませんが、使ってみた感じでは、、、、、、


●動きがちょっとモサイ(遅い)感じ
  →ヤッズ★の回線上の問題みたい
●YOUTUBEにはモノクロ音源が多く、同じ曲がたくさん存在し、その中から最高品質の音源を見つけ出すのに意外と手間がかかる
(素人演奏の音源もあって捜索が困難)
●使い方がよく分からない。特に製作者をクリックした場合、元に戻ることが出来ないのは痛い
●ボリュームが5段階しかなく、イヤホンやヘッドフォンを使った場合、音が大きすぎて困る場合がある
●黒字に白文字はちょっと見づらい
●マイリスト表示数が少ない。タブ化して別画面化した方がいいのでは、、、
  →Mylist化してジャンル毎にまとめて保管し、使用時LOADするようだが、LOADして呼び出しできない。。。。バグか?リスト使用が有料化なのか、、、う~む



まだまだ改善箇所は多いのですが、今後、バージョンアップしていきより使い易くなると思います。自分が何の操作をしなくても、画面を開くだけで既にいろいろな音源がセットされています(画面左側)。あとは自分のお気に入りのアーチストを探し出し、画面上部のマイリストに登録するだけです。このアドバンテージは大きいですね。


(詳細記事)
■YouTubeから音楽ライブラリを作成できる新サービス「Muziic」(CNET JAPAN)
http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20389636,00.htm

ヤッズ★ meets YAZZ

昨夜、英国での『恋のフェロモン・ボンバー2』のレコーディングから帰ってきました(爆)。

ここで、過去の曲を紹介しますね。



この曲は1988年、アルバム『WANTED』に収録されたもので、英国シングルヒットチャート5週連続1位になったとても思い出深い曲です。

曲名のThe only way is up は、「(ここより下はないから、後は)上昇あるのみ」という非常に前向きな意味で、欧米ではよく使われるフレーズの1つです。

まぁ、スピ的な裏読みをすれば、、、、

「次元上昇だけが唯一の道」

となるでしょうか、、、、、(爆)。


あと、もう1つ思い出深い曲があります。
こちらは英国シングルチャート2位と惜しかったのですが、、、、、
Stand Up For Your Love Rights という曲です。

これは文字通り、「愛の権利の為に立ち上がれ!」という意味ですが、「いつでも愛の側に立て」というヒマラヤ聖人のメッセージを曲に込めて謳い上げています。



このことを少し長くなれますが、説明します。
ヒマラヤ聖人の朋友・上江洲師はこう言っています。

神は我が内にあり。
神はこの大宇宙に遍満する大いなる宇宙生命こそが神なり。
我神なるが故に、無限の知恵、無限の力、無限の愛の泉、宝庫
我が内にありという実感したものは、外に振り回されることがなくなります。
(上江洲師の光話より)


生命に意識としての灯火を与えているのは、食物ではありません。
生命の息吹は神(創造神)からもたらされるものです。

それは丁度、家庭内の電化製品が電気というエネルギーによって、各種の働きをしているのと同様に、この宇宙のすべての生命の意識は、神からもたらされるエネルギーを元に営んでいるのです。ですから逆に言えば、意識は繋がっていて1つのものであるということになります。

この意識の総体(統合思念体)こそが、です。
ですから、外界に個人に相対して存在する「客観的な神」というものはないのです。
神とは極めて「主観的なもの」なのです。

私は神です。
しかし、あなたもまた神なのです。
だから、望むことが叶わないはずがないのです。

上江洲師やヒマラヤ聖人がいわんとしていることは、こういうことです。

そう、、、世界は1つ 人類は皆兄弟 ですね(笑)。

この構図は、インターネットが中央というものが無く、総体として存在しているのと似ています。


インターネット = 神

各端末(PC、携帯) = 個人



こんな図式でしょうか!
しかも、この図式、願望実現のシステムにも非常に似ています。

というのは、例えばあるサイトで画面上に写っているグッズを見て、「コレ欲しい!」と思えば、その画像をクリックして注文データをネット経由で送ればそのグッズは簡単に手に入ります。しかし、画面上をいくらカーソルで嘗め回していてもそのグッズは手に入りません。それには、クリックして購入するという「意図」が必要なだけです。


  
(ほ~ら、欲しくなったでしょ・爆)


願望実現も同じで、実は「欲しい」と思う願望自体が既に意識の奥底にイメージとして存在しているといいます。これは丁度、モニターに欲しい商品の画像が貼り付けられているところと似ていますね。

私たちはそのイメージを感知して、あたかも自分が欲しいと思ったように認識していますが、実はそうではないのです。この現象はPC画面のグッズの画像を見て「コレ欲しい」と思うこととなんら変わりがありません。私たちの深層ではこのようなことが起きているのです。深層にそういう願望イメージが存在していることは、PC画面の画像が購入先とリンクしているのと全く同じで、それは手に入れれるように出来ているというわけです(ニタリ)。

そして、総体である「神」を行き来するエネルギーが、なのです。

ただ、これは「人を愛する」という時に使う「愛」とは若干ニュアンスが異なります。
もっと概念が広いです。
※前回の記事では、誤解を避けるため「ラブトン」と言う名を採用しました。

どちらかというと、プラス電荷を持った原子核同士が反発しあう「斥力」に対し、超高温・超高圧下で核融合する時に働く「結合力」と同じものです。核融合を起こすことで、水素→ヘリウム→リチウム→ベリリウム→ホウ素→炭素→窒素→酸素→フッ素→・・・・・・とより大きな原子核構成になって行きます。

オコツトがいう、愛とは陽子であるというのがこのことでしょうか。

現在の地球の大気組成が、窒素(78%)と酸素(21%)の比率でなっているのは、今の地球の進化程度が丁度このあたりにあるということです。次の進化期には窒素(21%)と酸素(78%)という組成にシフトしているのかもしれませんね(笑)。

神から降りてくる「愛」が物質世界に流れ込み結合力として物質と物質を取り持つわけのですが、自分の肉体が1つの固有の形態を保持し得ているのは、まさにこの「形態保持力」という結合力のお陰なのですね。

このように愛とは「~をする」というような能動的・自発的に出来るものではありません。
どちらかというと、「ニュートラル」という表現の方が近いでしょうか!

例えば男女の仲でいえば、5分間、一言も話さずに相手の目をずっと見つめあっていられる状態が「愛」です。2人の意識は完全に融合化しています。

ですから、困難という「斥力」があっても、神から流れ込み現世に顕現している方向は「愛」の方向ですので、いつだって私たちは「愛の側(結合する方向)に立て」ということなのです。

は~、だいぶ説明が長くなりました。

「愛」って何ですか?

今回も「愛」について書きます。
(コメントレスもう少し待ってくださいね。考え過ぎて「愛疲れ」してしまった。。。)

「愛」という文字の意味が、「LOVE」とイコールになって久しい現代日本ですが、これは近年になって導入された概念で、「LOVE」とは本来の意味の「恋」「愛」の2つを足した感じに近いといいます。

元来、「愛」は「愛玩」「愛用」「愛着」と対象が人以外にも広範に使われますが、「LOVE」は主に異性に対して用いられ、意識的・能動的な所作であるのに対し、「愛」とはあくまで「心の状態」を指しています。まぁ、あまり厳密にする必要はないのですが、「LOVE」と「愛」とは少し異なる概念だと思います。言葉の意味も時代とともに変移していくもので、近年の使い方ではもっぱら「LOVE」=「愛」とされています。

前回の記事では、「愛」とは「一体共有化志向する意図とかパワーである」と洞察しましたが、今度は漢字の成り立ちから、その意味するところを考えてみたいと思います。

本や講演会などではよく、「愛」という漢字の造りの特徴から、「愛」とは「心を受け止めること」とか、「心が受け止めるもの」とかの最もらしい説明をされることがありますが、実は漢字の成り立ちからすると、この話、チト首を傾げざるを得ない話なのです。

元々、「愛」の古文字は下図のように「心」の上側は「既」の右側の部分(旁・つくり)と同じ字を使っていました。この字は「満腹になった人が仰け反った形」が元になっていて、「(苦しいほどに)もう充分」という意味になります。「既」という字が「もう充分→限度を超えている→過ぎている」を意味しているのと同じですね。「愛」の場合、心の状態を指しているので下に「心」が付きます。

愛
(こんな漢字で「あいしてます」と書かれたら凹んでしまうかw)

ですから、「愛」とは「切なさが満ち満ちて胸いっぱい」という心の状態を指し、翻って、「不可分なものが分離されてしまっているが為に、心が一体共有化を目一杯志向している状態」と言い換えれそうです。

どうですか?
これは「満たされていない状態」ですよね。
私たちが今使っている意味とは180度違いませんか!!!

愛をあげるなんて、とんでもない話です(爆)。

この漢字の成り立ちから考えれば、やはり「愛」とは「心の状態」を指す言葉であり、現象の「結果」状態を指す言葉でしかありません。ここで分かり易くするために、何かが心をそのようにさせる媒体があるとして、それを規定しておく必要がありそうです。コメントでラブトンなる言葉を教えて戴きましたので、この架空の素粒子名を採用します(笑)。

つまりはこうです。


①:ラブトン → 「心」に作用 → 切ない想い(=愛) → 希求 → 意識融合

②:ラブトン → 「陽子」に作用 → 核融合 → 多彩な物質



「全ては【愛】で出来ている」というニューエイジ御馴染みのフレーズがとても歯痒く聞こえるのは、この世界が暴力、権力、不公平、不平等...が充満している現状から鑑みれば、「愛」という言葉に①のような「人間的な感情」という概念しか持てていない人にとって、このフレーズは「虚構」「嘘」「偽善」と思えてしまうからなのでしょう。これはニューエージャーが②をも「愛」として連呼してしまっているが為に、現実主義的な人との間に齟齬が生じてしまているのかもしれませんね。(←オレのことだぁ。。。)

全ては【ラブトン】から出来ている

こう言っておいた方が、反感も持たれずに煙に巻けていいかもしれません(爆)。


この「愛」という漢字を使ったものに、「愛染明王」がいます。
実は、ヤッズ★は仏像の中では、「不動明王」と「愛染明王」が特に好きです。

愛染明王

どちらも忿怒相をしていて素敵です♪

この「愛染」(あいぜん・あいぞめ)の意味ですが、「愛欲」と「貪染」(とんぜん:物事に深く心をとらえられること)の2語からなる言葉で、人や物に引きつけられ、執着すること。特に、男女の愛欲にとらわれることをいいます。「煩悩」と「愛欲」は人間の本能であり、これを断ずることは出来ません。むしろこの本能そのものを向上心に変換させて仏道を歩ませ、そのまま悟りにつながることを示すのが「愛染明王」なのです。

実は、これはヤッズ★ブログのテーマでもあるのです。

それはそうと、ついでに「恋」の方の旧漢字にも言及しておきますね。

糸が言葉の両側に来ていて、ゴチャゴチャと絡まったイメージを受けますが、実際、この通りの意味合いがあり(笑)、「かき乱れた心の状態」のことを指しています。

恋

この旧漢字で「恋人」と書くと、なにやら毛むくじゃらの「変人」のように見えて可笑しいです(爆)。

ギャランドゥ
(イメージとしては、こんな感じかw)

魔術先生

凄げ~ブログ見つけちゃいました。

■魔術師Kからのメッセージ(マイケルさん)
http://blog.livedoor.jp/mysticart/

鍵コメを戴いて訪問したんですが、そこで魔術師K氏が語る「祈りが叶わない本当の理由」という記事を読んで、願望実現にとって本当に基本的なことであり、実は、もの凄い盲点だったことを再認識した次第。

で、そのもの凄い盲点とは、、、、、

、、、、、、、

愛がないと 願望は叶わない です♪

b0099994_1217359.jpg
(2009年NHK大河ドラマ「天地人」の直江兼続の兜)

で、以下はヤッズ★が「愛」について考察した内容ですが、
愛を知っている「愛知県人」だからこそ書ける内容です(超爆)。

ヒックス夫妻のエイブラハムも「引き寄せの法則」では、感情の最上部には「愛」を置いています。この感情の波動の時、それに相応しい出来事や物が引き寄せられるといいます。また、イハレアカラ・ヒューレン博士のハワイの秘法「ホ・オポノポノ 」でも、「愛しています」と自己内面にある様々な出来事に対して深々と語りかけ、「愛」の波動を浸透させるワークを重要視しています。

さらに、R・シュタイナーの「認識の小径」では、瞑想時には師匠を崇めるときのような絶対的な「敬愛」の念を持つことが高次世界への参入のパスポートだといいます。この辺のことは、インドの聖人シュリ・ラーマクリシュナ・パラマハンサも同様のことを言っていて、「自我」と「愛」は完全にバーターな関係であるので、「自我」を完全に忘却し「愛」の状態にする為にバクティ・ヨーガを薦めています。

このようにスピの偉人は、皆、「愛」を第一義に挙げています。
ここで、ラーマクリシュナの教えについてみてみましょう。


●神は全ての人のうちにいる。しかし全ての人が神のうちにいるわけではない
●これが人々の苦しむ理由である
●「私」と「神」を分離している無知が「私」を苦しめる


なるほど、コレが「I AM」(私は神なり)の核心なのでしょう。
この言葉を言う時、「神と一緒にいる」「神と一体化している」ことになりますね。


●肉体として生きる限り、「私」を完全に消すのは難しい
●ならばせめて、その「私」だけでも「神」に委ねよ
●神に全てを委ね、神を愛するバクティ・ヨーガの道が普通の人間にとっては最も易しい
●自己を制して欲望を超越しようとする他のヨーガは強い精神を要し困難な道
●バクティは意識的に欲望を抑えるのではなく神への愛に夢中になって感覚の楽しみを忘れる
●だから、バクティは自然に欲望を食いつくす


確かに、自分の内面に存在する「神」を愛し満たすことは、それはそのまま全て自分に還流してきますので、自分が満たされることにもなります。そして、自分が満たされ溢れ出たものだけを外部の他者に放出するだけでいいのです。実は、何もしなくても自己が満たされた人を見るだけで、本当に気持ち良くなるものです。その存在自体から「愛」がほとばしってくるのですね。

愛とは、「自我のない状態」の時に発動するものかもしれません。

また、愛とは、「無償支給品」でなければならない。
行為の裏に何の見返りも期待も意図も無く「純白無垢」なものが出なければならないのです。
だから、敏感な方はさり気無い優しさの中に「愛」を感じメロメロになるんですね~♪

●世界は「神の遊戯」である
●神は何かの目的があって世界を造ったのではなく、「遊び」として世界を造った
●善と悪、幸と不幸などの対立があるのもゲームを続けるため
●あらゆるものは「神の働き」だから、全てを受け入れる
●それが神である限り、世は幻だといって切り捨てたりしない
●「神の遊戯」活動も「永遠不動」も同じものであり、皆ありがたく戴くべきもの
●「皆戴かないと目方が減る」
●神だけが実在で、他は全て果敢ない幻

(WIKIPEDIAより抜粋)

以上がラーマクリシュナの教えの概略ですが、どんな形であってもよいから神を信じ、愛し、我が物にすることだけに心を注ぐわけです。

自分に内在している「神」を、愛しまくれ!!!というわけです(笑)。
そして、実は、愛こそが高次世界(超感覚的認識の世界)への入口でもあったのです。

これは、ある意味当然なことかもしれません。

創造神は「与えることが全て」であるといいますが、その放出するものは「愛」だといいます。この「愛」を受けて物質はより分子量の大きな物質になり、イメージは物質化するわけです。「愛」とは、熱力学第二法則である「閉じた系におけるエントロピーは減少しない」という「エントロピー増大の法則」に相反し、世の中に秩序をもたらす「エントロピー減少の法則」といえるかもしれませんね。

この高次世界というのが、「自我以外の領域」でもあるし、自己の願望が自分のオーラにまとわり付かなくなる状態でもあるのでしょう。ヒマラヤ聖者をはじめ108氏も、この領域にそっと願望を置いてくるだけで願望はこの世に顕現し実現化するといいます。この自我以外の領域こそが「神域」なのです。そして、ここに到るには神域と一体化する愛の呪文「I AM」が必要ということなのです(笑)。

ただ、ここでの注意というかポイントとしては、「愛」はヒューレン博士がしているのと同様に「自己の内面」に対して行わなければならない点です。ラーマクリシュナの言葉でいえば、「自己に内在している神」に対して行うことになります。決して、外界にいる他者や外在神に対して行ってはいないのですね(笑)。世の中に数ある宗教団体は、全てが全てといっていいほど「外在神」「他者」への愛、信仰、帰依を説きます。内面という言い方は決してしていない筈です。

この世(外界)に「神」などいないのです。
いるのはこの世界を取りまく反対側の世界にいるのです。
そして、そこは自分の内面と繋がっている。
そこに到るには、その領域と一体化を志向する「愛」が必要。

しかし、よくよく考えていれば、これは当然のことなのかもしれません。外界の対象物は実は内面に投影されて存在しているのですが、内面の存在する対象物自体をを愛してあげなければならないのです。自分の内面は全て「神」だというぐらいの勢いが必要かも。。。。。。(笑)

逆に、嫌いだからといって内面で常に憎んでいては、その憎しみの波動がそれに相応しい波動のものを引き寄せて、更に憎しみの感情を増長させるというメカニズムにこの世はなっています(笑)。これが「神の悪戯」なのですね~♪。このことに気づく為に私たちはこの世に生まれてきた、、、、、のかもしれません。

では、内在神を「愛する」とはどうすればいいのでしょうか?

ニューエージャーは「愛」について語り過ぎるとも言われています(笑)。ヤッズ★は「愛」という言葉について、普通スピで使われるような内容の説明には、実は、反感を感じています。というのは、それは非常に人間的な求愛的なテイストであり、自己都合的な臭いを感じるからです。そういう点で、この言葉に対しアレルギー的に虫唾(むしず)が走るのかもしれません(爆)。

ですから、ヤッズ★が考える「愛」とは、もっと淡白で広義的な意味合いを持っています。それはこうです、、、、、

量子世界では、原子核内で陽子同士はプラス電荷なので反発しあう筈なのですが、これを「斥力」といいますが、反発しあう互いの陽子が「絶対離れないじょ~」と頑張っている「共有一体化状態」を維持する力や意図のことを「愛」と定義しています。ですから、男女間の「愛」も、人間間の「愛」も、この劣化バージョンに過ぎません。

確か、ヒマラヤホステスも願望実現には「世界中の人がこぞって引き離そうとしても、絶対離れないという意図が必要」と言っていますが、これが「愛」ですね。願望を自分が受け容れる許容度を感じ取るパーミッション・ゲージというワークがありますが、これも「その願望とどのくらい一体化しているか?」、つまり、「その願望に対し、どのくらい愛があるか?」ということになりますよね。

だからこそ、願望実現には「愛」が必要なのですね~。

これは、「I AM」なのですね。
これは「神」と一体化しているので、「愛」の状態なのです(ニタリ)。

ここまでがヤッズ★の考察(=思い付きw)ですが、
ここまで考察させてしまう魔術師K氏の言葉は凄い魔力がある。。。。。
う~む、この魔術師K氏とは只者じゃない。。。。

これからは、魔術先生と呼ばせて貰いましょうか(ニタリ)。


(周杰倫(ジェイ・チョウ)が唄う「魔術先生」)


実はこのコミカルな曲は、来年度のNHK教育『テレビで中国語』のタイトルソングに決定した曲ですが、中国でこういうコミカルな曲が出るのは珍しいなぁと思います。こういう点からも中国人の今の精神構造の変化が分かってきますね。ちなみに、放映日時は下記のようになっています。

本放送: 毎週火曜日0:00 ~ 0:25(月深夜)
再放送: 毎週水曜日6:00~6:25 & 毎週日曜日0:50~1:15(土深夜)
期間:09年3月31日より1年間

魔杰座魔杰座
(2008/12/03)
ジェイ・チョウ

商品詳細を見る


今後は、日本の将来の行くべき方向は、中国、韓国、台湾を中心とし、それにロシアを交えた極東アジア友好路線ですね。欧州と米国では人の交流が多いのにアジアには今までそいうのがあまりありませんでしたが、今後は文化面を含めそういったものがもっと多くなると思います。

特に中国・台湾とは漢字という歴史的な文化交流の痕跡があり、両国の文化的なバックボーンの密度は世界中のどこの国よりも濃厚です。例えば、中国のWEBサイトを見るだけで分かるのですが、日本人ならほぼ直感的に操作が可能です。

■捜狗音楽捜索
http://mp3.sogou.com/
(ここ、とっても使い易いです♪)

しかも、アジア圏にはアジア的心情という西洋人には理解できないものがあります。

例えば、古いところではお茶、書道、絵画、、、、最近のものでも、演歌、台湾の「東方神起」「F4」「飛輪海」のような日本のジャニーズを手本としたイケメン系のユニットとか、萌えアニメ、コスプレ、メイド喫茶、、、、、もう互いの民族の好きなものが共通してますね~。こりゃ、もう1つの同種な文化圏を構築しそうな勢いです。


(倖田來未&東方神起)


(花男F4)


(写真集『超I双魚』が売切れの張超・チャンチャオ)


(ポストF4の花君の「飛輪海」・フェイルンハイ)


既に台湾はイケメンアイドル量産体制突入って感じですね~♪

こりゃぁ、ジャニーズ事務所の天下もヤバイっすw

また、中国ではアニメも国を挙げて取り組んでます。こういtった土壌が優れた人材を多く排出し、やがて良質なアニメが中国発で登場するようになるだろうと予想しています。

■中国国際動漫節(浙江省杭州市) ※2005年が第1回開催
http://www.cicaf.com/
(中国政府主催のコスプレ大会、、、中国の盛り上がり様は凄い)


この分だと、近い将来、中国本土に「コスプレ焼肉」の店が開店するかも。。。。。。
う~む、中国なら「コスプレジンギスカン鍋」か「コスプレ北京ダック」だよなぁ(笑)。

■コスプレ焼肉OK牧場
http://www.29-29.jp/
(「フーフー」「ア~ン」してくれるんだ。。。。コスプレ焼肉には「愛」があるw)


今までは、国際金融資本を影番とした米国CIAのコントロール下にある北朝鮮という撹乱国家が東アジアに嵌め込まれていました。そして北朝鮮が近隣国家間に緊張を引き起こすことで、米国のMDIミサイル、F15戦闘機、イージス艦...等の軍事兵器が売れ、国際金融資本の支配下の軍需産業が儲かるという構図でした。また、同じような構図を中東ではイスラエルが担っています。

このような構図の元、今まで互いの国はいがみ合わされてきたのですが、米国を介さない独自ルートを開拓しようとした政治家、例えば、田中角栄、鈴木宗男、小沢一郎などはつぶされてきたのです。

しかし、サブプライム危機で体力を失った国際金融資本の凋落により、今後はこのようなことはなくなると予想しています。

ですから、近隣諸国を「愛」を持って(=一体化して)眺めれば、互いの国には引かれ合うものをたくさん発見するはずです。いがみあっていた時には、見えなかったものが見えてきます。

そういった物事は既に存在しているのですが、そのように自分が変わらないと、そういう事物が自分の視野世界内に顕現してこないのですね。

「愛を持つこと」が如何に良いものを引き寄せるかの好例かもしれませんね。
この機会に中国語を学んでみる???(笑)

あん? ヤッズ★ですか?
ヤッズ★はロシア美女の為にロシア語を学びますが、、、、、、、何か?(爆)

愛が持てない???

ならば、コレなど付けてはどうでしょう!

やらないか

シティバンク、AIGも準国有化されてしまった。。。。。。
次に控えるのは、バンカメだと言われています。
数年前には予想だにしなかった情況です。

今次の金融危機で穴埋め必要な金額は、全世界では5000兆円とも7500兆円ともいわれ、このような国有化は破綻防止の単なる延命・先送りにしか過ぎず、米国政府はGMに続き、さらなる巨額の追記融資(資本増強)に追い込まれていきます。

日本においても、現在、バブル後の日経平均最安値7162円(2008年10月27日)近くを攻防をしており、7000円割れも視野に入ってきました。ただ、年金資金以外の買い材料に乏しく、ここまま7000円割れを起こせば、次の節目6500円にまで一気に下落すると予想されています。そして、6500円代まで落ち込んだ場合、先のSFCG(旧:商工ファンド)のように破綻する金融機関が多発するとも言われています。

今回の金融危機は、人知ではコントロールできない規模です。

しかし、カバラではこの人類始まって以来の今次の経済危機は、現代社会のような高度に複雑化した社会において、特定の少数者が金融政策...等を使い世の中を完全にコントロールすること自体が既に不可能であるという重大な課題を我々人類に押し付ける一方、これを乗り越えることが出来る次の意識状態である「全体意識」(ネットワーク化された心)へ到るためのステップがであると捉えています。

このことは、かつて「コンピュータの巨人」といわれたメインフレームのIBMが、ダウンサイジングやオープン化の波に押されその覇権を失ったように、中央集権的な方法ではやがて増大化する情報に能力不足となり対応できなくなります。この現象は現在の中央集権的なピラミッド型社会システムについても同様です。今回の金融危機は見方を変えれば、社会システムのブレークスルーの前兆でもあるのです。

この方向性から考えると、現在、米国政府が推し進めている政策、つまり、大企業や金融機関を救済して生き延びさせることは、実は、未来の方向性とは逆行し、まったく意味がないことになりそうです。

このままいけば、世界中の人、全てがニート化しそうな勢いですが、すでにこのことを予見していたのが、我が国の「神人(ゴッドメンシュ)」たるニート達でしょうか。


(一部で絶大な人気を誇る「いさじ」が唄う宇宙戦艦ニート)

ニートたちはこの社会が既にソフトな奴隷化された社会で、さらに日本の場合は、派遣法や逆ピラミッド構造の人口比率からくる年金制度しろ、硬直化したシステムの中では、後から参入する側は吸い上げられるだけの不利な存在であることが、その鋭い感性によって無意識に分かってしまっているのでしょう。

出口王仁三郎のいうように「日本は世界の雛形」ならば、この「ニート化現象」(=労働拒否)はやがて世界に蔓延するであろうと予想しています。

なかなか明るい未来じゃないですか!

ちなみに、この動画の「ささきいさお」似の声の主「いさじ」氏、2ちゃんねるカラオケ板の常駐者でいろいろと曲をうっぷしていて、MAD動画の素材としてよく使われています。歌声は幅広い声域を持ち、爽やかな声色で歌う場合を特に、、、、

くそみちお兄さんと呼ばれています(爆)

「いさじ」氏のイメージとしては、ヤマジュン『くそみそテクニック』の主人公阿部高和(あべたかかず)が知れ渡っています。この主人公・阿部はとってもイケメンなのですが、ハッテン場として有名な公園のベンチに座り相方を探し、気が合う相手を見つけると、「やらないか」と声を掛けるのだそうです(爆)。


(ハルヒダンスを超える日も近い?)

サン○リーの社是は、やってみなはれであるといいますが、これは上の者と下の者というピラミッド階層構造を前提にしたフレーズです。来るべき未来の社会では、ナイキやユニクロ(ファースト・リーティング)のようなより小回りの効く効率的な企業の群れが淘汰を生き残ると予想しています。未来の小規模ネットワーク型構造の社会においては、こんなこと言っていては相手にされません。

ですから、やらないかとういう仲間意識を掻き立てるフレーズこそが社是に相応しくなるかもしれませんね(笑)。



ウホッ!!いい男たち~ヤマジュン・パーフェクトウホッ!!いい男たち~ヤマジュン・パーフェクト
(2003/11)
山川 純一

商品詳細を見る
(ノンケも関係なしに喰ってしまう阿部高和 とってもイケメンです)

やらまいか

■阿部さん御用達「やらないか」Tシャツ
http://clubt.jp/product/24863.html

勝つのはどっち?

【ヘミシンクレポート№4】

今、政界では、ゆうちょ利権に端を発した郵政民営化の内容見直しでもめてますね~
小泉元総理の「笑っちゃう」発言はその牽制だといいます。

小泉vs.麻生 となにやら小泉劇場第ニ幕が始まりそうな勢いです。

二階堂ドットコムでは、小鼠元総理があれほどの敵意を見せているのは、地元横須賀での取材によると、実は小鼠元総理は「けんぽ利権」に1枚噛んでいて、その上がり(100億×5%=5億)で子息の選挙資金にする腹積もりだったのがトチ狂ったからだと書かれてました。現職時に貰えば収賄になりますが、職務権限のない今ならOKなんだそうな。そういう段取りで進んでいたものが、ここにきてヒックリ返ってフイになりそうだから、焦ってあの発言となったというわけです。

これが本当なら、とってもスマート(=ズル賢い)な売国奴ですね。
まぁ、この構図、エイリアン好きなヤッズ★には、、、、

エイリアンvs.プレデター を彷彿とさせます(爆)。

alienvspredator.jpg
(エイリアン好きだが、今回はプレデター側を応援する)

小泉元総理、竹中元大臣、中川(秀)元幹事長、小池(百)、小泉チルドレン、ブッシュ、ヒラリー、チェイニー、ライス、ブレジンスキー、オバマ、、、、、、エリアンクイーン(ユダ金)から生まれたエイリアンたちを、ローゼンメイデン麻生閣下がバッタバッタと切り捨てる壮絶なバトルが見物です。

マスコミは小泉の「反麻生」を躍起になって持ち上げていますが、反麻生の集りには、中川(秀)、小池百合子、チルドレン....等、1年前は100名ほどだったのが、今回はたった18名までに減ったことについては一切触れていませんね~。

これは、ある意味、「麻生」を推すネットと「小泉」を推すマスコミの代理戦争かもしれない(笑)。

つまり、ネットvs.マスコミの構図です。

ネットvsマスコミ!大戦争の真実―不祥事続きのマスコミへNO!ネットの逆襲 (OAK MOOK 142 撃論ムック)ネットvsマスコミ!大戦争の真実―不祥事続きのマスコミへNO!ネットの逆襲 (OAK MOOK 142 撃論ムック)
(2007/04)
西村 幸祐

商品詳細を見る



しかし、この争い、最後に笑うのはプレデリアン小沢かもしれない。
※この記事うっぷ直前の秘書逮捕で、小沢代表辞任は避けられそうにない情勢で、この説は間違いとなってしまった。

hottoys-000364L.jpg
(プレデターに寄生して誕生した最強エイリアン、インナーマウスで直接卵を産みつける)



まぁ、政界の話はさておき、今回の主題は、先ほど読み終えたばかりの『フォーカス35 5次元体験の超衝撃』についてです。

こちらは、坂本政道vs.浅井嘉富の対談集となっております(笑)。

5次元体験の超衝撃―フォーカス35 (5次元文庫)5次元体験の超衝撃―フォーカス35 (5次元文庫)
(2009/01/09)
坂本 政道浅川 嘉富

商品詳細を見る


知っての通り、坂本政道さんは日本のヘミシンクのパイオニアです。
まぁ、ヤッズ★的にはモリケンさんの方を読んだのは早かったのですが、、、

モリケンさん、坂本さん、おふた方ともに理系である点が共通していますね。
何かこういう怪しげな機器は理系の琴線に触れるものがあるのかもしれません。
そういうヤッズ★も理系です(爆)。

さて、この本の中で坂本氏はヘミシンクでガイドから得た内容を完全に信用して語っています。確かに、体験内容は現実世界だろうがフォーカス世界だろうが体験には変わりはありませんが、こと他者を含めた現実世界でも通用するかという点では未だ疑問があります。たとえフォーカス世界に客観性(=他者も同じ内容を体験)が存在しても、そこでガイドや霊人から語られる内容にも客観性があるとは言えないからです。

この辺が坂本さんが「まるの日圭」さんと大きく異なる点ですね。もともと、まるの日圭さんは、最初は「フォーカス世界は夢と同じもので、そこには客観性はないのでは?」という懐疑派だったからかもしれませんが、ガイドの語る内容がこの物質世界では、当たることもあれば、当たらないこともあると冷静な判断をしています。
※註 今は客観性のある世界だと認識を改にしていますが、ガイドが語る内容については100%信用を置いていない様子。

う~む、ガイドは(結果論として)嘘を付くのかぁ。。。。。

インド人は道を尋ねた時、たとえ知らない場合でも、懇切丁寧に教えてくれるそうです。
だから、その道は全くの間違いの場合もある(爆)。
これは、「たとえ知らなくても、懇切丁寧に対処するのが美徳」だという文化があるからといわれています。あるいは、単に面倒なので適当に教えてる?

ここで特筆すべきは、この時のインド人は、自分が嘘を付いていることを自覚などしていなく、ましてや、相手を騙そうという悪意など決して持っていないという点です。

「正確でないかもしれないが、今、自分が知りうる限りの情報をあなたに提供した。
それを信じて採用するもしないのもあなたの判断であり、それはあなたの自己責任です。」


これがインド人の考える全てでしょう(多分)。

つまり、インド人嘘付かな~い のです(爆)

インドカレー屋のBGMインドカレー屋のBGM
(2005/07/21)
オムニバスソウミヤ・ラオー

商品詳細を見る


逆にいうと、日本人はある意味、お人良し過ぎるのかもしれない。人は利害が絡まない限り正直者であるという性善説に基づく「暗黙の全肯定」が、日本人には完全に身に付いてしまっているのかな~。それはとてもいい美徳なんですけどね。

このインド人の特性を予め聞き知っていましたので、ヤッズ★はインドで道を聞く場合などは、必ず相手の目を見て、「自信を持って言っているか?」を見落とさないようにしていました。大体、インドでは声を掛けてくるうち10人中9人までが怪しい人物なのですから、ヤッズ★が疑い深いのは、こういう実地経験の賜物なのかもしれませんね(爆)。

この「結果としての嘘」は、日本人には全く理解できない部分なのですが、インドは日本と比べかなり時間的にルーズな国なので、間違っていた場合に相手がロスする時間を考慮出来ないことから、こういった考え方が成り立つのかもしれません。ですから、時間感覚が希薄な霊幽界なので、ガイドにもこういった特性があるのかもしれないですね(笑)。

この霊人が嘘を付くとういう点については、「霊界の歩き方」でも記事化しましたが、日月神示が語るところの「下級霊は自分を悪だと認識していない」のと全く同じで、「ガイドは自分を嘘付きだと認識していない」となりそうです(笑)。どうも霊人というのは自己認識が苦手なのかもしれませんね。だからこそ、物質世界に転生して意識向上を図っている?あるいは、自分の想いがスグに間違いなく実現してしまう世界にいる為、分析して予測し、その結果をフォードバックして更に予測精度を高めるという一連の知的作業に非常に弱いのかもしれない(爆)。

この辺のことは、ヤッズ★が自分のガイドに逢ったら、かなりネチッこくしつこく聞き出してみようと思っています(爆)。

さて、話は戻りますが、坂本氏の言説を読んでいて気になったのが、彼は「変換人的ゲシュタルト」ではないという点です。フォーカス世界が意識や観念によって構築される世界と見ていながらも、自分の外側に世界や空間が広がっていると見ています。しかも、この物質世界の成り立ちがフォーカス世界と全く異質なものであり、物質世界という空間が確固として存在しているという普通一般的な認識「人間型ゲシュタルト」をしています。

「変換人型ゲシュタルト」では、この物質世界、霊界、幽界も「原型世界」(上層世界)の内面的な現れの世界であると見ていますので、それぞれの界はその成り立ち方は全く同じもので、単に物質世界は波動が荒く固定化が著しいという違いしかない、自由度が低い世界なだけとみています。ですから、ヤッズ★は読んでいて違和感を覚えたのでしょうね(笑)。

ヤッズ★の考えでは、霊界は現界(物質世界)の上層を構成しているのではなく、並列的な配列だと思っています。それは丁度、ピアノの鍵盤のように「ド」という「現界」の隣が「レ」という「幽界」で、その隣の「ミ」が「霊界」であるのと同じではないでしょうか。つまり、霊界とはピアノの発する音と同じように現界と単に構成する波動が異なるだけの、学校の学年のような経時並列的な世界だという認識なのです。そこに居る霊人の資質においても様々だと思っています。

というのは、今の物質世界がアセンションして5次元世界に移行する場合を考えてみても、この世と同じように様々な考え方をもつ人が、何のテストもなくそのまま移行するわけですから、霊界には当然、いろんなレベルの人がいるだろうと予想できます。霊界だからといって、霊人全てが正しいというものでもないでしょう。

あと、モンローにしろ、モーエンにしろ、スウェーデンボルグにしろ、「空間の中に生み落とされた自己」という「人間型ゲシュタルト」のままで、霊幽界を眺めていると思われます。霊幽界にこの世的な客観性を垣間見た時に、そこには客観的な空間世界が存在していると自然と見なしてしまうのではないでしょうか。そういう認識のままで説明されたのがフォーカス世界の描写かもしれません。「変換人型クレクレ族」であるヤッズ★がフォーカス世界で確認したいのは、まさにこの点なのです(爆)。

air_piano.jpg
(「エアーあやや」ならぬ「エアーピアノ」 鍵盤を触れずに音が出ます)

また、坂本氏の場合、最近の著書(『2012年 目覚めよ地球人』)では、ダースベーダーのような感じの銀河系のトップの人に、「お前は私の20人の息子のうち重要な5.6人の一人」と言われ、「ITクラスタートップ」だと言われたこと書かれていますが、これってどうなんでしょうか。あまりにも信用し過ぎじゃないのかな~。「霊人は嘘を言っている自覚がない」というのを考えるとねぇ。。。。

かつての高僧は、霊幽界の世界のことを「魔境に入る」といって危険視していました。イエスも荒野で悪魔に誘惑されたという逸話があります。近年でも、滝行等の修行者は修行中に観音さまや大日如来を見て「世に出て人類を救え!」と言われた話などたくさんあります。

そして、R・シュタイナーは霊界探索には何より「洞察力」が必要だといいます。

霊界のような想念だけの世界に入り浸った場合、その世界ではあまりに荒唐無稽な出来事が次々と起きるので混乱をきたしてしまい、この世に帰ってきた際にも、その体験から影響を受けてしまうと警告しています。

ですから、霊幽界をあまり神聖視したり、美化して宗教的な方向に持っていって真摯に受け取ってしまうよりは、「第一級のエンタメーントな世界」と考える方が相応しいのだと思っています。

そう、霊幽界とは、まさに吉本新喜劇なのです(爆)。
※註 東京ディズニーリゾートと言った方がイメージがよかったかな(笑)

涙あり、笑いあり、登場人物はどれもこれもトボケタキャラばかりなのです。

この世の陰謀を見抜けないような「洞察力」のないままで霊幽界という「魔境」に行けば、一発即KOだと思っています(爆)。今、闇の結社の陰謀が続々と暴露されてきていますが、アセンションというイベントと時期的にシンクロしているのは、実はこの世での覚醒というものが、アセンションには必要条件じゃないかと睨んでいます。映画マトリックスではありませんが、元々、そういうストーリで企画された世界が今のこの時代でしょうか(笑)。今の私たちはそういう世界を選んで生まれてきているのではないかと考えるようになってきました。スピ系プログに陰謀論を取り上げるのは必然の流れのような気がします(ニタリ)。
※註 といいながらも、この世は自分の信じる出来事が引き寄せられる世界なので、陰謀論的史観を持っていれば、当然、それを補強するような材料がゴロゴロ出てきます。実は、この世もあの世と同じ想念が形態化する世界だという認識をして眺めています。これが「変換人型ゲシュタルト」なのですね。

なんか、映画『マトリックス』の救世主論のようになってきましたね(爆)。

う~む、これ以上書くと、、、、坂本政道vs.ヤッズ★に突入しそうだぁ。。。。
なので、これ以上の過激な内容は封印しておきますね(笑)。

さてさて、この霊幽界、この世で一番似た事物はネットでしょうか!(笑)

物質体を持たずに情報だけで存在していますが、そこでは動画を見たり、書かれる文章に頷いたり、感銘したり、反感を持ったり、という体験を得ることができます。また、霊人のレベルがいろいろあるように、ブロガーにもいろんな人がいますし、いろんなジャンルやテイストがあります。嘘もあればホントもあるし、なにより、そのブロガーの人物像はブロガー自身が決めています。更に、他の人が見れるという「客観性」も存在していますし、また、ある場所に到達するには、ガイドの案内宜しく、リンクで飛べますからね~。

ヘミシンクは霊界ネットのプラウザなのです。

しかし、あるブログにはヘミシンクについて、こんなことが書かれていました。

********************************************************************
「死の技術(ヘミシンク)」を使う者は、「禅僧」のような精神を持った人でなければ危険です。たとえば白隠禅師のような遊び心がある僧がヘミシンクをしたら、人をだまそうとする悪霊を懲らしめることでしょう。そのくらいの遊び心や美輪さんのような反骨精神が必要です。美輪さんや江原さん、木村さんレベルの人は印象やヴィジョンを(「神との対話」のウォルシュさんのように対話することなく)受け取って即座に自分の言葉で話せる人だから相当な人だと思います。
********************************************************************

ヘミシンクは「死の技術」ですか!
確かに、霊幽界に訪れるのだからそうかもしれない(爆)。

ただ、この言葉使いには、意図的かどうか分かりませんが、「死に至らしめる技術」というニュアンスを言外に匂わせています。かなり脅し的に聞こえますね。ここでは「死後世界を体験できる技術」といい表した方がより適切ではないでしょうか。「死」をネガティブと受け止めるならば、この言葉は非常にネガティブに取れるので、「死」を「高次元」とか「超感覚世界」とかに置き換えてみると、そんなネガティブな気持ちもなくなります。

「超感覚世界の技術」これならどうでしょう(笑)

あと、危険だからするなと言っていては、人類は一向に成長などしないのではないでしょうか?人間の探究心は尊いのです。フグを食べて死んでしまった人がいるからこそ、今、こうして私たちは安全にフグを食べられるわけですし、宇宙空間に人類を送るまでに何名もの殉職がありましたが、それがあるからこそ、より安全性のある技術に高めることが出来ているのです。そして、その危険を乗り越えていくからこそ、白隠禅師のような人が現れてくるんじゃあ~りませんか?

物事には、何事も「正」の面と「負」の面があるものです。
「負」の面ばかりに、意識をフォーカスしても仕方がないのでは?

大体、TVに出る人でホンモノなどいない、、、、(ブツクサ)、ヤラセ(※演出ともいう)ばかりの志の低い職場には嫌~な波動を感じ取るはずで、ホンモノならば本能的に避けるはずなのだが、、、、(ブツクサ)、何故、霊能者と言われる人がこぞって反対するのかな~、皆が出来るようになったらオマンマ食い上げになるからか?それとも、インチキがばれてしまうからか?、、、、、(ブツクサ)

このままでは、美輪明弘vs.ヤッズ★になってまう、、、、(汗)
まぁ、背景にはこのような危険な事例が多くあったことからこそ、老婆心で言っているのだとは思っていますがね。


迷える霊(スピリット)との対話―スピリチュアル・カウンセリングによる精神病治療の30年迷える霊(スピリット)との対話―スピリチュアル・カウンセリングによる精神病治療の30年
(2003/02/23)
カール・A. ウィックランド

商品詳細を見る



さてさて、話は坂本本に戻りますが、坂本氏はヘミシンクでピラミッド解明を指示されているようですが、ヤッズ★には何かそんな使命があるのかどうか知りたいところです(笑)。自分では、多分こうじゃないかと感じているものがありますが、、、

それは、、、、、

インカの石組みの謎を解明

インカ
(この精緻さは驚嘆です)

ピラミッドの謎の解明よりは随分スケールダウンして地味ですが(笑)、あのカミソリの刃も入らない程に精緻に作り込んだ石組がどうやって作られたのかを解明したいですね。一般的な見解では、時間を掛け丁寧に作り込めば出来ると捉えられていますが、インカの太陽神殿にある水路遺跡では大石を20cm角の長方形で数百メートルも貫通させているばかりか、なんと途中で直角に曲がっている場所もあるそうです。

まるで巨石をアメ細工を加工するかのような容易さで加工しているのです。きっと、今の私たちが知らない高度なテクノロジーを持っていたと睨んでいます。逆にこれを解明すれば、ピラミッドの建造方法のヒントにもなるのではないかとも考えています。

インカ人の伝承では、あの石組はある薬品をかけ石を柔らかくして組んだといいます。この辺はヤッズ★が以前記事化したピラミッド・古代コンクリート説とも似ていて、非常に興味がそそらますが、実際のところはどうなのかを知りたいし、この現界で再現してみたいですね。

まぁ、こんなことを向こうでガイドに聞いてみたいです。
勿論、何故、ガイドは(結果論として)嘘つきとなる場合があるのかも聞きますが、、、、(爆)

こりゃ、名倉ガイドvs.ヤッズ★になるかな~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。