WEBBOTの予見

日経平均も7000円割れを起こして、先行きどうなるか心配し、いろいろ思案してます。

ラビバトラに答えを求めようか?
はたまた、日月神示に答えを求めようか?

そうだ!!! こんな時は信頼のWebbotだ!!!

Webbotは、マイクロソフトの元コンサルタントのクリフ・ハイが主宰するプロジェクトですが、ネット上に流れる単語と感情表現の緊密度から未来を予測する方法を取っています。人の潜在意識が未来を予知しながらも、気づかないまま何からの感情言葉をキーワードと関連させながら会話しているのをデータ処理して予言しています。まぁ、的中率は5割程度だという評価もあり、あらゆる予言のなかでは、その理論的な部分もあって、最高水準の未来予測です。

ordinateur.jpg

最新の予測が「ヤスの備忘録」にあったので、要約して時系列順にまとめ直してみました。

***********************************************************************
■10月18日に公開されたWebbotの予言 

●2008年末のハイパーインフレ
・11月の終わり~1月、金融当局の不手際で金融崩壊がより悪化しハイパーインフレへ
・ハイパーインフレは、翌年1月中旬から本格化し、冬~春にかけ尚一層悪化
・「ドルの死」に伴う「資産/口座凍結」で市場や企業が閉鎖
・連鎖倒産が一週間で東部から西部に一気に広まり、「一日」で多くの企業が倒産
・ハイパーインフレは、米国のデフォルト及び「ドルの死」宣言の一週間前ないしは8日前に発生

●「2009年地獄の夏」
・2009年の春、さまざまな機能障害が「連邦政府」と「軍」に発生
・混乱と無政府状態の中で既存の社会システムが崩壊
・米国では、多くの人が無人のショピングセンターや空家に住む状況となる
・2009年7月までに、2008年10月まであった「社会規則」が、変更を余儀なくされる
・2009年夏、あらゆる法が解体し再編成 (2世代または40年間続く)
・社会構造が劣化
・アメリカは世界の誰からも相手にされなくなり「孤立化」
・2009年から、食料・電気・エネルギー..等の供給は配給制に代わる
・「環境異変」による「天気」と「天候」の異変が発生
・食糧援助が「南米の民衆」からやってくる
・但し、物資不足は地域限定的な現象

●駐留米軍の解体
・米軍の資金供給が停止し、世界190ヶ国に駐留している米兵が帰還不能
・ある国ではその国の国民に同化、また、ある部隊は「自分の力」で「アメリカ本土」へ帰還
・この帰還は2009年の冬頃


ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-97.html#comment
***********************************************************************

う~む、凄まじい内容です。

映画『ザ・デイ・アフター・トゥモロー』の超マイナス寒波が押し寄せるが如き展開です。

確かにこんな迷惑を掛けられたら、孤立化というより村八分ですわ
金輪際、アメリカとは付き合いませんよね。

さてさて、肝心の日本は、この米国発の混乱に巻き込まれてしまうのでしょうか?

日本経済はアメリカべったりで、米国債を一番多く買っていることから、「ドルの死」が発生した場合、生保・銀行を中心に破綻は避けられないかも。。。。。。11月末の起こった米国のハイパーインフレは、短いタイムラグの後、12月には日本でも起き、あらゆる銀行と企業体の崩壊が年末には起きるかもしれません。

この津波のような危機状況を防ぐには、よほど政府首脳部が危機感を持っていて経済通であればいいのですが、、、、、、、株式相場の「前場(ぜんば)」を「まえば」と言ってしまった自称「政界一の経済通」であると吹聴する我が国の宰相如きでは、、、、、、(遺憾なく「素人振り」が露見してしまったじょ。。。。涙)

光は極東の日本からとラビバトラも言ってます。

そ、それは、、、、、、

、、、、、、

漫画好きな宰相が発案し、、、、、、

、、、、、、、

漫画本と兌換可能な、、、、、

、、、、、、、

今後、ドルに変わる基軸通貨たるべく用意された、、、、、、

、、、、、、、

萌え紙幣発行かもw

Lucky_star.jpg

まぁ、何らかの期待は持っていましょう。
(ヤッズ★は、日本が何らかの経済施政的リーダーシップを発揮すると睨んでますが、、、)
スポンサーサイト

世界同時多発デフォルト

ちょっと緊急で、記事を前後させました。

サブプライム問題に端を発した今回の世界金融危機ですが、サブプライム以上の時限爆弾、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)が後に控えているといいます。

■息潜める「危機の黒幕」 米深刻…CDS損失リスク
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200810170020a.nwc

CDSとは債務不履行(デフォルト)に陥った債権の損失分を補填をするデリバティブ(金融派生商品)で、まぁ、いってみれば保険みたいなものです。CDSは危険な債権でもリスクを押さえて投資できる点と第三者も自由に売買可能な点が特徴です。

もし、CDSの引き受け側がある会社の破綻を補填したことで一緒に破綻してしまった場合、その後、破綻した事例が起きても損失補填分の受け取りが出来ない可能性が出て来てしまい、カバーされてきたリスクが一気に顕在化してきてしまいます。そして、損失分が補償されない事態となれば、ドミノ倒しのように次々と破綻が広がっていくことは避けられません。

このCDSの引き受けを手広くやっていたのがAIGで、米国政府がリーマンを破綻させてもAIGを破綻させられなかったのは、これが理由だといいます。

問題なのは、このCDSの扱い量について何の規制もされなかったことで、破綻しそうな企業を見つけ出してきては、高い保証料(スプレッド)を得る取引を活発に行っていたといいます。現在、その取引総額が54兆ドル(5400兆円)もあるそうで、当事者でない第三者もこのCDSの売買が出来ることから、どのファンドに組み込まれているかさえハッキリせず、いつ急に破綻の火の手が上がってくるのか想像も出来ないのだそうです。
※註 新聞やマスコミがこういった危機をことさら煽るのも、危機感を演出して公的資金を投入させやすくする意図があってのことかもしれません。特に日本のマスコミは深層ではアメリカに協力的というか、実は、かなり忠実な僕なのです。

既に韓国は「外貨準備高」が減少し「流動外貨」に迫ろうという感じでデフォルト直前ですし、27日にはアイスランドのデフォルト(債務不履行)が確実視されています。

多くの国家、金融機関、企業への貸し出しには、このCDSで保証を付けした上で融資や投資がされているのですが、このような世界同時多発デフォルトが起きることを、CDS引受け手は全く想定外だったのです。

実体経済の何十倍もの規模でマネーがこういうデリバティブ商品という架空経済で流通している為、ここでクラッシュを起こした場合、その焦げ付き分が実体経済側に遺憾なく襲い掛かってきます。デリバティブという架空の世界の損失が実体経済に顕現化してくるのです。

既に日米欧の通貨当局は自国通貨を無限供給しドルを買い支えることを確約しています。今後、緊急処置的に資金注入が各金融機関に注入されるでしょう。その都度、莫大な紙幣を発行し資本注入するわけですから、実体経済以上の莫大な通貨が市中に流入し、紙幣価値が薄まることでハイパーインフレに至ると予想されます。

ハイパーインフレとは、つまるところ、国民の資産を減額させ負債の返却に充当させることです。

かつて個々の国で債務返還するために多量の紙幣を発行しハイパーインフレに至った国はありますが、今回のように世界各国が紙幣を大量に投入し、世界同時的にハイパーインフレに突入そしうな事態はありませんでした。これは全く予想もつかない展開なのです。

ラーメン一杯が3億円!になるやもしれません(涙)。

※註 日本の金融機関はCDSの引き受けに余り手を出していないことから傷が浅いということと、世界最大の債権国(貸し手)なのでデフォルト(債務不履行)には陥らないのですが、米国債を多量に保有している生保・証券・銀行等の金融機関はドル資産の目減りは避けられないです。当然、通貨先物等でリスクヘッジはしていると思いますが、債務先がデフォルトし、更にはCDS引受先もデフォルトすれば、焦げ付きは当然発生します、、、果たして今後どうなる???

motomachiramen.jpg
(名物レモンラーメン)

また、今回の世界金融危機によって、様々な問題が起こってきます。

■製造業の大幅減産に伴う失業者増大
今まで世界経済を牽引していた米国の旺盛な消費が、途端に縮小化したため、来年1月度以降の国内製造業の減産は驚きの一言です。日本では派遣業を中心に大量の人員カットが行われ、そういった失業者の難民が街中に溢れ、治安の悪化が予測されます。ただでさえ、ワーキングプアといわれているところに、収入の道が閉ざされるわけですから、その事態は深刻です。

(NEVADA 2008/10/26記事参照)
http://blog.livedoor.jp/nevada_report/

■銀行の「貸し剥がし」
今、既に金融機関の「貸し剥がし」が起きているともいいます。元々、金融機関(銀行)は「晴れの日に使わない傘(=お金)を貸し、土砂降りになるろ傘を取り上げる」といわれていますが、今後、世界的な不況に突入し破綻する企業が続出することと、CDS絡みの突発的損失に対処するために自己資本比率を高めようと、破綻可能性の高い企業を中心に貸し出し資金の回収を始めているといいます。これにより、更なる企業破綻と失業者が発生が予想されます。

傷の浅い日本ですら、このような状況なのですから、脆弱な経済基盤の国家からドミノ倒しのように次々とデフォルトしていき、やがてIMFの緊急融資すら追いつかなくなって、世界貿易センタービルが一気に崩落したように、資本主義自体、一気に瓦解してしまうのかもしれません。

既にラビ・バトラは1980年代に、共産主義と資本主義の崩壊を予測していました。

**********************************************************************

「どんなに遅くとも2000年までに共産主義は断末魔の苦しい革命を経て崩壊し、2010年までに資本主義は崩壊する。私のこの予測は『経済60年周期説』に基づくものである。貧富の格差が拡大する社会はまともではない。資本主義は美味しい果実を食べ過ぎたのである。」

「原油価格は投機バブルによって1バレル=100ドルを超える。しかしその後この『原油バブル』は崩壊する。」

「資本主義の崩壊(世界同時大恐慌)はアメリカ住宅バブル・原油バブルの2つの投機バブルのW崩壊から始まるだろう。NYダウは大暴落するだろう。搾取的資本主義は花火のように爆発する。それにより『貨幣による支配』は終了する。」

「世界同時大恐慌によって日本と世界は同時に崩壊する。その後の世界においては大恐慌による混乱期を経てプラウト主義経済による共存共栄の社会が実現するだろう。光は極東の日本から。」

ラビ・バトラ氏  (インド出身 経済学博士 サザン・メソジスト大学教授) 

2010年資本主義大爆裂!―緊急!近未来10の予測2010年資本主義大爆裂!―緊急!近未来10の予測
(2008/02)
ラビ・バトラ

商品詳細を見る

********************************************************************** 

まぁ、資本主義自体、その化けの皮を剥げば、人の欲望を「必要以上に喚起」しながら地球資源を物に替えて蕩尽していき、更に金利という収奪システムによって、冨を一極集中的に貯め込んでいくものに過ぎないのですから、こんな経済システムなど早々と崩壊していって正解かもしれません。

縄文時代には人の労働時間は4時間程度で、後の時間は豊かに楽しく余暇を過ごして、幸せに生活していたといいますが、それに引換え現代人の生活はどうでしょうか?機械化・情報化して効率化したとはいいますが、生活していく為により長い労働時間を強いられているのが現状です。

はたらけど

はたらけど 猶わが生活 楽にならざり

ぢつと手を見る

これは石川啄木の短歌ですが、今までの経済システムはこのようなものだった?
ぢつと手を見るのは、体外離脱中に肉体感覚を明確化にする際だけにしたいものです(笑)。

あるいは、あるニートの名言

働いたら負けかな、と思っている。

これは、ある意味、正解なのかもしれません。
スピでは日本は「世界の雛型」と言われていますが、こういったニートが現代の日本に多いのも、今後の世界趨勢を暗示しているのかもしれませんね。

そして、資本主義崩壊時には、きっとソビエト連邦瓦解時のような混乱が起きるでしょう。
(数年間は耐えねば、、、、)

まぁ、現行のマネー経済が破綻しても、戦争で焼け野原になったわけではないので、新たなマネーが流通さえ始めば、経済は再び元のように活動し始めると思います。ですから、あまり悲観化する必要はないですね。

これは、実は人類が次のステップにいく為の浄化作用なのかもしれません。

というのは、共同幻想であるこの物質世界に激的な変化を起こすには、こういった今まで信奉していた世界観を一気に破壊する出来事があってはじめて意識変化できるからです。

「日月神示」では、「金で世を治めて、金で潰して、地固めしてミロクの世と致すのぢゃ」という表現でラビバトラよりもずっと前の1960年代に共産主義と資本主義の崩壊を予言していました。そして、やがて半霊半物質の嬉し嬉しの「ミロクの世」となるといっていますが、これはきっとアセンション後の世界のことだと思います。


日月神示ミロクの世の到来―政治も経済も光り輝く5次元の世界へ (5次元文庫 な 2-1)日月神示ミロクの世の到来―政治も経済も光り輝く5次元の世界へ (5次元文庫 な 2-1)
(2007/12/11)
中矢 伸一

商品詳細を見る


その際には、「三千世界の大洗濯と大峠」と言われるような神界・霊界・幽界・物質界を含め天地がひっくり返るような出来事が多発するといわれています。

まぁ、生みの苦しみと解釈すればいいのかもしれませんね。

それまでは、生きてるだけで丸儲けと考え、耐え難きを耐え、偲び難きを偲んで、いくしか手がないのでしょう(ハァ)。

あまりネガティブな内容にフォーカスすると、そういったことを引き寄せるといいますので、あまり意識しない方がいいのかもしれませんね。実際、多次元世界的解釈からは、こういった出来事はヤッズ★の世界だけに起きているユニークでオリジナルな事例なのかもしれませんしね(爆)。

ここは脳を「快」にするのが得策かと、、、、、

では、そろそろヒマラヤ聖者を見習って、「おいしい生活」を改め「不食生活」でも始めるか!

で、でも、その前に、、、、、、、、、

あぁ、矢場とん喰いてぇ
(日月神示では「四ッ足食うな」と言っておろうが、、、爆)

瞑想レベル

釈尊は、瞑想の達人であったといいます。

仏教の瞑想には、目を閉じ座禅する「止(サマタ)瞑想」と日常の動きにサティ(気付き)を入れる動禅といわれる「観(ヴィパッサナー)瞑想」の2つがありますが、釈尊が「止(サマタ)瞑想」の深度レベルについて、誰にでも分かるように目印となる状態を詳しく説明してくれています。

下記に示すのは、その9つの段階ですが、上から下に行くにつれ瞑想深度が深くなっていきます。

**********************************************************************
(禅定レベル)

日常の世間的なことや執着がなくなり、悪いことから離れ、心を何か一点の対象に集中させた時から「色界初禅(=第一禅)」に入ります。

■色界四禅レベル (意識する対象物が必要)
 ・第一禅・・・まだ思考が働き、日常の執着から離れることから生じる喜悦・幸福感の状態
 ・第ニ禅・・・思考が消え、心が穏やかに統一されたことから生じる喜悦・幸福感の状態
 ・第三禅・・・ウキウキする喜悦感から離れ、心澄み渡った幸福感の状態
 ・第四禅・・・更に幸福感からも離れ、心の揺れ動きの無い状態

■無色界四禅レベル (意識する対象物は不要)
 ・空無辺処・・・心に遮る「対象物」がなく、虚空が広がった状態
 ・識無辺処・・・更に、心自体が遮られることがなく、果てが無い状態 (全てが一体化状態)
 ・無所有処・・・自分の心さえ感じられない程、「何もない(空)」状態
 ・非想非非想処・・・意識しようとする衝動さえ起きない程、精妙な状態
 
■想受滅(滅尽定)・・・全ての感受を断ち切ったスイッチOFF状態

最終段階の「想受滅」では、その間、身体機能はほとんど停止します。呼吸さえほぼ無く、細胞活動もほぼ完全に休止。よって、身体はカチンカチンとなり、ある僧侶が死んると思われて火葬されたというエピソードすらあります(笑)。

 44f098d2.jpg
(6ヶ月瞑想したままのラム・バハドゥール・バムジョン君(当時15歳) 当然、想受滅レベル)

(参照先:仏教的に正しい禅定の作り方)
http://www.j-theravada.net/sakhi/pali_sutta3.html
**********************************************************************

ただし、釈尊はこの最終段階の想受滅レベルに達していても、悟り、即ち、解脱(=成仏)は出来なかったと上座仏教(南伝仏教)はいいます。「止(サマタ)瞑想」は内面世界だけの体験であり、目を開け現実世界に戻れば、また再び煩悩に悩まされてしまうことから、所詮(しょせん)お遊びに過ぎないというのが釈尊の結論です。

その後、「観(ヴィパッサナー)瞑想」を自らオリジナルに開発し、最終的に菩提樹の下で解脱(=成仏)に至ったといいます。ですから、伝統のある仏教では「観」と「止」の両方の修行を行うのです。

あなたは、上の瞑想レベルのどこに到達していますか?

ヤッズ★はTM瞑想をしていましたが、このTM瞑想では自分が脳内で呟くマントラを頼りに思考の深くげ潜行していきます。意識を向ける対象が言葉であるため、少し瞑想しただけでその印象はスグに薄れますので、瞑想時に対象物が必要な「第四禅」は軽くクリアしていると思います。しかも、瞑想中は喜悦感や幸福感を感じたことがありません。その後は「頭だけになった状態」に達しますので、多分、第5段階の「心に遮る対象物がなく虚空が広がった状態」である「空無辺処」には達しているんじゃないかと思います。

う~む、まだまだ先があるし、観(ヴィパッサナー)瞑想も極めなければならぬのか。。。。
未だ道半ばといった感じです(涙)。

では、ここで少し「悟り」について、ヤッズ★の意見を述べたいと思います。

「悟り」といっても、ホントは別段、それほど大げさな出来事ではないのです。
ましてや、「悟り」は神秘的現象ですらありません。

要は「悟りを開く」とは、智慧の力によって煩悩の輪廻的迷いから抜け出すことが出来た状態のことで、あるがままに物事を見ることが出来、心動かされなくなった境地のことを指しているに過ぎません。そういう心の働きを促進する真理を得て自らの智慧とすることを「悟り」というのです。

「ん? 俺 何んでこんな事してるんだ?」

自分の感情やエゴが趣くままに押し進めていたことが、ある時、急にハッとして気づいて我に返ること誰でもあるかと思います。

こういう「今、ここ」を体得し、腑に落ちた瞬間、それは間違い無く「悟り」なのです。
※「悟り」と「大悟」は異なる概念。どちらかというと、「大悟」は神秘体験。

ただし、悟ったとしてもそれが日中ずっと継続的に維持出来るわけではありません。
ある場面では、煩悩に振り回される時もあるわけです。つまりは、一時的なものだったのです。

こういうのは、仮性開悟です(爆)。

これが常時悟った状態である「真性開悟」だったならば、決して日常の煩悩に心煩うようなことはないのです。サマタ瞑想という五感情報をシャットアウトした閉鎖空間内で三昧(サマディ)状態が出来た程度では、とてもじゃないが対処できないのです。そのくらい外界の情報に心は振り回されてしまうのです。心が煩わされないためには、この現実世界の情報を得ても高速コマ送りのように連続して「サティ」という気付きのツッコミを入れ、決して心を留め置かぬ「観(ヴィパッサナー)瞑想」という修行が必要となってくるのです。

そして、その状態が常時固定化された人が、真に悟った人、つまり、仏陀と呼ばれるのです。

ただ、仏陀になってもオナラはしますよw

では、なぜ人は悟ることが出来るのか???
このことについては、また次回の記事で! (合掌)

ピラミッド

ヤッズ★とカミサンには、ささやかな夢があります。
それは、エジプトに行ってピラミッドを、直にこの眼で見ることです(キラリーン)。

pira02SS.jpg
(手前から、メンカウラー王、カフラー王、クフ王のピラミッド)

ヤッズ★の場合、遡れば、アガサ・クリスティ原作の『ナイル殺人事件』の映画を見て、是非、行きたいと思ったのが発端という程度のカンタンな動機です(笑)。

ナイル殺人事件 デジタル・リマスター版(ユニバーサル・セレクション2008年第11弾)【初回生産限定】ナイル殺人事件 デジタル・リマスター版(ユニバーサル・セレクション2008年第11弾)【初回生産限定】
(2008/11/13)
ピーター・ユスティノフベティ・デイヴィス

商品詳細を見る

(ガネ腹の名探偵、エルキュール・ポワロw)

いまから2000年前の紀元前数年の頃には、ピラミッドのあるギザ大地は既に観光地化されていて、プラトンもピラミッド観光に訪れたといいます。

ピラミッドは世界最古の観光資源なのです。

日本人に生まれたのなら伊勢参拝が欠かせないように、地球人に生まれたならピラミッド参拝は欠かせないものだとヤッズ★は考えています(爆)。

それにしても、ピラミッド建設には未だコレとういう決定的な建設方法が出ていません。伝承では古代人が音を使って巨石自らが浮くように移動させたとあります。また、イースター島のモアイも同様に、音を使って自らが移動したといいますが、この真偽は分かりません。しかし、大人数を効率よく統制して動かすには、ドラや太鼓の音でリズムや指示を伝えるのは、映画『ベンハー』のガリラヤ船のシーンを見ても分かるように、とても優れた方法です。「音によって移動した」とはこれが歪曲され伝わったものものかもしれませんね。

建設方法が分からないにしろ、この事業がどのくらい大変かを少し試算してみました。
一応、主流と言われる「王墓説」から考えてみますね。

大ピラミッドには、平均2.5tの巨石を計280万個使われています。これを王墓とした場合、その建設を指示した王が死去する前に完成しないと意味がありませんので、在位期間を30年としその期間全てを建設期間と見做し、また、1日の労働時間を日が昇り日が沈むまでの10時間として計算しました。

建設に費やした総時間は、

   30年*365日*10H = 109,500H

この時間で230万個の石を運ぶわけですから、

   2,800,000個/109,500H = 25.6個/H

つまり、1時間当たり21個(平均)の石を積み上げていくことになります。
2分に1個の割合です。
これを大変な高精度で高さ146.6m(クフ)まで積み上げていったわけです(笑)。

最近唱えられている説では、作業従事者が奴隷ではなく農閑期の農民であったといいます。これなら、さらに建設期間が短くなってしまって、1分に1個のスピードになります(驚愕)。しかも学会の通説では、石切り場場では石を粗くカットし、ナイル河の氾濫を利用して筏で近くまで運び、現場で石を綺麗に形を整え、長大な傾斜路をコロを使って1つ1つ設置したといいます。

これがホントなら、物凄いハイスピードの工事です。
ほとんど人間技じゃない気がします(爆)。

世界には巨大な建設物は幾多もありますが、それらは同時作業すれば工期も短く済みます。しかし、ピラミッドの場合は上に行くほど段々狭くなっていますので、同時作業が出来ないのです。しかも、出来た建築物は大聖堂のように内部がガランドウな空間ではなく、中身がぎっしりと詰まったものなのです。ここが他の巨大な建設物と大きく異なる点なのです。

Luxor Hotel
(ラスベガスにあるホテル・ルクソール クフと同じサイズだが中は大空間でアトラクションがある)

このピラミッド建設事業は、火星に探査機を送れるほど科学技術レベルが高度に発達した現代でさえも、かなり困難な大事業なのです。クレーン、ブルドーザー、削岩機、ヘリコプター...等を使わずに、当時保有の技術だけで行った場合、現代建築家には不可能なのかもしれません。

さらに、頭頂部に設置するキャップストーン(冠石)は20t近くもあり、ヘリコプターの無い当時、あの巨大な石をどのような方法で登頂に設置したか、その方法解明は全くお手上げ状態です。

設計者のイムホテップは、なんとも偉大なアーキテクチャです。

meidomu12SS.jpg
(キャップストーン)

でも、視点を変えると実はカンタンだったりします(ニタリ)
ピラミッド建造方法として、ヤッズ★がイチオシなのは以下の説です。

1980年中頃に、フランスの応用化学者ダヴィドヴィッツ博士が提唱した説に、「ピラミッドはコンクリートブロックで出来ている」というのがあります。砂漠の砂を現場で固めて置いたというものです。これならば、重い石を運ぶ手間がかからないので、建造はエジプトの通説通り10年程度で可能です。


■人造石の根拠
1)ピラミッド外殻石と採石場の石の成分が不一致(非結晶質のシリカの存在)
2)同じノミを研がずに何度も使用した形跡。石灰石に水を掛け軟らかくし小さく砕いて運んだ。
3)ノミだけで膨大な石を同一規格かつ滑らかな表面加工は不可能(型流しの人造石なら可能)
4)ピラミッドの石の中から異物が発見された。
  a)動物の毛と見られる繊維(強度アップ?)
  b)押し潰された形の気泡がある(自然石には滅多に存在しない。あっても球型)
  c)植物の残骸(混和促進剤?)
  d)無秩序に入り交じっている化石(自然石なら一様)
5)人造石を作るための原材料等を記した碑文がある


ピラミッド、コンクリート建造説は物凄く説得力があります。

これならば、大方の疑問は解けてしまいますね♪ 実際、ピラミッドの石材と石材の結合にモルタル(焼き石膏)が使われていたぐらいですから、当時でも、こういう知識は充分あったと思います。他のピラミッドは日干しレンガ...等で造られているので、この三大ピラミッドだけが自然石作られるというのも不自然な話です。

さらに、石の運搬方法もコロではなく、石の外側に木枠をはめ込んで全体を車輪状にして転がせば、2.5トンもある石だって数人でカンタンに移動が可能です。これなら長大な作業用傾斜路も不要になりますね。

■ピラミッドの石運搬はスカラベ方式(糞コロガシ方式)
http://x51.org/x/03/07/2927.php

コンクリートというと現代技術のように聞こえますが、確かに現代のコンクリートは誕生から200年しか経っていません。しかし、コンクリートは既に2000年前、ローマで実用化されていたのです。そして、至るところで使用されました。(※中国・西安の住居跡では5000年前のコンクリート床が発掘された)

ローマ市内にパンテオンというドーム型の建物があるのですが、これは紀元前25年頃に建てられたもので、既に建設後2000年以上経っています。この建物のドーム部分がコンクリート製(ローマン・コンクリート)なのです。有名なコロッセオやローマ水道にも、このローマン・コンクリートは使われています。

パンテオン
(パンテオンのドームは重量を軽減させるために、凹み模様になっている)

コンクリートというと現代技術のように聞こえますが、要は石灰(セメント)と砂利と水を練っただけものです。ローマではここにベスビオ火山の火山灰を混ぜていますが、この火山灰が粘りを出し、セメントの混和を促進するのです。ローマン・コンクリートは現在のコンクリートの2倍の強度があるといわれますが、ローマ帝国滅亡後はあまり使われなくなりましたが、、、、

このような強固なコンクリート技術があったからこそ、ローマ帝国があれほど繁栄したと言っても決して過言ではないのです。

翻って現代のコンクリートはとうかというと、雨水や地下水の浸透等でコンクリ表面からカルシウム成分が溶け出し劣化が進行する為、寿命が100年程しかありません。しかし、古代コンクリートは表面が炭酸カルシウム化して滑らかになっているため、水が浸透せず成分溶出が起きません。また、強度劣化の最大の原因である経時腐食する鉄筋を内部に使っていないから、寿命が長いのです。

このような高耐性な古代コンクリートの特徴に学んだ次世代コンクリートが、最近、脚光を浴びています。

■寿命1万年のコンクリート
http://www.kajima.co.jp/news/digest/feb_2007/tokushu/toku01.html
■金属のように曲がるコンクリート
http://www.kajima.co.jp/news/digest/feb_2007/tokushu/toku02.html
■軽くて超強度なコンクリート
http://www.kajima.co.jp/news/digest/feb_2007/tokushu/toku03.html
■自然と共生するコンクリート
http://www.kajima.co.jp/news/digest/feb_2007/tokushu/toku04.html

今後、日本発で巨石文明が再び興るかもしれません(爆)。

欧米から「ウサギ小屋」と揶揄される日本の住宅ですが(笑)、寿命1万年のコンクリートを使って、災害でもビクともしない広々とした住宅を大量に建設したり、スタジアムや道路や橋などの公共設備も維持コスト、廃棄ゴミが発生しないインフラ(社会基盤)を構築、新陳代謝が低く、環境に負荷を与えず、自然と共生した成熟化した低炭素社会の建設こそ、今後の日本の行くべき方向だとヤッズ★は確信しています。

千年王国ならぬ、万年王国の建設です(爆)

だから、、、、、

麻生総理、国の為にセメント無償提供せい!

そしたら、ローゼン・コンクリートと命名しちゃるw

ヒマラヤ岩塩

あるところ(動画)で、ヒマラヤ岩塩を毎日数粒食べると健康にいいという話を聞きました。
鉄分、マグネシウム...等、必要なミネラル分をこれで簡単に摂取できるそうです。

ヒマラヤ聖者に憧憬しているヤッズ★には、ヒマラヤという言葉を聞くだけで、俄然、反応してしまいます(爆)。

■http://video.google.com/videoplay?docid=7871893797534145420&hl=en
(1:14:00あたりから)

ヒマ01
(この下に膨大な岩塩層があるのか、、、、)

川口喜三郎氏も「塩は毎日たくさん取った方がいい!」ということを言っていて、その一環か、元々の本業かは分かりませんが、『なにかのご塩』という天然塩を販売しています。まぁ、ヤッズ★はセールストークだろう程度の感覚で聞いていたので買ってはいませんが、、、(爆)。

でも、ヤッズ★は「塩浴・塩シャン」を始めて既に1年以上経ちますが、塩の効果に驚くことしかりです(スマイリー姐さんありがとうです)。しかし、未だ塩を体内に大量摂取することは無く、また高血圧になったらどうする?といった抵抗感もありました。(塩水大量に飲んで、洗腸したことはありますがw)

塩分摂り過ぎは本当に問題ないのだろうか?
天然塩に含まれるミネラル分はたかが数%程度なので、別にサプリ服用でいいんじゃないか?

沸々と湧き上がる疑問とヒマラヤ岩塩自体、何なのかを知らないので、一度、調べてみました。

ヒマラヤ産天然岩塩は、3億年前、インド大陸とユーラシア大陸がまだ離れていた頃、インド大陸が地殻変動によりユーラシア大陸にぶつかり、間に広がっていた海が閉ざされて巨大な海水湖となり、それが干上がった後に、ユーラシア大陸が上に圧し掛かってきてそのまま大岩塩層としてヒマラヤ山脈に閉じ込められたそうです。鉄分・カルシウムが豊富で栄養価が高く、肉や魚の旨み成分を素材に閉じこめるため、お料理が一層美味しくなるとのことです。

でも、一口にヒマラヤ岩塩といっても、実は種類がいっぱいあるんです。

どうも堆積した際に重量が重い物質(鉄等の各種ミネラル)を含むのが下層の方に堆積していて、層を成しているようで、それが色の違いとなっているようです。

その各層の特徴を記しますと、、、、、、

■ブラック
硫黄成分は入っている。各種ミネラルを豊富に含有しているため、食用としても使えるが硫黄成分が多いためワイルドな味となる。


■レッド
ヒマラヤ岩塩の中でも一番色が濃く甘味のある岩塩。色が赤くなるほどピリピリした塩辛さは無く、独特の甘みと食材本来の味を引き出す。


■ピンク
ピンク岩塩(ピンクソルト)はヒマラヤ岩塩の中で一番採掘量の多い一般的な岩塩。薄紅色は鉄分固有の発色性質によるもの。


■ホワイト
別名クリスタル岩塩。ヒマラヤ岩塩の中では最も色が馴染みやすい岩塩で、業務用などとして幅広く使用。家庭用としても抹茶や梅などに混ぜてたり、そのままでもOK。


カクセンジャーSS
(なにやら、覚醒戦隊・カクセンジャーのような品揃えだw)

また、販売されている天然塩の90%は海水を煮詰めた「海塩」ですが、海塩に多く含まれるミネラル主成分の塩化マグネシウム(=にがり)と硫酸マグネシウムは、高血圧の原因になることが医学的にわかっていますが、ヒマラヤ岩塩には、このにがり成分が僅か0.1%以下と極度に少ないのです。これは、①にがり成分が容易に水に溶けるため、長い年月によって洗い流された。②1.000℃以上のマグマ熱が加えられ変化したという理由付けがありますが、このことにより、摂りすぎによる高血圧が起きないというわけです。

ほほう、これなら問題なさそうですね♪(一安心)

また、酸化還元力が-380mvと強いのもヒマラヤ岩塩の特徴。酸化は肉体が疲れる、老化する、病気になる等、身体がサビついてくることですが、 酸化還元力とはその酸化した身体を還元して、元気になる、若返る、健康を保つ、美しくなるという効果があるそうです。

■アンチエイジングの鬼 (酸化還元力の比較実験)
http://plaza.rakuten.co.jp/korrida/diary/200707310000/

ただ、ヒマラヤ岩塩で食用に適するのは10%で、あとは砂などの不純物が混じったものが90%にもなります。こちらはバスソルトとして使用されますが、あまり安いからといって飛びついて買うと、実は入浴用のを買ってしまって、後でパンツに砂が溜まるような事態だけは避けねばなりませんね(爆)。

カクセンジャー・ブラックのヤッズ★としては、ここは是非ともブラックを購入したいところですが、硫黄臭は好きじゃないので、一般的で入手し易いピンクソルトをチョイス。

でも、健康食品店で買うと結構高いという話なので、最初から「KALDI COFFEE FORM」という輸入食材店で食用の「ヒマラヤ岩塩」と書かれた袋を315円/300gで買ってみました。

っていうか、これしか売ってなかったです(涙)。

ひま
(これは、レッド~ピンクぐらいの層かな)

見た目は汚いピンク色(?)をしています(爆)。
う~む、これはピンクソルトか???

ピンクソルトはヒマラヤ岩塩の階層より、2億年ほど上の階層にあたり色も紫から紅色を経て赤と桜色の中間あたりの岩塩を切り出したもので、塩化ナトリウムを65%から 70%しか含まないヒマラヤ岩塩と違い、ピンクソルトは 90%塩化ナトリウムを含んでおり、普通の塩と同じように使えるとのことです。

1粒舐めてみると、辛くて大変ですw。
この辛さはピンクかもしれない。。。。。。。

動画をよーく見てみると、動画の方が塩の色が濃いように見えます。

う~む、あの動画はピンクソルトじゃないような。。。。。
やはり、ブラックか、レッドか。。。。。
健康食品店で買うと数千円するという話から、きっと、あれは採掘量の少ないブラックだろうな。。。
違うの買っちゃったかな。。。。。。(ショック!)

で、ブラックソルトについて、もう少し調べてみると、、、、、

ヒマラヤ岩塩は、ブラックソルトとも呼ばれ、ヒマラヤ山脈などの南側で採掘することが出来る天然岩塩である。多くのミネラル分を含みながら、ニガリをほとんど含まないため、味はまろやか。岩塩の色は紫色でこれを粉状にして食べる場合が多い。ヒマラヤ岩塩は、現地では薬の原料としても用いられ、整腸作用や殺菌作用があり、腸内感染の予防にもなるといわれている。また入浴剤として、お風呂に入れて使うこともあり、お風呂に入れた場合は肌をスベスベにし、体を温めてくれる作用がある。

サイトによって言葉の定義はマチマチですw
4種が全てヒマラヤ岩塩というサイトがある一方、ヒマラヤ岩塩とピンクソルトは別物扱いのサイトがある。

でも、1つだけ分かったことが、、、、、

やはり、ブラックが最強!!!(ふふふ)
(だが、異臭がするというのはなぁ・爆)

でも、動画の袋の色が気になるなぁ、、、、ラベルの色、確か紫色してたぞ。
パープルなんてあったっけ???

で、探してみましたら、ありました(爆)。

■ヒマラヤ岩塩・紫塩
http://www.idm-ne.com/aitem/himaraya_ganen/

なぜ紫琥珀色をしているかというと、マグマの高熱によって変化した結晶化した結果であり、着色したわけではないそうです。高熱で変化した塩なので酸化還元力が高く、身体のサビを落としが可能なのだそうです。確かに、塩は焼けば酸化還元力は高まりますからね~。納得の話です。

ってことは、紫色になってないのはマグマの熱が加わってないことになるから、酸化還元力が弱いってことになるのかな?、、、、、、、ピンクや、レッドじゃ、まだ役不足ってこと???(※コレらも、にがり成分は少ないので多量に摂ってもいいと思うが、こと酸化還元力ではパープルに軍配が上がる? ちなみに、ピンクは-170mv、ブラックは-219mvだそうで、パープルの-380mvには遠く及びません。)

う~む、パープル最強ってことかい!?

(PS)
さらに希少価値のあるゴールドまである。。。。。
http://item.rakuten.co.jp/pika831/sol-04/

巨大UFO

11月14日、、、、、、生憎のくもり空でしたが、とうとう念願の

超巨大UFO キターーーーー(゚∀゚)ーーーーー!!!

巨大UFO

それ、USOちゃいまんがな、超巨大KUSOですがなw

まぁ、14日は何もなく終わったのですが、実は米国での14日だったといい、時差のある日本では15日に相当するとのことです。

この11/15といえば、昨日報道があったのですが、日本では下記のようにATMに警官が大量配置されるそうです。メインは東京ですが、地方にも大量に配置されます。

振り込め詐欺対策としては、「ちょっと過剰配置し過ぎだろ?」という感じがしないでもありません。

だいたい、こう大規模にやっては当日、詐欺を働かず休止すればいいのですし、また、警官のいないATMを探し出せばいいだけのことです。なんあ、あまり効果が無いように思います。

*********************************************************************
■東京の全ATMに警官配置 警視庁、3分の1以上動員

振り込め詐欺被害を完全に防止しようと、警視庁は10日、集中警戒日と定めた15日に1万5000人を動員し、東京都内約1万2000カ所の現金自動預払機(ATM)すべてに警察官を張り付けると発表した。

全国の警察で最大規模の警視庁でも、警察官は約4万3000人。当日は全体の3分の1以上が銀行やコンビニなどのATM前に立つことになる。

高齢者らに積極的に声を掛けて被害防止を図るほか、金を引き出す「出し子」の発見に努める方針で、同庁刑事部の山本仁参事官は「力業で警戒し、振り込め詐欺グループがいれば、誰かが見ているという態勢を取りたい」としている。

15日は年金の支給日で、警察庁は「被害ゼロの日」として集中的に警戒するよう全国の警察に指示している。

警察庁によると、15日は全国のATM約9万8000カ所のうち、警察官が巡回する所も含め約8万1000カ所を警戒することになるといい、全国で約5万6000人の警察官を動員する。

■神戸新聞NEWS
http://www.kobe-np.co.jp/knews/0001514498.shtml
*********************************************************************

これは振込み詐欺防止を名目にしただけで、本当は別の目的がありそうです(爆)。

いったいぜんたい、この日に何かあるのだ???


■CASE1 米国発の金融メルトダウンで大和生命の破綻に続き、超大手銀行も破綻し、邦銀全体に危機が及んだた為、被害を抑えるための
預金封鎖か?(←ATMの電源切ればいいだけだがw) 


■CASE2 超巨大UFO来襲で、金を持って逃げる人が続出するため、ATM前でパニック発生し
取り付け騒ぎか?(←金持ってどこ逃げるw)


■CASE3 過去最大の2008年償還期限の国債140兆円分の原資として新規国債発行するも、今回の金融メルトダウンで引き受け手が全くいなくなってしまったお陰で、
日本国デフォルトか?(←世界最大の債権国が債務不履行は有り得んw)


■CASE4 金融メルトダウンによる信用不安に対し、負債を減免して未然防止の意図で
デノミ実行か?(←う~む、有り得そうw) 


ヤッズ★が妄想を働かせても、全く想像も付きません(笑)。
明日になれば、分かることでしょうが、、、、、、、

まぁ、話は10月14日UFO来襲について戻しますが、チェネラー・グッドチャイルド女史と同じようなことをマシュー君も言っています。

①巨大UFOが10月14日に現れる
②今後、NESARA法案が発布される
③地球がアセンションする(今回の金融メルトダウンはその影響)

■玄のリモ農園ダイアリー
http://moritagen.blogspot.com/2008/09/blog-post_19.html

う~む、マシュー君の文章には引かれるものがあるなぁ。。。。。。
これが本当なら、凄いことになるぞ(爆)
(実際、マシュー君の他の内容の的中率はどうなのだろう?)

まぁ、とりあえず明日15日も天を眺めていましょうか!

天国の真実―マシューが教えてくれる天国の生活 (マシューブック)天国の真実―マシューが教えてくれる天国の生活 (マシューブック)
(2006/10)
スザン ワード

商品詳細を見る

10.14

9.11ではありませんが、10月14日は歴史に残る日となるやもしれません(爆)。

そんな人類待望怒涛の日が、明日と迫ってまいりましたw。

以前、ヤッズ★は「ファースト・コンタクト(2008/10/14に超巨大UFOが来る?)」という内容の記事を書きましたが、最近、『日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日』、『ヤクザ・リセッション -- さらに失われる10年』等の著者で日本の闇に鋭くメスを入れた有名なジャーナリストであるベンジャミン・フルフォードさんブログにも、このことが書かれてました。

日本マスコミ「臆病」の構造―なぜ真実が書けないのか (宝島社文庫)日本マスコミ「臆病」の構造―なぜ真実が書けないのか (宝島社文庫)
(2006/10)
ベンジャミン フルフォード

商品詳細を見る

(米国の意のままの日本のマスコミ  一連のUFO誘導報道はこの日の為かw)

彼の記事内容を転写しますと、、、、、

*********************************************************************
10月14日説について

世界各国の様々な霊能者が10月14日巨大宇宙船が地球に到来すると言っている。それは愛や平和、希望を意味し、地球を救いに来るものであるという。先日私のところにオーストラリア原住民団体の指導者達から資料が届き、そこにも「14日に何かが起こる」と書かれてあった。彼らの民族は超能力があるそうだ。そしてこの予言では、別の扉が開き多くの人類が別の次元に行くと言われている。しかしこれは自ら望む人達だけだそうだ。

14日説を煽るもう一つの可能性として、アメリカの人工的世紀末の演出も考えられる。KGBのウェブサイトではアメリカ議会が刷った金融救済のための8500億ドルはエリア 51につぎ込まれたという。この法案を通さないと軍部はクーデターを起こすと言っていたが、実際に法案が通りエリア51につぎ込まれたので何かを完成させようとしている可能性も高い。

14日に何かが起きるかどうかはその日になってみないとわからない。何も起きなかったとしても今月、来月は激変の月になりそうである。また私は宇宙人に実際に会ったことがないので、「存在する」のか「存在しない」のかどちらとも言えない。しかしもし本当に彼らが地球を救いに来るのであれば来れば良いと思う。その際は約束通り、皆の前で帽子を食べます。

■BenjaminFulfordブログ
*********************************************************************

10/5の件もそうですが、何か起こるといって起こった試しはありません(爆)。
特に、この10/14の巨大UFOの件は、ヤッズ★は非常に懐疑的なのです。

『涼宮ハルヒの憂鬱』では、ハルヒが発生させた閉鎖空間に向かうキョンと古泉一樹を載せたTAXI内での会話にも出てくるのですが、外宇宙の存在は、それを観測できるようになる程の知性・技術を発達させた人類が登場するまではそれが明らかになるのを待たねばなりませんでした。

しかし、その間の何百億年、宇宙は存在することに何の意味もなかったことになりますね。宇宙は人間がいて初めてその真価が現れてくるわけです(笑)。

これは、逆に人間がこれほどの知性を得たからこそ、宇宙が存在するようになったという考え方もできるわけです。このように全てを人間中心に解釈していく考え方を『人間原理』といいます。ヤッズ★はこの考え方が好きなので、宇宙は意識と連動したものであり、実は外宇宙自体、太陽系の合わせ鏡のような虚妄な空間がただ広がっているだけだというオコツト説にとても心酔しているのです。

だから、宇宙人なんていないw
(金星人や水星人...等の太陽系内異星人はいるけど、、、、爆)

まぁ、巨大UFO来たら来たで面白いですが(ベンジャミンの帽子を食べるシーンの動画も見れそうだしw)、世界各地のスピ指導者が連動してここまで大規模な動きがあると、逆に「何か裏があるのでは?」と考えてしまい、より一層胡散臭さを感じてしまうのです。

ヴァーチャルな宇宙人襲来の演出があるかもしれませんw

その為に、一生懸命、大気中にケムトレイルを撒いていたのか!(爆)

大気中に散乱した重金属が何らかの反応を起し、天空がオーロラのように光輝くかもしれないし、天空が巨大スクリーンとなって、超巨大なUFOの群れを映し出すのかもしれません(←妄想しすぎw)。

そういえば、2006年10月17日の「ミッション1017」、2007年7月17日の「ファイヤー・ザ・グリッド」の時もそうでした。凄いことが起きると言われていても、当日、実際には何も起こりませんでした。その後、そういった話を取り上げていた各ブログは、「無かったこと」として過去を書き換えてしまったのではないかと思える程の静まり返りようでした。

こういったスピ的イベントは、多くの人から発生する感情エネルギーをある出来事に意図的に流して使う勢力が存在していて、こういった話を流しているという説すらあります(ファイヤーの時は株価だったとか、、、)。ただ、今回の場合、別に瞑想や祈り等は要請されていないので、ちょっと内容的には違うかなぁ、、、、という気はしますがね。

もう1つ、ヤッズ★が猜疑している点は、何月何日という場合、地球は丸く世界各地で時差があるため、日時指定には場所指定が欠かせないのはずなのに、このことが省かれている点です。このことは前記2つにも言えていました。

嘘はデカイほど大衆は信じるものw

万一、本当に宇宙人がやってきても、そのUFO搭乗員は地球が丸く各地に時差があるのを知らない程、知性が低い宇宙人なのかもしれない(爆)。

と、突っ込み入れながらも、結構期待して楽しんで待っているヤッズ★ですw


さぁ、巨大UFOのお次は何でしょうか???

、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、

巨大惑星(伴星)

プラネットX(ニビル)かな~♪
(実はこっちの方は、オコツトも語ってるので信じてますが、、、w)

白装束
(ニビル近づいても、白装束は必要ないw)

※註 オコツトによると、それは太陽系が上の次元に上昇するから起きることで、そのときまでは見えないし光輝くこともないと言っています。また、太陽系と原子構造はイデア世界から異なる空間サイズに投影された映し絵みたいなものであるとも語っていますので、水素原子Hがもう1つの陽子と結合してヘリウム原子Heになる現象、あるいは、中性子と結合して重水素(ジュウテリウム)2Hになるような現象と同じなのではないかとヤッズ★は睨んでいます。ですから、このニビル来襲時に時を合わせるかのようにガイア・アセンションがあるということは、実は、偶然ではなく必然なのでしょうね。



事実、10番惑星はほぼ確定の内容です↓↓↓ でもサイズは小さいぞ(地球の1/4程w)
■読売新聞(2008.2.28の記事)
http://blog-imgs-12.fc2.com/m/i/r/miraihenomitisirube/img005_convert_20080228202158.jpg

イルカ・トレーナー体験

10/11土曜は、当選したイルカの調教体験に行ってきました。
(調教するのは、Jr.だけですが、、、笑)

場所は「南知多ビーチランド」という名鉄系のレジャーランドで、ヤッズ★は、ここでは実際にイルカに触れることが出来るのがウリというのを知ってはいましたが、訪れるのは今回が初めてです。

到着して、唖然としたのは、その規模の小ささです(爆)。

ディズニー・シーに行った目から見てしまうと、とても貧弱に思えてしまうのです。昔ならそれでよかったのですが、今はレベル差というか、そういうのが誰の目にも歴然としてしまい、無意識に比較してしまうのですね。これは、日本の遊園地全てにいえてしまいます。

う~む、ディズニーは罪作りだなぁ。。。。。。

まぁ、そんな第一印象を持って園中に入ったのですが、最初の建屋の中に大水槽があり、そこでは他の魚(マグロ?)の大群の中にスナメリが3頭いて、いろいろ他の魚をからかっているのを目撃しました。魚をガラス面に自分の体を使って押し付け、動けないようにして頭をゴンゴンと叩いているのです(笑)。

スナメリSS
(魚にチューしてるようにも見えるw)

鳥羽水族館では単体で水槽に入れられているため、こういったユニークな行動は見ることはできません。逆に、ヒマなのか口で空気のワッカを作るのを目撃できます。スナメリを見ることができる水族館は、全国でもそう多くはありません。東海地方では、ここ南知多ビーチランド、鳥羽水族館の2つだけです。

ヤッズ★は、バンドウイルカも好きなのですが、ユーモラスな表情をしている点から、スナメリやベルーガ等の白イルカが好きなのです。

スナメリ02SS
(口から空気のワッカを出して遊ぶスナメリ 伊勢湾三河湾には2000頭生息)

まぁ、そんなウキウキして屋外に出たのですが、そこで直径8m程の噴水プールを見てビックリ!

バンドウイルカが2頭いるではないか!!!

こんな近くで泳いでいるとは、、、、しかも、噴水池に、、、、、
イルカがボールを外に投げて出してきたら、イルカとキャッチボールもできる。

その後、「ふれあいタイム」というのがあって、15分間、イルカ、アザラシ、アシカ...等に直に触れ合うことが出来る時間があるのですが、お立ち台に上がった女性スタッフが開始のカウントダウンを始め、音楽も急に軽快な音楽に変わり、とっても盛り上げてくれます。う~む、なんかパチンコのフィーバータイムのノリだなぁ。。。。。(爆)

振れ合いSS
(目を閉じていて、気持ちよさげな顔をしている)

園内は狭いからか、もう見るものがなくなってしまったので、横に2006年に併設された「おもちゃ王国」に移りました。ここでは、回転木馬、バイキング、ミニコースターといった子供向けの遊具の他に、プラレール、リカちゃん人形、体感ゲーム..等、各メーカーとタイアップして無料で遊べるハウスが点在しています。

その中で、こんなものがあった。。。。

アンパンマン NEWフラッシュフィーバーパチンコDXアンパンマン NEWフラッシュフィーバーパチンコDX
(2005/10/31)
不明

商品詳細を見る

(マジよく出来ています。 かなり真剣にやってしまったw)

これを真剣にしている幼児の姿は、なかなか微笑ましいものがあります。
将来の姿が想像出来そうで、、、(爆)

あと、気に入ったおもちゃにはこんなのがありました。

スーパーサッカーDXスタジアム日本代表チームモデルスーパーサッカーDXスタジアム日本代表チームモデル
(2005/09/17)
不明

商品詳細を見る

(コンソールゲームのサッカーもいいが、今はこういうのが新鮮)

スーパーサッカースタジアム専用プレイヤーフィギュア日本代表チームヴァージョン2ホームスーパーサッカースタジアム専用プレイヤーフィギュア日本代表チームヴァージョン2ホーム
(2005/08/27)
不明

商品詳細を見る

(上のプレーヤーをリアル・デフォルメ・キャラに出来ます。この出来栄えは萌~ですw)

さてさて、食事も終え13時になったので、Jr.に長靴を履かせ、調教体験の集合場所に集合です。そこには、今回の応募で当選した15名が揃い、おにいさんに案内されて、まずはイルカについての講習です。耳、鼻の位置、視力(0.1で白黒とか)、オス・メスの見分け方から始まり、エコロケーションの仕組み(あご骨を使った音の受信、その後、その実験)、体温測定の方法とか、、、

講習も終わり引率の父兄と別れて、一行はイルカが飼われている水槽に行きイルカとボール遊びをしていました。(ヤッズ★とカミサンは少し離れたところから、ピーピングしてましたw)

その後は、建屋の中に入っていったので、よくはわかりませんが、Jr.の話によると、餌となる小魚が保存されている氷点下マイナス24度の保冷庫に行ったり、小魚の体内に釣り針...等の金属が含まれていないかを金属探知機使って検査する作業(1度で検出できない可能性があり、2回通すとのこと)をしたといいます。

そんな裏方の作業を見学と体験してきた後、14:30から始まるアシカ・イルカ・ショーを一緒に見学です。ショーが終わってから次のショー開催までが、Jr.たちの調教体験となるそうです。

イルカ顔SS
(左の人の足の大きさから、イルカの大きさが想像できると思います。)

ショーは、アシカが客席まで来る点がビックリしましたね~。開いている座席を伝って上にまでくるのは、マジビックリ@@でした。あと、アシカが唸り声を上げながらシンバルを叩くのには、もうお腹抱えて笑ってしまいます。イルカショーはプールが小さいためか、かなりマジかに見られ迫力があるのが◎です。この点は、サッカー観戦時のヤマハスタジアムとも共通しています(爆)。

で、ショーも終わり、いよいよJr.達の調教体験です。

15名のにわか調教師達は、プール向こうのステージに連れて行かれ、そこで2~3名1組の班に分けられ、調教師たちから、体温測定方法やサイン(手の動き)を学びます。

調教SS
(肛門からセンサーを入れ体温測定中、イルカは癖になっているかw)

Jr.はオドオドしている為か、ビシッとした綺麗なサインを出せずにイルカが???という状態です。もう何度もシグナルを出しているのですが、全く動きません。彼の表情に焦りが見えます。でも、やっとのことで、ジャンプ回転の指示が伝わったのか、イルカは水中に深く潜り、水面で行き良くジャンプしました。Jr.の安堵した顔がそこにはありました(爆)。

そんな感じで過ぎた今日1日でしたが、園内が狭く移動に時間が掛からない点と見るものが少ない点から、都合3回も、イルカショーを見てしてしまった(爆)。

他にもイルカを見れる場所はいろいろありますが、ここほどマジかに見られるところは、そうそうありません。「ふれあい日本一」がキャッチコピーなのも充分納得できた次第です。

Jr.は今回の体験でイルカ好きになった様子、お土産にイルカの鳴き声が出るペンを買って貰い

「また来たい!」言っています(当然でそw)。

ヤッズ★はというと、途中のハイウェー・オアシスで、さんわの「手羽煮(醤油味)」おやつカンパニーの「名古屋コーチンからあげスナック・手羽先味」を買って貰い、嬉しさもひとしおで脳内はすこぶる「快」状態ですw

※註 カミサンは目当ての「赤福」が売り切れだったので、落ち込んでましたw

真我 高我

今、買ってからずーーーーと読まないで放置していたウィリアム・W・アトキンソン著『引き寄せの法則 実行篇』を読み始めています。この本、なかなかいいですね~♪

引き寄せの法則 実効篇―あなたの強い心が取引に及ぼすプラス面とマイナス面引き寄せの法則 実効篇―あなたの強い心が取引に及ぼすプラス面とマイナス面
(2008/07)
ウィリアム W.アトキンソン

商品詳細を見る


引き寄せの法則 奥義篇―あなたの願望を実現する超メンタルパワーの使い方引き寄せの法則 奥義篇―あなたの願望を実現する超メンタルパワーの使い方
(2008/04/26)
ウィリアム W.アトキンソン

商品詳細を見る

(次はコッチだなw)

ここには「人間磁気」「磁眼」「意思の発動」「念」、、、とかの香ばしいワードがいっぱいあります。これ本当に「引き寄せの法則」の本か?と一瞬疑って背表紙を確認したぐらいです(笑)。

しかも、『ファウスト博士の超人覚醒法―超能力獲得プログラム』を彷彿とさせる盛りだくさんのエクササイズが載っています。

あと、頻繁に『I AM』という言葉が出てきますね(笑)。

これが無くてはスピ系願望実現とはいえません!!!
スピ系願望実現には、この『I AM』は絶対外せないものなのですよね~。


精神が体の上位にあるように、真の自分は精神の上位にあります。
肉体も精神も、真の自分が必要と見たときに使う道具にすぎません。
人が静かに思うときに感じる「我在り」の意識、それが真の自分です。

(『引き寄せの法則 実行篇』 p .72)


つまり、真の自分 = 真我 = 高我 = 高次の自己(ハイアーセルフ) であると説明しています。

この本ではこの言葉を「我在り」と訳していますが、本によっては「我は神なり」とか、聖書のように「在りて在る者」...等いろいろな訳がありますが、この『I AM』という言葉は、いったいどう訳したらいちばん相応しいのでしょうか?

ここをずっと悩んでたんですね(笑)。

「我は神なり」という場合、新興宗教の教祖や唯一神・又吉イエス様のように、何かが憑依した感じで「私は神である!」と言っているようなニュアンスを与えてしまう為、あまり使いたくはないのですね(爆)。

「神」という漢字は、本来はどういう意味があったのでしょうか?

漢字の「神」と言う字は、殷・周時代の金文(青銅器に鋳込まれた文字)に見られるように、元々、「申」という字を使っていました。この「申」は稲妻の形を表していて、稲妻は神の威光と考えられたからです。しかし、申が神以外の「もうす」などの意味に使われるようになった為、祭卓の形の示を付けて神()の字となったと考えられています。

「申」は日本では「サル」と読みますから、『I AM』は、、、、、、

我輩はサルなり、、、ですか(爆)

imgb68e3021zik4zj.jpeg

まぁ、冗談は置いといて、日本語の「神」と中東的な唯一神「ゴッド」とは、多少、ニュアンスが違います。日本語の「神」とは「かみ」と書き、元は上方を指す「上」という言葉だったという説もありますが、ハッキリした起源はわかりません。ただ、ニュアンス的には物質が気化したような「神仙」的な希薄的存在といった感じなのでしょう。

このイメージなら、「我は神なり」と言ってもおかしくはないですね。
真の自分は、精神の更に上位に位置するのですから、希薄な存在でOKです。

この希薄な存在が「本当の自分」であって、肉体や、その反応である感情や、精神という自我活動は全てこの「本当の自分」の下位に位置するものに過ぎないわけです。ならば、この「本当の自分」とは肉体視点で眺めた場合は、自己の本質であることになりますね。

ならば、『I AM』は、、、、、、

我はエッセンスなり、、、、でもいいかもしれません(爆)。

でも、これでは指し示す言葉をすり替えただけの同義反復(トートロジー)に過ぎません。
少し説明的になりますが、この『I AM』という言葉の真意は、、、、、、

私というのは、

本当は、肉体や精神を従えた

素晴しく希薄な存在である

といったものなのでしょう。
こういった方が分かり易いですね(笑)

さてさて、ではこの希薄な存在を肉体上のどこに比定したらいいのでしょうか?

この辺はいろいろと考えてみているのですが、いまいち良く分かりません。一時期は「見える世界」が実は「高次の自己(真我)」ではないかと考えていたのですが、どうも違うようです。見える世界は物質世界でもあり、自己の内面世界ですから、多分、肉体と同レベルじゃないかと思います。

ヤッズ★は、「視点の始まりの裏側」にあるんじゃないかと睨んでいますが、どうでしょうか?眼を閉じれば、そこに何か感じませんか? 肉体的イメージを通して考えるなら後頭部の方向ですし、視覚的イメージで考えるなら視野外の見えない範囲となります。

ウィリアム本では、「真我」と繋がるには「考えずに感じなさい」と言っています(笑)。

う~む、いったいどこなのだろう???
そうだ、こんな時こそ「尋ねてそれに答えない」ワークをすればいいんだ!

真我はどこらへんにあるの?




引き寄せの法則 オーラ篇 オーラのパワーが思いを物質化していた引き寄せの法則 オーラ篇 オーラのパワーが思いを物質化していた
(2008/09/18)
ウィリアム・W・アトキンソン

商品詳細を見る

(こんなのも出ていたか。。。。。。)

ムフフが本当に来たろう

ヤッズ★が予言した10/5には、米国金融関係では何も起きませんでしたね(爆)。

まぁ、そんな日でしたが、当日は予定通りジュビロ磐田vs.コンサドーレ札幌の試合を見に行きました。試合開始は2時でしたが、家を11時過ぎに出発です。

途中、すき屋で昼食としてメガ牛丼を食す。
Jr.は何を考えたのか、肉1.5倍盛りを注文。
お陰で様で、食べ切るのに時間がかかって出発が遅れてしまった(プンプン)。

で、ヤマハスタジアム到着した時には、既に選手紹介のアナウンスが、、、、、

うぉーーーっ

ジュビロジャンケンが。。。。。。(涙)

紫甫たんが。。。。。。(涙)

目の前が真っ暗になったのを覚えています。

SHIHO2.jpg
(麗しの紫甫たん(右から2番目)。。。。。今回、この光景が見られなかった。。。。。Jr.め)


そんな虚ろな状態で試合観戦をしていたのですが、試合の方は3点を入れてジュビロ優勢で前半終了。うむ、いい感じですw。いつも後半で逆転されてしまうパターンなので、このぐらい点数を離しておけば、ひと安心です。

で、待ちに待ったハーフタイムのジュビロガールの旗持ちの鑑賞タイムです。

「紫甫たん、紫甫たん、紫甫たん」(ハァハァ)

旗を持って駆け足で周っているジュビロガールを目を凝らして見るのですが、
「どこや?、どこや?、どこにおんねん?」
「遠くて良く分からんがなぁ。。。。。」

そんな感じで、ハーフタイムも終わってしまいました(号泣)。

。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

試合の方は、更に2点追加で5-0で無事終了。
なんとか勝ち点5を獲得し、最下位・札幌との差を大きく離した。
この試合含め残り7試合落としたらマジJ2行きやで、、、、、名門の名が廃るで、、、ホンマ頑張らんと

まぁ、今回は紫甫たんは見れなかったが、試合に勝ったのでよしとしよう。「さぁ、帰るぞ」と観覧席から下の階に移動したのですが、出口近くでカミサンが何やらアンケートに記入してる様子。「何やってんだぁ。。。早く帰るじょ。。。。」と思った瞬間、

カミサンの向こう側の壁際に、1人のジュビロガールが、、、、

選手名簿に書かれている番号で毎試合、各種景品が当たるのですが、その当選番号が壁面に貼ってあって、その案内を1名のジュビロガールが担当していたのです。

「し、紫甫たん、、、、、、た、たぶん」

い、いや待て、髪形がソバージュぽいし、なんか雰囲気違うぞ、しかもメガネまで掛けてるし、、、、
カミサンの傍に寄り、さらに壁面まで近づいて行きました。

その距離1メートル!!!

でも、目の前の麗しき女性とヤッズ★の脳内イメージとが、どうしても一致しないのです。

かつて、あるスペインの征服者が南米に船でやって来た時、原住民は今まで大きな帆船というものを見たことがなかったので、その船が海洋の上にデンとあるのにも関わらず、その船が全く目に入らず、見えなかったといいます。つまり、人の目は認識したものを 脳で捉えて映し出すわけですが、 ちゃんと認識出来ていない場合はそのように見えないのです。あくまで風景の1つとして見てしまうのです。

今回、なにやら、これに似た不思議な経験でした(笑)。

ここで、「あの~、松本紫甫さんですか? 大ファンなんです!」と言って、もし違った場合、その女性はきっと傷付くだろうなぁ。。。という考えも浮かび、声も掛けられないし、、、、もう頭はパニック状態です(爆)。

イメージ認識を一致させ確信を得ようと、壁に貼ってある当選番号の書かれた紙を見る振りをして、シゲシゲと「紫甫たんらしき人」を眺めてたので、多分、「変なヤツ」と思われたことでしょう(爆)。

「う~む、頬にホクロあったけ???」

返す返すもジュビロジャンケンに間に合わなかったことを後悔。
あそこで先に確認しておけば、こんなことには、、、、、(ブツブツ)

まるで鏡に映った自らの姿を睨らんで油汗をかくガマカエルのように、その場にずっと立ち尽くし、油汗をかきながら、その女性をジッと眺め続けるヤッズ★でした(爆)。

そんな時、カミサンがアンケートを書き終え、とりあえず、その場は去ることに、、、、、
結局、件の女性は紫甫たんと確信を得られぬまま、帰宅となってしまったのです。

帰宅後、いそしそと紫甫たんブログ『日直 松本くん』で最近の画像を見て確認してみたら、、、、、

「あん、ソバージュにしとるやん!w」

というわけで、彼女は紫甫たんだったと、この時、確信を得たのです。(遅いわいw)
それにしても、女性は髪形1つで雰囲気まで変わってしまうものだなぁ。。。。。
前日にブログで確認しとくべきだった。。。。。
そうしたら、携帯で激写して、更に握手して貰って、色紙に「ヤッズ★さん江」とサイン貰って、、、、、あんなことや、こんなことや(妄想)。。。。。。ああっ、なんてこったい!

「チェッ、損したw」

という感じの1日でした。
ヤッズ★が予言した通り、10/5には凄いことが起きたわけです。(がはは)
(残念ながら、米国金融関係ではありませんでしたが、、、、)

ジュビロガールは当日7名いたのですが、ヤッズ★が階下に下りてきた時、壁に立っていた時点で既に確率は1/7(14.3%)となっていますね。さらにカミサンがアンケート書いていなかったら、多分その近辺には注意が行かず、そのまま出口から出て帰宅してしまったかもしれません。ですから、ある意味、これはなかなか凄い低確率をゲットしたのかもしれません。

これは「引き寄せの法則」発動に間違いない!!!

ムフフが本当に来たろうになってしまったわけです。
というわけで、今回のことで「引き寄せの法則」に更なる確信を深めたヤッズ★でした(ニタリ)。

後で聞いた話ですが、試合にはなんと、あの岡ちゃんが来ていたとのこと!(スゲー)
補充選手の視察に来ていたとのことですが、ヤッズ★は目撃できませんでした。

う~む、コチラも残念。

ムフフの来たろう

108氏のコメントまとめを読んでいて、この中に「行動不要論」さんの方法だと思いますが、願望実現の基本スタンスが載っていました。

・基本的にいやなことをしない

・好きな写真などを見て脳を「快」に保つ


これって、納得、納得、大納得です!!!
特に2番目は、「ムフフを実践すれば、ええもん引き寄せる」というわけやね♪

実は、ヤッズ★ブログのデザインは、この考え方に基づいて作られているのです。

既成のプログテンプレにはたくさん種類があり、中にはとても気に入ったものもあるのですが、背景等をワザワザ手間をかけ「みくるたん」に変えているのは、こういった理由からなんです。
(参照:「美女を見ながら願望実現」記事)

別にリアル女性のセミヌード画像でも構わないのですが(ホントはそっちの方がヤッズ★脳は「快」になるが、、、)、①アダルトサイトに間違われる恐れ、②読者に不快感を与えない配慮、③リアルは情報量が多く飽き易い、 という3つ問題点の解決策としてのアニメキャラなんです。

また、マンガ等の2次元キャラは、ある意味、リアルなものから本質部分を抽出し凝縮したエキスみたいなものなので、ヤッズ★脳を「快」に保つのに適しているというのも理由です。

gracepark1024x76822893iw9ss.jpg

まぁ、別段、女性やアニメに限らず、サッカーでも、バイクでも、車でも、好きなものならなんでもいいんですが、「アキバは常に日本の未来の先駆者(フロントランナー)」という持論からも、敢てアニメの萌キャラを採用(=無断借用)しています。

特に、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』に関しては、

ハルヒ=自我  キョン=観察自己

という構成であると睨んでいますし、自分の希望する世界を自由に作り出すハルヒの願望実現能力や、未来人、宇宙人(チャネリングの高次元存在)、超能力者が登場する点で、スピ系願望実現法を標榜するヤッズ★ブログには打ってつけの素材なのです。

まぁ、こんな取って付けた理由など、読者にはどうでもいいことなのですが、ブログデザイン以外に、ヤッズ★が日常やっている脳を「快」にする方法として、携帯の待ち受け画像に好きな画像を使っていることです。あらためて語るほどでもないぐらいに、これは誰でもやっていることなのですが、、、、一応、ヤッズ★が採用している画像を紹介をしておきますね。

マリアミソラ01 KERRY01.jpg ガネ15
(他にもたくさん保持してますが、好きな画像ベスト3 皆、女性絡みw)

あらためて脳を「快」にする有効性を他の願望実現ベテラン実践者の方の言葉で語られると、

この方向性は決して間違ってなかった!!!
(別に異性絡みである必要性は全く無いのだが、、、、)

と確信を深めると同時に、前回記事化したジュビロジャンケンで帽子ゲット時に関しての願望実現、引き寄せの法則について、新たな知見を得ることが出来ました。

それはこうです。

ヤッズ★はジャンケンの前、ジュビロガール・松本紫甫たんの実物をハァハァと鼻血が出る直前までニマーと眺めていたので、その時、脳はすこぶる「快」状態になっていたのです!

ここ、ポイントです(笑)。

その後、後頭部でイメージングして「帽子をゲットしたい!」という願望を見事引き寄せしましたが、この時、脳が「快」になった状態で願望実現ワークをしたということが、実は「重大な鍵」だったんじゃないかと思うのです。

先に紹介した「美女を見ながら願望実現」を地でいきましたw

3574.jpg 10049581211.jpg 3524.jpg
(この普通っぽさがイイ!)

エイブラハムも言っていることですが、「感情」は引き寄せの作用点としても働く一方、望むものを引き寄せするナビゲーターとしてもとても有効に機能するといいます。

これはちょうど、マイクが入力デバイスとして機能するように設計されている一方で、使い方によっては出力デバイスとして「音を出すことも出来る」のと同じで、「感情」もインプット、アウトプット両方に対応できるのだと解釈しています。

ジュビロガールと帽子の関係から「引き寄せ」について考えてみるに、「紫甫たん見れれて嬉しいw」と「暑いので帽子があれば嬉しいw」というのは、「嬉しいw」という点で感情は一致しています。確かにエイブラハムがいうように、「感情」には同種の感情を湧き上がるものを引き寄せる(=顕現させる)作用点であるということが、何となく合点がいった次第です。

「嬉しい」とかのプラス感情が嬉しいことを引き寄せするのは当然ですが、ネガな出来事を引き寄せしない為にも、常にプラス感情で脳を「快」状態に一方的に保ち続けることが非常に効果があるということが、必然的に導かれてきます。

先の「基本的にいやなことをしない」のは、こういった理由からなのですね。

さてさて、脳が「快」状態ならば「ええもん引き寄せる」というのはわかりました。

でも、もっと最強の引き寄せをしたいと考えるのは、人間ならば当然です。

どうしたらいいでしょうか?
そこで、ヤッズ★が考察してみました。

原型世界、イデア世界、暗在系、エゴ以外の領域、神我、真我、キリスト意識、、、、等、様々な言葉で呼ばれる「普遍的原質」とは、愛、楽しい、不安、絶望....等、全てのものを含んでいますが、そんな普遍的原質に対して、ある1つの「感情」を伴った想念が持ち込まれた場合、それに共振する現実が明確化され、やがて物質世界に顕現してきます。

でも、なぜ「感情」なのでしょうか?

アストラル体(想念感情層)の中では、「想念」はメンタル体に近く「精妙な波動」を持っており、「感情」は物質体に近く「粗い波動」を持っているのではないかと考えています。願望イメージを顕現化(物質化)するには、より物質層に近い「粗いエネルギーを与えること」が必要で、そのため「感情」を込めたイメージは顕現し易いのではないかと睨んでいます。

ただ感情を伴ったイメージングは、なかなか難しいものです。

中にはカンタンだぁという人もいますが、、、、ヤッズ★は苦手なのです(涙)。
後頭部でイメージングした場合、感情を込めるのが更に難しくなります。

やってみると分かるのですが、前頭葉でのイメージングは、普段から外界認識する部位で視覚化することになるので意外と感情を込め易いのですが、後頭部となるとそうはいきません。後頭部はより普遍的原質に近く願望を「手放し」するにはベストな位置なのですが、逆に感情という粗いエネルギーを付加するには非常に困難な場所なのです。

しかし、脳を「快」状態にしておきさえすれば、自然と「感情」は「歓び・歓び・悦び」状態になっており、願望イメージから無理矢理、感情を発生させる必要がなく、想念しただけで簡単に感情エネルギーが付加してしまうのではないかと睨んでいます。

これは雰囲気温度と同じ考え方です。

「雰囲気温度」とは別名「環境」のことで、高熱の雰囲気温度もつ空間内(例えば炉)に物質を入れると、その物質は温度が高く誘導される現象が起き、逆に低温の雰囲気温度を持つ空間内(例えば冷蔵庫)に物質を入れると、その物質は温度が低く誘導される現象が起きます。実は、願望イメージもこれと同じことが起きるんじゃないでしょうか!

というのは、「想念」と「感情」は同じアストラル層に存在し、それそれが上位と下位の層を構成している仲間なので、元々、両者は結び付き易いのです。雰囲気温度によって媒質が簡単に影響されてしまうのと同じで、脳を「快」にしておくだけで、願望イメージ(=観念)に良い感情が影響を受けて誘導されるのではないかと睨んでいます。

これで欠点は解消されましたw。

結論として、、、、、、

脳を常に「快」にしておく、あるいは、イメージングをする直前に「快」状態にしてから、普遍的原質側に「手放し」し易い後頭部で願望をイメージ化する。これが、最強の引き寄せを引き起こす。
(今のところ、サンプル数がたった1つなので断言は出来ませんが、、、、、大笑)

そうすれば、願望実現入れ喰い状態になるかも(ふふふ)。

さて、このように脳を「快」にすることがいかに大切なのか考察してきましたが、実はこの先、数週間の間には、ヤッズ★が脳が「快」となるイベントがめじろ押しなのです。

1つ目の「快」は、現在、ジュビロ磐田の成績はビリから2番目とサイテーなのですが、10/5札幌コンサドーレ戦(ヤマハスタジアム)のサッカー観戦に行きます。

2つ目の「快」は、今度は10/25名古屋グランパス戦(豊田スタジアム)のアウェイでのサッカー観戦です。

で、10/5にはホームで再び紫甫たんに会える!!! 

10049581668.jpg
※註 これら観戦のうち、10/5の試合の観戦チケットの方は見事引き寄せしましたw 招待券をいただいたのです。しかも、「欲しいな~」と思った数時間後です。10/25は狭い汚いヤマハスタジアムとは真逆の豊田スタジアムで観戦したい希望を前々から持っていたのですが、当日はJr.のサッカーがあるので観戦を諦めていたのです。しかしJr.が所属するチームの方は試合には出ないことが決まったので、この日の観戦可能となった。。。。ヤッズ★の引き寄せ力もかなり達者になったかな~♪

ちなみに、前記事で「10/5に何かが起きる!」といったのは、このことではありませんよ(笑)。
あれは、米国金融に関してのことですw

3番目の「快」は、10/11に南知多ビーチランドでイルカの調教体験をすることです。
これはJr.が参加するのですが、体験応募に見事当選したのです。

ドルフィンスイム以来、真近で海豚たんに会える!!! 

dolfin.jpg
※註 この当選電話を貰った時のカミサンの喜びようは尋常ではありませんでした。また、応募する時に「これは当る!」という100%の確信はありませんでしたが、「まぁ、当たればいいなぁ。。。」程度の軽い希望は持っていましたので。こんなに簡単に当たって嬉しい限りです


まぁ、こんな感じでヤッズ★脳をフルスロットルで「快」にするイベントが続々と続きます。
やはり、10月は目が離せない月だったw

クラッシュ・プログラム

今回のサブプライム問題での住宅ローンは、契約件数750万件、金額1兆3000億ドルと見積もられており、1ドル=110円で換算では全体で143兆円程度の金融規模です。その2割が回収不可能な不良債権化したとしても、焦げ付き総額は30兆円程度です。だから、モーマンタイという意見があります。

この程度の金額で、果たしてリーマンブラザース、メリルリンチ、AIG...等が経営危機となり破綻、吸収合併にまで陥るものでしょうか?この金額、日本のバブル崩壊時よりも金額が少ないような気がします(笑)。

一説によると、米国の焦げ付き総額は7500兆円であるとか。。。。。。

これは、2001年11月14日にアルゼンチンが自国国債をはじめとする対外債務の返済不履行宣言(デフォルト)をした際、その焦げ付き隠蔽用に発行された「ブレディ債」の1200億ドル(=13.2兆円)をも含む金額でなのしょうか? これでもまだ少な過ぎますね~。これら以外にも普通所得者向けプライムローン等の焦げ付き、、、、、あんなものやこんなものまで含めた数字なのかもしれません。

リーマンの負債総額は6130億ドル(=64.4兆円)でしたので、1社だけでサブプライムローンでの焦げ付き総額以上の負債が発生しています。これは、デリバティブ取引でレバレッジ(てこの原理)を掛けていれば、負債規模はサブプラの焦げ付き額の何十倍にもなってもおかしなことではありません。

ですから、先の7500兆円の負債というのも信用できそうな数字です。

米国では、7000億ドル(=77兆円)の公的資金を投入し不良資産を買い取ることを柱とした「金融安定化法案」を議会に提出しましたが、実は、これだけでは「焼け石に水」なのが分かるかと思います。規模が違い過ぎるのです。まぁ、本尊であるサブプラ自体を買い支えし値下がりを抑えれば、レバレッジ効果でその何十倍の負債抑制効果が生まれることにはなりますが、、、、、それでもまだ足りません。

しかも、それさえ議会からNOを突きつけられた、、、、、いったい、どうなる?アメリカよ!

そして今、海外駐留していた米軍陸軍(Army)がぞくぞくと本国に引き上げているとか。。。。。
第2次世界大戦の時以上の軍事力の大移動だそうです。

こ、これは、、、、、、、、いよいよ米国は「経済非常事態宣言」か!?

あるいは、マーシャル・ロー(戒厳令)発令か?

戒厳令で国内を統治する為には、武力が絶対的に必要です。特に、米国のような一般人でも銃所持が普通の国では、暴動が起きた場合などその危険性は日本の比ではありません。ですから、圧倒的な軍事力は欠かせません。そのための大量の陸軍人帰還なのでしょう。

以前、記事化したようにFEMAが準備している強制収容所もプラスティック製棺桶も、ドル崩壊に伴う暴動から治安維持する為に前々から準備されていたものなのでしょう。誰の目にも、いづれ米国は破綻するのは目に見えていたし、実情を知っている当局者ならば尚更ですね。

当局側が現行ドルを見捨てるのは、時間の問題です。

しかし、本命だったユーロを真似たカナダ、メキシコと共同で行う「北米共通通貨(AMERO)」の進展も芳しくないことから、次善の策として、「新ドル」に切替する案があります。この新ドルは緑色をした現行ドル(グリーンパック)とは異なり、青色をした「新ドル札」(ブルーノート)として既に印刷・保管され、いつでも流通可能なスタンバイオッケー状態になっているとか。。。。。。。

AMEROCOIN.jpg
(AMERO COIN)

その場合、現行ドルは国内では流通不可とし、新ドルは金との交換が可能な「兌換紙幣」となるそうですが、これだと現行ドルは紙クズ化しますね~。これが米国が今まで蓄積していた借金をチャラにする「クラッシュ・プログラム」というもので、既に何年も前から準備されていたそうです。

1国で2つの通貨流通は、別段、珍しいことではありません。

中国では、1993年までは外貨流失を防止する為に、中国人民銀行(=中央銀行)が発行する外貨に替えられない「人民幣」(=人民元)と、中国銀行(=国営為替専門銀行)が発行する「外貨兌換券」の2種類の「通貨」が国内流通していました。当時は、兌換券に交換してくれという話がそこら中からあり、1対2とか、1対1.5とかのレートで闇取引されていました。

まぁ、その時の新ドルと現行ドルの交換レートは、1対300,000とかになるでしょう(笑)。

NEWDOLLAR03.jpg
(新ドル紙幣 ブルーノートw  声優・歌手の井上麻里奈の肖像がカワイイ♪)

そして、10月5日には何か起きるという噂があります(ワクワク)。
さらにさらに、10月14日には超巨大UFOが来るっていうし。。。。。(爆)

10月はマジ目が離せない!!!



(ヤッズ★は井上麻里奈から目が離せない。男心の「クラッシュ・プログラム」w)