AKB48

【100日ブログ 第95日目】  願望入れ喰い状態まであと5日

オールナイターズ、オニャンコクラブの次に秋元康が仕掛けた企画が、AKB48です。
(エーケービー・フォーティエイトと読む)

近年、つんくプロデュースのモー娘にすっかりお株を奪われた形の秋元勢ですが、正統派アイドルを生み出すべく攻勢に出たのがAKB48ですね。

こういった素人らしさを前面に押し出すのは、秋元流の手法です。

まぁ、素人らしさを出した場合、長い目でみた時に、息が長いタレントとして育たない欠点はありますが(使い捨て感あり)、素人らしさとはプロ意識と相反するものなので、これはこれで仕方がないのかもしれません。この辺AKB48をどう料理してくるか、お手並み拝見といった感じです(笑)。

AKB48の特徴は、秋葉原に専用劇場『AKB48シアター』(ドン・キホーテ秋葉原店8階)を持ち、ほぼ毎日公演を開き、「毎日会えるアイドル」を売りにして身近さを演出している点です。



毎日公演する点とか、女性だけが多数出演する点とか、専用劇場を持つ点とか、仏・ムーラン・ルージュ(赤い風車)を彷彿させます。

まぁ、あそこは成熟した女性がトップレス姿で繰り広げる豪華絢爛なショーを見ながらディナーを食べるキャバレーなのですが(爆)、フレンチカンカンの発祥地として有名ですね。

日本においては、ムーラン・ルージュのようなトップレスの派手なショーは、ゲイバーが主体になってしまっていて、とうていメジャーにはなり難い状況です。どちらかというと「萌え」を基調としたショービジネスの方がメジャー化しそうだとヤッズ★は思っています。

ただ、問題はAKBシアターで唄うアイドルたちの旬がそれほど長くはない点でしょうか。

Moulin Rouge
(女性美を表現し、それを堪能させる欧米のショー けっしてゲイバーのショーではありませんw)


(萌えを堪能させる日本のショー  世界初のビジネス・モデルか?)

ムーランルージュといえば、最初に思い出されるのはロートレック(1864~1901年)ですが、彼はムーラン・ルージュに足蹴く通い詰め踊り子たちの楽屋での姿を描きました。足が不自由であったのですが、サロンでは踊り子たちからモテモテだったそうです。

そして同時代に、それに負けじとモテモテだったのは画家モディリアーニ(1884~1920年)です。顔と首が異様に長く、目には瞳を描き込まないまるで彫刻のようなその画風は、当時は特異な表現方法でした。ただ、その絵は天才の例にもれず、生前は全く評価されなかったといいます。よって、可愛そうに思ったマダムから、「あなたの絵はいらないから、お金だけ受け取って!」と言われ資金提供を受けながら、絵を描き続ける生活をしていたといいます。

両者に共通している点は、ともにイケメンだったことですw
ちょうど今、TVでモディリアーニのことやってました。(シンクロでやんすw)

あっ、誰ですか? 「モディリアーニ」でググり始めた人は!!!

なんか連想ゲームのような記事になってしまいましたが、まぁ、今回はこれでヨシとしましょう。

モンパルナスの灯モンパルナスの灯
(2003/12/19)
ジェラール・フィリップ、アヌーク・エーメ 他

商品詳細を見る
(モディリアーニの生涯を描いた傑作映画 彼の才能を評価したが貶す画商の真の目的は?)
スポンサーサイト

閉鎖空間アキバ

【100日ブログ 第94日目】  願望入れ喰い状態まであと6日

今回は、『ハレ晴レユカイ』を唄いながらハルヒダンスを踊るアキバアイドルと、それを眺めながらOAD、ロマンス、PPPH...等のヲタ芸を怒涛の勢いで打つヲタ芸師を例にとって、この物質世界の認識形態(ゲシュタルト)について考えてみたいと思います(笑)。


(アニオタに屋外革命を引き起こした『ハレ晴レユカイ』)

この場合、ヲタ芸師(主体)が眺める萌え空間(客体)という構図で説明しますね。

見る側(主体)から見られる側(客体)へ投げかけられる方向性ベクトルを「Ψ3」と定義します。
今度は逆に、見られる側(客体)から見る側(主体)は「Ψ4」として定義されます。

※註 この下部構造にマクロ(Ψ1)とミクロ(Ψ2)という対化関係もあります。

『2013:シリウス革命』 『2013:人類が神を見る日』に登場するチャネリング存在である情報統合思念体・「冥王星のオコツト」の情報によると、実は、Ψ3もΨ4も「1つのもの」を異なる視点から眺めているだけの違いだと語られています(笑)。

2013:人類が神を見る日―アドバンスト・エディション (超知ライブラリー―サイエンス)2013:人類が神を見る日―アドバンスト・エディション (超知ライブラリー―サイエンス)
(2008/02)
半田 広宣

商品詳細を見る
(実現くんの師匠が津留晃一 津留さんの師匠が半田広宣ですw  ←Ulandさんのパクリ)

主体(Ψ3)と客体(Ψ4)が「1つのもの」とは、一体どういうことでしょうか?

客体(ヲタ芸師が眺める世界)側の空間背景、つまり、今、ヲタ芸師が見ている視野空間内で、観察する自己を中心に放射状に広がる全方向の無限遠点には、実は、ヲタ芸師(主体)が存在しているということです(笑)。

ぶっちゃけていうと、アキバアイドルを囲む360度の空間背景に渡って、ヲタ芸師である貴方(主体)が「満遍なく存在(=遍在)」しているということです(爆)。

見られている側(客体)に、見ているもの(主体)が存在するなんて変な話ですよね。

まず、このことを簡単に説明したいと思います。

2次元を認識するには3次元領域からでないと認識できません。同様に3次元を認識するのは1つ上の4次元領域からでないと認識できません。でないと、認識する主体がその世界に埋没同化してしまい認識できないからです。ですから、この3次元物質世界を認識できているということは、認識している自己は、4次元領域(あるいはそれ以上の領域)に存在することになります。

では、この4次元的な自己が3次元を眺めることを、分かりやすいように1つ次元を落として図示して考えてみると下図のようになります。

観察2SS

観察者としての自己(主体)は球の頂点にいます。対象物のいる空間(この場合平面)はその下の長方形で現わされます。この場合、観察者と平面の間の球は観察者の内的空間を表しています。つまり視界です。

ですから、平面上に存在する点は、a→a’、b→b’となって認識されます。これがドンドン離れていくと、それに従い。自己のいる位置にドンドン近づいていくことが分かるかと思います。

さて、今、この平面が無限大に広がっていて、その端である無限遠点は、観察者にどのように認識されるでしょか?

それは、a’ → b’ → c’のように観察者(自己)の方向にドンドン近づいてきていることから、観察者のスグ隣(180度角)に表示される感じとなり、最終的には、観察者(自己)と同一化してしまうことになります。平面の上下方向にもいえます。

さて、今度は3次元空間を考えてみますと、客体側の奥行き方向の無限遠点も同じように観察者の後側に周り込んで観察者(自己)の位置と同一化してしまうのです。(図示できないのが、残念ですが、、、、)

向こうに行ったものが、始発点から再び出てくる。
まるで、「クラインの壷」のような構造をしています。

あるいは、ヲタ芸師がするケチャの手の動きと似ていますね(爆)。
これは、無意識的に自分の意識のベクトル(方向性)をなぞっているのかもしれませんw

※註 「向こうに行ったものが、始発点から再び出てくる」とは、後頭部のような肉体の背後側という意味ではなく、視線を発する大元であるところの自己の背後側からという意味になります。逆にいうと、投げかける視線の向きを180度ぐるっと反転させて、自己の奥深くに向かって突き進めば今見ている物質的現実の空間に出るということになりますね(笑)。

kleinglassSS.jpg
(「ケチャの壷」ならぬ「クラインの壷」ですw)

つまり、客体と主体はひと繫がりの一体物だった。

ただ、見え方、つまり視点の位置が異なるだけのことなのです。
壷を横から眺めても上から眺めても、見える形は違えど「壷」であることには変わりがないのと同じです。

これが「主体(Ψ3)と客体(Ψ4)を等価する」といわれるものです。
まるで、自分という風船の内側を自分が覗いているような感じを受けますね(笑)。
まぁ、実際、この通りなのですが。。。。。。(爆)

普通、我々はこのように認識できず、客体と主体は別個のものであると認識しています。突き詰めて言えば、この物質世界は生まれくる前にも後にも強固に独自に存在していて、その中に自分が生まれ落ちてくるという「孤立分離した」認識です。これが「人間型ゲシュタルト(=形態)」といわれるものです。我々は、このような感覚でこの物質世界を見ているわけなのです。

今、見える世界と見る自分は共に同じものであったことえお説明しましたが、では、その世界の中に存在する自己(Ψ5)と他者(Ψ6)の関係は、一体どうなるのでしょうか?

この場合、アキバアイドルが他者(Ψ6)で、それを眺めるヲタ芸師が自己(Ψ5)という構図となります。

先の主体客体の同一化から展開すると、空間の背景が自己ならば、その間にある他者は、自分の投げかける視線の背後方向というか奥深くから今見ている表層部に向かってやってきます。

つまり、他者は自己の視線の後ろに存在するのです。

視線の奥深くとか背後というのは、どう実感し把握したらいいのでしょうか?

実はカンタンなことで、それは今見えている視野(知覚正面)では見えていない部分、つまり、視野外の領域が視線の背後側に相当すると思います。ここに他者が存在しているのです。

つまり、他者と自己は表裏一体の関係だったのです。

ですから、セスが言うように、この世界は自らが創造して開示しているものであって、また、その世界に存在する他者は、実はHS(ハイヤーセルフ)の演技であるということが、よく理解できると思います。

覚醒した人は、後頭部に意識があるといわれますが、多分、この知覚正面でない領域(無意識層)に意識が鎮座しているのでしょう。確かに意識がこの位置にいるならば、願望実現など思い通りのはずです。なにせ見える世界側(客体)のスグそばにいるわけですからね(笑)。

今までの「人間型ゲシュタルト」ではない、こういった新しい認識を持った人のことを「変換人(トランスフォーマー)」と呼んでいます。アセンションではこのような「人間型ゲシュタルト」のパラダイムシフトが起きると言われています。

話を再びヲタに戻しますが、、コンサート中、ヲタ芸を夢中になって打っているヲタ芸師はステージを見ていないとよく批判されますが、実は、彼らの脳裏にはしっかりとアイドルが描かれているのです。そして、その脳裏のアイドルと一体化して踊っているのがホントのところなのです。彼らの空間にはもはや見る側(Ψ3)見られる側(Ψ4)の区別はなく一体化しており、さらには自己(ヲタ芸師 Ψ5)と他者(アイドル Ψ6)も表裏一体化しています。

つまり、ある意味、ヲタ芸師はアセンションした人たちといえます(爆)

※註 彼らの持ち技「マワリ」は、プレアデス33回転を彷彿とさせます。回転はチャクラを強化するので、ヲタ芸師は次元上昇ワークを知らないうちに行ってしまっていた結果として、アセンションしてしまったのかもしれませんね(爆)

モー娘のミキティこと藤本美貴が、「あの人たちは回転していて、ステージを見てくれていないのでは? もっとステージを見て欲しい。」と嘆いていましたが、アセンションした人(?)に対して、これは全くの的外れな言動であることが、このことから分かると思います。

彼らの脳裏には、しっかりミキティがへばり付いているのです(爆)。

アセンションには「ネガの浄化」だけではなく、この例が示すように、実は様々な方法が用意されているのではないでしょうか?コスプレだってそう、アニメキャラという対象が自分と同一化しているからこそ起きる行動です。男がハルヒの格好をする女装の謎もコレで解けました。彼らの顔に皆、至福感があるのがその証拠かな(笑)。

※註 「浄化」がアセンションに必要であるというのは、感情想念層、つまりアストラル体の浄化が「霊我(マナス)」を生成するからだとヤッズ★は考えています。肉体を自分であると認識するのが「自我」で精神を自分であると認識する「霊我」です。その「霊我(マナス)」を中心にアストラル界の情報を反射して感知できる感覚器官をアストラル体内に構築することで、オーラ視やクレヤボヤンス(千里眼)という霊能力が発現されるわけです。このことはまた別記事化して詳細に書きたいと思っています。

アセンションとは意識の枠組みの変容です。
旧態以前とした我々から見た場合、理解できないと思うのは仕方がないことです。
だって、意識構造自体がもう違ってしまっているのですからね。

秋葉原は、今、日本で一番元気のあるところです。
そういうところから次の日本の精神性が起こり、伝播していくものです。
そういう点からも、ヤッズ★は秋葉原に注目してまいりました(笑)。

アニオタの今までの自室に閉じ篭りがちな生活が、ハルヒダンスによって屋外にその活動拠点を移していったことは、彼らの持つ「閉鎖空間」が街に集約再構成化されたと睨んでいます。

で、今、秋葉原は日本発のアセンションへ向けたパワースポットと化した!?
昨今、そう思えてならないヤッズ★です(笑)。

意識変容側から入るか、霊我生成側から入るか、アセンションに至る方法は様々ありますが、
既にアセンションは始まっている???

さぁ、一緒に レッツ・ヲタリズム!
(ああっ、別に一緒に萌えなくてもいいのですよ! 他の道もありますからね)

顔ニューロン

【100日ブログ 第93日目】  願望入れ喰い状態まであと7日

ほのか姐さんのご指摘の通り、ヤッズ★の「顔ニューロン」の活発な働きに導かれるまま、星気体(アストラル体)はずっと中国大陸に滞在していましたが、久々に日本に帰ってきたところ、こんなヒトを見つけました。

ちなみに、「顔ニューロン」とは、顔のように見える点や線の集まりを認知する専用の神経回路や細胞があるという説です。ぶっちゃけていうと、単なる線と点をあるバランスで配置するだけで人間は顔として見てしまい反応するというものです。

「壁に出来たシミが顔のように見る」「石の模様が顔に見える」「蟹の甲羅が人の憤怒の形相をしている」「火星に人の顔を模した建造物がある」...等、他の模様とは明らかに違うという不思議な感覚を、日常生活でもきっと体験したことがあることと思います(笑)。

顔が近づいてくるという状況は、自然界では危険を意味するものですが、顔ニューロンは危機回避のために予めプリセットされている回路なのかもしれませんね。

まぁ、ヤッズ★は「脳は想念受信機・肉体情報発信機」という立場をとっていますから、顔らしきものを見た際、「顔ニューロン」が反応しその情報を自己(魂)に向け発信するだけで、この情報を元に身体になんらかのアクションを指示はしていないと考えています。(余談でしたw)

heike_1.jpg
(平家の無念が甲羅に宿ったと言い伝えられるヘイケガニ)

話が横道に反れてしまいましたが、早速、ご紹介いたします。

谷村奈南(たにむら なな)
身長163cm 血液型O型 Gカップ
大阪府出身
帝塚山中学校・高等学校卒業、現在は青山学院大学在学中
ヴィジョンファクトリー所属
幼少時ハワイと大阪の往復生活 その後L.Aに長期滞在の為、英語は得意

JUNGLE DANCE(DVD付)JUNGLE DANCE(DVD付)
(2008/05/07)
谷村奈南

商品詳細を見る

■公式ブログ「7BROG」
http://n.tanimura.vision-blog.jp/


一瞬、AV女優かと思ってしまいましたが(爆)、れっきとした日本の歌手でした。

それにしても、Gカップというのは。。。。。。スゲースゲー
ウエストのくびれ方も半端じゃなく、まさに「世界トップクラスのくびれ」ですw

あっ、歌も方だってとってもいいですよ。


(『Again』)


(『Say Good-bye』 このPVやばいっす 目が一箇所に釘付け。。。。。。凝視ワークにはいいかも)

おめでとうございます!!!!!!!!

ヤッズ★の脳内に「顔ニューロン」活性化に引き続き、
「おっぱいニューロン」の活性化が成就しました(爆)。

同時に、「くびれニューロン」の活性化も成就しました。

奈南様、ありがとう「ございます!
この御恩は曲を買うことで報いさせていただこうと思います。

アニメやマンガ自体、元々あるリアルな人物像を簡略化して描き、簡略化していく過程で弱まった部位をデフォルメ手法で強弱(キラキラ目、でかい目、小さな鼻、小さな口)をつけたものですが、そこで「萌え」等のリアルな感覚を呼び覚ますには、「顔ニューロン」等を活性化させた状態で、「これはヒトの顔だという単純なレベル」ではなく、より微細レベルで「生き生きとした艶かしい」レベルまでが認識出来なければなりません。

日本人にはワビサビというとても繊細な感覚がありますが、「顔ニューロン」においてもその繊細さが生かされ、「萌え」が出てくるのではないでしょうか。

萌えアニメやキャラを日本の輸出の先兵にすべし!

それに触れ養われた感覚が、繊細な日本製品を選択して買ってくれるとなるのです。
日本政府はこれを国家戦略として真剣に考えるべきかも(爆)。

そして、予言(?)通り日本は「世界の萌主」となるのです。

萌えぇじゃないか

【100日ブログ 第92日目】  願望入れ喰い状態まであと8日

前回の記事を書いていて、フト思ったのですが、

ヲタ芸は、現代版「ええじゃないか」ではないのか?

今までにも、北海道のソーラン祭りのように「踊り」がクローズアップされたのことはあります。
しかし、そこには宗教的恍惚感を見ることはありませんでした。

また、自然発生的に起きたわけではなく、ある種人工的な感じも受けます。

何かが足りないのです。
畏怖する対象というか、心酔するものが無いんですね。

しかし、ヲタ芸を打っている人を見ると、そこには宗教的恍惚感を見て取れます。
さしずめ、アイドルは神という設定になるのでしょうか。


(秋葉原での日常のひとコマ)

「ええじゃないか」は、江戸時代後期、慶応3年(1867年)7月から翌明治元年(1868年)4月にかけて、東海道、畿内を中心に、江戸から四国に広がった民衆運動のことで、女装や男装などの仮装をしたり、裸で町にくりだしたりして囃子言葉の「ええじゃないか」と連呼して集団で町々を巡って踊った大衆的狂乱のことです。

時には、裕福な家に勝手に入り込んでは、喰ったり踊ったりしたそうです。
入られた家の人も吉事だとして嫌な顔をせず、進んで食べ物を差し出したそうです。

事の発端は、慶応3年の夏、豊橋の牟呂神社で伊勢神宮の神符降下があったことから、「ええじゃないか」の熱狂が始まったといいます。もう一説には、東海道の御油宿(愛知県豊川市御油)に秋葉神社の火防の札が降下したのが最初とも言われています。

秋葉神社、、、、、、、、こ、これは、ヲタの聖地・秋葉原とシンクロではないか!!!

8411d87f591b747b522cf0b09053459a.jpg
(天から御札が降ってきたw)

この時の世相は、以下のように非常にキナ臭いものでした。

・安政元年(1854年)・・・ペリー来航、直後に伊賀地震、東海、南海と立て続けに地震
・安政2年(1855年)・・・江戸にも大地震、津波、大雨が相次いで発生
・安政5年(1858年)・・・北陸でも地震、コレラ大流行(死者20万人)、攘夷派の粛清「安政の大獄」
・安政7年(1860年)・・・井伊直弼が襲われた「桜田門外の変」

災害が多発しており、人々は恐慌状態に陥っていた中で民衆は、敏感に世の変革を兆しを感じながら、重くのしかかる社会不安に耐え切れず、こういった現象に熱狂したのです。

日本人の深層意識にはこういった安全装置というものが、深く設置さてれいるのですね。

実は、現代でも状況は同じで、狂牛病、SARS...等の疫病、原油や鉱物資源の急激な値上がり、年金問題に発した公的機関のズサンな管理体制、こういった諸々の社会的ネガティブのはけ口として、熱狂的な狂乱が潜在的に芽生えてきています。

現代では、女装・男装はコスプレに変わり、神札の役目はアイドルのブロマイド写真が担っています。


(既に地下アイドルまで出現していたか。。。。。)

ヲタ芸が声援等の応援だけに留まらず、より過激で自己陶酔的な集団的パフォーマンスにまで昇華してきているのには、こういった目に見えない心理的な背景もあるのではないかと睨んでいます(爆)。

実際、マニアの習癖に留まらず、さまざまなTV番組やファン感謝デー、学園祭...等のイベントでも行われていることから、その普及(?)の火の手は瞬く間に広がってきています。しかも、日本国内だけではなく、世界中にです(爆)。

さてさて、ヲタ芸の息のあったダンス(?)は、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を彷彿とさせます。
マスゲームもそうですが、集団的パフォーマンスは、見ていてホントと気持ちいいですね。

見ている側は、金日正にでもなった気分です(爆)。


(インド版スリラー)

コアでそw

【100日ブログ 第91日目】  願望入れ喰い状態まであと9日

K嬢先生ヲッチャーのヤッズ★です(爆)。

最近、先生はコアリズム・ダイエットを始めたと聞き及びました。
まぁ、『ビリーのブート・キャンプ』のラテンダンス版と申しましょうか。

ただし、ビリーほどガサツな感じはなさそうです。
あくまで、美しく華麗にです。

コアリズム 英語版 DVD4枚セット(英語版)(日本語版では未発売のキックスタート付)コアリズム 英語版 DVD4枚セット(英語版)(日本語版では未発売のキックスタート付)
()
不明

商品詳細を見る


で、このエクササイズのキーワードは、、、、、、、

「死ぬほどに腰を振れ!」です(爆)。

下記動画をご覧下さい。
その腰の振りっぷりに目が点になります。


(そんなに腰振って大丈夫なのか???)

そんなこんなで、スゲースゲーと感心して見ていましたが、
奇しくも、あうわ師のブログの方でも「ヲタ芸」なるダンス動画がうプされていました。

オタ芸 = コアな人たちのダンス = コアダンス = コアリズム

つ、繋がった、、、、、、、、

これってシンクロ??? (んな、わけねぇな)

ヲタ芸とは、アイドルのコンサートや路上パフォーマンスにおいて、一部のオタクファンが行う、独特の掛け声や派手な動きを伴なう踊りのことですが、あうわ師のブログ記事の動画を見る限り、そのポジィティな輪はTV番組の芸人やスポーツ選手界に留まらず、世界中に広がる気配です。

まさに、「日本の至宝」です。

では、ヲタ芸の基本動作を見てみましょう。
各動作には、それぞれ特徴的な名称が付いています。(Wikiより抄訳参照)

ロマンス・・・斜め上を指差し腕を引く動作。8拍×2を1セット。昔、竹の子族もやっていた
OAD・・・体を捻りながら「ウリャ!ヲイ!」の掛け声と共に左右に手拍子を打つ動作
PPPH・・・パン・パパン・「ヒュー」の動作からPPPHと言われる
マワリ・・・頭上で手拍子を叩きながらその場で右や左に回転ジャンプ
ケチャ・・・片手を内側に捻って振り下ろし、同時に手のひらを開き上半身を反対側に捻る動作

ワンツー手拍子・・・パンパパンの手拍子に合わせ奇怪な動きや合いの手を入れる動作
ムーンライト・・・片手を真上、もう片方を真横に伸すロマンスの派生技

マトリックス・・・上体を後方にそらし両腕を波立つように振る動作。もちろん『マトリックス』から
千手観音・・・複数の人数で整列し両腕を揺らめくように上下に振る動作MIX

ロミオ・・・曲に合わせケミカルライトを持つ腕を手前からステージに垂直に振り下ろす動作
ウルヴァリン・・・ケミカルライトを指の間に挟んで打つ動作


(ヲタ芸基本動作の解説動画)

さぁ、みんなで一緒に通しで打ってみましょう!

レッツ・ヲタリズム!

「ヲタ芸は萌えの秘密兵器!」

「世界トップクラスの萌えを手に入れろ!」


そして、、、、「死ぬまで萌え続けろ!」

で、あなたならどっちのエクササイズを打つ? ラテン製? 和製?
(当然、和製でそw)


(ヲタ芸を世に広めるべく宅八郎がプロデュースしたユニット『ピュアロマンス』 ヲタ芸部から)

ヤッズ★成都に行く

【100日ブログ 第90日目】  願望入れ喰い状態まであと10日

少し前に『現代の西施』という記事の中で、『超女(超級女声)』で3位となり、有名化した海豚音(ホイッスル・ボイス)を得意とするとっても美人♪な張靚穎(リャンイン・チャン)さんを紹介しました。これはヤッズ★が日課のYOUTUBE漁りをしている時、偶然、彼女の動画を見つけたのが記事を書くきっかけでした。

記事中で紹介した彼女の歌う『Lovin' You』は絶品でしたね。
紹介はしませんでしたが、『Without you』もまた絶品です(微笑)。

folder.jpg


折角なので、オリジナル曲のリバートンの動画と、オマケとして宇多田ひかるが歌う『Lovin' You』をつけてみました。聞き比べしてみるのも面白いかもしれません。

■Lovin' You原曲(Minnie Riperton)

泣かず飛ばすの時代からスティービー・ワンダーのバックコーラスを経てLovin' Youが大ヒット。
しかし、31歳の若さで亡くなったリバートン

■宇多田が歌うLovin' You(比較用)

さすが英語の発音は素晴らしいですが、海豚音は出せてません。


(張靚穎が唄う絶品『Don't Cry For Me, Argentina』)

■張靚穎公式ブログ
http://blog.sina.com.cn/zhangliangying

偶然にもヤッズ★の中国人の友人が四川省成都市住んでいるので、彼女を知っているか、目撃したことがあるか、何かプライベートな話を知っているか...等、いろいろ聞いてみました。

ただ、成都市といっても四川省の省都ゆえ、人口も1000万人(中心部300万人)、面積も四国の1/3もある大都市なので、そう簡単に目撃できようはずはないのですが、ヤッズ★の逸(はや)る心がそうさせたのですw

聞いてみたところ、知っているどころか、なんと張靚穎は友人の知り合いでした。
何を隠そう、学校の先輩・後輩の間柄で旧知の仲だとのことです(爆)。

う~む、世間は狭いものだなぁ。。。。。

というか、ヤッズ★が引き寄せしたのか、
はたまた、そういう世界をヤッズ★が創造したのか!(爆)

で、友人に彼女の美人振りを聞いてみたのですが、
「正直言うと、彼女は成都の女の子の中では普通」との答でした。

彼女が普通レベルなら、成都は美人ばかりではないかと聞き直したところ、

「四川省は美人の故郷ということを知らないのですか?」と逆に聞かれたのです。

そ、そっか、成都並びに四川省は
美人がいっぱい、おっぱいなのかぁ♪ ヘ(゜▽、゜*)ノ ジュル♪

そういえば、成都にオープンしたメイド喫茶の質の高さを記事にしたことがありましたね。また、中国では、中国美人ランキングトップ3というのがあって、1位大連、2位重慶、そして3位がこの成都なのだそうです。しかも成都と重慶はともに四川省なのですね。やはり四川は美女の宝庫というのはガチなのでしょう(ニヤリ)。

さらに、それを裏付けるこんな証言もあります。

**************************************************************
私は4年ほど成都に住んでいて、四川省各地(重慶を含む)を回った。やはり四川・重慶地域は美人が多いと思う。美人の多産を根拠づけるための移民説、食事説、気候説などがある。

私個人の考えでは・・・
四川は地理的に北西の少数民族と漢族のインターセクション的地域なので、新疆方面の立体感のある西洋的な顔とすっきりした東洋的な漢族の混血が多産されたんではないかと思っている。さらに、戦時中、沿海地域から内陸地域の四川や重慶へ逃避する当時の中国のエリートや幹部と同行してきた美人群の子孫が多いということも美人多産の原因の一つではないかと思う。最後に四川の女性の肌がきれいなのは、年間日照率が低く湿度が高いという四川や重慶の気候と彼女らが愛してやまない「唐辛子」(彼女らは唐辛子を山ほど入れた火鍋などを特に好んで食する)の賜物である。化粧っ気に乏しいのは、そもそも彼女らは肌がきれいなので、日本人女性のような濃厚な化粧は必要ないのでしていないのだと思う。

性格は男まさりだが、スタイル(特に、足や尻のきれいさ)のよさを求めるなら重慶娘、小柄でスタイルはもう一つだけどかわいい系を求めるなら成都娘というところだね。
**************************************************************

うんうん、ますます成都に行きたくなりました(ルンルン)。

成都、、、、ん??  セイト、、、ナルト、、、ナルト!!!
そういえば、ヤッズ★は大のアニメ『NARUTO』好きだったぞ!!!!

もう完全にシンクロ大爆発状態ですw

ああっ、成都に行きたいなぁ。。。。。。

い、いや、ここは断言法だ! 「成都に行くのだ!」

ファイナルアンサー?

【100日ブログ 第89日目】  願望入れ喰い状態まであと11日

アセンションを語る第4夜です。

以上、つらつらと思うがままに書き記してきましたが、アセンションについて書くつもりが、論点が大分ズレてきてしまったなぁと感じています(爆)。

この辺でいっちょ、まとめといきたいと思います。

■結論
「自分の無意識層が物質表層を作っている(偽装)」とセスが言っていると前記事に書きました。
ヤッズ★もこの意見に賛成っていうか、今、この考えを積極的に採用中です(ニヤリ)。

この物質の「偽装」とは、ゲーム機がDVDに格納されたソフトの3Dデータを読み出し、ジオメトリ計算やピクチャ貼付けをし「目に見える形」にした各種オブジェクトを、モニター上に表示しているのと大変似ていると思います。データという2進法的情報の羅列から、全く異なる形態に変わってしまっていますね(笑)。

で、この偽装説に沿って、アセンションを考えてみます。

アセンションについて書かれたブログやHPの内容を読むと、この世という物質世界が確固として存在し、「その現実空間に人として生まれる、あるいは、投げ込まれている」という私たちが普通抱いている現実世界の認識や構図を元に解説されている場合がほとんどです。

この前提では、アセンションの時、天地が引っ繰り返るような天変地異が起きたり、天から血の雨が降るとか、暗黒の3日間があるとか、もの凄く大きな災難がこの地球上に起こると語られてしまいます。

そうではなくて、セス..等の高次元存在がいう「物質は無意識層のつくる偽装」「この物質世界はあなたが作り出した世界」という言葉を信じるならば、アセンションとは、見える外界という物質世界が人の意識があるレベルに達した時、世界の見え方、つまり表示方法が変わるということなのだと思います。

例えていうと、「アナログ放送」が「地上波デジタル」に変わる程度のことかもしれません。
(アナログ放送終了が2011年7月とアセンションの時期にとても近い点も面白いですw)
(アセンションとは、実はこのことだった、、、という凄いオチにならねばいいが・爆)

あと、アセンション時には、肉体も次元上昇するので体が希薄化していくとか、あるいは「肉体-エーテル体-アストラル体-自我」という現在のヒトの構成から、肉体を脱ぎ捨て「エーテル体-アストラル体-自我-霊我」という構成に移行するとか言われていますが、現時点で自我の上部にアストラル体が浄化純化してできる「マナス(霊我)」生成が無い状態では、いきなりこのような劇的な移行は有り得ないと思っています。

ですから、体が希薄化する件(くだり)は無いと考えています。
体が希薄化してヒトが「天使的な存在」になるのは、もっとずっと遠い未来ではないでしょうか。

ヤッズ★の考えを要約するとこうです。

見える物質世界全ては、自分の無意識から構築されている。

よって、人類の集合的無意識層に大きな変化があれば、
その時、私たちの見る物質世界の見え方は大きく変化せざるを得ない。

ただ、物質や肉体が波動が高くなって希薄化するのではなく、
今まで偽装されていた物質的表層が無くなるだけなのだが、その心的印象変化は大きい。

その際、暗黒の3日間に似た何らかのカタルシス的現象が起きるとは思う。
しかし、これは立ち眩みのようなものに過ぎない。


アセンションとは、とどのつまり、「総体的覚醒現象」
先のヒトの4つの構成要素における「霊我(マナス)」の生成プロセスはないでしょうか!

ヒトとサル、イルカ、イヌ...等の間には、精神構造において大きな段差というか明確な差異が認められますが、これは精神が徐々に向上高度化したのではなく、劇的漸次的に起きたプロセスのような気がます。ですから、精神に劇的なジャンプ進化を引き起こす現象がアセンションなのではないかと思っています。

まぁ、それが言われているようなある特定の時期に起きるかどうかは分かりませんが。。。。。
もし起きるとすれば、人により多少の早い遅いはあれ、有無を言わさず誰にでも一気に来る(爆)。

決して逃れられません(爆)。

ただ、昨今、言われているアセンションは、こういう「覚醒」現象に対して、時期を明確に提示して「最後の審判」的なテイストを織り込んだ複合的なものであるような感じを受けます。特に選民的な部分については、神とのフレンドシップを模索しているヤッズ★には???を感じてしまいます。

500px-MemlingJudgementOpenSS.jpg
(最後の審判 人を計るなちゅーのw)

かつて、ユダヤに預言者といいますか、ラクダの毛皮だけを纏い荒野をさすらいながら説法した
洗礼者ヨハネというイエスに洗礼を施した者がいたそうですが、
「神の国は近い!悔い改めなさい!」
と古代イスラエル各地を熱烈に説いて回ったとあります。

現在では、「次元上昇は近い!浄化しなさい!」と説かれていますね(笑)。

何か似た構図を感じますが、どうでしょう?
これって、エンロール(勧誘)?

バプティスマ(洗礼)のヨハネの時代、実際にその後起きたことは、「神の至福千年王国」の樹立ではなく、イスラエル王国の分離・崩壊・消滅でした。その時には神の国は建設されなかったのです。少なくともこの地上には。。。。

世界はヒトの内面の投影という点からみれば、「(アセンションまでに)浄化しなくては!」という気持ちにあまり執着すると、「浄化しなくてはと思うような出来事」が次々にやってきます(笑)。別に「浄化したいと思うもの」はあっても構いませんが、「浄化しなくてはならないと思うもの」など何も無いのではないでしょうか?

「浄化」は気づいた時に、ボチボチとやる程度でよかと思うとりますけん(爆)。

以上のように今喧伝されているような語られ方に対しては、少し批判的に見ているヤッズ★ですが、アセンションと言う考えというかイベント自体は大好きです。

既にヤッズ★は異性欲は「2次元萌え」に昇華し、ある意味、解脱レベルに達しているのですが(爆)、うっ、誰ですか? 単に適応範囲が広かっただけだといっている人は。。。。。。。。(汗)、元々、この世のメカニズムを知りたいという思いから、それを知覚できそうな、さらに上のレベルの「覚醒」を望んでいます。ですから、こういう覚醒現象そのものであるアセンションは、願ったり叶ったりなのです。

まさに、ドンと来いです(笑)。

それと時間などは虚構であり、転生する場合も次は過去、その次は未来というように時間軸に対してんでバラバラに転生するものであるとセス的な考えを持っていますので、私たちが、このアセンションという時代に転生してきていること自体、やはり、そういった経験(=覚醒)が必要だからこそ、転生してきているのでとも考えています(笑)。

ということは、やはりヤッズ★の今世の目的の1つは覚醒か?(爆)

リダンツ(体外離脱)もそうなのですが、普通自然に出来ていない場合には、明確な宣言や意図をすることでその体験を引き起こすことが(なかなか大変ですが)出来るといいます。それは意識の変容が誘発する体験だからです。リダンツも覚醒も同じ意識変容による体験だと考えていますので、そういう点では、「その状態になるぞ!」という「意図」はとても重要なことであると思います。これはアセンションにも言えることだと思います。

かなり玉虫色の解釈になってしまいました(爆)。

時間の虚構性

【100日ブログ 第88日目】  願望入れ喰い状態まであと12日

アセンションを考える第3夜です(爆)

■時間の虚構性の認識
セス情報では、現在も過去も未来もなく、全ては同時に存在しているといわれますが、この物質世界に身を置き、その流れにどっぷり浸かっている我々には一見信じられない内容です。しかし、アセンション後には、それが認識できるようになるといわれています。

この認識、どう理解したらいいのでしょうか?

実は、「時間の虚構性」は私たちは夢の世界で既に体験済なのですね(笑)。

夢の中でのストーリーは、一直線上の時間経過で体験されるわけではなく、過去に戻ったり、先に進んだりと、まさに同時進行といった感じで展開されます。時間などあってが無きが如しです(笑)。

もっと言えば、昨夜見た夢と10年前に見た夢と密接なリンクをしていて、10年前の夢が再び現れてくることなど茶飯事なのです。

アセンション後は、ああいった支離滅裂な感じの世界になるのでしょうか!(爆)
だとしたら、なかなか面白い世界ですw

さて、再び「時間の虚構性」の話に戻りますが、量子世界では、時間経過を無視した量子の振る舞いが、すでに実験結果(ホイラーの遅延選択実験)として発表されています。これなど、時間の虚構性の証左となるのではないでしょうかねぇ。

ただ、量子世界というマクロなものをそのまま等身大の世界に当てはめて考えるのには、注意が必要だと思います。ある意味まったく違った空間、次元かもしれないからですね。しかし、時間というものがそれほど絶対的なものではないこということが、この実験から把握できる程度でいいと思います。

この「時間の虚構性」について、もう少し身近な例で説明してみます。
ゲーム画面内で体験する時間経過、つまり、RPGゲーム等で画面隅に時間が表示されていて、その時間に呼応するように画面内が夜や朝や夕焼けになたっりするアレです。現実世界の時間もアレに似ているのではないかと思っています。

例えば、『グランドセフトオート』というミリオンセラーゲームソフトがありますが、プレーヤーはこのバーチャル空間内で天候の変化や時間の流れを味わうことが出来ます。そのバーチャル・リアル感はかなりのもので、このリアル感と自由度がこのソフトが売れている理由の1つです。

グランド・セフト・オート・リバティーシティ・ストーリーズ【CEROレーティング「Z」】グランド・セフト・オート・リバティーシティ・ストーリーズ【CEROレーティング「Z」】
(2007/07/26)
Sony PSP

商品詳細を見る


では、プレーヤーがゲーム内で体験する時間は、どこに存在するのでしょう?
データの入ったDVDディスク内に存在するのでしょうか?

それはゲーム機を通じ、TVモニターに表現された時に生成されます。
ゲーム内の時間は、あるルールに則って作られたゲーム内だけで通用する虚構ですね。

このゲーム内時間のように、実際の現実世界での時間も、現実世界が自分の無意識層によって形作られた際に一緒に出来たもので、本当は虚構ではないのでしょうか!!!
(この物質世界に意識をフォーカスしている限りは、その呪縛からは逃れられない。。。。)

ですから、空間や物質や時間のデータが折り畳まれて存在している原型世界のスグ近くに存在する量子の世界などは、時間の呪縛に完全に影響を受けずに、時間というものが一直線状にならずに過去・現在・未来があやふやな状態で存在しいるからこそ、「時間の虚構性」を指し示す実験結果が出たのでしょう。

GTA4ss.jpg
(GTA4 時間経過と自由度はダントツ。ここでの道徳無視は茶飯事w)

ハイアーセルフとの融合

【100日ブログ 第87日目】  願望入れ喰い状態まであと13日

アセンションの付随効果を考える第2夜です。
今回は、「ハイアーセルフとの融合」についてです。

■ハイアーセルフとの融合
外界に対してある行動をすることで、何故か自分の内面まで影響を受け、願望が叶ったり、運がよくなったりする現象があると巷では言われていて、本の出版までされています。

外界と内面には何の繫がりもないと一笑に付すことも出来ますが、メカニズムを知らなくても体験から得た経験知として、全くの無視は出来ないのではないかと思っています。一例を挙げれば、

○カレン・キングストン女史の『ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 』では、身の回りのいらなくなったガラクタをを片付けて捨てることで、もっといいものが手に入るようになる。

○喜三郎先生の『他自実現』は、「たらいの水を向こう側に押し出す」という表現で自分以外の他者の幸せを祈ることが巡り巡って自分に帰ってくると言う。

○「鏡の法則」では、相手の言動は自己の気持ちが投影されているという。それはまるで自分の気持ちを鏡に映したように正確に反映させる。

○「トイレ掃除」をすると、願望が叶いやすく運がよくなる。

○部屋に女性のポスターを貼ることで、ステキな恋人が出来た。

○赤いパンツを履くことで、健康になり、異性運がよくなった。

また、逆に自分の内面を浄化することで、外部環境が良くなる例として、

○レン博士のホ・オポノポノでは、「ありがとう、愛しています、許してください」と自分の心を癒すことだけで、荒廃し切った収容施設を改善することが出来たという。

例が少なくて申し訳ないのですが、この経験知が本物ならば、どうも外界と自己は密接な関係があるような感じです。で、この現象のメカニズムをどう理解すればいいのでしょうか?

それには、この見える世界の解析から始める必要があります。

今、私たちが見ている空間は、眼球を通して画像を電気パルスに変換され、それを脳内で再生された画像空間に間違いないのですが、ここでみる空間は無限大に広がっているよう感じられます。しかし、仮想的現実空間であるこの脳内映像には、どこに「最果て」があるのでしょうか?

これはTVモニターを見てて思ったのですが、例えば、グランドキャニオンがTVモニターに映し出された映像では、遥か彼方の風景まで映し出されて表示されていますね。でもTVモニターは20~40インチ程度の有限な面積しかありません。この狭い面積にそんな広大な空間を映し出すことができてます。これと同じように、私たちは意識という3次元立体モニターである有限な容積を持つものに、立体的な映像を映し出すことで無限の空間を映し出しているのかもしれません。

そして、それを自分が食い入るように眺めている構図になっています(爆)。

094-the-grand-canyon-arizona.jpg
(この全く厚みのない2次元画像に奥行きが表示。3次元映像ならば、どう見える?)

今度は、その見える空間に投げかけられた視線について考えてみます。

対象物に投げかけた視線は、目の前のグランドキャニオンを通り過ぎ、アメリカ大陸沿岸部、さらには地球からも出ていき、太陽系、銀河系、銀河群、グレートウォールを次々と通り過ぎ、究極的には宇宙の最果てまで到達しますが、それさえも通り過ぎていくと、その視線を投げかけた元々の自己の位置に再び現れてくると思うのです。

つまり、閉じた系の構造になっている。

理論物理学の世界でも、「宇宙をずっとまっすぐ進むと、自分の後頭部にたどり着く」といい、宇宙で一番遠いのは自分の背後であるといっています。しかし、これは地球という球面上のズッと歩いていくと、ぐるりと1周して最初自分の位置にたどり着くという「2次元的」な空間概念から抜け出せていませんね。

3次元的な閉じた系では、視線を投げかけた自己の内面の奥深く内側から、また再び「コンニチワ!」と沸いて出てくるようなイメージになるのではないでしょうか。物理学では、純粋に物質しか扱っておらず、観察する自己とか意識いうものを範疇に含めていない為、このような表現は出てきようがないと思います。

つまり、空間の「最果て」は、自己のいる位置です。
見ている自分の視線が湧き上がる位置こそ、この空間の最果てなのです。

これが対象物の「無限遠点」には、自己がいるということです。

想像して見て下さい。
自分の投げかけた視線が、ずっと一直線に進み宇宙の彼方にまで達した後に、目の置くから再び出てくる光景を!なにかゴム球が裏表逆になる感じが頭の中でしませんか?(笑)

このことによって、無限大の空間が無限小である「自己」と等価します。
まぁ、意識できない部分なので、自己の無意識層といった方がいいかもしれません。

つまり、「自己の無意識層」=「空間の最果て」なのですね。

自己の無意識層は、もっと大きな自己、すなわちハイアーセルフです。ですから、見える外界全ては実は自分のハイアーセルフであるというのは、至極、まっとうな考えなのです(爆)。

自分を取り巻く外界は、実はハイアーセルフだった?

こんな考え方どう??? スキ? キライ?

(ヒッキー北風のスキ?キライ?。。。。。キライじゃないけど。。。)

ですから、アセンションした場合に自分の思うがまま創造した世界にできるというのは、ある程度無意識層まで意識化できるようになって、無意識層で作られる物質世界をコントロールできることでもあります。つまり、ハイヤーセルフとの融合ということは筋が通ります。

物質偽装問題

【100日ブログ 第86日目】  願望入れ喰い状態まであと14日

ヤバイ、ヤバイ、予約時間間違っていたので、うっぷされなかった(アセアセ)
もう少しでコーヒーエネマするはめになるところでした。

今回の記事は、前々回のアセンション記事を受けての内容です。

まぁ、現在、いろいろなアセンション解釈が流布しているので、かなり混乱しています。それはいったいどんなことなのか?荒唐無稽なことなのか?セス語録と相反するのか?といった視点で、数回に渡り記事化して自分なりにまとめてみようと思います。まぁ、ヤッズ★流の解釈ですので、違和感があるかもしれませんが、その点、ご勘弁ください。

アセンションの時期は、2013年とか2012年12月22日といわれています。
該当範囲は、草木、動物を含め人類全て、地球すらも含むそうです。
次元上昇できた人は、肉体が希薄化し、3次元的存在から4次元・5次元的存在になる。
できなかった人は、もう一度この次元でやり直し、またはもっと劣悪な環境に追いやられる。
(存在自体、消えてなくなるという過激な説もある)

何やら、キリスト教でいうところの「最後の審判」のような雰囲気ですね。

ざっとこんな感じなのですが、ヤッズ★は実はこれが実際に起きるかどうかはあまり興味がないのです。一番関心を持っているのは、アセンション後の認識の仕方です(いつものごとく視点がズレてますw)。

肉体が希薄化するとか言われますが、観察する自己自体は変わりようがないと思います。ただし、その観察の過程というか、認識方法はかなり変化するようなのですね。

■物質が物質として見えなくなる
■ハイアーセルフと融合し意識が拡大する
■パラレルワールド領域が認識できる
■時間の虚構性が分かる

だいたいこんな感じでしょうか。
それぞれにつき、可能性があるのかどうかを記事化していきたいと思います。

■物質的偽装の呪縛が解ける
現在の量子力学では、物質の基本構成要素である電子、陽子は確率的にしか存在を把握できないと解説されています。このことが意味することは、位置を固定すれば速度が、速度を固定すれば位置が、それぞれ分からなくなるといいます。これは「不確定性原理」といいます。

また、電子自体、何もないところから急に出たり消えたり、粒子性と波動性の2つの形態を持ち、それぞれが観測者の意図によってその存在形態が変化します。

そんな幽霊みたいなものからなる物質ですが、私たちが物質を見た場合、確固としたものに見えます。

これはいったいどうしたことでしょう?

セスはこういいます。

「物質というのはありません。
あるのは思考や感情からなる意識的なエネルギーだけです。
人の無意識がそれに物質的な表層をカモフラージュ(偽装)しているのです。」


ヤッズ★も1度会ったことがあるのですが、真我覚醒者として知られている上江洲氏は、覚醒状態の時は人の姿が光の状態に見えると言っていました。覚醒した場合は、このように偽装のない本当の姿で物質を見ることが出来るのかもしれません。

でも、一般人にはそうは見えません(涙)。
どうやって見ているのか聞いたところ、上江洲氏は「第3の目」で見ているとおっしゃってました。
額にあるという、いわゆる「霊眼」です。

「肉眼で見ていないのかぁ。。。」

きっと、目を開けている場合でも、第3の目で見たビジョンの方が優位になっているのでしょう。
ヤッズ★もビジョンで見ることがあるのですが、今は、極々小さな映像です。
とても視野全てがそれになることはありません。

ところで、この見える空間とはいったいなんなのでしょう?

私たちが見る、空間はどこまででも続いているように見えます。
いくら突き進んでも無限大に広がって見えます。

このことをこう考えてみたらどうでしょう?

見える空間は、自分の意識上に投影された像、まるでTVモニターのように再現された画像であると考えるのです。自分が動くと空間内を自分が移動しているように見えますが、そうではなく、自分の周りの360度の超立体スーパーリアル・モニターが刻々と映像を表示し、それが移動していると考えるのです。

実際、見えている外界は、一度眼球で電子パルスに変換され、脳内で再構築された再生画像に違いはありません。そしてそれを眺めている自己は、3次元世界を認識出来る4次元以上の存在です。

モニターがマクロな微小世界からマクロな宇宙空間までもいくらでも表示することが出来ますが、実際にそこに空間があるわけではありません。データーを元にフォーカスしているに過ぎません。

「TVから離れて見なさい!」

このことが、この物質世界というモニターを冷静に見る方法です。

見える風景のオブジェクトに簡単なワイヤーフレームを想像して付加してあげれば、この認識のいい手助けになるかもしれません。

これで、映画『マトリックス』のネオになれる?(爆)

NYSESS.jpg

断言(意識のギアチェンジ)

【100日ブログ 第85日目】  願望入れ喰い状態まであと15日

映画『マトリックス』(1999年)はご存知ですよね。

この映画の1シーンですが、ネブカドネザル号内で、カラテの演習プログラム実行中にローレンス・フィッシュバーン演じるモーフィアスが、訓練中のネオ(キアヌ・リーブス)に言い放ったとても心に残るセリフがあります。それは、


「立て! 立つんだジョー!!!」 (段平)


あっ、間違えました。
段平があまりにもモーフィアスに似ているもんで、つい。。。。。
正しくはこちらです。


「打とうと思うな、打て!!!」 (モーフィアス)


O1466-j02.jpeg
(サイズ:約全高12cm  メーカー:マクファーレントイズ 価格:2800円 )

基本的には夢の中と同じ電脳世界「マトリックス」では、自分の思考限界がそのままスピードの限界となってしまうため、このような断言する言い方が限界を越えるには必要なのだそうです。

これは、現実世界を「幻影」と捉えた場合、同じことが言えるかもしれません。

実は、この記事でこの言葉を取り上げたのは、
以前Ulandさんブログのコメント欄でヤッズ★へのレスとして、こう書かれていたからです。


**************************************************************

「シリウス革命では、この世界は点(焦点)でしか現れない。
つまり、我々は焦点を合わせたものしか見ていないのに、それ以外の現実空間があると思っている(ものの大小・Ψ1とΨ2/人間型ゲシュタルト)。

視野空間にあるのに見えない落としたコンタクトレンズ・音のする蚊。
それらは、焦点を合わせたときにだけ現実的に見える。

そういった幻想空間=潜在意識だから、意識が変わると世界が変わる。
けど、変わろうとすると変われないパラドックス(津留晃一)なんですね。」



2013:シリウス革命―精神世界、ニューサイエンスを超えた21世紀の宇宙論(コスモロジー)2013:シリウス革命―精神世界、ニューサイエンスを超えた21世紀の宇宙論(コスモロジー)
(1999/08)
半田 広宣

商品詳細を見る

**************************************************************


「変わろう」としても世界は変わらないが、意識が「変わる」と世界は変わる。
確か、津留晃一さんメッセージ集の中の『信じるものを見る』で語られていた言葉だったと思います。


「変えようと思うな、変えるのだ!!!」 (津留晃一)


これは、「既に叶った状態で思考/行動」でもお馴染の原理です。

この原理は、最近話題の『Secret』や『神との対話』『バジャール』のようなスピ系願望実現でも、ナポレオン・ヒルの「思考は実現する」成功哲学でも共通していますね。

何故このようになるのでしょうか?

潜在意識に願望をインプットすれば、自動追尾装置のように無意識的に目標や願望を達成するように行動してしまうという考えがあります。催眠術でいうところの「後催眠暗示」のようなものでしょうか。成功哲学系に多い考えです。

ただ、これだと何故シンクロが起きて導かれるかは説明できません。

もう1つの考え方は、この現実世界は「あなた自身が創造主であり、この世界を顕現させている」で、潜在意識が全ての物質を「偽装」して目に見えるように作り出しているという世界観です。『神との対話』『バシャール』『セスは語る』...等の宇宙存在からのチャネリング情報を元にしているので、スピ系願望実現といわれています。

スピと名乗っていますが、霊魂の存在を考え高級霊の教えを人生指針とする「スピリチュアリズム(心霊主義)」から取ったわけではないので、「ニューエイジ系願望実現」と言い換えたほうが誤解がなくていいかもしれませんね。

今のところヤッズ★が支持する説は、

  ■この現実世界は、自己の内面(潜在意識)が投影された世界
    (自分【小我】は外界という自己の内面を映し出す「鏡」)
  ■他者を含めた全ての外界(現実世界)=大いなる私(ハイアーセルフ)=無意識
  ■物質は無意識層が作り出す偽装ゆえ、現実世界は夢と同類のもの

という考えなので、スピ系願望実現そのものです(爆)。

ですから、ヤッズ★は「世界と自分を分離しない」津留晃一的世界観を持っていますが、まだまだ実感としてはほど遠いです(汗)。スピ系でも世界と自分を別々のものと分離して考える人が多いですが、この点は大きく異なる点だと自負しています。

この考え方の優位な点は、「外界という自己の投影された物質世界で起きるシンクロは、実は自己の内面と連携した動きである」とシンプルに説明できるところです。

20070312201622.jpg


以下、上図のヤッズ★考案の現実世界モデルで説明します。

上図は、モニタをビデオカメラを撮影し、その映像をモニタに流している状態に似ていますね(笑)。

実際にヤッズ★がこの構成で実験したところ、不思議な模様が押しては返すように鼓動していました(爆)。

上図が表していることは、私達が見る現実世界は、時代も、時間も、場所も、各人固有に存在し、まるで「蛇が自らの尻尾を食べている状態」とも「メビウスの輪のような状態」とも形容できるような構成になっています。

先の津留氏の「変わった」や喜三郎先生の「元に直る」というような「断言法」は、深い部分で意識を変えたことになります。ただちに切替が生じ、異なるパラレルワールドが現実化してくるから有効なのかもしれません。上のモデル図で説明すると、原型世界である潜在意識層に対し「シナリオを変えて頂戴!」と指令を送ったようなものです(笑)。

ですから、願望実現ワークにおいては、マトリックス風に言えば、


「叶えようと思うな、叶えるのだ!!!」 (ヤッズ★)


と強い「断言法」でもって宣言し、意識のギアチェンジするのがコツではないでしょうか。

アセンションの雪崩現象

【100日ブログ 第84日目】  願望入れ喰い状態まであと16日

い、いったい、今、何が起きているのだぁ。。。

おなすさんブログ
が急に富士山画像になってるし、、、、(これでは富士急だぁw)
「アセンションを意図する」と宣言しているし、、、、

また、紹介されてたりんるーさんブログには、

  「○○○○○(ブログ名)」の○○○○さんがアセンションを成就なさいました!!!!!
  おめでとうございます。祝☆光の子ですね!!!!!

  「○○○○○(ブログ名)」の○○○○さんがアセンションを成就なさいました!!!!!
  おめでとうございますぅ~~~~~

  「○○○○○(ブログ名)」の○○○○さんがアセンションを成就なさいました!!!!!
  おめでとうございます~~~~~。パチパチパチパチパチ!!!!!



と、アセンションされた方の名前とブログ名がたくさん踊ってます。
このアセンションの雪崩現象は「弥勒の世」に起きるといわれているそうで、ここ数ヶ月の間に次々とアセンションを成就されたのだそうです。

マジでアセンション雪崩中なのか?

で、アセンションなさった方のブログを拝見してみると、いろいろなワークが出てきます。
ちょっと目に付いただけでも、

  ・モーニングノート
  ・仏画塗り絵
  ・イルカの写真
  ・富士山の写真
  ・ブログを書く (→他者を意識化することで、自己意識の領域を広げる)
  ・ベジタリアン化


仏画塗り絵???

はじめて目にします。
その効果として、「仏画塗り絵をするとある一定期間その”気”が付いて仏像のような平安な心持と成る」とあり、浄化のサポートしてくれるそうです。まぁ、どんな神様でもいいそうなので、ヤッズ★はガネ様でも塗り絵してみようかな(笑)。 

そうだ! 前回参拝した豊川稲荷のダキニ天の絵が、今、ちょうど手元にあるので、
これをコピーして塗り絵をして見ますね~♪

自分だけの仏様が描ける 仏画の塗り絵自分だけの仏様が描ける 仏画の塗り絵
(2006/07/27)
安岡 いずみ

商品詳細を見る
(今、こういうものまで売られているんだぁ。。。。。知らなかった)


モーニングノート???
ヤッズ★は「デブノート」なら持っていますが、これも初耳です。

モーニング娘の新ユニット結成か?(爆)


■モーニング・ノート
朝起きたら3ページ程、思いつくままにドンドン書き付けます。
愚痴でも、希望でも、夢でも、何でもいいのです。これは、脳の中溜まったのゴミのような思考を掃除する為に行いますが、意識がよりクリアになって直感や洞察力が高まってくるといいます。
読み返し不要。ノートがいっぱいになった、ら破り捨てたり燃やして処分。



なるほど、思考の浄化には、何かしら効果が期待できそうですね♪

ただ、3ページ書くと45分もかかる点は、朝に弱いヤッズ★には辛いところです。
1ページ15分コースでも出来るかどうか怪しい(爆)

まぁ、これをすればアセンションするというわけではないのですが、何らかの浄化や効果に結びつきアセンションに繋がるというように受け取れました。ただし、一番大切なことは、「アセンションを意図する」ことだそうで、この宣言をすれば、実は誰でもアセンション出来るだろうとも書かれています。

確かに、意図することは大事なことです。

というのは、体外離脱するときにも一番大事なのは、「今日、リダンツするぞ!」という意図なのですね。ですから、精神的な変容体験を得るには、何よりも意図は大切であるとヤッズ★は痛感していますので、この説には深く同意です。

ただ、ここで気になるのは、アセンションの定義です。

普通、言われているアセンションは、次元上昇時に、アセンションできる魂とできない魂がいて、霊的な理解が深かったり波動が高い魂は上の世界(エーテル界)に行けるが、現世主義、唯物主義、自己中心的魂は取り残されて、今よりさらに荒々しい波動の世界で修行のやり直しさせられるというように説明されています。

ヤッズ★もほぼ上のような意味で受け取っていて、アセンションとは肉体の振動数が高くなり、さらに体が透け通り、よって、振動数の荒いこの世とは干渉出来なくなり、自然と上の世界へ移行して行くことだと思っていましたが、この成就者達のアセンションは、「心眼を開く」というように語られています。

ただ、ネガティブな思いが全く浮かんでこないとか、体が透き通った感じがするとか、常時、至福意識に満たされるとか、高次元存在へのアクセスとか、HSと融合化し意識の拡大とか、アセンション特有の症状(?)も起きていますから、アセンションには違いないと思うのですが、体はこの世から消えて無くなったりせずに、成就された方は元気にブログを書いて情報を発信されています。

ヤッズ★のアセンション定義が間違っていたか?

アセンション情報もいろいろあるのですが、もう何が何やら判別つかない状態です(爆)。
今日、目にしたばかりで、まだまだ全体像がハッキリ掴めていない状態ですので、
今暫し、この現象、静観して眺めてみようと思います。

11701517491316487.jpg
(イルカは好きなので、一応、画像アップしてみましたw)


■黎明さんブログのこの記事内容、刺激的だなぁ。。。
セスのいう「確率的偶然性の体系」という言葉の意味がイマイチよく分からなかったのですが、これは黎明さんがいう「仮想現実」のことではないかと思いました。これは「現実」と異なるまだ物質世界として具象化されていない可能性の場、つまりパラレルワールドのことを指している???

シュタイナー語録

【100日ブログ 第83日目】  願望入れ喰い状態まであと17日

今回は、シュタイナー語録ですw

「わたしたちの周囲にあるものは、霊的世界の外的な表現なのです。物質というものはありません。どの物質も、凝縮した霊なのです。霊的世界を覗き見た者にとっては、物質的=感覚的世界は霊化します。世界の根底がしだいに開示されます。・・・人間の魂は霊的世界に属しているのですが、その霊的世界を見たり聞いたりすることができないので、そのことを知らないだけなのです。」

セスは本体は「意思」といっていて、「霊」だとは言っていませんが、
「物質は偽装」であるという点は、全く同じ内容を言っていますね。

セスが肉体のない高次の存在側から言っているのに対し、シュタイナーは生身の肉体を持つ側からの認識で同じようなことを言っていますので、この「物質幻影」説は、かなり真実に近いんじゃないでしょうか(笑)。

セスやバシャール等のチャネリング存在の情報だけだと、そういうような高次の存在にならない限り、このことを認識出来ない寂しさがあったのですが、生身の人間が認識できるのは心強い限りです。


「わたしたちは自分を自分のなかにおいてではなく、わたしたちの周囲において認識します。人間は周囲の世界を通して、自分を認識するのです。」

「深い意味で、人間は周囲の世界の鏡像です。」


このことを証明する実験結果を以前の記事に書きましたね。
それは、カルフォルニア大学の日本人研究者の実験結果から、人の反応は脳が指示を出す前に、既に体がそのように指示を受け動き出しているという話です。

これは全く同じことを言っている???

そういえば、「鏡の法則」でも自分の心を癒すことで他人を癒すことが出来るといいますね。


「他者を自分の高次の自己と見なす、
そうすることによって、他者を自分のなかに見出さねばならないことを知る。」


他者が実は自己 自己が実は他者
やはり、この世はパラドクスの世界なのねん。

そうか!!!
「鏡の法則」の原理はこういうことだったのか!

ならば、自分を癒すには他人を癒せばいいんだなw
で、誰かヤッズ★に癒して貰いたい人はいませんでしょうか?
(そうすれば、ヤッズ★は幸せになれるじょw)

ポジティブ!

【100日ブログ 第82日目】  願望入れ喰い状態まであと18日

数日前に、静香さんブログに載っていたセスの言葉を見て、「おお、コレはいいなぁ」と思い、自分の読みかけのセス本を開いてみたら、丁度、同じ箇所でした(爆)。

シンクロ♪

って喜びたいところですが、すっかり後塵を拝し抜かれてしまった。
(ああっ、ヤッズ★の方が早く読み始めたのに。。。。。。)

で、肝心のセスの言葉はこうです。

*****************************************************************

ごく簡単に言えば

「善を信ぜよ、悪の存在を信じることなしに」

ということであるなどと申し上げますと、あなたがたには極めて非現実的に響くかもしれません。

しかし、こうした確信をもつことは、物質的生においても、その後においてもあなたがたには一番の保護手段なのです。あなたがたの知性はこれを激怒し、体の感覚器官はこれは真実に反しているとうるさく言いたてるでしょう。しかし、善を確信しながら悪の存在を受け入れないというのは、実際には極めて現実的なことなのです。

というのも、こうした確信をもつことにより、物質的生において健全な肉体を保ち、幾多の恐れや精神的窮地から解き放たれるからです。なおかつ平穏なる心情と自発性がもたらされ、そうしたなか、あなたがたの能力の進歩がいっそう順調に実現していくことになるからです。

・・・・・・・・・・・・・・・

もし、これらの概念が、個人レベルと集合レベルの両方において受け入れられたあかつきには、
あなたがたの体の感覚器官のもたらす情報にも、もはや 矛盾を発見することは できなくなるでしょう。

「世界とありとあらゆるすべての存在は、善として知覚されるようになるからです。」


セスは語る―魂が永遠であるということセスは語る―魂が永遠であるということ
(1999/06)
ロバート・F・バッツ、紫上 はとる 他

商品詳細を見る


*****************************************************************

つまり、世の中は善も悪もある二極性的な世界なのは間違いないのですが、悪があるなんて信じない方が絶対いい展開をするというのです。(死後もねw)

たとえ、自分の行く手を阻むものがいても、それは一見「悪」にみえているだけで、本当は「善」なるものとして受け取れるような深い洞察に達しなければならないということです(笑)。

まぁ、善悪などは主観的なものですから、要は自分の受け止め方次第なのでしょう。

このことは、五日市さんの「困った時には、ありがとう」と通じる考え方ですね。
衆人環境でもっこりしてしまい、困ってしまう時にも「ありがとう」をヤッズ★はまず習慣化させます(爆)。

これに関係するような話が、今、丁度セス本と並行して読んでいる本田健・著『幸せな経済自由人という生き方』という本に載っていましたので紹介します。

*****************************************************************

彼はどんなに難しそうな状況でも、次々と契約を取ってくる天才でした。彼はその秘訣はなかなか明かしてくれなかったのですが、あるときこっそり教えてくれました。それは、「お客さんは前世からの友人だと考えている」ということでした。

お客さんが、どんなに買いたくなさそうに見えても、それは自分のセールスのスキルをアップさせるため、わざとそういう顔をしていると考えるのです。彼は、そうやって、どんなシチュエーションでも、あきらめなかったので、成功できたのだと語ってくれました。

それから、私は、教わったことを自分なりにアレンジして、考えるようにしてきました。

「出会う人すべてが前世からの友人だ」

と思うようにしたのです。


幸せな経済自由人という生き方 ライフスタイル編 (ゴマ文庫)幸せな経済自由人という生き方 ライフスタイル編 (ゴマ文庫)
(2008/01/05)
本田 健

商品詳細を見る


*****************************************************************

セスのいう「悪の存在を信じない」という場合、実は、このぐらいの気の持ちようが必要なのかもしれません。たしかに、このように考えれば会うお客はすべて有望顧客となりますからね。

そういえば、ナイスバディなあるレースクイーンの方がトーク番組で言っていたのですが、ハトの糞が付いたとき、普通は「汚ーい」という反応がまず先にくるものですが、彼女は「わぁ~、運が付いた!!!」言って喜ぶのだそうです(笑)。

セスがいう「善だけを信じよ」のを日常生活で実践するには、このぐらい小さな「悪」ならば、即「善」と見做すことが出来なければなりません。さらには、歩いていて犬の糞をズボッと踏んでも「超ラッキー!運が巡ってきた!」と喜こぶことができなければなりません!!!

「善」と「悪」も主観的な言葉に変えれば、実は「ポジティブ」と「ネガティブ」です(爆)。

確か、絶対的なポジティブを推奨した故・斉藤美濡子さんは、ネガティブを否定して常にポジティブな気持ちを持ち続けることで人生が切り開かれると提唱しておられましたが、若くして天逝されてしまいましたが、この考え方をするのは二極世界ではご法度なのでしょうか?

自分がネガティブに受け取れることを無理にポジティブに受け取るように仕向けることは「偽装」なのではないでしょうか? 偽装などせずとも自然のままでポジティブになるは、セスがいうように「悪の存在を信じない」という消去法の方がいいのかもしれませんね。

要は、「自然に」がポイントなのでしょう。

書いていて、段々、分からなくなってきました。
アイマスが歌う『ポジティブ!』でも見て、よ~く考えてみたいと思います。
(もしかすると、この歌詞に解決のキーワードがあるかもしれん。。。。。。)


(「悩んでも仕方ない、迷わず爆睡するのさ」、、、、、、、う~む、確かに!)

ハーメルンの笛吹き男

【100日ブログ 第81日目】  願望入れ喰い状態まであと19日

童話の背景には、かつてその地方で起きた事件や風習..等が色濃く残されている場合があります。例えば、『ヘンゼルとグレーテル』のストーリーの背景には、かつて中世ヨーロッパを襲った大飢饉のより、食べるものが無くなり、(親が)生きていく為に口減らしとして子供を森に置き去りにする史実があります。

そして、『ハーメルンの笛吹き男』は1284年6月26日に実際に起きた悲しい出来事が元になった史実なのです。その伝承を、後の18世紀、グリム兄弟が『グリム童話集』として収蔵しました。

ストーリーを簡単に説明しますと、
*************************************************************

1284年、ハーメルンに「鼠捕り」を名乗る色とりどりの衣装をまとった男がやって来て、報酬と引き換えに街を荒らしまわるネズミの駆除を持ち掛けた。ハーメルンの人々は男にネズミ退治の報酬を約束した。

男は笛を吹きながら町中を練り歩き、その笛の音でネズミを惹き付け、そのまま群れになったネズミごとヴェーザー川に導き一匹残さず溺死させた。

しかし、ネズミ退治が成功したにも関わらず、ハーメルンの人々はお金を払うのを惜しがり、鶏が卵を産まなくなったとか、猫がおかしくなったとか、いろいろな口実を作っては約束を守ろうとはしなかった。

怒った笛吹き男はハーメルンの街を後にしたが、6月26日の朝(一説によれば昼間)に再び戻って来た。住民が教会にいる間に、笛吹き男は再び笛を吹き鳴らし、ハーメルンの子供達を街から連れ去った。

130人の少年少女が笛吹き男の後に続き、洞窟の中に誘い入れられた。そして、洞窟は内側から封印され、笛吹き男も洞窟に入った子供達も二度と戻って来なかった。

fuefuki1.jpg

*************************************************************

130人もの子供が突如集団神隠しにあった???

『千と千尋の神隠し』よりも130倍強烈な話ですw

ドイツ北部にあるハーメルンは、今は人口6万ほどの静かで小さな観光都市ですが、職人の町としても知られており、中世ではハンザ同盟(都市間の経済的・政治的・軍事的連合)の一員でもありました。

この物語は、16世紀後半になり初めてネズミの群れが物語に追加され、それ以前の全ての記録ではネズミの群れは登場していません。

笛を吹く男、踊り出す子供

130人の集団蒸発

これがこの物語のオリジナルな原型のキーワードです。
これらからは、現在下の4つの説が唱えられていますが、いまだ確定はしていません。

■集団被災説
子供達はある事故の被害を蒙り、ヴェーザー川で溺れ死んだか、あるいは、土砂崩れによって生き埋めにされてしまったのではないかとする説。

■伝染病集団罹患説
何らかの伝染病に罹った為、他の住民の感染を防ぐために街から誘い出し隔離したいう説。

■少年十字軍徴用説
「少年十字軍」は、第4回十字軍の後、フランス、ドイツにおいて神の啓示を受けたとする少年の呼びかけにより少年少女が中心となって結成された民間十字軍です。1212年のフランスの少年十字軍では、聖地エルサレム奪還に向かう途中で遭難にあったが、代わりの船を斡旋した商人の陰謀によりアレクサンドリアで奴隷として売り飛ばされてしまった。もしかすると、130人の子供も同様に騙されてどこかへ売り飛ばされてしまったのかもしれない。この場合、「笛吹き男」は新兵徴募官であったということになる。

■東方殖民説
当時のハメルーンは耕地が増えないのに人口が増加していて、その圧力から東方への植民が多数あったことから、この集団神隠しは「東方植民」のことではないかといわれています。東方移住は第一次、第二次と自然発生的に起こり「ロカトール」と呼ばれる殖民請負人が出現する。この場合、「笛吹き男」は殖民請負人がということになる。


ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界 (ちくま文庫)ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界 (ちくま文庫)
(1988/12)
阿部 謹也

商品詳細を見る



あるいは、大昔のユダヤ十支族が歴史から忽然と消えたのと同様に、地底王国アガルタのような異世界、あるいはパラレルワールドに転送されて消えてしまったのかもしれません(笑)。

つまり、本当に「神隠し」だった???

日本でもかつては多くの「神隠し」があったのですが、戦後からはめっきり無くなりました。一般家庭が和式便器が洋式便器となり「金隠し」が無くなったのと期を同じくしている点がとても気になります(爆)。

過去の「神隠し」の記録からグループ分けすると、次の3つに分類が出来るそうです。

  ①二度と帰って来ない者
  ②遠く離れた場所や自力では行けない場所で発見される者
  ③死体となって発見される者

いづれの生還者も訳の分からないことを口走り、断片的な情報だけで、その間どこで何をしていたのか、人々にはほとんど理解できなかったといいます。

ただ、「神隠し」の真の理由として、親の決めた婚姻話がどうしても嫌で逃げ出した娘のように、本当の理由を言えば村という共同体で不和が生じる為、それを「神隠し」という形で曖昧にしたと考えることも出来きるという分析もありますが、はたしてどうでしょうか?

まぁ。「神隠し」とまではいきませんが、
私たちも日常生活でこんなことを体験したことはありませんでしょうか?

  「いつもと同じ道を通ったはずなのに、気づいたら知らない町に居た」
  「目的地まで30分で着くはずが、寄り道もしないのについたら6時間も経っていた」
  「以前泊まったはずの旅館が、どんなに探しても見つからない」


体験した自分から見れば、そこにあったはずのものが無くなる、その逆に無かったものが存在するようになったと見えるのですが、他人から見た場合は、その人が忽然と消えたように見えるはずです。

これは、まさにパラレルワールドへの転送ですw

そういえば、「新耳袋」という、怪談集のような本がありますが、これは著者が実際に体験した人に取材をして上で書いてますので、全部「実話」なのですが、こんなのが載っています。

  ・通学路の竹林に現れた階段を上ってみた話
  ・家の中で隠れんぼをしていなくなった友達の話
  ・お母さんと買い物に出ようとして振り向いたらお母さんがいなくなってた話
  ・時間を超えた話

これなど、「神隠し」、パラレルワールドへの転送、そのものですね(笑)
やはり、パラレルワールドは存在する?(爆)

ちなみに、この「新耳袋」は前は100話収録されていたのですが、完読した読者からいろんな目にあって怖かったという報告が多かったために、出版社の心遣い(?)から現在は99話のみ収録されているそうです(笑)。

あと1話を自分で追加し100話にすれば、あなたにも何かが起こる?

なにやら、100日ブログと似ていますね。(がはは)


新耳袋〈第1夜〉現代百物語 (角川文庫)新耳袋〈第1夜〉現代百物語 (角川文庫)
(2002/06)
木原 浩勝、中山 市朗 他

商品詳細を見る
(1~10巻まで10冊あります。1冊10話で計100話の計算)



(追記)
今回の記事はヤッズ★が『マザー・グース』の記事を書いた際、あうわ兄さんからMIXIへのコメントで『ハーメルンの笛吹き男』の話も調べてみたら面白いと書かれた為に記事化したものです。しかし、その当のあうわ兄さんが、最近、ブログ放置のまま失踪状態になっています。

こ、これは神隠しにでもあったのだろうか。。。。。。。。
または、パラレルワールドかアガルタに行ってしまったか。。。。。。。。それとも金星でラブラブ中か
(ここまでシンクロしなくても、、、、、、、ネット生活中断してるだけならいいのですが)

シンデレラ

【100日ブログ 第80日目】  願望入れ喰い状態まであと20日

今回は、前回の『白雪姫』に続いて『シンデレラ』です。
こちらもまた実は怖い話なのですね。

普通一般的に知られている方のストーリーは、皆、よくご存知かと思います。

シンデレラ は、別名、『灰かぶり姫』『灰かぶり』『サンドリヨン』 ともいいます。この童話の祖形的な形を残しているのは、1634年イタリアの作家バジーレの書いた説話集『五日物語(ペンタメローネ)』に書かれている『灰まみれのメス猫』ですが、もっと昔に、中国にこの伝承が伝播されたからではないかと思われる『掃灰娘』という類話もあります。

このシンデレラ物語は、ドイツのグリム兄弟による1812年刊行の『グリム童話集 (KHMNo.21)』にも収蔵されていますが、その他にもフランスのシャルル・ペローの1697年刊行の『ペロー童話集』にもあります。日本ではペロー版の方が有名ですが、ペローの方が読者に読みやすくするように当時の社会風習に合わせて若干の脚色が付け加えられています。その点、グリムの方がより伝承に忠実でしょうか。

下はシンデレラのより祖形に近いと思われるバジーレの書いた『灰まみれのメス猫』ですが、この中ではシンデレラは、登場からいきなり意地悪な継母を殺害します。{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ~~

**************************************************************
■灰まみれのメス猫(灰かぶりの猫)

男やもめのナポリの大公殿下は、一人娘のゼゾッラのために針仕事の先生を新たに雇いました。有能なこの先生はゼゾッラに深い愛情を注ぎました。

そんなある日、大公殿下はある女性と再婚したのですが、この継母は意地悪く継子であるゼゾッラに対しスグにいじめをするようになったのです。ゼゾッラは継母のひどい仕打ちを先生に訴えては、「親切でやさしい先生が私のお母様だったらいいのに」と繰り返しいうのでした。

とうとう先生はゼゾッラに説き伏せられ、ある策を授けました。ゼゾッラは先生から教えられた通り、大公殿下が留守の時に「今着ている服を汚したく無いから、お蔵の大きな衣装箱にしまってある古い服を出してください」とお母さんに嘆願することでした。

そして、2人は古いお蔵の中に入っていきました。ゼゾッラが衣装箱の蓋を持っている間、継母はブツクサ言いながらも衣装箱に首を突っ込んで中をかき回し探していました。その時です。ゼゾッラは隙をみて急に手を離し、衣装箱の蓋でお母さんの首を折って殺してしまったのです。

継母が死に、その喪が明けた頃、父に先生と結婚することをしつこく説得し続けた結果、根負けした大公殿下はとうとう先生と結婚したのでした。

これでゼゾッラに幸せな日々がやってきたと思われました。

しかし、先生は最初だけはゼゾッラを可愛がっていましたが、すぐに今までひた隠しにしていた6人の自分の娘を家に呼び入れたのです。この6人の娘と先生によって、ゼゾッラはカマドの隅に追いやられ、ボロを着せられ「灰かぶり猫」と呼ばれるほどに成り下がってしまった。

haikaburitokass.gif


■トリビアの泉(94へぇ)
http://jp.youtube.com/watch?v=xK_Wu5Xd72E

(続きをもっと読みたい場合はココ↓)
http://enkan.fc2web.com/minwa/cinderella/29.html
**************************************************************

こんな感じで話は始まります。まるで、サスペンス映画のような始まり方ですね。
自分が今まで思っていたシンデレラへのイメージが崩壊しそうです(爆)。

祖形がこのようであったからかもしれませんが、その後、グリム童話に収められた「灰かぶり」でも、まだこのキャラの性格は生きているようです。

ちなみに有名なガラスの靴は、イギリスの百科事典「ブリタニカ」によると、フランス語の「リスの毛皮の靴(pantoufle en vair )」の「vair リスの毛皮」を「verre ガラス」 と取り違えた為に起きたと載っているそうです。しかし、中国に伝わった内容やグリム採集の説話から考えると、「金の靴」がオリジナルであったのだと思います。

■シンデレラ・ガラスの靴

http://www.shoebag.jp/glassslipper/glassslipper.html

下記の動画は、一時期ブームになったTVアニメーション、オトナの童話シリーズ「世にも恐ろしいグリム童話」の最終話:「灰かぶり(シンデレラ)」ですが、2人の姉が母親にそそのかされて足を切る時のシーンが素晴らしく恐ろしいです。

あと、最後のシンデレラの笑顔もステキでしたね(フフフ)。


世にも恐ろしいグリム童話「灰かぶり」01


世にも恐ろしいグリム童話「灰かぶり」02

それにしても、王子様は脚フェチなんですね~(爆)
い、いや、き、気持ちは分からんではないですが。。。。。。。。。。

えっ! 誰ですか、ヤッズ★のことをもっこり王子と言っているのは???

本当は恐ろしいグリム童話 (WANIBUNKO)本当は恐ろしいグリム童話 (WANIBUNKO)
(2001/01)
桐生 操

商品詳細を見る


下はアニメでのストーリーと大きく違っていますが、いったいどのストーリーが本当なのでしょうか?グリム自体が版を重ねる毎に、いろいろと削除したり書き足して様々なバージョンが存在するというのが本当のところでしょう。中でも、批判を受ける前に刊行された「初版」が一番怖いそうです。


■シンデレラ(グリム童話初版)

http://purema.babymilk.jp/text/zankoku_01.html

 (ペロー版との違い)
1. 魔法使い、ボチャの馬車は登場しない(代わりに白鳩)
2. ドレスと靴を持ってきたのは、母親の墓の傍のハシバミの木の白い小鳥
3. ガラスの靴ではなく、一晩目は銀、二晩目は金の靴
4. 靴が脱げたのは偶然ではなく、予め階段にタールを塗っておいた王子の策略
5. 姉たちは靴に合わせる為にナイフで足(長女が爪先、次女は踵)を切り落とす
6. 結婚式で姉二人は、シンデレラの両肩に止まった白鳩のくちばしで両目を潰される

特に最後の6は、足を切った上に両目をえぐられ失明し2人の姉は散々な目にあったのですが、同じようにいじめをした継母は何も罰が下っていない点が不条理ですね。

ALL.jp断章のグリム〈1〉灰かぶり (電撃文庫)
(2006/04)
甲田 学人

商品詳細を見る
(グリム童話をベースにした物語、グロさでは、こちらの方がうわ手w)

白雪姫

【100日ブログ 第79日目】  願望入れ喰い状態まであと21日

ヤッズ★は、よく人から白雪姫みたいといわれます。

まぁ、これは完全なフィクションで脳内妄想ですが、こう言われて喜ばない女性はあまりいないと思います。イメージ的によてもいいのです。しかし、実際の白雪姫の童話は、このいいイメージとは似つかない話だったのです(ニヤリ)。

今後、「白雪姫みたい」と言われた場合、その真意を警戒しなければなりませんね(爆)。

事の発端は、童話に詳しいある方(仮にK嬢さんと名づけます)から、グリム童話って本当は怖いのよんという話を聞きました。ヤッズ★が少し前に童謡集『マザー・グース』の内容がとても残酷であるという記事を書きましたが、調べたり聞いてみる限り、確かにそれに劣らずとても怖い話でしたね。

もともと、『白雪姫』とはドイツのヘッセン州地方の民話ですが、後の世にグリム兄弟の『グリム童話』に№53として収蔵されました。主人公の白雪姫は、雪のように白い肌、血のように赤い唇、黒檀のように黒い髪を持つ少女で童話では絶世の美女とて描かれています。実物モデルは、ドイツの村「ローア・アム・マイン」に実在した「マリア・ソフィア・マルガレーテ・カタリーナ」姫だといわれています。

話のストーリーは、皆様もよくご存知だと思いますが、

昔々、白雪姫というとても美しい王女がいたが、彼女の継母である王妃は、自分が世界で一番美しいと信じており、彼女の持つ魔法の鏡もそれに同意していた。しかし、白雪姫が7歳になったある日、王妃が魔法の鏡に「世界で一番美しい女性は?」と聞くと、白雪姫だという答えが返ってきたことに逆上した王妃は白雪姫を城から追い出し殺すことを命じた。しかし、従者に不憫に思われ命だけは助けられたのです。その後、7人の小人と共に楽しく暮らしが、通りかかった王子様にひと目惚れされた。しかし、白雪姫がまだ生きていると知った王妃は、物売りに化け毒リンゴを食べさせ永遠の眠りにつかせてしまったのです。だが、王子様のキスで白雪姫は眠りから目を覚まし、最後には、王子様と結ばれるというラブロマンスです。

よく知られているこちらの話は、実はディズニー・バージョンです。

童話オリジナルとは幾分変わっていますが、ディズニーのこのようなラブロマンスに仕立て上げた手法は、見事というしかありません。


(「美女と野獣」と並びディズニーアニメでも別格扱いの『白雪姫』)


白雪姫 デラックス版白雪姫 デラックス版
(2001/10/12)
フランク・チャーチル、リー・ハーライン 他

商品詳細を見る


このよく知られたストーリーに対し、本来のグリム童話では、

■王と白雪姫は「近親相姦」
城から追い出したのは、魔法の鏡に「世界で一番美しい女性は?」と尋ね時、白雪姫だと答えられ逆上したとなっていますが、自分の夫である王とその実の娘である白雪姫のただならぬ深い仲(ベットを供にしていた)に王妃が嫉妬して殺そうとした。また白雪姫は最初は嫌がったが、2回目からは嫌がらず、逆に勝ち誇った態度で王妃に接した。このことから、王妃の殺意は充分な理由であったと分かる。

■王妃は「カニバリスト(食人嗜好)」
王妃は、白雪姫を殺し肝臓と肺(※作品によっては心臓)をとってくるように猟師に命じるが、白雪姫を不憫に思い、代わりにイノシシの肝臓と肺を差し出した。王妃はその肝臓を塩茹にして食べた。

■助けたのは7人の「人殺し」
白雪姫を助けたのは、実は7人の小人(ドワーフ)ではなく、森に隠れ住む7人の人殺しだった。まぁ、日本でいう山賊のような存在だったのです。

■白雪姫は「住込み女中」
白雪姫は小人達と仲良く暮らしたのではなく、炊事、洗濯、掃除、縫い物、編み物という家事全般を引き受けるという条件で匿(かくま)ってもらっていた

■白雪姫は「体で借りを返した」
狩人や7人の小人たちと性的な関係があったという類話も多い

■王妃は「必殺仕事人」
白雪姫は、毒りんごだけでなく3回王妃を殺しに自ら出向いています。一度目は紐で首を絞めて、二度目は毒を塗った櫛で、三度目が毒りんごです。最初、王妃は物売りに化け、胸紐を白雪姫に売り、胸紐を締め上げて息を絶えさせたのです。王妃は実は「組紐屋の竜」を超える程の暗殺スキルを持っていた?

■王子様は「ネクロフィリア(屍体愛好家)」
「今度は本当に死んでしまった」と悲しみに暮れた小人たちは、白雪姫をガラスの棺に入れる。そこに他国の王子様が通りかかり、すでに死体となっている白雪姫をひと目見て惚れ込み、それを飾っておきたいとばかりに小人たちから買い上げ譲ってもらおうとした。

■白雪姫が目覚めたのは「暴行」
王子様は家来に棺を運ばせるが、家来は途中で疲れて、やつあたりで棺から白雪姫を出し殴ると白雪姫は喉に詰まっていたリンゴのかけらを吐き出し、生き返った。けっして王子様のキスで目覚めたとう甘~いラブロマンスではないのです。

■白雪姫は「ドSな性格」
最後に復讐として、自分の結婚披露宴の余興として、王妃に真っ赤に焼けた鉄の靴を履かせ、死ぬまで踊らせて処刑してしまった。また、それを眺め楽しんでいた。

■王妃は「継母」ではなく「実母」
実母が暗殺を企てたり、娘が極刑で処刑したりと、実の親子関係では結構エグイ話となるので、途中からは王妃は「継母」とされた

ちなみに、白雪姫が7歳になった時、針で指を刺して白い雪の上に真赤な血を垂らしたとあります。また、白雪姫が6歳まではどんなに美しくても、「世界で一番美しい女性は?」という問いに対する魔法の鏡の回答が王妃であった。この2つの記述から、7歳になって初潮を迎え女性となったという暗喩にもなっているとのことです。

上を見る限り、結構、きな臭いストーリーに仕上がっていますね(爆)。
まぁ、美人が登場する話は、どんな残酷なストーリーであっても華があっていいですねぇ~♪

話は変わりますが、今、この日本には白雪姫のような美人キャスターがいます(笑)。あっ、断っておきますが、当然、ディズニー版白雪姫の方の意味でですよ~


(現代の白雪姫・平尾由希)

■平尾由希(ひらゆき姫)
長崎県佐世保市出身。長崎県立佐世保南高等学校、お茶の水女子大学を卒業し、2001年、NHK長崎放送局のキャスターとなる。 2004年、活動の拠点を東京都に移し、現在は衛星第1テレビ(BS1)のニュース番組「お元気ですか日本列島」を中心に活躍中。

う~む、こんなキレイな「ひらゆき姫」の王子様になりたいw

えっ、誰ですか、ヤッズ★のことを「もっこり王子」なんて言っている人は???



(おまけ)
上の動画の真理ちゃんの歌声よかったなぁ。。。。。
昔はあんなにも白雪姫のように綺麗だったのに。。。。。。。。。今は、、、、、
あれは何だったんだろう?
まさに、グリム童話版・白雪姫を地でいくイメージ大ドンデン返しな怖~い話です。

でも、『水色の恋』の歌詞にもあるように、
日本歌謡史上、最初にして最大に 燦然と輝やいていたスーパーアイドルとして在りし日、
その「貴方の姿、貴方の声は、いつまも私の思い出に...」です(号泣)

っていうことで、唐突ですが、1970年代一斉を風靡した「懐かしの真理ちゃん動画特集」ですw

 ①「思い出のセレナーデ」
 ②「ひとりじゃないの」

 ③「恋する夏の日」
 ④「若葉のささやき」
 ⑤「虹を渡って」
 ⑥「水色の恋」
 ⑦番外「真理ちゃん自転車CM」


スリムになるってステキなことネ―天地真理の白雪姫ダイエットスリムになるってステキなことネ―天地真理の白雪姫ダイエット
(1997/04)
天地 真理

商品詳細を見る
(真理ちゃん、こんな本まで出していた。。。。。題名がイイw、でも、リバウンドで前よりも太ってしまった)

勝負パンツ

【100日ブログ 第78日目】  願望入れ喰い状態まであと22日

以前、「意識のスイッチ」として、『マンガを描くとき、脳の奥深くに潜り込んで物語を創作するスイッチを、訓練によって自分ですぐに入れられるようになった』という漫画界の天才・浦沢直樹先生(『20世紀少年』の作者)を紹介しましたが、実は、普段の私たちも似たことをしているのです。

それは、「勝負パンツ」です(爆)。

これは、女性がデート当日に「今日こそ憧れの○○君と結ばれてみせるわ」という意気込みを込めて履く、とっても神聖な下着のことだそうで、普段履いているパンツとは別格の扱いをするそうです(笑)。

ヤッズ★は昔、ラスベガスのカジノでここぞという勝負時には、、それまでのカジュアルな服装からフォーマルな服装に着替えて勝負に臨んだものです。これが功を奏してか、小切手をゲットしたことがあります。(といっても、ジャクポットで7~8万円程度ですが。。。)


このような例からも、自分の自信が持てる服に着替えることは、「意識のスイッチ」を入れることと同じような効果が起きるのだと考えています。

ですから、「勝負パンツ」もゲンを担ぐといったような慰め的なものではなく、本当に、意識のスイッチを切り替えて「願望実現スイッチ」的な役目を果たすのではないかと思います。

一般に、「勝負パンツ」のイメージとしては、赤、黒など派手目な色使い、装飾が多く、デザイン重視、素材もシルクのような高価な素材といったところでしょうか! 当然値段も高いです。逆に言えば、落ち着かない、使いづらい...等、実用的な部分は蔑ろにしている下着です(爆)。まぁ、下だけこれだとあまりにもチグハグですので、ブラも同じデザインのものを選び、上下セットとするのが普通ですね。


バタフライサイドリボンオープンハーフバック ローズバタフライサイドリボンオープンハーフバック ローズ
()
不明

商品詳細を見る
(こんな勝負パンツなら、男はイチコロですw コレで1470円かぁ。。。。案外、安い投資だぞw)


「素敵な女性は、みんな持っている」といわれる勝負パンツですが、本当でしょうか?
で、「勝負パンツ」の統計があるサイトを見つけました(ニヤリ)。

コメントから抜粋した統計だそうで、n数(サンプル数)は10~20といった程度でしょうか(爆)
で、その統計結果は下記のようになってます。

*****************************************************************

◎回答者平均年齢・・・・・・22.6歳(最低年齢17歳、最高年齢30歳)
◎勝負パンツ保持率・・・・・・73%
◎うち、上下お揃い率・・・・・・・87.5%
◎平均価格・・・・・・・・約7000円
◎勝負パンツは装飾が派手・・・・・・・・75%
◎いろんな色の勝負パンツを複数所有

所有パターンは、
1).赤・黒・紺・白・薄緑
2).白、ピンク、水色、黒、赤
3).赤、青、黒
4).白、ピンク、紺、赤、オレンジ
5).赤、黒、白

■勝負パンツの真実
http://gen.lib.net/sl/sl16.html

*****************************************************************

知性を表し冷静にさせる「青」や高貴な霊的な色の「紫」は避けられていますね。
やはり、興奮作用のある「赤」は定番なのでしょう。

でも、「黒」って萌えますか???
「黒」のイメージは、喪服に代表されるように「死」のイメージです。

でも不思議なことに「喪服を着た女性には、エロチシズムを感じる。」というのが、古今東西、男性心理の定説です。きっと、「死」のイメージをまとうことで「生」が対比強調され、より艶(なやめ)かしく見えるからなのでしょうか。『銀河鉄道999』のメーテルはいつも喪服を着ていますが、こういう点で引き付け、ずっと高い人気があるのでしょう。

ys11_07.jpg
(新北九州空港にいる案内ロボット『メーテル』 う~む微妙な顔立ちだぁ。。。。全然、萌えん)

そんな萌え萌えヤッズ★がオススメなのが、『CANDY G-STRING』です。
これはラムネのようなお菓子で出来たパンティです。

当然、食べられますw

貴女の「勝負パンツ」コレクションに加えられてみてはいかがでしょうか?(爆)
イザという時の非常食にもなりますw

g-stringlrg.jpg


では、男性用の「勝負パンツ」は無いものでしょうか?

明確に「勝負パンツ」として売り出されているわけではありませんが、今、オーストラリアの会社オージーバム社(aussie bum)が売り出した『ワンダージョック』というパンツが、ネット通販を中心に大人気だそうです。発売7日間に5万枚が売れたとのことです(爆)。

元々、このアイデアは、女性がブラで胸を大きく見せたいのと同様、男性も股間を大きく見せたいと思っていることが、ユーザからのフィードバックで分かったことから生まれたそうです(笑)。

*****************************************************************
■サポート力重視の男性用下着、ワンダーカップが発売―オーストラリア

【シドニー/オーストラリア 2日 AFP】オーストラリアのデザイン会社が「ワンダーブラ(WONDERBRA)」に相当する「ワンダーカップ(WONDERCUP)」なる男性用下着を発表した。この商品を身につけると、明確な‘内容物’の増量が期待できるという。

商品の発売元バム(Bum)の創始者であるシーン・アシュビー(Sean Ashby)は、国営AAP通信の記者に、「大抵‘それ’は、持ち上がっているか、どちらかに寄っているか、伸びきっていると思います。この下着は、本人が生まれ持ったものの価値を最大限に活用する優れものなんです。大きさは関係ない。」と語った。

更に、「先週発表された商品に対してアメリカやヨーロッパから多くの反応が寄せられている」とアシュビーは付け加える。

「周囲の視線を釘付けにするテクノロジーはあなたをより偉大な人物に見せ、100%コットンの素材は驚きの肌触りをお届けします」というキャッチフレーズで売り出された「ワンダーカップ」の秘密は、‘それぞれのものが押しつぶされるのを防止する’ポーチにある。

「ワンダーカップ」は世界の主要デパートとネット上で販売される予定。写真は、2005年5月11日にマイアミ・ファッション・ウィークにて撮影されたもの。(c)AFP/ROBERT SULLIVAN

aussiebum-patriot-brief.jpg


■サポート力重視の男性用下着、ワンダーカップが発売―オーストラリア(AFP-BB-NEWS)
http://www.afpbb.com/article/1044986

******************************************************************

製品デザイナーのショーン・アシュビー氏の説明では、

「繊維のカップがすべてを下ではなく前に押し出します。詰め物、リング、ひもなどは使用していません」

つまり、タマを含め己が所有するもの全てを、下ではなく前に押出すのです!! 
これがこのパンツがナニが大きく見える秘密ですw

これで貴殿も今日からリアルまりもっこりです。
『まりもっこり』のように女子高生を始め多くの女性にモテモテなこと間違いないです。。。。。。。多分

自信が付くことで心理的な余裕も生まれ、それが成功に結びつくことから、また、スピ的な見方からも、自信を持った感情が望む現実を引き寄せることからも、このパンツは「勝負パンツ」としての効果が期待できそうです(爆)。

ヤッズ★はこのパンツ、愛を持ってこう名付けます!!

『まえもっこりパンツ』

エビオス&「まえもっこりパンツ」が、今後のトレンドになりそうですw

平行世界での兆し

【100日ブログ 第77日目】  願望入れ喰い状態まであと23日

最近、パラレルワールド(平行世界)という考え方に嵌ってます(笑)。

元来、こういった現実逃避(?)、い、いや目から鱗的なものは好きなのです。かつて、「地球は丸い」と言い張ったコペルニクスに対して「そんなことは断じて有り得ない!」と猛反論された時代がありますが、今でも人類は同じようなことを繰り返しているかもしれません。皆がまだ知らない事実を自分が知っているというのは、何ものにも代え難く気分が良いものです。

ですから、「シュレディンガーの猫」ではありませんが、量子世界での電子等の振る舞いの実験結果を知るに付け、今、躍起になって自分の考え方にパラレル・ワールド的な思考方法を取り込もうとしているのです(笑)。

しかし、パラレルワールドが本当にあるのかどうかもそうですが、移行した場合、確実に移行した証として、何か把握や認知できるものはないものなのでしょうか?

それがなければ、パラレルワールド的な考え方も色褪せます。
(把握、実感しようがないですからねぇ。。。。。)

もう1つ悩んでいるのが、古い世界と新しい世界の事象の食い違いです。

近い世界に移行した場合ならまだいいのですが、いままでとは大きく異なる望ましいワールド移行した場合、様々な事実が食い違い、いろいろと問題が生じてくるのではないのでしょうか。

ひだっち
(旧世界の「さるぼぼ」に対して、新世界の「ひだっち」。ブロガーに人気ですw)

で、考えたのが、その「辻褄合わせ」としてネガティブが起きるです(爆)。

見える現実世界は、自分の心が作りした想念を投影した世界だといわれています。

自分が自分を苦しめるような想念を出すのは可笑い話ですよね(笑)。
自ら進んでネガティブな想念を出すものでしょうか???

そうは考え難いです。

例えば、ある控え目な人がとても華やいだ場所に行った場合、その場に馴染めず、「この場に馴染めないなぁ。。。なんて私はダメのぉ。。。。。」というネガな思考を持つ場合がありますよね。

このように本人が意図しなくても、周りの環境で否応なしにネガな想念が発生する場合があります。

これと同じで、希望の叶ったパラレルワールドに移行した際でも、古い世界から持ち込んだ想念やら習慣やらはまだ存在しています。しかし、それらが新しい世界の波動に馴染めない為に、ネガティブを発生させるのではないでしょうか。そして物質世界に投影されてネガティブな出来事が意図しないまま発生する???

つまり、前ワールドと現ワールド間の差異の「辻褄合わせ」です(爆)。
ある意味、浄化ともいえます。

これは自動車のシフト操作に似ているなぁと直感しました。

例えば、シフトアップする場合、一時的にトルクが下がりますよね。
あの現象が転送直後に起きるネガティブなんだと思います。

願望の叶った新たなワールドへの移行は、シフトアップすることに相当します。

でも、その時に弱気になってアクセルを弱めてしまうと、マニュアル車ならガクガクとした挙動を示し、オートマ車なら勝手にシフトダウンしてしまいますね。

ですから、こんな時こそ、前向きに接しなければならないのです。
五日市先生のいう「困った時には、ありがとう」というのは、まさにこれと同じことなのです。

このように、ネガティブな出来事の発生は、希望の叶ったパラレルワールドに転送された「兆し」とも取れるのではないでしょうか。。。。。。。

時間ですよw

【100日ブログ 第76日目】  願望入れ喰い状態まであと24日

スピではよく、

過去も未来も本当はありません。
本当は「今」しか存在していません。
過去も現在も未来も同時に存在しているのです。
時間とはとどのつまり、幻想なのです。


といわれますが、イマイチ納得が出来てない自分がいます(苦笑)。

まぁ、未来は別にしても、過去に起きたことは思い出として自分の中に残っています。
電子のような量子が時間経過を無視するような実験結果を得て、「時間とは幻影で、過去は今と同時に存在している」と頭では理解しているつもりでも、この現実世界を見るにつけ、まったく実感できていません。

今、こうしてブログを書いている時と、かつて中学に入学式に出ていた自分とが同時に存在しているということは、あまりにも乖離し過ぎていて、頭が混乱してしまいます。

時間自体が偽装だったとしても、この意識的に感じる時間経過は否定できません。

今日1日、そんなことを考え、何か突破口になるヒントはないかと思っていました。
そんな時に下記のことが起きました。

午前中、出入りのトラック乗務員が、パレットに差込んだリフトのツメがはみ出た状態で荷降しをしてしまい、荷降し位置の向こう側の製品をリフトのツメで突付いてしまったという軽度の物損事故がありました。

まぁ、普通は荷降場所の手前で一度荷を降し、バックしてツメを浅く差し直し、間を詰めて置くというのがセオリーなのですが、そういう基本動作が出来ておらず、年初からそういった事例が非常に多い為、問題の運送会社の責任者を呼び出し、再発防止的な指導・教育システムの構築をお願いしました。

さらに、そういった基本操作の社内教育やチェックを重点的に取り組んでいる他の運送会社に声を掛け、問題のあった運送会社の監督者と参考の為に見学したい旨を申し込んだのです。

見学先の運送会社では、リフト操作教育や定期チェックを重点的に取り組みでいる為、リフト物損事故はほとんどないのですが、今日、夕方に訪問した時、まさにそのリフト物損事故が起きた直後だったのです(唖然)。そして、素早くその対策会議を開催している最中だったのです。

問題のある運送会社の監督者は、その対応振りに非常に驚き、取り組み方に感心を示した為、とてもいい経験であったと考えています。

これは、シンクロといえば凄いシンクロなのですが(爆)、
どう理解したらいいのでしょうか?

やはりセスがいうように、見学先の物損事故はヤッズ★が創造したものでしょうか?
ヤッズ★が見学しに行くと企画した段階で、既にこのような未来が描かれていたのでしょうか?

そんなこと考えながら、読みかけのセス本を開いたら、次のような言葉が出てきました。

時間というものは、瞬間の前にまた瞬間があるというように、瞬間が次々と繋がって成り立っているわけではありません。出来事というものは、あなたに起こるわけではなく、あなたの期待や信念に基づいて自ら物質化した体験です。画家が創造に際して絵の具を用いるように、あなた方も時間や出来事を用いて創造することが可能なのです。


時計の秒針を見ると、確かに時間を瞬間瞬間の連続のように把握しがちです。でも、セスはそうではなくて、時間の流れに沿う形で出来事を生み出し創造していく、あくまで時間は絵の具のような「材料」であり、体験を構成させるものに過ぎないのだと言っています。

そして、セスは別の箇所では、私たちが同時に存在する過去・現在・未来を実感できない理由として、

時間感覚を過去から未来に至る一本道的にしか把握できていないから

と述べています。

一本道かぁ。。。。。

ist2_4009819_future_past_sign_post.jpg


一本道以外の把握の仕方はあるのだろうか?

時間の把握の仕方をフーリエ変換がするように、1つの塊としてではなく、まばらに全体的に存在すると理解してみたらどうでしょう。これならば、過去には現在も未来も点在し、未来にも過去や現在が点在するという感じになります。

うんうん、少しだけ実感が持ててきたぞ!

そんなことを考えていたときに、フト次のようなアイデアが浮かんできました。

「本当の今」とは、過去・現在・未来のそれぞれの時点で感じていた刹那刹那の瞬間的な「今」、そういった細切れ状の「今」が累積・総体化したものじゃないのか?逆にいうと、僕らがまさに今、感じている「今」は、「本当の今」が微小空間化・断片化されたものに過ぎないのではないだろうか。。。。。。

こう考えれば、10年前の過去に感じた「今」も、現在感じている「今」も実は同じもので、違う局面を味わっているだけで、極端に細分化された状況に単に意識をフォーカスしているだけと思えてきます。

つまり、まず私たちを取り囲む空間があって、その中に我が身がポツンと置かれ、時間の流れに晒されているという状況ではなく、自分の周りに時間経過を伴った空間がスクリーンよろしく映し出されていて、それを私が眺めているといった感じでしょうか。

無限的存在である「真の自己」が眺めることが出来るのは、いつだって「今」でしかなく、思い出となってしまった遠い過去やまだ見ぬ未来に対して、いくら意識をファーカスしても観察することは出来ない相談です。

つまり、私たちは「今」しか味わって体験することが出来ないのです。既に過ぎ去って行ってしまった過去もその体験をしていた時は「今」だったのです。ですから少し詭弁的になりますが、ある意味、過去も未来も「今」(だった時がある)ということになります(爆)。

真の自己がいるところは「原型世界」であり、ここには時間など存在せず過去も現在も未来もなく、「今」しかないところです。逆に言えば、過去も現在も未来も同時に存在するという場所ですね(笑)。

時間と自己は、このような倒置した関係で把握されてるのだなぁ。。。。
(被観察物には時間経過があるが、観察者のいる世界には時間経過がありません。しかし、自己が自らを物質世界に埋没させて同一視してしまうが為に、時間把握が1本道化する。本当は違うシーン漠然と眺めているだけなのだが。。。。。)

やはり、時間は経たと思わせる為の偽装工作であったか(笑)。

ですから、スピで言われる「今ここ」というのは、普通言われるような「過去や未来のことについて夢想などせず、今、目の前に繰り広げられる物質世界だけに意識をフォーカスすること」ではなくて、「真の自己がいる深奥意識に意識を留めること」ではないかというのがヤッズ★の見解です。ファイナル・アンサー???

ちなみに、これは覚醒者がする意識の持ち方と同じです(爆)。

緑の炎の儀式

【100日ブログ 第75日目】  願望入れ喰い状態まであと25日

拝火教(ゾロアスター教)って聞いたことありますか?

光と闇の二元論で世界が成り立っているという世界観の宗教で、ザラスシュトラ(独読:ツァラトゥストラ、英読:ゾロアスター)が前6世紀ごろに開いたとされています。ゾロアスターは知恵の神アフラ・マズダから啓示を受け、人間はみずからの自由意志で、善の側か悪の側かに立つことができると説かれています。

さらに、両者の争いの果てに、最終的には善が勝利して悪を滅ぼし、悪神の勢力は滅ぼされるという宇宙史的運命を主張した最初の宗教で、世界は「光(霊的なもの)」と「闇(物質的なもの)」からなっていると説かれています。

0254SS.jpg


また、密教で行なう護摩焚きもここに源流があるともいわれ、ゾロアスター教が火を礼拝の対象としたことから「拝火教」と呼ばれました。

このゾロアスター教とイスラム教の流れを汲む宗教に「ヤッディ教」というのがあります。人口は30万程度のこじんまりした宗教です。単にヤッズ★に名前が似ていただけなので紹介しました、別にこれといった深い意味はありません(爆)。

まぁ、この拝火教繋がりなのですが、すこし前に読んでいたソニア・ショケット著『第六感 ひらめきと直感のチャンネルを開く方法』に「緑の炎の儀式」が載っていました。これは精神を高い波動へ導くための儀式なのだそうです。

その効き目は、著者が「絶対保証」するとまで断言するほどに、効果の高いものだそうで、ただ、非常に強力なため、で3~4ヶ月間を空け、心がブロックされてきたなぁという時行った方がよいそうです。

  (材料)
  ・エプソム塩・・・2カップ
  ・消毒用アルコール
  ・アルミホイール(容器保護のため、無くても可)
  ・燃焼用のツボと皿
  ・精神的、感情的に手放したいものすべてを書き出したリスト

今回の「緑の炎の儀式」はお試しトライ程度のことであり、緑色の炎が出れば問題なさそうなため、入浴剤で代用してみました。

で、何故、緑色なのか?

  ◎空気を洗い清め、清々しい状態にする
  ◎新しいスタートを表現するのに、最も相応しくかつ効果的な色
  ◎赤い炎よりも心を落ち着かせる
  ◎普段目にしない炎の色のため、より神秘的な気分で炎を凝視できる

では、実際にやってみましょう。

エプソム塩をポッドに入れ、満遍なくアルコールを浸します。マッチで火を付けると、緑色の炎が立ち上がってきます。なかなかキレイですね。

この炎の中に、ネガティブ・リストを入れ完全に燃え切るまで凝視します。
だいたいこの間、5~10分です。

そして、ここがこの儀式のポイントなのですが、燃やしている最中に音のするものを鳴らすのだそうです。著者はドラムを叩いているそうですが、別に、ベルを鳴らしも、「出て行け!」と叫んでも、「聖歌」を歌ってもいいそうです。

ヤッズ★の場合は、目覚まし時計のアラーム音を使ってみました。

う~む。期待しすぎたからでしょうか、あまり効果を感じられませんでした(爆)
エプソム塩は「肝臓デトックス」の為に購入しタップリあるので、また試してみようと思います。

眠り

【100日ブログ 第74日目】  願望入れ喰い状態まであと26日

下記は、静香さんブログに載っていたセスの言葉ですが、
そういえば、約10ヶ月前に書いた「セスかく語りき」として記事化したことを思い出しました(笑)。


あなたが夢の環境を変えたり、夢を操ることを習得すれば、
物理的環境にも変化を及ぼせるようになるでしょう。
夢を特定し、そこで望み通りの変化を起こすことができます。

そして ある一定の条件がそろえば、
夢と同じ状況がその後の物質的現実でも起こり得るのです。
あなたがたは今でも、しばしば こうしたことを 気づかぬままに行っているのです。



またセスは、「睡眠時には堰き止められていた自分本来の能力を取り戻し、
そこで形作った自らの観念を未来といわれる場所に投影している」のだとも語っています。

ヤッズ★は今まで、「眠り」はパラレルワールドへの入口であるという考えから、
転送装置(=布団)に入りながら行う「チャーリー、転送してくれ!」ワークを
しつこいぐらいに提唱してきましたが、やはり間違ってはいないと確信いたしました(爆)。

LAND-OF-.jpeg

まぁ、チェネリング情報ゆえ眉唾情報ではないか?という一抹の不安もありますが、ヤッズ★が敬愛する人智学の創始者、R・シュタイナーは、夢についてこのように述べています。

◎高次の認識が開けるまで、意識は眠りによって中断される
◎夢のなかに天界が示されるようになる
◎夢のない眠りのなかを、意識をもって体験・知覚できるようになる
◎睡眠は無意識でなくなり、覚醒中と睡眠中、意識が連続するようになる
◎この体験は日常世界と関連し、通常の判断力で理解できないでいたことが、睡眠体験で解明
◎睡眠体験を物質界と結び付けることを怠ると、空想家になってしまう
◎物質界の事物は、精神界から流出したものだ
◎宇宙の秘密に関連する表象・概念に集中・瞑想すると、高次の心魂が深い眠りの中で誕生する
◎心魂は昼も夜も、天界のなかで活動している
◎心魂は絶えず天界から、無意識に刺激を受け取っている
◎霊界には、悪魔や精霊・妖精も存在し、その力を自分の利益の為に使いたい誘惑が生じる
◎人間の使命は地上にある。その使命を果たさずに、霊界に逃れる者は目標に到達しない
◎天界は創造力の源だ。その天界に触れることによって、地上での活動が有効なものになる
◎今までは思考の中で暗い影のような概念が、睡眠体験を通して生命的な響きを得て、音・言葉のようになる


この中には、「夢は現実前の未来の雛形」であるような記述は見あたりません(涙)。

でも、夢には私たちが普通想像する以上のものが秘められていると言っています。

この中に、「睡眠は無意識でなくなり、覚醒中と睡眠中、意識が連続する」という記述がありますが、セスによると私たちは8時間の睡眠をとり続けることで、「夢の意識状態」と「覚醒時の意識状態」の2つに明確に分離されてしまうといいます。

ですから、仮眠+就寝、仮眠+仮眠+就寝...等のように短時間睡眠を間に挟むことで、連続8時間も寝ないでも(トータル6時間でOK)、問題なく充分な休息が出来るとセスはいっています。逆に長時間睡眠は体に負荷がかかり老化を早めるから健康にもよくないそうです。

毎日、他の人よりも2時間も余分に活動が出来るのは、嬉しいですねw
本だって、たくさん読むことが出来そうです。

また、仮眠後に食事をとることで、体が「食べ物を得られない」という危機感がなくなる為、無暗に栄養を体が溜め込むことがなくなり、ダイエットにもいいという話をK嬢先生からも聞きました。

ダイエットにも効果ありですか!!!!(爆)

このような睡眠方法を習慣化することで、分かれてしまっていた「夢の意識状態」と「覚醒時の意識状態」の2つの意識状態が近づき交じり合うことで、互いの世界を認識できる意識状態が出来るそうです。この意識状態なら、夢の中でも意識的に行動ができるようになるといいます。また、失われた能力(千里眼・テレパシー)も再発見できるそうです(笑)。

夢の中は、本来の存在としての能力が制約なく開放されているので、こういった能力が覚醒時にも備わるという話は納得できますね。エジソンやナポレオンも短時間睡眠が有名ですが、それ以上に居眠り(=仮眠)の名人であったことが知られています。彼ら偉人の発想や行動の根幹には、夢からのアイデアやヒントがあったんじゃないかとヤッズ★は睨んでいます。

仮眠はホント良いことだらけですね。

さぁ、今日からエビオス飲んで仮眠じゃ!
(何故、エビオスなのか?爆)

明晰夢―夢見の技法明晰夢―夢見の技法
(2005/04)
スティーヴン ラバージ

商品詳細を見る

多次元存在

【100日ブログ 第73日目】  願望入れ喰い状態まであと27日

『セスは語る』の中でセスは、私たちは多次元的な存在であると繰り返し言っています。

セスは語る―魂が永遠であるということセスは語る―魂が永遠であるということ
(1999/06)
ジェーン・ロバーツ、ロバート・F・バッツ 他

商品詳細を見る
(バイブル並みの厚さ。でも、枕には丁度いい厚さだぞ!)

過去世、未来世、現世に数多くの自己が存在していて、私たちはそれら全てに渡った存在であり、その物質的に送り出された存在を含め「超自我」というものを構成しているといっています。しかも、それらが「今、ここ」に同時に存在していて、この何も無い様に見える空間に充満して存在しているというのです。

超自我、つまり、HS(ハイヤーセルフ)のことです。

これは自己をクライアントとした場合、サーバといえますでしょうか?
あるいは、もっと広く括ってクライアント・サーバ・システムと全体を指すようなものでしょうかね。

ただ、多次元存在だよと言われても、なかなかピンときませんよね(笑)。

現に私たちは、この世の自分だけしか認知出来ていないし、人によっては、今、自分はいったい何をしているすら分からないとまで言い出す人がいるぐらいです(爆)。

意識が肉体から生成したと固く信じて疑わない人は、このことは絶対認めることが出来ません。
というのは、3次元的なものから多次元的なものが生成することなど有り得ないからです。

ただ、1つだけいえることは、私たちの深奥にいる「自己」は、間違いなく3次元的な存在ではないといえることです。では、それを少し説明してみましょう。

下の図は、半田広宣・著『2013年:人類が神を見る日』の追補に書かれていたものですが、0次元(=点)を観察するには観察者(=自己)との間には1次元(=線)を構成し、1次元(=線)を観察するには2次元(=面)を構成し、2次元(=面)を観察するには3次元(=立体)を構成することから、観察者(=自己)は必ず観察する対象よりも1次元高い次元に存在しなければならないということが分かります。

観察者SS

でないと、観察する対象に埋もれてしまい観察が出来ません。

ですから、この物質世界という3次元世界を観察する自己は、それよりも1次元高い次元の4次元に存在していなければ観察ができないことになります。

この場合、もう1つ高い次元とは、SFでいうような「時間軸」を示しているのではありません。
立体の全ての面と直交し対峙する方向です。

そこに観察者、つまり自己は存在するのです。

でも、3次元に埋没した感じってどんな感じなのでしょうかねぇ。。。。
きっと、見える世界が平面に見えていて、そこに立体情報が織り込まれている状態でしょうか。

ヤッズ★が思うに、ピカソが書く絵のような感じじゃないかと考えます(笑)。


nakuonnaSS.jpg
(ピカソはこの絵で立体の平面化を試みたというが。。。。)

さらに、アセンションで次元上昇したら、今までの4次元的な自己は5次元的な自己になるはずです。

で、5次元的自己が眺める対象物には、立体をベースに全ての方向からの見た情報が織り込まれるだろうことから、例えば「ほしのあき」を眺めた場合など、彼女のいろいろな局面(前側・横側・後側)が同時に見える、そ、そう、きっと阿修羅のような感じになるんじゃないでしょうか(爆)。

阿修羅SS
(あきちゃんが、こんなになったら。。。。。どうしよう)

2013:人類が神を見る日―アドバンスト・エディション (超知ライブラリー―サイエンス)2013:人類が神を見る日―アドバンスト・エディション (超知ライブラリー―サイエンス)
(2008/02)
半田 広宣

商品詳細を見る
(この本、難し過ぎだぁ。。。。。)

確かにこう考えれば、私たちは4次元的に存在していることは、頭では納得は出来ますね。

問題はどう実感するかです(爆)。

セスがオススメしている方法は、暫しの間、自分の肉体的感覚器官のスイッチを切ることだといっています。この感覚器官を切ることは、自己という個別意識を失うのではないかという恐れを持つことから、私たちは無意識的に避けているのだといいます。

そういえば、体温と同じ暖かさで体が浮く比重の溶液に浸り、外部の光や音を完全に遮断するアイソレーション・タンクは、この肉体感覚のスイッチを切るのには持って来いの装置ですね。

これなら、もしかして異なる時代にいる自己と交信できるかもしれない(爆)。

ああっ、ヤッズ★も早く「浮き友」になりたいなぁ。。。。。


■ECCO(日本で唯一アイソレーション・タンクがあるところ)

■アイソレーション・タンク体験談
・わくわくHAPPYミュルアな気分♪(ミュルアさん)
・水口日記

セスワーク①

【100日ブログ 第72日目】  願望入れ喰い状態まであと28日

さあ、困った。。。。。今日は書くことが全くない。。。。。。

ここはひとつ、セスのワークを紹介しますね。
とても効果的で簡単なワークだそうです。

これは、「魂を直感的に理解したい」時に行うといいそうです。

①目を閉じる
②自身の中に生命力の源泉があるのを感じる
③力がそこから外に向け流れ出しているのを感じる
 (指先や爪先、体中の毛穴を通って光となって四方八方に放出)
④放出された光は宇宙の果てまで届く

セスによると、私たちの創造性はこの通りに外界に達しているそうです。

この方法、以前紹介した「口寄せの術」に似ていてとても興味深いです。「口寄せの術」では、手足の先の方に意識を分散させるのですが、この方法に頭髪といわず、ワキ毛といわず、全ての毛穴まで意識を分散化を付け加えてみたら、面白いかもしれませんね(笑)。

naikedo01-a006.jpg

では、良き1日であられますことを!

願望実現の日々

【100日ブログ 第71日目】  願望入れ喰い状態まであと29日

今日というか昨日(4/5)は、サッカー観戦に行ってまいりました。
静岡スタジアム・エコパでの初観戦でございます。

前々から、エコパで観戦したいと思っておりましたので、観戦出来て嬉しい限りです。

ここは3万収納の大きなスタジアムです。
(浦和や鹿島などはもっと大きいスタジアムだが。。。。。。。汗)
アウェイ側の来場が多く見込める場合は、手狭のヤマハスタジアムではなく、こちらのスタジアムを使用するようにしているそうです。クラブの収支増加に直結しますので、レッズ・サポーター様様です(感謝)。

ECOPA.jpg
(アウェイ側を埋め尽くす赤の軍団 試合開始前からイレ込んで唸ってます・笑)

相手は強豪・浦和レッズですが、大挙して乗り込んでくるサポーターの方が有名ですね。
実は、こっちの観戦が主目的でした(爆)。

まぁ、試合結果は1-2と浦和の逆転勝ちとなってしまいましたが、普通、アウェイ側はすぐに岐路につくものですが、レッズサポーターは違っていました。試合終了して大分経っても、まだ会場内でうなって大声を上げて応援歌を歌っていたのです(爆)。

あのサポーターのパワーこそ、チームの強さの源泉だと感じました(笑)。

というのは、両チームのサポーターぐ繰り広げる応援合戦とは、つまるところ、
感情を込めた集団的願望実現ワークであると睨んでいます(爆)。
よりパワーが勝(まさ)った方が「勝利」を引き寄せると考えてますが、応援が勝っていても負けることもありますので、ホントのところはどうなんでしょうねぇ(爆)。

で、帰りはK嬢先生オススメの「ふらんす亭」に行ってきました。

■ふらんす亭
http://www.france-t.co.jp/france_tei/

ここは全国チェーン展開していますので、ヤッズ★のいる地方では浜松のイオンショッピングモール内にあります。この店舗の前は何度も通り過ぎていましたが、正直いって3つ隣の「ラケル」のウェイトレス・ユニフォームのレイチェルドレスにとても萌えてますんで(爆)、ラケルばかりが目に入り、K嬢先生のオススメがなければ、この先もずっとふらんす亭に入ることはなかったと思います。

で、ふらんす亭のウリは「レモンステーキ」で、実はコレ、佐世保名物なんですね(爆)。

これは薄切りの肉にショウガベースの甘いタレとレモンを載せたものですが、初めて食べたヤッズ★家には大好評でした。Jr.はまた食べに来たいと言い出す始末。ですが、次回はもう1つの名物「黒い焙煎カレー」に挑戦の予定です。( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう

LEMON.jpg
(魅惑の佐世保名物レモンステーキ。。。。。。。すんげぇ旨かったw)

ヤッズ★は今日の日記のように、叶えたい願望を1つ1つを実行に移し実現しております。

ちゃんとお金を払ってね(爆)

さて、これは願望実現ワークの結果、引き寄せたものでしょうか?
それとも、セスがいうように宇宙規模の芝居(=現実)の中でお金を使うという演技をしながら、自作自演しているだけなのでしょうか?

ヤッズ★としては。お金を使わない引き寄せや演技をしたいのですが。。。。。
いまだ、納得できずにいます。

では、良き夕べをお過ごしください。

セスかく語りき2

【100日ブログ 第70日目】  願望入れ喰い状態まであと30日

前回の記事「パラレルワールド」で、「他者とはHSの演技」というとても受け入れがたい考えをヤッズ★は披露したのですが、このナンセンスともいえるアイデアに対して、何か決め手になるような情報は無いかと考えあぐね、夜も眠れない程、悩んでいました。(実際は、そう考えながら爆睡してましたが。。。。爆)

そんな状態の時、『セスは語る』という本が急に脳裏に浮かんできました。
無性に読みたくなったのです。

い、いや、これは「読め!」と言われているのかもしれない(爆)

かなり前、購入したはいいが、字がちっちゃく読みづらい為、そのまま放置状態してた本ですw
で、そこに求める答があるかもしれないと直感したのです。

この本は、詩人ジェーン・ロバーツにセスと名乗る多次元存在が乗り移り、夫が口述筆記したものを書籍にしたものですが、かれこれもう50年前に書かれた、いわばチャネリングの古典ともいわれる本です。しかし、その格調高さからスピリチュアリズム(心霊主義)側からの評価も高い本です。
(『神との対話』は「評価するまでもない」とケチョンケチョンでしたが・爆)

『バシャール』のダリル・アンカもこの本から影響を受けたともいわれ、また、『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』の著者・ヒックス夫妻は本の中で感銘を受けたと正直に書かれているほどです。かつてこの本が米国でチャネリング・ブームを巻き起こした為、米国では有名なのですが、日本での知名度はイマイチです。(逆に、日本でチャネリング・ブームを巻き起こした『バシャール』は、本国ではそれほど知られていないw)

セスは語る―魂が永遠であるということセスは語る―魂が永遠であるということ
(1999/06)
ジェーン・ロバーツ、ロバート・F・バッツ 他

商品詳細を見る
(バイブル並みの厚さ。でも、枕には丁度いい厚さだぞ!)

で、その直感は当たってたでしょうか?

直感、当たってました(爆)。

人の人生やいま置かれている外部環境を「自分自らが出演する宇宙規模の芝居」であると擬(なぞら)えて、セスはこう言っています。


体の感覚器官は、実それ自身がそれのみ知覚しているかに見える物質的現実を形づくります。体の感覚そのものもカモフラージュの一部です。

しかし、それらは本然の内なる知覚を覆うレンズのようなもので、あなたがたに形而下の物質として通用しうる活動領域のみを「見る」べく強要するのです。そうすることによって体の感覚器官は起こっている事柄のほんの上辺を告げるだけで、あなたがたの信頼を勝ち取ることができています。

例えば、あなたは自分以外の役者たちの持ち場や、時計が示す時刻をきちんと把握することができます。しかし、その時刻自体カモフラージュであることや、他の役者たちが意識によって創られていることや、あなたに見ることのできないでいる現実が、いまこれほど明白である物質的実在物を超えたところに存在していることを、体の感覚は教えてくれません。

(セッション522 p.127より抜粋)

GENNJITUSS.jpg
(とっても天然なあーちゃん そんなあーちゃんの無意識はどんな現実を生み出す?)

椅子や机を始めととした外部環境も、他の役者(=他人)も、さらには自分の肉体さえも、本質的なものではなく、本質的な存在からの情報を使い、自分の無意識を通してカモフラージュ(偽装)されたものであるということです(笑)。

これでは耐震偽装じゃなく、物質偽装です(爆)

また、セスはパラレル・ワールドについては、「パラレル・ワールド」という明確な言葉使いはしていませんが、この肉体を含め全てはカモフラージュ(偽装)されたもので、偽装自体は実在するが、その内部にはその実在に形を与えた意識の力が存在しており、私たちは無意識の機能を使って、それを物質的形態として見ているのだと述べています。

つまり、物質的形態をとるには、最初に意識で形づくることが必要ということです。

意識はどんなことでも考え出せるので、ある意味、無限の可能性があります。ある1つに固定化された意識を持つことは、丁度、無限にあるパラレルワールドのなかから、ある1つの世界を選択し乗っかることと同じこといえます。

単に「表現上の違い」だけかな(笑)。

それよりも驚きだったのが、私たちは多次元にまたがって存在する「多次元存在」であると、繰り返し語られていることです。つまり、過去世も現世も未来世も「今、ここに」同時に存在するというのです。確かに、原型世界(暗在系とも表現)であるソース部分では、時間も空間もなく、全てが折り畳まれた世界ですので、言っていることは理解できます。

セスは「輪廻転生」といわれる現象を認めているのですが、この「輪廻転生」は異なる時代や空間に同時に多数存在している自我から構成される「大いなる自己(=内なる自己、HS、無意識)」が、その深奥内部にて情報を相互にやりとりしているからこそ起きることで、巷で言われているような「過去世が現世の環境を決めること」は、決してないと言い切っています。

コンピュータで例えると、「内なる自己」がサーバで、「自我」はクライアントでしょうか(笑)。

クライアント側で表示・処理されるものは各々異なりますが、サーバはその全てに反応しています。そしてクライアント全ての情報を把握していて、それでいて控え目です。クライアント使用時には、サーバがあることすら意識に上がらない程、その存在が希薄な点まで同じですね。
※註 コンピュータネットワークにおけるサーバ(英:Server)とは、クライアントに対して、何らかのサービスを提供するシステムのことである。複数のコンピュータが相互にネットワークで接続された環境において、多数の利用者に情報を伝達したい場合、一箇所にその情報を蓄積しておき、利用を希望する利用者がその必要に応じて、蓄積場所に問い合わせる形を取る。(Wikiより抜粋)

これは、私たちが時間というものを、過去から未来へと「直線的にしか時間を認識できない」ことから起きる誤謬であるとセスは看破しています。つまり、時間は我々が認識するのよな「瞬間の連続したもの」ではなく、1秒前も1秒後も、昨日も明日も、すべては今同時に起きているのだというのです。で、この認識は3次元世界であるこの物質世界に意識をフォーカスしている限りは難しいとも語っています。

この時間感覚をどう表現したらいいのでしょうか?

ヤッズ★が思うに、夢のなかでみるストーリーは、時間経過がまったくランダムで前後した状態で見るのですが、これに近い感じではないかと睨んでいます。

まだ、本格的に読み始めて間もないので、あまり多くは書けませんが、随時、ヤッズ★が気に入った箇所を書くことで、皆様(=自分のHS・爆)と内容をシェアしたいと思っています。

萌え経済圏

【100日ブログ 第69日目】  願望入れ喰い状態まであと31日

毒ギョウザやチベット動乱で注目を浴びている中国ですが、そんなネガティブな話題だけではありません。今回はメイド喫茶が中国四川省でオープンしたという話です。

少し前、上海でもメイド喫茶はオープンしましたが、値段が高い為、あえなく閉店してしまいましたが、この四川店はどうなるでしょうか。この萌えブームは中国だけでなく、タイ、シンガポール、韓国、台湾と、アジア圏に次々と広がっていて、ゾクゾクとメイド喫茶が誕生しています。

まさに、日本の誇るべき文化ですw。

■INTER News (その1~5)
http://internews.jp/archives/overseas/20080221_05.html

■四川省・成都市にオープンしたメイド喫茶

(な、なんだメイドのこの質の高さは。。。。。。ち、ちゅ、中国に行きたいw)

一方、中国側の反応はどうかといえば。。。。

*************************************************************
2008年2月、四川紙「天府早報」が成都のとあるメイド喫茶を紹介した。日本の「動漫(アニメーションと漫画)」文化をこよなく愛する若者達に対し、「優れた伝統文化を持つ中華民族が、日本文化を真似る必要などない」とする専門家の意見も掲載。

この「いかがわしい舶来文化」は一体何なのか?
と疑問の声を呈している。

■YAHOO!JAPANニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080319-00000014-rcdc-cn
*************************************************************

萌えは、いかがわしい舶来文化とな(超爆)。

ただ、記事中のもありますが、彼ら中国人はオタク文化を恥じるべきものではなく、寧ろ誇りにさえ思っているということです。こういう点は日本人も見習うべきだと思いますね。

もし、ECのユーロのようにアジア圏が通貨統合となった暁には、政治家や文化人はそれぞれの国で受け取り方が全く異なってしまい火種の元となる為(例:伊藤博文が日本では明治の元勲だが、韓国では悪鬼となる)、このアジア共有の文化となりつつある萌え絵を紙幣の絵柄に是非採用して貰いたいと思っています(爆)。

トドメを知らない「萌え文化」の広がりですが、今や、こんなもんもまであります。

■萌えローン(ライブドア・クレジット)
■アニメ「らき☆すた」の“商品券”で街おこし

2c5a11fc.jpg

そして、このアジア萌え経済圏を結ぶ国際線のフライト・アテンダントには、是非、メイド服を着て貰いたいと思います。当然、機体のカラーリングも萌え絵です(爆)。

■株式会社メイドエア
http://maidair.exblog.jp/
(やはり、同じような発想をする方はいるもんですねぇ。。。。。)

想像できる世界は必ずパラレルワールドとして存在します。
特に激しい感情を伴う場合は、そのパラレルワールドに移る為の条件ですね。

ですから、きっと近々メイド服を着たフライト・アテンダントがいる航空機が就航するでしょう(爆)。

まぁ、実際、このようなハード萌え路線は主流になるかどうか分かりませんが、日本人の文化自体が「萌え」を育む土壌があるのです。一例をあげると、便座ヒーターとか、トイレの擬音装置とか、日本ならではの商品がありますが、これらは、日本的な感性の繊細さと、それをものづくりに生かす日本の製造業の強みから生まれた商品です。

「萌え」とこういった商品には、何か共通したメンタリティを感じますね。

■“あの音”、恥ずかしくありません?
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20070706/129264/

TOTO 音姫 トイレ用擬音装置 露出取付け YES300DTOTO 音姫 トイレ用擬音装置 露出取付け YES300D
()
不明

商品詳細を見る

(節水効果絶大で一般住宅でも装着が増加中)


萌え経済学萌え経済学
(2005/10/30)
森永 卓郎

商品詳細を見る

(著者は言う「萌え」は、ある意味「解脱」だと。。。。。)

蔡依林祭り

【100日ブログ 第68日目】  願望入れ喰い状態まであと32日

「少年キラー」の異名を持つ台湾の歌手・蔡依林(ジョリン・ツァイ)ですが、日本では、まだそれほど有名ではありません。しかし、香港・台湾・大陸の中華圏では、絶大な人気を誇っています。

18歳の心魂をもつヤッズ★には、かなり効きます(爆)。

このPVを最後まで見ていくと、きっと蔡依林の魅力に取り付かれることでしょう。


(BoAではありませんw)








蔡依林 唯舞獨尊演唱會 鮮聽版 &混音專輯 (初回限定台湾版) (2CD+DVD)蔡依林 唯舞獨尊演唱會 鮮聽版 &混音專輯 (初回限定台湾版) (2CD+DVD)
(2006/10/05)
蔡依林(ジョリーン・ツァイ)

商品詳細を見る


舞孃 (冠軍慶典完美豪華版)(DVD付) (台湾盤)舞孃 (冠軍慶典完美豪華版)(DVD付) (台湾盤)
(2006/07/14)
蔡依林(ジョリーン・ツァイ)

商品詳細を見る

パラレルワールド

【100日ブログ 第67日目】  願望入れ喰い状態まであと33日

敬愛する香姐さんから、ヤッズ★のパラレルワールドに対する疑問に対しての回答を頂きましたが、ヤッズ★の考え方があの短い質問からだけだとよく伝わらない点を補足する意味で、今回、記事化してみました。

ヤッズ★はこのブログを開始した当初は、この現実世界はそれぞれの意識体(人、動物、蟲...等)がそれぞれ体験したり意識したことをソース部分(暗在系、原型世界)に書き込んでいき、それがこの現実世界に投影され、さまざまな細かなディーテルもつ物質世界を形づくっているという「幽界や霊界はあるにせよ、物質的現実世界はたった1つだけで、固有強固なものである。」という考え方をしていました。

その後、いろいろな知見を得るに従い、パラレルワールド的な考え方も取り入れきている状態です。

しかしながら、現在、<パラレルワールドと他者の関係でどう整合性を付けるか>でいろいろ悩んでいる最中でして、これといった明確な考えがまだ構築できていないです。

いろいろと心揺れ動いています(爆)。
まぁ、そんな状態で構築中の見解だと思って読んで頂けたらと思います。

021_30_greenwich2_415x275.jpg
(量子世界では当然と考えられているパラレルワールド 果たして等身大の世界でも有効か?)

で、今回、ちょっと例え話として、艶(なまめ)かしい話を用意しました。

ここにイケメンな男性(E男)がいて、この男性を心底好きになった女性が2人(A子さん、B子さん)います。この2人は少し離れたところに住んでいて、それほど頻繁に連絡は取り合わないけれど、かなり親しい友人であるというシチュエーションで考えてみます。

で、この女性2人がこの男性を我がものとしようと、「引き寄せの法則」に則って、感情を込め「男性と結婚する未来」を想起し願望実現ワークをしました。

パラレルワールドの考え方では、A子さんにはA子さんとE男が結婚して幸せになっているパラレルワールドがあり、BさんにはB子さんがE男と結婚し仲睦まじく生活しているパラレルワールドが存在していると考えます。

お互いがそれぞれ自分の望む世界(=E男と結婚)を引き寄せ、うまくそのパラレルワールドにのっかったとします。ああ、メデタシ、メデタシ。

で、ここからが問題です。
友人として結婚披露宴への招待を電話報告をするときの話です。


A子「もしもし、B子、こんな夜遅くにごめんね」

B子「ううん、いいわよ、でも、何か声が弾んでるわね! 何かいいことでも?」

A子「うん、実はね、今度ね、私、結婚することになったの」

B子「わぁ、おめでとう! でも偶然ねぇ、実は私も結婚することになったのよ!」

A子「おめでとう! な、なんて偶然なの! これはきっとシンクロね!」

B子「で、相手はどんなイケメンさん?」

A子「うんとね、それは、B子も知ってると思うけど、あのE男さんなの」

B子「・・・・・・・・・・・・」

A子「どうしたの、B子? 急に黙り込んじゃって。。。。」

B子「だ、だって、私が結婚するのはE男さんなのよ!」

A子「てめー、人の幸せ報告ン時にふざけんじゃねぇ!」


さて、この場合、E男が重婚詐欺を働いたというオチを除外すれば、有り得ない展開だというのは分かるかと思います。

200610136SS.jpg


A子さん、B子さん共に幸せになって欲しいと思うヤッズ★は、この現象をパラレルワールドとしてどう整合性を持たせるかということに頭を悩ましているわけです。

でないと、パラレルワールドを信じ、その世界を引き寄せワークをすることが全くの無意味に思えてくるのですね。つまり、それでは全く今まで私たちが慣れ親しんだ現実世界の捉え方、「物質世界が1つだけ存在していて、私たちはその中に投げ込まれている」と全く同じになってしまいます。

取ったもんが勝ちや!

取られたら、もうお仕舞いや!

もしかしたら、パラレルワールドなんてことは、最近の量子力学の学説を単にチャネリングや願望実現本が取り入れただけじゃないのかなと思えてくる程、疑心暗鬼に陥ってしまっています(爆)。

ここでは、パラレルワールドが充分に成立しているとして、話を前に進めます。

それぞれがE男と幸せな結婚をしているパラレルワールドにうまく移った場合、その世界で行き会うA子さんから見たB子さん、逆にB子さんから見たA子さんは、いったい何者になるのでしょうか?

ここが一番の疑問なのです。

もし、2人ともE男と結婚するという幸せな世界に移行した場合、A子さんの世界からは、

 ・B子さん自体が消えて無くなってしまう? 
 ・全く異なる男性と結婚したB子さんとして存在している?


もし、消えて無くならない場合、B子さんの本体は、E男さんと結婚した幸せな世界にいるわけですから、A子さんの世界で、さもB子さんのように振舞っている人物はいったい何者?ということになりませんでしょうか。

まぁ、それに整合性を持たせるために、

 それぞれが自分の内面を投影した現実世界をつくり、それを体験している
 つまり、自己と他者の世界球は、離れ離れで決して交わることなく孤立して存在


このように想定してみました。

だから、目に見える他人は実は「自分のHSが演技」しているのではないかという仮説を立ててみたのですが、ただ、これだと自分がブログを書いて、その内容に自分がコメントし、それに自分がレスを書いているという全くナンセンスな状況となります(爆)。
(こんな話、昔、実現くんと通りすがりさんのコメントのやりとりにあったなぁ。。。)

目に見える外界世界は、実際には脳の中の意識のスクリーン上に再生された映像で、実物ではありません。ある意味、自分の一部であるとさえいえます(笑)。その映像にちょこっと他人の振りをしたHSが演技を付け加えれば、成り立つ話じゃないかと考えたのです(爆)。

ただし、このナンセンスさを避けるために、自他は根源的なソース部分で融合して繋がっておりもっと大きなソウル(魂)を構成しており、これがHSであると考えれば、「他人の振りをするHS」というのは、実はそんなに難しいことじゃないんでは?と考えました(笑)

簡単にいうと、自他はソース部分では繋がっているけれど、それぞれが自分の内面を投影して作った全く孤立した現実世界の中で生活していて、見たり、食べたり、泣いたり、怒ったりして様々な体験をしているんじゃないかというのおがヤッズ★のパラレルワールド観です。

ただね、こういう考え方にまだまだ自信持てないし、
現実がそんな風には見えないから
気持ちがユラユラ揺れ動いてしまっています(爆)

ああっ、今日も寝れなくなりそうです。。。。。。。。。

コーヒーエネマ

【100日ブログ 第66日目】  願望入れ喰い状態まであと34日

世間では今日はエイプリル・フールということで嘘っこ情報の氾濫が予想されますが、ヤッズ★ブログがいつも真剣ガチンコ勝負で行きます(爆)。

世の中には「油断大敵」という言葉がありますが、ほんの些細なことで、後で取り返しがつかなくなる場合があります。

腸だって一緒です。

宿便が溜まってしまうと毒素が排泄され、お肌や吹き出物が出来て折角の綺麗な肌も台無し。。。。
何故だか原因が分からない皮膚病に侵されたりします。

そんなときは、腸クレンジングするといいと言われています。

しかし、ヤッズ★も過去にスイマグを使った腸洗浄を行ったことがありますが、あのとっても不味いスイマグ+塩水(通称:鼻水水)を2リットルも飲まないといけないので、それを考えるとついつい実行を躊躇してしまう自分がいます(笑)。

もっと楽に出来る方法はないものか?

そこで登場するのが、楽に腸洗浄が出来る「コーヒーエネマ」です。
エネマとは浣腸のことですが、文字通り、コーヒー液を使って浣腸する民間療法です。

コーヒーを使っていますが、決して口から飲んで便意を誘発させるわけではありません。

■エネマと肛門の世界
http://anatomi.blog93.fc2.com/
(「1本便の作り方」の記事が秀逸ですw)

bathroom.jpg
(広い浴室がある米国では、浴室でエネマするのがローカルルールです)

腸内洗浄(コーヒーエネマ)は、便秘だけでなく、ダイエット、美容効果、成人病や癌の予防にも効果があるといわれており、約80年前Dr.マックスゲルソンによって始められた歴史のある健康法です。国内のコーヒーエネマの愛好者は 10万人を超えるとのことで、かなりポピュラーな健康法として知られています。

獣臭だって消えるかも???

病院やエステでやってもらうと場合、1回8000円ぐらいしますが、家庭用のコロンキットなら通院1回分+αで十数回分のエネマが出来るのでとってもお得です。また、通院する場合は、行き来の時間、待合時間....等、無駄な時間がかかるだけでなく、綺麗な看護婦さんに肛門を見られるという恥ずかしいこともありませんね(笑)。こんな理由から、ホームエステ感覚で多くの人が実践しているのです。

これであなたの部屋もエステに早替わり!

カフェコロンスターター12缶セット【送料無料】カフェコロンスターター12缶セット【送料無料】
()
不明

商品詳細を見る


何故、お湯や油や塩水ではなく、コーヒーなのでしょうか?

コーヒーの中にはカフェインやテオフィリンなどの有機酸含まれていますが、肝臓の管を拡張させ血中の毒素を胆汁の中に排出しやすくさせてくれるる為、肝臓細胞内の毒素や老廃物の排出をスムーズにする効果があると考えられているからです。

やり方ですが、このコ-ヒー液を肛門から入れて、大腸、特に横行結腸、下行結腸、S字結腸、直腸の内部のある宿便を洗い出します。普通700~1200ccの量を使用し、1日1~2回、できるだけ決まった時間に行います。(夜にゆっくり時間のある人は夕食の1~2時間あとの19時から21時頃行うのが理想的といわれています)

水道水は塩素が入っている為あまり良くなく、整水器を通した水やミネラルウォーターで作ったコーヒー液が理想です。上記のカフェコロンならば、最適な濃度のコーヒーに各種ミネラルが含まれていてとても扱いやすいと思います。


■コーヒーエネマ体験記(ちえぞうさん)
http://aichi.to/lady/obaka/enemataiken.htm
■カフェコロン体験談(自転車でこっそりダイエット)
http://diet.kossori.biz/cafecolon/cafe_colon-03.html
■カフェコロン体験談(DecentWork.INC)
http://www.decentwork.co.jp/page/taiken/taiken1.html


家庭でカンタン腸内洗浄―コーヒーエネマで毒素を出す! (フロムムック (88))家庭でカンタン腸内洗浄―コーヒーエネマで毒素を出す! (フロムムック (88))
(2005/10)
林 剛一

商品詳細を見る