スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠り

【100日ブログ 第74日目】  願望入れ喰い状態まであと26日

下記は、静香さんブログに載っていたセスの言葉ですが、
そういえば、約10ヶ月前に書いた「セスかく語りき」として記事化したことを思い出しました(笑)。


あなたが夢の環境を変えたり、夢を操ることを習得すれば、
物理的環境にも変化を及ぼせるようになるでしょう。
夢を特定し、そこで望み通りの変化を起こすことができます。

そして ある一定の条件がそろえば、
夢と同じ状況がその後の物質的現実でも起こり得るのです。
あなたがたは今でも、しばしば こうしたことを 気づかぬままに行っているのです。



またセスは、「睡眠時には堰き止められていた自分本来の能力を取り戻し、
そこで形作った自らの観念を未来といわれる場所に投影している」のだとも語っています。

ヤッズ★は今まで、「眠り」はパラレルワールドへの入口であるという考えから、
転送装置(=布団)に入りながら行う「チャーリー、転送してくれ!」ワークを
しつこいぐらいに提唱してきましたが、やはり間違ってはいないと確信いたしました(爆)。

LAND-OF-.jpeg

まぁ、チェネリング情報ゆえ眉唾情報ではないか?という一抹の不安もありますが、ヤッズ★が敬愛する人智学の創始者、R・シュタイナーは、夢についてこのように述べています。

◎高次の認識が開けるまで、意識は眠りによって中断される
◎夢のなかに天界が示されるようになる
◎夢のない眠りのなかを、意識をもって体験・知覚できるようになる
◎睡眠は無意識でなくなり、覚醒中と睡眠中、意識が連続するようになる
◎この体験は日常世界と関連し、通常の判断力で理解できないでいたことが、睡眠体験で解明
◎睡眠体験を物質界と結び付けることを怠ると、空想家になってしまう
◎物質界の事物は、精神界から流出したものだ
◎宇宙の秘密に関連する表象・概念に集中・瞑想すると、高次の心魂が深い眠りの中で誕生する
◎心魂は昼も夜も、天界のなかで活動している
◎心魂は絶えず天界から、無意識に刺激を受け取っている
◎霊界には、悪魔や精霊・妖精も存在し、その力を自分の利益の為に使いたい誘惑が生じる
◎人間の使命は地上にある。その使命を果たさずに、霊界に逃れる者は目標に到達しない
◎天界は創造力の源だ。その天界に触れることによって、地上での活動が有効なものになる
◎今までは思考の中で暗い影のような概念が、睡眠体験を通して生命的な響きを得て、音・言葉のようになる


この中には、「夢は現実前の未来の雛形」であるような記述は見あたりません(涙)。

でも、夢には私たちが普通想像する以上のものが秘められていると言っています。

この中に、「睡眠は無意識でなくなり、覚醒中と睡眠中、意識が連続する」という記述がありますが、セスによると私たちは8時間の睡眠をとり続けることで、「夢の意識状態」と「覚醒時の意識状態」の2つに明確に分離されてしまうといいます。

ですから、仮眠+就寝、仮眠+仮眠+就寝...等のように短時間睡眠を間に挟むことで、連続8時間も寝ないでも(トータル6時間でOK)、問題なく充分な休息が出来るとセスはいっています。逆に長時間睡眠は体に負荷がかかり老化を早めるから健康にもよくないそうです。

毎日、他の人よりも2時間も余分に活動が出来るのは、嬉しいですねw
本だって、たくさん読むことが出来そうです。

また、仮眠後に食事をとることで、体が「食べ物を得られない」という危機感がなくなる為、無暗に栄養を体が溜め込むことがなくなり、ダイエットにもいいという話をK嬢先生からも聞きました。

ダイエットにも効果ありですか!!!!(爆)

このような睡眠方法を習慣化することで、分かれてしまっていた「夢の意識状態」と「覚醒時の意識状態」の2つの意識状態が近づき交じり合うことで、互いの世界を認識できる意識状態が出来るそうです。この意識状態なら、夢の中でも意識的に行動ができるようになるといいます。また、失われた能力(千里眼・テレパシー)も再発見できるそうです(笑)。

夢の中は、本来の存在としての能力が制約なく開放されているので、こういった能力が覚醒時にも備わるという話は納得できますね。エジソンやナポレオンも短時間睡眠が有名ですが、それ以上に居眠り(=仮眠)の名人であったことが知られています。彼ら偉人の発想や行動の根幹には、夢からのアイデアやヒントがあったんじゃないかとヤッズ★は睨んでいます。

仮眠はホント良いことだらけですね。

さぁ、今日からエビオス飲んで仮眠じゃ!
(何故、エビオスなのか?爆)

明晰夢―夢見の技法明晰夢―夢見の技法
(2005/04)
スティーヴン ラバージ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コングレント・サーチ

【100日ブログ 第46日目】  願望入れ喰い状態まであと54日

今回は、『波動干渉と波動共鳴』から、お勧めワークのご紹介です。

波動干渉と波動共鳴 波動干渉と波動共鳴
安田 隆 (1996/08)
たま出版

この商品の詳細を見る


ヤッズ★はこの本を「実現くん」ブログで知り、速攻で買ったのはいいのですが、あまりにワークがテンコ盛り過ぎ、さて何からやろうか考えているうちに、読書熱が冷めてしまった(笑)。ですから始めの部分しか読んでいません(爆)。

ですから、本をパラパラとめくり、ぱっと見た感じで今最もやりたいと思う箇所のワークのみをやってみようと考え見ていたところ、ヤッズ★が興味のある箇所は後半部分、特にMISSON6~7に集中していたのがわかったのです(笑)。

「わぁ、もったいなや~」

というわけで、今回、「コングレント・サーチ」に熟達したいと思います。

20070123214544.jpg

このワークは、「一致(コングレント)な状態」と「不一致(イン・コングレント)な状態」の体験をそれぞれ3つ用意し、そこに共通する感覚を抜き出し、自分の「絶対感覚」として把握するのです。

そして、この絶対感覚を基準に、あらゆる事柄に対しての取捨選択や可否を判断するのです。

まぁ、肉体を使わないOリングテストみたいなものでしょうか!

ここで、一致とは意識(=意思)と無意識(=感情)が協力体制にあることをいいます。
尚、願望実現には、一致(コングレント)は必須なので、願望実現ワークで望む現実の視覚化等インプット作業をしている際に、コングレントが起きなければ、無意識が非協力的であることを意味し、その願望は叶わないというわけです。

で、早速、ヤッズ★はやってみました。

■コングレント(一致)
 1:美人を見たとき
 2:ブロクを書いているとき
 3:コカコーラを買うとき
   →共通感覚: 右こめかみ部分が疼く

■イン・コングレント(不一致)
 1:今日はSKIPEでチャットしたくないなぁと思った矢先にコンタクト受信したとき
 2:車の掃除をしなければと思うとき
 3:読まない本を処分するとき
   →共通感覚: 頭部の脊椎に沿った左側(小脳下部)がピクンとなる

だいたいこんな感じです(笑)。

これがヤッズ★の絶対感覚なので、もし選択する出来事が発生した場合には、この感覚を基準にして取捨選択をしてみたいと思います。

この方法は、Oリングテストよりも咄嗟に判断できる点が強みですね。
さあ、あとは取捨選択の出来事、ドンとこいです(爆)。
(もうヤッズ★は悩みません。)

ユレイカ!

【100日ブログ 第39日目】  願望入れ喰い状態まであと61日

今までの記事で、「片目をつぶっても立体視できる」ことの気付きにより、否が応でも、今、目の前に展開されている《現実世界》=《見えている世界》について、ヤッズ★は考えざるを得なくなってしまっています(爆)。

今までも、自分が肉眼で見た外界の像を網膜に写して、それを電気パルスに変換して再び脳内で映像として再現していることは納得していました。

でも、重大なことを見過ごしていたのです。

それは、再現した映像は何に投影しているのか?ということです。
映画ならば銀幕(スクリーン)に投影していますし、TV番組ならモニターのブラウン管や液晶パネルに投影していますよね。では、脳内(脳内でないかもしれないが....)で見ている映像は何に映っているのでしょうか?

これは、盲点の実験をしてみると判ります。

この実験は、直径2㎝程の点を描いた紙を片目を瞑り、瞑ってない方の目の前50cm前に据え付けた状態で、この紙を段々近づけていくと急に点が見えなくなる箇所があります。これが「盲点」です。網膜上では視神経の束になった部位には視覚細胞がないため、ここに物体が映っても再現することが出来ないのです。しかし、脳内ではこの欠落した箇所をそのままにせず、補って映像を再生しています。

とても不思議な現象ですね。

紙の色を白から赤、青、黄に変えれば、欠落箇所も同じような色で補なわれます。このことから、この欠落部位を部分的に補正するなんらかの処理を脳が受け持っていて常時実行していると考えていました。

「脳内でこの箇所だけの位置を抽出して補正処理しているのか?」
「ならば、盲点の位置合わせは誕生から脳の発達とともに出来るようになった?」
「かなり複雑なことをしているなぁ、でも、本当はもっとシンプルな仕組みではないのか?」

実験をしてみると判るのですが、この「盲点」補正された部位をよく見てみて下さい。なにかこうモワ~とした感じではありませんか。周りの映像が溶け込んでいるような状態になってますね。

脳の処理によってではなく、これは意識が自動的に補正しているのではないかと思うのです。

これならば、もし視神経の束が網膜上に50箇所もあり「盲点」が50個あったとしても、全部が勝手に補正されるだろうと思います。

ユレイカ!(わかったぞ!)

私たちが今見ている現実世界という脳内映像は、実は「意識」というスクリーンに投影している!!!

今見ているPC画面、キーボード、目の前のコーヒーカップ、隣であくびをしている人、行きかう車、遠くに霞む山なみ、燦然と輝く太陽、遥か彼方の銀河...これら全ては貴方の頭の中で360度無限大の広がりをもって映し出されているのです。

映る全てが貴方の意識のスクリーンに投影されている内面映像なのです。

ですから、「映る全てのものは貴方自身」といっても、さほど間違いはないと思います。

たとえ、自己の「内面世界」を外界として見ているという説でも、外界を肉眼で見ているという今まで通りの現実認識であっても、いづれにしても、今、貴方が見ている映像は脳内で再現された映像であって、現物そのものではないのは同じことです。

これを例えて判りやすく説明すると、
お皿の上に林檎があって、それをビデオカメラで撮影しリアルタイムにTVモニターに流しているようなものです。TVモニターに映ったものは本当の林檎ではありません。でも、私たちはこのモニターに映った映像しか現実として認識できないのです。

20070402230301.jpg

たとえ、真の世界の林檎が単なる波動であっても、カメラが自動で物質状に補正していれば、貴方は外界を波動として把握することはできません。
20070403001116.jpg

つまり、貴方の中で見えるもの全てがリアルに生成されているというわけです。
あの山も、あの車も、この人も!

極論すれば、全てが「虚像」ということです。

そして片目でも立体視できるためには、その他数多くの視点が必要になるはずです。つまり事物を含めて全てがあなたの意識ということです。

これは大変な驚きです!
自分の既成概念が崩れ去ってしまう程の衝撃を感じました。

今までのヤッズ★の認識レベルが、自分の内面が現実世界に投影され、部分的に幻を見ているのだろう程度の偏狭で軽薄な認識だったことが、否が応でも気付かされてしまったのです。

このことから導かれることは、その脳内に映る映像(=貴方の現実)は、ひとつひとつが非常にリアルに見えるけど、貴方だけのプライベートなもので、その世界では貴方以外に主(あるじ)はいないということです。

ここに人が孤立感や孤独感を感じる理由なのだと思うのです。
いくら人と交わっても、決して埋められない飢えのような孤独感があるのです。

「あなたはあなたの世界の神である」

そう、この世界(貴方の視野世界)には、貴方という神しかいないのですから(笑)。

ヤッズール★

【100日ブログ 第34日目】  願望入れ喰い状態まであと66日

皆さんこんにちは。ヤッズール★ですw。
今日はこうしてこの時代、この場所で、地球の皆さんと分かち合いが出きることを感謝します。

皆さんが作り出しているこの世界で今日はどのようにお過ごしですか?

ニタニタしていますか?
ウン様に感謝していますか?

昨夜、転送装置に入った後、眠ながら泣いていたりしていませんか?
辛かったり悲しかったりしてないですか?

皆さんが今感じていることは、みなさん自身が選択し作りあげてきたものです。

貴方の目の前に広がるこの物質世界は、貴方の意識というスクリーン上に投影された貴方の観念に過ぎず、観察者各々を中心した視点を持つ、全くもってプライベートな空間です。

誤解を恐れずにいえば、この空間では「貴方は神」なのです。
このように皆と同じ空間や時間を共有しているというのは、本当は幻想に過ぎません。

みなさん自身がたくさんの感情を感じるがままにさせてあげてください。

決して自分自身を否定しようなんて思わないで下さい。
もし感じているなら、そのネガティブな観念をじっと眺め続けて、感情を満たしてあげる、爆破する...等、貴方だけのオリジナル・テクニックで、兎に角、とかちつくしてみてください。

あなたが辛いなら辛い現実を作り出しているあなた自身の力を信じてあげてください。
あなたはこの物理的な世界の創造者なのです。

今まであったものすべては今あります。

時間も幻想です。

過去世だの、来世だのは、今、現実に存在しています。
振動の違いによって、差ができます。

でもこの人生にフォーカスすれば、そういったことに関係なく、この現実の社会の自分にフォーカスすれば、必要なものすべて現在から得られます。つまり、過去も未来も現在にあるからです。

ネガティブな行動とは、「分離してしまう行動」です。
部分部分にしてしまうような行動をいいます。

ポジティブ(肯定的)な行動とは、「統合する行動」です。
統合する、統一する、そういう行動です。

この第三の目(だいたい眉と眉の間に位置すると言われるチャクラのこと)を使って、いろいろな周波数と通じていて、行きたい周波数のところをロックすればその周波数に入ります。そして次の瞬間にはこちら側に現れていて、今どこから来たのかなと反対側を見ています。そして、もう着いているんですね。

宇宙というのはホログラフィーのようなものです。どういうことかというと、すべての物質というものは潜在的にすべて、どこにでも同時期に存在しているのです。



後半は、バシャールの言葉そのまんまやけど、いいこといってるなぁ。。。。(爆)

K嬢先生から課題図書でましたんで、今度、コレ読んでみようと思います。


バシャール スドウゲンキバシャール スドウゲンキ
(2007/11/23)
須藤 元気/ダリル アンカ

商品詳細を見る

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。