待受画像サイト

今回は、ラピ。姐さんからもリクエストのあった待受画像サイトの紹介です。

ちょっと前の記事「携帯でGO!」を書いた頃、「これからは携帯だ!」の掛け声と共にヤッズ★が速攻で作ったものです。(FC2ケータイHPならカンタンに作成可能です。ただし、ファイルの移動が出来ない点と使えるタグが少な過ぎですね。ここら辺は今後の改善に期待。)

サイト名: 画像くん★フリーダム
URL: http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/yazz/?pnum=0_0
ここには、見たことのある画像がたくさんあるかと思います(笑)。
最初は自分専用の携帯用待受画像の保管庫のつもりで作成しましたが、思うところあって、待受画像サイトにまで拡張しました。

一応、待受画像サイトを標榜していますが、実際、自分の携帯に取り込んでいない点(爆)と、携帯の機種によりどう映るか全く検証していないので、使用感はサッパリわかりません(爆)。(見た感想や指摘をして下されば幸いです♪)

まぁ、とりあえず作成し、以後、順次手直ししていくつもりでいました。
まずは始めの1歩です。

待受サイト
(累計アクセス76人のうち、75人が自己アクセスです・爆)

画像くん★
(これが携帯サイトのQRコード)

しかし、作成したのはいいのですが、アクセスがちっともないのです(爆)。

携帯はPCとは異なり、アクセスランキングから流れてくるのが多く、これらに登録していないとなかなかヒットして貰えません。

サイトの内容が内容だけに、あまりおおっぴらに出来ないのが辛いところです。
(著作権とか、肖像権とかの侵害がウンタラカンタラ。。。。。。。実は、このブログもそういった理由でブログランキングには登録していないのれす・笑)

このアクセスがサッパリというのは、PCを主体に運用していた人が、初めて携帯世界に入った際に共通して悩む点です。

携帯の場合、Yahoo!モバイル、googleモバイル、といった検索エンジンがありますが、文字入力がめんどうなので、まだまだアクセスランキングがサイト検索の主流です。(今後は変わっていくと思いますが。。。) ですから、単に待っているだけでは、全くアクセスされません。

まぁ、この待受画像サイトは実験を兼ねた斥候的意味合いを持ったサイトなので(本家サイトは別途作成中、コチラは秘密ね!)、アクセス無くても別段どうでもいいのですが、それにしても全くアクセスが無いのは、さすがに、更新のモチベーションも湧きません(笑)。

とはいうものの、携帯サイトのいい点は、作成に時間が掛からない点です。

反面、サイトの内容、つまりコンテンツが非常に重要です。その理由は、携帯が「暇つぶし」が主体であるが故です。内容のない面白くないサイトは、まったく見向きもされません(爆)。

で、今、いろいろと何か面白いコンテンツのアイデアはないかと、考えあぐねている最中なのです。

スポンサーサイト

携帯でGO!

パケ放題も3キャリア揃い踏みとなったことと、QVGA(240*320)~ワイドVGA(480×800)までと画面も大型化したことが背景にあると思うのですが、最近、どうも携帯のインターネット接続がPCを抜いたとの話を聞き及びました。(※註 携帯は一度にDLする情報量が少なく、何度もDLしなくてはならないことから、どうしてもアクセス数は多くなりがちです。)

確かに、四六時中どこにいてもアクセス可能な携帯なので、潜在的にはPCを遥かに凌駕するものであるとは思っていましたが、如何せん、携帯の画面は白い背景に文字と絵文字だけ(笑)という時代遅れの認識しかなかった為、今まであまり重要視していませんでした。

しかし、ある方のブログ記事を読み、今、ブログを置いているFC2には携帯用テンプレートがあって、しかも簡単に変えられるとのことでした。

携帯からヤッズ★プログを読みにくる方も多いので、今回、見栄えを良くするために、ちょっとテンプレートを導入してみようと思ったのです。

やってみたところ、数分で終わり、あまりにも簡単に切替出来てしまいました。まぁ、ブログデザインの切替と同じ要領ですからね~、カンタンなはずです(笑)。

ただ、人と同じなのはつまらないので、余った時間を背景、アイコン、文字色を変えることに注ぎ込みました。たったこれだけのことでも、大きく印象が変わるものですね。

そして、これが今の携帯用画面です。

20071111232351.jpg

なかなかオリジナルな味が出てるでしょう(笑)

一番苦労したのは、言語をいじって文字色の変更とミクルカエルのアイコンを透過GIFで作成して、画像余白部が透けて背景を見えるようにすることぐらいだったでしょうか!(画像拡大して透過部を単色でせっせと塗り直す、まさにデジタル土方作業です・笑)

この透過スキル、習得したいとは思っていたけど、必要性がなかった為、今まで未習得のままでした。しかし、今回、必要性から何とか習得でき嬉しい限りです。

あと、ブログのコメント・レスを書いていていつも思うのですが、携帯閲覧者とPC閲覧者は完全に別れていて(住み分け)、必ずどちらか一方だけからアクセスしてきますね。特に若年層は携帯からが多いですね。

携帯関係の本を読んでも、やはり携帯アクセスの主流は、10代後半~20代後半なのだそうです。

ただ、上の携帯画面を見れば分かるように、携帯での画面も遜色はなくなってきていますので、いままでPC専属でアクセスしていた人も乗り換えが起きると思われます。これからインターネットの主流は、携帯に移っていくような気がしてなりません。

今回、携帯画面の改造に力を入れすぎてしまい、逆にPC画面がショボク見えるようになってしまった為(笑)、PCの方も大幅に手を加えてリニューアルしてみました。

それが下の画像です。特に、背景のミクルカエルが、いい感じですよね(笑)。

(こういう絵を載せていると、キモイ奴と思われるかもしれませんが)、なかなか綺麗な色使いでまとまっていて、いいなぁ~と自画自賛しております。

これは、ヤッズ★の波動が高まってきた証拠???

かつては、キモイ感じのイラストや色使いをしていたことから考えて、これはここ数ヶ月で精神面の凄い進化があったからかもしれません(爆)。

20071111232236.jpg

携帯でアクセスしている人には、はじめて見る画面かもしれませんね(笑)。

PCと携帯を同じテイストにして、統一感を持たました。願望実現系ブログで「萌え」を感じれるのは、ヤッズ★ブログだけだと自負しております(爆)。

では、今後ともヤッズ★ブログ、宜しくお願いします。

ヤッズ★ショップ誕生(がはは)

念願のネットショップ完成!!。 記事で紹介した商品もウプされてます。
(ネタで作ってみましたが、購買は可能です。)

■ごっつええ感じやねん★ドットコム


実は、コレAmazonインスタントストアで作ったものです。

使ってみての感想ですが、ショップを作って他人様に買って貰うというよりも、自分が購入したり欲しいと唾をつけた本やグッズに一言コメントを添えて管理するのに適したツールだと感じました。

ヤッズ★は、今までFC2の中で購入したい本を管理保管していましたが、「検索機能がない」「カテゴライズ出来ない」...等、使い勝手がイマイチでした。その点、インスタントストアは情報が上手く整理出来てごっつええ感じです♪

情報検索中に新たなグッズと出合ったりして、購入意欲が湧いてきます。このツール、どちらかというと、他の閲覧者の購買意欲を高めるというより、作成者自身の新たな購買意欲を高めますね。

例えば、リアル・ファッション・ドールとか、アニメフィギュアとか、香水とか、。。。。。(超爆)

まるで、「ミイラ取りがミイラになる」ツールです(笑)。

お金に愛を

お金を愛するとお金が仲間をたくさん連れてやってくるとか、お金にモテモテになって擦り寄ってくるとか言われていて、いろいろ実践されている方も多いと思います。

でも、ただ漠然とお金を好きです、愛していますと言っても、
普通の人は、通常、内心お金を汚いものと思っていてるためか、
本当に心から愛しているという感情を持ててないかもしれませんね(笑)。

それほど、このテクニックの実行は難しいのです。

でも、最近、睡魚さんとこでとってもいいこと聞いちゃいました(笑)。

それは、紙幣の人物像の目を見ながら、呟(つぶや)くという技です。
下の画像に向かって言って見ましょう。

「愛してるよ」
「ありがとう」
「また、きっと戻ってきてね!」

eyes0864SS.jpg

どうです?
何か感じましたか?
いままでのお金に声をかける時と全然違う感覚がありましたか?

やってみるとわかりますが、愛着の湧き方が断然違います。

えっ?、諭吉先生の鼻の横のホクロが気になって集中できない?

そんなものカソーダで取っちゃえば一発ですよ。
ヤッズ★も胸のでっかいホクロ取っちゃいましたから。

話が反れてしまいましたが(笑)、

この目です。
このつぶらな瞳をじっと見つめてください。

では、もう一度言って見ましょう。

「愛してます!」

eyes1E.jpg

あっ、ホクロがない!
そうです、気になるあなたのためにホクロ取っておきました(笑)。

何度も、何度も、言ってみてください。
諭吉先生が、とても艶(なまめ)かしく感じられたらOKです!

ところで、日本銀行は何でこう固い人ばかり採用するのでしょうか?

既に紙幣はお金の主力の座を電子決済に譲っていますので、この際、もっと弾けた感じにして所有していて楽しいものにしてもいいかもしれませんね。

次回の紙幣の人物像には、沖田総司や坂本竜馬や織田信長のような英雄や、ヨンアさんのような美女を採用してみてはどうでしょうか。

日本人がこの先、もっともっとお金持ちになるかどうかは、
まさに、その人物選択に掛かっているといっても過言ではありません(笑)。

いつも誰にするかで揉めてますね。

ヤッズ★としては、ハニエル(Haniel)のような美しい天使か、アニメ調の萌え萌えなメイド服の美少女なら、凄く感情が込められていいんですけどねぇ。

そうなったら、本当にお金に恋してしまうかもしれないっす(爆)。




相場必勝法

相場には必勝法があるのを知ってますか?

やれば必ず勝つ方法ではなく、トータルで勝つ方法です。

これは勝率と平均リターンとロスカットから算出するのですが、
期待値が1.0以上のときのみ、相場にエントリーすればいいわけです。

つまり、おいしい勝負だけに参加するのです(爆)。

当然、負ける時もありますが、勝率とリターンを考えるとトータルではプラス計上するはずです。ただし試行回数が多くないと大数の法則が働かないので、期待したようにはなりませんが....。

20060815094726.jpg

では、分かりやすいように具体的な例を挙げてみます。

2000円の所持金で、1回に100円を場に出し合い、2人でジャンケンをして勝ったときには、場にある200円のうち150円だけを貰える100回勝負があたとします。(残り50円は、あゆみの箱行きですw)

あなたはこの勝負を受けて立ちますか?

   期待値A = 勝率:50%×リターン:150/100 = 0.5×1.5 = 0.75

明らかに不利で、100回も勝負しないうちに破産は目に見えています。

では、今度は勝った場合、場のお金すべてと「あゆみの箱」から余分に50円貰える場合はどうでしょうか?

   期待値B = 勝率:50%×リターン:250/100 = 0.5×2.25 = 1.125

期待値1.0以上でかつバンクロール(原資)がたっぷりあるので、まずトータルでマイナスになることはありません。

この勝負受けなきゃ損です(笑)。

この期待値Bの場合は、もはやギャンブルとはいえません。これはもうビジネスです。これを恒常的に行っているのが、カジノ・ハウス(胴元)ですよね。ハウスは、プレーヤーとの勝負には必ず受けて立ちますが、ギャンブルをしているわけではありません。彼らは立派なビジネスをしているんです(笑)。

ただ、あるテーブルでは大きく負け越す場合もあるため、倒産リスクを減らすために大数の法則を働かせ、多数のテーブルを用意しています。

casino-tropez-let-it-ride_SS.jpg

この期待値をみる方法は、ギャンブル、相場、ビジネス...等の不確実な分野に非常に有効な方法です。というより、これが全てなのです。

パチンコの場合、500円で何回回転させられるかが、期待値向上のポイントとなります。

カジノの場合、ハウス側の控除率もリターンも既に決まった固定レートの為、プレーヤーは必ず期待値1.0以下で勝負しなくてはならないため、長く続けば続けるほど、破産する確率は高まり、絶対勝つことは出来ません。

競馬の場合、着に絡む確率と配当の関係が、期待値1.0を超えれば買いです。ただし、25%という鬼のような控除率なので、そのような買い目は中穴にしか存在しません。しかもあまり数多くありません。1開催98レース中5~6レース程度でしょうか。これでは、他のレースに手を出して負けてしまうのがオチです。

その点、株式はこの控除率に相当するのが手数料+税金と考えれば、数%程度なので、競馬などより遥かに有利です。

株式の場合、トレード勝率と平均リターンと平均ロスカットで収支が決まります。先式のリターンは【勝ち金額】/【負け金額】は表されるので、負けつまりロスカット金額が低いほど、期待値が高くなっていくのが分かると思います。だから、エントリーして見込み違いだった場合、素早くロスカット(損切り)をすることは、期待値1.0以上をを維持するのに非常に大切なことなのです。

勝率50%でも、たっぷり目の資金で小さくエントリーし、当たった時に利を伸ばし、見込み違いの時に素早くロスカットをしさえすれば、まあ負けることはない。

ただし、このロスカットの実行が非常に難しい(笑)。
人は損失を確定する行為を率先してすることは、なかなか出来ません。

あと、勝率はいろんな方法で高めることが出来ます。

普通は、各種指標やファンダメンタル分析、テクニカル分析を駆使して勝率を高める努力をしますが、アノマリーを利用してみるのはどうでしょうか?

アノマリーとは「例外」という意味で、こと相場では「原因や理由は分からないけど、関連性のある現象」として定義されています。

先の記事「新月と満月」で取り上げた内容もアノマリーのひとつですし、「月曜日は株価が高い」「節分天井、彼岸底」というのもそうです。100%というわけにはいきませんが、結構、高い確率があります。

まあ、勝率55%程度のものなら、いろいろ転がっています。
相場で勝率60%もあれば、まさに「金のなる木」を得たも同然です。

20060815135453.jpg

アフィリエイト

「このサイトはアフィリエイトを含む副業で楽しく儲けている○○○が、副業アフィリエイトのノウハウを公開するために立ち上げたサイトです。楽して儲ける。これこそが副業アフィリエイトのサイトコンセプトです。さあ、皆さん、一緒に儲けましょう。」

近頃、こんな文章で始まるブログやHPが異常に多くないですか?
いかにも、すぐ儲けられそうな雰囲気を漂わせてますよね。

確かに、月30万円以上稼ぐカリスマ主婦アフィリエイターの方とかいらしゃいます。
マスコミもアフィリエイトを煽っていますし、本もたくさん出版されています。

アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法 アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法
伊藤 哲哉 (2006/05/20)
中経出版

この商品の詳細を見る

でも、アフィリエイトってそんなに簡単に儲かるものなのでしょうか?

調査により、アフィリエイトの実態が分かってきました。

■利用者
「アフィリエイトを知っている」…30%
「プログラムに参加している」…10%弱

■月間収入
「収入なし」…26.9%
「1,000円未満」…43.4%
「5,000円~1万円」…4.6%
「1万円~3万円」…4.2%
「3万円以上」…1.7%

■売上げ比率
1割のアフィリエイターが全体の8割を売上げ

なんと、1000円未満が70%もあります(笑)。
現実は非常に厳しいのです。

カリスマ・アフィリエイターなどの成功者は、この「3万円以上」の1.7%のなかのさらに少数派です。非常に狭き門なのです。

ヤッズ★は、アフィリエイト・ブームは現代のゴールド・ラッシュであると考えています。

1848年頃のゴールド・ラッシュ時には、ヨーロッパ中の農民、労働者、商人、乞食や牧師までもが、金脈を探し当てる一攫千金を夢見て、新大陸のカリフォルニアに殺到したといいます。

さしずめ、アフィリエイターは、山師といったところでしょうか(笑)。

わずかな報酬を得るために、来る日も来る日も川で砂金と砂を選別し続ける採鉱者と同じなのです。

GoldRush.jpeg

では、彼ら砂金採鉱者は、果たして財を成したでしょうか?

ほんの極一部の者は財を成しましたが、ほとんどの人はNOです。
実態は、先のアフィリエイトの調査結果と同じようなものではないでしょうか。

でも、この時、彼らの破れやすいズボンを改良(ポケット部は銅製リベットで補強する特許を出願)して財を成した男がいます。この男の名は、リーバイ・ストラウス。LEVI'Sジーンズの創業者です。

砂金を採ることには注目しないで、採掘者(山師)のニーズに応えた結果なのです。

では、現代のアフィリエイト・ラッシュでは、このジーンズに相当するものは何になるのでしょうか?

LEVIS.jpg

ひとつは「情報商材の作成・販売」ではないかと思います。
山師たちに、どうしたらもっと稼げるかを指南するノウハウの作成・販売です。

この究極の形は、情報商材を販売するのではなく講習会を開き、講習生を募り、次期講習生自体をアフェリエイト(紹介料○万円/人)させる。実際、そんなグループがあります。内容が値段に伴っていればいいのですが........参加される場合は、ミイラ取りがミイラにならないようくれぐれもご注意下さい。

そして、もうひとつは「山師の口利き」をすること。
つまり、ほとんどのアフィリエイト万歳なブログやHPは、紹介報酬を目的にしています。

いいか悪いかは別として、アフィリエイトするより手堅いですね。

じゃあ、何故ヤッズ★は山師(アフィリエイター)をやっているのでしょうか?

第1の理由は、自分のブログは「まとめ」「備忘録」「夢ノート」みたいなもので、欲しい本や見たいDVDを忘れないようベタベタ貼っているだけで、別にアフリエイトしているつもりはないのです。

第2の理由として、ヤッズ★は文章が下手なので、表現補助として画像を使いたいが為にアフィリエイトを利用しています。

DVDもよく紹介していますが、記事を読んで見てみたいなと思った人はレンタル屋で借りて貰えばいい話です。その方が安いですよね。

第3の理由は、アフィリエイトの仕組みを知りたいからです。
それにはやってみるのが一番だったのです。

そして、これは副産物なのですが、「売り」の感覚というか視点が持てることがいいのです。

普通一般の人は「買い」しかしない消費生活にどっぷり漬かっているため、商売人の視点、つまり「売り」の視点で物事を見ることは殆どありません。ですが、アフィリエイトをすることで、「売れるにはどうしたらいいか?」といった視点が必然的に出てきます。ここが非常に新鮮で面白いのです(笑)。

アフィリエイトで定期的に大きな金額を得ることは、並大抵の努力では出来ません。

あるカリスマ主婦アフィリエイターは、「成功するアフィリエイターは、お客さんの目線に立ってブログやHPを作る人です。」と語っています。

もう少し具体的にいうと、リンク切れはないか、一番安いところを紹介しているか、迷子にならないよう分かりやすい構成になっているか、商品のセールス・ポイントを的確に表現しているか…等、いろいろ目配りしながら、毎日チェックしているそうです。

このぐらい手間ヒマかけているからこそ、沢山の人が訪れ、また購入して貰えるんですね。

まったく頭が下がります。


It's good to have money and the things money can buy, but it's good to check once in a while and make sure you haven't lost the things that money can't buy.
金があり、金で買えるものを持っていることは良いことだが、時々金では買えないものを無くしていないか確認してみるのも良いことです。(ジョージ・ホレース・ロリマー)


オンライン・カジノ

ヤッズ★は、カジノ狂でした。

国内でパチンコ、スロットは、一切やらなかったですが、海外に行っては、カジノで賭けをしていました。韓国(ソウル、済州島)、ラスベガスが主戦場。バンクロール(原資)をだいたい50~100万ぐらい持っていきます。

でも、今は、もう独身ではないので、それはできないのです(涙)。

韓国のウォーカー・ヒルは、まさに鉄火場って感じでピリピリします。
また、ベガスは娯楽性があって、とても好きです。もうテーマパークですね。

カジノ大全 カジノ大全
スタンフォード・ウォン、スーザン・スペクター 他 (2005/02/17)
ダイヤモンド社

この商品の詳細を見る

でも、カジノは遠いです。

日本で解禁すれば、あんな遠くまでいく必要ないんですがね。石原都知事の東京都カジノ構想は、どうなちゃったんでしょうね。

でも日本では、競馬、競輪、競艇、パチンコ等のギャンプル利権が絡むので、きっと解禁は無理でしょうね。解禁できる可能性があるのは、沖縄だけでしょうか。

まあ、自分がどうしようもできないことは、放っておきましょう。
好きなら海外でも何処へでも、やりにいけばいいわけだしね。

ここで、カジノの思い出をひとつ披露します。

ヤッズ★は、ラスベガスのカジノで小切手を貰ったことがあります(自慢)。

それはキノでした。しかし、これはあまり勝率がよくない(控除率が高い)ので有名なゲームです。

その時、ヤッズ★が取った方法は1-2-3法でした。最初は、1単位賭け、負けると次に2単位賭け、更に負けると3単位賭けとする方法です。勝てばその時点でやめます。

あと、必勝法ではないかもしれませんが、キチッとしたスーツを着てネクタイをして勝負に望みました。実はヤッズ★は、これが本当の必勝法だと思っています。(勝ったイメージを描き勝負に臨む)

では、その時どうだっかのか?

キノ・マシーンが大当たりして、店内のサイレンが鳴り渡り、バニーガール風のウエートレスが「コングラッチレーション!」と言って握手をしてきました。

おじさんが、なにやら紙に字を書いています。

それをヤッズ★に手渡してくれました。

「こ、小切手だ! うおーっ、これで俺もミリオネアーの仲間入りだ!!!」

はやる気持ちを必死に抑え、現金に交換するためにCASHERへ行きました。
そして現金を貰ったのです。

「こ、これだけ?」

それは、日本円にして10万円程度でした。

考えて見れば、25セント・マシーンに10万円分のコインが入り切るはずもなく、仕方なく小切手で払う仕組みなのですね。

少し、ガッカリさせてすみません(笑)。

そんなカジノの思い出がありますが、今では、オンライン・カジノがあり、すっかり身近にできる環境になってしまいました。

オンライン・カジノを紹介するHPは一杯あるのですが、そのほとんどが「マーチンゲール(倍賭け法)」「ココモ式」「モンテカルロ式」等を必勝法として紹介しています。

これらの方法は、確かに短期的に見るとわずながら資金が増えていくのですが、負けた時とんでもない金額に膨らみます。この掛け方は95%程度のわずかながらの有利さはあるのですが、残り5%でその勝ち分以上の負けを払わないといけないのです。

トータルすると、ハウスとプレーヤーの勝率差約5%(これをハウス・エッジといいます)は、厳然として存在するのです。

つまり、負けを「先送り」しているだけで、後でそのツケをしっかり払うだけのことなのです。もし、この方法をやるのだったら、短期間勝負しかありません。ズルズル長くやれば、必ずハウスに負けます。

紹介するHPがこの方法を載せているのは、そのHPから入ったプレーヤの負け金額の20%程度が貰えるから、ワザと大きく負けるような必勝法を載せているんでしょう。

まあ、身近に出来るオンライン・カジノは、ちょっとした気分転換に短時間するか、あるいは、本場ラスベガスに行ったとき困らないように、ルールを覚えるための練習としてするぐらいが吉でしょう。

カジノは、大人の文化です。


カジノのイカサマ師たち カジノのイカサマ師たち
リチャード マーカス (2004/12)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


バカラ必勝法 バカラ必勝法
日本カジノスクール、ジョン パトリック 他 (2005/09)
BABジャパン出版局

この商品の詳細を見る
ヤッズ★のお勧めゲームはバカラです。カジノの王様と言われるだけあって奥が深いです。

お金は恋人

文庫本で「ユダヤ人大富豪の教えⅡ」が出ましたね。
と言っても、タイトル変更しての出版で、中身は「スイス人銀行家の教え」ですw。

前著「ユダヤ人大富豪の教え」は、目から鱗の連続でしたので、「スイス人銀行家の教え」も文庫本化を望んでました。

で、早速、買ってきました。

読んで見て驚いたのは、ヤッズ★は少し前に「お金はエネルギー」という記事を書いたばかりですが、まさに同じことがここに書かれていました。これにはビックリ。

またまた、シンクロです(笑)。

あと、凄く気に入った箇所は、お金に接する態度で「パートナーとして接する」仕方として、お金を擬人化してイメージし、彼女と握手するというワークの部分です。

お金に愛されるには、「お金を恋人のように扱えばいい」と聞いたことがありますが、正直あまりピンときませんでした。でもこの話を読み、その接し方(イメージ化)に目から鱗でした。

接し方に深みがでそうです。

コンビニで支払い時、別れで涙が出てきてしまうかもしれません。
店員さんにどう思われるか、今から楽しみです(笑)。

ホントお札の絵柄がヤッズ★好みの女性でないのが、返す返すも残念(笑)。

20060709093545.jpg
昭和前期の20円紙幣

その他気に入った箇所は、人間のお金とのつきあい方のパターンのくだりです。

そのパターンは全部で9種あり、この分類法は、なんと、ローマ時代からあるとか..........国、人種、文化、時代を超えて普遍なんですと!

①「浪費家」…お金は楽しむためにある。
②「ケチ」…お金を使うことは罪悪である。
③「ケチな浪費家」…普段は質素、だがある時パッと使う。
④「貯金好き」…質素な生活をしてコツコツ貯めることだけを考える。
⑤「心配性」…お金の心配ばかりしている。
⑥「無関心」…お金に全く興味がない。
⑦「清貧」…お金は汚いものと信じている。
⑧「稼ぎ中毒」…お金を稼ぐのが純粋に好き。
⑨「幸せな金持ち」…お金の不安から解放されている。

ヤッズ★は、少し前までは、③90%+⑦10%でしたが、この1年いろいろな自己啓発の本を読んだことにより、③100%になりました(笑)。

では、③→⑨になるには、どうすればいいのか?

それは、先ほどの「お金をパートナー(恋人)」として接すればいいのです。

そして、この本を参考にして、ビジョンを持ち、行動するしかない。


スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン
本田 健 (2004/05/20)
大和書房

この商品の詳細を見る


プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク