煩悩くん フルスロットル

願望実現・引寄せの法則・シンクロ・パラレルワールド・覚醒・陰謀・不思議事象・政治・経済までを妄想タップリに洞察。 「煩悩即菩提」を旨とし、変換人型ゲシュタルト(=3次元空間の枠組みを外れた思考様式)であらゆる此の世の事象を斬る。

TOP
|

コルマン第3区間の始まり
(2011.05.18/22:41) CM:5 | TB:0

原発関係は1.2.3号機とも全てメルトダウン確定ですが、マスコミでは初号機圧力容器内にメルトダウン溶融物が留まり、また、格納容器最下部から水漏れが発生していると、別々の情況であるかの如く報道している。しかし、これは同一事象による結果であり、既に溶融燃料マグマは圧力容器の16p厚の壁を溶融貫通し、さらに格納容器をも抜けて落ちて基礎コンにまで到達していると考えています。

ただ、基礎コンは7m厚もあるので、その下の地下水脈に到達するまでには相当時間が掛かりますが、3月16日にメルトダウンして基礎コンに落下していれば、もうそろそろ7mのコンクリを突破していてもおかしくはない頃です。その後、地下水脈に達して水蒸気爆発でもすれば、世界初のチャイナシンドローム水蒸気爆発となる。

しかし、このメルトダウンした1〜3初号機よりも、実は4号機がヤバイなのだという。

なんと、建屋が傾いて倒壊間際。貯蔵用プールにある燃料棒の数量も不明なのですが、このことから逆にかなり大量にあると思われます。もし倒壊すれば、プール内の冷却水が溢れ出して無くなり、また、傾くことで燃料棒が片側に集中して即発臨界を起こし、3号機建屋を黒いキノコ雲で爆発させたように、再び核爆発が起きるかもしれないのです。
※註 日本において核爆発させたものは懲役7年だといいますので、政府も東電も誰も核爆発が起きたとは言わないのではないか。

■傾きが止まらない4号機建屋の補強工事
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-547.html

まぁ、こんな感じで原発事故修復は遅々として情況が改善されていません。
寧ろ、さらに悪化しています。

TVで相馬町の人のインタビューが出ていましたが、

「何故、避難しなくちゃなんねぇだ?」

う〜む、実は、今、日本の大方の人はこんな認識程度なのかもしれない。
まぁ、それだけマスコミの安全洗脳、情報隠蔽の成果が上がっているのでしょう。

今、日本はこういった問題を抱える一方、もう1つの危機、NEXT地震という課題も抱えています。巨大地震があるとその歪みを修正する為に1〜3ヶ月後再び大きな地震があるといわれています。

例えば、スマトラ地震は、2004/12/26にM9.1が起きましたが、その3月後の2005/3/28にはM8.6の大地震がプレート境界線の隣で発生しているのです。

画像
(東日本地震とスマトラ地震)

日本の場合も同様にプレート境界線の隣で発生するかもしれません。その場合、スマトラ地震の事例からは、房総沖、相模湾、駿河湾、東南海、南海の広範囲に渡る「地震空白域」で起きることになりそうな感じがします。この煩フルでも、太陽フレア、霊言、予知夢、宏観現象、東海アマの体調...等を参考に「近しさの法則」を駆使し妄想的に予測はしてましたが、完全に予測はハズレていますね(涙)。どうも宏観現象即地震とはなっていないようです。地震予知とはなかなか難しいものですね。

そんな時、5/16のローマ地震予知(実際はスペインで発生)が占星術の結果だったということから、そういったものの信頼性は意外と高いのいではないか?と感じたのです。つまり星の配置は現実に先行する。イルミナティは星の配置から次々と施策を打っているという噂もあります。ここはやはり「コルマンサイクルは当たるだす〜」の啓示通り、基本である「コルマンサイクル」に戻らねばなるまい。

コルマン第9サイクルの各々の区間は下記の通り、

◆第一区間
昼:3月9日〜3月26日(種まき) 
夜:3月27日〜4月13日

◆第二区間
昼:4月14日〜5月1日(発芽)
夜:5月2日〜5月19日(反作用)

◆第三区間
昼:5月20日〜6月6日(萌芽) ←今はここ
夜:6月7日〜6月24日

◆第四区間
昼:6月25日〜7月12日(葉の形成)
夜:7月13日〜7月30日

◆第五区間
昼:7月31日〜8月17日(つぼみの生長) 
夜:8月18日〜9月4日(破壊)

◆第六区間
昼:9月5日〜9月22日(開花)
夜:9月23日〜10月10日

◆第七区間
昼:10月11日〜10月28日(結実)


ちなみに「昼」とは新展開を起こすべくエネルギーが活発化する期間で、逆に「夜」は現状維持にまわる冷却期間だといいます。最近の例で分かり易く例えると、原発の炉で「昼」が制御棒を抜いた状態、「夜」が挿入した状態と言えるでしょうか。

今週の金曜日5/20から第三区間の「昼」に突入します。ここで何らかのこと(=二度ある仕組み)が起きるかもしれませんね。第一区間「昼」では突入2日後には3.11大震災が起きています。また、第二区間「昼」には別段何も起きていませんので、今回も何も起きないかもしれませんが、、、要「注意日」でしょうか。

先の原発悪化情況がいよいよ表面化してくる時かもしれません。

金玉情報によれば、5月18日〜21日前後 地球・金星・水星・火星の惑星直列があるといい、CNNでは5/20、5/30だともいう。何故かキリスト教関係者が2011年5月21日に「Rapture」「審判の日」と言っているのだそうです。前回のローマの非難騒ぎと同じく占星術による惑星直列なのだろうか。まぁ、ヤッズ★は5/30を「ゴミゼロ(530)運動の日」だとして、日本のドロンボー一味を大掃除する日で危険日だと想定していますが、、、、

危険日の5/20、5/21、5/30は、

ズバリ!第三区間「昼」(5月20日〜6月6日)に入っテル。


(お馴染みの少女時代)

シカ❤様っーーーーー!!!

5/20、5/21、5/30のVisual Dreamsは現実化するのか?
さらに先を見ていくと、、、、、

第五区間「夜」の期間(8月18日〜9月4日)は「破壊」と非常に恐ろしい言葉がコメントされています。これは現状維持勢力側の破綻、、、つまり、古代バビロンから連綿と続けてきた貨幣制度、さらに信用創造という形でペーパーマネーを作り世界各国の中央銀行をネットワーク化して一極的に富を吸い上げるという金融システムの破綻(=国際金融資本のバンザイ)のことでしょうか。

「金で固めて金で潰す」という日月神示の予言成就はこの時か?

確かに、今、日本の新聞では小さくしか報道されていませんが、5月16日に米国債は法定限度額に達し、もうこれ以上の限度額引き上げを議会が認めず、議会承認までの時間稼ぎ的に8月2日まで再投資用の国債発行を取り止める特別措置をするそうですが、この8月2日は第五区間「夜」の期間開始の直前なのです。

************************************************
米財務省は16日、政府債務残高が同日に法定上限の14兆2940億ドル(約1155兆円)に達すると発表した。このため、一連のデフォルト(債務不履行)回避策の一環として、一部政府年金の政府債再投資のための国債発行を取りやめるという。ただ、8月2日には回避策は利用し尽くされるとしている。

■米政府債務が法定上限に到達―デフォルト回避で特別措置
http://jp.wsj.com/US/Politics/node_237173
************************************************

今年盆開けに、金融ビックリ・バンが起きるのでは!?

画像

そういえば、ラビバトラの予測では「昨年2010年の夏に資本主義は花火が散る如く突然終焉する」と述べられていましたが、丁度、1年繰越になった感じですね。

最終区間である第七区間の「昼」10月11日〜10月28日は、ニビルと目されるエレニン彗星(中性子星?)が地球にもっとも接近する10月17日とドンピシャのタイミングになっています。この時、ニビル軌道に地球が捕捉されポールシフトが起こり、地球はニビルに「あれ〜っ」と連れ去られて行き、ニビルを新しい親太陽と崇めるようになるのかもしれません。っていうよか、そうなると思っています。
※註 唯物論+人間型ゲシュタルトでは、そんな確率の低い事を、、、と考えてしまいますが、唯心論+変換人型ゲシュタルトでは何事も意図された通りにジャストタイミングで起こると見ます。そんな世界に地球が行ってしまって大丈夫か?と思われますが、逆に言えば、そうなるようにしてニューワールド開始が設定されている為、人類は存在形態は変わってしまうかもしれませんが、その世界で生きていく事は可能な筈だと思っています。

その時、太陽神・天照大神はスサノウにとって替わられるでしょう。
記紀の日本神話の三貴神は、実は、、、、

◆太陽・・・アマテラス
◆月・・・ツクヨミ
◆ニビル・・・スサノウ


という関係になっていると睨んでいます。

乱暴を働き「高天原=太陽系」を追い払われたのがスサノウですが、ヤマタノオロチ(国際金融資本・イルミナティ)を退治して尻尾から「草薙の剣」を取り出しますが、幸せに暮らしていく神話はこれを表していたのかもしれません。この地球捕捉時、多分、月はそのまま月人と一緒に地球軌道に残されたままでしょう(爆)。これはイルミナティの終焉ですね。

地神を祀っていたのが古神道で、その同類の名残が沖縄の男子禁制の「御嶽(うたき)」ですが、これはエブス人のアイヌ(蝦夷)が奉じ宗教です。一方、天神(ヤハウェ)を祀っていたのが初期大王族です。この天神はユダヤの風習である仮庵祭(スコット)や過越祭を見る限り、天神(ヤハウェ)とは実はニビルのことだったのかもしれません。

この初期大王族が日本に持ち込んだものに「モーセの杖」があります。

これは草薙剣として知られていますが、また第二次大戦時、軍部の特命により草薙剣を使ったルーズベルト呪詛の際の目撃談だと、草薙剣は木製で魚の骨のようであり、メノラーのような形状をしていたといいます。祝詞を唱えると青白く輝き、迂闊に触れた禰宜が灰になってしまったという。メノラーは「生命の木」をモチーフに造られたものですが、実は、草薙剣(モーセの杖)こそが「生命の木」そのものだったのかもしれません。
※註 呪詛が効したのか、勝利目前の1945年4月12日、ルーズベルト大統領は肖像画の制作途中、昼食前に脳卒中で倒れそのまま死亡したという。

画像
(生命の木)

ある方の話によると、今、熱田神宮は物凄く波動がビシバシとハンパなく来るそうで、写真を撮ればまずオープ(たまゆら)が写るといいます。実際に体験してないので何ともいえませんが、このニビル=スサノウから考えるに、スサノウつながりで草薙剣とも何かしらの関係があって、今、草薙剣が呼応して活性化しているのかもしれません。

画像
(メノラー そういえば巨大彗星メノラーというのもあったなw)

かつて徐福が目指した不老不死の妙薬とは、この「生命の木」の実であったわけですが、当時(紀元前2世紀)は東三河の蓬莱山(現・鳳来寺山)の麓に自生する扶桑樹(セコイア?)が生命の木でした。しかし、徐福末裔の大漢国滅亡後は、扶桑樹は伐採されてしまった。その後、「蓬莱」という名は熱田神宮に移され、熱田神宮は「蓬莱島」と呼ばれるようになりましたが、ここでも「蓬莱」と「生命の木」がマッチングされているのです。

つまり、草薙剣は新たな「生命の木」とされた。

熱田神宮の鳥居の柱には榊が付けられていますが、ここの榊は正確に7本枝になっていて、正しくメノラーのような形態となっているのです。まるで「ここにメノラーがあるよ」と言わんばかりです。しかも、熱田神宮の位置は、伊勢の内宮=太陽、外宮=地球、月読宮=月という関係から考えると、海を隔てた地の熱田にあることから、熱田神宮=ニビルを暗喩しているのではないか!

尾張(名古屋)は終わりの時に用意された場なのか?

事実、日々放射性物質が降り注ぎ「穢土」化する東京を廃都とする遷都構想が面下で進められているといいます。大阪の団体が首都機能のバックアップを官邸に提言したというニュースがありましたが、これは政府。官僚側が仕掛けた陽動であり呼び水でしょう。本命はズバリ!東濃地区、つまり美濃尾張ですね。既に小泉政権下でそのインフラは整備されていたともいう。
※註 尾張は初期大王族上陸地であり、男系型の日本のピラミッド支配社会の始まり地でもあります。今、ニビル来訪でこのピラミッド型の支配は終焉を迎える前であり、人の意識を介したニューロネットワーク型社会になる「夜明け前」の時ですが、まさに尾張は初期大王家が持ち込んだピラミッド構造の「始まり」の地であり「終わり」の地でもあるといえる。

コメントを書く
TOP

|

本文(先頭)へ戻る
TOP
ログイン


無料着ウタ/ 地図検索/ 無料占い/ 海外旅行/ \1shop/ 頭の体操

amazon.co.jp

お薦めッス!
★神との対話シリーズ
★2013:シリウス革命-精神世界,ニューサイエンスを超えた21世紀の宇宙論
★投影された宇宙―ホログラフィック・ユニバースへの招待
★運命が好転する 実践スピリチュアル・トレーニング

買う予定ッス!
★運命におまかせ~いつも幸せを感じるあなたに~
★引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
★夢をかなえるゾウ
★サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから...

キーワード検索

友達に教える


Design By Ayaka
Material By A Trial Product'sハムスター画像ブログ!こころを癒すハムスターの写真
Powered By FC2ブログ